chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 『暗闇のセレナーデ』

    ↓既に長い活動歴を誇る黒川博行の「初期作品」と呼び得る小説だ。

  • 『毛利は残った』

    ↓題名に酷く惹かれて、何となく手にして紐解き始め、少し夢中になった時代モノの小説である。

  • 『シェフチェンコ詩集』

    ↓「外国詩」の翻訳を読んでみたのも随分と久し振りだ。解説と併せて、ゆっくりと拝読した。

  • 『近代日本外交史 幕末の開国から太平洋戦争まで』

    世の中の様々な事柄に関しては、「〇〇の分野」という程度に分類することが出来る。逆にそういう「〇〇の分野」という程度の分類を適宜行いながら、広範な事項を理解しようとするものということになるのかもしれない。 ↓「外交の分野」というようなモノも間違いなく在るのだと思う。本書はその「外交の分野」の辿った経過、「外交史」という主題に光を当てた一冊だ。

  • 『グッバイ、レーニン!』

    ↓大きなスクリーンでの映画上映という機会が在って、微妙な思い入れめいたモノが在る作品を観る機会が生じたとなれば、とりあえず足を運んで愉しみたいというものだ。

  • 『地球の歩き方 京都 2023-2024』

    ↓こういう本に眼を通す機会が得られた。

  • 『ウクライナから来た少女 ズラータ、16歳の日記』

    ↓少し話題になっている一冊であるように思う。大変に興味深く拝読した。

  • 『京都の山と川-「山紫水明」が伝える千年の都』

    ↓題名を見て惹かれ、入手して紐解き始めた。かなり興味深かった。

  • 『京都の食文化-歴史と風土がはぐくんだ「美味しい街」』

    ↓紐解き始めると、頁を繰る手が停められなくなってしまい、素早く読了に至ってしまった。

  • 『京都 近現代建築ものがたり』

    ↓入手後に紐解き始め、頁を繰る手が停め難くなってしまい、素早く読了に至った一冊である。

  • 大河ドラマ『八重の桜』―総集編

    『八重の桜』は、2013年1月から12月で50回テレビ放映された大河ドラマである。 2011年3月の震災を受け、東北地方の復興支援という趣意を込め、東北地方に所縁の人物を主人公のモデルにしたいということになり、会津出身の新島八重をヒロインとするドラマが制作されることとなったのだそうだ。準備が進められ、2012年9月にクランクインということだ。 このドラマの「総集編」を偶然にも鑑賞する機会が生じた。テレビ放映当…

  • 『ウクライナ日記 国民的作家が綴った祖国激動の155日』

    ↓入手して、少し夢中で読み進めて読了したが、出逢って善かったと思えた一冊であった。

  • 『三島由紀夫が愛した美女たち』

    ↓書店で出くわして入手した一冊だが、大変に興味深く読んだ。

  • 『夕暮れに夜明けの歌を 文学を探しにロシアに行く』

    ↓大変に愉しく読了したが、同時に余韻が深いような一冊だった。

  • 『背中の蜘蛛』

    ↓興味を覚えて入手し、紐解き始めてみると頁を繰る手が停められなくなってしまった。「次?」が気になってしまい、昼、夕方、夜中、早朝とドンドン時間を設ける、或いは暇を惜しむように読み進め、実に素早く読了に至った。

  • 『星と龍』

    ↓近所の書店で見掛けて気になり、入手して読んだ。興味深い一冊だ。

  • 『天下大乱』

    ↓「御予約受付中」(=近日発売)という様相で発見し、発注して入手した。そして早速に紐解いて愉しんだ。好かった!

