searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

竹風亭凡凡さんのプロフィール

住所
藤枝市
出身
藤枝市

光陰のごとく過ぎゆく日々。還暦も既に過ぎました。自然の中で自然を感じて自然に生きる。全て自分の時間。有り余る自然の中で我が意のままに、肌に合った生き方を楽しもうと思っている。 我が舌足らずのブログですが、 それを補足するHPはこちら http://www.asahi-net.or.jp/~ri7K-sgmt/ なので、よかったら覗いてみてください。

ブログタイトル
里遊庵〜八葉蓮華のエコロジー・田舎暮らし編〜
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hanyaisuke2
ブログ紹介文
24時間、自然を感じて暮らしたい。定年後の住まいは里遊庵。藤枝の山隅で田舎暮らしと洒落込んでいます。
更新頻度(1年)

9回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2014/04/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、竹風亭凡凡さんの読者になりませんか?

ハンドル名
竹風亭凡凡さん
ブログタイトル
里遊庵〜八葉蓮華のエコロジー・田舎暮らし編〜
更新頻度
9回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
里遊庵〜八葉蓮華のエコロジー・田舎暮らし編〜

竹風亭凡凡さんの新着記事

1件〜30件

  • 農水省の輸出振興は逃げだ

    食糧自給率が3〜4割という国が、国内自給率を上げる努力を怠って、輸出を奨励するなど、本末転倒も甚だしい。国内の農地はどんどん荒れ果て、農家は高齢化の末に朽ち果て、農村は打ち捨てられ、棄村・廃村で地方は衰亡。それもこれも戦後一貫して巨額の予算を使いながら、結果的に何も出来なかった農水省の責任は小さくないものがある。まさに前例踏襲・既得権益の岩盤に縛られた農水施策の悲劇だ。自然保護の観点からすると、諫早湾のギロチンなどは、アマゾンの焼き畑に等しい酷い施策だった。それによって、国家的に何がプラスとなったのか。地球環境的には、失ったものの方が遥かに大きい。そして国内施策に行き詰まり、苦し紛れに輸出依存策に行き着いた。そんなところだろう。農業のやり方は2000年来殆ど進歩がない。水を引き田を作り、米を植え。水は高い所から...農水省の輸出振興は逃げだ

  • AI産業省を提案

    これからの産業は全てAIに行き着く、と予想します。従って、経産省と農水省を合体して、AI産業省をつくることを提案します。農業こそ、最も革命的革新が求められています。AI産業省を提案

  • 周回遅れのデジタル庁

    今更デジタル庁もないもんだ。時代に追いつくなら、AI産業省でしょう。一次産業こそ、AI化を最も必要としているのに、ノー天気な農水省は、40年1日の如く、相も変わらずやる気のない、進歩のない目標に甘んじている。税金ドロボーに近いやる気のなさと言わざるを得ない。周回遅れのデジタル庁

  • 農の妙

    太古から人間にとって最重要であり、携わり続けた作業でありながら、これ程忌避され、嫌われる作業も他に無い。何故か。それは農作業の辛さが殆ど改善されていないからだ。進歩のなかった作業。それが農業だ。これからの人類は英知・科学を結集して、農作業を快適な知的創造産業に発展させて、最先端文明としなければならない。その中に、地球を救う様々なアイデアが含まれているはずだ。農。それは、農作業が最先端科学を持ってしても、そう易々とは決して御し得ない作業であるからだ。全ての自然条件をクリアしないと農作業の最適解は得られない。今の最先端農業も所詮は資源掠奪農業にしか過ぎない。そして、そういうやり方は既に限界が見えている。儲かるよりも知的に楽しく、誰でもやってみたくなる作業。農作業をそういうものに根本から変えねばならない。私はそれを目...農の妙

  • 午前0時20分

    真夜中、今日はお腹が張って急ににウンチがしたくなった。トイレに行ってすませたが、すっかり目が覚めた。今日の不愉快な感覚はよく分かっている。農作業でマルチがうまく張れなかったせいだ。あんな張り方しかできなくて、みっともない。悔しいなあ。それと種を撒く時に苦労するなあ。嫌になる。体は疲れるし。しかもマルチャーの修正方法が分からない。でも感触としては95でヒラ張りの時も135で高ウネの時も深さは4.5くらいであんまり圧力をかけずに自然体でやるべきだな、きっと。95の時は畝幅はせいぜい55.135の時は65、で行ってみるか。どうせトラクター幅でやるんだから、中央にマルチを合わせれば良い。後、爪の向きを内盛に変えることかな。午前0時20分

  • 9月16日

    薄曇り。朝市。帰ってマルチ張り予定地の草刈り。今日は昨日より天気良さそう。一気にマルチまで張る予定。白菜苗の伸び悪く、液肥を掛ける。川向こうの畑にした田んぼの水捌け悪く、水路まで溝掘り30分。湿気が多く、あせがタラタラ。10時半、水分補給、一休。9月16日

  • 暑い農作業に扇風機

    今日は日差しが強く、かつ蒸し暑い。畑の草取りは大変だけど、このスーツ扇風機がだいぶ緩和してくれている。細かい草抜きだが、だいぶはかどって、助かっている。暑い農作業に扇風機

