searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
還暦着物好き日記
ブログURL
http://eiennojgirl.blog.jp
ブログ紹介文
着物が好きな59才、母と二人暮らし、コロナ禍で仕事ほぼ休業中です
更新頻度(1年)

225回 / 365日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2012/12/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、永遠のJガールさんの読者になりませんか?

ハンドル名
永遠のJガールさん
ブログタイトル
還暦着物好き日記
更新頻度
225回 / 365日(平均4.3回/週)
読者になる
還暦着物好き日記

永遠のJガールさんの新着記事

1件〜30件

  • 四十八茶百鼠コーデ

    大阪にも二度目の緊急事態宣言が発出され、再びのおこもり生活で映画配信視聴三昧の日々でございます。といっても今回も「男はつらいよ」シリーズ全50作!寅さんばかりもう4巡目。いえ、何度も他の最新作、ヒット作、大作、名作、アニメ、時代劇、韓流にもトライしたんで

  • ドルチェ&ガッバーナのせいだよ

    これも15年前の話。当時、お仕事をしょっちゅうご一緒していた一回り年上の女性が、とにかくファッションセンスが洗練されていて、たいへんおしゃれな方でした。その方はイタリアのドルチェ&ガッバーナのお洋服を愛用されていて、ドレスはもちろん、お帽子からブーツ、ア

  • 嘘でもマダム

    成人式の日は晴れ着をお召しになったお嬢様方をちょくちょくお見かけました。40年前の自分の時とあまり変わってなく、今でも振袖の上には真っ白でふわふわのショールを掛けるんですね。私もあの白のショールが欲しくてたまらなかったなぁ。親はそこまで買ってくれなかった

  • 「紙で作る着物講座」に行きました

    今日はささら着物教室の三木やすよ先生の「紙で作る着物講座」を受講してまいりました。藍の結城紬がとても素敵な三木先生です。裁縫苦手、和裁など夢のまた夢の私がなぜ「紙で作る着物講座」を受講したかといいますとズバリ、きもの文化検定対策でございます。着物に長襦袢

  • 難を転じて福と成す

    マンションの大規模修繕工事のため、ベランダに置いたままの父が遺した工具類を処分しました。ちょっとした産業廃棄物でしたので、ゴミ袋30個ほどにまとめてマイカーに積み、市のクリーンセンターに直接搬入してきました。そこでは最初にクルマの総重量を計量して、ゴミを

  • 思いのほか使える帯でした

    30代につくってもらった辻が花の多色の訪問着。カラフルな着物ですが帯次第で50代、60代になってもに着られたらいいのに、と時間をかけて探していたところ「これだ!」という帯に出合いました。墨黒に金糸、銀糸で鎧兜が織られた全通の袋帯です。安土桃山時代には戦国

  • 私が半衿付けを好きになるまで

    着物を着始めた頃は半衿を縫い付けるのは時間がかかるし、綺麗にできないし、やり方にも自信がなくて、大嫌いでした。半衿付けは私にとって着物を着る際の大きなハードルのひとつで、そこを何とか乗り越えたくて、プロの和裁師さんに半衿付けを習いに行きました。この時、先

  • コロナ禍の体温調整に注意!

    今日から二十四節気の寒の入りです。本日より節分までは寒の内といって、一年のなかでもっとも寒さが厳しい一か月間となるそうです。小寒 1月5日〜1月19日大寒 1月20日〜2月2日風邪、インフルエンザ、新型コロナウィルスと、体調を崩す要因がもっとも活発になる

  • 着物で新年のご挨拶へ

    近くの漁港に行き、大漁旗を見てきました。お正月の縁起物で毎年楽しみに拝見しています。朝からお出かけしましたが、急に着物を着ることに決めたのでバタバタと支度しました。お正月なので縮緬の総柄小紋にしたのですが、ぽってりと重量感がある着物なので気崩れしないよう

