chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
慶輪9×8×7 ポカリブログ http://pocari987.blog.jp/

小倉G1第11R 9=1・4−12(9=1−257)

日本全国どこかで毎日のように開催されてる競輪 狙えるレースは必ずあります。 そんなレースを厳選し、競輪戦術のスキルアップを目標に闘う競輪ブログです。

ポカリ
フォロー
住所
栃木県
出身
栃木県
ブログ村参加

2013/07/12

1件〜100件

  • 怖いもの知らずの超絶ファイター 

    西武園G1オールスター競輪(最終日)鍵を握るのは。。。なんと北ライン四番手7成田和也S取りに定評ある彼が1枠古性優作を制して前受を確保出来てこそ、やっとスタート台に立てるレベルの北ラインそのスタート合戦で負けてしまえば戦況は厳しく⑨脇本雄太の匙加減例え⑥寺

  • 途轍もない

    西武園G1オールスター競輪(5日目)途轍もない一見すると中四国本線有利に思えるが。。。それは③深谷知広次第彼が挑戦者④菊池岳仁ともがき合ってしまえば流れは本戦しかし、、、

  • 撃退

    西武園G1オールスター競輪(4日目)撃退こんな時こそ。。。不動の軸はワールドクラス⑦脇本雄太それを初日に勝たせて貰った⑧太田竜馬が今夜は自分が犠牲になるSB←⑧ー③ー9ー⑥ーー④2ーー⑦1 

  • 脆さも同居

     西武園G1オールスター競輪(三日目)脆さも同居脆さも同居初手←S⑦15・⑧42・③96ここでは結果を出したい大スター⑦深谷知広しかし。。。メンバー構成から展開的に厳しいさを増す最終バック後方七番手SB←⑧ー④2ーー③96ーー⑦15この流れより・・・

  • そう安易と。。。

    高松F1KEIRINライジングスターズ(最終日)そう安易と。。。概ねの二分戦初手←S①57・2・③46枠を生かして前で受ける先行1車山根将太にアドバンテージしかしタイトルホルダーが、そう安易と勝たせてくれない大混戦

  • フェイク

    西武園G1オールスター競輪(二日目)フェイク①新田祐大の前受から←S①4・③2・⑧6・7・⑨5上記から6枠二人のもがき合いそれを①新田祐大か③山口拳矢が捲る構図しかし、、、⑧眞杉 匠は自転車競技歴も長く、ただ逃げるだけではない。どちらかと言うと自在な走りが

  • “覚悟”

    高松F1KEIRINライジングスターズ(初日)“覚悟”徹底不在初手←S152・⑦3・46上記から46切って⑦3の九州コンビが飛び出すそれを今日は自力戦覚悟。。。 

  • なんちゃって記念制覇は。。。第一本戦的中9,450円

    岸和田G3第3回大阪・関西万博協賛競輪(最終日)なんちゃって記念制覇は。。。難解細切れ戦も・・・初手を読み解けば自ずと道は拓ける初手←S④1・②3・⑨5・⑨5・8上記から誰が前に出てもペースは上がらずのイン斬り合戦最後は地元恩恵の枠番が味方する④1ラインの

  • なんちゃって記念制覇は。。。

    岸和田G3第3回大阪・関西万博協賛競輪(最終日)なんちゃって記念制覇は。。。難解細切れ戦も・・・初手を読み解けば自ずと道は拓ける初手←S④1・②3・⑨5・⑨5・8上記から誰が前に出てもペースは上がらずのイン斬り合戦最後は。。。

  • ブッカマス

    岸和田G3第3回大阪・関西万博協賛競輪(三日目)初手←S④26・③58・⑨7・①上記から後方単騎①木村 弘は動かず⑨7が切って③58の九州ラインが叩き先行態勢それを単騎でブッカマス①木村 弘SB←①ーー③58ーー⑨7ーー④26または④26ーー③58ーー97ー

  • あっと驚く。。。

    松山F1 JC×HPCJCスポーツ報知杯(最終日)あっと驚く。。。大混戦初手枠なり←S④1・36・7・②5上記から②翼が上昇も前受④豪が突っ張りブーメランでジャンSH←この態勢のままに構えることになった②翼は最終バックまで、じっと動かずそこで。。。

