searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

frisierenさんのプロフィール

住所
松戸市
出身
松戸市

自由文未設定

ブログタイトル
ドイツ模型の床屋 フリジーレン
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/frisieren113
ブログ紹介文
VW POLO愛用、ドイツ車ミニカーとHOヨーロッパ鉄道模型を収集し、店内にディスプレイしている床屋。
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2014/05/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、frisierenさんの読者になりませんか?

ハンドル名
frisierenさん
ブログタイトル
ドイツ模型の床屋 フリジーレン
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
ドイツ模型の床屋 フリジーレン

frisierenさんの新着記事

1件〜30件

  • VW POLO 9NBBY フロント足回り ブーツ、ブッシュ点検 #02

    右側フロント足回りブーツ、ブッシュ点検確認。タイロッドエンドブーツはOK。ドライブシャフトブーツのアウターはOK。ドライブシャフトブーツのインナーはOK。ホールジョイントブーツはOK。ロアアームブッシュは右側もひび割れが確認された。左右共に経年劣化である。前回ブッシュ抜き打ち交換から6年で亀裂が確認された。今度のブッシュはOEM品ではなく耐久性があるブッシュを奢ってみたいと思う。VWPOLO9NBBYフロント足回りブーツ、ブッシュ点検#02

  • VW POLO 9NBBY フロント足回り ブーツ、ブッシュ点検 #01

    左側フロント足回りのブーツ、ブッシュ点検確認。タイロッドエンドのブーツが切れてグリス漏れが確認させた。要交換である。ドライブシャフトブーツのアウターはOK。ドライブシャフトブーツのインナーはひび割れが確認された。要交換である。ボールジョイントブーツはOK。ロアアームブッシュはひび割れが確認された。要交換である。冬季になり段差を乗り上がると「ギュっ」と異音が確認できるのも、このブッシュと疑われる。VWPOLO9NBBYフロント足回りブーツ、ブッシュ点検#01

  • VW POLO 9NBBY 足回りの点検 

    タイヤ交換作業はまず最初にリアから。リアのハブにホイールがしっかりハマってしまって取り外しに困難をきたす経験からである。それからハブに少量のシリコングリースを塗布してタイヤホイールを装着している。タイヤホイールを外してリア足回りの点検確認。リア左右共にショックアブソーバーのオイル滲み、ブレーキフルード漏れ、ブレーキパッド残量なども問題はかった。続いてフロントの足回り。フロント左右共にショックアブソーバーのオイル滲み、ブレーキフルード漏れ、ブレーキパッド残量など問題はなかった。しかしフロント周りはブッシュ装着が多くあり、経年劣化が予想される足回りである。各部のブッシュを点検確認。VWPOLO9NBBY足回りの点検

  • VW POLO 9NBBY スタッドレスタイヤに交換 #01

    正月休みは毎年恒例の冬支度。スタッドレスタイヤ交換の作業。今年の正月休みは日中暖か陽気である。日差しも良好なので、タイヤホイールを外したついでに下回りのブッシュ確認をしてみる事にした。VWPOLO9NBBYスタッドレスタイヤに交換#01

  • VW POLO 9NBBY オイル交換

    冬季に向けてのオイル交換。今回はMotul2100powerlight10w-40を充填。若干粘度を下げた柔らか仕様。フィルターは交換せずにオイルのみ交換。オイル量はディップステックで計量確認1/3レベルの少なめに設定した。充填量3L程である。VWPOLO9NBBYオイル交換

