chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
gorillatanaka
フォロー
住所
港北区
出身
未設定
ブログ村参加

2012/02/08

arrow_drop_down
  • 冷静な子

    どうも中学受験で、はちまき締めて、エイエイオーみたいな感じになりがちですが、そう気合いを入れなくてもいいのです。ただ、冷静に問題に対処することができればいい。問題を読んでいて、「ああ、これは知らないな」と思ったら飛ばせば良い。ちょっと面倒だな、と思ったら、次の問題に進めば良い。「これはちがうものを複数答えるのね」とちゃんとチェックしていれば良い。総じて、自分のできることをていねいに、確実にやってくればいいのです。そういう冷静な子がやはり合格する。最後の最後まで、集中してしっかり問題と取り組んでくれば、それで良いのです。冷静に対処してきましょう。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。フリーダムオンライン2023入会案内今日の田中貴.com試験会...冷静な子

  • ここまで来たら

    とにかく無事に試験を受けたもらいたい、と思います。だから、絶対に無理はしない。うがい、手洗い、即実行。消化に悪いものを食べない。しっかり寝る。で、あと勉強をして、頭は動かしつつ、残りの日数を過ごしてください。無事、試験が受けられたら、それは大成功。無理をしないことが一番大事です。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。今日の田中貴.com出願数が減った学校がやさしいというわけではない中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」一緒に勉強して、勉強の楽しさを実感してもらおう慶應進学館慶應義塾湘南藤沢中等部出願数読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村ここまで来たら

  • 最後の通塾日

    ここ数日が最後の通塾日になる子どもたちは少なくないでしょう。振り返ってみればこの学年は4年生になるときからずっとコロナ禍で勉強してきた学年なので、本当に対応するのが大変だったろうと思います。最後の6年生では、大分状況が軽くなってきたものの、それでもまだ油断はできません。ですから、オンラインで参加も仕方がない。むしろ最後の最後までよくがんばった、ということで、試験が終わったらもう一度塾に先生と話しに行くのが良いのではないでしょうか。最後の数日で、熱を出す子は毎年いるので、本当に油断をせず、過ごしてください。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。フリーダムオンライン2023入会案内今日の田中貴.comあと1年というタイミングで模試デビュー中学受験...最後の通塾日

  • 部屋の中で体を動かす

    寒いし、コロナ禍なので、ずっと家にいる、という受験生も多いでしょう。まあ、それも残り5日となりました。ただ、だいぶ長くなってきているので、少し体を動かす方が良いかもしれません。だからといって外を走るのも何だから、まあ、家の中で少し体操をしてみたり、柔軟運動をしてみたり、ということで、気分転換をはかるのもひとつの方法でしょう。決して無理をしてはいけません。首を動かしたり、肩を回したり、というので良いのです。我々もオンラインでの仕事が多くなったので、ずっとPCの前に座っている、ということが多いので、やはり少し体を動かす工夫をしたいと思います。さあ、体調を整えて、ベストゲームをやりましょう。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。今日の田中貴.com...部屋の中で体を動かす

  • 山の登り方はひとつではない

    例えば私が教えれば誰でも入るのか?と言われるとそうではないのです。もちろん、なるべく子どもたちの力を伸ばしたいとは思うが、しかし、違う道を選択したいという場合もあるから、その場合はなるべく応援しようと思っています。例えば競争が過熱することで、気持ちが苦しくなる子どもたちがいます。しかし、競争に勝つことで楽しさを感じる、という子どもたちもいるのですから、それはやはりそれぞれに合うやり方をしていくのが良いのです。大事なことは、その子の可能性がなるべく伸びていけるようにすること。こうでなければいけない、などと考えず、この子にどういうやり方をすれば良いのかを考えてあげることが一番なのです。クラス分けで沈んでいるのなら、違う道があってもいいし、しかし、「次こそ」と意気込んでいるのなら、それはそれで次の勝負に期待すれ...山の登り方はひとつではない

  • 宿題や課題は多いが、チェックはしない塾

    良く宿題が多い、課題が終わらない、という話を聞きます。特に新6年生はこれから、そういう場面が多くなるでしょう。新6年生になると間違いなく授業日数が増えている。したがって塾で習うことも多いから、必然復習や課題、宿題が多くなる。で、大変だあ、ということになるわけですが、しかし、それをチェックされているかというと、そうでもないところが多いのです。土台クラス全員の宿題チェックをやっていたら、それだけで授業時間が終わってしまう、というところもあるので、だから出しっぱなし、ということになるのですが、これは救いでもある。つまり家庭が優先順位を決められる、ということなのです。実際に家庭学習の時間をスケジュール表に書いてみると、案外短くなってしまいます。これは子どもたちが遊んでいるから、というわけではないのです。結構子ども...宿題や課題は多いが、チェックはしない塾

  • ウチはウチのやり方で頑張ろう

    最近は、中学受験の準備を始める時期が小学校2年の2月という塾も出てきました。競争が厳しい、ということを理由にどんどん低年齢化が進んでいるのですが、しかし、これもきりがない。そのうち幼稚園から、とかそんな話も出てきそうですが、しかし、ここまで来ると親がしっかり考えていないといけないことになります。塾は商売ですから、いろいろ言います。この前聞いた話では転塾をする保護者に対して、「今変わると、今までやったことが何にもならなくなってしまいますよ」と言ったそうです。そんな、ばかな話がありますか。じゃあ、あなた方の仕事は何だったの?とつい言いたくなりますね。だから、線を引かなければいけないのは家庭です。ただここが中学受験のメリットでもある。受験は、子どもにとってマイナスになることがたくさんありますが、それを親が一緒に...ウチはウチのやり方で頑張ろう

  • 最後までマイペースな子

    入試直前になっても、それほどがんばっている、というわけでもない子もいます。まあ、良く言えばマイペースな子、と言えるかもしれませんが、本人の中でもいろいろな心情が動いている。当然、合格したいとは思っていますが、しかし、これまでのことを考えて、うまくいかないケースも想定している。でも、まあ、僕は僕だから、みたいなことで心を落ち着かせているところはあるのです。ここまで来てそのペースを変えることは難しいでしょう。親としては歯がゆいところもあるかもしれないが、それで本人が気持ちの安定を図っているので、あまりバランスは崩さない方が良い。まだ12歳、いろいろできるようになり、まだできないところがあり、での受験ですが、それで勝負してもらいましょう。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6...最後までマイペースな子

  • 力はついてきているので

    多くの子どもたちが相当がんばった受験勉強。だから、子どもたちは大いに力をつけてきているのです。ただ、いつもお話ししている通り、ここでゴールになってしまう感じの子がいます。だから入学した後にいろいろうまくいかず、学校を止めてしまう場合もある。大事なことは、やはり継続して努力を続けられることなので、せっかくここまで来たのだから、その力をまた大いに鍛えてもらいたいと思います。千葉入試を過ぎていよいよ東京・神奈川が迫ってきました。すでに受験日程を終えた子どもたちも多くなってきましたが、まだこれからという子もたくさんいます。最後の最後まで油断することなく準備を続けましょう。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。フリーダムオンライン2023入会案内今日の...力はついてきているので

  • 僅差の勝負を制す道

    過去問や演習の問題をやり直している子どもたちは、良く奇声をあげます。「あ!?・・・」まあ、声にもならない声というのでしょうか。しかし、ミスというのはそういうものです。で、ミスが多くなれば、当然のことながら点数がまとまらない。したがって合格点には到達しません。ミスする理由の大半は実は「急ぎの虫」によるもの。もう少し慎重に考えていれば、間違えずにすんだものを、つい慌てるから間違える。自分の書いた字を見間違える、まあ、いろいろやっちまうわけです。東京・神奈川まであと2週間あまり。合否はていねいに解ききれるか、にかかっています。最後まで油断することなく、しっかり練習しましょう。その練習の成果が本番の結果に繋がっていきます。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスター...僅差の勝負を制す道

  • 残りの期間でやることを絞れ

    今日から千葉の入試が始まり、東京・神奈川の入試まで10日あまり。いろいろと気ぜわしくなると思いますが、ここからはとにかくやることを絞る。志望校に合わせた対策の中でもさらにターゲットを絞った内容を決めて、しっかりやりきることが大事です。あれも、これもやるという時間はありません。気ばっかり焦ってしまって、やることが中途半端になるぐらいなら、しっかり絞り込んでここまでやり込んだ、という自信を持てた方が良いのです。一番大事なのはこの10日間で体調を整えること。その次はやることを絞り込んで、準備完了!といえるようにしていきましょう。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。フリーダムオンライン2023入会案内今日の田中貴.com受験を通じて強くなった中学受...残りの期間でやることを絞れ

