chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
55歳からの自転車乗り http://555555go.blog.fc2.com/

昔憧れたランドナーとカンパとデローザへの想いをようやく実現。あちこち走る様子をまとめてみました。

ランドナーやロードバイク購入までの道筋、ビンテージパーツへの想い、ランドナーやロードバイクでのツーリングの様子などをブログで綴っていきます。

亀次郎
フォロー
住所
鶴見区
出身
伊東市
ブログ村参加

2013/02/23

1件〜100件

  • トーエーランドナーで行く北海道縦断 その2 残りの北海道縦断

    一年振りの北海道であります。今回の北海道旅行で、北海道縦断と北海道東西南北の端っこを制覇する事となります。今回の旅行は、新千歳空港から函館空港迄、主に噴火湾沿いをぐるり廻るコースとなります。途中、北海道の西と南の端っこに寄るので、山を越えて日本海側を走る日もありますが、概ね噴火湾沿いを走ります。この噴火湾ですが、かなり大きな湾であります。以前仕事で、函館から札幌に移動した時がありました。その時は特...

  • 革のブレーキパッド ホックの取り付け

    トーエーランドナーの革のブレーキパッドが汚れてきたので、新しいものに交換をします。こちらも色落ち補修をすれば交換する事は無いのですが、色は黒と違って茶色なので色合わせが大変です。革自体もボロボロになってきたので、この際、新しいものに交換をします。で、以前予備として作っておいた、革のブレーキパッドを引っ   張り出したのですが、まだ製作途中でありました。手前の青は、なんちゃってゼウス用。その隣の黒は...

  • 三連勝 革のハンドルバーテープの色落ち補修

    コルナゴの黒の革小物の色落ち補修が上手に出来たので、調子に乗って、ついでに三連勝の革のハンドルバーテープの色落ち補修もやっちゃいます。三連勝の革のハンドルバーテープは、革の質と着色が良くないのか色落ちが早くて、1年程で色褪せてきたものです。新たに使う色落ち補修の染料の質が良ければ、色褪せする迄の期間が長くなりメンテンナンスも楽になる筈です。そうなれば、良いですけどね。また、補修材を取り出します。さ...

  • コルナゴで行く ゆるポタグルメ 新緑の霞ヶ浦と北浦

    さて、今回のゆるポタグルメは、すっかりと人気となった日本三大サイクリングコースのうちのひとつである、茨城県霞ヶ浦地域を走ります。改めて調べたら、今は、日本7大サイクリングコースとなっていました。何はともあれ・・・頃は初夏の新緑。カスイチのコースでは無く新緑の丘を走り、北浦から霞ヶ浦に出て、そこからはカスイチのコースで土浦迄走ります。ゆるポタとはいっても距離は約90km。少し距離はありますが、日の入...

  • コルナゴで行く 新緑の三ツ池公園と横溝屋敷

    コルナゴのヘッドセットの具合の調整は、まだですが、新緑に誘われて、ご近所の三ツ池公園と横溝屋敷を軽くポタします。三ツ池公園のゼーゼー坂を立ち漕ぎで上がります。本日の足回りは、カムシンのホイールなので、スプロケットが23T。フロントインナーが36Tなので、座ったままで漕いだら上がれません。以前は上がれたのにね。が、何とか立ち漕ぎでは上がれました。頑張れば、時にはなんとかなるものです。いつもの見晴らし...

  • 新たに手に入れた3Tステム

    この間、トーエーランドナーのホイールのスポーク調整を綱島の行列の出来る自転車屋さんにお願いし、すっかり良くなったので、次は、コルナゴの調整をお願いします。で、その前に必要かなと思って手に入れたのがこれ。コルナゴのヘッドセット廻りを調整してもらおうと思ったのですが、その前に自分で確認しようと、ステムを抜こうとしたのすが抜けません。ネジを緩めると上に上がってきてしまいます。そうすると下で締め付けている...

  • トーエーランドナー 異音の謎

    ここのところ、どうも手持ちの自転車の調子があまり良くは、ありません。先日のコルナゴもそうですが、トーエーランドナーでもどうも気になる症状が出てきています。それは異音。走っていると、スポークに何か当たるような音がします。何かスポークに当たっているのかと停まって探しますが、何も当たっているようなものはみつかりません。メンテナンス用のスタンドで、両輪のホイールを回しても音がしません。謎です。で、色々とあ...

  • コルナゴ サドルとサドルバックとハンドルとの色落ち補修

    先日、久しぶりにコルナゴに乗った時、ハンドルの具合の悪さもさる事ながら、革の色落ち具合が気になりました。これは、新たに、作り直さなければならないかなと思ったのでありますが、ちょっと待てよと気が付きました。それは、トーエーランドナーのウエストポーチの帆布の色落ち補修であります。帆布のウエストポーチの色落ちの補修がまあまあの出来だったので、コルナゴの革のサドルやサドルバックやハンドルバーも、色落ちの補...

  • コルナゴで行く 朝ラン多摩川

    久しぶりにコルナゴを引っ張り出して、多摩川を走ります。走り出して、どうもヘッドセット廻りの調子が今ひとつです。まっすぐに走れません。以前、フロントフォークだけ再メッキして、自分でフロントフォークを組んで、ヘッドセットの玉当たりを調整したのですが、どうも硬くて動きが変です。フロントフォークを外す前は、手放しでもまっすぐにちゃんと進むロードバイクだったのですが・・・それも、手持ちのロードバイクでは一番...

  • ウエストポーチの色落ち補修

    さて、ウエストポーチを2個作るところだったのを、モゼールさんのブログで色落ち補修が出来る事を知り、作りかけの1個は仕上げて、残りは色落ち補修を行います。手に入れた材料はこれ。これをタンポ筆と普通の筆を使って色落ち補修をします。説明書では20%位の水で薄めてと書いてありますが、初めてなので、もう少し薄めにして、まずは、広い部分をタンポ筆で色を載せていきます。そして、端の部分ははみ出さないように筆で塗...

  • ウエストポーチ またまた作ります

    サイクリングの時に使うウエストポーチがかなり草臥れてきています。洗濯したり、太陽の光に当たったりで色落ちが激しく家人からは、みっともないから早く捨てなさいと云われます。早く捨てたら、サイクリングに出掛ける事が、出来なくなってしまいます。まあ、正確にいえば、出掛ける事は出来るのですが・・・と、いうのは、洗濯して出掛けられなくなってしまう事が無いように、同じ大きさのウエストポーチはもうひとつあるのです...

  • 桜デローザ

    今年も桜デローザ。桜を観る事が出来る年は、あと何回だろのだろうか?100回は観る事が出来ないなよなぁ~。にほんブログ村...

