searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ワカクサさんのプロフィール

住所
天王寺区
出身
天王寺区

独自の予想メソッドでmixi競馬界を席巻! コミュニティ『確勝競馬』(20000人参加)、管理人『ワカクサ』の競馬ブログ。 重賞予想を中心に、独自の馬券哲学・馬券論を公開していく。

ブログタイトル
確勝競馬
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/wakakusakeiba/
ブログ紹介文
mixiコミュニティ『確勝競馬』(20000人参加)、管理人『ワカクサ』の競馬ブログ。
更新頻度(1年)

6回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2013/07/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ワカクサさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ワカクサさん
ブログタイトル
確勝競馬
更新頻度
6回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
確勝競馬

ワカクサさんの新着記事

1件〜30件

  • 重大なお知らせ~新ブログ移転

    確勝競馬の活動も早10年以上となりました。つきましては、新ブログに移転し心機一転活動を行いたいと考えております。確勝競馬新ブログ来週から上記URLで予想を展開していきます。

  • 【チャンピオンズC】結論

    【チャンピオンズC2019予想】ここ二年はスロー推移で差し脚目立つ馬優勢。今年はインティがみやこSで暴走気味に走った経緯もあり、ハイペースも十二分に考えられる。前年の覇者ルヴァンスレーヴ不在も、今年の地方ダート戦線で戦ってきた馬が揃った。歴戦の古馬相手に

  • 【ジャパンカップ】結論

    【ジャパンカップ2019無料予想】例年良馬場でもある程度のペースが想定される。極端な上がり勝負になることは少なく、基本路線はロングスパート。菊花賞馬の好走多く、レースレベルさえ問題なければ三歳勢でも難なく対応出来る。前年のスーパーレコードから一転して今

  • 【マイルCS】結論

    【マイルCS2019無料予想】例年のマイルCSはイーブンペース程度で最後の末脚勝負。逃げ馬、先行馬、差し馬、追い込み馬にとって条件対等で、差し馬が若干有利か。特殊な淀の馬場に対する適性、Mペースを走り切る適性が問われる。前を捕える差し馬をイメージしながら本命

  • 【エリザベス女王杯】結論

    【エリザベス女王杯2019予想】例年ゆったりしたペースからロングスパート戦。厳しいペースを経験したきたタイプが優勢。京都2200M、脚質に優位不利もなしで十二分に末脚も届く。ただしあまりにも後方待機はやはり厳しい。

  • 【みやこS】結論

    【みやこS2019予想】差し決着決まりやすい当レース。求められるのは速い上がり時計。消耗戦多いダート戦の中では毛色が少々違うダート重賞。京都ダート1800M、先行有利には違いないが、差しも届かないわけではない。

  • 【天皇賞・秋】結論

    【天皇賞・秋2019予想】アーモンドアイVSサートゥルナーリア。古馬最高峰のレースでの二強の対決に競馬ファンなら心躍らされる。三冠牝馬の道筋は歴史を作る過程にあるが、これからを作るサートゥルナーリアがそれを阻めるかどうか。スピード問われる一戦。掛け値なし

  • 【スワンS】結論

    【スワンS2019予想】天皇賞の前座とも言えるスワンS。土曜日はこの一鞍で遊ぶ。例年ハイペース気味に展開し、そこから差し馬がどれだけ末脚を使えるかが問われる。やや消耗気味、追走で脚を取られるレースになる。今年は昨年に比べるとやや好メンバー揃った。昨年2

  • 【菊花賞】結論

    【菊花賞2019結論】昨年は歴史的なドスローに終わったが、基本的にはある程度ペースが流れる。長距離のイメージとは裏腹に、ペースが落ち着かない傾向強い。トータルで速い上がりを出す、ロングスパート合戦。勝負はラスト5Fから大きく動き出す。

  • 【秋華賞】最終結論

    【秋華賞2019予想】先行勢のペースが速く、それを追いかける差し馬。ペースは縦長になり、道中でグッと詰まってレースは展開する。例年の秋華賞は基本的に差し優勢でこれを覆すには相当な時計を残さなければならない。スローペースから差してきた実績が物言う。ハイペ

  • 【京都大賞典】結論

    『京都大賞典2019無料予想』例年、ある程度のペースで推移。というのも、高速馬場で時計そのものが速い。それでも長距離戦線で戦ってきた馬にとっては体感的に速いと感じるはず。前半時計の推移、後半時計の推移は頭数が多ければ緩む可能性は低い。差し決着の想定を思

  • 【スプリンターズS】結論

    【スプリンターズS2019無料予想】例年ハイペース。それを追いかける差し馬もちょっとやそっとじゃ差せない。全馬バテバテの中でさせる馬は限られており、基本は前有利。短い直線、スピード勝負。厳しい戦いが中山スプリントで繰り広げられる。

  • 【ローズS】結論

    【ローズS2019無料予想】例年、速い展開で推移する当レース。ゆったりした牝馬特有のレースから一転、秋からはスピード勝負。夏の経験も活きる。特に厳しい小倉で走ってきた上り馬が目立つ。

  • 【京成杯AH】結論

    【京成杯AH2019無料予想】1分31秒台も飛び出すマイル戦。高速馬場で行われ、前半3Fは34秒台を記録することから淀みない流れで推移する傾向強い。後方待機勢優勢ではあるが、それでも直線の短い中山。このコース適性を加味しながらも結論付けたい。

