searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

いっちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

大学時代には1億円も稼いでビジネスマンとしての才能の片鱗を表し、更に自身を厳しい環境に身を置くため、日本一厳しいノルマが課せられたバブル期の野村證券に入社し、他社の追随を許さない圧倒的な記録を打ちたてた市村洋文のブログです。

ブログタイトル
いっちゃんのひとり言
ブログURL
https://ameblo.jp/firstvillage
ブログ紹介文
伝説の営業マン『市村洋文』が語るひとり言
更新頻度(1年)

300回 / 365日(平均5.8回/週)

ブログ村参加:2012/07/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、いっちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
いっちゃんさん
ブログタイトル
いっちゃんのひとり言
更新頻度
300回 / 365日(平均5.8回/週)
フォロー
いっちゃんのひとり言

いっちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 釣り堀営業はやめろ!

    私のところに個別経営指導コンサルでいらっしゃる若手オーナー経営者は、皆、営業上がりの人だ。20代前半で何も分からない営業の世界に飛び込み、まさに雑草を刈るよう…

  • 第32回夏季五輪東京大会

    色々とあったけど、東京五輪が開幕した。この日のために選手たちがどれだけ努力してきたのかは、試合後の姿を見ればわかる。選手たちはコロナ禍の下でオリンピックの延期…

  • 目標を文字化せよ!