  • VW POLO 9NBBY A/Cフィルター交換

    ここ数日の気温差でドライブ中に曇るフロントウインドウ。そこで活躍するエアーコンディショナー(A/C)。冬場のヒーターと兼ね合わせてA/Cを使用すると、「スッと」ウインドウの曇りが取れる快適さ。通年使用できるA/C。最近使用中に気になる匂い・・・。A/Cフィルターの交換を怠っていた。早速A/Cフィルター交換作業。A/Cフィルターボックスのカバーは外すと細かな砂埃、虫の死骸、草木の種がゴッソリ。フィルターは大気中汚染物質で真っ黒である。前回交換が2年前の2017/2/10で走行距離は2万キロ強であった。新品フィルター交換後は気になる匂いもなくなった。A/CフィルターVW純正品番6Q0820367CAFM社CA-1015使用VWPOLO9NBBYA/Cフィルター交換

  • VW GOLF 7 TDi 広報車参上! #07

    VWGOLF7TDI。フロントライトもLED仕様の高級パーツ仕様。ホワイトライトを放つギラギラ志向。私的にフロントライトは従来のバルブ仕様で、デコレート皆無のスタンダードモデル「TDI」を嗜好。ドイツ本国に存在する「あの」ボトムラインモデルが魅力的。VWGOLF7TDi広報車参上!#07

  • VW GOLF 7 TDi 広報車参上! #06

    VWGOLF7TDi。ディーゼルモデルのエンブレム「TDI」。TurbochargedDirectInjectionの略である。VWGOLF7TDi広報車参上!#06

  • VW GOLF 7 TDi 広報車参上! #05

    VWGOLF7TDi。他に気になるパーツはVW指定装着タイヤである。世界的有名タイヤが事前にテスト走行を重ねられ純正指定タイヤに認証される。VWメーカーが認証するタイヤメーカーはブリジストン、コンチネンタル、ダンロップ、ミシュラン、グットイヤー、ピレリなどが代表的。このモデルはポーランド製のブリヂストンTURANZAER300が奢られていた。街中を走るのVWモデルの新車を見るとBSTURANZA装着が多く見受けれらる。最近、Michelin製タイヤを装着する新車VWモデルが少なく感じる。のは私だけだろうか・・。VWGOLF7TDi広報車参上!#05

  • VW GOLF 7 TDi 広報車参上! #04

    VWGOLF7TDi。ディーゼルエンジンからの排ガスをクリーンにするための措置アドブルー/AdBlue仕様。高品位尿素水を入れる給水口が給油口と並んでいる。尿素SCRシステム排ガスの有害物質である窒素酸化物(NOx)をアンモニア(NH3)と化学反応させることで、窒素酸化物(NOx)を大気に無害な窒素と水に分解し排出させるもの。次世代ディーゼルエンジンに必要不可欠な装置である。VWGOLF7TDi広報車参上!#04

  • VW GOLF 7 TDi 広報車参上! #03

    VWGOLF7Tdiのエンジンで気になるパーツはバッテリー。どのクルマでもエンジンを覗くと、つい確認したくなるバッテリー。何のメーカーが純正指定になっているか。どんな容量が搭載されているかなど気になる所為。ドイツVARTA製をVW純正パッケージにあしらったバッテリーが搭載されていた。容量も70Ah/cca700Aの大きな容量のバッテリーである。VWGOLF7TDi広報車参上!#03

  • VW GOLF 7 TDi 広報車参上! #02

    VWGOLF7TDiのエンジン。ガソリンエンジンと変わらぬ見栄え。しかしながら、エンジン始動時のディーゼルエンジンが放つ特徴ある振動は見るからに大きい。だが、ボディーに伝わる振動はほぼ皆無である。エンジンからの振動を他に伝えないエンジンマウントの存在が大きく感じられる。見るからにガソリンエンジンよりディーゼルエンジンの造り、付随する補機類は比にならない程、上手く造作されている。素人ながらGOLF7TDiの作りの良さを多く感じる。VWGOLF7TDi広報車参上!#02

  • VW GOLF 7 TDi 広報車参上! #01

    当店ご愛顧のモータージャーナリストがVWGOLF7TDI/ディーゼルターボの広報車に乗ってきた。早速、夜のドライブに出かけてみた。広報車はVWのPDIセンターがある豊橋登録のGOLF7TDiである。VWGOLF7TDi広報車参上!#01