  • 待ち伏せ策

    富山F1スピードチャンネル・スカパー杯(初日)1枠平原啓多がSを決めて仲間の4志村龍己を迎える待ち伏せ策初手←S41・2・6・③57

  • キレッキレ男

    松山F1JC×HPCJCスポーツ報知杯(初日)キレッキレ男初手←S①46・3・②57上記から後攻め②ハラケンの押さえ先行 それをシンプルに引いて構える①翼くんでジャンSB←②57ーー3ーー①46この流れより逃げても強い。。。 

  • 大成功

    弥彦G3ふるさとカップ(最終日)大成功鍵を握る⑧祐太福島三人衆の先導役を買って出た⑧飯野祐太当然SSが並ぶ本線といつもの勝負では勝ち目はないならばライン三番手に大信頼を置く3成田和也の存在も後押しから・・・  

  • サービス先行

    弥彦G3ふるさとカップ(三日目)先行でどこまで。。。初手←S①96・③5・2・⑦48地元勢が付いたSS班が、ここは今後の為にも地元貢献のサービス先行SB←①96ーー③5ーー2ーー⑦48

  • “巧”

    弥彦G3ふるさとカップ(二日目)“巧”初手←S⑤19・②74・⑥38上記から枠負けトチイバの押さえ先行を初手中団②74が叩き主導権SB←②74ーー⑥38ーー⑤19この態勢より。。。

  • 変人

    弥彦G3ふるさとカップ(初日)変人話し合いの末に4車で結束この関東作戦を前受から突っ張ってしまう北ラインそれでも慌てふためきながらもがく⑥菊池岳仁

  • 作新学院ラインが・・・

    小田原F1報知新聞社杯争奪戦(最終日)枠を活かす初手←⑥317・②5・④1枠小原大樹が枠を生かしてSを決めて仲間を呼ぶ上記初手から南関ラインの突っ張り先行それに果敢に挑む作新学院ライン

  • 慶輪987は違う

    佐世保G3九十九島賞争奪戦(最終日)組織力で九州、どんな場面でも底力で粉砕の郡司浩平そして勝負強さに図太さなら守澤大志以上から優勝者がと読むべきところだが。。。慶輪987は違う

  • 逃げ屋じゃない・マーク屋じゃない

    佐世保G3九十九島賞争奪戦(三日目)逃げ屋じゃない・マーク屋じゃない初手枠なり←S⑨17・②4・⑥3・⑧5九州本線が磐石に見えるも核弾頭⑨庸平は逃げ屋じゃない・・・しかも混戦でこそ持ち味発揮のクラッシャーならば生粋のマーカーではない1昌己の追走は厳しい

  • 苦肉の策

    佐世保G3九十九島賞争奪戦(二日目)地元に託されたSS班初手←S①579・④2・6・⑧3地元大スターを引き出す馬が九州地区にいない・・・ならばとSS班を充てがう苦肉の策 

  • 復調気配VS恵まれ男

    佐世保G3九十九島賞争奪戦(初日)復調気配VS恵まれ男復調気配「前回は完全に(自分の)実力ではないけど、戦えるっていうところがわかったのは1つ収穫でした。決勝に乗ったことで安どしたところもあったと思うし、決勝でもしっかりと結果につなげられるようにしたい。1日

  • アンパンチ

    大宮F1デイリースポーツ賞(二日目)概ねの二分戦初手←S⑥17・2・③45上記から前受⑥17が③45の上昇阻んでレースを支配SB←⑥17ーー2ーー③45北ラインペースから番手1渡部幸訓が抜け出し。。。 

  • “粘”

    広島F1第44回芸州鯉城賞/CTC杯(最終日)“粘”今日も前で受ける⑤取鳥雄吾初手←S⑤1・⑥2・7・③4上記から枠負けで一度押さえる③翼を次の順番⑥2ラインが叩き主導権それを一気に。。。

  • 強か(したたか)

    広島F1第44回芸州鯉城賞/CTC杯(二日目)強か(したたか)①翼の前受から←S⑤16・④2・③7上記から枠負け③7切って、強かさを魅せる④上野雅彦が叩きスプリントSH←④2ーー③7ーー⑤16

