searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

tadashiさんのプロフィール

住所
小平市
出身
西成区

路上ライブを始めて「仙八先生」というテレビドラマに出演し、当時警察がうるさかったので、路上ライブも出来なくなり自転車ツアーで全国を回り、40代はリュックを背負ってギターを持って8000kmを歩くウォーキングライブツアーを行い、50代には1000日間一日も休まず唄い続けるという連続ライブを行い現在60歳、死ぬまで唄い続けるという目標を持ち、音楽だけで生き続けている男です。

ブログタイトル
高橋忠史・脊髄小脳変性症と生きる・唄い屋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tkhs1952
ブログ紹介文
難病・脊髄小脳変性症に侵されても音楽を諦めない、シンガーソングライター・高橋忠史の毎日の日記
更新頻度(1年)

368回 / 365日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2012/09/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tadashiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tadashiさん
ブログタイトル
高橋忠史・脊髄小脳変性症と生きる・唄い屋
更新頻度
368回 / 365日(平均7.1回/週)
読者になる
高橋忠史・脊髄小脳変性症と生きる・唄い屋

tadashiさんの新着記事

1件〜30件

  • 花束

    昨日ひなとこっこが朝出勤のみっちゃんにつれられてゆいと一緒に来てくれた。ひなとこっこなりに、日々体調が悪くなる僕を気遣っているのだろう。典子さんは大変みたいだが、ひなとこっこのお蔭で賑やかな週末を過ごせる。今日は敬老の日だって。レゲエの神様、もう死んじゃったメッセージシンガーでもある、ジャマイカのボブ・マリーの曲、「ノー・ウーマン・ザ・クライ」で始まる曲をウクレレで弾いてみた。ひながウクレレを取ってくれたが、指が動かずコードが弾けなかった、でもチャレンジだ。なんとか弾けるようになりたい。いつの間にか老人になってしまった。高齢者であっても障害者であっても、目の輝きだけは失くしたくない。今も何も出来なくて、それでも毎日唄を作り、ライブすることを夢見てる。健常者であろうが障害者であろうが目的を持って生きたい。人間とし...花束

  • 泣き笑い

    ミックスダウンのソフトの使い方がより深く分かってきた。何度も言ってきた事だが、シンプルイズベスト。シンプルとは何も足さない、スッピンの事だ。とても勇気がいる。これが基本だ。よりシンプルにして、縦方向のエフェクトを意識させると深みが出る事が分かってきた。微妙なエフェクトの変化で、音が変わるので、音決めまで時間が掛かる。死で総てが中断しても、あの世に持ってゆく課題を沢山ふやしたい。知識が増えると疑問点も見つかってくる。僕達は分からない事を分かろうとして、知識を増やしてるのかな?。泣き笑い悲しいとき涙ぐんでうれしい時笑い転げて悔しいとき拳握って共に泣いて共に笑って淋しい時暖めあって幸せなら語りつくそう苦しい時ささえあって共に泣いて共に笑って冷たい時暖めあって暑い日には影を作って君を守る守り続ける共に泣いて共に笑って出...泣き笑い

  • 邪魔な奴

    どうも、足のダルさが抜けてくれない、と同時に力が入らない。夜中あまりのダルさに目覚めてしまう。それが連日続くと主治医に話したが、原因不明で薬は出してくれなかった。昨日訪問医療で来てくれている平野クリニックのあんの先生が独自に調べてくれ、カッケかもしれないから、カッケを緩和できるビタミン剤を処方してくれた。今日から4連休なので、昨日ビタミン剤を薬局が持ってきてくれた、助かる。17日の話し合いの中に、当然僕と典子さんも入っている。典子さんは誕生日が来て67歳の高齢者だ、腰が痺れて国分寺の病院に通ってリハビリを受けている。典子さんも本来介護される立場の人間だ。何も出来なく、弱っていくだけの自分が情けない。祝われることが自分にとって嬉しいと思ったことが無い。僕って変なんだろうな。嬉しいと思ったことが無い。子供の頃から、...邪魔な奴