  • 『ウクライナ「情報」戦争 ロシア発のシグナルはなぜ見落とされるのか』

    ↓強い興味を覚えて入手し、素早く読了に至った一冊だ。出逢って善かったと思う一冊となった。

  • 『国鉄―「日本最大の企業」の栄光と崩壊』

    ↓書店で見掛けて興味を覚え、入手して紐解き始めた。本書の各章を実に興味深く読み進めた。出逢って善かったと思える一冊だ。

  • 『戦争日記 : 鉛筆1本で描いたウクライナのある家族の日々』

    ↓本が登場するという話しが伝わって、興味を覚えていたが、出回り始めたことを知って入手した。入手して眼を通してみて善かったと思う。

  • 『22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる』

    ↓書店で眼に留めて、気になって入手し、ゆっくりと読了した。

  • 『天国の修羅たち』

    出くわして愉しかったた小説が“シリーズ”で在ると知れば、関係作品をドンドン読み進めてみたくなるものだと思う。 ↓そういう訳で、気に入ってしまった作品の“シリーズ”を入手し、かなり愉しんだ。本当に「勿体ない…」という程度に素早く読了に至ってしまった。

  • 『プーチン幻想 「ロシアの正体」と日本の危機』

    ↓ウクライナ出身の著者による論である。眼に留めて、手にして紐解いた。色々と考えながら読み進めて読了に至った。

  • 『煉獄の獅子たち』

    ↓愉しく読了した『ヘルドッグス 地獄の犬たち』の“シリーズ”と聞き、早速に入手して紐解いた。そして夢中になった。

  • 『ヘルドッグス 地獄の犬たち』

    ↓少し話題の映画の原案になている小説ということで、御近所の書店では出入口に近い辺りの目立つ場所に少し前から積まれていた。チラチラと視ながら、なかなか手にしなかった。が、手にしてみれば「何故、もっと早くに手にしなかった!?」という程度に面白かった。素早く読了に至った。

  • 『ペットショップ無惨 池袋ウエストゲートパークXVIII』

    ↓長く続くシリーズの、登場して日が浅い単行本である。

  • 『桃源』

    ↓かの黒川博行の刑事コンビが活躍する物語の小説だ。書店で文庫本を視掛けて迷わず入手した。そして頁を繰る手が停まらなくなった。

  • 『炎上フェニックス 池袋ウエストゲートパークXVII』

    ↓気に入っているシリーズの一冊で、専ら文庫化されたモノを読み続けていた。今般、「新しい作品…」と単行本を読む機会を設けてしまった。

  • 『AX アックス』

    ↓紐解き始めると頁を繰る手が停まらなくなってしまい、素早く読了に至った一冊である。

  • 『獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI』

    ↓偶々出会って、そして凄く気に入って、文庫化された作品は粗方読んでいるシリーズの、新しい文庫本が登場した。「発見次第に確保せよ!」という要領で入手し、素早く読了に至った。

  • 『グラスホッパー』

    ↓「停まらない…停められない…」と、ドンドンと頁を繰ってしまい、あっという間に読了に至ってしまった一冊だ。

  • 『ウクライナ現代史』

    ↓出先の旭川で書店を覗き、眼に留めて「これは読まなければならない…」と感じて入手したが、「正しい判断」だったと思う。興味深く素早く読了に至った。

  • 『武士道 鍋島直茂』

    ↓何かゆっくりと愉しんだ“時代モノ”の小説だった。

  • 『親衛隊士の日』

    ↓旭川の書店で眼に留め、一旦は素通りして、数分後にまた視て、何やら酷く気になって求めてしまったという経過の一冊だ。

  • 『老警』

    ↓「独特な味わい」が在る物語であると思った…

  • 『マリアビートル』

    ↓書店で見掛けて何となく入手した一冊だった。紐解き始めると、頁を繰る手が停まらなくなってしまった。偶々、他地域へ出掛ける直前に入手したのだったが、出掛ける際の手回り品にこれを加えて、移動の列車内で読み続けて読了に至ってしまった。