  • グレートフルデットを蘇らせたギタリスト

    亀は、昔からグレートフルデットというバンドが好きで、よく聴いていました。残念ながら、一度もライブに行く事はありませんでしたが、ライブ映像はユーチューブで観る事が出来ます。このバンド、ライブに行った観客が、勝手にその様子を録音をしたり映像を収録して公開しても、クレームを付けず、それを奨励する変わったバンドでありました。なので、ユーチューブでは当時のライブ映像が溢れてて、デットファンにとっては、嬉しい...

  • デローザで久しぶりのみなとみらい

    もうすぐ梅雨とはいえ五月晴れの平日の午後、天気に誘われて久しぶりにみなとみらい迄、走ってみました。二週間ぶりにデローザで走ります。何だか走りが重く感じます。自転車のせい?いいえ、亀の体重のせいです。国道1号線から国道15線に入って、到着をしたのが帷子川に面した横浜ポートサイド。どんどんと新しいビルが建ってきています。横浜を本社とする企業が増えていて、この辺りも沢山の企業が本社ビルを構えています。横...

  • トーエーランドナーで行く 湯河原-伊東

    さて、今日は湯河原から走ります。本日、湯河原から熱川迄走ると、東伊豆と西伊豆を制覇した事になります。そして更に、房総半島と三浦半島とこの伊豆半島の関東三大半島を制覇した事にもなります。と、いう事で、雨がようやく上がった午前10時過ぎに準備をして出発します。一昨日からの雨で有料道路は閉鎖中、まあ、亀の自転車は有料道路走れませんけど・・・本来は多くの自動車が有料道路に向かうところを、今日は走る事が出来...

  • トーエーランドナーで行く 小田原-湯河原

    さて、小田原でお目当ての梅干を買うはずだったのが定休日で買えず、少し寂しい気分で湯河原迄向かいます。以前、熱川から下田迄走り、その後、三島から西伊豆の海岸線沿いを南下して下田迄走ったので、小田原から熱川迄走れば、伊豆半島を制覇する事となります。なので、今回は、小田原を出発してまずは湯河原迄を走ります。で、前回からの続き。小田原から湯河原迄走ります。今回は、伊豆半島東海岸沿い制覇の残りの部分を走りま...

  • トーエーランドナーで行く 久しぶりの横浜-小田原

    新緑の良い季節となりました。以前のように活気に溢れたゴールデンウィークも終わり、暫し人の出も落ち着いたと思われる5月中旬の平日、のんびりと、温泉でも浸かって癒しのひとときを味わおうと、湯河原温泉にに向かう事とします。で、今年に入ってから、行こう行こうと思ってはいたものの、コロナ禍でなかなか遠出出来なかった小田原迄、走ります。本日のコースは、いつのの小田原迄のコースとは違って、混雑する鎌倉の街を避け...

  • デローザで行く 多摩川新サイクリングロード

    ゴールデンウィークの頃のお話です。天気の良い連休の早朝、まだ自動車もあまり走っていないので、普段は、自動車で渋滞する国道15号線から川崎大師を抜け、産業道路を越えて、川崎工業地帯の道を気持ち良く走ります。そして、最近、開通した多摩川スカイブリッジを渡り、東京側の多摩川を上流の丸子橋迄走ります。いつもの朝ラン多摩川のコースは、丸子橋から天空橋の鳥居で折り返すコースだったのですが、この多摩川スカイブリ...

  • 頑張っています なんなん南武線

    利用される人が限定されるエレベータ専用通路の壁に延々と写真を飾って、南武線開通100周年を祝ったり、そこらの自動販売機では絶対に売っていないであろうと思われるような、ラーメンのスープだけの缶入りドリンクを自動販売機を駅ホームに設置をしたり、「尻手駅検定」と称してクイズを出して、正解率の高い人への景品として、南武支線の路線図の手ぬぐいを配ったりと、なかなかユニークな、我が家の近くに在るJR尻手駅。ま...

  • デローザで行く 鶴見川 気になっていたお店探訪

    さて、醤油の天地返しの後の事。鶴見川沿いをゆっくりとポタしながら帰ります。JR横浜線鴨居駅近くでは、あちこちに鯉幟がはためいています。さて、此処が気になっていたいたお店。山羊もいます。鶴見川を走って7年以上は経ちますが、このお店の前を何十回も通っていて、その度に気になっていたのでありました。しかし、このお店に入る勇気がなかなか付かずに今に至っています。とはいえ、いつもいつも気になっていて、その度に...

  • デローザで行く 醤油造り 4月の天地返し

    ゴールデンウィークの頃のお話であります。三年前から参加している醤油造り。今回は、今年仕込んだ醤油の樽の天地返しであります。主宰されているОさんの仕事場の脇に置かれた醤油樽で発酵している醪をかき混ぜて発酵が均等になるようにします。この作業は、週に一回するとの事で普段は管理をしているOさんが行っているのですが、時々、参加してる皆さんに発酵の様子を見てもらう為に、今回のような天地返しをみんなで行うもので...

  • トーエーランドナーで行く 中房総 小湊鉄道に沿って

    前回3月に走った際にとても気持ちの良い道だったので、新緑の頃にもまた走りたいと思い、前回走ったのと同じランドナーで走ります。今回は、こんな素敵な道を一人で走るのは勿体ないと、自転車仲間の方何人かにお声を掛けさせて頂き、ご予定のあった方々とご一緒に走ります。今回は、その房総半島の真ん中を走る、小湊鉄道に沿った道を走ります。頃は新緑、都心から1時間程の場所にこんな田園風景が残っているのかと驚くような、...

  • フェロ・マリ・エ・モンティのサイクルキャップ

    サイクルモードに行った時に、マルコさんのブースで購入したサイクルキャップ。。コルサコルサのサイクルキャップと同じようなデザインですが、こちらは、ラルカンシェルではなくて、イタリアの国旗の色です。脇にもフェロ・マリ・エ・モンティの文字が入っています。にほんブログ村...

  • コルサコルサのサイクルキャップ

    サコッシュと同じデザインのサイクルキャップ。こちらもラルカンシェル入りです。サコッシュもサイクルキャップも今年のデザインはこの形のようです。にほんブログ村...

  • コルサコルサのサコッシュ

    自転車屋さんのコルサコルサで新しいサコッシュが発売されたので買ってみました。今回発売されたのは、ラルカンシェルが入ったもの。ここのサコッシュ、A4サイズのファイルが収まるサイズです。A4サイズのファイルが収まる大きさのサコッシュは、あまり見掛ける事がないので大変重宝します。亀が重宝するのは、A4サイズのファイルではなく海苔。お気に入りの海苔を売っているお店が平和島に在り、都内方面を自転車で走った帰...