  • 昨日はケアマネージャーさんとウィズケアー(訪問リハビリと訪問看護二週2回来てくれている)を代表してリハビリのアサコさん、介護用品を扱っているサカイヘルスケアーの伊藤さんが午前中に集まってくれて介護5になった僕のこれからの事について話し合ってくれた。サカイヘルスケアの伊藤さんが、僕の顔を見るなり「ふっくらしましたねー。」と言ってくれた。訪問看護の看護師さんに、風呂上りに体重を量ってもらっているのだが。前は50kgそこそこだったのに、今は56kgと増えている。ありえないことだ。たった一つの命に、3人もの人達が関わってくれている。迷惑をかけながらも、僕に関わる人の仕事を作ってる。僕が生きることで、貧しい国の人が命を奪われている現実を把握して、生きる意味を、深く考えなきゃ。僕はクソがつくほど真面目だと思っている。いっぱ...恋

  • 信仰

    前から言ってる様に、僕は無宗教だ。神仏だけじゃなく、何も信じられ無いのかもしれない。でも、信じることで救われる事を否定したくない。そのつながりをりようして、権力を持ったり、お金を稼ぐ奴らは嫌いだ。神仏や天国も地獄も、人の作った素晴らしい想像物だと僕は勝手に思ってる。信じられない事、信じる事も含めて、すべての事がその人の心の中にあると思ってる。想像だ、創造だ、人は都合が悪くなると他人のせいにするが、作ったのは誰だ。都合の悪い責任は、責任を逃げるんじゃなくて責任を取ろうよ。信仰祈りの道は果てしなくどこまでも続く長い道荒れた大地を踏みしめて乾いた唇愛でうるおす命途切れて祈り途切れても信じる道は愛を育ててるきっといつかきっといつかこの思いを届けよう銀河の彼方こえてゆけ光に誘われ沢山の人が朽ち果てたとて信じ続け渇いた大地...信仰

  • 唄う事

    5年前だったか6年前だったか年数は定かでないが、この今のアパートに6月の下旬越してきた。その頃は車も運転していたし、たまに意味なく転んでいたが病気の事は知らなかった。そして秋になって病気を知った。治療法の無い難病だと。今まで考えもしなかった命が愛おしく、朝に散歩するようになった。散歩する事でアパートの人とも親しくなり、自治会活動にも参加するようになった。お蔭で、この後、尿が出なくて倒れこんだとき、救急車を呼んで病院に担ぎ込んでくれたのは、自治会のメンバーだった。もしも付き合いがなかったら、その時点で、部屋で死んでいただろう。そんなことが何度もあり、みんなの力で、今日まで生き延びてる。新型コロナウイルスの影響で中断しているライブも、渡辺さんがアカペラでもいいじゃないといってくれて、ホームコンサートを続けている。み...唄う事

  •  諦めないで

    続けることが僕の生き方だ。介護されてる身で、長く生きると言う事は、その時間だけ沢山の人に迷惑を掛けると言う事だ。その覚悟も、持たなきゃいけないと言う事だ。カッコ悪いと言う事だ。迷惑をかけまくって生きてやる。ボロボロになっても唄い続けると随分昔に宣言したような気がする。新型コロナウイルスのせいで、今年はライブできてないし、病気のせいで、声も出にくくなっているが、やるつもりだ。ミックス・ダウンでは音の追及を。作詩では、言葉を描くように。不器用で、へた糞だからうまく出来るまで時間が掛かるが、諦めない。パンポッドが使えるようになったことと、耳の聞こえ方が進化したことでイコライザーと音量の増減で曲の雰囲気が変わった。と同時に使っていたエフェクターの量が減って、よりシンプルになった。シンプルイズベスト、・・・ミックスダウン...諦めないで

  • 時代の判断

    ひなとこっことゆいが、典子さんの誕生日を祝いに、昨日の午前中にやってきてくれた。僕という人間の中にある正と負。何が正しいことで、何が間違った事なのか僕には判断出来ないが、僕の心の中で負を正当化させようとしている、思いがある。正しいと思っているほうへかたむけさせたい、そう思っても生きにくい。いけないと思いつつ、負のほうへ加担してしまう僕がいる。生きるってそんなことの繰り返しかなー。だから歴史は何時まで経っても改善されないんだね。僕の若い頃はロックのリズムにどうやって日本語の歌詞を乗っけようかと必死だった。それを当時の大人達は嫌った。ギターを弾いているだけで不良と言われた時代だ。当時の不良がつくた唄が音楽の教科書に載ったころから不良と呼ばれなくなった。今の若者は、ロックのリズムをいとも簡単に取り入れている。ギターケ...時代の判断

