高橋忠史・脊髄小脳変性症と生きる・唄い屋
読者になる
住所
小平市
出身
西成区
ハンドル名
tadashiさん
ブログタイトル
高橋忠史・脊髄小脳変性症と生きる・唄い屋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tkhs1952
ブログ紹介文
難病・脊髄小脳変性症に侵されても音楽を諦めない、シンガーソングライター・高橋忠史の毎日の日記
自由文
路上ライブを始めて「仙八先生」というテレビドラマに出演し、当時警察がうるさかったので、路上ライブも出来なくなり自転車ツアーで全国を回り、40代はリュックを背負ってギターを持って8000kmを歩くウォーキングライブツアーを行い、50代には1000日間一日も休まず唄い続けるという連続ライブを行い現在60歳、死ぬまで唄い続けるという目標を持ち、音楽だけで生き続けている男です。
更新頻度(1年)

319回 / 322日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2012/09/23

tadashiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 19,744位 20,429位 18,860位 20,474位 19,092位 20,703位 20,785位 975,046サイト
INポイント 10 0 10 0 20 20 20 80/週
OUTポイント 20 10 30 10 40 40 60 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 312位 321位 287位 318位 289位 323位 316位 27,987サイト
シンガーソングライター 7位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 383サイト
病気ブログ 548位 562位 531位 576位 529位 585位 581位 21,564サイト
難病(特定疾患) 3位 3位 2位 3位 3位 4位 3位 522サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 26,840位 28,263位 26,205位 26,327位 24,741位 25,881位 25,692位 975,046サイト
INポイント 10 0 10 0 20 20 20 80/週
OUTポイント 20 10 30 10 40 40 60 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 244位 263位 233位 226位 207位 214位 209位 27,987サイト
シンガーソングライター 4位 4位 4位 4位 3位 4位 4位 383サイト
病気ブログ 1,178位 1,222位 1,160位 1,168位 1,124位 1,183位 1,179位 21,564サイト
難病(特定疾患) 6位 9位 8位 8位 7位 8位 8位 522サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,046サイト
INポイント 10 0 10 0 20 20 20 80/週
OUTポイント 20 10 30 10 40 40 60 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,987サイト
シンガーソングライター 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 383サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,564サイト
難病(特定疾患) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 522サイト

tadashiさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tadashiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tadashiさん
ブログタイトル
高橋忠史・脊髄小脳変性症と生きる・唄い屋
更新頻度
319回 / 322日(平均6.9回/週)
読者になる
高橋忠史・脊髄小脳変性症と生きる・唄い屋
  • 成せばなる、成さねばならぬ何事も

    ミックスの目標は、ギター一本と唄だけで、オーケストラにしてやるだった。とんでもない馬鹿げた目標だったが近付いている。成せばなる、成さねばならぬ何事も・・・、だ。見つかったファイルは過去アルバムとして販売していたものだが、音質がまったく違うニュー・アルバムといっていいものだ。タイトルを「完熟」とつけようと思う。もう何曲かはミックス済みですが、出来上がるまでは内緒です。ギター一本がオーケストラ、「完熟」お楽しみに。次のライブの翌日、休日じゃなくなったんだ。昨日メールを開けたら、みゆきちゃんから届いてて教わりました。決めてしまったので変更はありませんが、来れなくなった人御免なさい。……………………………………………………………………………高橋忠史のライブ紹介高橋忠史ホームコンサート自宅アパート1870004東京都小平...成せばなる、成さねばならぬ何事も

