searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
MUGAKU
フォロー
住所
高知市
出身
未設定
ブログ村参加

2012/07/11

1件〜100件

  • 市民の幸せ・柏島と四万十川・高知城と鏡川

    ***市民の幸せ***毎日のニュースではウクライナ市民の犠牲が気になります相手国を軍事力で打ち負かし支配下に置く「帝国主義的戦争」は20世紀で終わったと思っていましたが・・・今日の市民社会では個人間の「モメゴト」は話し合いで司法の場で解決です「武器」による解決は遠い遠い昔のことです!!この戦争も関係国の「知恵の輪」で1日も早く終わることを念じています<焼き場に立つ少年>長崎・米従軍写真家撮影背中の亡き弟の火葬順番を待っている少年太平洋戦争で海外で亡くなった日本兵は約240万人・その約半数の120万柱が今でも南太平洋のジャングルや島々や海等に放置されていますまたその死因の約7割が餓死であったようです<新緑と祈り>(高知市五台山竹林寺・平和で幸せな時間が流れています)<信仰の自由>民族間の争いが少なくなります(ラオ...市民の幸せ・柏島と四万十川・高知城と鏡川

  • 高知城の新緑・四国の屋根は銀の森・清流 鏡川

    ***市民の幸せ***これとは真逆の世界が「ウクライナ」で発生していますしかも隣の大国「ロシア」の「軍事力」が原因!!悲しいことですが「核戦力」を持つ大国の軍事力が世界を支配しています「国際連合」は「五大国中心主義」を脱却し世界の「平和と幸せ」の実現のために「自由」・「国民主権主義」・「自衛軍」等を中心理念として組織活動をすることを期待します***高知城の新緑***(画像撮影:4月1~2日午前中・高知城梅の段)4月に入り「高知城梅の段」では新緑が日毎にすすみサンポでは清々しい気分となり背筋が伸び足取りもカルイ!!(ウメボシの赤ちゃんはスクスクと成長しています)<サンショウクイ・楽しそうに新緑の中を舞っています>***四国の屋根は「銀の森」「銀の道」***4月16~17日・土小屋(石鎚山登山口)・瓶ケ森(カメガモ...高知城の新緑・四国の屋根は銀の森・清流鏡川

  • おトナリにも「プーチン」が???・高知城の春・足摺岬と四万十川

    ***おトナリにも「プーチン」が???大国の指導者「プーチン」は他国の一般市民をも殺す!!歴史は繰り返すのでしょうか???大国の「軍事力」が支配する「国際政治」はいい方向へと向かうのでしょうか???我々の日常社会を注意して見ると・・・「プーチン」のような「人物」はアチコチに存在しています!!「自己利益・自己栄達」のためにヘイキで「不正」を行う健全な組織の腐敗堕落が進行しますそれだけではアリマセン犠牲者も出ます「自己行為」を正当化するために「ウソ」を繰り返す日常生活にとって一番大切な「信頼」関係が腐食してゆきます今日の「自由」と「個性」を尊重した社会では「人の倫」が大前提のように思います私は「子供」のころから「弱虫泣き虫」総じて「低級」「トシヨリ」となった今でも変化ナシそれ故「公正」で「幸せ」な社会を切に希望して...おトナリにも「プーチン」が???・高知城の春・足摺岬と四万十川

  • 仏教社会とキリスト教社会・柏島でイカ釣り???・高知城の小鳥

    ***仏教とキリスト教***若いころにコッペンハーゲンの「チボリ公園」を訪れた公園のベンチに腰を下ろしている老人の表情に「生気」を感じなかった!!トシヨリとなった今でも頭の奥に焼き付いています「人生の幸せ」とは???北ヨーロッパキリスト教圏の「高福祉型社会」・・・アジアのモンスーン地域仏教圏の「家族型社会」・・・トシヨリとなった今でもどちらが良いかワカリマセン!!<大陸東岸・モンスーン気候地域の「稲作と仏教」社会はやわらかい温かさを感じます>(カンボジア・アンコールワット内で足が滑った私を心配そうにやさしい目で見ていました)(カンボジア・シェリムアプの遺跡で土産用の民族服を売っていたアルバイト女学生)(ハノイの旧正月・アルバイトを終えた女学生)<北欧の街角・凛とした自主自由のカオリを感じました>(ノルウェー・オ...仏教社会とキリスト教社会・柏島でイカ釣り???・高知城の小鳥

  • 今日より明日に・冬 四国カルスト天狗高原・野鳥のオッカケ

    ***今日より明日に***2022年がスタートです年金フリーターの私は「今日より明日に」で日々の生活を送っています今流れている「時間」を明日に繋ぐその中身は自分にとって「クイ」を残さないようにと・・・老若男女関係ナク「時」の流れは「無常」ですので<2022年1月1日・初日の出>(仁淀ブルー清流「仁淀川」川口西岸より撮影)***冬・四国カルスト天狗高原***1月9~10日寒さで少し運動不足となり重くなった「身心」のリフレッシュのために「四国カルスト天狗高原」の独り歩きです前後左右車の心配もナク無毒のカルスト空気を全身にアビテ時には空を見上げヨタヨタと徘徊です(天狗高原登り車道中程です・中央山頂部分は石灰鉱山「鳥形山」・谷筋集落には元気な子供たちはいるのだろうかと???1月9日)(天狗高原セラピーロード・午後は曇天...今日より明日に・冬四国カルスト天狗高原・野鳥のオッカケ

  • 初冬の天狗高原・国境の島 八重山列島・柏島と四万十川・鏡川

    ***今年もお世話になりましたこころより感謝しています***無為徒食の年金フリーターでも「時」の流れはあまりにも速い!!低級な私は若い時から周辺の「やさしさ」で生きてきたその間多くの「ナミダ」も流してきましたがそれが生き抜く「バネ」となり今日があると思っています***初冬の四国カルスト天狗高原***11月27~28日例年ですと11月末で「天狗高原縦断道路」は通行止めとなります天気予報ではこの二日間は「晴れ」でしたので「天狗」行きでした27日は曇天で冷たい風にフルエタ!!28日は晴天ポカポカのカルスト日和でした(27日・高知県側自動車道登り中間点・遠くの山頂は石灰鉱山鳥形山)(27日・自動車のガラス窓に映っている私です)(冷たいカルスト空気の中で「たき火」・いつも同じ「晩メシ」・車中泊)(28日・車は冷凍庫となっ...初冬の天狗高原・国境の島八重山列島・柏島と四万十川・鏡川

  • 高知~大阪~京都・四国の屋根 雪景色・高知城と鏡川

    ***高知~大阪~京都***11月9日・10日<数年ぶりの大阪行きです(11月9日)>大阪への飛行機は小型のプロペラ・ボンバル機です機内の座席にはモニター画面やイヤホーンなどの備品ナシ空席があっても自由に移動できません天候が悪いとユレマス・・・私はこのタイプの飛行機がお気に入りです空を飛んでいる実感がしますので!!(高知竜馬空港)(離陸・高知平野上空)(上空は曇天・安芸市上空?)(大阪伊丹空港着陸態勢・雲の中を降下中は少しユレました)(大阪伊丹空港到着)(大阪駅構内「デリカフェ」・ここも数年ぶりです)<京都・清水寺近辺ヨロヨロ歩き>11月10日1000年の都「平安」の昔からの「古い文化」が今も「市民生活」の中に生きている!!この街を歩くと遠い昔のことと思っていた日本の「伝統文化」がよみがえります・・・若い女性観...高知~大阪~京都・四国の屋根雪景色・高知城と鏡川

  • <秋> 四国の屋根~四国カルスト・柏島~四万十川キャンプ場

    ***国政選挙***衆議院議員の選挙カーが凄まじい騒音を発して自宅周辺を取り囲んでいるような気分です様々な「政治問題」が発生していますが国民性故か民主主義の浅さ故か「国政」の舞台では未解決が多い一番大切なことは国民一人一人が現状の「国政」を正確に把握し選挙に臨むことだと思います!!<皇族の結婚について>日本で生まれ育った日本人は「基本的人権」が「日本国憲法」で等しく保障されています相手個人は犯罪者ではアリマセンこころから祝ってあげましょう!!***秋・四国の屋根と四国カルスト天狗高原***10月9~11日<四国の屋根・瓶ケ森周辺の秋(10月9~10日)>私は日々の生活の中で小さくても「こころ」に向かってくる「トゲ」にはヨワイ・・・何の才能もナク低級人ゆえにただ涙をそっと流してきました自然の流れ季節の彩が私の「元...<秋>四国の屋根~四国カルスト・柏島~四万十川キャンプ場

  • 高知の山間部 「梶ケ森」・鏡川の流れと野鳥

    ***高知の山間部・梶ケ森***9月23~24日日本の国土の約73%が森林です近年山間部の集落は過疎高齢化で崩壊が急速に進行しています高知県は森林面積83.4%で日本1位です自給自足的歴史文化の上に成立していた「山間部農業」は現在の「経済社会」では個人の努力では成立しませんスイスでは酪農家の全収入の60%が国の補助金です移牧農家の生活は平野部の街です!!<「梶ケ森登山」>社会人となった1年目に職場で親しくなった同僚と初登山でした「国鉄豊永駅」からスタート斜面の「生活小道」の歩きでした(当時自動車道路はアリマセン)途中には「分教場」があり子供たちの元気な声が聞こえていました思い出が多い「梶ケ森」です今回(9月23~24日)は自動車道を車で登山でした<50数年ぶりに「JR豊永駅」と「定福寺」に立ち寄りました>過疎高...高知の山間部「梶ケ森」・鏡川の流れと野鳥

  • やわらかい川風・高知 柏島と四万十川

    私の少年時代1955年前後の夏休みは高知市内を貫流する「鏡川」での水泳が全てであった(田舎ではプールはアリマセンでした)夏の川遊びは「梅雨明け」から「お盆」まででした田舎生活では仏教文化が強く残っていた時代です短い短い夏でした<この夏(2021年7月)の「鏡川」>(宗安寺より少し上流)<鏡川支流・的渕川>少女の飛び込みです・田舎の子はゲンキ!!***やわらかい川風***私の旅はやわらかい「川風」のながれる地域が多い子供のころに心身に沁みついた「川の流れ」が「こころ」を「足」を川に向けている様な気がします(国際河川「ドナウ川」・ハンガリーの首都ブダペストの国会議事堂)<ラオスの首都ヴィエンチャン・国際河川メコンの流れ・対岸はタイ国><ラオス・バンビエンを流れる「ナムソン川」・ゆるやかに流れる田舎の川が国際的人気>...やわらかい川風・高知柏島と四万十川

  • 旅(カルチャーショック)・天狗高原・土佐の青い空と海

    ***旅・カルチュア―ショック***ノルウェー・リィーセフィヨルドは高さ約600メートル一枚岩の絶壁で世界的人気です「注意看板」や「安全柵」はアリマセン!!自分で考え自分で判断し自己責任で行動しなさい・・・成熟した北欧「文化社会」に驚きでした私たちの国でも「自己責任」の下で行動する若者を多く見かける様になりました明日に「夢と期待」が持てる社会に成長しているように思います(ノルウェー・リィーセフィヨルドの若者)(リィーセフィヨルド)(ヨーロッパ最北の岬・ノルウェー「ノールカップ」)(ノールカップ=Nordkapp)(ノールカップ・ヨーロッパ最北の岬)(四国カルスト天狗高原・大型バイクの女性一人旅)(四国カルスト天狗高原)(「町道瓶ケ森線」=UFOライン)(UFOライン・千葉からの女性大型バイク一人旅)(スウェーデ...旅(カルチャーショック)・天狗高原・土佐の青い空と海

  • 思い出の「梶ケ森」・田舎生活・大陸

    <「コロナ」社会>これってイイのかナァ~???パソコンと独りで向き合う「仕事社会」!!これまでは隣に仲間が居て時には助け合い・ムカツキ・泣かされこれが普通の「社会生活」と思っていますこの世界で生きている限り老若男女みんな「楽しい」ことだけでなく心の内に「辛く悲しい」ことを秘めて生きています無毒無害の自然の「風や空気」を全身に浴びて歩くこと出会った人たちと仲良くなることこれこそが明日への「健康薬」と思います***若き日々・「梶ケ森」登山***5月29~30日・「梶ケ森」ヨロヨロ徘徊でした社会人となった「1年目」職場で親しくなった数名で「梶ケ森」に数回登った国鉄(=JR)「豊永駅」から約1メートル幅の「山道=生活道」を約4時間歩きの登山でした当時は「車道」はアリマセンでしたが斜面には「山里」が点在し家族や子供たちの...思い出の「梶ケ森」・田舎生活・大陸

