searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

max120さんのプロフィール

住所
藤枝市
出身
藤枝市

自由文未設定

ブログタイトル
max120
ブログURL
https://sunshower21.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
おいしい新鮮野菜の収穫をめざす試行錯誤の菜園日誌です。
更新頻度(1年)

27回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2012/05/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、max120さんの読者になりませんか?

ハンドル名
max120さん
ブログタイトル
max120
更新頻度
27回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
max120

max120さんの新着記事

1件〜30件

  • トウモロコシ順調

    トウモロコシ「おおもの」が順調に生育。アワノメガが発生する8月前に収穫出来そう。#59147;オス穂も顔をのぞかせてきた。茗荷。軟白栽培を目的に籾殻を敷設。ゴボウは葉だけが旺盛。根の肥大はいつ#59139;ゴールドキュウイに花。相方の雄木のロッキーは蕾のまま。結実は期待薄か。今年のオリーブは、確実に花が咲いた。実をつけてくれそうな感じ。それと言うのも近くへ異品種2本を植え付けたせいだろうか。ビワ。そろそろ収穫。トラップに入ってもがいているスズメバチ。5月に単独飛行しているのは攻撃性のない女王蜂。ペットボトルの入り口は、H型にカッターを入れて上下に開く。中身は①果物ジュース、あったらカルピスも②酒③酢(酢を入れないと蜜蜂が入ってしまう)①~③をそれぞれ適量入れる。<本日の収穫>かなり活発な西洋蜜蜂を俵養蜂場さんから送ってもらった。お蔭で継箱(2階建部)が蜜で埋まるのが早かった。このペースなら今年最後の蜜採取の6..

  • スイカ植え付け

    小玉スイカと大玉黒スイカ植え付け。中玉トマト植え付け。インゲン芽だし。#59130; 西洋蜜蜂元気。もうじき終了のレンゲに蜜蜂。甘夏ミカンの花に蜜蜂。成長早く我が家のシンボルツリーと化したブラシの木。ブラシの木の花にも蜜があるようで蜜蜂がよく訪花。雲南地湧金蓮。ブルーベリーの花。ドウダンツツジラズベリー同上今日の収穫ラッキョウ。

  • 日本ミツバチの分蜂待ち

    今年新規に蜜蜂の待ち箱を設置させていただいた地点。自宅から車で10分足らず。孟宗竹が乱立。竹の子が随所に顔を出している。場所選定には、狂いは無かった。ただ、偵察蜂は盛んに来るものの女王蜂の群れはなかなか入居までにいたらないのが歯がゆい所。他所の箱と比較して箱がお粗末なせいだろうか。今や分蜂のピーク。焦らないで期待するしかない#59142;。すぐ隣に置いた重箱式養蜂箱は相変わらず2~3匹が出入りを繰り返しているだけ。残る3箱には寄ってこない。ジャガイモ・キタアカリ。土が肥えているせいか他の場所に植えたのより成長が早い。ジャガイモの花。マリーアントワネットが好んだとか。種からのトマト。グリーンゼブラトマト。近く露地に植えつけ。電柱の上に決まってとまるいつものカラス。巣づくりのシーズン。朝早くから不快な鳴き声。このカラスのせいで周辺電線下のアスファルトは白い糞で汚れている。しかも我がサヤエンドウを食害されて..

  • キュウリ移植

    キュウリ発芽。キュウリ14苗それにゴーヤ7苗を移植。支柱は、先に設置済み。霜の害も無さそうなのでパッションフルーツ10本を露地に移植。カボチャも移植。アローカナ。養鶏場から仕入れて1か月経過。今まで電球を入れたプランターで飼育していたが広い鶏舎に移した。見た目が水とエサの汚れでしょぼいが、これからまともな白になっていくでしょう。産卵は6月末の見込みで、卵の殻の色は珍奇な青。そろそろ収穫。甘夏。紫キャベツをジューサーにかける。甘苦くやや辛い。あまりおいしくないけど健康には良いかも。

