searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

itotonbosanさんのプロフィール

住所
北茨城市
出身
未設定

ブログ同様,同名のホームヘージもご覧下さい。 http://itotonbosan.web.fc2.com/ 植物図鑑には奇麗な写真が沢山あります。 蛾の図鑑には多様性に富んだ蛾が掲載されています。

ブログタイトル
北茨城 勿来周辺の生き物
ブログURL
http://kitaibaraki987.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
植物・昆虫・野鳥の観察から分かった多様性と生きる工夫を伝えたい。出会いから生まれた感動の記録です。
更新頻度(1年)

295回 / 365日(平均5.7回/週)

ブログ村参加:2013/04/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、itotonbosanさんをフォローしませんか?

ハンドル名
itotonbosanさん
ブログタイトル
北茨城 勿来周辺の生き物
更新頻度
295回 / 365日(平均5.7回/週)
フォロー
北茨城 勿来周辺の生き物

itotonbosanさんの新着記事

1件〜30件

  • オオキノメイガ

    2021年9月17日(木)2739 オオキノメイガ 撮影日2021/09/17 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月17日に観察したオオキノメイガです。①オオキノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)2本の触角を見ると背負っていることが分かります。これでツトガ科・メイガ科と分かります。翅が黄色と褐色ならツトガ科ノメイガ亜科まで絞ることができます。ツトガ科としては大きい部類に入ります。縦の方向よりも横方向に長い...

  • ゴマフキエダシャク

    2021年9月16日(木)2738 ゴマフキエダシャク 撮影日2021/09/07 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月7日に観察したゴマフキエダシャクです。①コナフキエダシャク♂(シャクガ科エダシャク)前翅を大きく開いてほぼ壁にくっつくように開いています。こんな蛾はシャクガ科です。ただこの蛾は後翅の外縁を少し壁から離す特徴があります。②ゴマフキエダシャク♀本種は♂と♀では触角の様子が違います。♂の触角は...

  • アシベニカギバ

    2021年9月15日(水)2737 アシベニカギバ 撮影日2021/09/15 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月15日に観察したアシベニカギバです。①アシベニカギバ(カギバガ科カギバガ亜科)緑矢印を見ると何の仲間か分かる種です。鉤状に曲がっているのでカギバガ科となります。幼虫はスイカズラ科の植物を食べますが,その中で勿来の関に普通に分布しているガマズミの葉を食べます。それで複数回観察されます。②ア...

  • ヒメカギバアオシャク

    2021年9月14日(火)2736 ヒメカギバアオシャク 撮影日2021/09/14 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月14日に観察したヒメカギバアオシャクです。①ヒメカギバアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)灯火から少し離れた壁に緑色の蛾が止まっています。緑色の蛾といえば勿来の関では一つの例外を除いてシャクガ科アオシャク亜科です。その一つの例外とは,シロモンアオヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜...

  • オオベニヘリコケガ

    2021年9月13日(月)2735 オオベニヘリコケガ 撮影日2021/09/13 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月13日に観察したオオベニヘリコケガです。①オオベニヘリコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)灯火近くの壁に目が覚めるような美しい蛾が止まっています。語尾にコケガと付いているように幼虫は地衣類を食べます。前翅長は10㎜から15㎜くらいの小さな蛾です。②オオベニヘリコケガ前縁や外縁の縁が紅を帯びてい...

  • アカモクメヨトウ

    2021年9月12日(日)アカモクメヨトウ 撮影日2021/09/12 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月12日に観察したアカモクメヨトウです。①アカモクメヨトウ(ヤガ科ヨトウガ亜科)窓枠に止まっていた本種を撮ろうとした途端,逃げられてしまいました。私の足下付近で急に姿を消しました。近くを探しましたが,見つかりません。二,三歩歩いた途端,動いたものが居ます。止まった後,見に行くと白紋が有る褐色の...