  • 梅雨の晴れ間

    梅雨の晴れ間だというのに、10時まえに、早くも28度Cを超えた。庭の菊の挿し木も日差しが強くて、ダウンしそうだ。枯れたらしょうがないので日陰に避難させましょうかな。梅雨の晴れ間

  • 2020/03/18

    梅雨、ジトジト、ジメジメ。一年でいちばん鬱陶しい季節だ。そんな梅雨の風情も、最近は随分と変わってきたものだ。いきなり豪雨。一気に災害に警戒しなければならないという、事態になってしまい、風情もなにもあったものではない。良き日本の細やかな感性が通わない事態となってしまった。2020/03/18

  • いろいろあるけど

    人生山あり谷ありいろいろあり。どこでもなかなか落ち着けなかった。そんなふらふらしてる間にいつの間にか歳食ってしまった。それでもようやく落ち着いてきたかな、という気がする今日この頃だ。はや66歳決して早すぎるということはない。ただ人生の充実感を感じている今日この頃だ。いろいろあるけど

  • 衣原は高霊原(その2)

    衣原遺跡の発掘によって、6世紀後半の須恵器窯が発掘された。何でもこの時期の須恵器窯は珍しいのだそうで、全国展開も初期の頃にあたるということらしい。そんなに極端に珍しいということでもないが、県内では他に一例か二例か、そんな程度ではあるようだ。またこの地区の古墳(円墳)の発掘も同時に行われ、その副葬品からやはり6世紀後半の古墳であることが分かっている。6世紀後半と言えば、国内では蘇我氏が絶頂を極め、また任那日本府が滅亡し、大勢の帰化人が発生していた時期でもある。衣原は高霊原(その2)

  • 衣原は高霊原(その1)

    我が住む藤枝の葉梨には衣原(ころんばら)という地区がある。この地区を通った新東名高速道路の工事に伴い、衣原遺跡の発掘調査が行われた。詳細は省くが、その発掘により、これまで分かっていなかった様々な新しいことが分かってきた。おいおいと説明していこう。衣原は高霊原(その1)

  • 田舎に生まれ、田舎に育ち

    皆様、こんにちは。田舎に棲んでウン十年。学生時代は都会に住んだが、ホンの一時だけだった。結局住まいはずーっと田舎だ。たかが田舎だけれど、ウン十年も棲んでいると、いろんなことがある。紆余曲折あーでもないこーでもない、田舎なんか煩わしくなって、何度逃げ出そうと思ったことか。逃げればいくらでも逃げられた。どこに住もうが移ろうが、今の日本は全くの自由だ。ワアオッ!!じゃあ好きなとこへ行きゃあいいじゃん。そうなんですよ。それでも田舎に棲み続けた。田舎に生まれ、田舎に育ち

  • ウツボグサが開花しました

    丹精してきたウツボグサが花開いて嬉しいかぎりです。野性種ですが、野山では殆ど見かけなくなっています。こちらも満開です。これも意外と好きな花ですね。どくだみです。ウツボグサが開花しました

  • 我がファミリー農園は今

    我がファミリー農園は今、ズッキーニの花が満開です。\(^-^)/我がファミリー農園は今

  • 絶好の畑日和

    トマト畑に藁を敷いて、マルチング兼暑さ対策をやってます。絶好の畑日和

  • 良いにおいがすると思ったら!

    今年も何時の間にかスイカズラの花が満開となっておりました。[user_image20/ad/4a7a8f991ac3f2fabba5b351e1287652.jpg]蔓はやたらとはびこって強靭でなかなか厄介なものですが、花の香りは初夏に相応しい良いものです。花が終わったらまたバッサバッサと切り込みを入れて整理します。良いにおいがすると思ったら!

  • 断捨離

    いろいろ悩みました。米作りを止める!それで本当に百姓といえるのか?行きつ戻りつ幾晩も幾晩も悩みました。先行きのこと、経済のこと、伝統のこと、残された田んぼの管理のこと、自分の生き様etc.etc.etc..。自分では結論が出せませんでした。女房に、語るように相談するともなしに話をして、ようやく踏ん切りがつきました。お米を止めようって。ほぼ日本人であることと同義の、お米作りを止める。そういう時代になってしまった。そうしてまた一人、稲作農家が消えて行く。人知れず、じわじわと進む農業崩壊。田んぼ荒廃。我が集落を見てもその流れはもはや押し留めることは出来そうもない。苦渋の選択?いや、必然の選択だと考えている。もはや、今の政治や行政では理解不可能、解決不可能な事態が進行しているんだろう。米作りが、今現在の高齢米作り世代が...断捨離

  • 茄子にきゅうり…

    まずは茄子にきゅうり、トマトに万願寺とうがらし次にズッキーニ最後はカボチャ🎃を植えました。4月の最終週から、今日5月1日にかけて、頑張りました。茄子にきゅうり…

  • やっと満開、我が家の桜

    あんまり咲かないんで、今年は咲かずに終わってしまうんじゃないかと気を揉んでいたが、ようやく今日、こういう状態で満開となりました。😃やっと満開、我が家の桜

  • あ~あ、😞雨雨、また雨

    百姓殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の三日も降れば良い~とは良く言ったもんだ。⤵⤵こちとら商売あがったり、だ。ただでさえ今年は異常気象のせいでタケノコがさっぱり出ないのに加えてこの雨が初夏に向けての畑作りの邪魔をしてくれる。あ~あ、😞雨雨、また雨

カテゴリー一覧
商用