searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

フォトハイカーさんのプロフィール

住所
埼玉県
出身
埼玉県

写真を重視したブログですが、写真についての説明や、撮影時の思いを色々な表現で紹介しています。そうすることで、更に写真を楽しんで頂けるかなと思います。これからも試行錯誤して参りますので、よろしくお願致します。

ブログタイトル
フォトサロン「四季風情」
ブログURL
http://22qpy61.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
四季が感じられる風景をカメラに収めていますが、特に花の写真を多く掲載しています。
更新頻度(1年)

181回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2014/07/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、フォトハイカーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
フォトハイカーさん
ブログタイトル
フォトサロン「四季風情」
更新頻度
181回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
フォトサロン「四季風情」

フォトハイカーさんの新着記事

1件〜30件

  • カレーライスの日

    今日1月22日は「カレーライスの日」です。1982年(昭和57年)に全国学校栄養士協議会が全国の学校給食の統一メニューとして、カレーを提供した日にちなんだということです。本場のインドカレーと違った日本風のカレーというのでしょうが、本格的な激辛を好む人もいますが、あの辛味は癖になるのでしょうね。料理するのも簡単で多人数の時は良いですよね。カレーライスの時は何故かライスの量がいつもより沢山食べられるの...

  • 偶然

    昨日写真展に出品した作品が返って来ました。テーマは「瞬間を捉える」機首が別の飛行機の垂直尾翼に重なりそうな瞬間です。狙ってシャツターを切ったという意識はなく偶然の結果でした。これは垂直尾翼で三角形を作った一瞬のシーンです。滑走路へ向かう機の動きを狙っていたのですが、勿論そんな発想で撮ったわけでもなく後々見て初めて分かりました。上の2作品は意識的に狙って撮れば撮れる瞬間ですが、この作品が出品した作品...

  • 寒い朝には

    これから2月に向けて寒さも本番ですね。ますます目覚めの布団から中々出ることが出来ません。そんな冬の朝食は、炬燵で温かい卵かけご飯と味噌汁が欲しくなります。でも最近テーブルフォトを撮り始めたので、こんなパン食と和食を交互に頂いています。部屋が暖かいと湯気が表現できないので、撮影が終わるまでは暖房は切っています。そうなると、早々に料理が覚めてしまうので、早撮りしないといけません。出来栄えは食事の後にP...

  • 寒空に

    当地方は暫く雲ひとつない晴天の日々が続いていましたが、久々に青空に白い雲が流れている光景を見ることが出来ました。夕焼け雲が見られるかなと、日の入り間近に近くの公園へ出かけてみました。生憎日の入り時刻には西の空には厚い雲が立ち込め、奇麗な夕景は見ることが出来ませんでした。寒さも増して来た薄暮になると、イルミネーションを見に来た人の車で駐車場はほぼ満車となりました。寒さもあって皆さんマスク着用と防寒対...

  • コロナ禍

    感染源のやり玉に挙げられている飲食業界は今や窮地に追いやられているようです。飲食の何がいけないのか?マスクを外し会話をしながらの飲食で飛沫が飛ぶことが感染リスクだとしたら・・・。しゃべらなければいいのに。モクモクと味わいながら食べればいいのに。その昔は食べながらおしゃべりするのは行儀が悪い、とされた昭和の時代。「べちゃべちやしゃべりながら食べている客は、代金はいらねえからさっさと出て行ってくれ」な...

  • 冬景色

    冬景色といっても雪景色ではありません。私には枯草もこの時期には冬の被写体なのです。絞り開放で中間あたりにピントを合わせ、前後をぼかして泡のように表現してみました。泡の正体はこれです。通称「バカ」正式名は「アメリカセンダングサ」。逆光で撮ると結構アートになります。今年も「春胡椒」が・・・私がそう名付けたスギ花粉です。これが飛び始めると何となく鼻がムズムズして、胡椒を吸ったように感じるのです。まだ飛び...