  • 楽しみは食べ物になりがちだが

    試験前、コロナ禍を考慮して家で勉強をしている子どもたちが多いでしょう。そうなると当然、運動不足になる。さらに楽しみが食だけになりやすいので、太りやすくなります。まあ、太るぐらいなら大きな問題ではないのですが、しかし、やはり体調を万全にする、という意味では食べ過ぎには注意したいところ。東京・神奈川の入試まであと2週間。いろいろな準備を進めていかなければなりません。お父さん、お母さんは試験後の動きや手続きについて、もう一度、試験要項を直接見て確認してください。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。フリーダムオンライン2023入会案内今日の田中貴.com第564回ていねいに早くが上策中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田...楽しみは食べ物になりがちだが

  • 気になっているところを潰そう

    勉強していると、あれどうなっていたんだろう?と思うことがあります。いろいろやっているので、その疑問がふと起きて、しかしいつの間にかなくなってしまわないように、とにかくメモだけでもしておきましょう。そして、そのメモを頼りに、少しでも時間を使って調べてみる。そのことが、実はとても大事な勉強になります。実際の入試で出た、ということもありました。ここまで準備をしてくると、そういう感覚も研ぎ澄まされてくるので、大事にしてください。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。フリーダムオンライン2023入会案内今日の田中貴.comいろいろな成長中学受験算数オンライン塾1月18日の問題フリーダムオンライン-お知らせ-春期講習のお知らせ慶應進学館2023慶應入試説...気になっているところを潰そう

  • 難しいと感じたら

    入試で問題が難しいときは、基本的に差がつきにくくなります。したがって、みんなができる問題に得点が集中するから、そこを落とすと差がつけられてしまうので、やはりていねいに解く必要がある。どうしよう、と焦る気持ちになりがちですが、「これは、みんなできないな」ぐらいに思って、ではできる問題はどれか?と探していくのが正しい方法。自分が出来る問題を丹念に解いていけば、やがて合格点に達するのです。難しい問題にぶつかって時間を使い込むのではなく、どれが取れるか?を丹念に探してください。それがここを突破する一番の方法です。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。フリーダムオンライン2023入会案内今日の田中貴.com問題文が長いがガマンして読もう中学受験を2年間...難しいと感じたら

  • 倍率速報は見なくても良い

    この時期、出願受付が進んでいて、学校が途中で出願状況を発表することが多いようです。基本的にあちらこちらの塾から聞かれるので、ホームページにいついつ発表します、としている学校もありますが、まあ、考えればキリがない。しかし、倍率がどうであるかで、出願を変える、というのもまずないので、ここはあまり気にしない。最初、出願が少なかったが、後から増えた、ということもあるし、ダブル出願が増えている可能性もあるので、単純にその数字通りになるかは、わからないのです。だから、家庭が考えたプランで粛々と進行しましょう。まあ、倍率速報は見ない方が良いかもしれませんね。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。フリーダムオンライン2023入会案内今日の田中貴.comとるべ...倍率速報は見なくても良い

  • 合格点は変わるもの

    学校側も合格点を発表してくれるところが多くなりました。したがって、何となく、このぐらいとれれば大丈夫じゃないか、と思いがちです。しかし、合格点は変わるものだと思っておいてください。もちろん学校側としては、いつもの通りにやっているつもりなのです。それでも変わることはある。だから油断せず、1点でも多く取る、この気持ちはしっかり持って試験に臨みましょう。安心してはいけません。フリーダムオンライン-広報から-フリーダムオンラインの新学年の授業は2月6日月曜日からスタートします。フリーダムオンライン2023入会案内今日の田中貴.com失敗はつきもの中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」偏差値と志望校慶應進学館体育実技の注意点読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村合格点は変わるもの

  • できることを正確にやり切ることに集中する

    入試では、どうしても「できないこと」ができてほしいと思うものです。でも本当は違う。「できること」ができなくなるのが本番なのです。あとで考えてみれば、なんだということを間違えている。だから、「できること」ができればいい、と考えればいい。それだけで多分合格できるはずなのです。ところが、子どもたちにはその経験がまだない。だからやはり「できないこと」をできるようにしてやろう、というイメージで臨むことが多い。で、肩に力が入ったり、慌てたりするのです。良く、子どもたちにこんな話をしていました。「なに、できないことはどうせできないんだから、気にしないことだ。入試はねえ、できることだけやってくればいいんだよ。」自分ができることを間違いなく解いてくるだけでいいのだ、と徹してもらえればいいのです。ていねいに解き上げてきましょ...できることを正確にやり切ることに集中する

  • WEB合格発表

    ここのところWEBの合格発表が多くなりました。まだ、昔のように全部の番号が載っていて、それを探していくなら、まだ心の準備ができているのですが、最近のはクリックしたとたん、「ジャン」とばかりに結果が出てくる。まあ、心臓に良くないというか、これはいつまでたってもなれるものではありません。だれが押す?君が押せば?いや、やっぱり本人でしょ?みたいなこともあるでしょうが、まあ、学校まで行かなくても良いし、書類を取りに行くのは気が楽だから、まあ、いいか、と思うものの、あの瞬間だけはあまり快くない。もう少し、なんか心の準備をさせてくれると良いかもしれないが、そうすると、きっとアクセスが滞って、今度はそちらの方が問題になる。わかってることではありますが、皆さん、気を強く持って!今日の田中貴.com次に何をするかを考える中...WEB合格発表

  • 時間がなくなる原因への対策

    どの科目でもそうですが、つい、時間をかけてしまう、という問題があるものです。しかし、その結果として、残りの問題が解けない。どこで見切りをつけるべきか、これはやはり事前にいろいろ計算をしておいた方が良いでしょう。例えば小問数で20問の学校があり、試験時間が50分であれば1問にかけられる時間は2.5分。しかし、8割の着手率を考えれば1問3分は考えられる。大問数が4問、小問で10問という学校であれば、試験時間50分で1問が5分。大問1問は12分、というような目安時間が出てくる。あとはそれと残り時間のバランスを考えながら、解くわけですが、これは練習がいる。うまく時間を使えるように、時計を見ながら解き進める練習をしましょう。そのとき、本番で使う予定の時計を使ってください。学校によって時計を使わせない、というところも...時間がなくなる原因への対策

  • 解ければできたと言いたい

    子どもたちは、問題が解けて答えが出れば、できた、と言いたいものです。しかし、実際の結果はそれに伴わない場合もあります。「なぜ落ちたかわからない」というケースが1月校で起きるのは、実はこの点を見逃している。できたと思っていた問題ができていない。つまり最後の詰めが甘い、という場合があるのです。また答えを書く欄がひとつずれていた、というケースもあるでしょう。自分で答えを書くのであれば、解答欄の違いはわかりやすいが、ずっと記号が続くと、ひとつずれても気が付かないケースもある。というようなことが、いろいろ起こっているから結果がそうなる、ということなので、それを冷静に受け止めないといけない。つまり次は失敗しないために、どうするか、どういう精神状態に置けばいいか、ということを親は考えればいいのです。「そう、できたのに、...解ければできたと言いたい

  • 僅差に拍車がかかる

    東京・神奈川の入試まであと3週間を切りました。さすがにみんなよく頑張っている。まあ、これを最初からやってくれれば、とつい思ってしまいがちですが、これはそう長くは続かない。やはりこの時期だからこそ、というものはあるのです。で、そうなると段々差は詰まってくる。秋の摸擬試験の本人の偏差値からは大分変わってくるでしょう。ただし、下の子の方が上げやすい。上位の子は、もうそこそこにできあがっているから、そう大きく変わるものではない。むしろピークを落とさないようにしないといけません。それに比べると下から追いかける子は、伸びしろは一杯ある。だから、いろいろできることが増えて差は詰まってくるのです。本番の日には、僅差の勝負がさらに僅差になる。だから、ていねいに解き上げる子が最後に強い。ミスをしない、という子はまず間違いなく...僅差に拍車がかかる

  • 北から南へ

    この時期、各地で中学入試が始まります。寮のある学校の入試が、全国で行われるので、北から南へ、受験生の移動が始まります。これは首都圏ではあまり感じられないことかもしれませんが、全国的には当たり前の風景で、空港で暗記テキストを見ている受験生を良く見かけるでしょう。新幹線に乗って移動している子どもたちもあり、ホテルから入試会場に向かう、というのがごくごく当たり前に行われます。いずれにしても、希望をかなえてもらいたいと思いますが、いろいろ緊張もするでしょうが、結構子どもたちはタフなので、心配するより、乗り越えていくことの方が多い。いやあ、成長したなあ、と思います。今年はコロナとインフルエンザが同時進行しているので、体調に気を付けてがんばっていきましょう。今日の田中貴.com理解することに貪欲であれ中学受験を2年間...北から南へ

  • 山の登り方はいろいろある

    中学受験のやり方はいろいろあります。別に塾ばかりではなく、個別指導もあれば、通信教育も、WEB塾もある。参考書と問題集でお父さん、お母さんと勉強することも可能ですから、我が家のやり方を考えた方が良い場合もあります。例えばスポーツで才能があるが、中学でもそのスポーツを続けるために、私立に行かせたい、という場合もあるでしょう。だからといって忙しい塾に行けば、スポーツができないから、やはりやり方を考えないといけない。それ以外にも住居の関係や今後のお父さん、お母さんの仕事の都合なので転居があり得て、中学受験を準備しなければいけないという場合もあるでしょう。だからといって中学受験の塾がないので、という相談を受けることもありますが、山の登り方は本当にいろいろあります。始める時期もいろいろで、6年生から始めて御三家に合...山の登り方はいろいろある