  • 着々と育苗

    生えそろったとうもろこし。品種はビッグサイズの「おおもの」。今晩、降雨との事で午前植え付け。春まき6月採り栽培はアワノメイガの被害が少ないとの事で着手しました。マクワウリ。移植はまだ先。かぼちゃ。近く移植。65型鉢へ播いたゴボウ。ジャガイモ発芽。リーフレタスボケの花クリスマスローズローズマリー大好きなキリシマツツジ。植木センターで衝動買い。<水仙>ミスマフェットがそろそろ開花。日本ミツバチの捕獲に乗り出します。むらっけなブログへ御越しいただき有難うございました。

  • ミスマフェットに蕾

    日本蜜蜂誘引花・ミスマフェット。蘭の一種ですが花はそれ程綺麗でなく蘭愛好家には人気がない。でも日本蜜蜂の養蜂家にとっては貴重な花。オークションなら6000円強になる#59139; バルブ(蕾)は、4本。3月中旬の開花見込み。分蜂は桜が散る3月20日頃からでしょうか。サヤエンドウ順調。今年は、ビニールトンネルで種の発芽促進。日中は30度強になります。中でも芽出しが早いのは、トマト、メロン、スイカなど。、ゴーヤ、トウモロコシは、まだ。 トマトは、ポットを大きめにしにし使用してなかった120㎝水槽に移した。採光と密閉性で保温十分。椿の花。ホンコンドウダン。菜花南天

  • オリーブ2本鉢植え

    オリーブ・シプレッシーノ購入。既存オリーブ(ミッション?小木フランとイオ)の結実促進のため。 オリーブは、単独ではほとんど交配せず複数種を混在しないと結実しない。花粉は数百から千m飛散し、主として風媒,ときに中媒で受精するーとある。 念のため、花粉が多く開花期も早く長いことから授粉樹として価値が高いネバジロブランコも導入。2本とも2mほどの木だから5~6月頃花がつくだろうとのこと。期待#59125;春じゃが植え付け。株間は約30㎝。この後覆土して完了。今年は暖冬を見込んでビニールマルチはカット。トマト・グリーンゼブラが発芽。#59146;シークワーサー樹液を吸う不快なカイガラ虫。排泄物で黒煤病を蔓延させる。駆除剤を噴霧。挿し木。オリーブ、パッションフルーツ、シマネトリコ。<今日の収穫> 白菜と赤キャベツ。

  • 今年は,春じゃが2品

    ジャガイモ・北あかり。早くから男爵、メークインと共に店頭に並んでいた。「野菜だより」によるとホクホクの食感で、今や定番の仲間入り。男爵並みの収量とサイズでビタミンCが豊富。同上。サイズが100g強が多いので縦に二つ割にして2~3日風通しのいい所に置いて切り口を乾かす。インカのひとみ。インカのめざめ同様、甘みのある栗のような濃厚な味わいが特徴の極早生種。インカのめざめよりやや大きくて収量が多い。kgあたりの単価も同じ。だったらインカのひとみに軍配が上がる。今年は西洋蜜蜂をやめて日本蜜蜂に転換します前から日本蜜蜂が春に飛び交う山里に目星をつけていた。その周辺内のとあるお寺。飛び込みで待ち箱を置かせて下さいと住職にお願いしたところ快諾して下さった。3月の分蜂時にはまだ早いが、蜜蝋と蜜を塗って設置。そして誘引花・きんりょうへんが咲いたら巣門の前に置くつもり。少なくても3群はゲットしたい。<今日の収..

  • 春野菜着々と

    サヤエンドウ順調。 サヤエンドウの花 ほうれん草。肥料不足からか成長遅い。ターサイ。近く間引き。ラッキョウもまずまず。葉大根赤キャベッ.丸かる。 菜花椿 ベニボクハン

  • ごぼう発芽

    短根ごぼう。時期的に無理かと思いきや播種して10日で発芽。細粒鹿沼土のほうは、やや小さめ。 それに比べ腐葉土のほうが生育が早い。ビニール袋は、雨の後丸くプール状態になってしまう為代わりに寒冷紗をかける。ニンジン発芽。液肥をかけて成長促進。来年1月の春じゃが栽培地点の畝づくり。白菜は順調と思いきや。葉が虫食いの跡が目立つものもある。やはりいました。青虫。これはすぐ捕殺。パッションフルーツの挿し木。日本蜜蜂の誘引花・金陵辺。分蜂が始まる3月25日頃に花をつけるよう管理しています。いただきもの。青島みかん。ネギは、薬味として鉢植えしてます。それでは良いお年をお迎え下さい。“Good luck!”

