『音の惑星』Forever!
住所
稚内市
出身
ハンドル名
Charlieさん
ブログタイトル
『音の惑星』Forever!
ブログURL
http://planeta097.seesaa.net/
ブログ紹介文
雑多な趣味のブログです…
自由文
-
更新頻度(1年)

414回 / 223日(平均13.0回/週)

ブログ村参加:2013/02/21

Charlieさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,040サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,836サイト
HDR写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 126サイト
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,553サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,285サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,622サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,040サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,836サイト
HDR写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 126サイト
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,553サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,285サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,622サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,040サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,836サイト
HDR写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 126サイト
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,553サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,285サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,622サイト

Charlieさんのブログ記事

1件〜30件

  • 休日の朝…好天…

    <オータムブレンド>という、旭川駅辺りの店で仕入れた豆で淹れた珈琲が非常に好い…<NARA>のマグカップでゆったりと頂いている… “一仕事”―コインランドリーに足を運んで洗濯…―を終えたところだが、未だ「休日の朝」という風情が漂う感だ… 酷く天候は好い。色画用紙のような、雲が視えないような空が広がる…多少気温が上がり、日差しが射し込むような場所では暑いと感じる場合もあろうが…20℃を少し超えている…

  • 旭川駅構内…(2019.09.03)

    ↓東改札口から入場し、利用する列車が出るホームを目指すが…何となく足を停めて見入ってしまった…

  • パールのオイルライター<BPフラット>…(2019.09.07)

    好奇心に抗い切れず…「御小遣いは無駄にしてはいけません!」と御叱りを受けそうなのだが… ↓新しいオイルライターを入手してしまった…

  • 「中秋の名月」と稚内港北防波堤ドーム…(2019.09.13)

    夕刻…陽が落ちたような頃に、夕食を摂ろうと戸外に出て、辺りを少しだけ散策した… ↓灯りが点いた稚内港北防波堤ドーム…背後の低い空に…月が輝く!!

  • 恙無く…

    「恙無く…」という感でウィークデーが“幕引き”に向かおうとしている… 日曜日の「29℃」は何だったのか?直ぐに「この時季らしい…」という範囲、20℃を切り、風が少しばかり冷たく感じる場合が在るというような按配になった。秋は「天候が変わり易い」ということであろうか? 今日は「13日の金曜日」であった。『13日の金曜日』というホラー映画のシリーズが在ったと思うが、「縁起が悪い」とされているようである。 …

  • 雲と宵空と…:稚内港北防波堤ドーム(2019.09.12)

    ↓灯りの明るさは、辺りが暗さを増すに連れて輝きを増すようである…

  • 宵空へ…:稚内港北防波堤ドーム(2019.09.12)

    辺りを何となくウロウロと…半袖Tシャツの上に薄い長袖シャツ、更に裏地が無いデニムのジャケットという服装だが、気温は20℃を少々切るような状態で、風は冷たく感じた。そういう中、何時の間にか日没時刻を過ぎた… ↓未だ…西寄りな空からの「光の干渉」も感じられる…

  • 雲が多い夕刻…:稚内港北防波堤ドーム(2019.09.12)

    夕刻に拙宅の玄関前に佇めば…東寄りの空が眼に映じた…「雲?!」と注目してしまった… 拙宅に入って…愛用の<X-Pro2>を掴んで、戸外へ散策に出た… ↓日没が近付こうという時間帯に見上げる東寄りな空と海…そして稚内港北防波堤ドームの屋蓋や沿岸の構造物である…その上空を雲が往く…

  • 『ドナ・ビボラの爪』

    歴史の中には「同時代では大きな衝撃が走ったことであろう…」と思われる“大事件”というモノが幾つも在る。そしてそうしたモノは“時代モノ”の小説のネタとなっている。 そうした“時代モノ”の小説のネタとなっている“大事件”の中、「最も登場頻度が非常に高い?」かもしれないと思わせる事件は…<本能寺の変>ではないであろうか? <本能寺の変>は「天下布武」の実現を目前にしていたと見受けられた織田信長が、部…

  • 黎明…朝焼け…:稚内港北防波堤ドーム(2019.09.11)

    ↓雲が多い感である多方、低い空が明るい…鮮やかな黎明という感である…

  • 夜明の稚内港北防波堤ドーム…(2019.09.10)

    ↓今朝は日出以前の時間帯から明るい感じだった…稚内港北防波堤ドームを望む海岸へ足を運んだ…

  • 日没の頃…:ノシャップ岬(2019.09.08)

    稚内で「29℃」と言えば「異例?」という感なのだが、それが「9月」であれば「異例の中の異例?」というように感じる…そういう中で「夕涼み」と称してノシャップ岬へ足を運んだ… ↓日が傾き、日没が近いことを窺わせるが…雲がやや多い…

  • ノシャップ岬…夕刻…(2019.09.08)

    「夕涼み」という語句が頭を過ったのは…何時以来か?! 稚内で「29℃」と言えば「異例?」という感なのだが、それが「9月」であれば「異例の中の異例?」というように感じる…「夕涼み」というようなことも考えてみたくなる… ↓夕刻のノシャップ岬で過ごした… …

  • <221>:幌南小学校前停留所周辺…:札幌の路面電車(2019.08.31)

    “所用”で「閉じ籠り…」な状況であった関係で、「戸外を普通に動き回る“勘”を取り戻す…」という意図で、休日の札幌都心部を散策…そうなると「一日乗車券で路面電車を利用して沿線を散策」という程度のことをやってみるのが好い… ↓お気に入りの…勝手に「観測台」と呼んでしまいたくなる歩道橋の上で路面電車を暫し眺めていた…