  • デローザで行く 鶴見川河口ポタ

    お天気が良いので、滅多には行かない鶴見川の河口方面をポタしました。森永鶴見工場改め、МORIUM&鶴見工場。時々、チョコレートの甘い香りが漂う素敵な工場です。JRと京浜急行の鶴見の駅を越えた先に在る、潮見橋。此処から河口迄はすぐです。1キロと表示されています。地元の人が「軽井沢」と呼んでいる場所。鶴見線の鉄橋です。何故「軽井沢」と呼ぶのかというと、いつも海風が吹いていて夏でも涼しいから。下流近くの...

  • 日本列島縦断中

    自転車で日本中を旅行していると。「日本1周中」という看板を付けた自転車に出会う事があります。亀にも誰かが、こんな看板をプレゼントしてくれないかと期待をしていたのですが、そんな気配は微塵にもありません。なので、自分で作ってみました。このような看板、若い方々のはよく見掛けますが、おっさんが付けているのは稀。希少価値の高い看板であります。亀の場合は、ぐるっと回る日本一周ではなく端から端迄なので、縦断。雨...

  • ランドナーで行く 賑やか 北区赤羽 赤羽一番街

    何年か前の事、荒川を寄居迄走った時の事です。輪行で赤羽駅から出発しようと、ランドナーを組んで走ろうと思ったら、目に前に大きな商店街が在ったので、ついつい其処を走ってみました。早朝の誰も居ない商店街を走るのは、亀の密やかな愉しみのであります。この商店街、戦後の住宅ブームで人口が急増した赤羽に出来た比較的歴史の浅い商店街だそう。なので、現在成長中の珍しい商店街です。此処の公式サイトも力強さを感じます。...

  • トーエーランドナーで行く 馬場花木園

    春の花々が咲く季節となりました。我が家の近くには、そんな花々が咲く庭園が在ります。新緑も眩しくなったこの季節、ゆるゆるとポタしてみました。此処が、四季折々の花が咲き、様々な木々が植えられている馬場花木園です。鎌倉時代からの間道が通り、昔は賑わった所です。また、戦国時代には、寺尾城という丘の上に建つ城が築かれた場所も近くに在ります。藤躑躅芍薬二色の紅葉が楽しめます。八重桜池の向こうには古民家が在りま...

  • トーエーランドナーで行く レトロな商店街 川崎市幸区小向マーケット

    トーエーランドナーで、昭和感漂うレトロな商店街を巡ります。近年は、スーパーマーケットや大型ショッピングモールや通販で買い物をする機会が増えて、地元の商店街でお買い物をする機会が減ってしまっています。それに伴って地元の商店街は、廃れる一方です。かつては、地域のコミュニティーの場として機能していた商店街が廃れる事で、その地の住まう人の交流が減ってしまい、地域のコミュニティーが崩壊してしまっている今、辛...

  • デローザで行く 怪しげな 横浜市南区真金町 横浜橋市場

    何年も前の事、デローザで横浜をうろうろと走った時の事です。見るからに怪しげな市場の入り口です。でも、中は綺麗な商店街で、抜けるとこんな感じ。この商店街は、明治期から大正期にかけて栄えていたが、昭和に入り戦況が悪化した為に取り壊され、やがて空襲で焼け野原となってしまったそうです。しかし、戦後、伊勢佐木町や長者町が栄え、当時の商店街から少し場所を変えて復活をしたのだそうです。この真金町、落語家の故桂歌...

  • デローザで行く 旧東海道と羽田空港と神社仏閣巡り

    コロナ禍もピークが過ぎたものの、まだまだ感染者は少なくはありません。しかし、一時期の医療機関の逼迫も収まってきて、万が一、自転車に乗って交通事故に遭っても、救急搬送はして貰えるようです。なので、4月となり暖かくなったこの季節、久々のゆるポタであります。毎度恒例のゆるポタグルメ。今回は盛り沢山であります。品川から旧東海道の道筋を走り、川崎工業地帯で萌えをして、新しく出来た多摩川スカイブリッジを渡り、...

  • デローザで行く 桜満開三ツ池公園

    この日、桜が満開となった我が家の近くの三ツ池公園を走ります。残念ながら小雨模様。でも、そのおかげで桜を観る人はまばら。晴天の下の桜ではありませんが、人混みの中の桜でも無いので得をしたのかも。池の周りの桜は満開です。今年も三ツ池公園で、はらはらと散りゆく桜を愛でる事が出来ました。にほんブログ村...

  • デローザで行く 鴨居の桜と江川緑道のチューリップ

    先日、家人と桜を観に横浜線に乗り辺りの景色を眺めていたら、鴨居近くの土手に延々と桜並木があるのが目に入りました。今迄何回となく、この土手にはサイクリング出きた事がありましたが、桜並木がある事をすっかり忘れていました。これだけの長さの桜並木は、鶴見川の中でも一番なのではと思われます。これは、是非自転車で来なくては、その時に思ったのでありました。と、いう事で、朝ラン再開の後、デローザで立ち寄りました。...

  • デローザで行く 果樹農家ボランティア 蜜柑の樹の剪定

    桜満開の頃のお話です。いつも通う瀬谷の果樹農家、今日の作業は蜜柑の樹の剪定。いつものように、横浜駅の脇を通り、相鉄線沿いを走って厚木街道を進みます。沿線には桜が咲いています。本日は桜に合わせてピンクのデローザで向かいます。さて、いつものように果樹農家に到着して作業開始です。高く伸びた枝を切り、密集した枝を落とします。枝が密集すると、葉が茂ると風が通りにくくなり、虫が寄って来るのだそう。蜜柑の場合は...

  • 朝ラン再開 鶴見川

    少し前のお話であります。コロナ禍もピークが過ぎたものの、まだまだ感染者は少なくはありません。しかし、一時期の医療機関の逼迫も収まってきて、万が一、自転車に乗って交通事故に遭っても、救急搬送はして貰えるようです。なので、暖かくなり桜の咲くこの季節、久々の自転車乗りをば復活を致します。と、いう訳で、朝ラン再開鶴見川であります。で、桜の季節という事で、まずはピンクのデローザで朝ラン再開です。いつもの定点...

  • デローザで行く 都内桜巡り その3 桜と横尾双輪館

    さて、桜を愛でてサイクルモードの続きです。晴天の桜が満開の中、両国でお昼ご飯を頂きます。結構人気なお蕎麦屋さん、亀は初めて伺います。更科系なのでしょうか?あっさりとした蕎麦です。蕎麦つゆが美味しいね。最近は、自転車で走る時に食べるお昼ご飯は、ラーメンでは、少しキツ過ぎます。ハーフのラーメンが丁度良いサイズです。その点、お蕎麦は程々の量なので、食べた後で走ってもお腹が重くなる事はありません。とはいえ...