  • 人生は一度だけ 今の自分が一番若い

    2021年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。元日の今日は、近所のホテルで弟家族と待ち合わせして、サクッと短時間で新年のお祝いをしてきました。大阪平野、神戸、淡路島、和歌山が見渡せる風光明媚なレストランです。お正月なので、おも

  • 2020年着物活動の総括

    コロナ禍一色に染まってしまった2020年もあと1日で暮れていきます。個人的には春以降、職場が休業になって現在も自宅待機が続いていて生活が一変してしまったことが大きな出来事でした。休みであってもコロナ禍のなか、自由に外出するのもままならず、慣れないうちは大きな

  • 年の瀬はウール、木綿、紬

    年明け早々にマンションの大規模改修工事が始まるので、ベランダに置いてある物をいったんすべて撤去しないといけなくなりました。これがまぁ予想以上に骨が折れる作業でまいりました。ベランダの一角に父親が遺したプラケースと段ボール箱が天井まで積まれていて、開けてみ

  • 頑固な地味オーラを破壊する着物

    先週良いことがあったので気分が高揚していたのか、思わず今まで買ったことがない派手な着物をポチッとしてしまいました。チアキ先生の楽天roomで紹介されていた型絵染めの紬です。届いてみたら、しつけ付きの新古品でした。しかしながらこの手の型絵染めの着物は初めてで、

  • メリークリスマス着物

    #メリークリスマス着物のコラボイベントに参加します。今年のクリスマスはグリーン推し! 緑の洒落袋帯、ミナペルホネンの緑ブローチを帯留にリメイク、納戸色の帯締め、もみの木の注染手ぬぐいを半衿に。ミナの展覧会に行けたのも、ちきんさんがブログで教えてくださった

  • 栄冠は名もなき着物と帯に

    明日24日にamebloちきんさんのコラボイベント「クリスマスコーデ&今年のベストコーデ」が開催されます。クリスマスコーデは明日考えるとして、今年の自分のベストコーデはなんだったっけ?自分でもすぐにパッと浮かばなかったので、ちきんさんのコラボイベントに向けて「

  • 着物を舐めてはいけません

    例年の今頃なら、商業施設やスーパーの店内でガンガン流れてくるクリスマスソングも今年は聴こえてきません。街中にクリスマスムードが盛り上がる気配は感じられませんが、せっかくだからクリスマスコーデを考えてみました。グリーンの紬に、黒地の洋柄の九寸名古屋帯。クリ

  • 重たい閉塞感を打ち破れ!

    昭和40年〜50年代の品だと思われる更紗文様の小紋を持っています。展覧会の名称札風に説明しますと「浅葱縮緬地斜め裂取り鼓唐花更紗着物」でしょうか。まぁおなじみの昭和の更紗です(笑)重量感がある縮緬地に模様がびっしり詰まっていて、しかも彩度も明度も低くてダ

  • しまむらで普段着を爆買い

    再びヘアカラーを始めたので、一カ月おきに美容院にリタッチに行かなくてはなりません。髪を伸ばしていてカットはしないので、前回と同じショッピングモールに入っているヘアカラー専門店に行ってきました。同じフロアにしまむらがあったので、ヘアカラー予約時間の前に店内

  • 着物を解くの大好き

    再びのステイホームの日々。仕事も休業中で時間だけは有りますので、いずれ仕立て直し、繰り回しに出したい着物をせっせと解いています。着物は縫えない私ですが、解くことは出来ますのでね。解くことによって着物の構造も解るし、仕立ててくださった方の個性も見えて興味深

  • 織り物オタクっぷりに拍車が♡

    久しぶりに佐藤チアキ先生とお会いできました。京都まで琉球花織の勉強会にご一緒させていただきました。きもの文化検定の勉強をしていて、首里花織、首里花倉織、首里ロートン織、読谷山花織、与那国花織と名前だけは存じてましたが、見たことないのでチンプンカンプンだっ