  • 勉強を強制するやり方は長くは続かない

    あまりやりたがっていない中学受験の勉強を、何とかさせないと、ということでいろいろ工夫をされている家庭が多いと思うのですが、基本的に勉強を強制するやり方はうまくいかない。また長続きしません。それが家庭内バトルにつながって、親も子もほとほと疲れて、中学受験を撤退したり、あるいは子どもたちの精神的な成長に何らかのマイナスの影響が出たり、家族内の関係がギクシャクしたり、ということで、決して勧められるものではない。しかし、加熱化の時代は、とにかくやらなきゃ、やらせなきゃ、になりがちです。勉強は子どもが自分でやらないと絶対にできるようになりません。だから、受験する意味を子どもがしっかり持っていないといけないわけで、それがわかるのは小学校5年生になってから、ということが多いのです。したがって、それまでの間に勉強をなるべ...勉強を強制するやり方は長くは続かない

  • 通し稽古のすすめ

    東京、神奈川の受験日が近づいてきました。そこで一度、時間をとって通しで過去問を解いてみると良いでしょう。これまで、各教科、ばらばらにやってきたと思いますが、通しで練習する。1時間目は国語、次が社会、次が理科、最後が算数とか。入試科目の順番がわかっていれば、その通りにやってみてください。題材は別に新しくやる過去問でなくて良いです。これまでやった過去問を使ってください。大事なことは、長い時間の通しげいこをする、ということです。塾でもそれなりに長い時間勉強しているし、家でもそうでしょうが、それを入試と同じスケジュールで進行させてみるのです。結構、疲れるとは思うのですが、当日のシミュレーションをしっかりして、プラスイメージで「お、できてるぞ」という感触を得てもらえればいいでしょう。これまでやった過去問の方が、点数...通し稽古のすすめ

  • 理科社会は基礎を繰り返せ

    これまでたくさん、勉強してきたので、いろいろ頭の中が混乱しているというか、忘れているというか…。だから理科社会は基礎を繰り返した方が良いでしょう。知識にしろ、理科計算にしろ、基本ができていれば、それなりに点数は取れる。それなりに点数がとれれば、差はつけられない。そこそこ点数がとれれば合格する、のです。ややこしいことばかりやっていると、基礎を忘れてしまっているケースが多いので、暗記テキストは最後まで繰り返しましょう。今日の田中貴.com先生の差中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」宗教と学校慶應進学館出願書類のコピーを忘れずに読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村理科社会は基礎を繰り返せ

  • 問題レベルは確実に難しくなっているが…

    例えばお父さん、お母さんが中学受験をした時代の問題に比べれば、現在の問題はかなり難しくなっています。この10年を考えても、各校の問題は確実に難しくなっているでしょう。しかし、一方で、合格を決める、ということについていえば「みんなができる問題を間違えない」ということに変わりはないのです。ただ、みんなができるという問題のレベルは確実に上がっています。だからその辺のバランスを上手にとっていくことが大事。ただ難しい問題ばかりをやることが、すべてにならないところが中学受験の難しさなのです。これはできるという問題の幅がある程度広がってくれば、良いところにいけるのであまり難問にもこだわらなくても良いでしょう。今日の田中貴.com自分のルーティンをつくる中学受験算数オンライン塾1月4日の問題フリーダムオンライン-学習のヒ...問題レベルは確実に難しくなっているが…

  • 持ち偏差値にひるむな

    最後の模擬試験から入試まで、少し期間が空きます。その間に、当然できるようになっている。だから持ち偏差値にとらわれない。自分はこのくらいだ、などと思わない。最後の最後まで伸びる可能性を追求しましょう。実際に、持ち偏差値をひっくり返した子どもたちは多いのです。当たり前ですが、本気になって勉強すればそれは結果もおのずと変わってくる。だから持ち偏差値に惑わされず、最後までしっかり準備しましょう。今日の田中貴.com何を答えるのか、確認する中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」子どもは褒めて育てるべき慶應進学館粘り強く解く読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村持ち偏差値にひるむな

  • 「これは簡単だ」と思う問題こそ注意する

    入試で差が付くのはやさしい問題です。難しい問題というのは、ある意味、みんな慎重になる。しかし、難しいから正解になる人間があまり多くない。したがって差がつきにくい。しかし、やさしい問題はできる子どもが多い。したがって、ここでミスをすると、差を簡単につけられてしまうのです。子どもたちの様子を見ていると「見たことがある」「これはできる」と思った瞬間に間違えている事が多い。したがって本番ではとにかく「やさしい問題」を慎重に解いていくことが大事です。これは簡単だ、と思ったら、より慎重に問題文を読んでください。今日の田中貴.comベストゲームにしよう中学受験算数オンライン塾1月2日の問題フリーダムオンライン-学習のヒント-競争するやり方から距離を置く読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村「これは簡単だ」と思う問題こそ注意する

  • すべてをプラスに

    あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。さて、いよいよ入試が近づいてきました。入試はやはり悲喜こもごもなのですが、しかし、それがすべて後から考えると子どもたちの成長につながっている面があります。ただ、それはやはり本人も家族もそれをプラスに考えよう、これからの将来に役立てようという姿勢があってのこと。そういう気持ちがなければ、気持ちが折れ、家族の気持ちがバラバラになることもあるのです。ですからこれからはすべてをプラスにしよう、と決めてください。どんな結果が出ようと、これを子どもの成長につなげよう。4月には中学校に行くのだから、その生活をこの子にとってベストと思えるようにしよう。そういう気持ちが大事です。その気持ちがしっかりしていれば、子どもたちは安心して力を出し切ってくれるでしょう。残り...すべてをプラスに

  • 親は親、子は子

    優秀なお父さん、お母さんが陥りやすい罠は「なぜ、できないか、わからない」です。まあ、そういうこともあるでしょうし、また逆の場合もある。「ウチの子がどうして、こんな問題できるの?」で、親と子はやはり別の存在であり、それぞれがいろいろな力を持っているのです。だから、親は親、子は子という認識でいないといけない。自分とは違うんだ、ということを親はしっかり認識していないといけません。ということで1年間ありがとうございました。良いお年をお迎えください。今日の田中貴.com学校との縁中学受験算数オンライン塾12月31日の問題フリーダムオンライン-学習のヒント-子どもに合った伸ばし方を考えることが大事読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村親は親、子は子

  • 定員と合格者数

    各校とも学則定員は決まっています。ただ、これを何回のテストで募集するかは、それぞれの学校にゆだねられている。1回の試験ですべての定員を確保する学校はどんどん少なくなって、複数回入試は当たり前になっています。で、問題はその定員と合格者数。実はこれも乖離があって、25名と言いながら、80名合格させているところもあれば、40名しか合格しないというところもあります。で、それが毎回微妙に違うので、難度がぶれるところもある。だからあまり数が少ないと思われる学校は特に後半は避けた方が良いかもしれません。その意味でもなるべく早めに合格を勝ち取る、というスケジュールが必要なわけです。今日の田中貴.com燃え尽き症候群中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」同じ学校でも中学と高校で偏差値が...定員と合格者数

  • 思い込みは怖い

    今日の算数オンライン塾の問題。分数列をちらっと見て、ああ、簡単じゃない、と思う子は多いと思うのです。分子が4ずつ増えてるじゃないか、と思ったら、やはりこれは間違える。良く問題を読んでみると違うのです。こういうところに落とし穴があります。だから、問題をよく読むことが大事です。今日の田中貴.com5年生以下の入試見学中学受験算数オンライン塾12月29日の問題フリーダムオンライン-学習のヒント-競争するやり方から距離を置く読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村思い込みは怖い

  • 急いで書けば字は流れる

    当たり前ですが、急いで答えを書くと字は流れる。トメ、ハネなどということは、しっかり出来ない状態に陥りやすい。それでも○をつけてくれる先生なら良いけれど、そうとばかりも言えないのです。だから、急いでいても、答えはていねいに書く。という習慣をここで身につけてください。答案はあくまで「見ていただくもの」と考えないといけません。今日の田中貴.com受験校のラインナップを決めたら、あとは強気で中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」偏差値が高くて悪い学校慶應進学館まずは一次、というのはその通りだが読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村急いで書けば字は流れる

  • 女の子は度胸がある?

