searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

いろはに踊るさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
いろはに踊る
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sqq123
ブログ紹介文
 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみた
更新頻度(1年)

290回 / 365日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2014/09/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、いろはに踊るさんの読者になりませんか?

ハンドル名
いろはに踊るさん
ブログタイトル
いろはに踊る
更新頻度
290回 / 365日(平均5.6回/週)
読者になる
いろはに踊る

いろはに踊るさんの新着記事

1件〜30件

  • 桜葉がおはよ~!

    街路樹の桜もこの暑さで落ち葉が多くなっている。落ち葉を踏んでの散歩にも何となく秋を感じながら歩み。目にとまったのが桜葉に見る人の顔で虫食いやへこみなどで人間の顔に見える一瞬がある。その桜葉を収めてみた。桜葉がおはよ~!

  • 虹と朝焼け

    今朝の天候は激変。朝焼けに始まり虹が出て雲の変化が早く風強くそして雨が降りだしたあさだった。雲がスワンに見えたので大きくしてみた。虹と朝焼け

  • 今朝のいわし雲

    今朝の空はいわし雲で覆われて秋の空でした。地上ではボートやザップそしてカモメなどの大岡川でした。歩いている内に彼方の空から黒い雲が覆いだした。今朝のいわし雲

  • 朝の青鷺

    朝の青鷺は食事を求めて岸辺をそっと歩いている。朝の詩に「青鷺よ」の詩が掲載されていた。「青鷺よ杭のように立っているいつも一羽だけで孤独を揺する朝はないのかさびしさに震える夕べはないのかその静けさの中にたくましく生きる強さがあるのなら青鷺よおまえを私の裡に立たせたい」岡山市高山秋津氏が詠む。朝の青鷺

  • 水まきに驚くカマキリ

    夕方、水まきをしたところ大きく育ったカマキリが出てきた。また部屋に入ったところバッタの子供がバッタの子供が私の体にとりついてそのまま一緒に部屋の中。水まきに驚くカマキリ

  • サルの腰掛け

    伐採された桜の木にサルの腰掛けと言われるキノコが育っている。このキノコ崩されたり取られたりしなければ良いなと思っていた矢先小さいキノコはちぎられていた。残念だが残った大きい方はいつまでこの状態が保たれ成長するのを見ていたい。サルの腰掛け

  • 小ガモがスイスイ

    大岡川にカモの親子がスイスイと物陰に急ぐ!3羽の小ガモ、カラスに狙われないよう親は周囲を気にしながら物陰へと誘導する。小ガモがスイスイ

  • ふるさと港南のかるた

    昨日、仮庁舎港南区役所1階売店で「ふるさと港南の歴史かるた」を購入した。興味を引いた一つに「花いつぱい春日神社の天井絵」で春日神社は1099年頃創建の市指定文化財になっている。カルタの情報は,横浜市内で活躍されているピアノ講師杉山美穂先生のFacebookから得ました。ふるさと港南のかるた

  • ウオーキング・表彰状

    昨日(9月9日)、横濱市役所健康福祉局から表彰状と記念品が送られてきた。横浜市で健康づくり事業の一環で「よこはまウオーキングポイント事業」に参加し表彰の目標3つを達成したことによる授賞である。私の元年度の状況は、80歳以上の登録者6737人中80位で一に平均歩数は16,548歩だった。ウオーキング・表彰状

  • ムベの押し花

    押し花に興じる妻の作品。ムベのツタを採取し押し花材料として活用している。花を摘み取る時にはイメージを持って作品つくりにいそしんでいる。一つ一つ押し花を配置し眺めな直しながら創造の作品としていく根気に頭が下がる。ムベの押し花

  • ヒマラヤえびね

    今年の暑さでエビネの花色は冴えない。通常だと白に紫がかった花色となるが今年は白の花である。このエビネの特徴は葉が大きく濃い緑葉を持っていることで冬でも楽しむことができる多年草である。ヒマラヤえびね