  • 増えすぎ予防の二段階認証

    胡遊さんがステキなお着物を購入されたことをお書きになってました。この未使用の小紋いいなぁ〜、さすがセンスがいい胡遊さん!うらやましい〜!キングファミリーって大阪にもあるのかしらんと調べてみたら、家から20分ぐらいで行ける店舗を発見!さっそくパトロールして

  • ヘタすぎて帯に謝りたい

    職場の健康診断に行ってきました。メタボチェックで看護師さんが腹囲を測ってくれるのですが、首をかしげながら何度もやり直しておられるので「どうされました?」とお尋ねしましたら、「いえ、何度も間違いじゃないかと測り直してるんですけどね。去年より腹囲が12センチ

  • 腹立たしいけど手放せない

    大阪はコロナ感染数の赤信号が点灯しましたので、今週の予定が中止や延期になりました。本当は今日、お着物好きの方たちと船場センタービルに行く予定でした。私が通っていた頃(15年前)には無かった人気の呉服店にも行ってみたかったし、昔ながらの老舗を訪ねるのも懐か

  • 髪を伸ばしている理由

    月刊アレコレの最新号が「グレイヘアときもの」だそうで、グレイヘアの素敵な女性が6人登場されるそうです。うう、残念ながら母の意見にゆだねる形でグレイヘアを挫折(中断)して、再びヘアカラーを再開した私ですが、吟味もせずにテキトーに選んだ髪色が洗髪するたびに良

  • 着物ブロガー3人で奈良へ

    奈良にご一緒させていただいのは、おかんさん、riyoさんという、ameblo関西着物ブロガーの両巨頭でしたので、楽しみでもあり緊張もしてました(笑)。美意識の高いお二人の同行者として恥ずかしくないようついていくのが精一杯でしたが、たいへん楽しい良き一日となりました

  • 結城紬で名残りの紅葉狩り

    今秋は10年に一度の紅葉の当たり年だったそうで、全国各地で紅葉狩りを楽しまれた方も多かったかと思います。残念ながら今年は紅葉に縁がなかった私でしたが、嬉しいことに「名残りの紅葉を観に行きましょう」とお声を掛けていただきました。久しぶりに奈良に出掛けてまい

  • 本場結城紬を初おろし

    ささら着物着付け教室の三木やすよ先生は、生徒さんにこう御指導されているそうです。「初めて着る着物や帯を身に着けるとき、着用当日にいきなり着るのではなく、少なくとも一度は必ず着ておきましょう。着物や帯に自分のご主人様は誰かを知ってもらうために。でないと、戸

  • 顔タイプ着物診断を拝見しました!

    京都の悉皆・文字商店さんの勉強会でご一緒させていただいた更彩(きよか)さんのamebloを、後日になってから発見したのです。なんと更彩さんはチアキ先生の後輩!顔タイプ着物アドバイザーねや資格を取得されて、近々初めての講座を開催されるという。更彩先生は後列右から

  • 沈む着物にキラキラ帯を

    昨日は買い物のためスーパーの駐車場に停めていたクルマのエンジンが突然かからなくて参りました。まさかのバッテリー上がりで、ロードサービスの人に来ていただいてエンジンをかけてもらいました。その足でガソリンスタンドに直行して、念のため新しいバッテリーに交換。ク

  • 昭和の羽織ものを現代にリメイク

    羽織ものの季節当来ですが、やはり一枚あると重宝するのが墨色か黒の羽織ものだと思います。黒ならどんな色の着物にも合いますし、無紋であってもフォーマル感が出て、きちんとした印象になりますし。昭和40年代に一世を風靡した黒羽織の羽二重の反物を持っていって、教室

カテゴリー一覧
商用
読者になる
clear この画面を閉じる

読者登録してブログ村リーダーで
このブログをチェック!

還暦着物好き日記

着物が好きな59才、母と二人暮らし、コロナ禍で仕事ほぼ休業中です

読者になる