  • それぞれの楽園

    フェイスブックのメッセージに僕から動画が送られているようですが、僕は何も送ってないですから、開かないで下さい。悪い奴が居ます、気をつけてください。心の叫びが言葉になって、唄になる。歌のために詞をかいて、唄を作ったことがない。というか、その技量もなかったし、考えもなかった。言葉の、てにおはを理解する事で、言葉の意味合いが変わってくることを知ったのは最近の事だ。表現力も深い、突き詰めればきりがない、ワクワクするぜー。だからどうしても、経済活動に反比例する唄になってしまう。金に繋がらない唄だと近寄ってくれるのは、少数の同じような考えの人達だ。売れるわけがない。経済弱者の国々の人を利用して、我が国は経済大国になっている、その経済の恩恵を受けて、我々弱者は社会保障の恩恵を受け、新しい高額機材で守られている。何が正しいんだ...それぞれの楽園

  • 愛は

    今はこの世に居なくなってしまった親父とお袋の思い出だが。何時もお袋の事を「ふみー。」「ふみー。」とののしる様に呼び捨てにしていた親父だったが。お袋が、癌で病院に入院していた時、腑抜けだった。毎日のように馬鹿にして呼び捨てていたおふくろに、親父は支えられていたんだね。二人の事は、二人にしか分からない何かの力があるんだね。親父の悪口も言っていたおふくろだが、死ぬまで親父の事ばっかり話していた。淳ちゃんの持ってきてくれたダッドで録音されたライブ録音も凄いのだがその前に、「ありがとう」にサラウンドを掛けるとライブ感が半端なく、物凄く音がよくなった。ミックス・ダウンは面白い。愛は愛は夢夢は愛ぬくもりに包まれて愛は夢夢は愛幸せに包まれて嘘つきなまやかしの世の中をまっすぐに真っ白に生きてゆく与えるものじゃない求めるものじゃな...愛は

  • 男と女

    家族の中で、親父とお袋だけが血がつながっていないのに、長く人生を共にする。なんなんや。一番安心でけへん関係の2人が、寄り添い支えあって長く付き合う。男と女って不思議だね。愛し合うって不思議だね。愛すれば愛するほど独占したくなる。愛国心もその一つか?。独占欲が強くなればなるほど、愛するものを守りたくなる。愛するものを守るために、正義の戦いが始まる。戦いに正義なんてないのに。男と女男は戦いつかれて帰って来る女は守りつかれて帰りを待つ支えあって絡まりあって重なり合って一つに溶ける違う事が思いの始まり足りないからこそ求め続けて惹かれあってぶつかり合って重なり合って一つに溶ける埋めあう事でバランスとって分かり合えないまま一緒に過ごし分かり合った振りしてごまかしあうそれが愛なのかも知れないねわからないのに相手を思いわからな...男と女

  • 僕は生きてる

    何気ない一日が、人の一生を作ってゆく。夜なく鳥たち、虫の声に、街灯の明かりを感じる。ありえない事が、起こっている。何気ない一日が、感じ方一つで、ドラマチックな日に変わってゆく。かなり身体は麻痺してきてる、小脳か脳幹かわからないが、かなり減ってきてるようだ。トイレに一人で行けてるが、ぶら下がり棒にぶら下がって何とか立ててる状態で、足はほとんど動かない。治療法が解明されていないのだから、仕方ないか。死期を知れないのも、一般の高齢者と一緒で仕方ないか。でもまだ諦めちゃいないぞー。僕は生きてる雨音が聞こえる締め切った窓から夏の暑い日稲妻が走った僕はここに居る僕は生きている鳥の声がする暗い夜空に街の灯かり一つセミが鳴いている僕はここに居る僕は生きている行過ぎる交差点あふれる人々言葉も交わさず通り過ぎてゆく僕はここに居る僕...僕は生きてる