  • まだまだ生きてやる

    ちくしょう、まけてたまるかー!。まだまだ生きてやる。たった1本のギターをディレイで分割しステレオ感を出し、2本のギターに聞こえるようにして、左右のバランスをとりなお広く響かせるリバーブ設定が出来た。旧ファイル発見のおかげだ。「熟成」に組み入れる事にした、凄くバランスのとれた音になった。「熟成」、又やり直しだ、時間が掛かりそうだが、生きがいになる。昔の言葉にあったなぁ、「成せばなる、成さねばならぬ、何事も」・・・だったかな?。知識は、失敗を繰り返し経験を積むことで、知恵に変わってゆく。大事なのは知識じゃなくて知恵だ。……………………………………………………………………………高橋忠史のライブ紹介高橋忠史ホームコンサート自宅アパート1870004東京都小平市天神町2-15-2-203(天神町2丁目アパート(都営住宅)...まだまだ生きてやる

  • 音楽小僧

    次のライブは12月22日です。時間と場所はいつもと同じ、ホームコンサートです。ギター演奏を後ろに広く響かせたかったけど、その方法が分からなくて「熟成」は終了してしまった。同時期に録音していたファイルが見つかって、ミックスを再開したら、ギター演奏を幅広く響かせる方法が見つかった。67歳、まだまだ音楽小僧だ、知らない事ばっかり、日々発見だ。……………………………………………………………………………高橋忠史のライブ紹介高橋忠史ホームコンサート自宅アパート1870004東京都小平市天神町2-15-2-203(天神町2丁目アパート(都営住宅)2号棟2階203号室)(西武新宿線小平駅南口下車徒歩10分)車で来られるかたはアパート内の駐車場、車止めが白いペンキで塗られている所に止めてください。2019年12月22日14時~(...音楽小僧

  • 12月にはライブを

    土曜日、このあたりは台風の直撃が噓のように静かだった。昼間、電車が止まったので店を休みにしたみっちゃんが買出しに行ってくれて、大風の備えをして家に持ってきてくれた。運転出来た頃なら僕の仕事だったんだが、今は、みんなに助けられて生かしてもらってる。なくなりかけていた米も少し持ってきてくれて、典子さんが買いに行かなくてすんだ、大助かりだ。周りの市町村は、結構被害が出ているのに、ここ小平市はいたって静か。もう少し生きろと言う事かな。「熟成」のミックスは終わった、僕なりに最高の出来だ。世界一いや宇宙一といえる出来だ、こんな音きいた事が無い。「熟成」と同じ頃録音したファイルが見つかった、これからはこのファイルをミックスしていこうと思います。だから病気とも闘いつづけます。その為にも12月にはライブをします、明日発表したいと...12月にはライブを

  • 努力し続ける事で得られる

    静岡県浜松の山の中の隙間だらけの掘っ立て小屋。東京の木造の防音設備も無いアパートの生活空間の4畳半。鉄筋コンクリートの東京の都営住宅板の間。録音した場所だ。前にも書いた通り。録音機材も時間もバラバラだ。おまけに最後に録音した時には、病気を宣告され命を考え始めた頃だ。まったく違う音を、同じ環境で鳴らしているように聞かせるのは、本来難しいことだが、20年以上たって聞く耳が良くなったことで、意外と簡単に出来た。病気で失ったものは多いが、病気のおかげで努力する事の大切さと努力し続ける事で得られる物もあるんだと教えられた。学ぶ気持ちを忘れない限り、目標は、おのずと生まれる。努力し続ける事で得られる

  • 正義を、愛を、唄う

    身体がが滅びてゆく、それを毎日感じながら、気力で補おうとしてる。もう一度、自力で立ち上がれると、思いたいと思ってる。かたや奇跡は起こらないとも思ってる。180度違う考えが行ったり来たりして一日が過ぎてゆく。ういたり沈んだりの、いさぎのよくない生き方だ。大きな台風が関東地方を直撃するとニュースが流れている。もしそうなれば、僕たちは生きていられないだろう。立ち上がれない、歩けない=逃げられないんだから。今歩ける人が問題意識を持ち、障害ある人も一緒に暮らせる世の中を作れればいいのに。何時かは誰もが高齢者になり、障害をもち始めるんだから。でもみんな近未来の事より、今が大切なんだ。今美しくあることに無駄金を使っても、やがて年老いて運動機能が間々ならなくなったときの事など考えない。それがやがて滅亡してゆく人間だから仕方ない...正義を、愛を、唄う