  • ワンパターン

    広島F1第44回芸州鯉城賞/CTC杯(初日)初手←S⑤17・②6・34上記から②北津留 翼の押さえ先行SH←②6ー34ーー⑤17この流れより最終ホームから引き切った・・・ 

  • 頼もしい

    玉野G2サマーナイトフェスティバル(初日)頼もしい復調遠い⑧新田祐大が番手戦前を託すのは、結果よりもこのステージで名前を売ることが大前提となる⑥小原佑太ならば。。。

  • 竹野内 豊

    名古屋F1スポーツ報知杯・味仙カップ(二日目)スタートは拳矢ではなく千葉の竹野内 豊初手←S⑥2・④17・③5上記から③5が本線を牽制しながら一旦押さえるも流すそれを中部が叩き歩く 

  • ベビーフェイスで18,450円

    弥彦F1スポーツニッポン賞 小橋正義杯(二日目)ベビーフェイス概ねの二分戦初手←S⑥15・3・⑦24上記から前受のチャレンジャー⑥小林稜武の突っ張り先行からレースを支配SB←⑥15ー3ーー⑦24この態勢より捲り迫る⑦24の北ラインに併せて1東 龍之介が番手発

  • 復調

    弥彦F1スポーツニッポン賞 小橋正義杯(二日目)復調初手⑥1・25・③47普通にやったら厳しい相手ならばとSを決めてガンガン突っ張る⑥吉田昌司SB←⑥1ーー25ーー③47 

  • 阿修羅

    阿修羅初手←S⑤19・④26・⑦38上記から⑦38ラインの押さえ先行それを切れ目で注文つけずにシンプルに前引きの本線でジャンSH←⑦38ーー④26ーー⑤19  

  • 勝味は遅いが。。。

    防府F1西日本カップ/毛利賞争奪戦(初日)初手←S②4・6・⑤1・③7上記から枠負け③山田英明が切って、それを切れ目並走のアウト5野田源さんが叩いてしまうその局面を最後の順番②4ラインの中部がカマスSB←②4ーー51ーー6ーー③7この流れより、勝味は遅いが。

  • みなさんが思っている以上に。。。

    小松島G3阿波おどり杯争覇戦(最終日)みなさんが思っている以上に。。。「地元で良いんじゃないですか。。。」そんな声が聞こえてきます。③松浦悠士の見えないアシストも期待出来る故に尚更地元アドバンテージしかし。。。 

  • SS班ついても関係なし

     小松島G3阿波おどり杯争覇戦(二日目)初手←S⑨516・⑧24・⑦3ここは⑨伏の地元故にSS班ついても何時もの引いて捲りSB←⑧24ーー⑦3ーー⑨516このシンプルな流れより格下⑧小林稜武の頑張り。。。 

  • 公私に渡り

    取手F1坂巻正巳杯・日刊スポーツ賞(初日)強烈な機動型が揃った初日特選初手←S①5・⑦2・4・③6上記から枠負け③6切って、公私に渡りお世話になる②井上昌己を連れて⑦山崎賢人が発進SB←⑦2ーー④ーー③6ーー①5

  • 「若気の至り」

    久留米G3第28回 中野カップレース(最終日)グレードファイナルでの「死に掛け、犠打先行」は若手機動型にとっての登竜門かつて神山拓弥が初の地元記念で当時飛ぶ鳥を落とす勢いの武田豊樹、そして従兄弟でもあり師匠でもある神山雄一郎を引き出して見事に仕事を全うその

  • 一筋縄ではいかない

    久留米G3第28回 中野カップレース(三日目)一筋縄ではいかない強か初手←S⑦15・2・⑨④・③86SS班①清水裕友が核を成す中四国ラインが大本線形成⑦が出切ってしまえば①が大きく車間を切って後ろに睨みを効かせて出来上がりしかし。。。

  • 騙された浩平

    久留米G3第28回 中野カップレース(初日)騙された浩平北日本が唯一3車の結束で見せ場を作るなら本線はこの男「前回の決勝は読めない部分もあって難しかったですね。もう少し小松崎(大地)さんが早く来ていれば出させてとは思っていたんですけど。結果的に引くに引けな

