searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

sunekotanpakoさんのプロフィール

住所
大宮区
出身
中央区

神社仏閣・墓地・名所旧跡等々、とにかく実際に訪れ、感じたこと、思ったこと、考えたこと、ひらめいたこと、連想したことなどを記す。

ブログタイトル
新・スネコタンパコの「夏炉冬扇」物語
ブログURL
https://ameblo.jp/tiisakobe-sugaru/
ブログ紹介文
ひたすら歩いて感じたことを物語る。
更新頻度(1年)

30回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2012/12/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sunekotanpakoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
sunekotanpakoさん
ブログタイトル
新・スネコタンパコの「夏炉冬扇」物語
更新頻度
30回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
新・スネコタンパコの「夏炉冬扇」物語

sunekotanpakoさんの新着記事

1件〜30件

  • 鶴瓶の家族に乾杯 中

     わたしがどうしても納得できないのは、加納という地名の解釈についてである。韮塚一三郎が、『埼玉県地名誌 名義の研究』のなかで、《加納は中世荘園である深井荘の追…

  • 東京と大阪

                        淀川 六甲山方面  確か、中島らものエッセーだったと思う。エスカレーターの乗り方について、東京と大阪とでは違っており、…

  • 鶴瓶の家族に乾杯 上

     5月11日のNHKテレビ「鶴瓶の家族に乾杯」(再放送)は、ゲストが本木雅弘、岐阜市で、とある家庭に押し入る話しだった。正直、この番組はほとんど見たことがない…

  • 比企郡吉見町久保田 トウカン森

     前河内日吉神社の長老が話していた久保田のトウカン森へ行ってみた。 すでに記したように、トウカン森とは、おそらく、稲荷の森→トウカの森→トウカン森となったと考…

  • 火穴大神

     2011年正月3日、神社めぐりにでかけた。ところは、比企郡吉見町前河内。 前河内と書いて、マエゴウチというらしい。わたしは全国至るところにある河内(かわち・…

  • 森鷗外 『澀江抽斎』

      夷齋石川淳は、評論『森鷗外』の冒頭、つぎのように嘯いている。  《「抽斎」と「霞亭」といづれを取るかといへば、どうでもよい質問のごとくであろう。だが、私は…

  • 『七人の侍』

            黒澤明 The Masterworks 1 『七人の侍』 DVD 東宝  非常事態宣言中、DVDで、黒澤明監督『七人の侍』(1954年)を見た…

  • 篠津から連想する(下)

    正面の森が篠津久伊豆神社 真ん中辺り ブロック塀で区画された部分が遺跡地 遺跡が出たという篠津の小字中妻とは、篠津久伊豆神社一帯の小字で、中妻遺跡は神社の南に…

  • 篠津から連想する(上)