  • オオシラナミアツバ

    2021年9月11日(土)2733 オオシラナミアツバ 撮影日2021/09/10 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月10日に観察したオオシラナミアツバです。①オオシラナミアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)赤矢印が指している下唇鬚(かしんひげ)を見れば,ヤガ科クルマアツバ亜科と分かります。それが後方へ反り返っているからです。遠目でも目立つ翅中央を走る太い焦茶色の横帯を目印に探し出しました。②オオシラナミ...

  • ミヤマフタオビキヨトウ

    2021年9月10日(金)2732 ミヤマフタオビキヨトウ 撮影日2021/09/10 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月10日に観察したミヤマフタオビキヨトウです。①ミヤマフタオビキヨトウ(ヤガ科ヨトウガ亜科)今回を入れて2回目となる観察です。幼虫はイネ科のカモガヤ,ススキ,ヤマヌカボ,ヌマガヤの葉を食べます。どうも草本を餌にしている種は観察する機会が少ないです。腹端が外縁から覗いていますが,一目...

  • タケカレハ・ヨシカレハ

    2021年9月9日(木)2731 タケカレハ・ヨシカレハ 撮影日2021/09/09 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月9日に観察したタケカレハ・ヨシカレハです。①タケカレハヨシカレハ(カレハガ科)左右の翅を合わせるように立てて止まりますが,ヤガ科ではなくカレハガ科です。本種と似た種にヨシカレハが居るので,注意が必要です。私の観察では濃褐色ならタケカレハで,黄土色~淡褐色からヨシカレハです。翅中央...

  • マダラツマキリヨトウ

    2021年9月8日(水)2730 マダラツマキリヨトウ 撮影日2021/09/08 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月8日に観察したマダラツマキリヨトウです。①マダラツマキリヨトウ(ヤガ科ツマキリヨトウ亜科)翅を屋根形にして止まっています。ヤガ科の他にも幾つかいますが,圧倒的に数が多いヤガ科を調べると同定が速いです。ツマキリヨトウ亜科にはこの種と似たものが多いので注意が必要です。赤矢印が指している...

  • クワゴマダラヒトリ

    2021年9月7日(火)2729 クワゴマダラヒトリ 撮影日2021/09/05 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月5日に観察したクワゴマダラヒトリです。①クワゴマダラヒトリ♀(ヒトリガ科ヒトリガ亜科)本種は♂♀で翅の色が違うので戸惑ってしまいます。翅の色は違いますが,同種の証に胸部背には橙色の筋(赤矢印)が見られます。一般に蛾は♀の方が体が大きいです。前翅長が30㎜ほど有りました。黒い筋模様は個体差があ...

  • カレハガ

    2021年9月6日(月)2729 カレハガ 撮影日2021/09/06 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月6日に観察したカレハガです。①カレハガ(カレハガ科)初めて観察する方は「あれ。何だろう。」と思うでしょう。赤矢印が指しているものを見て,そう感じる方は探究心が強い人です。これは後翅が前翅と同じように動かず,水平のままだからです。だから,はみでているように見えるのです。それは,橙色の濃い後翅が出...

  • ソトモンツトガ

    2021年9月5日(日)2728 ソトモンツトガ 撮影日2021/09/05 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月5日に観察したソトモンツトガです。①ソトモンツトガ(ツトガ科ツトガ亜科)窓枠にはあまり観察することがない小さな蛾が止まっています。前翅長は10㎜程度です。触角を背負って止まっているのでツトガ科・メイガ科と分かります。更に黄色の筋模様と白い地色からツトガ科と予想が立ちます。②ソトモンツトガ本種...

  • トビスジヒメナミシャクトビスジヒメナミシャク

    2021年9月4日(土)2727 トビスジヒメナミシャク 撮影日2021/09/03 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月3日に観察したトビスジヒメナミシャクです。①トビスジヒメナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科) フラッシュ撮影赤矢印は外横線を指しています。この線を見ると「U字形」が連なっています。この様な蛾はナミシャク亜科の蛾です。幼虫はギシギシの葉を食べます。②トビスジヒメナミシャク桃矢印が指...