  • ごぼう播種

    初栽培のごぼう。特徴は100日で長さ40㎝くらいになり、早太りで短く掘りやすい-とある。65㎝型のプラ10鉢に種をばらまき。高さは30㎝で底はくりぬき。接地する耕土を深くした。保温として120ℓのビニール袋をかぶせた。深底プランターへニンジン播種。土は鹿沼土と川砂なので股根は避けられそう。ニンジンは連作可能とのことでうまく収穫出来たら続けるつもり。葉大根発芽。水菜発芽。<今日の収穫>パッションフルーツジャガイモ・出島寒椿ご訪問有難うございました。又来てケロ。

  • サヤエンドウに竹笹

    成長早いサヤエンドウに強風と霜避け目的に竹笹をさす。ニンジン播種。寒冷紗のトンネル栽培と不織布のベタ掛け。芽出しは、果たしてどちらが先か。 (下線取れず)今夏、ミニトマトを栽培してましたがその時のこぼれ種から成長した苗。元来トマトはアンデスの涼しい産地のもの。もしかしたら越冬できるかもしれないと生育の良い苗10本を移植してみた。リーフレタスは、手掛けた覚えがないと思ってたら。結球しているのを見つけて分かりました。トレビスです。色鮮やかでサラダの彩りに好適。味はくせになりそうなほろ苦さ。#59129;シークワーサーにカイガラムシ。カイガラ虫のせいで、すす病、発生。大至急殺菌剤、殺虫剤を散布せねば。100均とは言え値段以上に愉快なものもありますね。

  • ビタミン菜とほうれん草蒔く

      ビタミン菜、法蓮草の種を播く。それぞれすじ蒔き後、もみ殻を軽くかぶせる。白菜。今年は意外と虫害が少ない。同じく赤キャベツも虫害の被害少ない。インゲン。曲がりがあるものの何とか順調。ステッキオ。生育に時間がかかる。ジャガイモ・出島。両脇のマルチ穴から芽を出した。とり忘れの一つゴーヤを食害する青虫。中央で擬態している。ひつまみ出した。自家製液肥・えひめAI-2を造る。材料(ヨーグルト、納豆、ドライイースト、砂糖)水道水など。 最後にヒーターを35度に設定。出来上がりは1週間後。<今日の収穫>大根。土がまだ出来ておらず、小石が多いを畑の為寸詰まりが目立つ。サツマイモシルクスイート。これは出荷します。 川沿いのススキ。秋が深まりました。 今年もインフルエンザの予防注射をしてきました。お互い風邪には注意しましょう。

  • さやえんどうに期待。

    さやえんどう発芽気をよくして第2陣さやえんどうを蒔く。白菜は順調。大根生育中。マルチの穴を少し広げてやる。普通のレタスより、やや苦みがあって美味しい。品種名失念。ニンジンは、スローな成育だが大丈夫#59139;。ミニトマト色づく。夏みかんも色づいてきた。成長が早いシマネトリコ。マキの木にまとわりつく鬱陶しいカラスウリ。年ごとに増えていく皇帝ダリア。蜜源のない時期。朝から蜜蜂が群がって来る。岡崎おうはんは,超メンクイ。たまに生ラーメン(5個入り245円)を買ってきてちぎって投げてやると飛び上がって取り合う)。ミミズみたいな感覚なのかな。

  • アボガド植え付け

    森のバター・アボガド苗植え付け。緑化木センターで売られていた。30㎝、50㎝、70㎝の3本計4300円を3000円に値引きするからとの事で購入した。翌日、スーパーでアボガトを購入。種を爪楊枝にさしてコップの水に少しつけておく。発芽にこぎつければ成長は早いんだけど。ラッキョウの芽が出そろう。 ラッキョウのつぼみフェイジョア。今年は数は多いものの実が小粒。 しばらく追熟、保存。フェイジョア。熟しての落果を待たないで洗濯にばさみで止めおく。柿より赤くなる果皮の高級柑橘「みはや」なる苗を4年前に3本購入して植え付けて置いたもの。ようやくそのうちの1本に実がついていた。シークワーサー収穫水菜・紅法師収穫。本日もご訪問いただき有難うございました。