    これはぎりぎりかなあ、というレベルの子は割と多いのですが、女子が合格していく率は割と高いかなあ、と思います。といっても、これはフィーリングの問題で、別に統計があるわけではないのですが…。女の子は精神力がある。男子に比べれば幼くはない。そういう子が、ちゃっかりと合格していく、という感じ。逆に男の子がビビりになる可能性はあります。だから、ビビりにしないことが大事。まじめに取り組まないといけないことは事実ですが、多少なりとも図太く、ちゃっかりと点数を取ってくれることを期待していましょう。今日の田中貴.comミスはするものだが中学受験算数オンライン塾12月27日の問題フリーダムオンライン-学習のヒント-競争するやり方から距離を置く読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村女の子は度胸がある?

  • やり直しをしっかり

    今年も残すところあとわずか。冬期講習明けから各地で入試が始まります。ということで、今やるべきことは、やった勉強を確実に身に付けること。過去問でも講習でも暗記でも、間違いなく理解できたか、正確に解けるか、ということを重点的にチェックしていきましょう。せっかく時間をかけて解いたものは、ちゃんと自分の力にしていかないといけない。その分、復習ができないものには、時間をかけないという工夫も必要です。確実に理解が進んでいけば、それだけ自信が培われます。今日の田中貴.com早く解くより、正確に解く中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」部活と志望校選び慶應進学館二十四節気読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村やり直しをしっかり

  • スランプは精神的なもの

    今までできた問題ができなくなっている。ちゃんとできていた過去問が今、できない。というようなことが起こることもあるでしょう。基本的にスランプというのは、精神的なものであることが多い。本来培った力はどこにも行かないのです。ただ、それが出ない。迷いがあるかもしれないし、できないと思い込んでいる可能性もある。だから、まずはできることを積み重ねていくことです。基本的な問題を繰り返してみると、少しずつ落ち着いてきます。結果を気にするあまり、いろいろ切り替えが効かなくなっているところもあるので、いずれにしても4月には中学生になるのだから、そこを心配させず、ちゃんとできるということを確認させていきましょう。今日の田中貴.com親の気持ちの安定が大事中学受験算数オンライン塾12月23日の問題フリーダムオンライン-学習のヒン...スランプは精神的なもの

  • メリークリスマス!

    クリスマスイブです。まあ、受験生にはクリスマスも正月もない、という話も聞きますが、しかし、楽しい時間もないとなかなか心身のバランスが取れません。それに、兄弟姉妹もいるでしょうから、みんなで息をひそめて、みたいなことは受験生にまた別のプレッシャーを与えたりする。ここは普段通り、クリスマスもお正月も楽しんでください。ただし…。初詣は控えた方が良いでしょう。重症率が低いとはいえ、コロナ禍第8波は続いているので、人ごみは当然避けた方が良い。早めにお参りする、という手もあります。これを幸先詣(さいさきもうで)というのだそうですが、ご利益は変わりません!今日の田中貴.com癸(みずのと)卯(う)中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」スクールカラーが一番大事慶應進学館二十四節気読ん...メリークリスマス!

  • 努力が継続できるようになっていたら

    すでに、中学受験をした実りを手にしていると言えます。先日お話した通り、子どもたちのその後を見てくると、やはり自分の道に進むための努力をずっと継続できる子どもたちがやはり目標を達成している。その素地はやはり中学受験の時に身についたことが大きいでしょう。もちろんその後でもちゃんとできるようになれば何の問題もない。ただ、今それが継続できていることはなかなかすごいことなのです。なので、その結果が出ていくように、期待しましょう。よく頑張っている、のは間違いないでしょう?今日の田中貴.com第561回忙しくて子どもの伴走ができない中学受験算数オンライン塾12月23日の問題フリーダムオンライン-学習のヒント-時間の自由読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村努力が継続できるようになっていたら

  • 雪の対策

    新潟の雪の被害がだいぶひどいようですが、やはり雪は交通機関に大きな影響を与えます。特に首都圏の場合、もともと雪に慣れていないところがあり、そこへ雪が降ってくると一気に麻痺状態になることがあります。入試の日に雪だった場合、当然、交通機関が遅れることがある。というので、自家用車で…ということになると、交通渋滞で動けなくなるリスクが出てくるのです。基本的に公共の交通機関が止まった場合、入試は時刻を遅らせるか、スケジュールを変更するか、ということになります。かつて大きく交通機関が麻痺して、入試の日程が変わった年もありますが、大事なことは公共交通機関で移動している限り、振替なりなんなり対応はしてもらえるが、自家用車で移動して自分だけダメ、というような場合は特別な措置がとられないケースがほとんどです。だから、必ず公共...雪の対策

  • 子どもが力を発揮できるように注力する

    今回のワールドカップ、ベスト8進出を旗印にしていたところがあり、全員がその目標を口にしていました。それもひとつの狙い方ではあるものの、多くの場合、選手は「自分らしい試合をしたい」という言い方をします。基本的には結果について口にしない。これは結果を口にすると、逆にプレッシャーがかかりやすいということの裏返しであろうとかと思うのです。それでもアルゼンチンのようにサウジアラビアに初戦で負けても、優勝するメンタルを持って挑むということもあるでしょうが、しかし、やはり子どもたちのすることですから、ここはそこを考慮にいれておいた方が良いでしょう。したがって親としては「子どもが入試で力を発揮できる」ことに全力を挙げるのが良い、と思います。プレッシャーはどうしてもかかることなので、どんな結果が出ようと親は応援する姿勢は変...子どもが力を発揮できるように注力する

  • 合格すれば良い将来が開けると思いがちだが

    中学入試を経て上位校に合格すれば、良い将来が開けると思われる方も多いでしょうが、しかし、これまで長く子どもたちのその後を見てきた人間としていえるのは、そうも言えないということ。例えばトップ校に入る子どもたちは、みんな優秀です。それなりの塾や教室でトップとして君臨していたかもしれないのですが、しかし、そういう子はざらにいる、ということになる。ここで鼻をへし折られる。で何か違う方向で認められたいというので、道を踏み外す、というケースもあり得るわけです。だから、まあ、合格すれば良いのだけれど、それが絶対というわけでもなく、ダメだったから人生終わりかというと、もちろんそんなことはなく、その後大いに活躍している人々は多いのです。大事なことは、実はずっと自分の進む道に向けて努力を続けられるかどうか、という点に尽きるの...合格すれば良い将来が開けると思いがちだが

  • 余裕をなくしている親

    入試直前期になってくると、いろいろなことが起こりますが、しかし、それに対して親も余裕がなくなっているところがある。ちょっと塾のスケジュールが変更された、ということで、勉強の予定が変わってしまった、というので怒鳴り込んでしまう親とか。学校の対応が不満で、ついその不平を子どもに言ってしまい、子どもが学校に対する不信感を募らせてしまうとか。まあ、そういうことが多々起こってくる時期になりました。何とか合格してもらいたいと思う気持ちはよくわかりますが、やはり親が余裕をなくしてしまっていると、子どももつい余裕のない反応が出てしまうもの。ここは、どんと構えていきましょう。子どもは親の様子をいろいろ見て反応しますから。今日の田中貴.com直前期のクラス落ち中学受験算数オンライン塾12月19日の問題フリーダムオンライン-学...余裕をなくしている親

  • コロナに対する意識

    何となくもう終わった感が出ているようなコロナですが、しかし、かかってしまうと入試が受けられない、ということになります。だから、ここはもう一度しっかり対策を考えていた方が良いでしょう。家族が鳴った場合はどうするのか、本人がかかった場合はどうするのか。そういうことを事前に調べておいた方が良いのです。で、かからないのが一番だから、その対策を実行することが大事。塾もほどほどにしておいた方が良いという面はあります。実際にオンラインで受講できる仕組みはもうできているのだから、安全を取った方がこの時期は無難。第8波のピークは1月中旬などと言われると、本当に困ったなあと思いますが、できる限りの対策をやっておくことが大事でしょう。今日の田中貴.comどこに行っても大丈夫、と応援してもらえることが精神的安定を生む中学受験を2...コロナに対する意識

  • 一度やった過去問をやり直す意味

    1回やったら、もうその過去問をやり直さなくても良いだろう、という意見もあるかもしれません。しかし、やはり忘れていることは案外多い。国語の文章でも、「え、これ読んだっけ」と思う子はいるものです。で、だからこそやり直す意味がある。案外、前回間違えた問題をまた間違えるということは多々あること。そうやって精度を上げていくことで、合格する力が身についてくる。そうたくさん時間があるわけではないですが、しかし、優先すべき勉強のひとつだと思っています。今日の田中貴.comようやく本気?中学受験算数オンライン塾12月17日の問題フリーダムオンライン-学習のヒント-スタートの自由読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村一度やった過去問をやり直す意味

  • 点数の取り方がわかってくると安定する

    各校の過去問を解いていて、大方時間配分がわかり、難度の判断ができてくると、点数の取り方がわかってきます。ここはここを先に解いて、その後こちらに行き、みたいなプランニングも事前にできて、時計を見ながら解き進める、ということまでできるようになると、ほぼ点数は安定してくるでしょう。ですから、過去問の練習はそこまで到達する必要がある。うまくいかなければ、またやり直す、で良いのです。もちろん解き方を覚えている場合もあるでしょうが、それでシミュレーションがしっかりできればいい。それで点数が安定してくると、入試に対する不安が少しずつ薄らいでいきます。だから、どういう順番で解くか、どのようにチェックしてミスを減らすか、そういうことを一つ一つ確認しながら、練習を続けてください。今日の田中貴.com過去の教材を振り返る暇がな...点数の取り方がわかってくると安定する

