searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
空宙散歩
ブログURL
http://astro.workaholic-web.com/
ブログ紹介文
空と宙を楽しむブログです。 お気楽観測とお気楽写真がモットー。
更新頻度(1年)

184回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2013/02/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、てらおよしのぶさんの読者になりませんか?

ハンドル名
てらおよしのぶさん
ブログタイトル
空宙散歩
更新頻度
184回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
空宙散歩

てらおよしのぶさんの新着記事

1件〜30件

  • うお座 M74

    秋のメシエ天体探訪。うお座唯一のメシエ天体M74です。光度9.2等、視直径10.2'。おおぐま座のM101を小さくしたような均整の取れた渦巻銀河。現在はほど近い所に火星がいます。拡大画像を添付しておきました。明るい超新星が現れたら写りそうで

  • 1年半ぶりの太陽撮影

    久しぶりに群と言える黒点が現れています。実に1年半ぶりの撮影。その間ほとんどめぼしい黒点は現れなかったということです。活動期に向かっているはずなのでこれから徐々に増えていくでしょう。そういえばフラットナーを使っての撮影は初めてです。焦点距離

  • 燃える木と馬頭星雲

    月が満ちてきたので次の暗夜が訪れるまで、小海町と北杜市で撮った残りの画像をアップしていきます。おなじみの燃える木と馬頭星雲。何回でも撮りたくなる対象、今度こそはもっとうまく撮れるかもと思わせる対象。そして毎回落胆してしまう対象と言っていいか

  • 野口宇宙飛行士、搭乗間近

    ISSは早朝の可視パスが続いています。10/25はペルセウス座で地球の影から出現し、北東の地平に向かいました。JAXAの野口聡一宇宙飛行士が11月にスペースX社のクルードラゴン宇宙船でISSへ向かいます。クルードラゴンは運用初号機で、いよい

  • 10/25未明 156Pとエラスムス彗星

    前回うまく撮れなかった156Pです。月没を待ってから撮影しました。すでにかなり西に傾いていたので撮影条件は良くありません。光度は12等後半と暗いです。集光が鋭く試写の段階では恒星と間違いそうでした。よく見ると周辺がわずかにぼやけていたのでわ

  • 10/25未明 アトラス彗星 (C/2020 M3)

    前回しくじったアトラス彗星、やっと補足することができました。すでに8等台の最大光度に達しています。美しいです。試写の時に西向きに尾が伸びているような気がしました。頭部を少し東寄りに置いて撮りましたがはっきりとはわかりません。ただコマ全体はや

  • M45 すばる

    パックマン星雲のガイドが散々だったので、一気にテンションが下がってしまいました。傷心のままなんとなくすばるを撮影。ガイド不良は減りそこそこに撮れました。よく考えたら1か月赤道儀には電源を入れていません。こういう時は必ずエージングが必要です。

  • NGC281 パックマン星雲

    夜半を過ぎてからようやく小海町らしい漆黒の夜空が戻ってきました。相変わらず彗星以外は無計画です。久しぶりの撮影なので無難なパックマン星雲から撮ることにしました。カシオペア座αの近くにある大きな散光星雲です。最初の撮影は見事に失敗、ガイド不良

  • ベテルギウスは健在

    ベテルギウスはすっかり元に戻っています。健全な黄色っぽい星の姿に安心感を覚えます。改造カメラで1分追尾の1枚撮り。星景のチョイ撮りならこれで十分です。背景もあまり流れません。横着者にはお手軽な手法です。2020.10.21 01:01CAN

  • 10/21未明 エラスムス彗星

    初観測の彗星です。薄明が始まる直前に撮りました。うみへび座の頭付近を東進中です。光度は10等程度、彗星特有の青緑色が美しいです。15分強の露出ですが移動が速く彗星中心のコンポジットにしました。近日点通過日は12月13日。これから明るくなって

  • ISSしか撮れず

    関東は全く晴れません。また月が満ちてきました。予報は少し怪しかったのですが、この日しかないと思い出かけました。結果は惨敗。昼間は晴れているのに夜になると曇ってしまうという最近よくあるパターンでした。撮れたのは薄明の残る空を通過するISSだけ

  • こと座

    今の時期、薄明が終わる頃にはこと座は天頂にあります。夏の天の川中心部は見納めになりますが、夏の大三角あたりは9月いっぱい観測できそうです。こと座はこの焦点距離でちょうど全体が入ります。2つあるメシエ天体、M56とM57は無数の星に紛れて判別

  • 天の川の小さな星座たち

    はくちょう座とわし座の間には天の川に埋もれて小さな星座が3つあります。明るい星はありませんが星の並びが特徴的なのですぐに覚えられます。いるか座は小さな菱形にしっぽ。や座は矢の形そのもの。こぎつね座は小さなMの字、真ん中の星の傍にM27があり

  • 月と金星の接近

    遅くなりましたが先月の月と金星の接近です。もったいないのでアップします。月齢は26。この日は盆休み最後の日曜日で多くの同好者がいました。赤いランプがうごめいています。地平線近くに雲がありました。おまけにソフトフィルターを付け忘れています。2