  • ろうばいの香り

    ろうばいは漢字では「狼狽」「蝋梅」「蠟梅」と書くようですが、いずれも難しいですね。花期は12月中旬から2月頃までで、花の少ないこの時期を甘い香りで癒してくれます。ろうばいの香りは鎮静や精神の安定作用があり免疫力を上げるというのです。でも抽出される油は医薬品扱いとなるので簡単には手に入らないということです。それに抽出方法も技術的に難しく多量に抽出が出来ないということなので、アロマオイルとしての流通は...

  • 夢中の雨

    我が地方はしばらく雨が降っていません。2ヶ月くらいになるのかな。乾燥は喉によろしくないし、風邪を引いたとしてもいつも通りには医者にかかれないだろう。昨日の天気予報では夜中に雨かみぞれが降るということでした。目覚めれば辺りはしっとりとしているだろうと、そんな思いで就寝しました。夜中にふと目覚めると、案の定窓の外は雨音が。。。。朝目覚めれば、いつもは明るいカーテン越しの窓の外は暗い空模様。昨夜はさぞか...

  • コロナと大雪

    コロナは今世界中で広がり、感染者は1億人に達しようとしている。いつになったら収まるのだろうか。連日TVではコロナと大雪のニュースばかりだ。こんな報道の陰で埋もれてしまっているニュースも沢山あるのだろう。大雪は立ち往生で車中で一夜を過ごした人もいるという。コロナは第3波、大雪の車両渋滞は以前にも経験しているはずだ。備えあれば憂いなし、損して得取れ、日頃の備えは何もなければ無駄になるだろうが、今回のよ...

  • 緊急事態宣言

    コロナ感染者が増加の一途で、関東一都三県に緊急事態宣言発出。今回は医療崩壊阻止が狙いだという。コロナのせいでコロナ以外の病気や怪我も診ることが出来なくなる日本の医療。収容してくれる病院が無いとなると、救急車も機能しなくなるのだ。おちおち急性アルコール中毒にもなれないですね。コロナに掛からなくても、廻り廻ってコロナの付けが。経済ひっ迫もみんなコロナのせい。そのコロナウイルスを撲滅しない限り、世の中の...

  • 日本神社

    観音堂の近くに日本神社があるので参拝することにしました。日本と表記する神社は全国に何か所かあるということですが、「にほん」と読むのはここだけ、つまり日本で唯一ということです。起源は戦国時代に遡り、当時は「武運」いくさに勝つという御利益があったとか。日本というメジャーな名称ですが、地域の守り神ということで、知る人ぞ知る神社ということです。とはいえ過去には重量挙げの三宅宏美選手やサッカーのなでしこジャ...

  • ろうばい咲く

    昨年は下旬に訪れたのですが、観音堂の境内に咲くろうばいが見頃と聞き、今年も出かけてみました。冷たい空気とともにほのかな香りが漂ってくると、一年の始まりを感じるのです。撮影ポジションを探しながら枯草の中を歩いていると、ズボンの裾には沢山の「バカ」?が付いている。子供の頃にみんなが言っていたこの草の名は、未だに私の中では「バカ」のままだ。調べてみたら、「アメリカセンダングサ」というらしい。でもこんな長...

  • 妙義神社

    来週に出かけようとしていた初詣でしたが、意外に空いているとの情報を聞きつけ急遽昨日参拝して参りました。私の初詣は群馬県の妙義山山麓に鎮座する妙義神社です。本殿へは165段ほどの凸凹した階段を上って行きます。階段の上り口にはマスク着用の看板がありました。ただでさえ息が切れる急な階段を、マスクしながらでは余計に呼吸が乱れ、上りきったところで呼吸を整えないと次へは進めません。眼下を見下ろすと遠くの山並み...

  • 茶の湯

    以前ネット注文していたテーブルフォト用のアイテムが届いたので、さっそく撮ってみました。茶碗と茶筅は撮影用に旅先で手に入れたものです。百均の小物も結構溜まっています。春の花の季節になるまでは、こんなことでインドアを楽しんでみようかと思います。こちらは旅先で頂いた抹茶セット。もちろん堅苦しい作法は抜きで、普通のお茶しましょうです。今年の初詣の人出はどうだったのだろうか。来週中には参拝しょうかな。願い事...