  • 白菜植え付け

    白菜植え付け。。白菜10株のうち5株は、サラダ向け。水菜・赤法師。おひたし、漬物、サラダに。次郎柿。今年は落果が多かった分大きいのが揃った。ミニトマトに実がつく。甘夏みかんが3年目にして実る。スルガエレガントも丈の割になった。シークワーサーもたわわに実ったものの黒すす病にやられていた。近く防除。柑橘類の葉につくアゲハ蝶の幼虫。こちらは成長した幼虫。つつくと黄色の角を出し嫌な臭いを発し外敵から身を守る。ゴーヤもそろそろ終わる。さみしーっ#59123;

  • 紅はるか収穫

    さつま芋・紅はるか。土は、まだ畑土とし出来ておらず固いので少し乱暴だったがパワーショベルで掘り起こす。跡地は整地してレンゲを播いて調整する。名前の通り、紅色。取り敢えず1か月ほど保存する。そのほうが糖度が増すとの事。秋じゃが・出島の種イモ5kg購入。春じゃがの様にカットせず植え付け。その後にマルチで覆う。実は秋じゃがのほうが、甘みや旨みが多い。そして貯蔵性も高いと言われる。ラッキョウの種イモ5kg購入。水まき用給水ボンプ。ニンジンの発芽を促進するため放水。トウモロコシ収穫。糖度十分。かぼちゃ・ロロンナス・ブラックビューティと赤くなったししとう。ナスは種から育ててもモノになる株は少なく当方には難易度高い#59144;。

  • インゲン、ズッキーニは、お好きですか。

    つるありインゲン植え付け。ズッキーニ植え付け。大根播種ハロウィンかぼちゃ結実。母が介護施設に入居しているので今年も陳列させてもらうつもり。昨年喜ばれたので。おもちゃかぼちゃ1号。予期しない場所にかぼちゃの苗が-と思っていたらバナナマクワでした。この夏、カブトムシにかじられて商品にならないのを捨てて置いたうちの種から発芽したもの。カブトムシは、もう発生しないが果たして完熟まで行けるのか#59139;。とうもろこし。盛夏に発生するアワノメイガを避けてのズラシ栽培。今の所順調。ツルムラサキ。無水鍋で加熱して鰹節醤油で食べたら、茹でて食べるより土臭さが無くおいしかった。パッションフルーツ。甘酸っぱくて独特の食感。病み付きになります。来年はもっとたくさん収穫出荷出来るよう頑張りたい。

  • 秋野菜にシフト

    今後供給減狙いで3回目のキュウリ植え付け。同じくミニトマトも植えつけ。5苗。連結ポットに播いたつるありインゲン発芽。ズッキーニも発芽。トウモロコシに虫害消毒散布。2回目植え付けのキュウリが順次成る。ゴーヤ順調これは、採り遅れ。黄色に熟して落果。赤い種は来年の種として保存。今年も咲いたジンジャー。風に乗って漂う香りがナイス。<今日の収穫>シシトウ、葉ショウガ、キュウリ。先の2点でチェリオ #58994;#59120;

  • スイカ収穫

    初めて手掛けるパラロッサ ラディッキオ。別名赤チコリ。種は小さいので種袋から皿に広げる。割り箸の片方の先に水をつけてくっつけて播こうとしたがくっついてこないので指先でつまんで播く。一穴3~4粒。水やりを怠りなく進めたい。つるありインゲンに蕾が付く。3回目のトウモロコシ。今度こそ。すいかは、カラス対策として閃いた#59131;支柱・ダンポールでそれぞれクロス。お蔭ですべて無事に収穫出来た。すいかの台木のかんぴょうのつるが伸び かんぴょう結実。これはもっと早くちぎってとるべきものですね#59143;<今日の収穫>今年はまずまず。ナス初収穫。ブラックビューティ4、ローザビアンカ2。まだ続きます。

