searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

itotonbosanさんのプロフィール

住所
北茨城市
出身
未設定

ブログ同様,同名のホームヘージもご覧下さい。 http://itotonbosan.web.fc2.com/ 植物図鑑には奇麗な写真が沢山あります。 蛾の図鑑には多様性に富んだ蛾が掲載されています。

ブログタイトル
北茨城 勿来周辺の生き物
ブログURL
http://kitaibaraki987.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
植物・昆虫・野鳥の観察から分かった多様性と生きる工夫を伝えたい。出会いから生まれた感動の記録です。
更新頻度(1年)

364回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2013/04/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、itotonbosanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
itotonbosanさん
ブログタイトル
北茨城 勿来周辺の生き物
更新頻度
364回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
北茨城 勿来周辺の生き物

itotonbosanさんの新着記事

1件〜30件

  • マメノメイガ

    2020年9月23日(水)マメノメイガ 撮影日2020/09/21 撮影場所:勿来の関・勿来駅西公園今日紹介するのは勿来の関で2020年9月21日に観察したマメノメイガです。①マメノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)触角を背負っているのでツトガ科・メイガ科と分かります。(赤矢印)止まり方が変わっている蛾が壁に止まっています。犬が待ての姿勢をとっているように前足を立てて立っているようです。ツトガ科だけに人が近づくと直ぐ飛び去っ...

  • ギンスジアオシャク

    2020年9月22日(火)ギンスジアオシャク 撮影日2020/09/04 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月4日に観察したギンスジアオシャクです。①ギンスジアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)灯火近くの壁には翅が緑色の蛾が止まっています。一見してアオシャク亜科とわかります。②ギンスジアオシャク  (2017/6/23撮影)羽化したばかりの蛾は赤矢印が指している外縁が銀色に輝いて綺麗です。前翅同様後翅の外...

  • スギドクガ

    2020年9月21日(月)スギドクガ 撮影日2020/09/01 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月1日に観察したスギドクガです。①スギドクガ(ドクガ科)灰色を帯びた蛾が梁に止まっています。腹端が外縁から見えていますがシャチホコガ科ではありません。毛深い前足を前方へ出しているのでドクガ科です。ドクガ科といっても毒針毛を持っていないのでスギドクガに触っても大丈夫です。今回を含めて未だ3回しか観察...

  • カギバアオシャク

    2020年9月20日(日)カギバアオシャク 撮影日2020/09/20 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月20日に観察したカギバアオシャクです。①カギバアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)翅の色が青く一見してアオシャク亜科と分かる蛾です。前翅長を測ると31㎜もある大きい蛾です。②カギバアオシャク  (少し斜め上方から撮影)翅頂付近を見ると鉤状に曲がっている感じを受けます。(赤矢印)これがカギバアオシ...

  • トビイロシマメイガ

    2020年9月19日(土)2471 トビイロシマメイガ 撮影日2020/09/04 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月4日に観察したトビイロシマメイガです。①トビイロシマメイガ(メイガ科シマメイガ亜科)触角を背負っているのでメイガ科・ツトガ科と分かります。そして更に小豆色と黄色の組み合わせはメイガ科できまりです。前翅長8㎜程度の小さい蛾です。②トビイロシマメイガでも後翅の内側が鮮やかな紅色で,縁毛が...

  • コブノメイガ

    2020年9月17日(金)コブノメイガ 撮影日2020/09/18 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月18日に観察したコブノメイガです。①コブノメイガ♂ (ツトガ科ノメイガ亜科)黄色い地に黒い縁取りが有る蛾が止まっています。大きさは前翅長が9㎜程度の小さい蛾です。触角を背負っていることからツトガ科・メイガ科と分かります。でも,黄色の地に黒褐色の筋ときたら相場はツトガ科で決まりです。②コブノメイガ♀ ...