  • 代わり

    決まりのあるゲームじゃないんだ、人生は。何が起こるか分からない。ある日突然天国へついたと思ったら奈落の底へ。振り返れば道は出来てるが、目の前に道は無い。この世に答えはないのに、答えを出す教え方をする。教育は考え方を教えればいいのだ、答えは必要ない。足踏み車椅子で外に出て散歩できていた頃感じられた季節の移り変わりも出会う人の変化も、感じられなくなってしまった。窓の外から聞こえる音だけが情報の総てだ。音の情報しか無い事をなげいても仕方ない。それが今の僕の総てだから、そこから想像力を働かそう。「負けてたまるかー」は、弱い自分に発する言葉だ。正直なままで正直なままでいたい嘘つきにはなりたくないさ答えを知る事よりその道を歩いてみたい子供の頃みたいに正直なままでちょっと遅くなっても恥ずかしい事じゃない近道を探すより遠回りし...代わり

  • 代わり

    はやり(流行)に、のるんじゃなくて、乗せられてるジャン。売れ残った商品を、売る為に、金に変えるために。大型企業が流行を決める。お蔭で僕たちは、無料でTVやラジオやインターネットを利用できてる。マスコミも大企業がスポンサーだから、言いなりだ。情報操作は、お手の物だ。経済のしわ寄せ(貧しさ)はあるが、そのお蔭で僕たち障害者は生きやすくなっている。流行に群がるのは、今の競争社会を生きるように仕組まれた同じ答えを出すロボット達。人をロボット化するのは、教育産業かな。言う事を聴いて、壊れてもすぐ取替えができるように。脱、個性だね、リクルートスーツがいい例だ。代わりふざけんじゃねー俺達生きてるんだ何のためだか分かんないけど振り回されているんだねどうでもいいことに違う考えが救いの道なのにふざけんじゃねー俺達生きてるんだ何のた...代わり

  • 限り無い旅

    レコードを出せていた頃は、なかなか曲が出来なくて、何の思いもなく人とは違う表現を目指していた。若くて突っ張っていたけど、ボキャブラリーが少ない分、優しくわかりやすかったんだろう。結構いい唄を作ってる。最近になってやっと表現したいことや、その表現方法がわかってきたら、言葉が硬くてわかりずらい。考えの違う多くの人に、物を伝えるのは難しい。だから、楽しいんだ。68歳で表現したいことがあって、悩んでいるなんて、贅沢なことだ。限り無い旅消えてしまうまで忘れられてしまうまで届かぬ夢を届けようとして命燃やしながら夕陽を追いかけ誰もが我武者羅に生き続ける命はつながり歴史は作られる荒波に逆らい旅するように行く手をはばまれもみくちゃになってもそれでも我武者羅に生き続ける嵐は去って穏かな一日限りない旅はどこまでも続く差し込む光に風を...限り無い旅

  • 覚悟

    まるで食欲がない、口の力も落ちてきたようで、かむのがしんどい。話せなくなったら、唄えなくなるので、ゆっくりしか話せないけど、なるべく典子さんに話しかけようと意識してる。一昨日訪問医が来てくれたので、命が何時まで持つか聞いてみたのだが、やっぱりわからなかった。医師もわからないことだらけだそうだ。いっぱいやり残して、ぶざまに死んでゆくんだよな。「僕は、まだなんもやっちゃいないよ」っていいながら。そして忘れられるんだ。生きるってカッコ悪いんだよな、だからカッコ付けたくなるんだよね。精一杯カッコつけようよ、生きてる間。人生は長いようで、短い。人の一生は、一瞬で消えてしまう。だから精一杯カッコつけようよ、生きてる間。詩を書くことしか出来なくなってしまっている。でも、詩を書くことが出来てる。もっと簡単に人の心を鷲づかみに出...覚悟