     何年か前、白岡市(旧南埼玉郡白岡町)の病院について調べ物をしていたら、2014年に、同市篠津字中妻で奈良・平安期の精錬工房跡が発見されたことを知り、会心の笑…

  • ブラタモリ

     先日――といっても、まだ、アシスタントが林田アナウンサーで、去年の、もう寒い時期だったと記憶する。NHKの「ブラタモリ」が岡山県総社市の鬼ノ城をやるっていう…

  • 庚申講と痔疾

      本日、5月17日の干支は庚申。            辻の庚申塔   さいたま市西区指扇領辻  この庚申塔は、旧大宮市で最も高さがあるんだそうで、総高が2…

  • 金井・根古橋

                     青竜ヶ岳と湿性植物園             湿性植物園の湿地 赤く金気だっている  栃木市岩舟町下津原のNさんとお会いした…

  • 根古橋・槐橋・鷹匠橋

                           根古橋  北葛飾郡杉戸町並塚の安戸(やすど)落に架かる橋に根古橋がある。地図に根古橋の記載はあるものの、橋自体に…

  • 恐ろしい話

     先日、ある人から、こんな恐怖体験を聞いた。 近所のスーパーへ買い物に出かけた。駐車場に車を止め、降りようとしてドアを開けたところ、隣に駐車していた外車のドア…

  • サイカ塚 補遺1

     陳場という地名は栃木県内にもう一か所ある。栃木市のお隣り、小山市羽川(はねかわ)に陳場公園がある。これは未確認ではあるが、おそらく小字名であると考えられる。…

  • 烏頭坂

                            烏頭坂 左の崖上に熊野神社がある  川越市岸町二丁目、熊野神社下の旧川越街道に、烏頭坂と呼ばれる坂道がある。 …

  • 『地名は語る 埼玉の地名と伝承』 埼玉新聞特別編集委員室 埼玉新聞社

     第3部 《【さいたま市北区】古代史のロマンが広がる》と題して、こうある。  《大成は金子駿河守大成の居住地で、その城蹟は近くの普門院境内にある。一方、大成は…

  • 耄碌 その2

     その日、わたしは、栃木市藤岡町の小字猫内とその周辺の寺社をまわる予定で、三毳山(みかもやま)南口の駐車場に車を置いたのであったが、前日プリントアウトしておい…

  • 耄碌 その1

     耄碌――たいして難しい字とは思えないが、なぜか覚えにくい。  耄は老(おいかんむり)に毛…それで、思い出した。 いつだったか、床屋に行ったとき、耳を電動歯ブ…

  • サイカ塚 後編

     小字名は、いわゆるアザナであるから、時代と共に変遷することは当然あるかと思われる。これは人でいえば、小学校時代のアザナが高校に入ると変わり、さらに社会に出て…

  • サイカ塚 中編

     赤麻古墳見学用の駐車場に車を止め、まずは古墳石室を覗く。といっても、今回は二度目である。前回(2016年)に来た時と印象が違う。石室入口を覆っていたと記憶す…

  • サイカ塚 前編

     サイカ塚に行ってみようと思った。 といっても、そんな名の塚があるとは思えなかった。なぜなら、サイカ塚とは栃木市藤岡町赤麻にある小字名で、今は、渡良瀬遊水地第…

  • こころ旅 その2

     2016年11月、『にっぽん縦断 こころ旅』585日目は、福岡県京都郡みやこ町の平成筑豊鉄道田川線崎山駅付近の今川に架かる、地図に載っていない簡素な橋を訪ね…

  • こころ旅 その3

      2016年11月、『にっぽん縦断 こころ旅』585日目の旅は、福岡県北九州市八幡西区にある「曲里の松並木」を目指す旅であった。 当然、曲里(まがり)という…

  • 猫手(ちょっけ) 後編

     さて、セブン・イレブン筑西猫島店の駐車場で遅い昼飯をすませると、西へわずかのところに立つ「安倍晴明生誕の地」の看板がある地点へ移動し、聞き込みする。 ちょう…

  • 猫手(ちょっけ) 前編

     猫手――といっても、わたしはここで庖丁の使い方や猫の肉球について論じるつもりは毛頭なく、実は、先日訪れた茨城県筑西市猫島の小字猫手――これを「ちょっけ」と読…

  • こころ旅 その4

     2016年11月、正平さんは熊本に入った。 冒頭、この日の手紙を読み始める。 目的地は山鹿市の「蒲生(かもう)の池」、別名を「湯ノ口のため池」というと聞き、…

  • 猿ヶ京

       その小社の西側面には「紳士お手入れ口」、反対側には「淑女お手入れ口」と書かれ、その下に、それぞれ四角形の切り口があって、ピンクの布が覗いている。 ここに…

  • こころ旅 その5

     チーム「こころ旅」のメンバーが、鹿児島のどこか、休憩中に、こんな話題が取り上げられていた。 なにかの調べで、小便をした後、女性の多くが手を洗っているにもかか…

  • こころ旅 その6

     2014年8月3日、関越自動車道本線から月夜野インター出口へと向かう道に入るや否や、一瞬、車上を過ぎ去った陸橋のネームプレートに「金山橋」とあったような気が…

カテゴリー一覧
商用