  • 蝉・懸命に生きる

    夕暮れ時、桜の木からアブラゼミの鳴き声に注目すると一匹のアブラゼミの姿を見る。指を近づけて鳴く蝉に触れても逃げることなく懸命に鳴き続ける。子孫を残すための限られた時間にエールを送る。今日はツクツクボウシが鳴いていたが、蝉の声も10日を過ぎるとピタッとその声を聞かなくなる。夏去りぬ!蝉・懸命に生きる

  • 靖国・令和9月号

    靖国・令和9月号

  • 台風10号の前触れ

    昨日夕方の空模様は雲がいろいろと変化しこれも台風の前触れかと思うほど次々と雲は変化していく。今朝の散歩時の空模様はお月様が浮かぶ空だったが散歩途中から雨がぽつりと降り出し急ぎ帰宅したところで雨はやんでしまった。今回の台風10号はまれに見る勢力を保持するとのことで九州地方の被害が心配される。台風10号の前触れ

  • 海のゴキブリ「フナムシ」

    大岡川沿いを歩いていると岸壁面にいた黒いものが一斉に動き出す状況に一瞬身を引いてしまう。フナムシは磯や港の岸壁などを集団ではい回る姿をよく見かける夏の風物詩である。頭部には長い触角と大きな眼があるダンゴムシの仲間である。フナムシは周囲の色に合わせる技術を持っているそうだ。そのフナムシの大軍を写真に収めた。少しでも物音がするとサッと移動し姿を隠してしまう。海のゴキブリ「フナムシ」

  • 9月・長月・心の健康

    一番つらいときこそ一番大切なとき(ウォルト・ディズニー・実業家ディズニーリゾート創立者1901~1966)「解説」ミッキーマウスの生みに親、ウォルト・ディズニーは、子供の頃から絵を描くことが大好きでした。「絵が好き」、「人を楽しませたい」が彼の仕事の原点だったようです。広告の絵を描く仕事を経て、ようやく映画を作れるようになった矢先、信用していた人に裏切られ、大切な映画の版権を奪われてしまいます。金も仕事もなくし、失意のどん底にあったとき「そうだ、彼がいる!」と心に浮かんだのは、子供のころに友達になったネズミでした。こうしてミッキーマウスはディズニーが一番辛く苦しいときに誕生したのです。困難にぶっかっても諦めなければ、それは新しおい道を開く、大いなるチャンスになるということです。しあわせのヒントたとえピンチでも、...9月・長月・心の健康

  • 今朝の怪しき空模様

    今朝方の空には雲が湧き様々な形で変化している。夜中に雨が降り涼しい状態だったが、動きの速い空模様に9号台風の影響を感じる。今この時期も雨が降ったリ日が差したりで「狐の嫁入り」かな?雲に形を見ているといろいろな物に見えてくる。ふさふさのイヌだったりに日本地図にみえたりと雲の変化を見るのも楽しいものである。今朝の怪しき空模様

  • Ⅱ世代・ボラの群れ

    連日の暑さも川の水には何らかの変化が起きているのだろうかボラの群れが目立つようになってきた。今朝は、ボラの子が群れが大人のボラに遭遇し道を譲るものや列から逃げ出すボラの子が見られ互いに意識はしているようだ。Ⅱ世代・ボラの群れ

  • 早朝の伊勢佐木町商店街風景

    朝の商店街は外国の女性が多く3人ほどのグループが目立つ、またそれらしき女性がバックをさげて所々に立っている。路上にいるのはおじさん達で以前と比べて風景が変わってきた。1丁目から7丁目の商店街を歩き建造物などを写真に収めた。店頭にウツボが泳ぐミニ水槽があったりお面が笑っていたり結構面白い。<a早朝の伊勢佐木町商店街風景