  • 頑張ろう

    昨日の朝、又パンツを大便で汚してしまった。一人で漏らさないように頻繁にトイレに行ってるのだが、もよおしてから車椅子でトイレに行ってズボンとパンツを下ろすまで時間が掛かる。その間に漏れちゃった。もう少し早くトイレに行ってれば大丈夫だったが、詩を考えていて、タイミングを逃してしまった。病気の事をつい忘れてしまうが僕は、要介護5の難病なんだ。昨日昼ごろ、ひとみさんが明美さんが作ってくれているページに写真を掲載してくれていた。5年前まだ歩けた頃だ。でも今より死を恐れていた頃だ。元気な姿が懐かしい。随分昔の話だ。街中で、妊婦さんを見かけることはほとんどなかったのに。典子さんが妊娠したとたん、街中に妊婦さんがあふれるほど沢山見え出した。そんなもんだ、人間は。自分に差し迫ったことでないと、そこにあっても見えない。だから諦めな...頑張ろう

  • 今から始める

    昨日、音響のミキサー、佐藤淳がやってきてくれた。過去の有名アーティストが参加してくれてるライブデータを持って。こんな年寄りのところへ、やってきてくれるのがありがたい。この歳になって、みんなに来てもらえるのは、病気のお蔭かな。母なる愛は無条件だろう。父なる愛もそうだろう。兄弟愛もそれに近いだろう。まれに違う事もあるが、人は身内に優しくなれる。一年後に開催されるかもしれない東京オリンピック・パラリンピック、日本選手がメダルに届きそうな競技であれば普段いくらマイナーな競技でも話題になるだろう。そんなもんだ、それでいいんだ。身近なものを愛するように、総てを愛したい。無理だよね。でもそう思い続けて唄を作りたい。昔、親父によく言われた。辛くなったら、自分より、もっと辛い思いをして生きている人がいることを思い出せ・・・と。下...今から始める

  • 唄い続ける

    僕は昔から言ってるように、賢くも無く才能も無い。こう書くと健常な状態みたいだが、今の状態を文字で伝えるとこんな感じかな?。記憶・・・力・・も・少なく・・・、・人・・の・言う・・事を・・聞か・・ない・・。・こう書くと点々の数が多いようだけど、実際キーを打つ時はもっと遅く、点々の数が増える。負け・・・・ん気が・・・・・・強い・・事と、・・・・・・同じ・・・・事を・・・・何度・・・・でも・・・・繰り・・・・返す・・・・ことが・・・・・・出来る・・・・・・粘り・・・・強さ、・・・・・・が・・長所・・・・かな。・・・・・・僕はチャレンジャーでもある。でも、飛びぬけた才能は無い。誰でも出来る、誰もやったことの無い事にチャレンジしてる。僕は凄い事は、何もやってない。人のやらない平凡な事を、やってきただけだ。そして今も、大好き...唄い続ける

  • 負けない

    8月のお盆前に介護認定の人がやって来て審査された。前は要介護2だったが要介護5になった。これ以上の等級はない。それだけ介護が必要だと言う事だ。野原さん、行き違いがあったみたいでご迷惑かけました。改めてカンパありがとう。止まらない。成長が止まらないように、僕の病気も止まらない。パソコンのキーボードは工夫して超ゆっくり打てている。が、なかなか目の焦点が合わない。でも、そんなことは、運動機能が衰えた人でしか分からない。明美さんの作ってくれているページに書き込みがあった。東京都が推薦するヘルプマークの事。ほとんど誰も知らない。僕自身も障害を持つまで、知らなかった、そんなものだ。書き込みは、ヘルプマークは、いざと言う時まで隠しておいて、いざとなったら出せば良いと言う物だった。僕のようにいざとなっても身体が動かない人の事は...負けない

  • ありがとう

    のはらさんそしてたけうちさんカンパ有り難う。昨日、市役所から、郵便物が届いたようだ。典子さんいわく、介護度の等級が5に上がったそうだ。嬉しくないね。何も出来ない状態だが、出来る事を捜してやり続ける。パソコンのキーを打つのもひと仕事だが、頑張るぞー。病気と共に生きるんだ。愛されて、愛されて、愛されて生きてきた。残念な事に幼少の頃、三重県の山奥、祖父母に預けられ両親の愛は知らない。だから両親とは死ぬまでギクシャクしたままだった。でも今も尊敬してる。そして何も返せてない、それが悔しいけど、それが愛なのかな。返すところが違うのかな?。見返りのないのが、愛なんだろう。生きる事と、長生きは意味が違う。能動的な事と、受動的な事の違いか?。創造と、想像のちがいか?。治療できない、難病を知ったとき。死ぬのが怖くて、毎晩怯えてた。...ありがとう