  • 強さのバロメーター

    函館F1サテライト石狩杯争奪戦(二日目)強さのバロメーター初手←S⑥(17)(34)・⑤2逃げ屋さんの箱が絡れることは、その機動型が追い込み屋さんにどのように見られているのかを図る目安にもなる今夜はスーパールーキーの箱が初手から競模様そこで前で受ける⑥中野

  • 歩く

    福井F1スポーツニッポン杯(二日目)初手枠なり←S④15・②6・⑦3互角の三分線は枠負け九州が切って②6が叩くも歩くそこを最後の。。。 

  • ズバリの6番車で13,230円

    伊東F1富士通フロンテック&TEL杯(最終日)スペースファイナルは細切れの戦い初手←S④1・③2・⑥・⑤7上記枠なりから後攻め⑤7ラインが押さえて、③2が叩き先行態勢それを最後の順番④1ラインがカマスSB←④1ーー③2ー⑥ーー⑤7この態勢より中団③末木浩二が

  • スペシャリスト。。。

    高松F1CTC杯(二日目)脚温存直近捲りの決まり手13回まさに捲りのスペシャリスト。。。

  • そうそう番手捲りは出来ないぞ。。。

    岸和田G1高松宮記念杯競輪(三日目)昨日に続いてまたも3車(④岡崎ー①古性ー7神田)結束の地元ライン今日も最終2角で飛び出すのか、、、いやいや・・・先輩使って、そうそう番手捲りは出来ないぞ。。。 

  • SS班を遣っ付ける

    岸和田G1高松宮記念杯競輪(初日)SS班を遣っ付ける初手←S⑥15・⑧2・④39・⑦オールスター男からグランプリ覇者、そして全日本選抜までゲットして、今や近畿の看板スターとなった地元期待の古性優作「直前の練習の感じも悪くなかったので、あとは走ってみてです。ま

  • 流れ良し

    取手F1CTC杯・デイリースポーツ賞(最終日)流れ良し初手←S③6・①4・⑦52上記から⑦石塚輪太郎が上昇それを前受の重戦車③橋本智昭が突っ張り出させないSB←③6ー①4ーー⑦52この流れより・・・

  • バタやん静観

    岐阜F1中京スポーツ杯・CTC杯(初日)本格先行不在の細切れ線初手←S⑥1・⑤2・⑦3・④上記から後方単騎④バタやん動かず・・・それを察した自在型⑦畑段嵐士がイン斬り、そこを中部ラインが叩き先行策SB←⑤ーー2ー73ーー⑥1ーー④この流れより・・・ 

  • 狙いの山下一輝で三連単14,000円ジャスト!

    防府F1スポニチ金杯争奪戦(初日)歩く・・・波乱含みの細切れ戦初手←S①5・④2・6・③7上記から自在っけある③伊藤颯馬が押さえて次の順番④2が叩くも歩く・・・その局面を見逃すことなく最後の順番①5ラインのカマシそこで番手縦型5山下一輝が抜け出す5=365

  • ビッグチャンス

    松戸G3燦燦ムーンナイトカップ(最終日)ビッグチャンス輪界トップの男は単騎初手←S②956・③8・⑦4・①上記初手からどん尻①ワッキーは赤板でも動かず。。。当然に後ろばかりを意識する⑦高橋晋也も動かず完全に流れは。。。 

  • チャレンジ

    防府F1スポニチ金杯争奪戦(初日)初手←S④1・⑤27・⑥3上記から枠負け⑥3切って唯一3車の九州ラインが風を切るS H←⑤27ーー⑥3ーー④1この局面で後方からスピードある④小笹隼人がチャレンジ

  • 出稽古の成果

    松戸G3燦燦ムーンナイトカップ(三日目)出稽古の成果難解細切れの様相は若き積極型が凌ぎを削る叩き合いそれを俊敏性ある・・・

  • 同地区同士でも関係ない

    和歌山F1Kドリームス杯(最終日)同地区同士でも関係ない共にラインの重さを感じる近畿機動型同士の叩き合いが始まるジャンから最終ホームそこで脚温存から・・・ 

  • 切らずに。。。

    広島F1サンフレッチェ広島カップ(最終日)切らずに。。。初手枠なり←S①52・⑦3・④6上記からチャレンジャー④6ラインの上昇それを突っ張りフェイクの地元①町田大我が結果的に全引き最終ホームSH←④ー⑥ーー⑦3ーーー①52