  • 誰もが競争が好き、というわけではない

    塾や予備校などの受験産業はこれまで、競争させることをモチベーションの軸にしてきました。だから、これからも低学年から序列化が進むでしょう。そういう競争に対してきわめて積極的になる子がいる一方で、やはり嫌いな子がいるのも事実。ところが嫌いな子も同じステージに乗らないといけない、とばかりにいろいろやらされるので、さらに勉強に対する姿勢が消極的になってきたりするものです。中学受験は入試で合格点をとるためにやることなので、その子に合ったやり方を考えていかないと、最近実に早い段階でドロップアウトしてしまう子が出てきています。まだまだ先のある子どもたちなので、上手な挑戦の仕方を考えてあげましょう。今日の田中貴.com第560回実は親にもストレスが…中学受験算数オンライン塾12月15日の問題フリーダムオンライン-学習のヒ...誰もが競争が好き、というわけではない

  • 自分で勉強しないと、合格後にも塾に行くことになり…

    ある中学の先生から、合格しても塾に行く子が結構いるという話を聞きました。まあ、そうだろうなあ、とは思っていたのですが、やはり入学後、受験が終わった後遊び癖がついて、成績が低迷。高校進学に黄色ランプがともって慌てて塾に行く、というケースがここのところ続いたそうなのです。割と前からいろいろ本人や家族にも話をしていたにもかかわらず、結局塾に頼ることになった、のはまあ、学校側としては、ちょっと残念だった、ということのようですが、いずれにしても高校進学ができるかどうかは、この後の結果にもよるので、とにかく勉強してもらうしかない、というお話になったのですが…。しかし、やはり本人が自学自習を受験の時からやっているかどうか、ということは、進学後の成績にも影響するのは確かなようです。いよいよ受験が近づき、今は自分から勉強し...自分で勉強しないと、合格後にも塾に行くことになり…

  • 親は「何とかせねば」モードに突入しやすいが…。

    入試が近づいてきました。子どもたちにもプレッシャーがかかってきています。最後の模試、と意気込んだけれど、うまくいかなかったり、あるいは過去問で良い点数がとれなかったり、ということがあると、子どもたちが動揺を見せることもあるかもしれません。そういう姿を見ると「つい、これは何とかせねば」というモードのなりやすいのですが、しかし、やはりここは子どもたちにがんばってもらう以外に道はないのです。勉強するのも、試験を受けるのも、子どもたちなので、やはり子どもの力を引き出す、ということに徹していく方が良い。ここでいろいろ手を打って、さらに子どもたちの勉強に混乱を招いてしまわない方が良いのです。これまでやってきたことをしっかりやり通す。間違えた問題をしっかり見直して、どう工夫すればよいかを子どもに考えさせ、実行させる。そ...親は「何とかせねば」モードに突入しやすいが…。

  • 最後まで繰り返す

    ここにきて、知識はどんどん増えているでしょう。一方でまだまだ覚えきれていないことも多いかもしれません。過去問をやっても、模擬試験を受けても「そんなの知らないよ」ということはあるものです。それはそれで仕方がない。なに、みんな覚えていることはあり得ない。ただ、最後まで覚えていく姿勢を貫くだけ。完璧ということはなかなか難しいので、最後まで繰り返す。そしてできた力で勝負する、と考えていけば良いのです。今日の田中貴.com正解率にこだわる中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」自分で自分の力を伸ばす経験をさせる慶應進学館スポーツのルール読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村最後まで繰り返す

  • ロークラスから脱せない

    同じ校舎に2年ぐらいいると、あまり位置が変わらなくなる、という場合があります。下位クラスのことをロークラスと言ったりしますが、ここでももちろん受験をしていくことはできるし、それなりに志望校を決めていけば、対応できるでしょう。ただもう少し上位の学校に食い込みたい、という考えが親も子もあるのであれば、やはり同じことを繰り返していてもあまり展望は開けない。やはりここでやり方を変えていかないといけないのです。勉強の仕方を変えるといっても同じ塾ではなかなか変わらない。だから転塾をした方が良い場合もあります。大手3塾全部回ってきた、という強者ものいますが、まあ、そこまででないにしろ、やはりやり方が子どもに合う、合わないはあるので、新6年生や新5年生のみなさんはもう一度やり方を見直してみるのも良いでしょう。今日の田中貴...ロークラスから脱せない

  • 直前期に成績が落ちる子の心理

    直前期になって成績が落ちる子もいます。結構10月ごろの成績は良かったのに、だんだん伸び悩んでくる。あるいは一回テストで失敗したのが後を引いてくるケースもありますが、この後それが続くのはやはりプレッシャーがかかってくるからです。今まであまりそういうことを考えていなかったのが「落ちたらどうしよう」ということに心がとらわれる。小学校で他の子が受験する話を聞くと、「相手が受かって自分が落ちたらどうしよう」という気持ちも起こってくるものです。で、これを解決する方法はやはりしっかり話をしておくこと。つまり「合格しても残念であってもちゃんと行く学校は決まるし、そこでまた頑張れば良い」ということをちゃんとわからせておく必要があるのです。これは本人の気質にもよります。まあ、何とかなるんじゃない、みたいに思ってくれていればそ...直前期に成績が落ちる子の心理

  • 塾の宿題の答えを写す理由を考えてみると…

    塾の宿題の宿題の答えを写す子が増えている、という話を耳にしました。これはずるい、と考える前に、なぜそういうことになっているか、考えてみると…1)宿題がわからないできると思っていることをやらない子はそう多くはないでしょう。しかし、わからないだろうなと思っている子は、この宿題を解決するためには「答えを写す」しかない、と考えるかもしれません。つまり、できない宿題を渡されている、というところにひとつ問題がある、ことがわかります。2)時間的に終わらない明日塾なのに、終わっていないといけない、ということになると、やはり急いで終わらせないといけない、という考えが頭をもたげてきます。これも妥当な時間を与えられているのであれば、それは早く始めないからいけない、ということになるのですが、話を聞いてみるとそうでもないらしい。つ...塾の宿題の答えを写す理由を考えてみると…

  • 作問者は差をつけたいので…

    この時期になってくると、いろいろ知識も増え、また解いてきた問題もかなりの数にのぼるので、過去問などをやっていても、「あ、これ知ってる」とか「かんたんだよ。」と思う問題は少なくありません。しかし、ここがミスの原因になりやすい。作問者は何とか差をつけようと思っていますから、ミスを誘発するような選択肢や条件をつけるものです。そのちょっとした違いに気が付くかどうか、は、やはり問題を良く読んでいるかどうかにかかっている。ところが子どもたちは日ごろ早く解くという意識が強いので、こういうひっかけに実に弱いところがある。「これ、知ってる」とか、「かんたんだ」と思っていると、足をすくわれる。十分注意してください。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.com第559回あちらを立てればこちらが立たず中...作問者は差をつけたいので…

  • グルーピングで考えてみる

    データの種類はいろいろあるのですが、例えばAグループ60から65Bグループ55から60Cグループ50から55Dグループ45から50Eグループ40から45ぐらいに分けてみると、同じグループばかりを受けている、というのはやはり危ない。つまり偏差値5ポイントというのはそんなに安全ではない幅なのです。安全で考えればAの子はC、Bの子はD、ぐらいに考えておけば、それほど危なくはない。ただこれもメリハリの問題で安全優先で全部そちらにする、というのもバランスが悪い。例えばBの子がB、D、Aと受けていく、というような流れが一番妥当な選び方ということが言えるでしょう。もちろんそのグループに行かせたい学校がない、というのであれば、また別のプランを考えてみてもいいですが、このグルーピングで志望校を考えていくと、比較的わかりやす...グルーピングで考えてみる

  • 目の色が変わる子

    さすがに6年生はみんな、エンジンがかかってきたでしょう。目の色が変わってきた、と先生に言われる子も増えていると思うのですが、「今頃」と思うお父さん、お母さんもおられるかもしれませんね。でも、良いじゃないですか。目の色が変わって真剣に勉強するようになった。この経験をしてくれることが実は大事なのです。これからも、子どもたちはいろいろな真剣勝負の場面に立たされるでしょう。それを何となく迎えるよりは、やはり目の色変えて準備するようになってくれた方が良い。それが中学校の定期試験にもだんだん役に立ってくれるようになります。ということで、子どもたちのがんばる姿をしっかり見届けてください。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.com国語もやろう中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させる...目の色が変わる子

  • ウクライナ問題は出る?