  • ウスヒメトガリノメイガ

    2021年9月3日(金)2726 ウスヒメトガリノメイガ 撮影日2021/09/03 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年9月3日に観察したウスヒメトガリノメイガです。①ウスヒメトガリノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)触角を背負って止まっているのでツトガ科・メイガ科と分かります。更に,黄色と焦茶色の翅色を持つ蛾は,ツトガ科です。②ウスヒメトガリノメイガ (実際はこの様に頭を下にして止まっていました。)本種と似...

  • ツマキシマメイガ

    2021年9月2日(木)ツマキシマメイガ 撮影日2021/07/08 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年7月8日に観察したツマキシマメイガです。①ツマキシマメイガ(メイガ科シマメイガ亜科)触角を背負っているのでメイガ科・ツトガ科と分かります。さらに,薄紅色の地色と薄黄色の筋模様でシマメイガ亜科と分かります。本種と似た蛾にフタスジシマメイガやツマグロシマメイガが居るので注意が必要です。前翅長は11~13...

  • シロヒトモンノメイガ

    2021年9月1日(水)2724 シロヒトモンノメイガ 撮影日2021/08/26 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月26日に観察したシロヒトモンノメイガです。①シロヒトモンノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科) フラッシュ撮影触角を背負っていませんが,前方へ突き出している蛾もツトガ科の蛾です。ハナダカノメイガやキボシノメイガ等もとまるとき触角を前に突き出しています。前翅長は15㎜ほどの中くらいの蛾です。幼...

  • キンモンガ

    2021年8月31日(火)キンモンガ 撮影日2021/08/12,31 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月12日と31日に観察したキンモンガです。①窓ガラスに止まるキンモンガ(アゲハモドキガ科)この蛾に初めて会う方の中にはチョウの仲間と思う方も居るでしょう。でも,そのときチョウにしては何か変だと思ったことでしょう。Aそれは触角の先が膨らんでなく棍棒状態でない。B翅を広げて止まっている。 (チョウは翅...

  • キボシアツバ

    2021年8月30日(月)2722 キボシアツバ 撮影日2021/08/24 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月24日に観察したキボシアツバです。①キボシアツバ(ヤガ科カギアツバ亜科)今日も写真を撮りましたが上手く撮れなかったので今月に写したものを載せます。三角形をした小さな蛾が止まっています。前翅長は10㎜程度です。小さいながらも下唇鬚が発達しているので,アツバの仲間と分かります。幼虫が餌にしている...

  • アオバシャチホコ

    2021年8月29日(日)2722 アオバシャチホコ 撮影日2021/08/29 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月29日に観察したアオバシャチホコです。①アオバシャチホコ(シャチホコガ科)灯火近くの柱を見上げると黒っぽい蛾が止まっています。一見見た目は地味ですが,写真で見ると何かきらきらしていて綺麗です。特にフラッシュを焚いて写すと更に綺麗に見えます。後縁近くの所は金色と黒色が混ざり緑色に見えたり...

  • ウスヅマクチバ

    2021年8月28日(土)2721 ウスヅマクチバ 撮影日2021/08/28 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月28日に観察したウスヅマクチバです。①ウスヅマクチバ(ヤガ科エグリバ亜科)ウスヅマカラスヨトウに似た蛾が止まっています。しかし,外縁線から外側が暗紫色で,外縁近くに黒くて丸い紋が有ります。しかも,光の当たり具合で青白く写ったり,細かい銀白色に光ったりします。②ウスヅマクチバカラスヨトウの...

  • ヨスジノメイガ

    2021年8月26日(金)2720 ヨスジノメイガ 撮影日2021/08/24,08/25 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月24日と25日に観察したヨスジノメイガです。①ヨスジノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)触角を背負って止まっているのでツトガ科・メイガ科と分かります。更に地色が黄色で,褐色の筋模様が有るのでツトガ科ノメイガ亜科に決まりです。幼虫はムラサキシキブの葉を食べます。日本には北海道から沖縄まで...