  • 『ウクライナにいたら戦争が始まった』

    ↓少し夢中になって、素早く読了に至った一冊だ。

  • 『落花』

    ↓御近所の御店で出くわし、入手して愉しく読了した一冊である。

  • 『聖刻』

    ↓少し読んでみたくなって、取り寄せてみた一冊だった…

  • 『維新と戦った男 大鳥圭介』

    ↓少し前から眼に留めていたのだったが、今般これを手にし、愉しく読了に至った。

  • 『誤ちの絆 警視庁総合支援課』

    ↓この作者が続けていたシリーズの続篇、新展開というような作品で登場に少し期待していた。そして期待に違わず愉しかった。

  • 『暁天の星』

    ↓御近所の書店で眼に留めて興味を覚え、入手して紐解き、この一冊との出逢いに感謝したくなる…そういう一冊である。

  • 『コールダー・ウォー: ドル覇権を崩壊させるプーチンの資源戦略』

    ↓出先の旭川で書店に入り、眼に留めて入手して読んでみた。出逢うことが出来て善かったと思っている一冊だ。米国の本の翻訳である。

  • 『雨に消えた向日葵』

    ↓頁を繰り始めると、作中の事態が「如何なってしまう?!」と非常に気になってしまい、頁を繰る手が停められなくなってしまう。そして素早く読了に至った。

  • 『警視庁殺人犯捜査第五係 少女たちの戒律』

    ↓なかなかに愉しく読了した一冊だ。

  • 『若冲』

    ↓なかなかの好評を博している作品と聞いた。非常に興味深い作品で、愉しく素早く読了に至った。

  • 『日本史を疑え』

    ↓なかなかに興味深く読了した一冊である。

  • 『海の十字架』

    ↓休日に書店で出くわし、入手して愉しく読んだ一冊である。

  • 『国連安保理とウクライナ侵攻』

    ↓最近は「題名に惹かれて入手」という本がこれまで以上に増えているが、本書もそういう例に漏れない。

  • 『戦争が町にやってくる』

    ↓本のことを知った時「とりあえず見たい!!」と強く思った。そして、頼めば簡単に入手可能であると知って頼んだ。本を読んで善かったと強く思っている。

  • 『国際報道を問いなおす ウクライナ戦争とメディアの使命』

    ↓題名に惹かれて入手し、素早く読了に至った。

  • 『歴史像を伝える: 「歴史叙述」と「歴史実践」』

    ↓何やら「変に惹かれる題名…」と思って手にした一冊で、興味深く拝読した。

  • 『本当のウクライナ - 訪問35回以上、指導者たちと直接会ってわかったこと』

    ↓「読みたい!」と取寄せて、手にして直ぐに頁を繰り始め、手が停まらなくなってしまい、素早く読了に至った。

  • 『野良犬の値段』

    ↓休業日に買い物に出た時に見掛て入手した本だが、読み始めると頁を繰る手が停まらなくなってしまった。

  • 『大坂の陣』

    ↓御近所の書店で見掛けて入手し、ゆっくりと読了に至った。

  • 『第三次世界大戦はもう始まっている』

    ↓強い興味を覚えて入手し、紐解き始めると頁を繰る手が停まらなくなってしまい、素早く読了に至った。

  • 『維新ぎらい』

    ↓何となく関心が湧き、入手して紐解き始めたのだが、素早く読了に至った。

  • 『ウクライナ危機後の世界』

    ↓御近所の書店で入手し、何やら紐解き始めて、素早く読了に至った。

  • 『小隊』

    ↓「5月30日」となっている「第4刷」の文庫本を入手したのだが、「第1刷」は「5月10日」である。これは少し「速い」感じの刷り方であると見受けられる。「話題」の作品であるということのようだ。

  • 『ウクライナの夜:革命と侵攻の現代史』

    ↓「ウクライナの夜」という題名に酷く惹かれた。うろ覚えだったが、昔の詩にそんな一節が在ったかもしれないなどと思った。加えて「夜」が酷く暗示的であるというような気もした。