    ロシアによるウクライナ侵攻。この取り扱いを巡って、いろいろ議論があるようです。時事問題集のとらえ方でも各社それなりに違った考え方をしているように見えます。土台、世界地理というのは、本来の中学受験の範囲には入りません。しかし、現代社会を小学生なりにどう捉えるのか、という話して言えば、当然大きなテーマになるでしょう。結論から言えば、これはしっかり勉強をしておくことが大事。特に地図はしっかり見ておきましょう。「不凍港を獲得する」というテーマは旧ソ連においても歴史的に重要なテーマであったことを考えると、これはやはり端折ることはできないと思います。今日の田中貴.com具体的な行動に落とし込む中学受験算数オンライン塾12月5日の問題フリーダムオンライン-学習のヒント-家族の時間を大事にできる仕組みを考える読んでいただ...ウクライナ問題は出る?

  • 受かることだけ考えて準備しなさい

    入試は受ければ、必ず結果が出る。そして、結果が出てから、次に進めば良いだけのことなので、最初から「落ちたらどうするか」考える必要はないと子どもたちに言います。お父さん、お母さんはいろいろラインナップを考えて、こうなったらこうする、という戦略は考えるでしょうし、そのプランニングはもちろん大事です。ただ、子どもたちは、受ける学校すべて受かる気持ちで勝負しないといけない。そこは、とても大事なことです。落ちるかもしれない、は、試験準備には全く必要ない。どうやったら合格点がとれるか、そこだけを考えて準備していきましょう。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.comお試しは1校でよい中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」一緒に勉強すれば、わかっているかす...受かることだけ考えて準備しなさい

  • やるやる詐欺とできたできた詐欺

    計画を立てて、やることを決めていたにも関わらず「やるやる」と言ってやらない子。試験が終わると「できたできた」というけれど、できていない子。まあ、そういうことはたーくさん、あります。それ一つ一つについて細かいことを言っても仕方がないところがある。が、これもだんだん入試が近づいてくるごとに変わってくる。突然ちゃんとやり始めたとか、「本当にできてた」ということもあるものです。それが子どもの成長。ひとつここは我が子の成長を見届けましょう。今日の田中貴.com自分のペースで勉強する中学受験算数オンライン塾12月3日の問題フリーダムオンライン-学習のヒント-偏差値の出ないカリキュラムテスト読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村やるやる詐欺とできたできた詐欺

  • 入試では答案が返ってこないから

    入試は模擬試験と違い答案が返ってきません。したがって、何点取ったのかもわからない。問題を持ち帰って答え合わせをしてみても、合格点がわからないから、合格したかどうか確信が持てるわけではない。だから、試験が終わったらもう、あとは結果が出るのを待てばいいのです。それよりもやはり、試験をていねいに答えてくることが大事です。学校の先生たちは、子どもたちが一生懸命に書いた答案ですから、やはりていねいに見よう、良いところはないか、吟味しようとしてくれます。しかし、一方で答案の字が汚かったり、ちゃんと解答欄に入っていなかったりします。答案が返ってこないのだから、どういう採点をされても文句はいえない。だから、だれが見てもこれはこう書いていある、と読めるように書かないといけない。記述式の説明だって、なるべくわかりやすくしよう...入試では答案が返ってこないから

  • この2か月、何をやるのか、もう一度確認する

    12月になりました。今月入試がある学校もありますが、東京・神奈川の入試まであと2か月。なので、残りの時間で何をやるのか、しっかり決めましょう。あれも、これもと頭に浮かぶことはあるでしょうが、もともと受験勉強はきりがない。だから、ここまでやれば完成という目安をちゃんと作っておいた方が良いのです。予定をいろいろ組み立てながら、最後「これで準備万端整った」という気持ちで試験会場に向かいましょう。今日の田中貴.com第558回親が何とかしようと思わず中学受験算数オンライン塾12月1日の問題フリーダムオンライン-5年生の担任から-どう効率化するか読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村この2か月、何をやるのか、もう一度確認する

  • これまでの経験が活きる時期

    子どもたちは過去問や模擬試験をこれまで勉強してきたわけですが、当然たくさんの失敗をしてきたわけです。本文を読み違えた。計算を間違えた。指示を見ていなかった。解答欄を見損なった。などなど…。まあ、そういうことが全部経験となっているわけですから、当然それを修正してきている。だから間違えなくなる、のが普通です。相変わらずミスが多いというのは、根本的な問題を解決できていないということです。これまでなぜ間違えたのか、ということをほっておかれていると、そういう状況になりやすい。しかし、ちゃんと修正をしている子どもたちは、これでだんだん間違えなくなるのです。それが「最近間違えなくなってねえ」という状況を作る。そうなれば当然、合格はしやすくなるわけで、もう一度しっかり見直しをしながら、ていねいに解く技法を確立していきまし...これまでの経験が活きる時期

  • 来年の塾を考える

    新5年生、新6年生はそれぞれこの次の学年の内容を再考すべき時期です。新5年生は、これから入試で出る内容を本格的に勉強する段階に入ります。塾によってそのカリキュラム進行は異なりますが、やはりここでこのままのペースで大丈夫なのか、もう一度考え直す必要があります。基礎の学習が上滑りすると、本格的に応用に入った時に崩壊します。したがって、今のうちに基礎が十分でなければやり方を考えないといけない。特に塾で偏差値40以上になっていなければ、やり方を考える必要があるでしょう。一方新6年生は志望校を軸に塾を考えていく必要があります。例えば行きたい第一志望は決まっていて、その対策が十分であるのか、自塾を検討する必要があります。首都圏の多くの塾では御三家をはじめとする2月1日校は学校別特訓の授業を運営することが多いですが、そ...来年の塾を考える

  • ピークを第一志望に合わせる

    ピークは第一志望の入試に合わせたい、これはできたらよいに決まっている。しかし、そう簡単ではない。なかなかうまくいかないことが多いのですが、最近感じているのは、割とピークが早く来ている子。この時期がそう長く続かないから困るのです。最後の最後で、伸びたなあ、と思う子どもたちはやはり第一志望の合格率が高い。逆にちょっと間延びしてしまう子は第一志望で苦戦することになる。なので、うまく子どもたちの意識を持っていくことが大事。あと少し、あとちょっと、という気持ちに仕向けていくのです。決してマイナスには感じさせない、いい感じで進んでいる、という気持ちをずっと持たせる。そして第一志望入試の前日、「しっかり間に合った」ということになれば、それがベストゲームにつながっていくでしょう。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習の...ピークを第一志望に合わせる

  • 安全校が腑に落ちるか

    東京・神奈川の入試プランニングでいえば、できる限り早めに合格を手にするということが大事です。1月中に合格できた学校に行く、ということがはっきりしていれば、2月1日以降の学校は全部挑戦校でも良い。しかし1月でそういう学校がない場合は、できれば2月2日の夜までに合格を手にするようにしたいのです。とはいいながら2月1日の発表が2月3日にある場合もあるから、いろいろなんですが。2月2日の夜までに合格があれば、2月3日以降はずっと挑戦していける。あるいは、もう終わり、ということでもいいかもしれません。しかし、ここまでに決まらないとどうしても、プレッシャーがかかってくるし、本人も家族も疲れが出てくる分、さらにしんどい。大事なことはこの安全校が腑に落ちるか、ということです。長い間、準備をしてきたのに…とつい思いがちです...安全校が腑に落ちるか

  • ウチの子の受ける学校ではない問題演習は必要なの?

    この時期、各塾では問題演習がさかんに行われます。しかし、その問題は、別に受験する学校の過去問ではなく、違う学校の過去問だったりする。まだ十分に過去問が終わっていないので、できれば塾でもやってほしいのに・・・、と思われるかもしれません。塾は、ある学校に狙いを定めたクラスでない限り、いろいろな志望校を持つ子どもたちを教えるわけですから、やはり共通して良く出る部分を勉強するというような問題の出し方になってきます。したがってやる問題が自分の受験校になる可能性はそう多くはない。これはもう、仕方がないことです。集合授業という形式であり、かつ、学校別特訓ではない以上、そういうところは必ず出る。だからその練習に期待するか、あるいはまったく違う道を選ぶか、ということでしかありません。過去問が間に合わない、ということであるな...ウチの子の受ける学校ではない問題演習は必要なの?