  • 復活の狼煙

    取手G3水戸黄門賞(最終日)復活の狼煙先行にかけては⑦石原 颯そうなると・・・番手脚温存のSS班②松浦悠士に絶好の流れだが、、、近畿ラインが黙ってはいない今日限りの誘導員と化した⑥元砂勇雪が前々と踏んで⑨三谷竜生をサラ脚のまま好ポジへ導く

  • しかし。。。

    取手G3水戸黄門賞(三日目)捲り屋②真久留くんが前で受ける初手←S②8・⑦19・③4・⑥5上記から切って切って唯一3車の地元大本線がカマシ発進で勝負ありしかし。。。 

  • 面倒。。。これが厄介

    取手G3水戸黄門賞(二日目)面倒。。。これが厄介初手←S⑦28・⑤91・④63自分だけの考えならそう難しくない相手のSS⑤吉拓しかし、そうはいかない番手三番手の存在これまで貢献してきた二人だけに面倒見るべき立場

  • 赤信号点滅

    取手G3水戸黄門賞(二日目)赤信号点滅楽できるが。。。初手←S⑦25・①9・⑧34・⑥特選制した②純平が今度は弟有希に乗って連勝を狙う。。。当然に出切ってくれさえすれば力の違いからワンツー濃厚しかし・・・ 

  • 主役登場

    取手G3水戸黄門賞(初日)主役登場「(全プロ記念競輪のあとは)1日休んであとの3日間は練習してきました。ちょっとキツい日程ですけど、気持ち的にノッてるんで大丈夫です。(決勝で弟の吉田有希と)連係をしたいですけど、まずは僕が勝ち上がれるように」と、弟有希との決

  • バージョンアップ

    武雄F1日本名輪会C第24回井上茂徳杯(二日目)一皮剥けた。。。初手←S⑤14・⑦2・⑥3記念制覇でさらにバージョンアップ⑤嘉永泰斗のスピードが群を抜くそのスピードに牙を抜かれた1大塚健一郎が対応出来るのか。。。

  • 一躍有名に。。。

    武雄F1日本名輪会C第24回井上茂徳杯(初日)一躍有名に。。。今日は行っちゃうよ。。。初手←S①34・⑦2・⑤6上記から枠負け⑤6切って、トチイバが叩き先行態勢もペース上がらず・・・そこを一気に。。。 

  • びっくりビビンバ!

    玉野F1桃太郎杯争奪戦(初日)宇宙人このお方(翼くん)と中川誠一郎の競輪感は異質なんとなんと単騎の源さんの番手選択しかも常に単騎で走る源さんに前節記念初優勝を飾った1瓜生崇智までラインを固めるのだからびっくりビビンバ! 

  • 仕事人

    和歌山F1WINTICKET杯(二日目)仕事人概ねの二分戦初手←S①76・⑤24・③互角の戦いは⑤竹内 翼の押さえ先行それをシンプルに引いた①石塚輪太郎が捲り上げる・・・ 

  • 変わらぬ態勢・・・

    和歌山F1WINTICKET杯(初日)初手←S⑦15・2・③4・⑥上記から後攻め③林 大吾の押さえ先行それを本線⑦15がシンプルに引いてジャンSH←③4ーー②ー⑥ーー⑦15この局面で構えてしまう⑦竹内 翼で最終バックも変わらぬ態勢・・・ 

  • おかんむり状態

    別府F2全日本プロ選手権記念競輪(初日)おかんむり状態細切れの四分戦初手←S⑦18・②5・③6・④9上記から練習のように順番通りの仕掛け合いで最後に飛び出す前受⑦清水裕友SB←⑦18ーー②5ーー③6ーー④9この形より弟子。。。 

  • 一筋縄ではいかぬ。。。

    大宮F1スポーツニッポン新聞社杯(最終日)一筋縄ではいかぬ。。。親父にクリソツ①太田龍希初手←S①5・④⑦26・③上記初手から単騎③吉田茂生は動かず、北ライン待ちでジャンSH←①5ーー④⑦26ーー③この局面で前との車間を切った④櫻井祐太が勢いを付けて飛び出す