  • 命の矛盾

    病気と闘うんじゃなくて、共に生きるんだ、といってるスポーツ選手がいる。今まで僕は病気と闘って勝とうとしてきた。いやちがうんだ、勝ち負けじゃないんだよ。共に生きるんだ。この病気は相手がいるわけじゃなく、老化と一緒で脳細胞が消えて行くだけだ。闘う相手がいないのに闘おうとするじたいおかしいし。知識が無きゃ差別につながる。共存の為の闘いだ。脳細胞が死滅するまで共に生きるんだ。どんなに不細工でも、命永らえることも大切だが、今を生きるんだ。今何をしたいか、今何が出来るか、自分に問い掛けながら。音も究極の原点プラスアルファーを求めてる。ミックスダウンもまだ続いてる。原音レベルを統一しエフェクターを間接的に薄く掛ける。エフェクターを直接掛けると、音がぼやける。原点をしっかり聞き取る、耳も必要だ。そして、忘れてはいけないのがシン...命の矛盾

  • 朝夜が明けて花が咲く露光り命つなぐ陽は登り朝が来て虫達が騒ぎ出す…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………病気との闘いを助けてください。みなさんの支援(カンパ)お願いできたら有難いです。可能な限り今まで通り、ブログ書き続けますので読み続けて下さい。読んでくれてる人が居てくれるだけで僕の生きる力になります。セブン銀行カーネーション支店普通預金口座0513518高橋忠史セブンイレブンでなくても銀行、郵貯、信用金庫、ネットバンクから振り込めます。………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………1870004東京都小平市天神町2-15-2-203高橋忠史高橋忠史のフェイスブッ...朝

  • 夜明け

    一日早いですが、問い合わせが多いので書き送ります。昨日、フェイスブックのメッセンジャーで問い合わせがあったのですが、僕から何かを送ることは返事以外ないので開かないで下さい。一昨日、国立精神・神経医療研究センター病院でタクシーを待つ間、待合室で時間をつぶしていた。電動の車椅子の人、車椅子を押してもらってる人、歩行器で歩く人、杖を頼りに歩く人、何にも頼らずでもギクシャク歩く人、まだ普通に歩けてる人、色んな難病の人が僕の前を通り過ぎて行く。普段の暮らしで、人を見る機会がないので、久しぶりに新鮮だった。ここは神経内科専用の病院で、同じような症状の人が集まる。ゲタのつっかけを鳴らしながら、だらしなく通り過ぎる、突っ張り女性がいた。立ち上がれなくなった僕からすると、だらしなく人に見せるのは、かなりの高等技術だ。だらしなく見...夜明け

  • 唄い続ける

    昨日の朝、典子さんに車椅子を押してもらって国立精神神経研究センター病院に出かけた。玄関を出るのは久しぶりだ。梅雨も終わり、遠くに入道雲が見える夏の暑い日だ。目の焦点が合わず、くらくらするが気持ちいい。病気そのものが、死ぬのを待つだけの難病だが、足腰がだるくて痛くて、毎晩起きる。そのことを主治医に話したら、原因はほかにあるらしく腰のレントゲン写真を撮った。起き上がるのは大変で、ふらつきは普段よりひどい。真っ暗な中一時間ほど座っていると、少し楽になって又眠る。人と比べれば、必ず劣っている。治療できない難病になり、日々進行してゆく。1級障害者として認定され、生きていくのに仕方の無い事だ。苦しさをいくら訴えても、健康な人には届かない。何で僕が40代で8000kmも歩いたか、伝わらないように。人は経験した事でしか、総てに...唄い続ける