  • 何もしないのは非常に勇気のいる事

    最終的なエフェクターに部屋鳴りのリバーブを使っているが、これが演奏場所の位置づけに影響される事がわかった。重要な事だ。音のミックスは、毎日発見がある。裸が一番美しい。なのに人は装飾品を付けたがる。身の程を知ると言う言葉がある。向上心は大切だと思うが、身の程をわきまえた上だ。鎧や煌びやかな兜を着飾っても、本物の姿は生身の身体、裸だ。カミングアウトして始めて、人は強くなれるのかな。ちょっと何して何にもしない、何もしないのは非常に勇気のいる事だ。今まで実行できなかった。実行する勇気が無かった。僕の凡人たるゆえんだろう。何もしないのは非常に勇気のいる事

  • 最初からやり直し

    夜中に必ず一度はおきてしまう。尿袋の流れが悪くなって、おチンチンの奥が痛み出すから。起きて流してやると痛みは消える。だが睡眠が妨害される。そんな事で、きのうはながくおきすぎたかな?。コーラスと言うエフェクトいい効果をかもし出していたのだが、他のエフェクトを試す為にはずして見たら邪魔だと言う事が分かった。こんな事をこれまで何度繰り返してきただろう。だけどチャレンジは繰り返しに負けないことだ。これからも続くのだろう、いい音を求めて僕はチャレンジし続けるのだから。1流、匠を目指していたが僕は凡才だ。めげない才能は、誰よりもあるかもしれないが、他はいたって凡人だ。2流が僕なら、2流の頂点を目指そう、目標は何処にでもある、やる気が大切さ。エフェクトを全部取り払って、最初からやり直しだ。最初からやり直し

  • 生きてる証拠

    エフェクターを試していたら、新たな発見があった。ミックスダウンどこで終わればいいのか分からなくなってきた。宇宙に飛び出したほど音質はグレードアップしてる。例えがちょっと変かな。世界一世界一と言ってきたので、表現に困って宇宙に飛び出してしまいました。最終段階の前に、エフェクトをかませて、それからホール系の薄いリバーブを掛けました。これだけのエフェクト設定も無限です、答えはありません。肉体的限界のあるスポーツでも、世界記録が出続けているように。想像力がかみ合わされたミキシングに限界は無い。あるとすれば、好みだけの問題だ。今の僕にやれることはミキシングだ。とことんやろう。又焦点があわない。キーボード打つのも疲れるが、それがエフェクターを試していたら、新たな発見があった。ミックスダウンどこで終わればいいのか分からなくな...生きてる証拠

  • 命か、完成か

    エフェクターはミキシングじょう、意味があって、先人のミキサーたちが作り上げたものだろう。だから使ってみる価値はある。試してみる価値もある。意味は分からないが使ってみると、音質が又滅茶苦茶向上した。ミックスダウンもう少し掛かりそうだ。何事も、結果には、理屈がある。それを教えるのが先生と呼ばれる2流人だろう。理屈は知ってるが、応用の利かない人になるな。知識も大切だが、経験を重んじなきゃ何も生み出せない。命か、完成か、どっちが先だろう。命か、完成か

  • 音質はさらに、一段と上がった

    孫達と二人の娘が夜帰っていった。楽しい賑やかな一日だった。ミキシングなんて簡単なものさ、そう思ってこんなに時間が掛かると思わないで20年以上前に始めた。とんでもなかった、やればやるほど疑問が湧いてきた。ミキシングを始めた頃は、疑問を感じる知識もなかったんだ。得た知識を使って、精一杯の僕なりにいい音を作った。疑問を感じて修正したからって、いい音かどうかは分からない。何もしない事のほうが、いい事だってある。極力何もしない事を、知る為に知識を得、時間をかけるんだろう、何事も。僕達人類は、何の答えも出せていないんだ。悩み続けようぜ、67歳を過ぎても。丸裸の歌声だけにしたアカペラの、「天流」。録音したのは20年前だから、良くは覚えていないが、ギターも勝坂の自然音もボーカルも個別に録音していたようだ。各トラックに録音されて...音質はさらに、一段と上がった

