searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ポカリさんのプロフィール

住所
栃木県
出身
栃木県

日本全国どこかで毎日のように開催されてる競輪 狙えるレースは必ずあります。 そんなレースを厳選し、競輪戦術のスキルアップを目標に闘う競輪ブログです。

ブログタイトル
慶輪9×8×7 ポカリブログ
ブログURL
http://pocari987.blog.jp/
ブログ紹介文
小倉G1第11R 9=1・4−12(9=1−257)
更新頻度(1年)

649回 / 365日(平均12.4回/週)

ブログ村参加:2013/07/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ポカリさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ポカリさん
ブログタイトル
慶輪9×8×7 ポカリブログ
更新頻度
649回 / 365日(平均12.4回/週)
読者になる
慶輪9×8×7 ポカリブログ

ポカリさんの新着記事

1件〜30件

  • 必ず勝てる保証のない・・・

    京王閣G3 京王閣記念ゴールドカップレース(三日目) 必ず勝てる保証のない・・・   難解細切れの構成 そんな中で唯一3車、しかも後ろは格下と言えども地元二人が付く②平原 康多のカマシ先行は無くはない・・・   何よりそうさせるのは、勝ちに行って必ず勝てる保証

  • 常に前向きな姿勢

    京王閣G3 京王閣記念ゴールドカップレース(初日) 常に前向きな姿勢  抜群 「体調は抜群にいいです。特に変わったことはしてないけど、万全の準備はできました。東京に移籍して初めての地元記念なんですが地元だから特別っていうのはいつもなくて、どこでも頑張ろうっ

  • 番手安泰も・・・

    佐世保F1 第9回九十九島凪海カップ(二日目) 番手安泰も・・・   1枠嘉永 泰斗が前で受ける⇐S①536・⑦24 上記初手から①嘉永の巻き返しになると番手ベテラン5紫原 政文の追走は厳しく

  • 近況スムーズに車の出ている・・・

    佐世保F1 第9回九十九島凪海カップ(初日)   初手は②門田 凌の前受けから⇐S②56・⑦1・③4 上記からポジ重視⑦1が斬って③4が風を切るSB⇐③4--⑦1--②56 この態勢から、近況スムーズに車の出ている・・・

  • 番手殺し

    富山F1日刊スポーツ杯(最終日) メンバー構成的に好ポジが約束される番手殺し③櫻井 正孝   SB⇐⑥2--③7---⑤14 この態勢を作るまでに・・・

  • 兄譲り

    富山F1日刊スポーツ杯(初日) 兄譲り   1枠地元宮越 大がSを決めて仲間の⑤森川 康輔を迎える⇐S⑤1・②47・③6 上記から枠負け③6が動き、唯一3車の北ラインが叩く SB⇐ 247-③6--⑤1 この流れから番手で恵まれる4べーやんを・・・

  • 至宝

    前橋G1 寛仁親王牌・世界選手権記念(最終日) 至宝   過去にも「怪物や規格外」と言った表現をされたレジェンドたちの存在はあったが、そんな男達のさらに上を行ってしまった①脇本 雄太 S級昇級時の脇本は、極端な言い方をすれば戦術(近畿)の奴隷だった。彼がやりた

  • ポテンシャルエネルギー

    前橋G1 寛仁親王牌・世界選手権記念(三日目)ポテンシャルエネルギー↓ ↓ ↓競輪ランキング

  • お約束

    前橋G1 寛仁親王牌・世界選手権記念(二日目) お約束   全員準決勝へ行ける冠レース故に横はご法度の縦勝負 そこで1強ワッキーだけには勝たせないと中国ゴールデンコンビがレースを支配  SB⇐⑨-③6--⑤7-④-②8--①

  • 僕の気持ちが強かった

    前橋G1 寛仁親王牌・世界選手権記念(初日) 僕の気持ちが強かった  まず⑨1で前受⇐⑨1・②5・④・⑦・③8・⑦ 上記初手から後方ワッキーを待たずに②松浦 悠士が前々先行態勢 そのラインに続く単騎④平原 康多に⑦郡司 浩平でSH⇐②⑤-④-⑦--⑨1--③8-

  • 完全優勝を目指す

    小田原F1 神奈川新聞社杯・オッズパークC(最終日) 自在型の変身を計った②鈴木 竜士が全国区レーサーの貫禄で完全優勝を目指す小田原ファイナルの行方は。。。 本格先行型不在のなかで枠良し⑥小嶋 敬二のカマシが・・・

  • まだ流す

    小田原F1 神奈川新聞社杯・オッズパークC(二日目) まだ流す  ①小嶋 敬二が前で受ける枠なりの⇐S①4・②7・⑤36 上記から唯一3車⑤36の南関がレースを支配の最終赤板 ⇐⑤36--②7--①4 この局面でも。。。

  • 追走に苦しむシーンも。。。 

    青森F1 坂本勉カップ争奪戦・サンスポ杯(初日) 追走に苦しむシーンも。。。   いつものように②早坂 秀悟がSを決めての前受⇐S②75・⑥1・④3 上記から実力者④川口 公太朗の前々スプリント状態を・・・

  • 大金星

     松戸G3 燦燦ムーンナイトカップ(最終日) 大金星   初手はレースの太い軸①寺崎 浩平が前で受ける①7・④26・38・⑨5 上記枠なりから後攻めとなってしまった⑨阿竹 智史が初手中団④大石 剣士に並走等(長いクサビ)の嫌がらせずに、すんなりと前受①7ライン斬