  • 四国カルスト天狗高原・マーケット歩き・高知の日曜市

    ***四国カルスト天狗高原***5月9~10日9日は冷たい「北西風」が強くそれに乗った「黄砂」で「天狗高原」は冬の曇天の様な天候でしたしかしカルスト高原の「風と空気」を浴びてヨロヨロと歩くのも悪くはないこれは私の新しい「チャレンジ」です!!また多くの「バイク人」に出会いました「カルスト空気」で全身のクリーニングですサイコウです!!(高知県側・登り車道中程・遠くの山並みは「黄砂」で霞んでいました)(天狗高原放牧場東入り口・ホテルの「天狗荘」より車で数分)(バイク人は一人で草原を歩いていました)(無毒無害のカルスト空気はこのイヤナ日常を忘れさせてくれます)(関東から少し年配のバイク人・ピカピカの「ホンダ大型カブ」で独り旅)(「姫鶴平」のキャンプ場は「コロナ」で閉鎖中・強風で高知県側に引き返す)(強風を避けて「天狗荘...四国カルスト天狗高原・マーケット歩き・高知の日曜市

  • 極北の原野・高知城・四国山地の山里(大豊町)

    ***極北の原野(アラスカ)***「アラスカ」は人間と大型野生獣が共存している大地です「デナリ国立公園」は「自然環境」が厳重に管理されていますそこでは地球の自然環境の中で「人間生活」と「大型野生動物」が共存した「原点」に触れることが出来ます(デナリ国立公園内の道路はこの1本です・公園歩きは乗り降り自由の「シャトルバス」が運行されています)(デナリ・最奥の「ワンダーレイク」・シャトルバスの折り返し場所)<デナリ・北米最高峰6194メートル><野生獣>(教育に活用されています)<デナリ入り口から車で約30分・この湖岸のホテルで宿泊>レンタカーの旅でした(早朝散歩していると湯気が立っている「大型獣」の大きな「お饅頭」・急いでホテルに引き返しました)***高知城の自然***季節のながれは自然の「彩」が教えてくれます誰で...極北の原野・高知城・四国山地の山里(大豊町)

  • 高知の春(新緑の高知城・太平洋)・UFOライン ヨロヨロ歩き

    ***高知の春*****「コロナ」生活**自分の「時間」は自分で「管理」し自分で「価値」あるものに創造するこれまでは組織の中で「管理」され自分を殺して「生活」のために生きてきたこの社会秩序は崩壊です新しい「自由」な生き方の産声が聞こえている様な気がします!!**高知城は新緑の季節となりました**(高知城サクラ吹雪・撮影:4月2日午前中・高知城梅の段)(上記に同じ)(「シジュウガラ」・季節限定の新緑浴・撮影:4月5日午前中・高知城)**太平洋・潮風の中で**4月1日高知県芸西村の久重(クエ)地区の「生活展」を見学してきましたこの広大な山地斜面の「山里」は今では居住者は1家族です「過疎高齢化」による「消滅」は「時」の流れです・・・展示内容は思い出が多い子供時代と同じものでした帰途は太平洋海岸線(芸西村・太平洋海岸線...高知の春(新緑の高知城・太平洋)・UFOラインヨロヨロ歩き

  • 海風と川風・高知城 サクラの季節・鏡川

    ***海風と川風***3月21~22日田舎人の特権は「コロナ騒動」の中でも「自然」の中を自由に無制限に徘徊できることです!!私の活動舞台は「過疎高齢化」で人口減少に悩んでいる「海辺」や「川岸」が多いが・・・無菌無害の「自然空気」がイッパイです!!同じ地域を何度も歩いていますが身体に沁みてくる「風や空気」はいつも新鮮です<3月21日:柏島⇒叶崎⇒竜串・爪白キャンプ場⇒大岐の浜⇒四万十川入田の「菜の花」⇒入野松原キャンプ場(夕食)⇒道の駅「ビオスおおがた」(車中泊)>**柏島**(小学校も中学校も在りました・今はマグロなど高級魚の「大型養殖漁業」が盛んです・若いころはこの島周辺で「磯釣り」でした)**叶崎**(太平洋の「荒波」に独りで立ち向かっています・私も「強く・真直ぐ」生きようと思っていますが・・・世間の「荒波...海風と川風・高知城サクラの季節・鏡川

  • 旅の思い出 「ベトナム 北部」・大雪の「天狗高原」・高知城

    「時」の流れは速い・・・星空への旅は近いが何故かブツブツと言ってます!!※「高級役人」様は関連業者さんから1人1回7万円余の「御食事接待」「公僕」頭にはアリマセン有るのは「自己栄達」ノミ???※大学入試シーズンです大学入学平均年齢日本:18.3歳・ドイツ:22歳・フィンランド:23.5歳先進諸国では高校卒業後様々な経験を積み時間をかけて自分で考え進路を決定日本は教科書丸暗記最短時間で大学入学が「目的」???※労働力不足・・・ベトナムやインドネシア等から期間限定の若い労働者を雇っていますこの若者たちを「技能実習生」と呼んでいます???***ベトナム北部の歩き***2019年11月27日~12月12日ここ数年ベトナム北部の少数民族地域をヨロヨロと歩いていますが・・・私の脳裏に焼き付いている昭和30年代(1955年~...旅の思い出「ベトナム北部」・大雪の「天狗高原」・高知城

  • ミャンマーの「軍政」・無毒無害のカルスト空気「天狗高原」・梅花の「高知城」は春

    ***ミャンマーの「軍政」***私は戦後の育ちです(1945年以降)ので「国軍兵士」も「クーデター」も無縁です一般市民にとって「自由」は現状が辛くても悲しくても明日への「夢」を開いてくれます「軍政」や「共産党独裁政治」は市民の「自由」を奪うことが共通点です「軍政」ミャンマーの市民社会はどの様な空気が流れているのだろうかと・・・2009年・2010年のヨロヨロ歩きです※ミャンマーは2011年から軍部独裁政治は終わり民主的な国家へと発展途上でしたがまたも「軍部」によるクーデター軍隊の銃で自由を求める市民に犠牲が出ないことを祈っています(ヤンゴン・シュエダゴォンパヤー・仏教徒の信仰厚い寺です)(ヤンゴン中央駅のホーム・家族経営のレストラン?)(環状線車内・窓のガラスはナク・床も腰掛も板張り)(駅前青天井レストラン街・...ミャンマーの「軍政」・無毒無害のカルスト空気「天狗高原」・梅花の「高知城」は春

  • 高知城 梅の段・室戸岬周辺のヨロヨロ歩き・自由のニオイ

    ***高知城梅の段春ちかし***「高知城梅の段」・梅の小枝は少し赤みが増してきたように見えますメジロやヤマガラの動きも軽やかで「春ちかし」を感じるようになりました<メジロ・朝風呂が大好き>(撮影:1月20日午前中)<ヤマガラ・風呂場が空いたゆくぞ~!!>同日撮影<高知城・春はそこまで>撮影:1月29日午前中***室戸周辺・ヨロヨロ歩き***1月31日今日(1月31日)は「快晴」で温かくなりそう「室戸」に行こう太平洋の「潮風」を浴びて少し寒さで硬くなっていた「心身」のリフレッシュ「むろと廃校水族館」では魚類よりも廊下に貼ってあった「学習の規律」に感動!!これは「人の生き方」の基本は「目と心」による会話であると説いているように思いました室戸岬では暖流「黒潮」=「太平洋」の水平線に向かって立つとこころの「かすり傷」も...高知城梅の段・室戸岬周辺のヨロヨロ歩き・自由のニオイ

  • 田舎生活(高知城・オーガニックマーケット)・徘徊と写真

    ***田舎生活・高知城***天気が良いな~歩くと気持ちがいいな~と思える日の午前中は「高知城梅の段」です(自宅9時半⇒高知城10時~11時⇒帰宅11時半)「梅の段」へは西登り口(搦手門跡)から少し急な坂道を必死に一気に登ります到着時の数分は心臓が破裂寸前で言葉も出ずお城仲間に「アイサツ」もできませんその後の約1時間は西斜面の自然林で舞う「小鳥」と遊んでいます<コゲラ・撮影1月8日>害虫退治専門家<アトリ・撮影1月11日>小さな小さな木の実で食事です<ヤマガラ・撮影1月14日>毎日遊びに来る私を興味深い目で見てくれます><メジロ・撮影1月15日>(古木の根の「水飲み場朝風呂場」・忘れて「密」・気が付き1羽が樹上へ)***田舎生活・土曜市「オーガニックマーケット」***1月16日広大な野原の自然公園県立「池公園」の...田舎生活(高知城・オーガニックマーケット)・徘徊と写真

  • 新しい年がスタート・高知城と鏡川 これでいいのかな???(ふろく)

    ***新しい年がスタート***昨年は「ご支援」ありがとうございましたこころより感謝しておりますヨロヨロ歩きの低級「年金フリーター」ですが「こころ」は明日に向かっています本年もよろしくお願い申し上げます「市民革命」が今日の民主的な「市民社会」を生み豊かな「市民生活」へと発展したように思います今の世界的な「コロナ」社会は新たな「生活革命」の進行のように思います生活のための「自然破壊」と「大量生産・大量消費」の反省社会に発展してゆくことを願っています<2021年1月1日の「初日の出」と五台山「竹林寺」初詣>(太平洋「初日の出」・横波スカイラインの「帷子崎」で元日撮影)(横波スカイライン・西方向=須崎方面元日撮影)(高知市五台山「竹林寺」初詣・元日午後撮影)(竹林寺・「コロナ」を避けての初詣・元日午後撮影)<高知城・「...新しい年がスタート・高知城と鏡川これでいいのかな???(ふろく)

  • 煙突のけむり・柏島と四万十川の ヨロヨロ歩き

    ***煙突のけむり***私の少年時代(1955年前後)小さな農村の「神社広場」が遊び場でした夕暮れ近くになると広場周辺の家々の「煙突」から煙が上がりますその頃は食事の準備も風呂沸かしも「薪」を燃やしていましたやわらかく温かい煙のニオイが流れる小道を自宅に向かって走ったそして父母を中心に家族全員で「ちゃぶ台」を囲み楽しい夕食でしたその夕暮れの「光と空気」は私の身体の深いところに焼き付いています!!(全画像再掲載です・よろしくお願いします)(フィンランド・ヘルシンキ港の夕暮れ)(ノルウェー・夕闇迫るオンダルスネス)(オンダルスネス・フィヨルドのサンポ)(ラオス・バンビエンのナムソン川農作業を終え手足を洗い子供たちの待つ家へ・子供のころの両親を思い出し心が濡れた)(バンビエン・ナムソン川の赤い夕陽の中で記念写真)(ミ...煙突のけむり・柏島と四万十川のヨロヨロ歩き

  • 季節のながれ(高知城と鏡川)・ みんな 仲良し

    ***季節のながれ(高知城・鏡川)***天気の良い日は午前中は「高知城」・午後は「鏡川」をそれぞれ約2時間の徘徊です季節のながれは1日として同じものはナクいつも身体の奥深くまで沁みてきます冬の高知は冷たい「北風」は「四国山地」で遮られ南の海岸線は暖流「太平洋」ですので「温和」な気候です!!<高知城>高知城はおそい「紅葉」の季節です「旅人」や「走り人」は何となく足取りが軽いように見えますお城の「野鳥」はお腹を木の実でイッパイにして寒さに備えています**高知城梅の段・最大古木の根元の小さな「割れ目」・そこに溜まっている「水」が小鳥の冬の「水場」です**(赤の丸い円)(ヤマガラとメジロ)(ヤマガラ)(メジロ)(冬鳥・ジョウビタキ♂とメジロ)**鏡川**鏡川は「落ちアユ」のシーズンです季節限定の美味しい豪華な「落ちアユ...季節のながれ(高知城と鏡川)・みんな仲良し

  • 四国の屋根(土小屋~瓶ケ森)と四国カルスト天狗高原 ヨロヨロ歩き・国境

    ***四国の屋根(土小屋~瓶ケ森)ヨロヨロ歩き**11月23~24日私は「こころ」に刺さる「トゲ」には若いときも今もヨワイ・・・時々無毒無害の「山空気」や「山風」の中を目的もナク独りで徘徊ですなぜか身体の芯が「カルク」なり明日への「ゲンキ」も再生です!!<11月23日・長沢谷筋の最奥集落をヨロヨロ歩き>子供の姿は消え小学校も廃校となりました雨戸の閉った家屋や廃屋が目立ちます若者にとっては街からも遠く働く場所もナク学校は遠く・・・これは「時」の流れです抗することはデキマセン!!(長沢ダム湖の最奥)(錆びた「赤いつり橋」・若者が消えた超過疎集落の冷たい空気が身に沁みてきます)<人の温もりやニオイが消えた家屋・昭和の元気は歴史となりました>(11月23日・「白猪谷キャンプ場」で夕食車中泊・福島からのバイク青年と二人で...四国の屋根(土小屋~瓶ケ森)と四国カルスト天狗高原ヨロヨロ歩き・国境