  • 孫たちが泊まりにくる

    動かない腕を必死で動かして、今日もブログ書いてます。失われたものは戻らないし、なくしたものは見つからない、やり直すことは出来なくても、何度でもチャレンジ、始める事は出来る。生音の入ってるトラックは基本的にモノラルに設定して音を引き締め、サブトラックをステレオに設置して広がりをつける。この世にあるものは、総てが磨耗しなくなってゆく。デジタルは不思議だ、20年経っても磨耗も失いもしない、異次元だ、ありえないことだ。そこに僕はチャレンジする、未来に突入だ。過去を懐かしむのではなく、過去の思いを大切にするんだ。いつもライブをやってるこの部屋に、今日(5日土曜日)は孫たちが泊まりにくるらしい。賑やかだぞう。孫たちが泊まりにくる

  • 総てはデッサンの出来

    20年以上のときを掛け出来上がった、アルバム「熟成」、まさにタイトルの通り。10曲目は完全弾き語りだが、たった一本のギターがヴォーカルを包むように演奏されている。一本のギターの音を、イコライズ調整とディレイで時間をずらし左右に振って音を膨らませ、ヴォーカルを真ん中で振るわせた。12曲目は、ギターも勝坂の自然音も除去し、ボーカルだけのアカペラにした。何のことは無い、単純な操作だ、が、これが難しい。乗り越えるのは大変だが、そこには生では味わえない世界が広がる。シンプルイズベスト、総てはデッサンの出来にあり。基本が出来ているかいないかで是か非かは決まる。総てはデッサンの出来

  • アカペラ

    左手の小指の痺れは、この病気の前からだが、最近進行が早く、動かない、そして痺れは腕まで広がっている。それでも左腕は、全体のバランスを保つ為肩からぶら下がっている。支柱にして、事を起こそうとすると震えが小さく始まって、やがて大きく震え、使い物にならない。厄介者の左腕だが、無くてはならない存在だ。一見無駄に思えても、無駄なものなどこの世に存在しない。みんなどこかで何かの役にたってんだ。この世に、無駄は一つもない。くそう、この左腕、何とかならないかー。画期的なミックスです。アルバム「熟成」の、最後の曲「天流」のギターと勝坂の自然音を削除してアカペラにしました。シンプルイズベスト、物凄くよくなりました。アカペラ

  • 長万部町

    唄はしどろもどろでも、唄えるのだが話しづらい。まだ伝え歩きが出来た頃、典子さんに歩行器を押してもらって、北海道の長万部町の仲間達に呼んでもらった最後のたびを思い出して。「ほんまに・ありがとう」50を過ぎた男の背中に60過ぎた僕が背負われて駅の階段を上り下り命を一つ頂いてありがとうありがとうありがとうほんまにありがとう感謝してますほんまにありがとう心の底からほんまにありがとうありがとうありがとうありがとうほんまにありがとう幸せの種を見つけて育てようそして幸せの森をみんなで作ろうよありがとうありがとうありがとうほんまにありがとう夕暮れの町に鐘が鳴り響く昨日も今日もそして又明日ありがとうありがとうありがとうほんまにありがとう感謝してますほんまにありがとう心の底からほんまにありがとうありがとうありがとうありがとうほんま...長万部町