  • オオシロテンクチバ

    2020年9月17日(木)2469 オオシロテンクチバ 撮影日2020/09/16 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月16日に観察したオオシロテンクチバです。①オオシロテンクチバ(ヤガ科シタバガ亜科)翅が開かず後翅が見えない状態で止まっています。更に大変細い下唇鬚(かしんひげ)が見えます。(赤矢印)こんな性質を持つのはシタバガ亜科の蛾に多いです。幼虫はハチジョウクサイチゴ,ニガイチゴ,キイチゴなどの葉を...

  • フサヤガ

    2020年9月16日(水)2468 フサヤガ 撮影日2020/09/15 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月15日に観察したフサヤガです。①フサヤガ(ヤガ科フサヤガ亜科)  前翅長約17㎜天井を見上げると黒くて細い翅を持つ蛾が止まっています。遠くて上手く撮影できないので,下に降りてもらうことにしました。棒でそっと触れると落下しながら途中で羽ばたき白い壁に止まりました。止まった場所は幸運にも楽に写せる所...

  • クロキシタアツバ

    2020年9月15日(日)2467 クロキシタアツバ 撮影日2020/09/15 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月15日に観察したクロキシタアツバです。①クロキシタアツバ(ヤガ科アツバ亜科)一見ヤマガタアツバのような蛾が止まっています。でも,外縁線(緑矢印)から外に出張る部分がありません。しかも白色の鱗粉が散布されていて感じが違います。タイワンキシタアツバと似ているので注意が必要です。赤矢印が指して...

  • ミツモンキンウワバ

    2020年9月14日(日)ミツモンキンウワバ 撮影日2020/09/14 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月14日に観察したミツモンキンウワバです。①ミツモンキンウワバ(ヤガ科キンウワバ亜科)前翅に金色に輝く部分がある蛾が壁に止まっています。金色に輝く翅を持つものは,ヤガ科キンウワバ亜科の蛾です。今日まで何故キンウワバというのか理解できずにいました。前翅後縁沿いに金色に輝く部分があるからだと気づ...

  • アシベニカギバ

    2020年9月13日(日)アシベニカギバ 撮影日2020/09/04 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月04日に観察したアシベニカギバです。①アシベニカギバ(カギバガ科)上半分が褐色で下半分が黄色の蛾が止まっています。緑矢印が指している翅頂近くの部分が鉤状に曲がっているのでカギバガ科と分かります。この蛾は年に複数回見られます。それは幼虫が餌としているガマズミが勿来の関には普通に分布しているからで...

  • ルリモンシャチホコ

    2020年9月12日(土)ルリモンシャチホコ 撮影日2020/09/12 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月12日に観察したルリモンシャチホコです。①ルリモンシャチホコ(シャチホコガ科)赤矢印が指している腹端が外縁からはみ出ています。このことからシャチホコガ科と分かります。似た蛾にナカキシャチホコが居るので注意が必要です。勿来の関ではルリモンシャチホコの方が観察回数が多いです。ナカキシャチホコは...

  • ギンスジカギバ

    2020年9月11日(金)ギンスジカギバ 撮影日2020/09/11 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月11日に観察したギンスジカギバです。①ギンスジカギバ(カギバガ科オオカギバガ亜科)実際は頭を下にして止まっていましたが見やすくするため180°回転しました。灯火近くの壁には見覚えの有る蛾が止まっています。それもそのはず,名前が分かるまで四年以上もかかった因縁のある蛾だからです。この蛾を観察した...

  • アオアツバ

    2020年9月10日(木)アオアツバ 撮影日2020/09/10 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月10日に観察したアオアツバです。①アオアツバ(ヤガ科アツバ亜科)前方へ突き出た下唇鬚(かしんひげ)からアツバ亜科と分かります。面白いことにこの種の下唇鬚は上から見たときと横から見たときでは格好が違って見えます。上からのときは細長く,横からのときは幅広くしかも先に突起が付いています。こんな形状だったと...