  • 夏野菜好調

    赤オクラの花生育旺盛の赤オクラ。赤オクラは、一般のオクラに比べて20㎝前後でも柔らかくネバネバがあっておいしい。後発のオクラ・ダビテの星。普通のオクラと比べてズングリしていて肉厚。断面がきれいな星形。柔らかくすごくおいしい。親の意見と茄子の花は千に一つの仇はない。納得。ローザビアンカブラックビューティ。これも近く収穫。<今日の収穫>バターナッツかぼちゃ。すぐには食べないで2~3か月、保存した方がデンプンが糖分にかわって甘くなる。鈴なりかぼちゃ。同上。オクラ,ミニトマト。大玉トマト。目下のシンボルツリー。サルスベリ。

  • 2回目のとうもろこし発芽

    粒がいろどり豊かなカラフルインカ。追肥して肥大を促進。ひげも紫とカラフル。 トウモロコシ2回目播種。発芽展開で近く移植。収穫は10月。色づく大玉トマト。濃い赤と緑が混ざったミニトマト。徐々に色づく。2㎝ていどのサイパンレモン。移植したためものになるのは、2本で7個くらい。 甘夏もなんとか。木によってバラツキが目立つ。パッションフルーツも徐々に結実。ゴーヤ1号。明日はスパムでゴーヤチャンプルー。フェイジョアが結実。収穫は11月。バナナまくわ瓜。大きく色づいたころどうして突いた跡があるんだろう。もしかしてカラスの仕業かと判断して、テグスを張ったりネットをかけたりしましたが違いました。突いた箇所を割った所、何とカブト虫が飛び出してきました。即捕殺しましたが約3分の1が商品になりませんでした。もし来年も栽培するんなら早いうちに寒冷紗をかけるしかないなぁと反省。オスのカブトムシは、近くの子供にあ..

  • 夏植えスイカ移植

    夏植え小玉すいかを植え付け。強雨の翌日、根元に土の跳ね返りがひどかった。そのための稲作農家から藁を頂戴し、苗の周りに敷いた。何とか土の跳ね返りは防げる。今年はスイカ栽培に力。残る百合・カサブランカの花咲く。サフランもどき(失礼なネーミング)。最近復活#59139;したのかよく見かけます。ムラサキシキブの花ヒメオオギズイセン。あまりはびこるのも困りもの。観葉植物見た目でスイカペペと呼ばれているとか。ホームセンターで購入したオリーブに実がついた。以前からある大きく成長したオリーブは、結実なし#59001;。老爺柿。今年は例年になくたくさん結実。本来は地植えでなく盆栽仕立てかも。秋になると赤くなって風情があります。

  • 夏野菜好調

    ラグビーボールすいか1号。鈴なりかぼちゃ。続々と結実。バターナッツかぼちゃもヒョウタン形をなしてきた。ミニトマト。色づくのはこれから。オクラ・スター オブ ディビッド去年も栽培した。今年は本腰を入れて18株。オクラ・バーガンディ。16株。マクワバナナゴーヤ。とうもろこし。レインボーインカ。去年のこぼれ種からのつるむらさき。癖があるので好みではないが栄養豊富だし、後から後から発芽するので重宝します。インゲン。すでに支柱、ネット張り済み。さつまいも・紅はるか。ネットで買ったインチキ品(巣礎)#59133;養蜂家の方注意。上がハニカム構造が小さ過ぎのインチキ品で、下のが正解。ネットで流通しているのは100%駄目。シーズン中にかかわらず盛って産卵はおろか蜜も集めない。見向きもされない。えらい損害でした。#59121;従ってネットで購入するのはやめましょう。被害にあった知人は、不良品でしたらお金返しますとあった。だがこ..

  • ニンジン、ズッキーニ収穫

    向陽ニンジン収穫。※一部です。ニンジン洗浄機にかける。4~5分でピカピカのニンジンに変身。さしあたってジューサーにかけてニンジンジュース砂糖を入れたかと錯覚するほど甘~い。#59129;ズッキーニ。収穫ラッシュ。プラスチック製みたいに艶がある。丸型ズッキーニ。収穫遅れで肥大したズッキーニ。商品にならないので鶏の飼料にする。輪切りにして放り投げてやるとたちまち喰いついてくる。これでやや野菜不足解消。三州しょうが1.5㎏購入。近く植え付け。水切れに注意とか。アジサイの葉の間から顔を出したバラ。今年も咲いた黄色の百合。残念なのは、草刈り機で誤って切断してしまった白く大型の百合・カサブランカ。