  • デローザで行く 都内桜巡り その2 桜とサイクルモード

    さてさて、今回も少人数でご近所ポタで巡ります。本日巡るは、・荏原神社の桜 午前8時待ち合わせ・石川島の桜・豊洲のロースターのコーヒー&サンドイッチ・ビックサイトのサイクルモード・隅田川沿いの桜・長命寺の桜餅・横尾双輪館で、あります。国道15号線を荏原神社に向かう道、前を走っている見掛けた方がいるなと思ったら、本日ご一緒させて頂くFさんでした。待ち合わせの場所の荏原神社迄、ご一緒に走ります。此処も桜...

  • デローザで行く 都内桜巡り その1 桜となるしまフレンド

    これも3月末の頃のお話であります。さてさて、今回も少人数でご近所ポタで巡ります。コロナのピークは過ぎたはいえ、とりあえず3月中は大人しくしていようと、Fさんと二人で都内の桜を巡ります。巡るのは、・品川八山公園 午前8時待ち合わせ・増上寺の桜・千鳥ヶ淵の桜・市ヶ谷の桜・播磨坂の桜・飯田橋の桜・皇居半蔵門の桜・霊南坂協会跡と桜坂の桜・西麻布 赤のれんで昼食・なるしまフレンド・目黒川沿いの桜・コルサコル...

  • トーエーランドナーで行く 多摩川新ルート

    これも3月の頃のお話です。お花見の季節となりました。コロナ禍もひと段落した模様です。4月に入ったらサイクリング本格始動と準備をしていますが、その前に、多摩川の新ルートをゆる~くポタします。川崎駅前の桜並木。向かうは、3月14日に開通した多摩川スカイゲート。多摩川の河口近くに新しく出来た、川崎と羽田空港を繋ぐ橋であります。何年か前に出来た、川崎多摩川沿いに建つホテルとレストランの隣から新しく道が出来...

  • 今度はお散歩で 中山の桜

    まだまだコロナ禍で、感染者も多い3月末。自転車に乗ってのサイクリングで、もし交通事故でも遭って、ただでさえ忙しい医療機関にお世話になる訳にはいかないので、サイクリングを我慢しておりました。とはいえ、今年も早く桜が咲き始めたので、自転車ではなくて、たまには、お散歩で桜見学をしたいと思います。先日、醤油絞りで伺った中山のレストランには、大きな桜の樹があります。発酵調味料を使った野菜中心の体に優しい料理...

  • トーエーランドナーで行く ちむどんどんの町 横浜市鶴見区仲通 リトル沖縄

    近年は、スーパーマーケットや大型ショッピングモールや通販で買い物をする機会が増えて、地元の商店街でお買い物をする機会が減ってしまっています。それに伴って地元の商店街は、廃れる一方です。かつては、地域のコミュニティーの場として機能していた商店街が廃れる事で、その地の住まう人の交流が減ってしまい、地域のコミュニティーが崩壊してしまっている今、辛うじて残っている昔から続く古の風景を残した商店街をこれまた...

  • トーエーランドナーで行く 醤油絞り

    さて、鶴見川や江川を走って向かうは、中山に在るレストラン。古民家を改装した、野菜と主とした自然食の料理を出お店です。3年前から参加している醤油造り、今年分の最後の作業である今回の醤油絞りは、このレストランの庭先で行います。このコロナ禍が無ければ、例年通りに新治の里の広場で3つのグループが共同で作業を行うのですが、昨年は密を避ける為に主催者だけの少人数で行い、今年はようやくコロナ禍のピークが過ぎたの...

  • 久しぶりの鶴見川

    ようやく春らしくなってきました。本日所要があり、久しぶりで鶴見川沿いを走ります。結構、皆さん、鶴見川沿いを走ったり歩いたりしています。いつもの定点撮影ポイント。木々が伐採されて見晴らしがよくなりました。鶯の初音も・・・桜の開花はもうすぐのよう。ついでに江川沿いも走ります。今年も植えられたチューリップは、すくすくと育っています。今年の桜の開花は早そうなので、桜とチューリップの花が一緒に観る事は出来る...

  • トーエーランドナーで行く 房総半島 小湊・いずみ鉄道に沿って

    3月のお話であります。まだコロナ禍で医療機関が逼迫してるので、自転車旅行もままなりません。なので、少し遠くではありますが自動車の交通量も少なそうな場所を選んで、久しぶりに単独のサイクリングを楽しんでみる事としました。で、向かうは千葉の房総半島。その真ん中を突っ切る小湊鉄道といすみ鉄道の列車に一度は乗ってみたかったのでありました。いすみ鉄道の終点である大原には、よく鮃釣りに出掛けていたのですが、当時...

  • トーエーランドナーで行く 中山の醤油絞り

    3月中旬のお話であります。3年前から参加している醤油造り、今年分の最後の作業である今回の醤油絞りは、中山に在る、レストランの庭先で行う事となりました。そのイベントにトーエーランドナーで向かいます。開催の挨拶。醤油を絞る専用の袋。醤油の醪。さて、醤油絞りの工程。まずお湯を沸かして、そのお湯を醪に加えて40~60度程度の温度にしてよく攪拌する。そして圧搾。ここで絞った醤油を火入れして保存する一般の醤油...

  • 革のバッグのお手入れ

    春めいてきました。自転車旅行をしてみたいと思いますが、まだ少しの間我慢です。また、ライドイベントも蜜を避けるという意味で我慢です。で、そんな訳で自転車に乗る機会が減って、家でじっとしてるのも楽しくないので、その暇な時間を利用して、革のバッグのお手入れをします。革のバッグ類、3ケ月に一回程度の割でオイルを塗る事で、革は長持ちします。そのまま放置していると、数年で革が表面がひび割れてきます。年取った人...

  • 私が今夢中になっているドラマ

    私が今夢中になっているドラマは、「ピカード」です。それは、有名なSFドラマ「スタートレック」での何本目かのシリーズ「ネクストジェネレーション」からのスピンアウトをしたドラマシリーズです。「スタートレック」は1966年に初めてテレビドラマとして放映されました。それから、何種類かのシリーズが放映され、「ネクストジェネレーション」のシリーズは、1987年から始まりました。このシリーズは哲学的な要素を持つ...

  • カンパニョーロ グランスポルト パーツ

    早春に三浦半島を走った際、立ち寄った葉山自転車市場で、手に入れた品。工具箱に転がっていてので、これいくら?と聞いたら、思いの外、安かったので、思わず買ってしまいました。これ、パーツなれど、ご神体と呼ばれるグランドスポルト3台目であります。でも、これ、リアエンドに付けるピンとガイド側のプーリーが、有りません。また、そのプーリーを固定するねじも有りません。まあ、プーリーとねじは純正では無くとも何とかな...