  • お賽銭

    毎朝の散歩コース大岡川に架かる道慶橋脇に「道慶地蔵尊」がある。360年前雲水僧道慶師は、住民の難儀を見聞しこれを救おうとここに祀られた地蔵尊に祈願し托鉢を重ね万治元年(1658年)に独力で橋を造り両岸住民の難渋を救った。その遺徳を偲び道慶橋と名付けられた謂われのある地蔵尊である。ここを通る度にお賽銭をあげお参りをしている。今日もお賽銭をあげようと賽銭箱を見たら千円札が目にとまりびっくり!願いが叶った方がいたのだろうか。以前若夫婦がお参りする姿を時々見かけたことがあった。わたしの際お賽銭は何時も小銭だったので、びっくりした日だった。お賽銭

  • 路上のシミ

    熱せられたアスファルトには多くのシミが残されている。残った飲料水を撒いた跡、イヌなどのおしっこ、冷房で流れた水滴などで路面が彩られている。この路面のシミはいかがでしょうか?私には人の姿に!路上のシミ

  • 竹葉の剪定

    涼しい時間帯を狙って生い茂った竹の葉の剪定をおこなった。驚いたことに剪定してみたら竹の葉に虫がびっしりと張り付いて竹の葉が枯れ出していた。竹の下を見ると緑色のフンが沢山落ちていた。思い切り剪定して虫食いになるのを防ぐことができてラッキーな仕事だった。竹葉の剪定

  • サップを漕いで朝一人

    早朝に大岡川を「サップ」を漕いで一人楽しむ光景に出合い元気もりもりと歩く!障害物のない川を一人行く気持ちはどのような気持ちだろうか?傍から見ていると気分爽快のように見えるが、水面下にあるカモの水面下の様相だっろうか。いずれにしても楽しそうだ!サップを漕いで朝一人

  • 今朝の思わせぶりな空模様

    今朝の5時頃の空は素晴らしい朝焼けだったがカメラチャンスを逸してしまった。散歩しながら空を眺めれば360度の空模様が違っていた。天気予報では横浜地方も雨があるかも?でそれらしく雲は様々な形に変化している。黒い雲、光を受けての真白き雲、方や青空と投稿時に空の変化はない。雨降りはこれからか?爺さんのひげ顔今朝の思わせぶりな空模様

  • 秋の訪れ

    春と秋の節目にそのお知らせが我家の部屋に届く。今年も訪れましたがまだ小さめの虹色です。これで自然の循環を知らされます。秋の訪れ

  • 路上のクワガタ

    朝の散歩で路上に動くもを発見。それは小型のクワガタだった。踏み潰されそうなので街路樹の桜の木に止まらせた。つかむと小型の割に力があり元気である。路上のクワガタ

  • 羽ばたく鵜

    一雨があり鳥たちも少しは癒やされたことだろう。鵜は朝の食事あさりで忙しく潜りながら移動している。最近大岡川には鵜が増えてきている。食べ物の魚が豊富なんだろうな。羽ばたく鵜

  • 雷鳴とどろく

    昨晩は思いにも寄らぬ雷鳴が響き渡り加えて待ちに待った雨が降りだし天の恵みに感謝した。雷鳴も心地よく聞こえたがもう少し雨が欲しかった。自然現象の素晴らしさを感じながら窓を開けて就寝した。それにしても閃光をデジカメラで捉える難しさを感じた。雷鳴とどろく

  • 朝夕の散歩・イヌ

    この暑さのなか朝夕イヌの散歩を多く見かける。道路の温度は高温で地面に近いイヌにとっては耐えがたい温度だろう。このことは意外に気付かないものである。幼児の散歩では特に気をつけたいことである。朝夕の散歩・イヌ

  • カマキリが私の体に

    夕方、私の体にいつの間にカマキリの子供がまとわりついていた。そのままの体でカメラを手に取り写真を撮った。身軽で10センチほどの距離だと跳びはねて渡る。手のひらに載せながら写真を撮るがチョコチョコ動くので焦点定まらず床に下ろしてシャッターをきった。このまま部屋に置いては悪かろうと思い室外の植物に身を移した。身軽に動き時々小さな鎌を持ち上げる姿は愛くるしい。カマキリが私の体に

カテゴリー一覧
商用