  • 『おひとりからのしずかな京都』

    ↓休業日に何となく入手して、少しゆっくり読もうとしていたのだが、読み易い面白い内容だったので頁を繰る手が停められなくなり、素早く読了に至った。

  • 『ナンバー2の日本史』

    ↓御近所の書店で入手し、愉しく通読した一冊だ。

  • 『戦国武将、虚像と実像』

    ↓御近所の書店で出逢った一冊である。

  • 『日本最北移住起業論: 北海道稚内の関西人たち』

    ↓地元で少し話題になっているのか?とりあえず稚内に関連する本である。

  • 『八本目の槍』

    ↓御近所の書店で眼に留め、入手して紐解き始めた。頁を繰る手が停まらない、停められないということになり、素早く読了に到った。

  • 『石原慎太郎伝』

    ↓御近所の書店で見掛け、気になったので入手して紐解いた。そして興味深い内容と共に暫し過ごすことが叶った訳である。そういうのは好い時間だ。

  • 『雪に撃つ』

    ↓「続きが酷く気になる…」という作品で、ドンドンとページを繰ってしまう。ページを繰る手が本当に停められなくなり、素早く読了に至ってしまった。

  • 『天下を買った女』

    ↓未だ発売から日が浅い一冊を読む機会を得られた。大変に幸いだ。

  • 『わが兄 チェーホフ』

    ↓「連休の宿題」ということでもなかったが、結果的に連休を利用して読んだ。ロシアの本の翻訳であるが、図書館で眼に留めて「これは!!」と思ったのである。

  • 『特捜部Q―アサドの祈り― 』

    ↓デンマークの小説の翻訳である。

  • 『幸村を討て』

    ↓読み始めると頁を繰る手が停まらなくなってしまった。勢い良く直ぐに読了してしまった。意外に厚い本なのだが。

  • 『威風堂々(下) 明治佐賀風雲録 』

    ↓「上巻」を読んで、同時に拝借した下巻も勢い良く読んだ。出会って善かった作品だと改めて思う。

  • 『家康謀殺』

    ↓御近所の書店で入手し、大変に愉しく読んだ小説集である。

  • 『老人支配国家 日本の危機』

    ↓興味深く拝読した一冊である。

  • 『だから、写真で生きていく 辺境の地 移住者のまなざし』

    ↓図書館の棚を何気なく眺めて眼に留めた。「これ!!」と思い、拝借してみた。好い本に出くわしたと思う。

  • 『女帝のロシア』

    ↓やや旧い―「第1刷 1994年2月21日」とのこと…―新書なのだが、図書館で拝借して愉しく読んだ。

  • 『深ぼり京都さんぽ』

    ↓「時にはこういう本?」と不意に思い付いて図書館で借りてみた。

  • 『民俗学入門』

    ↓何か気になる題名であったので入手して紐解いてみた。出会ってみて善かったと思う。

  • 『蒼い時』

    過日、何やら話しをしていた際に旧いテレビドラマや映画の話題となり、弾みで「山口百恵」に話題が及んだ。今となっては「伝説のヒロイン」というような存在感を放つ歌手・女優だが、そうした活動を退いてから40年余りになる。 その活動を退いた際、彼女は本を出していて、それが酷く好評だったということを記憶している。他方、それを読んではいなかった。 ↓そういう場合、旧めな本は図書館で探して拝借というのが好い。…

  • 『ドキュメント 戦争広告代理店-情報操作とボスニア紛争』

    「やや旧い?」というように見受けられる本でも、内容の重要性が損なわれていないと思える場合が在る。更に「最近の事象の過去事例?」というような内容を含む場合さえ在るとも思う。 そういう本を紐解くのは大変に結構なのだが、「やや旧い?」という本は少々入手し悪い場合も在る。が、評価の高い本で在れば、図書館に在ってアッサリと拝借出来てしまう。 ↓そんな訳で、図書館で拝借した「やや旧い?」という他方で「最近の…

  • 『乾山晩愁』

    ↓なかなかに好い感じの小説集で、少し夢中になって素早く読了に至った。

  • 『ウクライナを知るための65章』

    俄かに話題に上ることが多くなったような事物に関して、関連の基礎的な知識や、そこから拡がり得る話題、少しばかり知っている、または知らないを交えて、適当な本を読んで学んでみるというようなことは有益だと思う。そして必要な事でもあると思う。 ↓「ウクライナ」は「俄かに話題に上ることが多くなったような事物」の最たるモノのように思う。図書館で出会い、拝借して通読したが、なかなかに為になった。

