searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

FX初心者の為の日本一安心な学校18タートルズ@田中さんのプロフィール

住所
北区
出身
茨木市

現在、大阪・京都で毎週1回の授業で、日本一安心なFXで勝ち続ける技術を教えている学校の運営スタッフ兼、生徒をしております。 安全に、空いた時間で出来る、一生稼げる技術を毎週学んでおります。 その学びをこちらのブログで公開していこうと思います♪

ブログタイトル
初心者の為の日本一安心なFXの学校(大阪・京都)
ブログURL
https://ameblo.jp/pannda06pannda/
ブログ紹介文
FXスクールで学んだ事をスタッフ兼生徒である田中が、生徒の実績など、ブログで公開しております。
更新頻度(1年)

205回 / 365日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2014/01/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、FX初心者の為の日本一安心な学校18タートルズ@田中さんの読者になりませんか?

ハンドル名
FX初心者の為の日本一安心な学校18タートルズ@田中さん
ブログタイトル
初心者の為の日本一安心なFXの学校(大阪・京都)
更新頻度
205回 / 365日(平均3.9回/週)
読者になる
初心者の為の日本一安心なFXの学校(大阪・京都)

FX初心者の為の日本一安心な学校18タートルズ@田中さんの新着記事

1件〜30件

  • ユーロ・ポンド高に警戒

    英中銀のマイナス金利の後退英国中央銀行は予想通り金融政策決定会合で市場の予想通り過去最低の金利、資産購入プロブラム規模の据え置きを決定。ベイリー中銀総裁は、見…

  • 米ISM非製造業指数発表

    ISMが5日発表した7月の非製造業総合指数は58.1となり、2019年3月以来16カ月ぶりの高水準を付けました。新規受注指数が過去最高水準に達した一方で、雇用…

  • 米株は底堅く推移

    4日の為替市場はNY時間に入ってドル売りが優勢となり、ドル円は再び105円台に下落しました。原油や金といった商品相場が上昇しているほか、TikTokを巡って米…

  • ドルは過熱感からの調整へ

    3日の為替市場はドル買いが優勢となり、ドル円は買い戻しが続いています。東京時間に実需買いから一旦106.40円付近まで上昇したものの、その後は戻り売りに押され…

  • ドル買い戻しの流れ

    7月末の為替市場はドルの買い戻しが強まっていて、ドル円は106円近辺まで急上昇しています。ドル円は一時104円台前半まで下落し、安値から200ポイント近く切り…

  • ドルのパニック売り

    30日の為替市場では、第2四半期の米GDP速報値や米新規失業保険申請件数が米経済の早期回復期待を後退させる内容だったことで、ロンドン時間には売りを一服させてい…

  • FOMC政策金利の据え置きを決定

    FOMCは政策金利の誘導目標レンジを据え置くことを決定経済が足元の状況を乗り切り、最大雇用と物価安定の目標達成に向け軌道に乗ったと自信をもてるようになるまで、…

  • FOMC開催

    FRBは28日から29日にかけてFOMCを開催28日の外為市場では米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え調整が予想されるものの米連邦準備制度理事会(FRB)が…

  • ドル円はレンジを下抜け

    27日の為替市場はドル安が続いており、ドル円も下値模索が続いています。105円台前半まで下落しており、大きな心理的節目である105円を伺う動きが見られました。…

  • 米中関係の悪化からのドル売り

    24日の為替市場では米経済への不安によるドル売りからドル円は105円台に下落しました。6月安値である106円付近に近づいていましたが、その水準を割り込み、スト…

  • ドル指数の低下傾向続く

    ドル指数の低下傾向が続いています。ロンドン序盤には94.783まで一時低下しました。3月9日以来のドル安水準となっている。ポンドドルが前日から一段高となったほ…

  • 米中対立への懸念

    22日の外為市場では米中対立の深刻化を懸念し慎重な展開が予想されます。米国務省は在ヒューストン中国総領事館閉鎖を決めました。米国の知的財産権の保護や国民の情報…

  • EU、復興基金で合意

    21日の外為市場では欧州連合(EU)首脳が復興基金で合意したことを好感し、ユーロ買い、リスク選好の動きが優勢となっています。欧州連合(EU)は首脳会談で、前代…

  • EUサミット4日目

    新型コロナ復興基金案を巡り、EU首脳は週末の臨時会議を延長し、4日目に突入しました。各国政府関係者の見通し通りに協議は難航し、オランダ等に配慮する形で交付金の…

  • ECB政策金利決定会合

    欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で政策金利や1.35兆ユーロ規模のパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の据え置きを決定。ラガルドECB総裁は域内の経済…