  • 基本をきっちりマスターしないと

    身体がどんどん動かなくなっている。パソコンのキーを打って文字を書くのも至難の業だ。でも、何も出来無くなった訳じゃない、人の何倍も遅くても時間を掛ければ出来ない事は無い、チャレンジだ。どんなに遅くともチャレンジだ。僕は死ぬまでチャレンジするぞー。ミックスは進化し続けている。酒を飲みながら、普通の部屋でコタツに入って、たった一人で録音したとは思えないほど。まるで、ホールで演奏してるようだ。基本中の基本、イコライザー設定が一番難しい、でもそこをクリアーしないと次に進めない。シュアーの58は、500~2000ヘルツを膨らませてあるようだ、そのあたりの周波数を削ると、又音が良くなった。何でも同じだ、基本をきっちりマスターしないと次には進めない。基本をきっちりマスターしないと

  • 僕の理想の音

    バラバラな音を一つにまとめ上げるなんて、出来るわけがないと思っていた、それが出来てしまった。音色をあやつれるようになったのだ。時間は掛かったが、諦めずにやり続けることで、奇跡は起こった。それでもまだ、40年、50年前のカリフォルニアサウンドには、勝てていない、ミックスは果てしなく奥が深い。だが20年の奇跡だ、やり遂げると強い意志を持ってやりつづければ、夢は必ず叶う。音に変化をつけることができるようになって、どれがいい音か分からなくなってしまった。困ったもんだ。だが、僕の理想の音に近づいた。僕の理想の音

  • 何が起こるか

    今の今まで、余計なエフェクターを多投していた事に気が付いた。基本、リバーブとイコライザーだけでよかった。非常にシンプルそのものだ。エフェクターは使えば使うほど面白い効果を出せるが、音に霞が掛かる。クリアーな音は、シンプル・イズ・ベストだ。録音したときが一番良かったのだ。そのことを知るのに20年以上かかった。無駄な時間と思うのはその人の生き方。僕は、無駄な時間だったとは思わない。ヴォーカルに深くリバーブをかけたかったが、そうすると全体のバランスが崩れた。仕方が無いので、何もしない設定にしていた。ここに来てその方法がわかった。ボーカルだけに深くリバーブをかけてみた。信じられない、前から言っているように、録音場所も機材も日付も違うのに、ミックスを繰り返すうちに、同じ環境の音になってきた。軌跡が生まれつつあるのだ。この...何が起こるか

  • 障害を難病を言い訳にしないで

    日々一喜一憂。前向きに生きても一生、後ろ向きに生きても一生。だから、前向きで生きようとするが、弱い心が顔を出す。後、どれだけ生きれるだろうと。この歳になればみな同じ、難病であろうが無かろうが、障害を持っていようがいまいが、平等に死はやってくる。ただ知らされているかいないかだけだ。僕はラッキーな事に、知らされているほうだ。障害を難病を言い訳にしないで、明るく生きていこう。誰の為でもなく、自分の為に。シンプルイズベスト。生き方も考え方も、むつかしくじゃ無くかんたんにいこう、実現するのは難しいかな。ミックスダウンやっと理屈が分かってきた。凄いを連発してきたが、やっと入り口に入ったとこかな。先は長く続きそうだ、御免。障害を難病を言い訳にしないで

  • 甦る

    録音当時、生音にリヴァーブを掛けていた事を思い出した。だから録音状態が悪いのだ。録音したトラックの音を均一にする為総てのトラックにコンプレッサーを掛けた。もちろんその前にはノイズゲートを掛けている。コンプの後、各トラックの調整をするとサブトラックではイコライザーがいらなくなった。ますますシンプルに成る。それだけ生音の状態が問われる。いい加減な状態の録音だが、演奏には自信がある。オーケーだ。高橋忠史、何の根拠も無いが、甦るような気になってる。病状は、ますます悪くなっていると言うのに。甦る