  • 常習犯

    高知F1坂本龍馬杯・スポーツニッポン杯(二日目)常習犯初手←S⑦14・26・⑤3上記から枠負け九州の押さえ先行=7それに続く2柿ぴーチャンで最終ホーム←⑤3ーー26ーー⑦14この局面で引かされた北ラインが畳み掛けるしかし⑦丈一郎の鋭いダッシュに。。。 

  • 再び・・・

    福井F1デイリースポーツ杯(最終日)再び・・・初日に詰める勢いでワールドクラス①脇本雄太を捲ってしまった④北津留 翼この舞台で再び期待される翼だが・・・ 

  • 貢献して頂いたのですが。。。

    宇都宮G3ワンダーランドカップ(最終日)貢献して頂いたのですが。。。初手←S⑨26・⑤81・4・③7昨日は我が慶輪987に大貢献して頂いた⑨中川誠一郎に感謝するも日付が変われば、それはリセットSB←⑤ー⑧ー①ー4ー③7ーー⑨26やはり地元ライン主導権から⑨誠

  • 当地好相性

    宇都宮G3ワンダーランドカップ(三日目)当地好相性好相性初手←S①75・②4・8・③96上記から枠負け③96の九州押さえて②坂井 洋が叩くが、道中長い宇都宮バンクでは、まだ早い。。。そこで後方に置かれた①古性優作がお兄ちゃんを連れてカマシを打つSB←①75ー

  • チャンス拡大

    函館G3開設72周年記念五稜郭杯争奪戦(最終日)チャンス拡大重戦車対決①小松崎大地に④佐々木 豪はともにパワフルこの二人が、がっぷり四つに組み合ってのジャンから最終ホーム

  • 器用

    西武園F1サンケイスポーツ杯(最終日)初手⇦S⑦1・④2・③6初手微妙な構成も主導権は仕掛けるタイミングを逃さない⑦渡邊一成SB←⑦1ーー⑤ーー③6ーー④2

  • 構えてしまう・・・

    函館G3開設72周年記念五稜郭杯争奪戦(二日目)貫禄の前受は輪界の大スターに成長した⑨郡司浩平初手←S⑨15・②78・④36上記から先に④36が押さえて初手中団②吉田昌司が叩いて大本線は受けて立つ後方七番手SH←②78ーー④36ーー⑨15この態勢のままに構えて

  • 詰める

    西武園F1サンケイスポーツ杯(初日)詰める初手枠なり←S④71・⑥2・③5上記から③5切って⑥2が叩き先行策SB←⑥2ーー35ーー④71この流れより、後方さら脚④松本秀之が捲り迫るそれを⑥の番手2石川雅望が派手に暴れて。。。 

  • 犠打

    和歌山F1オッズパーク杯(最終日)概ねの二分戦初手←S②51・7・⑥43上記から近況自力が減ってる⑥新納大輝が犠打先行で④津村洸次郎を引き出すSB←⑥43ー7ーー②51

  • 肚を括る

    和歌山F1オッズパーク杯(初日)唯一3車の中近ラインが前で受ける初手←S④51・2・6・③7上記から肚を括るSB←③7ーー2ー6ーー④51 

  • フェイクの上がりでブーメラン

    大宮F1報知金杯(最終日)フェイクの上がりでブーメラン1枠ある天田裕輝がSを決めて仲間を呼ぶ初手←S④(56)1・②37上記初手からどうせ押さえに行っても突っ張るだろうと、フェイクの上がりでブーメランは②阿竹智史SB←④5ー⑥1ーー②37この態勢より、 

  • 勢い増す

    松阪F1第三回大正カラーカップ(二日目)勢い増す初手枠なり←S①46・⑦2・⑤3上記から⑤藤井昭吾の押さえ先行それに乗る⑦2、そして前受ナイスガイ①伊藤裕貴は無理せず全引きの最終ホームS H←⑤3ーー⑦2ーー①46この態勢より。。。  