  • サツマイモ苗植え付け

    今年は、シルクスイート20苗、紅はるか10苗。苗が萎れ気味だったので念のため2時間ほど水漬けしてから植え付けた。オカヒジキ収穫期。茹でてマヨネーズをかけて食べると結構いけますよ#59129;。インカの目覚め収穫。700gをビニール袋に詰めてファーマーズマーケットへ出荷。例年に無くたくさん老爺柿が結実。老爺柿の根元にはドクダミ草#59134;。百合咲く。開花期間が長く涼しげな花。以下2点購入。

  • すいか植え付け

    ラグビー小玉すいか植え付け。今年もシルバーマルチを活用。小玉すいか・カメハメハは、もう少し生育してから。大輪ひまわり発芽。発芽率良好。せめて夏の花の少ない時期の蜜蜂に捧ぐ。ズッキーニ生育。中でも丸型ズッキーニはどんなものか期待#59130;。ズッキーニの花パッションフルーツ結実。今年は上手くいきそう#59146;。スーパーのワゴン売りで発見。立体的な果物の絵がきれいだったので衝動買い。中身の飴は、知人にあげた。

  • とうもろこし播く

    とうもろこし・極甘コーンをポットに播種。方や以前にポット播きしたカラフルなとうもろこしレインボーインカとエバーグリーンは、しっかり成長。畑に移植した。今年は特に虫害に気を付けて栽培したい。オリーブ開花。開花を確認出来たので何とか結実出来そうな予感。サイパンレモン。三月に移植した当初は、寒気にやられて失敗したものと諦めていましたが、ここへきて蕾をより沢山つけてきたので楽しみ。このレモンは、Lサイズで皮が薄くジューシーな点が気に入ってます。ゴールデンキュウイ開花。オス花の方はまだなので間に合うかどうか。フェイジョア開花。こちらはほとんど結実。バジル。ハーブの中でもとりわけ好きな香り。ご訪問ありがとうございました。後手後手の訪問をお許し下さい。

  • 柿の木消毒

    次郎柿が結実しだした。農家の知人は、柿の消毒を5月から10月にかけて毎月1回散布していると言う。それをしないと虫害やひどい落果が発生するとか。翌日JAへ行って柿の虫害予防に効く農薬をたずねたところ「アクタラ」を勧められた。後半虫の免疫をさけるため、別の農薬を散布すれば良いーとの事。各々収穫の3日前まで噴霧可能、果実に影響なしという優れもの。これで豊産が期待できるかも。ポット播きのバターナッツかぼちゃ、鈴なりかぼちゃが成長してきた。株間1m間隔で植え付け。あばしゴーヤは、ネットを張って植え付け。カラミンサホワイトクラウド4株到着。ミツバチが蜜を求めて寄ってくる花。開花期が5月~11月と長いのが魅力。マルべレットホワイトカラミン。これもミツバチが好む花。畑へ移植。こぼれ種から増えていくので楽しみ。 ビワが色づき始めました。

  • 白ニンニク収穫

    ニンニクの葉が枯れてきたので収穫時期到来。スコップで掘りだすたび独特の臭いが充満。野菜ネットで4~5日天日干しする。ニンニク栽培は初めてだが、まずまずの出来。ズッキー二植え付け。トマトは、寝かし植え。翌日、むっくり置き上がってくる。たくましい。キュウリも植えつけ。庭のシンボルツリーと化したブラシの木。ブラシの木の花、蜜があるせいかミツバチが寄ってきます。意外に蕾も可愛い。チャイブオリーブの蕾。今年こそ実をつけてくれるんでしょうか#59103;。シマネトリコ。こぼれ種からチラホラ生育。スコップで土をつけたまま鉢へ移植を試みるものの、うまくつきません。時期があるのかな#59139;パッションフルーツの花。今年1号#59117;。大根の花。春菊の花。供花にしますか。木いちご。子供の頃よく食べた。懐かしくて苗を買って植え付けたものの、年々増えて困ってます。それに今実を食べても口が奢っているせいか全然おいしくないし#59129;。

カテゴリー一覧
商用