  • カンパニョーロ レコードブレーキ シュー台座 片方だけ

    古いタイプのブレーキシューです。それも台座だけシューのゴムがありません。これ、なかなかオークションでも出てこないレア品です。カンパニョーロのビンテージ物のレコードのブレーキでも、このブレーキシューが付いているのと付いていないものでは、オークションでもその落札価格は倍以上になっています。と、いう事はブレーキ本体よりもブレーキシューの方が高い事?    となります。まあ全部揃った完成品とそうでないもの...

  • カンパニョーロ コーラス エアロペダル右

    これまた、パーツ買いです。トークリップとストラップ付きのエアロクイルペダルです。ダストキャップもしっかりと付いています。右のみという事で、破格の値段でオークションで入手しました。今持っている、コーラスのエアロペダルの予備用品です。    まあ、片方だけ欲しいという人は、あまりいないんでしょうね。トークリップ単体でもストラップ単体でも、またダストキャップ   だけでもこの値段はします。そういう意味で...

  • カンパニョーロ 片方だけのヌーボレコードブレーキレバー

    コロナ禍の中あまり走れないので、自転車パーツの整理をしていたら、昔、勢いで買った半端もののパーツが出てきました。サイクリングネタもあまり無いので、半端ものシリーズが少し続きます。その前に入手したバカ高かった肉抜き加工された、レコードのブレーキレバーの片方だけがオークションで出ていました。適当に安い値段で、入札したら、手に入れる事が出来ました。まあ、片方だけ欲しがる人も少ないんでしょうね。ちなみに、...

  • トーエーランドナー おニューのバックで試し乗り

    さあ、試し乗りであります。ご近所の東寺尾の森迄走ります。フロントバックは、ハンドルに付けるベルト2本の間隔を少し狭くしたので、ハンドルの手前を順手で持つ事が出来るようになりました。今迄は、このハンドルの手前を持つ時は、逆手かまたは、ハンドルバーの上に手のひらを乗せるかの、ふたつの持ち手しかありませんでしたが、これでみっつの持ち手を取る事が出来ます。長い間走ってると持ち手の位置を色々と変える事が出来...

  • トーエーランドナーで行く ご近所梅巡り

    3月初旬の頃のお話です。オミクロンがピークアウトしたようですが、大事を取り少人数でのご近所ポタであります。お声をお掛けたのはお近くに在住のFさん、同じデローザ仲間二人でご近所の梅を愛でるポタであります。で、ざっとこんな順番で巡ります。午前 8時     多摩川コミュニテーセンターで待ち合わせ午前 9時     中原二ケ領用水沿いの梅&桃午前 9時30分 大倉山パン屋でパンとコーヒー        ...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その11 おまけのトートバック

    さあ、ついでに余った布でトートバックを製作します。こちらにも、しっかりと亀印の焼き印のラベルを縫い付けます。こんな感じで出来上がり。で、今回は更にひと工夫。これで、革のベルトを使ってサドルバックに連結します。こんな感じ。実は、日本縦断の旅で、あちこちの名産品を買い漁る事に快感を得て、行く先々でその土地にしか無いものを買ったは良いのですが、その度毎にそこのお店から宅配便で自宅まで送ると、その送料の方...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その12 とうとう完成であります

    おニューのランドナー用のバックが完成です。フロントバック。ベルト幅を前回の1センチから2センチに変えてみました。明るい色合いのバックなので、それ程ではありませんが、これ暗い色のバックだと威圧感がありそうです。また、2センチにしたおかげで、バックルが大きくなり重量もかなり重くなってしまいました。次回、作るとしたら、ベルトは1センチにしようかな?サドルバックは以前のような横長の威圧感あるものと比べると...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その11 オイル仕上げ

    さてさて。いよいよトーエーランドナー ニューバック完成です。が、その前に革の劣化を防ぐ為に革の部分にたっぷりとオイルを塗っていきます。使うはオリーブオイル。ミンクオイルよりも浸透性が良く、また匂いもきつくないので、バック類には、このオイルを塗っています。これで完成です。さて、トーエーランドナーに取り付けてみます。その様子は、次回、カテゴリ「とうとうトーエーランドナー」のコラムでお伝え致します。にほ...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その10 本縫い ツールケース

    最後はツールケース。トーエーのランドナーのシフトレバーの台座の位置が、以前のランドナーのシフトレバーの位置よりも少し下も位置になっていて、ツールケースの先が、シフトレバーに当たってしまっていました。なので、今度は極力ツールケースを短くしてシフトレバーに当たらないようにします。こんな感じで縫っていきます。にほんブログ村...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その9 本縫い サドルバック

    次なるは、サドルバック。以前作ったサドルバックは横長にしたので、大きく見え威圧感があったので、今度のは立長にしてみます。こちらも縁取りの革を縫います。今回は、ドライブレコーダーの台座を取り外しが出来るように変更しました。ドライブレコーダーの台座が付いた革のカバーをストッパーの金具で留め、更に、スナップで革のカバーの4ケ所を留めます。にほんブログ村...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その8 本縫い フロントバック

    下準備は整いました。いよいよ本縫いです。まずはフロントバック。縁取りを牛革で縫っていきます。この縫い目は一番目立ちます。この仕上がり次第で、上手に出来たかそうで無いかに別れます。こんな感じで縫っていきます。で、角々は使っていると擦れてくるので。別革でカバーのようにしたのですが、縁取りの革では、柔らかすぎて形が決まりません。なので、少し厚めの別の革を使ってカバーします。さて、あと少しで完成です。にほ...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その7 仮組み

    さて、材料は揃いました。これで仮組みをしてみます。バック作り、ここまでの準備に時間が掛かります。まるでプラモデルを作るよう。でも、ここまでの準備の時間が楽しいのもプラモデルを作る時と同じです。プラモデルだと作った後は、置く所も無いし使う機会はありませんが、バックはこの後使うので、二度楽しみを味わう事が出来ます。その一度目の作る楽しみもあと僅かな時間であります。で、仮組み。材料の寸法が合っているか?...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その7 部品作りとリベット打ち

    さて次なるは、小物の作業。パーツとなる部分と前回穴あけしたところにリベットを打っていきます。まずは部品作り。フロントバックまわり。マップケース。ここは一番雨と直射日光が当たります。なのでナイロン製の防滴の布に縁取りは、少し厚い革を使います。菱目打ちで縫い穴を開けて、麻糸で縫っていきます。次は、ポケットと、背面のハンドルとフロントキャリアに結ぶベルトの下地。この部分は力が掛かるので、帆布生地に負担が...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その6 縫い目の穴あけ

    亀の製作する帆布のバックは、市販のものやオーダー品とは、少し違ったものです。それは、ベルトや布の補強や縁取りに、本革を使用する事。きちんと手入れをしておけば、時間が経過しても劣化が少なく、また他のバックと比較すると少し豪華に見えます。と、いう事で、補強用と縁取り用の革に縫い目の穴あけを行います。穴あけパンチで黙々と縫い目の穴をあけます。これもとても地道な作業であります。テレビを見ながら出来るのです...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その5 革の穴あけ