  • 絶対絶命

    いわき平G1日本選手権競輪(最終日)絶対絶命豪華ファイナリストが揃ったそんなかでも輪界の大スターに成長した⑧ワッキーのオーラが異彩を放つ本人コメント談では、「獲りに来た」と豪語しただけに、、、優勝だけを狙うなら最終バックはこの形SB←⑤ー②9ー7ーー③6ー

  • 誰も予想しなかった。。。

    いわき平G1日本選手権競輪(5日目)誰も予想しなかった。。。デビューから、なかなか結果が伴わず、チャレンジでウロウロしていた男が短期間で劇的に変化そんな化学反応を起こした⑨眞杉 匠が、どんな格上にも臆せず仕掛けるSB←⑨ー5ー4ー①6ー⑦2ー⑧3

  • 哲学者

    いわき平G1日本選手権競輪(四日目)憧れの人地域を飛び越えた初連携の二人

  • 燃えるブッチャー

    いわき平G1日本選手権競輪(三日目)燃えるブッチャー1枠あるのも大きい北ラインその恩恵を存分の活かすべくカマポジ確保からブッチャー⑥高橋晋也のど迫力カマシが最終ホーム炸裂SB←⑥1ーー⑨3ーー②74ーーー⑧5

  • ピンポイントの第一本線的中は12,860円の高配当

     伊東F1CTC杯(初日)②隅田洋介が前で受ける初手←S②4・⑤16・⑦3上位からスタート合戦に負けた⑦ナンジュンが押さえて唯一3車⑤16の南関ラインが叩き主導権SB←⑤16ーー⑦3ーー②4この流れより、番手で恵まれる機動型1村上直久1=2・151=2ー4・

  • 芸術的

    いわき平G1日本選手権競輪(初日)芸術的安定感抜群「しっかりトレーニングしてきました。(いわき平では昨年のオールスターを制しているが)脇本(雄太)さんに優勝さしてもらいましたし相性はいいバンクかなと思います。(特選は)自力で戦います。」と、さらに安定感も

  • 澱みなく

    防府F1第2回石村正利記念杯(最終日)澱みなく初手←S②4・①57・③6初手は②犬伏湧也が受けて立つ上記から枠負け③6の押さえ先行それに続く①57の九州ラインでジャンSH←③6ーー①57ーー②4この局面でまだ肚を括れない。。。 

  • 復活バタやんの第1本線的中 9270円

    青森G3施設整備等協賛競輪in青森(最終日)最高のお膳立初手←S①48・⑥2・③578北はアンコ作戦地元で自分も勝ちたいが・・・この並びとなっては突っ張りから絶対に強過ぎる③吉田有希を出せない犠打先行有力の①嵯峨昇喜郎それでも力でねじ伏せに行く③吉田有希で大

  • 無印良品

    青森G3施設整備等協賛競輪in青森(二日目)無印良品初手←S①73・⑤2・⑧46・⑨上記から大警戒される地元ラインは最終ホーム後方七番手そこから一気に畳み掛けて最終バック雁行状態そこで飛んでくるのが。。。 

  • 負ける要素も。。。

    青森G3施設整備等協賛競輪in青森(二日目)負ける要素も。。。初手←S⑨18・⑦25・4・⑥3枠負け南関が切って、⑦中井俊亮が叩き先行策SB←⑦25ーー4ーー⑥3ーー⑨18この態勢より想定通り後方七番手に。。。

  • 喰らいつく

    青森G3施設整備等協賛競輪in青森(初日)喰らいつく喰らいつく細切れの構成で果敢に飛び出すのは唯一3車の関東ラインSB←⑥34ーー⑤8ーー⑨2ーー①7この流れより、⑥朝倉智仁頑張りに応える番手機動型③山岸佳太が飛び出しそこに一昨日一人街道練習に励む。。。 

  • 準備

    小松島F1第1回チャリロト杯(最終日)準備概ねの二分戦初手←S⑦15・3・④26上記からチャレンジャーライン④②6が上昇それを分断匂わせる⑦小川真太郎が突っ張り見せるが。。。一旦出させて四番手SH←④26ーー⑦15ーー③この態勢より最終バックでアクション⑦1

  • 本領発揮

    武雄G3大楠賞争奪戦(最終日)本領発揮関東本線に前受は渡さない初手←S⑥1・②4・8・⑨375上記から実質的先行1車⑨吉拓上昇それに併せるように難波のイケメンファイターが本領発揮の番手勝負ターゲットにされた盟主③平原康多も意地の大立ち回りで・・・