  • 『緋色の華 新徴組おんな組士 中沢琴』

    ↓札幌の書店で求めた本…“回り道”をしながら稚内へ引揚げる列車―当然、居眠りに及ばなかった間だが…―で、或いは稚内に戻って、ドンドン愉しく読み進んだ、上下巻である…

  • 夜明…:稚内港北防波堤ドーム(2019.09.06)

    午前4時半前…微妙な時間帯に眼を開けた… 窓の外が明るいような、暗いような…何かハッキリ「麗しい朝」を予感させるような感じでもなかったのだが…他方で「雲が厚く、多く、薄暗い」という風でもない… そんな中…<X100F>を掴んで戸外へ出てみた… ↓海岸に至り…低空に雲が多目で、高い辺りも様々な按配の雲が流れている…そういう様子であると判った…

  • <すずらん>:苫小牧駅(2019.09.03)

    ↓東室蘭で<すずらん>の先頭車輛に乗車した…苫小牧で下車して、停車中の様子を眺めた…

  • 暁…:稚内港北防波堤ドーム(2019.09.05)

    眠ってしまったのは、遅くはなかった筈…前夜はロクに時間帯を確かめるのでもなく、眠気に抗わずに眠った… 眼を開けると…窓辺の光が少し面白い感じに…カメラを掴んで戸外へ… ↓朝陽の光が辺りに干渉し始めている…日出が近付いている時間帯だ…

  • 車窓の利尻富士…(2019.09.04)

    稚内へ引揚げる時…前夜に旭川に至って、早朝の普通列車で北上して昼食を摂るような時間帯に稚内に至るという経路が在る…それを何となく好む… 「後は…何をしていようと、どうなっていようと、黙って列車に乗っていれば稚内に辿り着く…」と安堵感溢れる状態で、キハ54の車内の陣取った席でぼんやりとしていれば好い…そういうことなので、旭川に着くまでにエネルギーを使っている状況下、また少々早起きで駅へ向かうことも…

  • 月が輝きを増し始める頃…:旭橋:旭川(2019.09.03)

    「稚内へ引揚げる」という場合…前日に旭川に入って、翌朝早くの列車に乗るということを好む… 好天の日中に旭川に至ったが…日が傾き、空の趣の変化が目立ち始める頃…旭橋へ… ↓日没時刻の少し前から灯りが点き、日没時刻を過ぎて空が刻々と様子を変え、石狩川の水面が空の様子を映し込む…

  • 箱館奉行所…(2019.09.01)

    ↓五稜郭の中に再建されている<箱館奉行所>の建物だ…2010年に完成して公開が始まっている…

  • <716>:十字街停留所:函館の路面電車(2019.09.02)

    函館も…路面電車が活躍している街だ…安価な<1日乗車券>も在って、なかなかに便利だと思う… ↓その<1日乗車券>を利用して動き回った中、出くわして乗車した車輛…

  • 黄昏の時間帯…室蘭・白鳥大橋…(2019.09.02)

    短時間ながら、酷く深く眠って眼を開けた…「身体を使う」ということをすれば、如実に眠気が射し、眠って些か回復するというものである…自身が「生きて居る」という証のような事柄だ… 午前中に何となく動き、終着・起点の駅であるが故か、「指定席が満席で自由席を利用せざるを得ない乗客」(=自身を含む…)にとって有難い(?)ことに、発車の1時間も前からホームで待機して乗客待ちをしていた列車内に入って居眠りをし、移動…

  • チャイニーズチキンバーガー…:<ラッキーピエロ>ベイエリア本店にて…(2019.09.01)

    ↓「これが…噂の…」という代物…確りと試食してしまった…

  • 五稜郭…(2019.09.01)

    五稜郭は1866年に竣工し、1868年に江戸幕府が瓦解してしまい、新政府の箱館府が設置されたが旧幕府系の人達が占拠して「箱館戦争」の舞台となった史跡である… 久し振りに…半ば衝動的に函館へ流れ着き…「そうだ!行ってみよう!!」と函館駅で思い付いて、宿に入るまでの時間を利用して直ぐに訪ねてみた… ↓星形の城塞…五稜郭…精確には“跡”な訳だが…綺麗に形が残っている…流れる雲が城塞に影を落とし、影も流れてい…

  • 函館山からの眺望…(2019.09.01)

    半ば衝動的に流れ着いた函館…久し振りだ…函館駅周辺の宿に陣取ってみた… 嵩張るモノは宿に置き、路面電車に乗って出掛けて、ロープウェーに乗り継いで…函館山の展望台に上った… ↓到着した頃はこういう様子…

  • <時計台>…(2019.08.31)

    「全国屈指の“ガッカリ”な観光名所?」というようなイメージを持っていて、嘗ては「敢えてカメラを向けて(写真でも撮ろう)」とは思わなかった<時計台>であるが… ↓最近は、辺りを通り掛ると写真を撮る機会が少々増えている…

  • 『トップリーグ2 アフター・アワーズ』

    ↓「これは!!」と、書店で視掛けてから“速攻”で求めてしまった一冊だ…

  • 蒼天と高層建築…:<ホテルエミシア札幌>(2019.08.30)

    よく晴れた空を、何気なく仰ぎ見る…そういう「普通なこと」が「酷く新鮮」と感じる状況…暫く“所用”で屋内に閉じ籠っていて、全然戸外に出なかった故であろう…何か「特殊な事」でもしているかのような、妙な気分になりながら辺りの蒼天を見上げた… ↓辺りで抜きん出て背が高い建築が、適当に白雲が拡がる蒼天に輝いているように見えた…