  • ヤママユ

    2020年9月9日(水)ヤママユ 撮影日2020/09/09 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月9日に観察したヤママユです。①ヤママユ(ヤママユガ科)灯火近くの壁を探していて,ふと上を向き驚きました。大きな蛾ヤママユが止まっていたからです。灯火に近いだけあってぶれずに撮影でき幸運でした。無傷のヤママユと思っていたら,緑矢印の所に嘴(くちばし)の跡が見られます。翅を広げると120㎜もあるので飛んでい...

  • クロウスムラサキノメイガ

    2020年9月8日(火)クロウスムラサキノメイガ 撮影日2020/09/08 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月8日に観察したクロウスムラサキノメイガです。①クロウスムラサキノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)年に複数回観察する蛾です。幼虫の餌となるコナラが数え切れないほど分布しているからでしょう。この蛾はウスムラサキノメイガに似ていて注意が必要です。先頭にクロと付きますが色の様子で同定することは...

  • タケカレハ

    2020年9月7日(月)タケカレハ 撮影日2020/09/02 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月2日に観察したタケカレハです。①タケカレハ(カレハガ科)赤矢印が指しているのは,前翅前縁からはみでている後翅です。このように前翅前縁からはみ出る後翅を持つものはカレハガ科・シャチホコガ科です。その中で左右の翅を合わせるようにして止まるのはカレハガ科です。勿来の関にはタケ・ササ・ススキが普通に分布し...

  • オオキノメイガ

    2020年9月6日(日)オオキノメイガ 撮影日2020/09/04 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月4日に観察したオオキノメイガです。①オオキノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)梁(はり)を見ると黄色い地に焦茶色の紋がある蛾が止まっています。黄色で目立つほかに大きいので直ぐ目に付きます。高い所に止まっていたので拡大するとぼけてしまいこの大きさ以上は無理です。ぶれのため触角の様子が分からないので以前...

  • コテングアツバ

    2020年9月5日(土)2457 コテングアツバ 撮影日2020/09/05 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月5日に観察したコテングアツバです。①コテングアツバ(ヤガ科アツバ亜科)灯火近くの壁には,細長い三角形の蛾が止まっています。小さい体の割に長く突き出た下唇鬚(かしんひげ)が目立っています。緑矢印が指している下唇鬚が長いことからアツバ亜科と分かります。和名のテングは長い下唇鬚を天狗の鼻に見立て...

  • フクラスズメ

    2020年9月4日(金)フクラスズメ 撮影日2020/09/01 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月1日に観察したフクラスズメです。①フクラスズメ(ヤガ科ウスベリケンモン亜科)柱の上を見上げると大きな蛾が止まっています。一目でフクラスズメと分かりました。赤矢印が指している紋は,画像を見ると青味を帯びて光っています。勿来の関の道路沿いにヤブマオが生えている場所で葉が食われている所を探すと必ず幼虫...

  • ヒメウスベニトガリバ

    2020年9月3日(木)ヒメウスベニトガリバ 撮影日2020/09/03 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月3日に観察したヒメウスベニトガリバです。①ヒメウスベニトガリバ(カギバガ科トガリバガ亜科)灯火を見るとアヤトガリバに似た紋様の蛾が止まっています。すぐ「四国産蛾類図鑑」で検索すると外縁近くの紋様が似ている蛾が見つかりました。その名はウスベニアヤトガリバです。いざ,まとめようという段階にき...

  • ハングロアツバ

    2020年9月2日(水)ハングロアツバ 撮影日2020/09/01 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月.1日に観察したハングロアツバです。①ハングロアツバ(ヤガ科アツバ亜科)8月31日は満月に近い月の明かりが台風による雲の発生で暗い晩となりました。そのお陰でいつもより多くの蛾が灯火に飛来しました。緑矢印が指している長い下唇鬚(かしんひげ)が前方へ突き出ているのでアツバ亜科と分かります。この蛾の下唇...