  • 感性

    武雄G3大楠賞争奪戦(二日目)芸術の域そんな表現も過分ではない①佐藤慎太郎の巧みな捌きSS班の看板を背負った頼りになる男に絡んでくるのが、、、全くの。。。 

  • 知り尽くす

    武雄G3大楠賞争奪戦(初日)知り尽くす初手←S③71・⑤②96・④8流石に地元でもSS班を退け単枠には入れなかった佐々木一門それでも爪痕だけは残したいとガッツ山田庸平がレースを撹乱

  • 成長

    西武園F1日刊スポーツ新聞社杯(最終日)成長1枠森田優弥が前で受ける←S①6・②7・5・③4上記から後攻め③菊池岳仁の押さえ先行それを先に切って待つ②松坂洋平でジャンSH←③4ー5ーー②7ーー①6この態勢のままに掛かる③菊池岳仁が最終バックも一本棒で引き切り

  • 代名詞

    西武園F1日刊スポーツ新聞社杯(二日目)初手←S⑤1・②7・④⑥3押さえると流し癖がる④蕗澤だが、②竹内雄作の巻き返しを封じることが出来れば、、、格下の代名詞・・・ 

  • ワッキーの番手戦なら支線にもチャンス

    豊橋F1ジャパンカップ・中スポ昇龍杯(初日)ワッキーの番手戦なら支線にもチャンス初手←S⑦2・①4・⑤63上記初手から⑤佐々木悠葵が前受地元ラインの突っ張りを警戒して早めの上昇から一気に叩くSH←⑤⑥3ーー①4ーーー⑦②この局面で⑦寺崎浩平はタイミングを失い

  • 何がなんでも。。。

    川崎G3CTC杯&スピチャン杯(二日目)佐々木三兄弟の長男龍也が、何がなんでも二次予選突破を目指す初手枠なりから順番通りの仕掛け合いSB←⑤28ーー④37ーーー①96この態勢より・・・

  • 自画自賛 第1本線 ワッキー消えて17,450円

    大垣F1西日本C・S姫路賞・中日S杯(最終日)チャンスを生かす初手←S⑥24・①・5・⑦3上記から初特選ぶん回した⑦中西 大が上昇それを絶対に出しはしないと⑥森田優弥が突っ張り、または分断策そのごちゃつきを単騎①山口拳矢が地元バンクでチャンスを生かす1ー2

  • 大抜擢

    前橋F1日刊スポーツ杯・鈴木保巳М(最終日)大抜擢トチイバラインは大御所1武田豊樹の提案により④眞杉 匠が茨城ラインの間に入るアンコ作戦初手←⑦41・②6・③5上記から枠負けの北ライン上昇も前受⑦吉田有希が許さない突っ張り先行SB←⑦ー④1ーー②6ーー③5こ

  • 舐めんなよ

    前橋F1日刊スポーツ杯・鈴木保巳М(二日目)舐めんなよ1枠伏見俊昭がSを決めて⑦小原佑太を呼ぶ初手←S⑦12・④3・⑤6上記から⑤6切って、北ラインに舐められた④長島大介が発進SB←④3ーー56ーー⑦12この流れより。。。 

  • 捲り好き

     前橋F1日刊スポーツ杯・鈴木保巳М(初日)捲り好き概ねの二分戦初手←S⑤13・6・②47上記から②格清洋介の押さえ先行それを捲り好きな⑤志田龍星は突っ張らないで、いつもの組み立てSB←②47ーー6ーー⑤13

  • “情”で走る競輪競技

    平塚G3湘南ダービー(最終日)栄えあるファイナリストが揃ったそんな中で、一番勝ちたい地元勢特に此処平塚をホームにする②和田真久留同県同期の大スターがチャンスを与えるシーンは“情”で走る競輪競技だけに想定済み後は番手脚温存2真久留が絡まれないことを祈るばかり

ブログリーダー」を活用して、ポカリさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ポカリさん
ブログタイトル
慶輪9×8×7 ポカリブログ
フォロー
慶輪9×8×7 ポカリブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用