  • 今日10月4日 「オリエント急行」運行開始記念の日

    136年前の今日。1883年10月4日フランス・パリ発、トルコ・コンスタンティノープル行きの国際寝台列車オリエント急行が運転を開始した。今日はオリエント急行の日である。ベルギーの実業家ナゲルマケールスが、アメリカ旅行で乗車したプルマン社寝台列車に感銘を受け1872年に国際寝台会社(ワゴン・リ社)を設立。豪華列車オリエント急行の運行が始まった。今日10月4日「オリエント急行」運行開始記念の日

  • VW POLO 9NBBY エンジンオイル交換

    年4回の季節の変わり目にエンジンオイル交換。今回も高粘度の粘りある「MOTULMultipower15w-50」を充填。オイルフィルターも交換。次回は冬の季節での交換予定。手元にあるストックオイル「MOTUL2100Powerlight10w-40」を久しぶりに充填したいと思う。VWPOLO9NBBYエンジンオイル交換

  • VW POLO 9NBBY オイルセパレーター #04

    オイルセパレーター。エンジンオイルに混入した空気を分散させて吸気系に戻す装置。内部には分散させる金属弁が覗かせる。エンジンオイルが常に流れ入る事でセパレーターの楕円形大小のシーリングからの経年オイル漏れが発症。欧州車にはよくあるモノ。エンジンオイルが低粘度指定を入れていると、かなりド派手に漏れ始めてオイル量が突然激減なども懸念。症状が発覚次第、要交換箇所でもある。VWPOLO9NBBYオイルセパレーター#04

  • VW POLO 9NBBY オイルセパレーター #03

    昨今、VW純正パーツの一部は先進諸国製造が多く見受けられる中、このオイルセパレーターはドイツ製であった。オイルセパレーターの製造メーカーはドイツHengst/ヘングスト。有名なフィルターメーカーであり、クランクケースベンチレーションも製造している。ブローバイガスを吸気系に促す、エンジンオイルの蒸気圧力、空気分散の装置を得意とするメーカーHengstであるVWPOLO9NBBYオイルセパレーター#03

  • VW POLO 9NBBY オイルセパレーター #02

    エンジンに装着しているオイルセパレーターを見ると、そんなに大きな補機類のパーツと感じないが、実際、手元で見ると案外、大きな存在と言えるオイルセパレーター。耐熱合成樹脂で作られしている本体である。VWPOLO9NBBYオイルセパレーター#02

  • VW POLO 9NBBY オイルセパレーター #01

    スタビライザー系パーツ交換時にド派手にエンジンオイル漏れが発症していた。オイル漏れ箇所はオイルセパレーターとエンジン接合部。オイルパンが装着されていたる上部になる。オイルセパレーターのOリング劣化でエンジン接合部から漏れ始めていた。オイルパン付近でもあり漏れるとド派手に滴り始める。オイルセパレーターはエンジンオイル内に混入した空気、ブローバイガスを分離する装置である。交換にあたりパーツを準備する事に、当初交換パーツをOリングのみと思っていたが、オイルセパレーター素材が樹脂製とあり、エンジン熱での膨張収縮を経年繰り返している事で、先行き既存パーツ劣化裂傷が不安。ここも潔くオイルセパレーター本体をオーダーした。VWPOLO9NBBYオイルセパレーター#01

  • VW POLO 9NBBY スタビライザーパーツ交換 #04

    スタビライザーパーツ交換終了。最後はタイヤを装着してトルクレンチで規定トルク120n/mで増し締め。ド派手にオイル漏れが確認されたオイルセパレーター部分の交換を次回にし、オイルセパレーターパーツをオーダーすることにした。VWPOLO9NBBYスタビライザーパーツ交換#04