  • 毎日が発見

    中心部が際立つ、揺れのエフェクトを最終的に掛け、最後のリヴァーブタイムの設定を細かく変えてやることで、生っぽさが一段と鮮やかに表現できる。それと、各トラックの高音が邪魔をして音色を悪くしている。イコライザーで高域を思い切って削らないといけない。ん~ん。ミックスダウン、どこまでも続く、毎日が発見だ。12月のライブ、クリスマス前の連休があるから22日にしようかな、みなさんどうですか。3ヵ月後僕の身体はどうなってるか分からないけど、いつものように精一杯頑張ります。皆さん、助けてください。毎日が発見

  • 世界一

    昨日、典子さんが仕事に出かける前に窓を開けてくれていた。前のアパート越しに青空が見えた。朝の冷たい空気が入ってくる。すっかり秋だ。音作りに集中していると耳が異常に敏感になり、ちょっとした変化で喜び感動してしまう。それを共有してもらいたくて、つい世界一と連発してしまう。変化を感じているのは、音に携わる本人だけで、一般の人には心地よさしか伝わらないのに。一般の人にはあまり変化はわからないかもしれないけど、耳が敏感になった分、聞き分け上手になり、よりナチュラルに向上しているのは事実です、お楽しみに。世界一

  • 課程が大切

    始める事は何時だって出来る、言うはやさしいがなかなか実行できない。期限ぎりぎりいっぱいで、国家資格を取ろうと、城戸ひとみさんが勉強をはじめ試験を受けた。今回は残念なんだそうだが、次を狙うらしい。凄い事だ、チャレンジを始めたのは、少なからず僕の影響もあると言う。生きてる意味があるってもんだ、嬉しい。結果がいいにこしたことはないが、そんなことより課程が大切だ、チャレンジする気持ちが素晴らしい。ひとみさん頑張れ。課程が大切

  • 唄えなくても唄っています

    今回のライブ、さすがに疲れました。でも台風の中、足を運んでくれた皆さんのおかげで無事ライブを終えました。ありがとうございました。ただ生きてるだけの高橋忠史ですが、何も出来ないなりに精一杯毎日を生きさせてもらってます。満足に唄えなくても唄っています。先日のライブ、城戸ひとみさんの新たな挑戦への応援、そしてバースデイライブでした。もちろんぼくの生きる目標でもあります。軟弱な爺ですが、この世にいることが誰かの役に立つならこんなに嬉しい事はありません。高橋忠史、67歳、生き続けます。唄えなくても唄っています

  • 死んだら御免

    練習を繰り返したものの、唄う自信は無かった。ライブ本番、やはり台風の影響か観客は少なかった。人の出来無い事を、やらせてもらってる人生。話す事は何ぼでもある。唄うのはよして話すだけの講演会にしようと弱気になっていた僕に勇気をくれたのは、いつもボランティアで来てくれる松本亮さん。今日もコンガを持ってやって来てくれた。喉は張り裂けそうだったけど唄えた。松本さんだけではなく台風の心配もありながら、遠くから僕を確認する為に来てくれた人達のおかげです。みなさんが一緒に唄ってくれたから、普段より大きい声が出ましたありがとう。ミックス・ダウンしていい音になったものを、竹内さんに助けてもらって、製品化します。12月には、CD販売も含めたライブをします、もし時間が出来たら来てね。その前に、死んだら御免。死んだら御免

  • 大好きなおかき

    ヴォーカルとバック演奏の分離が良くなった。最終段階に短いリバーブを薄く掛け、音に揺らぎを加えた。大正解、奥行きが出て好みの音により近づいた。リバーブの前にディレイをかけてみた、これまた大正解。このブログは21日に書いてる。午後二時ごろ、明日のライブにこれないからと名古屋の太田さんがやってきてくれた。奥田さんに返したいものがあるとおいていった、いつもの、僕の大好きなおかきと一緒に。今回のライブは台風のせいで来れない人達もいるよ。……………………………………………………………………………高橋忠史のライブ紹介高橋忠史ホームコンサート自宅アパート1870004東京都小平市天神町2-15-2-203(天神町2丁目アパート(都営住宅)2号棟2階203号室)(西武新宿線小平駅南口下車徒歩10分)車で来られるかたはアパート内の...大好きなおかき