  • ヨシカレハ

    2020年9月1日(火)ヨシカレハ 撮影日2020/09/01 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年9月.1日に観察したヨシカレハです。①ヨシカレハ(カレハガ科)似た感じの蛾にタケカレハが居るので注意が必要です。赤矢印が指しているのは後翅前縁の一部分です。後翅前縁の一部分が前縁からはみ出ていて直角に曲がっています。これはカレハガ科の仲間の一部が持つ特徴です。前翅中央には楕円形の白紋が見られます。②ヨシ...

  • ナミスジコアオシャク

    2020年8月31日(月)ナミスジコアオシャク 撮影日2020/08/28~8/29 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年8月.28~29日に観察したナミスジコアオシャクです。①ナミスジコアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)翅色が緑色で壁に貼り付くように止まる仲間はアオシャク亜科です。8月下旬頃から前翅長10㎜以下の小さなアオシャクが壁に止まるようになりました。2本の横線はそれ程,明瞭ではありません。前翅に...

  • シラナミクロアツバ

    2020年8月30日(日)シラナミクロアツバ 撮影日2020/08/30 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年8月30日に観察したシラナミクロアツバです。①シラナミクロアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)赤矢印が指している下唇鬚(かしんひげ)の様子を見て下さい。後方へ反り返っています。このような下唇鬚(かしんひげ)を持つ仲間はクルマアツバ亜科です。②シラナミクロアツバ前翅は後翅に対して折れ曲がっています。内横...

  • アカイラガ

    2020年8月29日(土)アカイラガ 撮影日2020/08/29 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年8月29日に観察したアカイラガです。①アカイラガ(イラガ科)左右の翅を合わせるように立てて止まっています。このような止まり方をするのはイラガ科やシャチホコガ科の仲間です。♂の前翅長は8~9㎜,♀は10㎜程度の小さな蛾です。今日は出現ピーク時のようで灯火には4匹,壁には5匹いました。これは幼虫が広食性で普通...

  • ミヤマカミキリ

    2020年8月28日(金)2449 ミヤマカミキリ 撮影日2020/08/28 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年8月28日に観察したミヤマカミキリです。①ミヤマカミキリ(カミキリムシ科)灯火近くの壁には大きなカミキリムシが止まっています。灯火には蛾の他にチョウ・甲虫類等が飛来します。触角が体長(口から腹端)の1.5倍もあり長いです。②ミヤマカミキリ緑矢印が指している部分にはペンチのような鋭い歯があります。...

  • アカエグリバ

    2020年8月27日(木)アカエグリバ 撮影日2020/08/27 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年8月27日に観察したアカエグリバです。①アカエグリバ(ヤガ科エグリバ亜科)8月19日に載せましたオオエグリバに雰囲気が似ている蛾です。それもそのはず同じエグリバ亜科の蛾です。赤矢印が指している抉られている部分がアカエグリバは深いです。この部分が抉られているのでエグリバと名付けられたのでしょう。緑矢印が...

  • カレハガ

    2020年8月26日(水)カレハガ 撮影日2020/08/26 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年8月26日に観察したカレハガです。①カレハガ(カレハガ科)灯火を見上げると写真の様な格好でカレハガが止まっています。昨日のリンゴカレハに続いて今日も大物のカレハガです。引き続きの大物で嬉しくなり集中して撮影しました。②カレハガ赤矢印が指しているのは鮮やかな橙色の後翅です。カレハガの後翅は前翅から大きくは...

  • リンゴカレハ

    2020年8月25日(火)リンゴカレハ 撮影日2020/08/25 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2020年8月25日に観察したリンゴカレハです。①リンゴカレハ(カレハガ科)灯火近くの壁には橙色の大きく見える蛾が止まっています。四年前の夏,天井に止まっているのを見たきり再会できないでいたリンゴカレハです。集中して撮りましたが,狭い所に居て思うように撮れず残念な気持ちで一杯です。②リンゴカレハ橙色に茶色が少...

カテゴリー一覧
商用