  • VW POLO 9NBBY スタビライザーパーツ交換 #03

    スタビライザーパーツの交換作業中・・。スタビブッシュを交換。今回、スタビブッシュの劣化は感じられなかったが、スタビリンクが新品になるならスタビブッシュも一層新品にと潔く交換を遂行。マイレ製のブッシュパーツは何げに純正よりも耐久性が感じられる。VWPOLO9NBBYで足回りブッシュ劣化はウィークポイントのひとつ。足回りに異音を感じたら「ロアアームブッシュ」または「スタビブッシュ」の劣化疑いである。VWPOLO9NBBYスタビライザーパーツ交換#03

  • VW POLO 9NBBY スタビライザーパーツ交換 #02

    既存スタビリンクを外して新品スタビリンクを装着。装着後もしっかりとした増し締めで作業確認。VWPOLO9NBBYスタビライザーパーツ交換#02

  • VW POLO 9NBBY スタビライザーパーツ交換 #01

    スタビライザー系パーツの交換作業。クルマをリフトしてまずは下回り点検。スタビライザー系パーツの交換前にオイル漏れがある事が確認された。オイル漏れは経年で発症するオイルセパレーターのOリング部。ここは後日の作業。VWPOLO9NBBYスタビライザーパーツ交換#01

  • VW POLO 9NBBY スタビライザーパーツ #06

    MEYLE製スタビライザーブッシュとブラケットのセット。ブッシュの経年硬化は防ぐ事はできないが、硬化をなるべく遅らせる事はシリコングリスなどのゴムに相性良好な保護膜形成が必須との事。VWPOLO9NBBYスタビライザーパーツ#06

  • VW POLO 9NBBY スタビライザーパーツ #05

    スタビライザーブッシュブラケットブラケットにMEYLEの名称が入っている。OEM、他のアフター品だと何の明記もなく簡素であるが、MEYLEはアフター品でもちょっと違う気質が感じられる。VWPOLO9NBBYスタビライザーパーツ#05

  • VW POLO 9NBBY スタビライザーパーツ #04

    純正品は単体区分でオーダーしなければならないが、OEM、アフターパーツは付属品もまとめられている。スタビライザーブッシュと共にブラケットも付属されている。VWPOLO9NBBYスタビライザーパーツ#04

  • VW POLO 9NBBY スタビライザーパーツ #03

    既存スタビライザーブッシュもMEYLE製。交換から6年活躍中。ブッシュ硬化で冬場に発症するキシミ異音を未然に防ぐために交換。スタビリンク交換時にスタビ系パーツを一層交換でリフレッシュ。無駄と思えるパーツでも二度手間を考慮するなら一緒に交換を薦める。造りは純正品より若干粗さは窺えるが、十分期待できるクオリティーである。VWPOLO9NBBYスタビライザーパーツ#03

  • VW POLO 9NBBY スタビライザーパーツ #02

    スタビライザーリンク交換と共にスタビライザーブッシュも交換を決行とパーツ準備。アフターパーツのMEYLEブッシュはORIGINALQUALITY。VWPOLO9NBBYスタビライザーパーツ#02

  • VW POLO 9NBBY スタビライザーパーツ #01

    VWPOLO9NBBYの足回りリフレッシュ。以前よりスタビリンクロットのブーツ亀裂があるまま走行する事数ヶ月。最近、ハンドルを左右にきると「キシキシ」と微妙に異音。そろそろ本格的にスタビライザー系のメンテナンスを決行する事に・・・。以前に用意したスタビリンクロット「MEYLEスタビリンクロットHD」。オリジナルより耐久性を向上させたアフターパーツ。VWPOLO9NBBYスタビライザーパーツ#01

  • VW POLO 9NBBY ライトスイッチ故障 #03

    VW純正ライトスイッチ。POLO6R系に装着されているスイッチが適応。ライトスイッチは更新されたデザインになった。クラシックモデルになりつつある我が9NBBYが、ちょっとリノベーションされた感じがする。VWPOLO9NBBYライトスイッチ故障#03

カテゴリー一覧
商用