  • 置石的存在

    防府F1 スポニチ金杯争奪戦(最終日) 三分戦の様相は先行力一番⑤伊藤 楓馬がレースを支配 SB⇐⑤3--⑥2--①47 または⇐⑤3--①47--⑥3 上記から番手3小岩 大介が有利に感じるも彼は勝ち味が遅く言わば置石的存在

  • 組織力強化

    弥彦F1 弥彦王冠記念・報知新聞賞(最終日) 概ねの二分戦で個の力では近況グレード戦でも上位陣と好勝負を演じている③高橋 晋也   そして、彼に付ける神奈川の自在型⑦松谷 秀幸  だが上越と関東が一枚岩となり組織力強化

  • 意地

    弥彦F1 弥彦王冠記念・報知新聞賞(二日目) 意地   概ねの二分戦は格上⑤高橋 晋也を相手に本格先行型④末木 浩二が果敢にチャレンジそれでも力の違いから叩かれてしまう・・・

  • クレージ

    弥彦F1 弥彦王冠記念・報知新聞賞(初日)  横はクレージな⑥肥後 尚己   そんな煩い男に絡まれてしまう2石毛 克幸は大苦戦

  • 絶体絶命

    大垣F1 中京スポーツ杯(初日) 絶体絶命  かなりのバージョンアップ 1枠を利す①蕗澤 鴻太郎が前で受ければ自ずと最終バックは・・・ SB⇐④2--③6---①57

  • 前で詰まった分だけ

    富山F1 スポーツニッポン杯(最終日) 前で詰まった分だけ  ⑤浅井 康太がSを決める⇐S⑤1・3・②74・⑥ 上記初手から実質的先行1車②島川 将貴の押さえ先行 SH⇐②74-3---⑤1--⑥ この態勢から四国ライン追走の3椎木尾 拓弥が捲り上げる

  • 優しい仕掛けをしたいところ・・・

    富山F1 スポーツニッポン杯(初日) 本格先行型⑤竹内 雄作が師匠1ヤマトミを連れて優しい仕掛けをしたいところ・・・ しかしながら自在っ気が出てきた③栗山 俊介が前々と攻める

  • 斬ってくれることで・・・

    久留米G3「火の国杯争奪戦」in久留米(三日目) 格ではSS班①清水 裕友 競輪の華である先行力では②ハンマー野口 そして今節に限っての出来の良さでは⑦山田 久徳 そんな三つ巴戦の様相は⑦山田 久徳が前受①清水 裕友を斬ってくれることで・・・

  • ①郡司 浩平大苦戦に反して大恵まれの・・・

    久留米G3「火の国杯争奪戦」in久留米(三日目) ①郡司 浩平大苦戦に反して大恵まれの・・・  構える⑥埴原 琢也に熊本ラインを利用したい③小松崎 大地そしてタイミング次第、流れ次第で、いつでもOKの①郡司 浩平   そのSH⇐④-②--③5--⑥9--①78

  • 超一流のホテルマンの如く

    久留米G3「火の国杯争奪戦」in久留米(二日目) 兎に角見えている   何が見えるかと言ったら、超一流のホテルマンの如く、先を読む力

  • 特筆もの

    久留米G3「火の国杯争奪戦」in久留米(二日目) 特筆もの  ⑤郡司 浩平は、何が有っても不動の軸 ここで奇をてらった狙いをしても絵に描いた餅 だが力量的にはかなり見劣るが・・・

  • 期待感よりも不安感

    久留米G3 「火の国杯争奪戦」in久留米(初日) 九州一枚岩 このラインが 練習の様に流れて主導権を取れるなら当初の青写真通り⑤中川 誠一郎が抜出すだろう しかしながら番手箱回りでさえもしかりマーク出来ない男がさらに追走困難なライン三番手となれば期待感よりも

  • 復調を感じさせた

    久留米G3 「火の国杯争奪戦」in久留米(初日) 復調を感じさせた   大本線は⑤元砂 勇雪③三谷 竜生の奈良コンビ だが枠負けの初手から押さえ先行を⑨16に叩かれて、さらに関東ラインが叩く SB⇐⑦24--⑨16---⑤38 こうなって来ると流石の本線も厳しく

  • ポジショニング成功

    取手F1 CTC杯・デイリースポーツ賞(二日目) ポジショニング成功  唯一3車の③和田 真久留が評価されている   しかしながら彼の生命線ともいえる初手の位置が枠負けから後攻めのポジションが濃厚そこで一旦動いて、それを⑤坂本 貴史が叩き、さらに地元①小原 唯

  • 二人の心境、そして情念を計りにかければ・・・

    青森G3 みちのく記念 善知鳥杯争奪戦(最終日)   地元で何としても連覇を決めたい②新山 響平 そして昨日死んでもおかしくない役回りであったが⑥高橋 晋也が番手⑤新田 祐大の献身さで思いもよらない2着でファイナル進出 この二人の心境、そして情念を計りにかけれ

  • ターゲットは誰だ。。。

    青森G3 みちのく記念 善知鳥杯争奪戦(三日目)  ターゲットは誰だ。。。 メンバー構成、そして枠的にも展開は概ね想定できる それが枠負け③古性 優作の前々先行態勢からカマシてくる⑦新山 響平の・・・

カテゴリー一覧
商用