    目標は具体的・数値的・期限付きでなければならない。つまり、現実的でなければ目標とは言わない。それをチェックするためには、自分の目標を文字化することだ。たとえば…

  • 体力・気力のあるうちに

    私は良くデパ地下に行く。好きな百貨店は三越本店。私の社用車のレクサスを止めるのに、運転手がいればすぐに駐車させてくれるからだ。接待時に持参するお土産を相手の社…

  • 完落ち

    「完落ち」(赤石晋一郎・文藝春秋)は最近読んだ本の中でおもしろかった。数々の難事件を解決してきた伝説の刑事の大峯泰廣氏の取調室の秘録だ。たとえば、1988年か…

  • NETFLIX『全裸監督』

    NETFLIXオリジナルドラマ『全裸監督』が話題である。原作は、当ブログでも紹介した本橋信宏氏のノンフィクション「全裸監督/村西とおる伝」(太田出版)。先月、…

  • サウナパフォーマンス

    7月上旬に大阪に出張した。いつものようにスジャータのコチコチに固まったアイスクリームをマイ・スプーンでつつきながら「のぞみ」のグリーンで食べていた。車窓に広が…

  • コロナの話ばかりでは疲れてしまうので⑦

    今日は、私のおすすめパワースポットとして、仕事運や出世運を上げる神社を二つ紹介したい。一つは、日枝神社(千代田区永田町)。創建800年の由緒正しき神社で、江戸…

  • 暑中お見舞い申し上げます

    日本の夏は、短い。だからだろうか、夏の記憶というのは濃密で濃厚だ。子供の頃の夏休みは、楽しいことだらけだった。ラジオ体操、プールに海水浴、昆虫採集。スイカ割り…

  • 白鵬復活おめでとう

    大相撲名古屋場所での千秋楽において、横綱白鵬と大関照ノ富士の全勝のままでの対決となった。千秋楽全勝対決は9年ぶりというのだから、それだけでも注目すべき取り組み…

  • 懐かしの大島グランド

    大学1年の夏に伊豆大島の「大島グランド」という宿でアルバイトをしていた。オーナーは千葉さんという元高校の体育の先生で、大学時代はアメフトの選手であった。私の仕…

  • 4度目の緊急事態宣言

    4度目となる緊急事態宣言が発令されることが発表された日に、ネットでこんな投稿を目にした。心情がより伝わると思うので、原文のまま以下に記す。「先ほどよく行く居酒…

  • 苦労人が好きだ

    過日の東京都議会議員選挙で、私の住まいの選挙区ではないが、気になる候補者がいた。武蔵野市から立候補した、五十嵐衣里(えり)さん。37歳だ。五十嵐さんは、イジメ…

  • ストレッチ目標

    100メートルを1分かけて走るという目標は、小学生でも達成できる。大人の目標としては目標ではない。きわめて非現実的な話である。一方で、初めて走るフルマラソンで…

  • 怒られて成長する

    会社に入社した新人は、ミスをすると上司から怒られる。一度目の単純ミスなら、きつい注意を上司から言われて解放される。次に、同じ単純ミスを2回やると、「もうやるん…

  • 歌は世につれ世は歌につれ

    大事manブラザーズバンドの『それが大事』がリリースされたのは1991年、平成3年のことだ。バブル景気終焉の始まりの年である。イケイケだった日本経済の雲行きが…

  • 好きな女を口説け!

    切望と熱望が目標達成の大きなエネルギーとなる。たとえば、好きな女性を口説き落とす場面を考えてみたらいい。恋愛経験のある人なら覚えがあるだろう。好きな女性を口説…

  • しつこい人ほど成功する

    これまで、たくさんの成功者を見てきた。どういう人が最も成功しているのか?それは、言葉は少し悪いかもしれないが、「しつこい人」だ。才能の有無ではない。才能があっ…

  • 挫折を乗り越えて!

    営業の世界で、数字が出せなくて、情けなくて悔しくて枕を濡らした夜もあった。明日の「月替わり商内」の予約が取れずに、上司からの叱責が恐くて眠れない夜もあった。も…

  • 神様のボート

    こんな小話がある。男が溺れていた。するとボートがやってきて、「大丈夫ですか?」と男に訊いた。男は「神様が助けてくれます」と答えて、そのボートに乗らなかった。そ…

  • 新人よ!迷わず進め!

    社会人になって、学生時代とは全く違う世界だと知った。こんな厳しい世界で親父もお袋も生きてきたのかと驚いた。理不尽な命令が上司から次々と下りてくる。営業の世界で…

  • 頑張れ!

    なりたい自分になるのは、幾つになってからでもいい。遅すぎることはない。早すぎることもない。いつ始めてもいいし、いつ止めてもいい。変わってもいいし、変わらなくて…

  • 外面のいい亭主

    あまりのことに、もはや腹も立たない。想像でしかないが、外面のいい亭主を持った女房というのは、こんな気持ちなんだろうなと思う。外面のいい亭主とは、日本政府のこと…

  • 大物・年長者の開拓方法

    今の若い人は、「どや顔」や「上から目線」の年長成功者が苦手である。心から、友だち感覚で付き合えたり、気軽な上司や得意先と一緒に働きたいと思っている。友だちなん…

  • 上場する価値

    今年に入いり、コロナ禍においても、私が上場支援コンサルをして見事上場していく会社が増えていっている。最近も上場を希望する活きのいい、元気印のベンチャー経営者が…

  • 荒木町の柳新道通りに「橙」というバーがある。田中君という坊主頭のマスターに、カウンターの席に着くと、「タンカレーで、ジントニック」と注文をする。氷を入れたグラ…

  • 気くばりのすすめ

    2000年代に日本を覆ったネット化の波は、コロナ禍によって著しい加速を見せ、津波となった。新聞、雑誌、テレビ、ラジオを過去のメディアとした。広告費の構成を変え…

  • 挑戦し続ける魂

    好調な時こそ、脇を締める。好事、魔多しである。勝ちまくっている時こそ、負けた時のみじめな自分を想像する。そして、その自分の姿に怯えるのだ。「こんなにうまく物事…

  • お金の意味

    「市村社長にとってのお金とは何ですか?」と私の研修参加者から質問されたことがあった。「私にとってのお金とは自由かな」と答えた。今の私にとって、物を買うためにお…

  • コロナバブルに注意・その3

    2008年9月に起きたリーマンショックは100年に1度と言われる大規模な経済危機に発展した。しかし、その後の後始末も終わらない状況の中でコロナがやってきてしま…

カテゴリー一覧
商用