  • 田舎人はサイコウ!!・旅の思い出 フィンランドのヘルシンキ

    ***土佐の田舎人***私の趣味は見知らぬ土地を彷徨する「旅」と「写真」です旅は往復航空券購入現地ではその土地にながれる「空気」が気に入るとヨロヨロ歩き宿泊です詳細な計画は立てません数回訪問した土地でもその都度流れている「空気」は異なっていますので私にとっては見知らぬ土地です写真は「顕微鏡精密画像」のような写真は好みではアリマセンその土地に生きてきた人々の汗やニオイが滲み出ているような写真!!カメラを持つ写し手の「心や目」が画像で解かる写真!!この様な写真を撮りたいのです・・・私の才能では無理ですが「夢」です私の「最終」まで「夢」に向かって努力する「ヨテイ」です<私の活動領域>天気の良い日の午前中は9時半から11時半まで「高知城梅の段」午後は2時から4時まで「鏡川」です高知の自然の中では「コロナ」は関係アリマセ...田舎人はサイコウ!!・旅の思い出フィンランドのヘルシンキ

  • 清流「鏡川」で舞う「カワセミ」・四国カルスト天狗高原 ヨロヨロ歩き

    ***清流「鏡川」で舞う「カワセミ」***10月30~31日清流「鏡川」で舞う「カワセミ」と表現していますが本当のことを言うと「カワセミ」にはスマナイト思っています記憶に残っている小学校高学年の夏休みは「鏡川」での水泳でした!!私の身体の芯に焼き付いている無色透明の流れキラキラと光る砂浜・・・今では「砂浜」は無く「雑草」ばかり川底の石には「泥」が付着堤防は洪水対策でセメントで固められていますカワセミが「巣穴」を掘る土の斜面はアリマセンこれも私たち市民生活安定のための「自然破壊」です!!(鏡川・雑草とセメント堤防)<10月30日・午後の鏡川・4か月ぶりの「カワセミ」です>(カワセミ♂・上下嘴が黒い)<10月31日・午後のカワセミ・太陽が西に傾く時間帯その斜光で輝くカワセミが好きです>(カワセミ♀・下嘴が赤い)(カ...清流「鏡川」で舞う「カワセミ」・四国カルスト天狗高原ヨロヨロ歩き

  • 四国の屋根「瓶ケ森」周辺の秋色・高知の秋・旅の思い出「北米大陸の秋」

    ***四国山地の秋色***今年は例年以上に「四国屋根・瓶ケ森周辺」の秋が身体の芯に沁みてきました「コロナ」に関係のナイ無毒無害の「山空気」と「秋色」が・・・この山並みは虚飾の濃い街生活に疲れた人々の「こころ」のクリーニンの場です!!生き抜くための「エネルギー」補充の場です!!<「瓶ケ森」周辺の秋色>(10月12~13日)***高知の秋***<「モネの庭」歩き(北川村)>この庭はフランスのクロードモネの邸宅の「庭」を許可を得て再現したものです。モネが咲かしたかった「青いスイレン」はフランスの現地では気候の関係で咲きませんでしたが高知では見事に咲き人気です(10月18日)。<高知城・10月の小鳥>**ヤマガラ****シジュウガラ****コゲラ****エゾビタキ**(お腹の縦じまが特色)**サンショウクイ*****旅...四国の屋根「瓶ケ森」周辺の秋色・高知の秋・旅の思い出「北米大陸の秋」

  • 四国の屋根 ヨロヨロ歩き・こんな国もありますヨォ~!!「ノルウェー」

    ***四国の屋根ヨロヨロ歩き***華やかで清潔な「街生活」は人の手で演出された世界ですので疲れやすい目や心にやさしい自然の「カオリ」は少なく遠い・・・私は季節の「彩」や身体に心地よくしみ込んでくる「山風」「山空気」に引き寄せられます格別な目的もナク四国の屋根「石鎚山」や「瓶ケ森」の斜面や周辺のヨロヨロ歩きです(10月12~13日)(「長沢」・くたびれたつり橋は「超過疎」を感じます)(よさこい峠近くの「老木」・子供たちの声は谷筋から消えましたが・・・五体不満足となった今でも「長沢谷筋」を見守っています・私もこのように生きたい)(石鎚山登り口「土小屋」の駐車場で撮影・自然に立ち向かう「若いバイク人」に感動)(石鎚山・ガスのカーテンの向こうでやっとお顔を出してくれました・12日昼過ぎ)(神の山「子持権現」の秋)(「瓶...四国の屋根ヨロヨロ歩き・こんな国もありますヨォ~!!「ノルウェー」

  • 四国カルスト天狗高原ヨロヨロ歩き・秋の夜長・・・

    ***四国カルスト天狗高原ヨロヨロ歩き***9月28~29日コロナ騒動は自然の「山風や山空気」とは無縁の出来事です!!天狗高原の「カルスト空気」を胸イッパイに取り込み・・・お気に入りの場所にくると斜面や岩石に腰を下ろしたり寝転んで空を見上げたり・・・毎回無害無毒の新鮮な空気や風に出会います!!(28日・津野山郷朝の山里・天狗高原登り車道で撮影)(少し小高い尾根筋のような場所から「姫鶴平」方面・ここでは何時も立ち止まります)(姫鶴平放牧場と遠くに「大川嶺」)(姫鶴平キャンプ場と「姫鶴荘」=宿泊・レストラン・お土産)(夕暮れ迫るキャンプ場みんな無口になり西の山並みに目をやっています)(28日夕食・コンビニ調達フルコース・丸飯盒でお湯を沸かし温めてイタダキま~す)(29日・冷たい霧雨の中を朝サンポ)(29日・モーニン...四国カルスト天狗高原ヨロヨロ歩き・秋の夜長・・・

  • 「田舎空気」は「コロナ」と無縁・「梶ケ森」エンソク・モロッコの旅

    ***田舎の自然は「コロナ」と無縁です***私は高知の田舎生まれ田舎育ちのロージンです。現在社会は国際化・グローバル化の時代で流行商品や流行文化は「国境無し」の時代ですが・・・病原菌も国際化の時代でした。「コロナ」は短期間で世界に蔓延する「国際街文化病」です!!私は月に数回街に出かけますがその際は「マスク」です。天気が良い日は山や川時には海辺の徘徊です。山河をながれる自然の空気や風はコロナと無関係です!!***「梶ケ森」エンソク***9月14~15日私が社会人となった50数年前季節ごとに「梶ケ森」登山でした。職場の仲間と土曜日の午後「国鉄高知駅」から出発「豊永駅」で下車「佐賀山」経由で狭い山道を歩き山頂へ。山頂の避難小屋で「寝袋泊」日曜日に下山帰宅一番の楽しい思い出です。コンビニや自家用車とは無縁の時代「山里」...「田舎空気」は「コロナ」と無縁・「梶ケ森」エンソク・モロッコの旅

  • 平和と幸せ・鏡川・仏の都「バンコク」

    ***平和と幸せ***連日の猛暑止まらぬ「コロナ」太平洋戦争の傷跡など重い8月でした。毎年のことですが8月は戦争による国内被害の新聞記事が多いが1945年8月15日までの「昭和」の戦争は国内だけではなく中国や東南アジアでも大きな犠牲が出ています。低級な私は若者の「こころ」から滲み出る「笑顔」が街角や田舎で見れる限り明日の「平和と幸せ」は「ダイジョウブ」と思っています。その背後には「自由」が存在しているからです!!<ベトナム・ホーチミン市=旧サイゴンの旧正月><ベトナム・サパの旧正月>(母親は民族の正装・姉は美しく長い黒髪・妹はキャップ・時の流れです)<カンボジア・シェムリアップ(アンコールワット)><ラオス・ルアンパバンの旧正月朝の托鉢と水かけ祭り><タイ・バンコクアナウンサーと旅人>(バンコク中央駅・カメラO...平和と幸せ・鏡川・仏の都「バンコク」

  • 高知城・柏島と四万十川・アイスランドの首都レイキャヴィーク

    ***高知城***8月13日猛暑が続いていますが・・・1日中家の中では無理です!!私の少年時代TVはナク学校には「プール」もアリマセン夏は「鏡川」でした。その習性は今でもゲンキです。毎日午前中約2時間は高知城歩きです。今日は頭上で「ヤマガラ」がお食事でした。この鳥はカシやシイなど硬い実が好物で足の爪で固定して嘴で砕いて食べます。この時期は実が熟していませんので「セミ」がご馳走でした!!***柏島と四万十川・ヨロヨロ徘徊***8月14~15日14日・「野生イルカ」が外海から「柏島」の内海に移住してきて住民や観光客と親交を深めているとのこと・・・14日・朝7時自宅出発柏島へ!!(「土佐佐賀漁港」・遠洋カツオ漁業が盛んな港です・日本1位の漁獲量はこの港からの船です・約2時間走ったので休憩)(お遍路さん・この猛暑のなか...高知城・柏島と四万十川・アイスランドの首都レイキャヴィーク

  • 平和への旅立ち・四国カルスト天狗高原 夏の遠足

    ***平和への旅立ち***1945年8月15日・この日は太平洋戦争の敗戦と「平和」への旅立ちの日です。これまでわが国の政治により国内外で多くの命が失われ人々の幸せが奪われました。1945年8月6日「広島」・8月9日「長崎」に原子爆弾が投下されキノコ雲の下で多くの市民が地獄の苦しみの中で亡くなりました。今でも南太平洋の島々には約113万人日本人兵士の遺骨が野ざらしです。その兵士の死因は約70%が「餓死」です。1932年中国の東北地方に日本の傀儡国家「満州国」を建国。1937年から1945年まで中国大陸で「日中戦争」。<長崎・「焼き場に立つ少年」・アメリカ人撮影>(背中の弟は亡くなっています・焼却の順番を待っているのです・兄の唇には悲しみで歯を食いしばり血が滲んでいたようです・二度と繰り返してはいけません)<ベトナ...平和への旅立ち・四国カルスト天狗高原夏の遠足

  • 独立国???・赤く燃える 朝夕

    ***独立国???***歴史上では中国大陸の国に「朝貢」した外交が多い。(例:金印「漢倭奴国王」・室町幕府の勘合貿易=朝貢貿易)太平洋戦争敗戦その後はアメリカ軍に基地を提供し自国の安全はアメリカ軍が保障・・・これを我々は「独立国家」・「平和国家」と自認しています???低級で無学な私には「独立国家」・「平和国家」とは・・・よく解りません。***赤く燃える「朝夕」が好きです***若い時から悲しい時でも辛い時でも朝か夕の赤く燃える「光」に身心を晒すと何となく「元気」がでました。持ち時間が少なくなった今では特に山でも旅でも赤く燃える時間に魅かれています。(高知・横波スカイライン帷子崎2019年初日の出)(高知・四国カルスト天狗高原の日の出)(長沢谷筋の夜明け・四国の屋根「よさこい峠」から撮影)(石鎚山落日)(石鎚山と瓶...独立国???・赤く燃える朝夕

  • 日本の教育・高知県東部海岸線・梅雨空の下で・北欧の街で

    ***日本の教育***コロナ感染は若者が多い!!しかも夜の盛り場での感染が多い!!「夏休み」を短縮して遅れを取り戻し教科書を終わらす。この方法で真の「学力」は身につくのでしょうか???勉強は長時間継続すると集中力が無くなり成果が上がりません。大学教授の経歴を持つ某県の知事は「学力テスト」の成績が低い学校の校長名を公表するとか(ヤメマシタが)。目先の「点数獲得教育」・これで立派な青年へと成長するのでしょうか???世界的に学力優秀である「フィンランド」の年間授業日数は190日(日本より40日少ない)。教育指針は学校生活を楽しくし学校で「学力」を確実に身に付けることのようです。(塾ではアリマセン)さらに大学入学平均年齢は23.5歳です(日本18.3歳です)。高校卒業後自分で考え自分で判断そして大学進学です。***高知...日本の教育・高知県東部海岸線・梅雨空の下で・北欧の街で

  • 新コロナ社会・高知の「西南海岸線」・ラオスの「ムアンゴーイ」

    ***新コロナ社会***人口集中の大都市で働く人々のなかには独りで「PC」に向き合い仕事と格闘!!これは「新コロナ社会」の生き方の一つです。人間は一人として同じ人間はイマセン。机を接した「イヤ」な同僚のイジメも管理職のギラギラ光るイジワルナ眼差しも・・・辛くて悲しいこの「空気」は人柄のイイ同室の職場の仲間に救われることも・・・これが人間生活です。働く人間が精密電子機械の一部品となり人間の「ニオイ」が消える「プラスチック社会」の到来が心配です。***高知の西南海岸***自然と住民が仲良く生きています柏島・叶崎・竜串爪白キャンプ場・大岐海岸・入野の松原砂浜<柏島>自宅から車で約5時間・旧道展望台で昼食をとりながら「柏島」を眺めたり昼寝をしたりするのが「クセ」です。台風や冬の季節風に抗してこの荒海に生き抜いた島人のニ...新コロナ社会・高知の「西南海岸線」・ラオスの「ムアンゴーイ」