  • 2021年賀正

    昨年中はご訪問ありがとうございました。ブログを開設してから本年で丁度10年目になりました。時代とともにブログのスタイルも変わって行くことと思います。試行錯誤しながら皆様に楽しんで頂ける内容にして行きたいと思っています。この年末年始でも、医療関係者は例年にない体制で患者のサポートをしていると思います。医療を守るという意味でも、病気に掛からないよう自粛に努めたいと思います。本年も何卒よろしくお願い致し...

  • 大晦日

    コロナに翻弄された2020年も本日一日となりました。全世界の人々に影響を与えた新型コロナウイルスでしたが、来年は是非人類の英知で撲滅して欲しいものです。一年間ご訪問頂きありがとうございました。気が早いですが、来年の今頃は是非笑顔で年越しが出来ることを祈りたいと思います。これから全国的に寒波で急に冷え込みが強くなるようです。気を引き締めてコロナは勿論インフルエンザや風邪などに気を付けて年越しをお迎え...

  • 師走の街

    不要不急の外出自粛といわれても、生活必需品を手に入れないわけにはいきませんよね。スーパーやホームセンターなどは、それなりに賑わっています。ホームセンターや花屋さんの店先には沢山の花が。暗い世相には花が一番、何だかほっとする光景です。今年の年末から年明けは大雪の予報で、外出自粛のタイミングに合ったようですが、今度は物流が滞る心配がありそうです。2020年はコロナに明けコロナで終わるという波乱に満ちた...

  • 夕景

    冬至を過ぎると日の入り時刻は少しずつ遅くなってくる。というより日の入りは冬至前から徐々に遅くなっているのです。ちなみに、日の出はまだまだ少しずつですが遅くなるということです。ということは、冬至を境にという基準は当てはまらないということですね。それは地球の傾きや軌道が楕円であることが要因だということのようです。今年もPCに書き込んでいる日記や記録を見ながら一年を振り返っています。毎日の体重、散歩の回...

  • 初詣

    コロナの一年がそのまま年を越そうとしています。初詣の密を避けなければならないと思うと、いつ行こうか迷ってしまいますね。私は例年3日に出かけているのですが、元旦に詣でていた人たちがどのくらいずれ込むのだろうか。仕事始めが4日だとなると、3日は混雑が予想される。今年中に出かけてしまおうかとも思うが、やはり初詣は年明けでないと・・・・・。来年の願い事は、誰もがコロナの収束だろう。いや出来れば終息だ。果た...

  • サンタクロース

    今年のクリスマスイブは家で過ごした方が多かったのでは。久々に素面で帰るお父さんを玄関先で待つお子さんもいたことでしょう。枕元に置かれたプレゼントをサンタが届けてくれたと信じるのは何歳までだろうか。レンガの煙突から入って来るサンタさんは何故黒くならないのだろうか?真剣に考えた頃の自分が愛おしい。煙突はともかくサンタが空から舞い降りて来る現実はもうそこに。...

  • 夕暮れ時

    寒気襲来で日本海側はまれにみる大雪。関東地方は連日乾いた晴天が続き、コロナ禍で恵みの雨が欲しいくらい。風のない穏やかな日和に誘われ、午後の公園で密を避けてぼんやりするが・・・。流石に師走の夕刻は冷え込んでくる。夕陽を浴びて枯れ木のシルエットが浮かび上がる。太陽が稜線に隠れると、辺りは急に冷え込んで来る。夕焼け小焼けの赤とんぼ・・・・♪♪~広報塔から流れるこのメロディーを聴きながら、ふと古の子供の頃を...

  • スマホ写真

    撮ったままのスマホ写真をしみじみ眺めてみました。料理の写真が多いのに驚きました。スパゲッティー専門のレストランで頂きました。メニューは皇帝。。。スパとかいうネーミングだったかな?コーンたっぷりのスープ系のパスタです。お腹にたまりました。ランチで頂いたのですが、夕食が食べられないくらいでした。こちらは撮影に出かけて立ち寄った道の駅。甘じょっぱのタレに浸した脂肪系のとんかつと、さっぱり系の蕎麦が絶妙な...