  • 【新潟記念】結論

    【新潟記念2019無料予想】勝ち時計過去三年で1分57秒台とハイレベルな一戦が繰り広げられる。求められる適性はやはり速い時計に対する適性、及びポジショニング。長い直線でも先行勢もそれなりに速い上がり時計を使うので、条件はイーブン。特に長い直線で満を持して動

  • 【新潟2歳S】結論

    【新潟2歳S2019予想】36秒台のペースで推移し、最後は33秒台の末脚勝負。速いペースで推移したレースを経験した馬よりかは、遅いペースで良績を残してきたタイプ優勢。過去の好走馬アヴニールマルシェは前走40秒台の追走時計からの参戦でもこのレースで好走を演じて見せた

  • 【札幌記念】結論

    【札幌記念2019予想】前傾ラップ気味に推移する札幌記念。差し馬優勢、速いラップで耐えられる逃げ馬が優位。昨年は速すぎて前々の馬には厳しい展開だった。今年は差し馬が揃って、前がノーマークだけに先行勢にも気を使いたい。

  • 【関屋記念】結論

    【関屋記念2019無料予想】例年、締まった時計を要求されながらも上がりは速い。ただし差しがバンバン決まるかと言われればそうでもない。派手な上がり32秒台の時計が出て目立つレースではあるが、それは裏返せば先行馬が33秒台で上がってくるレースという質でもある。

  • 【レパードS】結論

    【レパードS予想2019】真夏の砂重賞レパードS。ユニコーンS、JDD組、昇級組と多士済々。厳しいペース、新潟競馬場で行われるこの重賞の傾向はイメージと違って前残り気味。それでも差してこれる馬がいるという、マイノリティも考慮に入れながら予想を展開していく。JDD

  • 【クイーンS】結論

    【クイーンS2019予想】例年、速い上がりを計測するレースで意外と33秒台の決着もある。洋芝という割には速い時計が目立つだけが、直線の短さもあり激しいレースが行われる。ミッキーチャーム、エイシンティンクルと速い逃げ馬が揃ったレースだけに狙いはやはり差し馬。

  • 【函館2歳S】結論

    【函館2歳S2019予想】例年ハイペース志向の当レース。前傾ラップで走るケースでは、やはり求められるのは適性。新馬戦で楽なレースを展開した後のギャップがあるだけに、求められるのは前走の質。ハイペースで踏ん張れる馬、ハイペースで差し込める馬。もしくはスロー

  • 【函館記念】結論

    【函館記念2019予想】難解な重賞の一つ函館記念。メンバーも多士済々でどこから入っても理由的には納得のいくものが揃っている。一番人気の不振、加えて三連単大荒れの配当が続くレースだけに穴党には願ってもないレース。点在する伏兵にも気を配りながら予想を展開し

  • 【七夕賞】結論

    【七夕賞2019無料予想】速いペースでレースを刻む馬が小回りを意識して展開する。例年上がりよりも前半のペースが速く、そのせいかダート転戦の流れでも構想を演じられる傾向あり。クロフネ産駒の好走も決して偶然ではなく、ダート適性や流れに合う血統構成だという解釈と

  • 【ラジオNIKKEI賞】結論

    【ラジオNIKKEI賞2019予想】例年速い流れで推移する当レース。必ずしも速い流れからの差し切り経験が必要というわけではなく、むしろ距離短縮組が大いに活躍の余地を残すレースではある。強力な先行馬を携えて、差し馬の逆襲も期待できる。展開利はどちらかと言えば差

  • 【宝塚記念】結論

    【宝塚記念2019予想】ペースが落ち着かず一貫して速いペースで推移し、最後の上がり時計もかかるレース。高速馬場で結果を残してきた馬だったり、スローで結果を残してきた馬が伸びあぐねるというのも当レースの特徴の一つ。出走馬の多くはスロー巧者の節があり、追走時

  • 【ユニコーンS】結論

    【ユニコーンS2019予想】例年ハイペースで推移する当レース。先行馬よりかは差し馬に分があると見たほうがいい。ただし、先行馬に手がないわけでもない。強烈なペースを押し切るだけの経験があれば脚質は関係なし。時計の精査を進めて取捨を見極める。

  • 【エプソムC】結論

    【エプソムC2019予想】ミドルペース程度で推移する当レース。スローで差し損ねた馬が、鋭い末脚を存分に発揮できる舞台でもある。ある程度前が飛ばしてくれるので、末脚のキレ勝負になりやすくマイペースで競馬できるタイプ有利。ペースに左右されず、末脚を披露する系

  • 【安田記念】結論

    【安田記念2019予想】根本的にペースが速くなるレースではあるが、差しがズバッと決まるかどうかは別問題。ハイペースで前々を粘りこむタイプでも十二分に通用するレースでもあるし、決め手タイプはそういった強力な先行馬を飲み込む破壊力が要求される。二強対決に注目

  • 【東京優駿】結論

    【東京優駿2019予想】実力差示した三強の皐月賞から舞台は東京へ。サートゥルナーリア、ダノンキングリー、ヴェロックス。クラシックディスタンスへの適性、ないしは東京競馬場への適性はどうか。どの予想家も見解は喧喧囂囂、三強の内どれを選択するかが焦点となるはず

  • 【オークス】結論

    【オークス2019予想】長く良い脚を使うことが前提の当レース。距離不安といった概念よりかは、前半ゆったり構えて後半からロングスパート。そのロングスパート勝負への適性があるかどうかが鍵。瞬発力に偏ってもダメだし、消耗戦に偏ってもダメ。後半で均質なラップ

カテゴリー一覧
商用