  • よりナチュラルに聞こえるように、バーチャルに

    この連休、いい日だと22日をライブ日程に選んだんだが、台風がやってきてるらしい。世界に誇る災害の国日本だね、暑さは遠のき、過ごしやすくなったが、自然の力には勝てない。来てくれる人は気をつけてね。マイクの特性が分かってきた。僕が録音に使っていたのは、シェアーの58がほとんど。録音の仕方かもしれないが、どうやら500ヘルツ辺りが、増幅されるようだ、そのあたりを削ってやるとクリアーな音になる。今、怒涛のように音響の知識が深まっている。今まで聞こえなかった音が聞こえるようになった。多くの人によりナチュラルに聞こえるように、バーチャルに音を想像している。最終段階のリバーブは、短く薄く掛けるとライブハウスで演奏してる感じだし、太く厚く掛けるとホールで演奏しているように聞こえる。僕の好みでホール演奏の形をとった。シンプルイズ...よりナチュラルに聞こえるように、バーチャルに

  • 積み重ねた経験と記憶

    耳が馴染んできた。もう67歳だから、モスキート音以上の高音は聞こえないが、聞こえる音域の中で聞こえ方が向上した,と言うよりも聞き分ける事ができるようになった。原音のギターに薄いリバーブを掛ける事で全体の音が引き締まった。録音はすべてデジタルで何年経っても、音の劣化は無いが。前にも言った様に、録音場所も時も機材も違っている、それを統一した同じ空間に感じてもらうには、相当のエフェクト設定が必要だ。イコライザー設定が大事に成ってくるが、忘れていけないのは、シンプルイズベスト。設定値は複雑になって来たが精神はシンプルイズベスト。音質はますます良くなってる。難病と言う病気のせいだけじゃなく、年齢的にも各機能は若いときと比べおとろえている。だが、積み重ねた経験と記憶がある。記憶と経験を生かして何かを創作したい、67歳には6...積み重ねた経験と記憶

  • みなさん、ありがとう

    知識をつけると、それだけ疑問と想像力が増す。別の言い方をすると、向上心が増す。又、ミックス・ダウンの話です。とっくの昔に終わったはずの。分からない時には最高だった音色も、変化を覚えた僕にとって物足らなくなってきた。やっと向上心が出て来た。明日この世にいないかもしれないというこの時期に。この時期に向上心をもてることが凄い、そしてこんな状況でも、僕を支えてくれる人がいることに感謝。パソコンのキーを打つのも大変になってきたこの時期にも、ライブに駆けつけてくれる人達がいるから僕は向上できるんだ。みなさん、ありがとう。……………………………………………………………………………高橋忠史のライブ紹介高橋忠史ホームコンサート自宅アパート1870004東京都小平市天神町2-15-2-203(天神町2丁目アパート(都営住宅)2号棟...みなさん、ありがとう

  • メンバーに音響技術士

    ミックス・ダウンの世界は無限だ。知識を得れば得るほど疑問が湧いてくる。と、同時に、想像力も高まる。録音技術はライブ時に生かされる。音響技術士も音楽を作る一員だ。メンバーに音響技術士のいるバンドが出てくるだろう。それほど今の、音楽状況は変わりつつある。メンバーに音響技術士のいるバンドが世界を制す。これは間違いの無い事だ。……………………………………………………………………………高橋忠史のライブ紹介高橋忠史ホームコンサート自宅アパート1870004東京都小平市天神町2-15-2-203(天神町2丁目アパート(都営住宅)2号棟2階203号室)(西武新宿線小平駅南口下車徒歩10分)車で来られるかたはアパート内の駐車場、車止めが白いペンキで塗られている所に止めてください。2019年9月22日14時~(午後2時~)料金無料...メンバーに音響技術士

カテゴリー一覧
商用