  • 二重星団

    薄明が始まる前にまだ少し時間がありました。すぐに導入できる二重星団を撮影。最後のの数カットは背景が青くなりました。それでももったいないので一緒に合成。散開星団なのであまり影響はないでしょう。天の川の真っただ中なので星だらけです。いまだに手動

  • さんかく座 M33

    1シーズンに1回は撮りたくなるおなじみの銀河です。しっとりとした感じでうまく処理できました。赤いポツポツも少し浮き出ています。今はPCでいくらでもド派手に編集できます。私にはこれくらいがちょうど良いかと思います。ポールマスターを採用してから

  • アイリス星雲

    ケフェウス座βにほど近い所にある有名な散光星雲です。青い光が何とも言えず神秘的です。いつも帰宅してから撮っておけばよかったと後悔する対象でした。なぜか忘れてしまうのです。そんなことがないようにと観測ノートを作ったのですが、そのノートに書いて

  • IC5146 まゆ星雲

    北アメリカ星雲から天の川を東にたどるとまゆ星雲があります。小さいながらも特徴的な姿をした散光星雲なので、多くの人から撮影対象にされています。うっすらと取り巻く青いガス、くねくねと延びる暗黒星雲が神秘的です。2020.08.26 00:03C

  • カシオペア座の天の川

    ケフェウス座に続く秋の天の川はカシオペア座。f30mmで撮りました。薄明の始まる前には天高く横たわります。その分、露が降りやすくこれも合成枚数は2枚にとどまりました。どうも露除けを付けるのを横着してしまいます。もっと簡単に装着できる露除けは

  • 夏から秋へ

    夏の天の川が西に傾くと秋の天の川が主張を始めます。秋の天の川のはっきりした定義はないように思いますが、ケフェウス座・カシオペア座・ペルセウス座あたりが該当するのではないかと勝手に思っています。2020.08.26 03:38CANON EO

  • 夏と冬の大三角

    べた曇りだった空がみるみる晴れてきて、今シーズン最高の天の川が現れました。はくちょう座付近の天の川が圧巻です。何度も撮っている夏の大三角ですが、こんな空だと何度でも撮りたくなります。少しレンズに夜露が付いたので合成枚数は3枚だけです。それで

  • 暗かったISS

    未明にISSのパスがありました。オリオン座で地球の影から現れて金星の下を通り地平線に向かうといものです。距離は1000Kmあまりでしたが面白い絵になると期待していました。ところが時間になってもISSの姿が見つけられません。おかしいなと思いな

  • 8/26未明 29P

    月が満ちてきました。昨夜は満月前最後の夜遊び。GPV予報は夜半前は雲が多いものの、夜半頃から晴れてくる予想。今回は珍しく当たりました。23時ごろからちらほらと星が見え出し、夜半には素晴らしい夜空になりました。したがって宵の彗星は撮れませんで

  • 天の川と木星・土星

    昨年は今年の木星の位置に土星がありました。木星は天の川を挟んだ西側に位置していました。来年は両惑星ともさらに東に移り、天の川から離れていきます。この先、天の川と木星・土星が並んだ構図を見られるのはいつになるのでしょう。1枚撮りですがガイド撮

  • M31 アンドロメダ銀河

    いまだにアンドロメダ銀河の呼称に馴染めない昭和世代です。私としては珍しく1時間の露出を試みましたが、後半は薄い雲に邪魔されました。コンポジット枚数は半分にとどまっています。それでも空の状態が良かったせいかきれいに撮れました。何はなくとも暗い

  • NGC7293 らせん星雲

    超有名なみずがめ座の惑星状星雲です。宇宙に浮かぶパッチリおめめ、青と赤の対照がまことに美しいです。やや南に低いので関東ではなかなか良い条件で撮ることができません。たいていは下に行くほどかぶりがひどく編集が面倒になります。ここ小海町ではかぶる

  • M16 わし星雲

    昨日投稿したM8の撮影データが間違っていました。レデューサーは使っていなく、使ったのはフラットナーだけでした。鏡筒を使った時はexifに情報が残らないので忘れてしまいます。忘れないようにとメモ帳を携行しているのですが、メモするのを忘れてしま

  • M8 干潟星雲

    しばらく野暮用で岡山に帰省していました。小海町で撮った画像の編集を再開します。超定番のM8を撮りました。左下にある球状星団NGC6544が気になったので、あえてこのような構図にしました。この星雲は非常に明るく良く写ります。控えめな露出なのに

  • 8/15-16 パンスターズ、レモン、29P

    ネオワイズ彗星のほかに宵から未明にかけて3彗星を撮ることができました。サムネイル画像はリンク先の画像を等倍で切り取っています。スケールはすべて同一です。パンスターズ彗星はネオワイズ彗星の4度弱北にいます。だいぶ暗くなりました。湾曲した尾が意

  • 8/15宵 ネオワイズ彗星

    猛暑が続いています。逆に言えば太平洋高気圧が強い勢力で安定しているということ。久しぶりに小海町まで出かけてきました。思いっ切り暗い空を堪能したかったからです。観測地にはお盆休みの最後を楽しもうと10台以上の車が陣取っていました。やっとネオワ

カテゴリー一覧
商用