  • シロスジアツバ

    2021年8月26日(木)2719 シロスジアツバ 撮影日2021/08/26 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月26日に観察したシロスジアツバです。①シロスジアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)下唇鬚(かしんひげ)が発達していて先端が後方へ反り返っています。この事からクルマアツバ亜科と分かります。本種と似た蛾にフタスジアツバが居るので注意が必要です。緑矢印が指している内横線は内側に湾曲しています。赤矢印...

  • オビガ

    2021年8月25日(水)2718 オビガ 撮影日2021/08/25 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月25日に観察したオビガです。①オビガ(オビガ科) フラッシュ撮影前翅長約30㎜の大きな蛾です。オビガ科は本種1種だけです。ずんぐりとした感じで重量感あふれる蛾です。翅頂から翅頂へ走る横線が有ります。この横線には黄色の縁取りが有るので目立ちます。これを帯に見立ててオビガと名付けたのでしょう。この横線...

  • ヒメハナマガリアツバ

    2021年8月24日(火)2717 ヒメハナマガリアツバ 撮影日2021/08/24 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月24日に観察したヒメハナマガリアツバです。①ヒメハナマガリアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)赤矢印が指している下唇鬚(かしんひげ)を見ると後方へ反り返っているのでクルマアツバ亜科と分かります。本種と似た種類にハナマガリアツバが居るので注意が必要です。②ヒメハナマガリアツバ前翅長12㎜程度...

  • オオケンモン

    2021年8月23日(月)2716 オオケンモン 撮影日2021/08/23 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月23日に観察したオオケンモンです。①オオケンモン(ヤガ科ケンモンヤガ亜科)昨晩は満月でしたが,厚い雲に被われ暗い夜でしたので蛾の飛来を期待して勿来の関へ行きました。すると,高い所に中くらいの蛾が止まっています。腹端が外縁から覗いてはいますが,赤矢印の紋が有るのでヤガ科と分かりました。この蛾...

  • ギンボシシャチホコ

    2021年8月22日(日)ギンボシシャチホコ 撮影日2021/08/22 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月22日に観察したギンボシシャチホコです。①ギンボシシャチホコ♂(シャチホコガ科)外縁から腹端が覗いているのでシャチホコガ科と分かります。灯火より少し離れた低い所に止まっている蛾を見つけました。ホームページ「放浪の出逢い」によると低空飛行で飛び,直ぐ休むような飛び方をするそうです。URLはhttps:...

  • オオウスヅマカラスヨトウ

    2021年8月21日(土)2715 オオウスヅマカラスヨトウ 撮影日2021/08/19,08/21 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月19日と21日に観察したオオウスヅマカラスヨトウです。①オオウスヅマカラスヨトウ(ヤガ科カラスヨトウ亜科)灯火近くの柱に矢尻型の蛾が止まっています。翅は何となく厚い感じがします。これらのことからヤガ科と分かります。この蛾の大きな特徴は,外横線(赤矢印)の外側が薄褐色になって...

  • オオシロテンアオヨトウ

    2021年8月20日(金)2715 オオシロテンアオヨトウ 撮影日2021/08/20 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月20日に観察したオオシロテンアオヨトウです。①オオシロテンアオヨトウ(ヤガ科キリガ亜科)灯火近くに所々みいをおびた蛾が止まっています。前翅を閉じて止まっていて,環状紋(緑矢印)や腎状紋(赤矢印)があるのでヤガ科と分かります。これらの紋は縁取りが緑色です。今回の観察で未だ二回しか見てい...

  • シロズアツバシロズアツバ

    せ2021年8月19日(木)2714 シロズアツバ 撮影日2021/08/18 撮影場所:勿来の関今日紹介するのは勿来の関で2021年8月18日に観察したシロズアツバです。せ①シロズアツバ(ヤガ科ムラサキアツバ亜科)前方へ突き出た下唇鬚(かしんひげ)からアツバの仲間と分かります。先端は二つに分かれ小さな羽が付いているように見えます。前翅長10㎜程度の小さな蛾です。②シロズアツバ赤矢印は頭部を指していますが,ここは霜が降りたよう...

カテゴリー一覧
商用