    この作業は、本縫いの次に時間が掛かる作業です。ベルトと補強用の革。この補強用の革、バックに付く金具や、ベルトの周辺部分を補強する革です。こちらも開口部を付けて仕上げます。そして、リベットやスナップを留める布側の補強として、後々穴が拡がらないようにする為の革ワッシャを作ります。いずれも、ポンチとプラスチックハンマーを使って作るので、音が出る為に野外の作業となります。こればかりは仕方ありません。で、今...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その4 コバ磨き

    さて、生地もしっかりと防水処理が出来たので、次は革ベルトのコバ磨きです。各々必要な大きさに切り分けて、コバ処理をします。使うはミニルーター。音の軽減化にレンガに雑巾を巻いてから、そこにインシュロックでミニルーターを固定します。以前迄、コバ処理はトコフィニッシュを塗り、ルーターに木のアタッチメントを付けて磨いていたのですが、何時迄経っても綺麗になりません。普通この処理は、手で行う人が多いので、何故、...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その3 蝋引き

    さて、色も決まり、新たに8号帆布を購入しました。で、防水処理を施す為に蝋引きをします。今回は、蝋を擦り付けるのではなく、蝋を溶かして刷毛で塗り中迄浸透させてみます。で、こんなふうに蝋をプラ容器に入れて湯煎します。溶けたら、まずはテストで色見本生地に刷毛で塗っていきます。浸透するように厚く塗ったら、中迄浸透しきれずに上に厚い層が出来てしまいました。なので、アイロンで熱して浸透させます。当て布だけだと...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その2 色見本

    さて、トーエーランドナーのフレームを明るいでオーダーしてその色に似合うバック類を製作しようかなと思ったシリーズの第二弾。どうせ製作するなら、こちらもフルオーダーしたなと思わせるようなバックを製作してしまえという事で、帆布の中で一番の素材である「倉敷帆布」を使って製作しようと考えます。前回製作したバックと同じように、芯にダンプラを使用しようと思うので、厚い2号帆布を使って帆布自体で自立させる事もない...

  • トーエーランドナー ニューバック製作計画 その1 準備と構想

    トーエーランドナーをオーダーして、それに似合うバック類を製作したものの、最近気になる事があります。それは色。以前のランドナーのフレームの色は暗めのグリーンだったので、昔から持っていた黒のフロントバックがよく似合っていました。でも新たにオーダーしたトーエーのランドナーのフレームの色は、明るい青磁色。なので、黒のバックだと、どうもバックの方だけに目が行ってしまいます。新しいランドナーには、フレームの色...

  • 春先のお手入れ

    まだコロナ禍で医療機関も逼迫しているので、どうしても行かなくてはならない用事以外は、自転車や公共交通には乗らないように大人しくしています。とはいえ、季節は移ろいまだまだ早朝は寒くて横浜では珍しく霜柱が立っていますが、日中は、暖かくなってきました。梅の花もほころび、本来であれば梅見に出かけたくなる季節です。早く自転車で遠出がしたいものであります。そんな季節に誘われて、遠出はしたいところを我慢して、そ...

  • その歳でよくオーダーしたね

    ヴィンテージライドでご一緒するAさん、大学時代からずっとランドナーに乗り続けている、亀とほぼ同じ年代の上品な紳士であります。で、昨年、南房総でのサイクルイベントの時にお会いした際、亀が「新しくランドナーをオーダーしたんです」と言ったら、Aさんが発したお言葉が、「その歳でよくオーダーしたね」でありました。亀が「でも安かったんだもん」と答えると、Aさん「100円   とか200円とかじゃないんだから。...

  • お散歩会で 鶴見総持寺総本山と鶴見花月園公園

    昨年の暮れ、横浜市の広報を見ていたら、我が町鶴見区役所でボランティアの為のゼミナール開催の案内がありました。1月から3月に掛けて隔週の土曜日に市役所の会議室で、そのゼミナールが行われるとの事、早々応募してみました。亀は、リタイアした後、いくつかのボラティア活動に参加しています。亀は運よく今参加しているボランティアを知る事が、出来ましたが、どのようなボランティア活動があるのか、なかなか知る機会はあり...

  • 尻手駅検定

    超ローカルな話題であります。我が家の近くに在るJR尻手駅、JR川崎駅からひとつめの、JR南武線の駅であります。「尻手」と聞くと、尻に手を回すと連想する人もいて、猥褻な行為と思われますが、実は全然違う意味であります。「尻手」の意味は、下の方に在る場所という意味であります。釣り好きの方はご存じかと思いますが、釣り竿の持ち手の端の事を尻手といいます。釣り竿の先を上にして、釣りをすると、持ち手側は下となり...

  • トーエーランドナーで行く 横浜うろうろ買い物ポタ

    まだコロナ第六波がこんなに盛んになっていない頃のお話。思うところあって、横浜をうろうろ走って買い物ポタしました。本日は鶴見駅近くで用事があり、それを終えてから買い物ポタがスタートとなります。で、その前に横浜で一番歴史の古い鶴見神社にお参りです。そして腹拵え。鶴見川を越えて走ります。横浜の端に在る鶴見区は、外国人が多く住む場所。主に中南米の方が多い街です。元々は、沖縄の方が工場で働く為に移住し、沖縄...

  • お散歩 三ツ池公園早咲きの満開の梅

    コロナ禍第六波、なかなかピークアウトしませんね。医療機関が逼迫をしているので、自転車で遠出して交通事故にでも遭ったら大変です。なので、ここ暫くは大人しくしている事とします。とはいえ、家で大人しくしていると体が鈍ってしまうので近くを散歩する事とします。で、向かうは三ツ池公園。本日は単なる散歩ではなく、ノルディックウォーキング。元々は、ノルディックスキーの選手の夏場のトレーニングから始まったウォーキン...

  • トーエーランドナーで行く ご近所餃子無人販売店

    ここのところ 餃子に嵌まっていますコロナ第六波まっ盛り、極力外出と外食を控えております。コロナ第六波のオミクロン株は、今迄のウイルスよりも感染力が強く人混みや、室内でのマスクを取っての食事や会話でも感染をして可能性が高くなっています。なので、必要な時以外は極力、外でふらふらしないように、家の中でふらふらとしております。とはいえ、食材を求めての外出は仕方ありません。と、いう訳で、だったらいつも買う食...