  • 四国の屋根・高知・・・

    ***四国の屋根・無毒無害の風が流れています***6月15~16日・土小屋(石鎚山登り口)から瓶ケ森(UFOライン)のヨロヨロ歩きでした。梅雨の中休み晴れの天気予報。私は四国の屋根を流れる「無毒無害」の風と自然木が生み出す「山空気」に心身を晒すことで何となく明日への元気が湧いてきます。(自宅→長沢→よさこい峠何時ものルートです・長沢の谷筋を見守るこの「老木」におはようのアイサツ・しかし「長沢」の谷筋は超過疎で子供の声は聞こえません)(老兄弟木・これからも二人で仲良く生きるゾォ~・話し声が聞こえそうです・よさこい峠から土小屋に向かって数分)(シラザ峠ブナの森・夏は濃い緑の空気秋は黄金色の枯れ葉が山風に舞う・大好きです)(神の山「子持権現」・「力」をお願いします・しかし遅すぎた???)(瓶ケ森・半年ぶりのクマザサと...四国の屋根・高知・・・

  • あの青空の向こうで・鏡川と高知城・ルアンパバーンの旧正月

    ***あの青空の向こうで***「めぐみ」はあの青空の向こうで頑張って生きている・・・横田滋さんの死去(6月5日)この平和で豊かな生活の下での市民最大の悲劇です!!めぐみさんのあの話し声あの眼差しあの小さな手の温もり・・・父親滋さんの心の内の思いを私は表現できません。「国家犯罪」に被害関係者が中心となり立ち向かう???国家の正副責任代表「シンゾウ」くん・「タロウ」ちゃんこれはあなたたちの責任のある「仕事」ですよ!!分かってくださいお願いします!!***鏡川と高知城***少年のころも今も「鏡川」です。特に少年の夏の「鏡川」は「こころ」の芯に焼き付いています。泳ぎ方は先輩を見習って体得し川の流れに自分の判断でチャレンジでした。6月7日午後・鏡川JR鉄橋の下「鳥見定位置」に向かう途中の橋で遠い遠い少年のころの思い出が目...あの青空の向こうで・鏡川と高知城・ルアンパバーンの旧正月

  • 四国カルスト天狗高原・鏡川と高知城・アンコール ワット

    ***四国カルスト天狗高原***5月23~24日天狗高原は下界より少し遅れた新緑の季節です。カルスト高原に流れる空気や風は何とも言えないやわらかさで身体の芯に響く元気をくれます。人間は元々自然のなかで生まれ成長した!!その原点に立ち返ることは「幸せ」の源泉であると思います。(天狗高原セラピーロード・遊歩道は「木くず」が敷き詰められています・歩き人は入口に準備してある「木くず」を小さな袋に入れ自分の思うところに撒きます)(放牧場入り口の「木」・私の親友です・「来たゼヨ」のアイサツそして歩きスタートです)(全身にカルスト空気を直接浴びるオートバイは高原ではサイコウ!!)(姫鶴平放牧場)(手前:姫鶴平キャンプ場・最奥:大川嶺)(23日夕食・いつもの「コンビニフルコース」・年金エコノミーロージンはこれでも大満足!!)<...四国カルスト天狗高原・鏡川と高知城・アンコールワット

  • 私の故郷・・・昭和と鏡川・カワセミ・ストックホルム

    かにかくに渋谷村は恋しかりおもいでの山おもいでの川石川啄木***私の故郷・・・昭和と鏡川***幼い日々に心身に焼きついた昭和の「風や空気」と夏の「鏡川」。忘却することはできませんこれが私の「故郷」ですが・・・それらは遠い遠い青空の彼方です。<平家落人の山里・「椿山」>元気であった山里の「昭和」は崩壊が進んでいます!!<鏡川>小学校高学年から中学までの「夏休み」は鏡川でした。自分で水泳を覚え自分で判断して深い場所や流れの速い本流にチャレンジでした。キラキラの砂浜川底まで見えた汚れのない清流。両岸は洪水対策で全てコンクリートブロック。昭和の「鏡川」はどこを探しても見当たりません!!(撮影:2006年5月1日・宗安寺上流・砂浜がアリマシタ)(撮影:2017年9月21日・宗安寺上流・雑草に覆われて歩くことも困難です)(...私の故郷・・・昭和と鏡川・カワセミ・ストックホルム

  • 「コロナ」と生活・自然のなかで・・・高知城 鏡川・大陸の秋

    ***「コロナ」と生活***「コロナ感染」を防ぐために三密(=密閉・密集・密接)を避けることは最も大切なことです!!しかしこの「3密」こそ豊かで華やかな街生活を支えた「礎」です???密閉:他人からの干渉さける様々な個室・永田町名士の料亭密談・エアコンルーム・・・密集:スポーツ観戦・コンサート・各種の祭典・・・密接:膝を突き合わせての話・握手・近年流行の「ハグ」・・・会社勤務は労働者仲間で切磋琢磨し技術の習得や良き人間関係育成の場です。働く仲間の団結により労働条件の改善も・・・ところが自宅やコーヒー店でPCに向かっての仕事???私たちの明るい希望の持てる明日の「日常生活」は・・・私には分かりません。***自然のなかで***高知城街中は硬くて高いセメントビルの林立です。路地を流れる空気は年中冷たく重い・・・高知城は...「コロナ」と生活・自然のなかで・・・高知城鏡川・大陸の秋

  • ローカルに流れている空気とコロナ感染・大地の風のなかで

    ***コロナ感染***これは新型「都市病」であると思います。快適で華やかな都市生活の裏ページは長時間通勤・生活格差・アフター5の街・・・「飛沫感染」・「接触感染」がコロナ感染の原因であるようです!!<コロナ感染対策・私の思い>政府への希望です高品質のマスク・防菌手袋(医者が手術の際に使用している同質のもの)の着用を「外出の際」は「義務」とする。高校生以下は無償配付とする。(※義務違反者は公共交通・スパー・各商店・・・立ち入り禁止とする)**自然の風と空気**<「土小屋」(石鎚山登り口から)から「よさこい峠」ヨロヨロ歩き>(4月25日~26日)四国の屋根を流れている不純物を含まない「風と空気」は実に気持ちよく身体に深く沁みてきます。(「よさこい峠」近くの老木・厳しい冬を乗り切っていました・この車道は白猪谷キャンプ...ローカルに流れている空気とコロナ感染・大地の風のなかで

  • 自然のなかで・・・高知城・アラスカ

    ***自然のなかで・高知城***夏の「鏡川」は少年のころのサイコウの思い出です!!自然の中でながれた時間は身体の芯に焼きついています。私にとっては「川風や緑の空気」に触れることは毎日の食事と同じです。「コロナ」との絶縁は「飛沫感染」と「接触感染」が発生しない行動をとるべきです。私は天気が良い日の午前中2時間は「高知城サンポ」です。高知城では歩き人も犬の散歩人も適切な間隔を取っておりルールを守っています!!<いつも高知城西側搦め手門跡から歩き始めます>撮影:4月15日ここは裏入り口のような場所で通行人も少なく自然林に浄化された空気が流れています<新緑のなかを舞う小鳥>撮影:4月15日(シジュウカラ)(ヤマガラ)<巨大古木や石垣は「こころ」をやさしく包んでくれます>撮影:4月20日<何故か「こころ」に・・・>(搦め...自然のなかで・・・高知城・アラスカ

  • 自然の「風と空気」が流れる ローカル生活

    ***四国山地の南斜面に流れる「風と空気」***「コロナウイルス」=主たる感染原因は「飛沫感染」と「接触感染」の様です!!「密集・密閉・密接」等が感染場所となりますので避ける!!私の生活領域は「山空気」や「山風」等が手の届く範囲に濃く流れています。高知の森林面積は83.4%・日本1位四国カルスト天狗高原は標高約1000メートルの尾根が連なっています高知城や五台山(牧野植物園や竹林寺)は小高い丘の上にあります**4月3日~4日・四国カルスト天狗高原歩き**カルスト高原の「風と空気」は不純物を含まない自然の「味」で身体の芯まで沁みてきます(天狗高原登山車道から見下ろした津野山郷「宮里集落」・山里は春の空気に包まれています)<四国カルスト天狗高原・朝の「空気と光」の中をカメラを肩に徘徊・サイコウです>(手前:姫鶴平・...自然の「風と空気」が流れるローカル生活

  • この自然がサイコウ!!(四国山地南斜面・川・太平洋)

    **四国山地南斜面の緑・そこを源流とする清流・暖流が洗う海岸線**自然好きの「年金フリーター老人」にはこの自然環境がサイテキ・サイコウです。悪党「コロナ」が隠れ住む「人間ジャングル」は愛用「50CCカブ」で20~30分走ればサラバです。不純物を含まない自然の「風や空気」が心身を守護してくれます!!***自然が生きている「四万十川」」***本流には「大型ダム」はアリマセンので日本最後の「清流」と言われ大人気です!!(岩間の沈下橋・現在修理中で通行不可)<3月20日撮影の四万十川入間の河川敷>(木の枝に残っている枯草は昨年の増水時の水位です)(四万十川入間の河川敷と赤鉄橋)***黒潮町太平洋海岸線***3月20日撮影大海原に向かい心身を鍛える自然の中での遊びです!!<黒潮町・道の駅「ビオスおおがた」>***高知市民...この自然がサイコウ!!(四国山地南斜面・川・太平洋)

  • 私の昭和・・・

    ***3月15日・花の山里(高知県香南市西川)歩き***「山里」は菜の花とその香りの中にあった。そこには「コンビニ」も「お店」も無く長閑な自然の空気のみが山裾に流れていた。菜の花の小径を歩いていると私の脳裏には遠い遠い「少年」の頃や「昭和」の思い出が浮かんできました。人は誰も「悲しみや喜び」のなかで生きています・・・幼いころの「風や空気」は何時までも心をやわらかく包んでいます母親の手の温もりは決して消え去ることはありませんだから人は「悲しく辛くても」ても明日の「幸せと喜び」に向かって歩くことが出来るのです!!<花の山里><おまけ・昭和>**掩体壕**(3月15日・「花の山里歩き」の帰りに立ち寄りました)戦闘機を米軍の攻撃から護るための施設です。高知龍馬空港の西側に残っており私は「昭和」の記念碑の一つと思っていま...私の昭和・・・

  • 社会と学校・私の日常生活と旅

    ***社会と学校***ローカル新聞の寄稿記事より(母親は日本人父親は白人のオランダ人オランダの小学校で)母親が娘と小学校を出たところで「コロナウイルス!」とはやし立てられた・・・学校へ戻り報告した。翌日校長よりはやし立てた子供たちはモロッコ系オランダ人であると・・・以下は私の日頃思っていることです。日常的に「差別・蔑視」されると自分たちより「下」と思うものを「攻撃」する!!人間を育てる「社会と学校」では一番大切なことは子供を「差別・蔑視」をしないことです!!私たちの社会と学校は「点数と順位」を重視する「差別・蔑視」の連続です。心配です!!***私の日常生活と旅***私は子供の頃より「弱虫」で「こころ」の内に涙をためることが多かった。この歳になっても変わることはありません・・・それ故「目と心」は外に向きます。それ...社会と学校・私の日常生活と旅

  • 四国カルスト 天狗高原の風と空気・高知城の自然

    ***四国カルスト天狗高原の風と空気***2月23~24日私たちの多くは「人間ジャングル」の住民です。そこには多種多様な「個性」と「自由」のニオイが充満しています・・・今回も「四国カルスト天狗高原」です!!四国山地の山並みと谷筋で濾過された純自然カルスト「空気と風」のシャワーを浴びると身体の奥に溜まっている「ツカレ」がいつの間にか消えています。(放牧場入り口のこの木は私の親友の様な存在です・「来たゼヨ=来ました」のアイサツそしてヨロヨロ歩きスタートです)<天狗高原一本道一人歩き>(冬季は車の乗り入れ禁止・この自然なかでは歩いても歩いても疲れません)(不純物を含まない「空気と風」・私も同じ様な「人間」になりたいと思っていましたが・・・)(レストランもキャンプ場も巣穴の「姫鶴平」で冬眠中)<天狗高原スキー場駐車場は...四国カルスト天狗高原の風と空気・高知城の自然

  • 高知城の自然・旅の思い出(ヘルシンキ・ストックホルム・レイキャヴィーク)

    ***高知城の自然***梅の段・野鳥今年の「梅花」は咲が悪く甘酸っぱい春近しを告げる梅花のカオリもあまりしません。梅林の中で舞う「小鳥」も少なく何となく寂しい「高知城梅の段」の早春です。<少し気になっていること・高知城の「お掃除」>毎日毎日高知城では落葉を掃き集めビニールの袋に入れて何処かへ運び出しています。まるで小学校の放課後掃除の様に!!お城は人口が集中する街中の貴重な「自然」でもあります。掃き集めた冬の落葉を梅林の根本周辺に敷き詰めることは「自然」の摂理に合致します!!**今年の梅花は実に寂しい****高知城梅の段の「小鳥」**2月12日~20日(メジロ)(ヤマガラ)(シジュウガラ)(イカル)***旅の思い出北欧(ヘルシンキ・ストックホルム・レイキャヴィーク)***北の街では行き交う市民の表情は温かくやわ...高知城の自然・旅の思い出(ヘルシンキ・ストックホルム・レイキャヴィーク)