  • 『タリバン台頭―混迷のアフガニスタン現代史』

    名称や用語が耳目に触れる頻度が或る程度高く、聞けば「〇〇関係」という程度に判っても、「実を言えば内容に通じているのでもないのではないか?」というようなことが意外に多く在るような気がしている。 「タリバン」というのも「アフガニスタン関係」という程度に判っても、「実を言えば内容に通じているのでもないのではないか?」という例ではないかと思う。 もう20年程前に、アフガニスタンを策源地とするテロリスト集…

  • 『墨龍賦』

    ↓偶々知った作品の文庫本を入手し、ゆっくりと言うのか、面白いので頁を繰る手が停まらなくなったが故に「素早く」と言うのか、兎に角もなかなかに愉しく読了に至って余韻に浸っている。

  • 『野ばら (小川未明名作選集)』

    ↓やや古い(1993年から1994年頃に出ているようだ…)本であるが、興味を覚えた作品が収められているということで、図書館で借りて読んだ一冊だ…

  • 『「それから」の大阪』

    ↓何かで紹介されていたのが耳目に触れて「面白そう!」と入手した。それを紐解き始めると非常に面白く、頁を繰る手が停められなくなり、素早く読了に至った。

  • 『東京大空襲の戦後史』

    ↓少し興味を覚え、本を入手して興味深く拝読してみた一冊だ…

  • 『奇跡の一本松 大津波をのりこえて』

    ↓“絵本”というモノを手にしたのは随分と久し振りだ。そして、この一冊に偶々出会って善かったと思う。

  • 『親鸞と道元』

    ↓少し興味深く拝読した。

  • 『現代思想入門』

    ↓「少し話題になっているらしい?」と、入手してみた一冊である。

  • 『洛中洛外をゆく』

    ↓何か「手軽そう…」と惹かれて入手し、素早く読了に至った。

  • 『悪の包囲 ラストライン5』

    「(気に入っている)シリーズの小説の新作」というモノは「御無沙汰傾向の遠方に在る友人の近況」というようなことに触れる感で、出くわすと非常に嬉しい。 <ラストライン>は、色々な意味で部内の“名物男”である50歳代の「ガンさん」こと岩倉刑事が活躍するシリーズだ。<ラストライン>として既に4作、そして同じ作者の違うシリーズである<追跡捜査係>で主要視点人物の1人となって「ガンさん」が登場して活躍という例も…

  • 『帰還』

    ↓表紙カバーのイラストにイメージが在るが、少し知られている三重県の四日市で観られるという工業地帯の夕景や夜景を写真に撮るという営為が、物語日最初の方に出て来る。

  • 『幕末社会』

    ↓旭川の書店で見掛けて、入手せずには居られず、入手してゆっくりと愉しんだ一冊である。

  • 『監殺』

    ↓旭川の書店で見掛けて入手した。何気なく紐解き始めて夢中になってしまった。

  • 『奈良で学ぶ 寺院建築入門』

    ↓書店で出くわした時「自身のために用意されたような一冊!」と、軽い興奮のようなモノを覚え、素早く入手して紐解いた…

  • 『東京輪舞』

    ↓題名の『東京輪舞』は「とうきょうロンド」と読むようだ。

  • 護る…

    過日、偶々古くからの友人と会う機会が在って、旧交を温める愉しい一時を過ごすことが叶った。互いにスポーツ観戦好きで、「随分と以前に札幌でアイスホッケーの国際試合が催され、会場で出くわした…」という想い出話しになった。 ↓友人と話題にした、「札幌でアイスホッケーの国際試合」の際に撮っていた写真が出て来た。2008年4月のことだった。

  • 『帰去来』

    ↓紐解き始めると、何やら「続き」が酷く気になり、頁を繰る手が停め悪くなるに留まらず、時間を設けてドンドン読み進め、素早く読了に至ってしまった。

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、Charlieさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Charlieさん
ブログタイトル
『音の惑星』Forever!
フォロー
『音の惑星』Forever!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用