  • 新年早々 空に昇る

    さて、今回は「空を飛ぶ」では無く、「空に昇る」であります。東京スカイツリー。日本一高い建物であります。今迄、一度も上に昇った事はありません。高所恐怖症だという事と外国人が多くて混雑していた事で、今迄避けていましたが、いつかはと、ずっと思っていました。そんな中、このコロナ禍も収まりつつあるし、今年の後半からまた、インバウンドが始まるかもしれないと思ったら、空気が澄んで見渡しの良い冬の季節にゆったりと...

  • 新年早々 空を飛ぶ

    今回は同じ乗り物でも、自転車ではなく電車とヘリのお話です。昨年暮れの事、何気なくネットニュースを見ていたら、年明け1月の土日限定で、京急とAirXがコラボして三浦半島をヘリで遊覧するアクティビティが行われると載っていました。それはエアモビリティを活用した観光プランの実現、三浦半島の回遊性向上を目的とする「SKY RESORT MIURA」プロジェクトを展開し、三浦半島地区での遊覧旅行や宿泊付き商品の開発...

  • トーエーランドナーで行く 浅草橋でお買い物

    さて、「ハンドメイドバイシクル展 2022」を観てFさん    と神保町でお昼を食べて、お堀端のカフェテラスでのんびりとした後、Fさんとはお別れして浅草橋へと向かいます。毎度、お馴染みの革細工の材料の買い出しです。ここのところ。またコロナが蔓延し始めて医療機関が逼迫し、このままだと、自転車で事故に遭い救急車に病院に運ばれてるような事になると、医療関係者にご迷惑が掛かりそうなので、ゆるポタもサイクリ...

  • トーエーランドナーで ぶらぶら神保町

    ハンドメイドバイシクル展を観た後、つつまじくFさんと二人で、近くのレストランで黙食でのランチを頂く事とします。向かうは「キッチン南海」。長年続いた老舗のお店が建物老朽化に伴い、閉店してしまったのですが、新たに近くで再開店としたと、インターネットで見つけたので伺います。先日行ったのジャズバーも然り、此処も然り、建物の老朽化に伴い、閉店や移転を余儀なくされる老舗がここのところ増えてしまって、残念でなり...

  • トーエーランドナーで行く ハンドメイドバイシクル展 2022

    昨年は、リモートとなったハンドメイドバイシクル展、今回はコロナ対策をしっかりととっての開催となりました。今日は、初日。Fさんをお誘いして一緒に伺います。国道1号線の環七近くで待ち合わせをして、五反田から泉岳寺の坂を上がって麻布から日比谷通りを走ります。で、毎度の定点撮影ポイント。会場に向かう小道で一緒となった、ファニーバイクでいらした方にご挨拶をして、写真を撮らせて頂きました。最近、E-bayのド...

  • 昔を偲んで ジャズと江戸グルメ

    今回は、自転車に乗らないサイクリストの会であります。亀が高校生の頃、授業をサボってよく通っていたジャズ喫茶が、約70年の歴史を閉じようとしています。当時は喫茶店が主で、夜はお酒も出していたこのお店。真空管のマッキントッシュのアンプで、アルティックとJBLのスピーカーを組み合わせて大音量で鳴らすとても素敵なお店でした。大人になって仕事が忙しくなり、また、この地に足を向ける事が少なくなった事もあって、...

  • 冬の富士山

    今年の冬は例年よりも寒く、朝ランはお休みとなっています。まあ、例年でもこの時期は朝ラン、お休みでありますが・・・その寒い冬の日々ではありますが、このところ空が澄み快晴の日々が続きます。なので、朝ランではなく気温が少し上がった昼ランに出掛けます。我が家の近くには、富士山がよく見える場所があります。実は我が家からでも富士山を臨む事が出来ます。で、その当時持っていたアマチュア無線機で、富士山山頂から発信...

  • まだお若いのに・・・

    時々、名言を吐く葉山自転車市場の大作さん、是又今回も金言を拝聴させて頂きました。何年か前の自転車イベントでお知り合いになり気が合い、その後、ご一緒に自転車で走る事となった20代後半のKさん。今迄は、カーボンバイクにしか乗った事がなかったのですが、亀が盛んにヴィンテージバイクの良さを話すうちに、その手の自転車に興味を持ち始め、ネットオークションで破格の値段で70年前のプジョーの自転車を手に入れる事と...

  • 博多 ラーメン一心亭

    博多駅から太宰府天満宮に向かう途中に在る、博多ラーメンのお店です。博多ラーメンの中では、どちらかというと癖のない味なので、飽きがこないラーメンです。時々、どうしても食べたくなってくるようなラーメンです。ラーメンと共に頂く、かしわ飯のおにぎりなかなかの味です。「ラーメン 一心亭」月~金 06:00~16:00 土 06:00~14:00 日定休福岡県福岡市博多区那珂2丁目22−8092-411-4494にほんブログ村...

  • 釧路 まるひら

    釧路の老舗のラーメン屋さんです。魚介の出汁が良い感じの心暖まるラーメン屋さんです。人気のお店のようで、平日の午前の開店時間にも係わらず、すぐに満員となってしまうお店です。。あまりにも美味しかったので、二回食べに行き、塩味と醤油味を食べ比べ。亀の好みは塩でありました。これが塩ラーメン。これが醤油ラーメン。このお店、店員の方がとても親切でフレンドリー、ついつい、こちらからも、ありがとうございました。と...

  • 綱島 らーめん桃源

    前回、紹介した綱島の「誠信」の隣にあるラーメン屋さん。いつも沢山の人の行列が出来ているお店です。魚臭くないあっさりとした魚介系の出汁を使った塩ラーメン。亀の好きな伊東の「福々亭」の出汁に似たお味のラーメンです。で、伊東の「福々亭」よりも少し濃い若者向けの味です。麺は細めん、亀には少し柔らかく感じる麺であります。このお店、他にも、色々な種類のラーメンと丼物のご飯があり、食べ比べて楽しめるラーメン屋さ...

  • 綱島 誠信

    冬の寒い日、冷えた体を暖めてくれるラーメンは、とても幸せな一時を与えてくれる嬉しい食べ物のひとつ、特にサイクリングで道路沿いを走ると、心惹かれそうなラーメン屋さんの看板を多く見掛けます。と、ついつい走るのを止めて、ラーメン屋さんにと足を踏み入れる亀であります。そして、これは寒い冬の日に限った事ではありません。炎天下の真夏の中、汗を沢山かいて水分と塩分を欲しがる体が、汗をかきかき食べるラーメンを求め...

  • お仕事ご苦労様です

    お正月の2日と3日は、「箱根駅伝」が開催されます。別名「首都圏辺りの男共が役に立たない二日間」ともいわれるこの「箱根駅伝」ですが、元旦の日もその準備で関係者は正月返上で働いています。八山の坂の上で待ち構える中継カメラのクルー達。明日の予行演習で走る中継車。鶴見中継場の設営をする人達。正月返上で頑張っている方々は、他にもいます。公共交通に携わっている方々。安全を守る為に働く警察の方々や消防やライフラ...