  • 四国カルスト「天狗高原」・高知城・若者

    ***四国カルスト「天狗高原」***生きている限り辛いことや悲しいことは避けて通ることはデキマセン・・・言葉に出すこともできない程の・・・私は自然の風や彩に心身を晒すことで忘却しています!!冬季「四国カルスト天狗高原」の高原道路は車の通行は禁止です。今回(2月1日)も一人歩きでした。(高知県側のホテル「天狗荘」までは車で行けます・駐車場からスキー場を撮影)(車のウインドウガラスに映っているこの日の私です・よろしくお願いします)(スキー場ゲレンデ駐車場の横から車の乗り入れ禁止)(高原放牧場入り口・牛は冬期舎飼いです)(私一人です・高原を吹き抜ける風は冷たいが「こころ」は温かく気持ちが良い)(カルストは保水力がなく木は育ちませんヨォ~???)(姫鶴平キャンプ場方面)(ここでは道路にネコロビブツブツと・・・これもイイ...四国カルスト「天狗高原」・高知城・若者

  • 晴天で暖かい日は 高知城ヨロヨロサンポ

    **「時」の流れは速い・今日で1月も終わりです**2020年土佐久礼湾の「初日の出」と「毛嵐」***天気が良く暖かい日の午前中は「高知城」***天気が悪いとコタツの巣穴で「ローガンメガネ」の時間が長い!!晴れた日は高知城「梅の段」で梅花の中を舞う野鳥で遊んでいます。暖冬ではあるが高台のお城に流れている空気はやわらかく梅花の香り飛び交う野鳥等で春ちかしを感じます。<高知城>撮影:1月30日午前中<高知城梅の段・メジロ><「梅の段」冬鳥ジョウビタキ♂><「梅の段」・冬鳥シロハラ><「梅の段」シジュウガラ>撮影:1月31日午前中この鳥は群れません・ツガイで行動・白と黒の正装がオニアイです(以上の全画像は1月撮影です・よろしくお願いします)晴天で暖かい日は高知城ヨロヨロサンポ

  • 広島歩き・自由と元気・潮風のなかで

    ***広島・平和公園と厳島神社***(1月14~15日)太平洋戦争での軍人死者は約240万人です。その内7割が餓死です・約113人の遺骨は南太平洋の島々等に今でも放置されたままです・・・<広島平和公園><平家守護神・厳島神社>祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり・・・たけき者も遂にはほろびぬひとえに風の前の塵に同じ・・・(世の中はいつも同じではない=諸行無常・長期政権者でも死ねば風に舞うチリと同じ!!)***自由と元気***戦争のない「平和」社会は若者の「自由と元気」が必要不可欠です!!(ストックホルム)(ヘルシンキ)(アラスカ)(バンコック)(シェムリアプ=アンコールワット)(ベトナム北部・ドンバン)(四国カルスト・天狗高原)(高知・黒潮町入野松原砂浜)(高知・室戸岬)***潮風のなかで***(1月19日)<高...広島歩き・自由と元気・潮風のなかで

  • 暖かい日は「鏡川」・高知県 西南の海

    ***冬季・暖かい日は「鏡川」***自宅から50CCカブで約20分の「鏡川」で約2時間川岸に立っています。清流の瀬音と川風の中でレンズをカワセミ・カイツブリ・ジョウビタキ等に向けています。ここは、私の少年時代の「夏の思い出」が詰まった場所でもありす。(上段が高速道路下段が生活道路・お地蔵様の前を通りJR鉄橋下へ・撮影:1月3日)(JR鉄橋下・この付近で「鳥見」です・撮影:1月3日)(鏡川橋・左の雑草原は私の少年時代美しい「砂浜」でした・生活が豊かになると・・・撮影1月3日)<1月6日・JR鉄橋下で撮影>**カワセミ****冬鳥・ジョウビタキ♀**優しい目をしています**カイツブリ**潜水ハンターです(川幅が広いので岸近くには近寄りません)***高知県・西南の海***1月9日撮影みんな優しい面と冷たい面を持ってい...暖かい日は「鏡川」・高知県西南の海

  • 何かを 探して・・・

    ***今年も何かを探して・・・***山や海辺や清流のほとりを歩き・・・遠い他国ではそこで生き抜いた土地人の「汗や喜び」のニオイを探して彷徨・・・身体の芯に何かを刻みたいと思っています。また何かで少しでも社会に役立ちたいと思っています。2020年元日は高知県中土佐町久礼の双名島と漁港の「初日の出」と「毛嵐」でした。(全画像:2020年1月1日撮影・よろしくお願いします)**久礼双名島・初日の出**(この浜は「初日の出」に人気の場所です)(「初日の出」撮影中の私です・今年もよろしくお願いします)**久礼漁港の「毛嵐」**冬季の寒い朝に「毛嵐」(ケアラシ)は発生します。(冬季の早朝に海水の中に手を入れると外気温より海水が暖かい=暖流)何かを探して・・・

  • 今日より 明日は・・・

    ***今日より明日は・・・***幾山河越え去り行かば寂しの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく「若山牧水」現役の頃は仕事の上では自己利益のための行動はしないと固く決意していました。今は年金エコノミーロージン生活です。今年も何かを探して・・・山や海や川をヨロヨロ歩き見知らぬ土地の彷徨・・・しかし身体の芯にしみ込む様なものは何も見つけることはできませんでした。(全画像:2019年撮影・よろしくお願いします)(2019年1月1日・初日の出・太平洋横波スカイライン帷子崎)<高知城・鏡川の野鳥>(オジロビタキ・高知城)(ヤマガラ・高知城」)(ミサゴ・鏡川秋の「落ちアユ」を狙って飛来)(ミサゴ・爪には大型アユが)**ここからは鏡川・カワセミ**(ホバリング・約3メートルの高さ・小魚に狙いを定めています)<四国カルスト・天狗高原>**冬...今日より明日は・・・

  • 鏡川そだち・祈りの石段 五台山竹林寺

    ***鏡川そだち***私の趣味は写真です。「風情写真」(ふうじょう写真)を目指しています。私の「力」では「無理」ですが・・・風=その場所その地域にながれている風や空気の「ニオイ」情=その場所その地域で住民が生き抜くたまにながした「汗」や喜びの「涙」その原点は少年時代の「鏡川」夏の経験です。「自然」の流れです。私は持ち時間は少ないが鏡川の瀬音や川空気の中に立つとなぜか「元気」が出ます!!(この堤防小道を走ってJR鉄橋下へ)(お地蔵様には何時も「こころ」で「ありがとう」・高知では路地栽培の「冬野菜」も青々です)(清流の川風で「干し大根」は美味しく仕上がります)(JR鉄橋・この水辺で冬鳥と遊んでいます・レンズの先は水鳥ですが時々「心」の内は少年の夏)<カワセミ>(全野鳥・12月14日以降に撮ったものです)(ホバリング...鏡川そだち・祈りの石段五台山竹林寺

  • 遠い昔のことで忘れていた!!・民族の生活・LCC「VIETJET」について

    ***昔のことで忘れていました???***12月2日・「ハジャン」から「ドンバン」行きの小型定期バスに乗車していました(約7時間)。この地域のバスは荷物の停留所宅配も兼ねているので運転助手が乗りこんでいます。少し年輩の乗客(オトシヨリではありません)が乗った際運転助手が座席に座っている「青年」に声をかけました。「青年」は普通に席を譲り通路のプラスチックのイス(=風呂場のイス)に座り約6時間でした!!***民族の生活***<ハジャン省・「タイ族」の生活について>この民族は遠い昔タイから移住した民族です(?)。稲作技術が高く平地が生活の舞台で大型の高床式家屋に住んでいます。女性の「正装」は上下黒で首に銀の丸い輪をつけています。(屋根は乾燥したヤシの葉で葺いてあります?)(窓はありますがガラスも無く雨戸もありません吹...遠い昔のことで忘れていた!!・民族の生活・LCC「VIETJET」について

  • 少数民族(ザオ族・ロロ族・モン族)は元気!!

    ***民族文化は元気デス***ベトナム北部(ハジャン・ルンクー村・ドンバン・メオパック)の少数民族は目の表情がやわらかい!!私の少年時代田舎の生活では家の「カギ」は見たことがなかった経済や社会の混乱時代であったが大人も子供も明日への素朴な「夢」を持っていた・・・成長のない低級な私は目には見えない地域をながれる「空気や人のニオイ」の中を彷徨しています。12月8日・「ドンバン」と「メオバック」のサンデーマーケット歩きでした。この地域はモン族の里です。モーターバイクの普及は自給自足から換金作物への農業に変質しているように想います。<ドンバン・サンデーマーケット>8日<メオバック・サンデーマーケット>8日再びマピレン峠を越えてメオバックへ12月9日・「ドンバン」から「ハジャン」に移動(バスで約7時間)・ドンクーホームス...少数民族(ザオ族・ロロ族・モン族)は元気!!

  • ドンバンの街角・ルンクー村・マピレン峠

    ***ドンバンの街角***12月2日・ハジャンのタイ族集落「ドンクーホームステイ」からドンバンに移動しました。<ドンバン・ここに宿泊>ドンバンはベトナム最北の街でここで一泊です。山の向こうは中国です。<ドンバンの街角>12月3日・小型乗り合いバスで夕方ルンクー村到着。村長さん(古民家民宿「TheLoverLoLOChai」経営)がバス停まで迎えに来てくれました。さらに小倉靖さんにラインで無事到着を連絡してくれました。(小倉さんの紹介で宿泊)小倉靖さんはこの村を拠点に伝統文化の保持・観光客誘致等総合支援活動をしていますルンクー村は4日~5日は曇天冷たい「中国オロシ」で寒かった。(ルンクー村のシンボル「フラグタワー」ルンクーの路地歩きで疲れると小倉さん経営のコーヒー店「CucBac」で休憩。ここでベトナムコーヒーを...ドンバンの街角・ルンクー村・マピレン峠

  • ベトナム 最北の山里を歩いています

    ***12月5日・ルンクー村小倉靖さんのコーヒー店「CucBac」で書いています***私は見知らぬ土地を歩くと「こころ」の底に沈んでいる重さがカルクなります。なにを見ているのですか?見えない空気を・・・なにか見えるのですか?見えない人の温もりが・・・低級老人はただただヨタヨタ彷徨です。11月28日・関西空港よりハノイへ11月29日・ハノイベンシイーバスターミナルより寝台バスで約7時間「ハジャン」へハジャンではタイ族集落の「ドンクーホームステイ」に2泊しタイ族の集落・山地ザイ族の集落・サンデーマーケット等のヨロヨロサンポです。LCC「ベッドジエット」で関空より出発・ハノイ往復3万4千円(諸経費を含む)!!関西空港離陸ハノイ空港着陸直前11月29日・ハノイ「ベンシーバスターミナル」から寝台バスで「ハジャン」へ休憩の...ベトナム最北の山里を歩いています

  • 生きてゆくこと

    ***生きてゆくこと***人の「こころ」の内をながれる「時」は一つとして同じものはありません!!忘れたいこと・・・楽しかったこと・・・明日のこと・・・それ故みんな祈り・・・走り・・・歩き・・・生きてゆくことは見えない「空気」の中の「彷徨」です。<五台山・竹林寺祈りの道><高知県幡多地方祈りの道><山空気のなかで>**四国の屋根を走る****おまけ**私の「山メシ」・瓶ケ森駐車場での夕食・車中泊**四国カルスト・天狗高原姫鶴平**(天狗高原・日の出)**見知らぬ土地を歩く**(バンコク・カオサンロードエコノミー旅人の沈殿通り)(カンボジア・アンコールトム)(ラオス・バンビエン川遊びの街)(ストックホルム・市庁舎メーラレン湖に面した庭)(ストックホルム・市庁舎)(羽田・卒業旅行?)(早春の高知城)(高知県室戸岬)生きてゆくこと

  • 四国の屋根 霧氷の森・鏡川の自然

    ***四国の屋根霧氷の森***11月19日・「よさこい峠」から「瓶ケ森」にかけての斜面歩きでした。前日が雨であったので霧氷が期待されること、今月末で登山車道が閉鎖されること等で日帰りの「山歩き」決行でした。「よさこい峠」登り口の近くの「山里」は過疎高齢化で人の温もりは消えましたが燃えるような「秋の彩」に包まれていました・・・何となく寂しかった。四国の屋根は「霧氷」の季節冷たい「山空気」「濃いガス」・・・冬の到来でした。(長沢ダム湖・何時もここで休憩)(秋の彩を見上げる里人はいるのだろうか・・・)(人の温もりが消えた家屋にも燃えるような秋色が・・・)(「よさこい峠」近くの老木・再会は来年4月以降・共に「ガンバロウ」)<ここから四国の屋根・霧氷の森>(「よさこい峠」近くで撮りました)***鏡川の自然***天気の良い...四国の屋根霧氷の森・鏡川の自然