  • 冬至

    今日は二十四節気の冬至、一年のうちで昼の時間が一番短く夜が長い日とされ、太陽の力が一番弱まるといわれる日です。そんな意味で寒さに立ち向かう体作りで血行を良くするために、古くからゆず湯に入る風習があるといいます。ゆずの皮はクエン酸、ビタミンCがひび割れやあかぎれに効能があり、皮の芳香油が湯冷めを防ぎ、香りはリラックス効果があるとされ、風邪予防や冷え性、腰痛の改善に効果があるようです。また端午の節句の...

  • 神頼み

    鳥居は神社の内外を分ける境目の役割をしている。鳥居をくぐればそこは神聖なゾーン。一途な心でお願い事をすべきだろうが、いつも願い事が多すぎて雑念が脳裏を行ったり来たり。でも来年は、「コロナ収束、平常な生活が戻って来ますように。」と一途に祈りたいです。今年は全世界がコロナにしてやられてしまった。来年は反撃の時、ワクチンがどんな効き目をするのか未知数、でも多くを期待するしかないですね。先行きのめどが立た...

  • 青空のキャンパス

    標高581mの美の山公園は冬枯れの様相。こんな標高でも今日は穏やかな陽気で、駐車場は数台の車が止まっていた。コロナ疲れなのだろうか、こんな殺風景の季節だというのに、カップルやおひとり様のハイカーが見られる。当の私は何しに?展望台からの雲の撮影にやって来たのです。地上では風もなく穏やかな陽気なのに、上空ではかなりの強風となっているのだろう、巻雲が素早く流れ、その形は目まぐるしく変化する。こんな時は面...

  • 年越し

    医療がひっ迫していると叫ぶ医療関係者。一方でGOTOキャンペーン継続の政府。双方が良いバランスで推移すれば理想でしょうが、政府は検討検討と時間稼ぎのように思えてならない。こうなったら国民ひとりひとりが、危機をどのように受け止めるかの判断をするしかないでしょう。今はコロナの影響で生産ラインが低迷しているようです。今年の暮れは家籠りで室内撮影でもしようかと、ネットでストロボを注文したのですが、在庫不足でお...

  • まだまだ見られた

    もう枯れ木ばかりかなと思いつつ、いつもの花園へ出かけてみました。というのも、この花園主催のフォトコンテストに作品を提出するためでした。今年ここを訪れたのは今日で39回目、四季折々の風景をカメラに収めました。新春はフクジュソウが咲き始めると、次から次へと色々な花が咲き始めるのです。何度足を運んでも私の場合は、ほとんどがマクロレンズでの花撮なので飽きることはありません。次から次へと花盛りで撮るものがい...

  • 赤いモミジ

    散歩道にある観音堂では赤いモミジが見頃を迎えています。この境内には大きな銀杏の木もあるのですが、先週までは黄葉が奇麗だった。その頃にはこのモミジはまだ青々としていた。この木たちは永遠に同時に見頃になることはないようです。こちらはPLフィルターで葉っぱのテカリを抑えてみたら、発色が奇麗になりました。PLフィルターは効かせ過ぎると、かえって色が濁ってしまうことも。奇麗な青空を撮るときなどは、かえって色...

  • イルミネーション

    12月はイルミネーションの季節ですが、コロナが猛威を振るっているところで、中止を余儀なくされるところもあるのでしょう。医療がひっ迫しているなかで、浮かれた師走もいかがなものか。今年の師走は何とも後味の悪いことになりそうですね。ひとりひとりが感染予防に自覚を持つことなのでしょう。年末年始の行事もいつも通りというわけにはいかないのでしょう。初詣の混雑を避けるために、今のうちに参拝をと呼び掛けている神社...

  • 山茶花

    花が少なくなってくるこの時期は、あちらこちらで山茶花を見かけます。手入れが行き届いているお宅の生け垣などには沢山の花が付いていますが、我が家の山茶花は、剪定時期を考えずに剪定してしまうので花付きが少ないです。それに品種のせいなのでしょうか?手入れが悪いのでしょうか?色付きが悪いのです。玉ボケを意識して午後の逆光で撮ったのですが、ホワイトバランスを寒色系にして季節感を出してみました。花も微妙に青みが...

カテゴリー一覧
商用