  • FRBの追加緩和を織り込み

    15日の外為市場では引き続きフロリダ、テキサス州でウイルス感染が拡大する中、年末までにウイルスワクチンが実用化されるとの期待が強まりさらに、ゴールドマンサック…

  • ドル円は膠着状態

    14日のNY為替市場はドル売りが優勢となっており、ドル円も上値の重い展開が見られます。ロンドン時間には107.40円付近まで上昇していたものの、NY時間に入っ…

  • 7月第3週の相場

    今週は日欧で金融政策の発表があります。いずれも政策変更はないと予想され、フォワードガイダンスの強化等の変化があるかどうかが注目されています。また、今週から米企…

  • 来週の先行きを睨む展開

    10日の為替市場はドル売りが優勢となる中でユーロドルは買い戻しが優勢となっており、1.13ドル台を再び回復しています。来週はEU首脳会談が予定されており、欧州…

  • リスク回避の動き

    9日のNY市場はリスク回避の雰囲気が強まる中で、為替市場はドル買い戻しの動きが優勢となっています。米株に戻り売りが強まっており、ダウ平均は一時500ドル超下落…

  • ポンドは上昇

    8日の外為市場では英国がウイルスパンデミック救済策を発表したことを好感したポンド高へと繋がりました。米国でのウイルス感染拡大、米中対立激化がリスクとなりそうで…

  • 綱引き相場

    7日の為替市場では、ドル円はNY時間にかけて伸び悩む展開が見られていて、107円台半ばで推移しています。ロンドン時間には株式市場が利益確定売りに押されたことも…

  • 米独立記念日の振替え休日で休場

    7月3日(金)は独立記念日の振り替え休日で米国市場は休場となります。米株式・債券市場は動意付き難いものの、米国における新型コロナウイルス感染状況や米中関係のリ…

  • 6月米雇用統計

    米雇用統計のイベント通過為替市場はジワジワとドル買いが強まっており、ユーロドルやポンドドルは戻り売りに押されています。ドル円はドル売り・円売りの中で107円台…

  • リスク選好の円売り後退

    1日の為替市場は予想外に低調な内容となった日銀短観を受け日経平均株価が弱含み、リスク選好の円売りの後退でドルは再び下落へと転じています。香港統治をめぐる米中関…

  • ドル円はリスクオンの流れ

    29日の為替市場は東京時間には動きのなかったドル円ですが、欧州時間に入りドル買いの流れとなっています。ダウ平均が一時450ドル超上昇したことなどをながめ円売り…

  • IMFは市場の楽観視に警告

    国際通貨基金(IMF)は25日、新型コロナウイルスの感染拡大が一段と広範囲に及び、ロックダウン措置が再導入されたり、通商面での緊張が再び高まったりすれば、株式…

  • 円高の流れ

    23日の為替市場はリスク選好のドル売りが強まる中でドル円は売りの流れとなりました。東京時間には107.20円近辺まで上昇し、107円台を回復していたドル円相場…

  • ユーロの買い戻しの流れ

    原油先物価格の持ち直しを背景に、対資源国通貨中心にドル売りが進むとユーロに対してもドル売りが先行しています。6月ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)が予想を上回…

  • EU復興基金を巡る協議

    EUは19日、加盟国首脳による会議を開催新型コロナウイルスで打撃を受けた経済を再生させるための復興基金について、資金の使い方を巡る対立を解消できず、合意を先送…

カテゴリー一覧
商用