  • いい匂い

    唄には、哲学があると僕は勝手に思ってる。若い頃はそれが、偶然に出来ていた。この歳になって、やっと理屈が分かって詩を書ける様になって来た。どちらが凄い事だかは分からない。これからだ。若いときに、勢いで出来た事を良しとして、出来なくなったと言い訳し、諦めてしまったら。学びって何だと言う事になってしまうだろう。機能が衰えてゆく、高齢者こそ、それを補う学びが必要になる。学びが大切になってくるのは、一人で生きるようになってからだ。本物の学びは社会人になってからだ。いい匂い素敵な香りは何処にある探したけれども見つからない手に入れるのは簡単さ金の山を積めばいい混ざった香りが臭いだすそいつを消すには消臭剤手に入れるのは簡単さ金の山を積めばいい働いて働いて苦労して働いて働いて苦労していいも悪いもあるものか大切なものを無くしてく丘...いい匂い

  • 命の泉

    昨日、中学一年生の孫のひなが一人で遊びに来てくれた。一人で自転車できてくれたので、夕食前、暗くなる前に帰っていった。うれしいことだ。常にチャレンジし続けているので、記憶の入力が多い分だけ、忘れてしまうことも多いのだろう。元々過去には興味が無いというか、振り返る事があんまり無い。今出来る事を考えるだけで精一杯だ。死ぬと言う事は、総てのものが消えてしまう事なのかもしれない。単なる僕の意見だから、違っているかもしれない。でも、そこに生きた生き方は人に引き継がれてゆくものだと思いたい。生きるってなに?。過程が大切であって、存在がメインじゃない。命を永らえさせるだけじゃなさそうだ。人は過ちも犯すだろう、逃げ出す事も騙される事もそそのかされる時もあるだろう。悩めばいいさ、悔やめばいいさ。そして今を生きようよ。命の泉いつかは...命の泉

  • 命をつないで

    シンプルイズベストを、表現したくなった。言葉を削って、分かりやすく、なおかつ深い表現って難しい。表現もそうだが受け取るのも人それぞれだ。言葉と言葉の間には、行間には見えない想いがいっぱい詰まってる。それを聞き取る力を持たないと、表現力もつかないだろう。まだ歩行器を使って歩けていた頃。朝早く出て、アパートの玄関先の草抜きをしていた。ただ単純に、自分の歩くところが汚れてるのが嫌だったからだ。誰かの為になんて立派な事は思ったことも無い駄目な奴だ僕は。いつも自分の事しか考えられないんだ。命をつないで花が咲いてる小さな花が夜露に濡れて輝いて命をつないで咲いているなにげなくさりげなく蕾を開いて朝を呼ぶ虫達を誘って蜜を出す命をつないで咲かせてるなにげなくさりげなく花が咲いてる小さな花が夜露に濡れて輝いて命をつないで咲いている...命をつないで

  • 心の消しゴム

    振り返れば、アーすれば良かったコーすれば良かったの連続だ。一見成功したように思えるものも反省の材料だ。僕は欲張りだ。常に向上していたい。だから、やりきった事は無い。ゴールが見えた頃、次のゴールが浮かんでくる。常に向上していたい。心の消しゴム涙ぐんで泣きぬれて失敗ばかり繰り返して大学ノートの日記帳に書いた消してしまいたい青春の日々死んでやると反抗まじりナイフで腕を切り刻んで赤い血を見た鼓動を感じて怖くなって僕は生きる道を選んだ苦労は試練悔しさは目標言い換えるだけでそれだけで明日に希望が湧いてくる今日を乗り越えつなぐ力に心の消しゴム

  • 明日はきっと晴れる

    40代を歩いた。約8000km歩いた。子供が2人もいて、好きな事意外はやりたくなかった。自分自身を代える必要があった。楽しい事なんて何もなかった、苦しみの連続だった。毎日が予測できない出来事ばかりだった。お蔭で考えさせてもらえた。8000km歩いた事で最初は何度も死にそうになった、でも死ななかった、そして身体が健康になった。いやいや続けたチャレンジだったが、僕の大きな財産になった。明日はきっと晴れる流れ落ちてしまうだろう都会のあかと汚れた時間綺麗になって1からやり直す駄目な所はみんな捨てて人の心に雨が降る淋しさが窓をたたく明日はきっと晴れるだろう明日はきっと晴れるだろう流れ落ちてゆくだろう夢と現実壊れた時間裸になって1からやり直す過去の事はみんな忘れて人の心に雨が降る淋しさが窓をたたく明日はきっと晴れるだろう明...明日はきっと晴れる

カテゴリー一覧
商用