  • その学校知らない…

    併願パターンを決めるにあたって、いろいろな資料を見ていると…。え、ちょうど良くない?みたいな学校を見つけることがあるかもしれません。そう、そこに気が付いたのは、やはり親だから。だから、その学校を良く知らなければしっかり調べましょう。案外、子どもに合う学校だったりするのです。そうやって子どもたちの可能性を広げられます。いろいろ悩んだり、考えたりする時期です。でも一生懸命考え、できる限り調べ、そして併願校のラインナップを決めましょう。良い学校、たくさんありますから。今日の田中貴.com出題傾向で絞り込む中学受験算数オンライン塾11月25日の問題フリーダムオンライン-5年生の担任から-学習管理者としての役割読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村その学校知らない…

  • 試合をするのは子どもたち

    いよいよ入試が近づいてきました。何年間かかけて準備をしてきた、入試はその集大成の試合みたいなものでしょう。だから子どもたちが自分の力で自分の試合をしないといけない。親も先生もその他みんなその子どもたちを支えるサポーターです。だから残りの時期、最善の準備をしてもらうことが大事。健康に気を付けて、できることを確実にこなし、積極的な姿勢で勝ちにいきましょう。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.com第557回やるべきことは常に再検討する中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」同じ問題を解いてみる慶應進学館総合的な合否判断読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村試合をするのは子どもたち

  • 直前期はオンライン

    日増しにコロナの感染者数が増えてきています。さらに今年はインフルエンザもあり、学級閉鎖、学校閉鎖の話も聞こえてきました。入試直前期にまず絶対に気を付けないといけないのは、健康管理。直前に感染して万が一受けられない、ということになるのはやはりとても残念なことなので、ここは十分注意していく必要があります。やはり集団授業というのは、感染のリスクが高くなりやすいので、直前期はなるべくオンラインにした方が良い。オンラインは個別指導もあり、こちらも先生と対面で会わないので、お互いに感染のリスクを減らすことができ、かつ勉強の方も個々の問題を最後にチェックできるという点でプラスが多いものです。各校とも感染対策のために振替の日程を用意するなど、考えてくれてきていますが、やはりかからないのが一番なので、これから十分に気を付け...直前期はオンライン

  • 3年後に私立を出る子どもたち

    高校受験の結果を見ていると、出身校に結構な数の私立一貫校の名前が並びます。え、こんな学校でも高校受験するの?と思いがちですが、それぞれいろいろな事情を抱えている。御三家トップにいた子が、学校が馴染めずに、通信制高校から大学を受験した、ということも割とよく聞く話です。学校は多くの人間関係があります。これは、受験前に予想できないこと。本来小学生の間にもいろいろな人間関係を作ることはできるでしょうが、しかし、最近は小さい時から塾通いが始まり、例えば小学校の同級生をいっしょに遊ぶということもあまりしなくなっているところがある。そうなると、馴染めない、ということは起こりえる。もちろん、中堅校からもう一度上位校を目指す、という子どもたちもいます。これもやはり3年間の生活で、もう3年間ここにはいたくない、と感じているか...3年後に私立を出る子どもたち

  • 自分のペースで受験するべき

    塾はカリキュラムが決められて、そのスピードに合わせて勉強しなければなりません。しかし、そのペースが最近早いので、ついていけない子が多くなっている。それでスタート時期を早めているが、これはむしろ逆。さらについていけない子を増やしているだけなのです。なにせペースが速いですから。だから、そのペースに合わなくても、じっくり力をつければできるようになる子が疎外される。親もついできない、と思ってしまうから、これがいけない。子どもには子どもの成長のペースがあり、それに合わせていろいろなことができるようになっていくことが望ましいのです。誰もが飛び級をする必要はないし、それがかえって子どもの成長を阻害することもあり得る。本来入試で出ることは小学校の5年・6年で勉強することなので、子どもたちの可能性を確実に伸ばしていく方法を...自分のペースで受験するべき

  • このままで大丈夫?

    5年生はかなり勉強がかなり難しい段階に入ってきました。で、毎月組み分けや月例があり、クラスの昇降があり、という生活を送ってきているわけですが、6年生の1学期までその生活は続きます。そして夏休みからさらに学校別対策も始まり、さらにスケジュールは過密化していきます。このままで大丈夫ですか?すでについていけない、という場合もあるでしょう。でも、子どもたちに力が足りないわけではない場合があるのです。塾のカリキュラムが速すぎるだけ、ということはよくある話。もっと時間をかけてやれば、十分に力を発揮できるようになる子が、その可能性を奪われている場合もあります。5年生は本来、基礎をじっくり固めればよいのです。そして、志望校の入試傾向に合わせて応用力を磨いていけばよい。志望校によっては今、やらされていることが必要でない場合...このままで大丈夫?

  • 読む時間を計ってみる

    出題される国語の文章が長くなってきています。で、つい間に合わないと思い、斜めに読むからさらにできない、という悪循環にはまっている子どもたちもいます。そういうとき、一度読む時間を計ってみると良いのです。例えば2問の長文を読むのに15分かかったとすれば、試験時間50分として残り35分。35分で問題を解くためにどうすればいいのか、ここを考える。常套手段として、知識や漢字を済ませ、次に短い文章もしくは問題数の少ない問題を先に仕上げ、最後に長い方へ、というのがやり方ですが、それでもちゃんと間に合うときは間に合うし、読み切ってからの方が正解率は高い。過去問でただ時間が足りない、というよりは、そうやって作戦を具体的に一緒に考えてあげて、斜め読みを避ける工夫をしてください。今日の田中貴.com手を広げない中学受験算数オン...読む時間を計ってみる

  • 併願校の過去問もできる限りがんばる

    併願校が決まる時期です。そうなると、過去問をまったくやっていかないわけにもいかない。だから予定を立てて、できる限りがんばっていきましょう。この時期からそろそろ、自分の勉強中心で良いのです。コロナもインフルエンザもあるので、自分の机で勉強する時間を増やした方が良い。併願校もやっておけば、それなりに安心して受験はできるので、予定を立ててみてください。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.com模試の出来より過去問の出来中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」まずは算数と国語でスタート慶應進学館スケッチの練習読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村併願校の過去問もできる限りがんばる

  • 家でできることは徹底して家で済ませる

    いよいよ入試が近づいてきましたが、コロナの方もまた感染者が増えてきています。さらに今年はインフルエンザも流行の兆しがあるようなので、本当に気を付けないといけない。基本的に人が集まるところは極力避ける、という方針で臨むことが良いと思います。塾によってはすでにオンライン授業に切り替えたところもある。対面にこだわる必要はありません。家でできることは徹底して家で済ませるを徹底していくと良いでしょう。今日の田中貴.com第556回中学受験は家庭中心型で中学受験算数オンライン塾11月17日の問題フリーダムオンライン-5年生の担任から-スローダウンしてもいいから基礎に徹する読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村家でできることは徹底して家で済ませる

  • ここで止める

    すべて入りそう、という受験ラインナップになる子はそう多くはありません。やはりそれなりに狙うところがあるでしょう。またそれでよいと思います。ギリギリで入ったら苦労する、ということは心配しなくてよい。僅差の勝負なので、補欠で入ってものちに上位に食い込む子は多いのです。問題は、安全校の選定。ここは止める、ということをしっかりと考えて選んでください。中途半端な選び方をしてはいけない。安全校は、全部落ちないための大事な策ですから、単に偏差値だけではなく、学校の内容もしっかり吟味した上で、「ここで止める」という意思をしっかり持っていきましょう。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.com入塾テストの合格点中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」スタートの自...ここで止める

  • 平均点が低い時の合格可能性はあまり計算に入れない

    元から、1種類の試験ですべての学校の合格可能性を算出しよう、というのはなかなか無理な相談です。しかし、そういう風に試験が長年行われてきて、それなりにデータも蓄積されてきているので、統計的に計算することにしているわけです。ただ、この統計的に、というのは割ときれいな正規分布になることが望ましい。ということは例えば500点満点の試験では平均点が250点以上にはなってもらわないといけない。理想的には280点ぐらいが一番良いだろうと思います。そうすると、比較的きれいな正規分布になるので、これは無理でも統計の考え方としては妥当です。しかし、平均点が低くて例えば満点の3分の1ぐらいになる場合は、これは正規分布になっていない。差が詰まりすぎているので、ちょっと無理があります。なので、平均的が低い時の合格可能性はあまり考え...平均点が低い時の合格可能性はあまり計算に入れない

  • 基本は文章から学ぶ

    6年生になると、いろいろな情報取得が可能になるとは思うのですが、やはり文章から読み解く力を鍛え、情報を得ることが大事だと思います。その補助として、授業だったり、動画だったり、というのはあるのですが、しかし、解答、解説を読んで理解できれば、それに越したことはない。なぜならば、試験中、与えられる情報は文章と図しかないからです。そこから情報を読み取り、答えを出していかなければならない。だから、例えば過去問を解いていて、解説を読んで理解できれば、それが一番効率的なのです。それでもわからないことはもちろん先生に教えてもらったり、動画を見たりすることでわかるわけですが、文章を優先していくことが結構力をつける早道だと思います。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.com自分で勉強している子はこ...基本は文章から学ぶ

  • すぐ消さない

    子どもたちが問題を解いているとき、横で見ていると、一気に消しゴムで消し始める子がいます。きっと間違えたんだろうが、実は消しゴムは使わない方が良い。今まで書いた部分にも正しい部分があるはずなのです。だから、それをうまく利用できるように考えていった方が良いのです。それが答えの下書きであったり、計算用紙であるならば、消す必要など何もない。他のスペースで解き直せばいいだけのこと。しかも解いている過程は書かれているわけだから、どこが違うのか、実際に良く見極める必要が本当はあるのです。ところが一気に消しゴムを使うと、これまでのことが消えてしまうので、使える部分もなくなってしまいます。消す、というのは本当に最後でいい。もちろん解答用紙の答えは消して書き直さないといけないでしょうが、これはよし、消すぞ、と覚悟を決めて消す...すぐ消さない