  • やわらかい風の街 ヘルシンキ・田舎生活 鏡川

    ***やわらかい風の街「ヘルシンキ」***この街を歩いている時は「青空」を見上げている様な爽やかな気分になります。特に街を行き交う「若い人」の雰囲気がやわらかくキツサを感じません・・・フィンランドの若者を育てる源流は「自由と公平」にあるように思います!!「小中高大」の授業料は「無料」です「私立校」や「エリート校」は存在しません大学入学平均年齢は23.5歳です(自分で経験を積み自分で進学を決定する)(ヘルシンキへは北回り直行便を利用することが多い・成田空港)(ヘルシンキ・バンダー空港着陸態勢)(バンダー空港・正面)(市内移動は「市電」が最高に便利)(大聖堂・ヘルシンキ港を見下ろす丘の上)(ヘルシンキ港・マーケット広場・午前中オープン)(私のお気に入り「ランチ」)(女性オーナーはどこかへ消えました)(店長は不愛想で...やわらかい風の街ヘルシンキ・田舎生活鏡川

  • 旅の思い出「ラオス」・季節の流れ 「落ちアユ」 

    ***やわらかく温かい「ラオス」の風に魅かれて***ラオスの旅(ジャール平原・バンビエン・ルアンパバーン)は湯治場の「湯けむり」のように身体にやさしく沁みてきます。しかし、各地域では「時」の流れは静かに深く流れています・・・(ラオスの首都・バンビエンへの往路は画像の「バンコクの中央駅」から夜行寝台の利用が多い)(復路は画像の「ルアンパバーン空港」からラオス航空でバンコクに飛びます)<ここからジャール平原・モン族の里>(モン族集落にもTV時代が到来)(各家庭にはオートバイが1台に時代です)(昭和30年前後・子供を育てるために汗を流した私の母親世代を思い出しました)(朝靄の中を家族で畑仕事に出発)(早朝から子供たちは「ビー玉遊び」・昭和20年代後半私も「ビー玉」で遊んだ記憶があります)(サンデーマーケット)(サンデ...旅の思い出「ラオス」・季節の流れ「落ちアユ」

  • 秋の自然 四国の屋根・自由旅

    ***秋の自然・四国の屋根***私は「戦後」の冷蔵庫やテレビのない時代の田舎育ちです。自然の風や自然の彩、季節の流れに包まれ、親の愛に護られ、成長しました。秋・この季節は柿の実栗の実山の紅葉・・・身体がサワギます・今も子供のころと同じです。秋、「四国の屋根」が赤く黄色く燃える期間は数日です!!10月20日~21日は土小屋(石鎚山登山口)・よさこい峠・シラザ峠・瓶ケ森(カメガモリ)間の道路や斜面のヨロヨロ歩きでした。(全画像:20~21日撮影)(よさこい峠近くの「老木」・この夏の風雨で腕や手に損傷を受けていますが「元気」でした「安心」・撮影:20日午前8時54分)(よさこい峠から土小屋方向に徒歩約10分・満身創痍のこの兄弟も元気でした)(この夏で大地に還りました・長年にわたり多くの「キノコ」を養っていました)(シ...秋の自然四国の屋根・自由旅

  • 太平洋と自由・日曜市・青空の彼方へ(昭和)

    ***太平洋と自由***人間の「生」は一度だけ、自分の「時間」は自分で決めることです。それは、「自由」という「血液」の流れの上にのみ存在し、同時に自分自身をよく知ることが必要です。10月16日、「高知龍馬空港」からの帰り、「桂浜」の西海岸で「コンビニ弁当」の昼食でした。太平洋を眺めていると、無意識のうちに「自由」が頭を過った。(太平洋の写真は昼食後に撮ったものです)(桂浜西海岸より室戸岬方向=東方向・撮影:10月16日)(室戸岬・撮影:9月26日)(吉良川の街・海辺の街はお遍路さんの聖なる「道」があります・撮影:数年前)(太平洋水平線・撮影:10月16日)(桂浜西海岸より西方向=足摺岬方向・撮影:10月16日)(黒潮町入野海岸・数年前の撮影)<やわらかい自由の空気が流れる北の街>**フィンランドの首都ヘルシンキ...太平洋と自由・日曜市・青空の彼方へ(昭和)

  • 高知の自然・・・鏡川・仁淀川・四万十川

    ***高知の自然***超大型台風19号の太平洋岸上陸で大きな被害が心配されています。私が生まれ・育ち・メシを食ってきた、高知は「雨と嵐」の土地です。台風の常襲地域です。高知県は一次産業が主力ですので夏の「台風」に苦しめられ泣かされた繰り返しでした。<鏡川>高知市民の川・鏡川は10月3日に「短時間豪雨」で危険水位に達しました。4日・昼前後の鏡川中流域と天気の良い日の水辺です。(紅葉橋下流の「堰」・増水で堰が水没しています)(堰の下・水辺の木々も根から流される寸前)(遊歩道上・約1メートルまで濁流が)**天気の良い日の「堰」近辺**(秋・鏡川「落ちアユ」を狙ってシラサギ集結)(鏡川の宝石・カワセミ)(カワセミの子育て・嘴の小魚はヒナのエサ)(鏡川中流域・尾立の対岸50CCカブでのサンポコース)(堤防上50CCカブ左...高知の自然・・・鏡川・仁淀川・四万十川

  • 「時」の流れ・室戸岬

    ***「時」の流れ***田舎生活では、季節の変わり目を「自然」がやさしく教えてくれます。山里の秋は、黄金色の「稲穂」や深紅の「彼岸花」です。季節の流れは「時」の流れです。50CCカブで「山田」の小道を目的も無く徘徊しています。時々、斜面に腰を下ろし青空を見上げ、目を閉じると苦しかった思い出も美しく脳裏をかすめてゆきます。しかし、「時の」流れは激しく速い、「青空」と同じで手の届かない世界です。(鏡川上流・山田の秋)(鏡川支流の廃校小学校・遊具には子供たちの声や涙が沁みついていました)(遊具は撤去され駐車場に・子供のころの思い出は青空の向こうに)(ヤットできた生活の佐田沈下橋・増水時は極めて危険です・今では過疎高齢化でお年寄りが多いので)(仁淀川支流・最奥平家落人の山里・氏仏堂の大杉・里人の祈りの場でした)(平家落...「時」の流れ・室戸岬

  • 学校 これでいいのかな?・季節の流れ(鏡川上流域・四国カルスト)

    ***学校教育これでいいのかな???***8月末のローカルニュース:「授業時間数」確保のために、夏休み「短縮」???私たちの国は小学校から「学力テスト」、その獲得数値が優劣の評価となります。全国の人口集中地域では、小学5年生ごろから、多くの児童が「塾」に通います???<スウェーデン・ストックホルムの小学5年生>5年生は57人で3クラス(1クラス=20人以下)小学校には「通知表」アリマセン(通知表は中学2年生から)担任の先生・・・遊び心を持ちながら創造性を伸ばすことが大事だと思います。創造力が創意工夫をに富む人をつくり出します。クラスの母親・・・子供の時は成績にかかわるより、友達と遊びながら自由にいろいろと学んでほしい。※(通知表のないことを歓迎しています)***季節の流れ鏡川上流***鏡川上流域の山里は、収穫の...学校これでいいのかな?・季節の流れ(鏡川上流域・四国カルスト)

  • 旅の思い出・「バンコク」

    鏡川の上流域を「50CCカブ」でサンポしていると「シーレー」(=彼岸花=曼殊沙華)が咲いていました。(9月12日)田舎の小径で「秋」のやわらかい空気を感じる、今も昔も、この「赤い花」。テレビも冷蔵庫もない、自然の中で遊び、季節の「モノ」を食べた少年時代。私はタイの「バンコク」に流れる「街空気」に魅かれます!!熱帯の熟したアマイ果物・道路裏側を流れる「どぶ川」のニオイ・シーロム通りの華人エリートの白い顔、これらが溶けあい、何か不思議な魅力的な「ミックスジュース」の味の様です。これは、子供の頃の両親の温もり・社会で「こころ」に刺さった「トゲ」・消えた夢の世界・・・忘却することが出来ない空気です。***バンコクをながれる「空気」***(タイ航空でバンコクへ)(インドシナ半島のコラート台地・バンコクは後少し)(バンコク...旅の思い出・「バンコク」

  • 生きる・山空気・土佐の海

    ***生きる***私は、自分の持つ「力」の範囲内で生きてきた。ウソやゴマカシは通用しない「仕事」でメシを食ってきましたが・・・実情は失敗や努力不足で「こころ」に傷を負い、涙を流したこと多しでした。(今も同じです)人の生き様は「上の社会」のみに目を向けると、「ゆめ」を失う、「下の社会」の存在は、上からの目線が生まれ、「自己満足」におちいり、事の「本質」を見誤る。この様な問題点は、個人の力では「完全除去」はデキマセンが・・・「教育」と「自然」により、緩和できるように思います。***山空気***9月3日・「土小屋」(石鎚山登山口)から瓶ケ森(カメガモリ)の斜面歩き。低級な私は、山空気に触れると「こころ」が軽くなります、空を見上げると明日への「ゆめ」が湧いてきます。(3日午前8時・「よさこい峠」直下長沢谷筋の「守護老木...生きる・山空気・土佐の海

  • 幸せ・私の「弁当」・さようなら「昭和」

    ***「幸せ」***「戦争に関係のない生活」であると思っていますが・・・「F35戦闘機」をアメリカから147機購入発表(1機:100億~150億円)。アジア最強の「航空自衛隊」となるようです!!(例・イギリスはF35購入を「138機」から「48機」に減らすようです)国民の生活を良くし、幸せ社会にすることが「国の仕事」であると思います。「非正規雇用」の割合が、2016年4割を超えた!!老後の生活のために、2000万円貯めなさい!!年金30年後は2割目減り!!※最も「自衛に困難」で「攻撃に弱い」、「原子力発電所」は日本海沿岸に集中???(低級で無学な私には理解困難なことが多い)***私の弁当***私の中学・高校時代の「昼メシ」は「ブック弁当」でした。ゴハンが7割・オカズが3割、オナカをイッパイにするためデス!!その...幸せ・私の「弁当」・さようなら「昭和」

  • 平和友好・アンコールワット・北の街

    「平家物語」祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・(諸行無常=「時」の流れは止まる事はない)猛き者もついにはほろびぬひとえに風の前の塵に同じ・・・私たちの国は石油・鉄・石炭など重要資源は輸入です食料の自給率は37%(カロリーベース)・世界最大の食糧輸入国です大都市に人口集中・原子力発電所は「日本海」側に集中戦争は出来ない国です!!諸外国と「平和友好」に努め、その上に成立する「通商」で生きて行かねばならない国です!!***アンコール・ワットとトンレサップ湖***カンボジアのアンコール・ワットは12世紀初頭に創建されました。壮大な石造建築・芸術性等で評価され、世界的人気の観光地になっています。ところが、近代はフランスの植民地、独立後は「内戦」で多くの人命が犠牲になりました。私はアンコール・ワットの前に立つと、歴...平和友好・アンコールワット・北の街

  • 仲好し・自然の中で・よさこい祭り

    日常生活の中で「仲好し」は1番イイことで世界共通です!!人間は個性が強く我も強い。それ故、「譲り」「譲られ」、「仲好し」で生きています。周囲が拍手すると「踊り」「拳をあげる」・怖くなると「ハライタ」「隠れる」!!この様なタイプの人間は存在しますが「リーダー」としては不適格です。選んではイケマセン!!***自然の中で・四国カルスト***8月8~9日天狗高原・姫鶴平ヨロヨロ歩きです。カルストを流れる清涼な山空気を浴びると元気が出ます。何時もの「カルスト歩き」ですが常に何かしら新鮮な「アジ」します!!バイク人の背中には「自由」が輝いています姫鶴平・放牧場キャンプ場遠くは大川嶺落日迫る「姫鶴平」・この時間帯の空気はサイコウ夏の強烈な太陽で暑くなっていた身体の芯を冷やしてくれるので・私は車中泊お隣さんはテント泊です西の空...仲好し・自然の中で・よさこい祭り