  • ランドナーで行く 年の瀬のお買い物

    これも、昨年師走の頃のお話です。毎年恒例の、我が家のクリスマスディナーに欠かせない食材を手に入れる為に大倉山迄、ランドナーで向かいます。で、お目当ての食材はバケット。亀は此処のバケットが好きでね。他のバケットと違って、表面の硬いところを齧った時の食感と香りが、うっとりしてしまいます。まるで、お餅を焼いた時に焼き目が付いたところの食感と香りにとてもよく似ています。もちろん、噛みしめていると小麦の良い...

  • コルナゴで行く ジ・エレガンス 2021

    昨年師走のお話であります。さあ、今年も年の瀬にやってきました恒例大人のコスプレラン、「ジ・エレガンス」であります。昨年迄は、「ジ・エレガンテ」とイタリア読みでありましたが、ここ近年、外国人の方の参加が多くなり主催者であるイタリア人のマルコさんの存在が薄くなったせいなのかどうかは、定かではありませんが、万国共通語である英語読みとなりました。で、向かうは碑文谷に在る集合場所「Farina」というカフェ。グ...

  • デローザで行く 2022年元旦 皇居をひと巡り

    2022年の初日の出を観た後は、皇居をひと巡りする為に、都内に向かいます。昨年は、コロナ禍で医療機関が逼迫していたので、元旦早々、もしも事故を起こして病院のお世話になるのは、申し訳ないという事で控えておりましたが、今年は、今のところは、何とか医療機関の逼迫度もそれ程では無いので、安心して走れます。とはいえ、事故に遭わないように気を付けて走りますが・・・で、国道1号線を五反田迄走ります。一台も自動車...

  • デローザで行く 2022年初日の出

    例年の初日の出、鷹野大橋迄向かいます。今日は風も無く、雲も無い絶好の初日の出が拝める天候です。毎回、年を重ねる毎に、この橋で初日の出を拝む人は増えて、少々出遅れた事もあり、橋の端に近い場所で初日の出を拝む事とします。家の屋根のからでありますが、まん丸の太陽が昇ってきます。今年は、コロナ禍で気兼ねする事が無い一年になって欲しいと思います。さて、今日は風も無く晴天でもあるので、これか都内に向かい皇居を...

  • ご相伴 へなちょこ川柳

    新年、明けましておめでとうございます。毎度恒例、元旦のへなちょこ川柳でございます。新年早々、独りで川柳道、突っ走りたいと思います。----------------------------------------------------------冬の日のキツい坂道暖まる寒さが凍みる冬の日に、急なキツい坂道を上がると息が上がると共に、身体も暑くなりポカポカとしてきます。そんな冬の日の、山道のサイクリングも悪くないという句。でも、下り坂でまた寒くなるのであり...

  • デローザで行く 都内ゆるゆるポタ

    本日のテーマは、ゆるゆると走って目黒辺りをうろうろ。で、「饂飩とBCCとコルサコルサとレバーパテとドーナッツ」。何じゃらほい?のゆるゆるポタであります。そして、お付き合い頂くのはFさん。お揃いのデローザでの都内ポタであります。いつものように国道1号線で多摩川を渡ります。途中でFさんと待ち合わせをして、一緒に走ります。まずは、五反田の饂飩屋さん。此処は、立ち食いの饂飩屋さんなれど天ぷらをその場で揚げ...

  • ランドナーで行く 新蕎麦を食べに霞ヶ浦

    今日は新蕎麦を食べに霞ヶ浦迄向かいます。アイガモ農法のお米作りをしている農家の方が、アイガモ農法と同じく除草剤と殺虫剤を使わない農法で、蕎麦と小麦と大豆も、育てています。この秋に収穫したその蕎麦を製粉して蕎麦を打ち、頂こうという会が毎年この時期に行われます。で、その会に参加をする為に向かいます。JR藤代駅辺りで上がる太陽、遅い朝焼けです。今年もあと二週間余り。さて、アイガモ農法のお米作りのイベント...

  • ライドとマップと写真と水彩画

    いつもお世話になっている 「Ride with GPS」からメールがあり、何だろうと見てみたら、面白いコンテストが行われていました。サイクリングをするのに、まずコースマップを作り、走った場所の風景を写真に撮り、帰ってきた後で、水彩画にするというもの、そんなアルバムを募集して、コンテストが行われたそうです。そして、入賞したのが以下の作品です。なかなか味わい深い作品です。また、以下のサイトで詳しく紹介されています。...

  • 葉山 鴫立亭

    葉山御用邸の近くに在る、お洒落な洋館のカフェです。沢山の種類のケーキと焼き菓子が置いてあります。また、店内や庭のテラス席で、飲み物と一緒にケーキを頂く事も出来ます。デートには最適なカフェです。「鴫立亭」神奈川県三浦郡葉山町一色196410:00~18:00 火 定休046-876-1682にほんブログ村...

  • 三崎口 充麦

    亀にとってのサイクルカフェの条件とは?簡単に云えば、サイクリングの時気軽に安心して立ち寄れるお店(そのままですが・・・)もっと具体的に云うと、・駐輪場もしくはバイクラックなどの、自転車を停めるスペース が有る事。・テラス席、もしくは窓の広い席から停めた自転車が見えていて、 盗難の心配から解放されてくつろげるお店。・サンドイッチなどの軽食があって、サイクリング途中で小腹が、 空いた時に簡単に食べられ...

  • 北久里浜 ワカフジベーカリー  

    老舗のパン屋さん、建物の風情が昭和昭和していて、レトロです。人気のパンは、ハムカツパン。すぐに売り切れてしまいます。久里浜に向かう道の左側に在るので、見つけやすいパン屋さんです。「北久里浜 ワカフジベーカリー 」神奈川県横須賀市舟倉1丁目15−809:00~17:30 土定休046-835-0548にほんブログ村...

  • 葉山 旭屋牛肉店 コロッケパン

    言わずと知れた、老舗のコロッケを売るお肉屋さん。大抵のサイクリストは、ここのコロッケとそのコロッケを挟むピタパンを買って、コロッケを挟んで食べていきます。小説での登場する、このコロッケパン。ロコ達のスタンダードな食べ方は、ピタパン1個にコロッケをふたつ挟んで頂くんだそうです。ピタパンが大きいので、このコロッケパンひとつで結構お腹一杯になります。「旭屋牛肉店」神奈川県三浦郡葉山町堀内8980120-290-0...

ブログリーダー」を活用して、亀次郎さんをフォローしませんか?

ハンドル名
亀次郎さん
ブログタイトル
55歳からの自転車乗り
フォロー
55歳からの自転車乗り

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用