  • 平和・鏡川上流域・土小屋~瓶ケ森斜面歩き

    平和とは戦争で「命」を奪われることのない社会だと思います。1945年8月6日広島・9日長崎に原子爆弾が落とされ、両都市で推定21万人の死者が出ました。8月15日・太平洋戦争は敗戦で終結。戦争は国家が認める人殺しです・・・話し合いで言葉で戦争は避けることが出来るでしょうか???軍事力で「平和」を実現できるでしょうか???世界最強のアメリカ軍による、ベトナム戦争・アフガン戦争・イラク戦争等ではアメリカの勝利なき戦争です。戦争は国家のリーダーによって創られています!!これを回避する方法は、徹底的な「民主主義と言論の自由」だと思います!!<原爆投下後の長崎・焼却場で順番を待つ少年>(少年が背負っている弟は亡くなっています・少年は歯を食いしばって悲しさを耐えていました唇には血が滲んでいたようです)<ベトナム戦争・平和写真...平和・鏡川上流域・土小屋~瓶ケ森斜面歩き

  • 少年の夏・見知らぬ街

    ***少年の夏***7月25日猛烈な暑さを避けて午後3時ごろから「愛用50CCカブ」で近くの森と鏡川の「サンポ」でした。4時ごろの「鏡川」で「オドロキ」でした!!中学1~2年生男女が集結していました。最近この年代の子供たちは「スマホ」での「オアソビ」が多いですがこの光景で私は「安心」です。自分で「判断・実行」この夏の体験こそ少年が成長する「自然教室」です!!(約200メートル離れた物陰から撮影・飛び込み人からは見えない場所です)***見知らぬ街や里***私は「こころ」がオモタク成り易い傾向のあるシンプルで低級な男です。自分では「ウソやゴマカシ」のない人生を歩もうと努力したつもりです・・・「こころ」の中では涙をこぼすことは多かった。そして見知らぬ「街や里」を歩いた。逃避した。彷徨した。同じ所を数回歩いても私にとっ...少年の夏・見知らぬ街

  • 憲法について・むし暑い日々は・・・

    今日もローカル新聞に「憲法改正」の記事が・・・「国家百年の計」ではナク、「個人の名誉」のためにがチラチラ見える様な気がします。「日本国憲法」の生い立ちは???1945年8月15日・太平洋戦争敗戦・終結1945年10月11日・GHQ・マッカーサ―憲法改正示唆1946年2月8日・憲法改正草案提出→GHQ拒否→2月13日・GHQより改正案1946年4月17日「憲法改正草案」発表→10月7日・憲法改正案修正可決1946年11月3日「日本国憲法」公布敗戦・占領下、1年以下の短期間で生まれた憲法です!!国民は敗戦の大混乱で生活に追われ、困窮の毎日でした!!「憲法改正」については、数年をかけて、全国民が参加し、各項目について議論し、各項目ごとに「国民投票」で決定する。(現在の電子技術では可能です)国民の過半数が承認した「憲法...憲法について・むし暑い日々は・・・

  • 夢と希望・梅雨の中休み・私の旅スタイル

    参議院選挙投票日は7月21日・選挙とは私たちの「夢と希望」を乗せた行動ですが・・・私は低級で無能力ですので、何事も下から上を見つめてきました。この国の「大黒柱」=「日本国憲法」は市民生活の中で生きているのだろうかと???人間の営みの主柱は「ウソ」をつかない事・「ゴマカサナイ」事です。太平洋戦争の「敗戦」を「終戦」と???憲法9条「戦争放棄」・・・自衛戦争は放棄していない???「戦力の不保持」・・・自衛隊の艦船・戦闘機・戦車等は戦力ではナイ???私は改憲論者ではアリマセン・9条守護者でもアリマセン!!ウソとゴマカシ=ヘリクツのない世の中を夢見ています。***7月12日・梅雨の中休み晴れ「天狗高原」へ***雨雨雨・・・身体の芯まで「湿気」が沁み込み、身心が重い。前日の最終天気予報で12日は「晴れ」・四国カルスト天狗...夢と希望・梅雨の中休み・私の旅スタイル

  • 信頼と自由貿易・豊かで快適な生活は・・・

    輸出商品を「爆弾」に利用することは絶対してはイケマセン!!私たちの国は食料自給率(カロリーベース)は39%で世界最大の輸入国です!!(食料自給率:ドイツ=85%・イギリス=69%)エネルギー資源(石油やガスなど)の自給率は8.3%です!!我々の安定した豊かな日常生活は「自由貿易」の下で成り立っています。大都市は人口・産業・金融等が集中する、超精密電気電子社会です。「原発」は海岸線に集中。数発の「爆弾」で機能マヒ・壊滅状態になります。「戦争」は出来ない国です!!国際間の問題は、時間をかけて話し合いで解決しましょう!!平和・信頼・自由貿易・超一流商品の生産・・・これらが日本の生きる道です!!近年交通不便な山間地域の集落は消滅の危機に瀕しています。豊かで快適な日常生活の下ではこれは歴史1ページです。<フィンランドの社...信頼と自由貿易・豊かで快適な生活は・・・

  • 水の都 STOCKHOLM・空の旅

    シリヤラインの巨大船で「ヘルシンキ」から「ストックホルム」に移動。(6月22日ヘルシンキ発17:00→23日ストックホルム着09:30)朝陽が島々をつつむ中をゆったりと航海ストックホルムに到着する船旅は私にとっては「感動の時間」です。ストックホルムではメーラレン湖に面したシティーホール(市庁舎)の夕暮れが大のお気に入りです。25日・ストックホルム13:15発ヘルシンキ乗り継ぎ26日・成田着9:45午後4時には自宅でした。帰途の長時間「空の旅」は旅の整理となりそれ程苦痛には感じません!!***ヘルシンキからストックホルムへの船旅***(ヘルシンキ港・この大型船でストックホルムへ)(船内中央通路は免税店・お土産・レストラン・生演奏もその両側が客室)<朝日に輝く島々の中を潮の流れのようなスピードで航海ストックホルムに...水の都STOCKHOLM・空の旅

  • 自然中で生きる・中世の風が路地に流れています・ヘルシンキ

    自然の中で穏やかな生活!!小さな独立国「アイスランド」・私が生活している高知市と同じ程度の人口(30数万人)で自然を生かし、自然の中で生きている・・・感動の歩きでした。<ブルーラグーン>6月18日地熱発電に利用した熱湯を「露天風呂」として再利用・世界的人気でした。<レイキャビックからヘルシンキへ移動>6月19日(レイキャビック・ケフラビック国際空港)(アイスランド航空キャビンアテンダント・同じ便でした)(サッカーのサポーター・カメラOK?答は「ニッコリ」でした)(この飛行機でヘルシンキへ)(レイキャビック上空)(ヘルシンキ・バンダー国際空港着陸体制・フィンランドは「森と湖」の国です)<中世の「風」が路地に流れている・タリン>エストニアの「タリン」は「中世」の風が路地を流れています。15~16世紀・ハンザ同盟で栄...自然中で生きる・中世の風が路地に流れています・ヘルシンキ

  • アイスランドのレイキャビック ヨロヨロ歩き

    アイスランドは北極圏より少し南に位置していますが暖流メキシコ湾流と地下の火山活動熱でガチガチに凍ることはなく、冬期でも不凍港にはなりません。人口は約336、900人です。(高知市人口約329、000人)6月17日はアイスランドの「独立記念日」です。この日には首都「レイキャビック」にはどのような「空気」に包まれるだろうか・・・<6月15日・雨の成田空港からヘルシンキへ出発>(フィンエアーのクルーです・約10時間お世話になります)<日本海上空は厚い雲><お昼ご飯><シベリア上空・自然が支配する大地です>(ヘルシンキ・バンダー空港着陸態勢)<約2時間でストックホルム・アーランダ空港行きに乗り継ぎ>(手荷物検査とパスポートコントロールでは少し緊張・ストックホルム行きゲート)(ヘルシンキ上空・ストックホルムに夕方到着・1...アイスランドのレイキャビックヨロヨロ歩き

  • 神社の杜と日曜市・幸せの街 ホーチミン市

    数日前・親友から久しぶりの電話が・・・オレ免許更新は「ヤメヨウ」と思っているが君は???私たちの年齢には避けて通ることのできない問題です!!私はいつの間にかヨロヨロ・ハンボケ老人となりました。現役時代、私と向き合った方々には「良心」を忘れることは無かった様に思いますが・・・こころの底に眠っている「反省の念」が時々蘇り、重くツライ。山を歩いても見知らぬ土地を歩いても寂しさが消えることはアリマセン。***神社の杜と日曜市(6月9日)***アオバズクさん・今日も来たよ・ネムタイのに下でゴソゴソ・ごめんヨ~すみませんネェ~(6月6日)アオバズクは「夜間」食料獲得活動・昼間はネムタイのです(6月6日)昼間は抱卵中の♀を見守る仕事もしているから・・・(6月6日)今日は昼前から猛暑です(6月9日・午前中)オレを見つめているあ...神社の杜と日曜市・幸せの街ホーチミン市

  • 人間教育の国 フィンランド・私のテリトリー 鏡川

    義務教育とはバランスのとれた人間を育てるシステムのように思います。最近私自身が経験したことですが・・・人の趣味に「干渉」する・・・自分の経験がサイコウと思い、他人の楽しみを「指導」する!!本人がいない場所で「悪口」を言う・・・人の「心」を傷つける!!以上の事柄は老若男女関係ナク絶対してはいけない行為です!!少し参考にしてください!!フィンランドは世界一の「学力」を誇る国ですが・・・小学校教育は個人の「優れた点や問題点」を担当教員が掌握しその個人に合った「教育」を教室でする!!教室で進行中の「科目」がイヤな時は他の勉強をしてもよろしい!!中学1年までは「点数」評価はしない様です!!これらは一人一人を大切に育てる「人間教育」の世界です!!***旅の思い出フィンランド・イナリ***タイ航空でノルウエー「オスロ」早朝着...人間教育の国フィンランド・私のテリトリー鏡川

  • 平和・四国カルスト 天狗高原

    「平和」とは戦争のない時間の流れです。ここ数年、ベトナムを歩いていますが、市民の「明日」に向かう「力」を感じます。私の1960年代と同じ空気が流れ、戦争は遠い歴史の1ページとなっています。平和が市民の日常に「夢と幸せ」をもたらしていることが、旅人の「目やこころ」にも沁みてきます!!(ハノイの「スタバ」・ベトナムアメリカヨーロッパからの若者で楽しい雰囲気)***四国カルスト・天狗高原歩き***5月25~26日突然の「猛暑」襲来から逃走、高原の不純物を含まない「空気」で心身をサラシ、「元気再生」を理由に、高原ヨタヨタ歩きでした。25日・早朝の津野山郷・天狗高原登山道からのこの眺めはお気に入りです高原放牧場入口のこの「木」に「おはよう」のアイサツそしてヨロヨロ歩きスタートです<全身に「高原空気」をアビルオートバイは高...平和・四国カルスト天狗高原

  • 旅と写真

    **私の旅**私の旅は単なる彷徨です。シンプルで低級な私見知らぬ土地をヨロヨロと歩くのが趣味です。その時その場所でながれている空気の「アジ」や人の「カオリ」にひとり感動!!そしてレンズを向けています。**写真について**最近のデジタル写真はPCソフトを駆使して仕上げたキラキラと輝くような美しい作品が多い。まるで、TV番組の7ツ星「フランス料理」のようです!!これに対して、私の写真は駅前食堂の「定食」です!!いつも、醤油味のニオイが漂いくすんだ色ですが・・・身体の芯に沁み込む「写真」を目指しています・・・(センスはナク・勉強不足・本当は無理デス・すみません)<スウェーデン・ストックホルムの市庁舎>(メーラレン湖に面した市庁舎の庭・市庁舎はノーベル賞受賞パーティー会場です)<フィンランド・ヘルシンキ>(ヘルシンキ港...旅と写真

  • 新緑の季節・重い旅

    ・・・新緑の中を歩くと・・・私の少年時代は、季節のながれの中に「日常」がありました。冷蔵庫もエアコンもナイ時代です毎日の食事は「季節」のモノが多く、春の農作業は秋の良き収穫のために大きな汗を流していた。私は、農村育ち故か「新緑の季節」はユルンダ「こころ」が引き締まる。***新緑の五台山牧野植物園・竹林寺歩き***5月12日過ぎ去った「時間」は雲の中を歩いている様に思います。足の重さも汗も感じない・・・ヨロヨロ人生航路の私でも、「新緑」の下では、「今日より明日に」と「生きる気力」が湧いてきます。<新緑の牧野植物園>(植物園入口を園内から撮ったものです・来園者の一歩は木の床です)(これを見るとミンナ違反行為はシマセン)(新緑にオニアイです)(女性職員がお世話をしています・子供を育てている様な姿に見えました)(お遍路...新緑の季節・重い旅

  • 豊かな時代・旅の思い出 Muang Ngoi in Laos

    「豊かな時代」・・・1955年~65年私の青春は「夢と希望」の時代でした。戦争の傷痕は癒え、電気炊飯器・冷蔵庫・自家用車・エアコン等・生活環境は激変し、1975年以降は大量生産・大量消費の「豊かな時代」へと猛進した。これからの社会は、少し立ち止まって、「生活格差」・「自然とのバランス」等に目を向けることが大切であるように思います。***鏡川のながれ***全画像:5月4日撮影私は「年中連休」ですがポッケの中は「軽い」!!だけど、「50CCカブ」があります!!思いついたら、即行動です!!今日(5月4日)は午後3時から、「カブ」で自宅から西へ約10分、「鏡川」へ。(川遊びをいつも護ってくれています・手を合わせてから行動です)(ここの堤防道は狭い・「カブ」が最適デス)(「電動の堰」はお地蔵様の所から下流へJR鉄橋下のこ...豊かな時代・旅の思い出MuangNgoiinLaos

  • 「時」の流れ・「季節」の流れ・「自然」のカオリ

    「時」の流れ・「平成」から「令和」となりました。近くて遠い国との暗い外交問題・国内では非正規雇用は40%超え・国内犯罪の凶悪化・・・これからスタートする「令和」は、上記の問題点等が少しでも良くなることを願っています。***「季節」のながれ・「自然」のカオリ***4月27日~28日・石鎚山登山口の土小屋から瓶ケ森(=カメガモリ)の斜面を歩いてきました。「四国の脊梁」・北斜面は北からの寒波に襲われ「霧氷」の冬景色・南斜面(高知県・太平洋側)は早春の「芽吹き」でした。この時季この山岳道路はオートバイがオニアイです!!(画像で「季節」のながれと「自然」のカオリを表現します・よろしくお願いします)<よさこい峠近くの老神木>私が勝手に呼んでいます(4月27日早朝撮影・五体不満足ですが「凜」と生きています・低級軟弱の私にとっ...「時」の流れ・「季節」の流れ・「自然」のカオリ

  • 少し気になります・自然の中で・旅の思い出 アラスカ

    50CCバイクで、近くの鏡川や山の斜面を「サンポ」しています。高知は私が生まれ・働き・今は年金で暮らしている土地です。森林面積の割合は、83.4%で日本1ですが・・・斜面の水田や山の植林地が放棄され、粗末に扱われているのを多く見かけます!!収穫作業している田の周辺は「雑草」です・耕作放棄農地です手入れをしていない「植林帯」は台風や雨に弱い・台風でなぎ倒された植林日本の「食料自給率」は約36%・主要先進国でも「最低水準」です(2015年)。農業従事者は65歳以上が約61%です。国の借金は国民1人あたり約885万円です。低級な私は心配のみです。明日に生きる若者へこの実情を背負わせてイイのかなと・・・***自然のなかで***4月22日・鏡川ダム湖の森で「鳥見」です。新緑のなかで、「野鳥」が飛び・舞い・さえずる・・・田...少し気になります・自然の中で・旅の思い出アラスカ

  • 友好・東京あるき・旅の思い出 ロフォーテン諸島

    最近韓国との外交問題が新聞やTVで多く取り上げられています。フランスとドイツは2度の大戦で戦火を交え、両国に大きな犠牲が発生しています。今日では両国の外交には問題がナク、平和で友好的です。政権幹部が公式に訪問し、会談し、相互理解と相互親善に努めている様です!!***東京あるき***(4月10日~12日)移動の速さと大都市で生き抜いている人々の「活動」と「熱気」に酔い、足が重かった。個人旅行と想われる外国人の多さには感動。(直接日本社会に触れ日本文化を理解)<10日・高知龍馬空港7時35分発羽田へ>雨の中離陸・高知平野は田植えのシーズン厚い雨雲を突き抜けると青空(高度約8500メートル)空の碧さの下では何となく気分が良くなる(子供の頃と同じ・成長なし)羽田上空・東京も雨天朝自宅を出発し昼前後は東京移動は速く便利で...友好・東京あるき・旅の思い出ロフォーテン諸島

  • 少し希望と夢が・・・ 山間の自然

    先日の地方選挙・少しですが「希望と夢」を感じました。国政の中枢を担当する政治家には「政治家業」を継いだ「お坊ちゃま・オマゴちゃん」が多い。低級でヨタヨタ人生航路の私ですので「政治」には関心はウスカッタ!!今回の選挙で最年少の「知事」が誕生した!!最終学歴は私大の夜間部卒業です!!私は大感動です!!有名塾・有名進学高校・名門大学卒業。(多様な経験・豊かな人間教育・無視)この背景には、親の「経済力」が大きいこと。日本の「大学入学平均年齢・18歳」は、成熟した先進国では存在しません。***山間の「廃校・平山小学校」を歩く***4月7日過疎高齢化の最先端を走っている、私のローカル。市街地から、少し車で山間に入ると、土地人は「オトシヨリ」が多い。自然は変わることなく、美しいが・・・この実情は、「時」の流れで、逆らうことは...少し希望と夢が・・・山間の自然

  • 山里の花見・暖流 黒潮の中で生きる

    辛い時・悲しい時・嬉しい時全て周囲の「空気」に包まれていた!!相手の「顔」を見ず「空」の会話・距離や時間に関係ナク・・・豊かさとは???親の苦労や他人の悲しみを見ない日常生活。私は自然を求め変わらぬ空気の流れている場所を彷徨です。***「かがみ桜まつり」3月31日***自宅から50CCカブで約20分・私の四季を通じてのサンポコースです。過疎高齢化の「山里」ですが、ミンナ元気山畑で汗を流しています。(鏡小全児童数61人・鏡中全生徒数19人)大のお気に入り「ダム周辺」です!!「桜まつり」で食べた、ごもく寿司・から揚げ・おでん・田舎うどん、オイシカッタ。***高知県西部・柏島・サニーロード・入野松原を走る***4月1日~2日私は「柏島」に流れている「潮風」が大好きです。この島には、生き抜く「原点」が見えるような気がし...山里の花見・暖流黒潮の中で生きる

  • 高知市の五台山・高知龍馬空港・鏡川

    ***五台山の竹林寺と牧野植物園***3月26日「カンペキ」な人間はいない様に思います。無意識のうちに、他人に「トゲ」を放っています!!地上での持ち時間が残り少なくなった私でも「こころ」に刺さる小さな「トゲ」には弱く涙が出ます。「生きてゆく」ことは他人からの「トゲ」に耐え我慢することの様に思います!!<竹林寺と牧野植物園>寺社参詣も春の花見も、日常生活の「ツカレ」を癒す「清涼剤」です。そして幸せ探しのための「元気回復」デス。(秋・竹林寺・祈りの季節です)お弁当を持って牧野植物園植物園へ(3月26日)(牧野植物園より北東の田園地帯・田植えシーズンです)(コゲラ・植物園春の害虫駆除担当です)***高知龍馬空港と周辺***(3月25日)数年ぶりに帰郷していた、息子を送って空港へ。(この便で羽田へ・羽田乗り継ぎ・太平洋...高知市の五台山・高知龍馬空港・鏡川

  • 断捨離文化・今日の鏡川(3月20日)・北の街

    ヒョットシテ日本は「津津浦浦」、「断捨離文化」のクニかな!!今日のローカル新聞に高知城の推定樹齢400年の「モミの木伐採」の記事があった。根が石垣を押し出し崩落の危険があるので???近年、高知城周辺では古木が数か所で伐採されています。高知城正面石段入口の「古木」の伐採は、新聞記事で多くの市民が知り、伐採反対の声で中止となりました!!石垣は修理が出来ますが樹齢数百年の古木の「再生」は不可能デス!!「お役所」の大好きな「断捨離文化」=生活文化・自然の破壊を画像で少し見てみます。<私の鏡川水辺「鳥見の森」・洪水対策として伐採されました><鏡川支流の廃校小学校校庭跡です>この谷筋の子供たちの「手の温もりや思い出」が沁み込んでいた「遊具」は撤去されました。そして駐車場の誕生です!!<鏡ダムや砂防ダムの上流と下流の水質>鏡...断捨離文化・今日の鏡川(3月20日)・北の街

  • 高知城の春・旅の思い出 ミャンマー

    数日前、高知城で雑談中、「中学校の国際教育コース」について話題が出た。「英語の時間」を確保するたまに、1週間に2回、「7時間目」を設定しているようです。これは、中学生にとっては大きな負担です!!授業時間数を「増やす」ことにより、「英語力」をつける・・・オドロキです。「フィンランド」の学力は「世界1」です。この国の教育方針は「学力の低い」子どもをつくらない1クラスの生徒数は20人前後(日本・・・小学:28人・中学約33人)夏休みは約2ケ月(6月中旬~8月中旬)授業日数は「約40日」日本より少ない※日本=学校の授業+「家庭教師」or「塾」=高点数確保=「学力向上」???***高知城の春***「高知城・梅の段」の梅花は終わりました。早咲きのサクラが咲き、春の新緑もほんの少し顔を出しています。小鳥たちも「恋」の季節で、...高知城の春・旅の思い出ミャンマー

  • 少数民族の里・高知城

    私は東南アジアの少数民族の里をヨロヨロ歩いています。東南アジアの大都市とその周辺は、日本の都市とは大差がなく、田舎暮らしの私には「リズム」が合いませんので、少し敬遠気味です。私の少年時代、小さな集落の路地を流れる空気は、親戚の様なやわらかく温かかった。家に「カギ」をかける人もいなかった。低級な私は無意識の内に、少年時代の「時」を追って、少数民族の「里」を彷徨しています。<ラオス・ジャール平原のモン族の集落>電気・TV・モーターバイクが日常生活に溶け込んでいます。<ベトナム・「サパ」の旧正月>2015年2月旧正月ハノイの国際空港は、旧正月を家族で祝うための帰国者で大混雑でした。「サパ」中心街の土産売り屋さん観光の街となり、地域住民の現金収入源となっています。各少数民族の「伝統祝い服」で街は華やいでいました。この地...少数民族の里・高知城

  • これでイイのかな???・天狗高原一人歩き・高知城

    沖縄・辺野古に移設「反対」が70%を超えた!!日本を「他国」からの軍事攻撃から守ろために、「米軍基地」が必要であれば、「米軍基地」を全県の話し合いで等分に負担すべきです。米軍基地の70%が沖縄に集中しています。これは国家・国民にとっては不公平であり、不正義です!!これでイイのかな???フィンランドの国土面積は日本とほぼ同じですが、ロシア=旧ソ連との「国境」は陸地で直接接しています!!「米軍基地」はアリマセン!!この国は、教育大国・福祉大国・IT大国等で世界的に有名です!!フィンランドの首都ヘルシンキは穏やかでやわらかい空気が街中を包んでいます。空港も中央駅も人気のヘルシンキ港朝市も・・・<中央駅構内><ヘルシンキ港朝市>(ヘルシンキ港夕暮れ)***四国カルスト天狗高原一人歩き***2月25~日26日25日早朝自...これでイイのかな???・天狗高原一人歩き・高知城

  • 大人への道・高知城 梅の段・少数民族

    大人への道・・・卒業と進学の季節ですが???義務教育の段階から大学進学まで「塾」です。莫大な費用がかかるので、両親の「経済力」が大学進学に大きく影響しているのは事実です!!今日の社会では、非正規雇用が40%を超えています。日本の社会格差は「拡大」し、若者の「夢や希望」が「縮小」しています。心配です!!若者が自分の力で、自分の道を拓いている姿に触れると感動です。(四国カルスト天狗高原)(天狗高原・女性一人旅・大型バイクで)***高知城梅の段***梅花のカオル頃から春風に桜の花びらが舞う時期まで、高知城ヨロヨロ散歩です。自宅から高知城までは50CCバイクで約10分。天気よい日は「お城」で鳥見です。冬鳥のオジロビタキやジョウビタキ、メジロやヤマガラ・・・<オジロビタキ・故郷の北国に帰る日は近い><ジョウビタキ・冬鳥で...大人への道・高知城梅の段・少数民族

  • 明日への夢・「佐川」歩き・高知城 梅の段

    石狩の都の外の君が家林檎の花の散りてやあらむ「石川啄木」美しい札幌郊外に住む清楚な女性の姿を私は想像しています。私は高校時代から、女性に声をかけられた思い出ナシ。自分から女性に話しかけたことも記憶にアリマセン。いつも学生服のポケットには10円硬貨が数個・これが私の青春デス!!それでも、楽しく力強く自分の青春を生きてきました。相手の顔も目も見ずに「携帯電話」で、一方的に相手の「こころ」に「キズ」をつける、今の時代がカナシイ!!しかし、自分の世界を自分で創り友や自然にやさしい若者の存在にアカルイ新しい時代の到来を確信。<ラオス・ルアンパバンの旧正月水かけ祭り><ラオス・バンビエンの夕暮れ><タイ・バンコクの街角で><ヘルシンキ街角で><日本の若者・高知で撮影>***「佐川」歩き***2月10日・快晴無風高知市内から...明日への夢・「佐川」歩き・高知城梅の段

ブログリーダー」を活用して、MUGAKUさんをフォローしませんか?

ハンドル名
MUGAKUさん
ブログタイトル
風のなかで・・・山里・海辺・清流
フォロー
風のなかで・・・山里・海辺・清流

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用