  • ウチの子の力を知っているか

    たまにですが、我が子の力をしっかり把握していないご家庭があります。まあ、義母さんからのプレッシャーもあって、とにかく受けるだけは受ける、みたいなことが、まだあるのかもしれませんが…。また、塾任せで実際によく子どもの力を把握していない場合もあり、塾の先生にレベルを言われて「ウチの子にそんな学校を受けさせるわけにはいかない」みたいになるケースも時々耳にします。小さい時から一緒に子どもと勉強していて、どのくらいの問題ができるのか、ちゃんとわかっている方は、やはり将来のことも考えた学校選びができる。今の力を伸ばしてくれる学校はどこなのか?というテーマは結構大事な部分なのです。これは偏差値とはまた関係がなかったりするからややこしい。ブランドもあまり関係がありません。そこを見抜くためにはウチの子の力をしっかり把握して...ウチの子の力を知っているか

  • 模擬試験の結果が悪かったとしても

    模擬試験は多くの場合、ひとつの試験ですべての学校の合否判定をしてしまいます。だから、出題傾向に合わない問題であることもしばしば。そういう試験で成績が出なかったとしても、あまり気にすることはない。ただ、過去問は良い成績を出していかないといけません。が、最初からこれもそう簡単ではない。練習することで、だんだん出題傾向に慣れて、しっかり点数がとれるようになります。「お、最高得点じゃん!」というようなことがこの時期から少しずつ出てきますから、それを自信にしていきましょう。今日の田中貴.comやれることをコツコツと積み重ねるだけ中学受験算数オンライン11月11日の問題フリーダムオンライン-5年生の担任から-スタートが遅れてしまった?読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村模擬試験の結果が悪かったとしても

  • 第一志望を変えてよいのは

    第一志望というのは、本人がこれまで「そこに入りたい」と思って勉強してきているし、過去問なども積み重ねてきているので、普通はあまり変えてはいけないものです。模擬試験の結果が芳しくないからといって、そう簡単に変えていいものではない。まして占いや方角で決めたりしてはいけません。(いや、本当にそういう方も昔はいらっしゃいました。)しかしながら、私が1つだけ「第一志望を変更しよう」と考える条件があります。それは、「本人があきらめている場合」。これは、むしろ本人にとって何のプラスにもならない。「どうせ、合格しないだろうな」と思っている以上、努力をしないし、何かにつけて「勉強しない理由」を創り始める。おなかがいたい、塾の先生が怖い、もういろいろ。で、それはなぜかというと、「勉強しなかったから合格しなかった」という理由を...第一志望を変えてよいのは

  • 急ぎの虫を退治せよ

    ミスの原因はいろいろありますが、その根本には急ぎの虫がいます。早くやらなきゃ。早く解かなきゃ。という気持ちが子どもたちを見ていると明らかに強い。例えば模擬試験では、すぐに鉛筆がカリカリ動く音が始まる。本当は、もっとゆっくり問題を読んだ方が良いのに。しかし、急がないと終わらない、という気持ちが強いのです。これをどう抑えるか、がこれから成績を安定させるためのコツになります。模擬試験でも、過去問の練習でも、重視すべきは「正答を導く」ということなのです。急いでやってすべての問題に手をつけて正解率が7割なのと、ゆっくりやって7割の問題を解いて正解率が100%なのと、同じ70点ですが、しかし、入試の結果で見ると、明らかに後者の傾向の子どもたちが合格します。正解率が高い方が合格しやすい。このことを徹底的に子どもたちに教...急ぎの虫を退治せよ

  • ウチはウチ

    中学受験が良いか、高校受験が良いか、それは我が家で考えて、こうしようと思ったら、それでよいのです。学校選びだって、ウチの子を育てていく環境としてウチが選んだんだから、それでよいのです。いろいろ参考になることはあるのだけれど、それらを聞いたり読んだりした上で、ウチが決めるのが一番正しいと私は思います。だから、いろいろ悩むことはあるでしょうが、最終的に受験プランをこれで行こうと決めたら、それで良いのではないでしょうか。ウチの子を育ててるのはウチですから。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.com小さい時の模試は囲い込みのデータ中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」一緒に勉強すると、会話が増えるのです慶應進学館下書きは早めに読んでいただいてありが...ウチはウチ

  • 試験の出来で決まるだけ

    入試の結果は、その時の試験の出来で決まるだけです。だから、同じ学校を受けても、やさしい第1回試験で落ちて、難しい第3回試験で合格する、というようなことは起こりうる。子どもたちはそれぞれこれまでがんばってきたわけだから、力がついていないわけではない。ただ、その一回の試験でうまくいくかどうか、ということだけなのです。この試験の結果が本当にその子の実力を表しているのか、学校もそれなりに疑っているところはあるのですが、しかし、入学者は決めないといけないから、えいやあー、とばかりに決めているに過ぎない。ここをしっかりわかっておいてほしいのです。試験結果でウチの子はダメだ、などと思わないでもらいたいのです。まだまだ将来のある子どもたちですから、次が当然あるわけで、その次に向かってしっかり準備を進めていけばよい、と腹を...試験の出来で決まるだけ

  • 実施要項や学校案内をよく読む

    ここに来て細かい変更点が出てきています。例えば、面接試験の有無、万が一コロナに感染した場合の代替処置、そのほか持ち物、発表時間などなど。これらの中身は、試験実施要項にちゃんと書いてあるわけですが、しかし、何となく読み飛ばしてしまうことが多い。以前に学校案内やホームページで見て知っていたことが、ちょっと変わっている、ということはあるものです。なので、良く読むことが大事。本当に、しっかり読んでみると、「?」ということがあるものです。ここのところmiraiconpassを使う学校がかなり増えました、いろいろな学校の出願ができるのが強みですが、しかし、そのやり方はやはり学校によってさまざま。WEB出願にもかかわらず、あとから書類を郵送する、という学校もあります。ですから、そういうことを忘れないように、やはりしっか...実施要項や学校案内をよく読む

  • できないところをつぶせ

    暗記テキストや時事問題集、あるいは過去問などいろいろな問題をやっているでしょう。で、特に暗記テキストは繰り返すのが良いのですが、しかし、できるところまでやり直すというのは結構時間がかかる。だからとにかくできないところ、覚えていないところを徹底的にマークするのです。例えばコピーをとって、やるべき問題だけ〇をつけ、その部分の解答は塗りつぶしてしまうとか。いろいろ工夫はあるでしょうし、画像にしてしまえばもっとやりやすいかもしれません。こういうところはお父さん、お母さんの工夫でさらにパワーアップします。できないところをつぶす、に徹していきましょう。今日の田中貴.com自分の勉強中心で中学受験算数オンライン塾11月5日の問題フリーダムオンライン-広報から-新動画授業読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ...できないところをつぶせ

  • 睡眠時間に気を付ける

    6年生、がんばってます。で、夜も結構遅くなっている可能性があるかな、と思います。それでも終わらないから、がんばっているでしょうが、やはりそこは小学生。体力はそこまで続かない。だから疲れを見逃さないようにしてください。またコロナもぶり返してくる可能性があるし、インフルエンザの心配もある。なので、しっかり睡眠時間は確保しましょう。それだけでも、だいぶ違いますから。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.com第555回ネガティブにならない中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」大事なのは国語読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村睡眠時間に気を付ける

  • 次は入試、ということもあるので

    入試まで大分押し迫ってきました。なので、今日解いた問題は、もう入試までやらないかもしれません。そして突然入試で出たりする。これまでは、またお目にかかる可能性があったかもしれませんが、これからはむしろもう入試まで見ないということがありえるのです。だから、しっかり復習しておく。でも忘れるかもしれない。しかし、そのことに不安や恐怖感を持っていては何も進まない。今のところ、わかればそれでよいので、よし、これは次もできるぞ、という気持ちが持てるように勉強してください。つまり一問一問、大切に解く。大切に覚える。ていねいに解く。ていねいに覚える。そうすることで、自信が少しずつ出てきます。ただ、たくさんの問題をやることよりも、しっかり考えられた問題を増やすようにしてください。今日の田中貴.com同じ6年生なのに?中学受験...次は入試、ということもあるので

  • 粗点と見込み点の差をどう埋めるか

    素点とは、まず時間を計ってやったときの点数。見込み点とは、答えあわせをした後、解答を見ずに間違いなおしをして、とれる点数。このためには、もう一度答え合わせをした後でやり直さないといけませんが、それで直せた結果取れるであろうと思われる点数が見込み点です。この時期、この見込み点と素点の差が激しい子がまだまだ多いのです。だから、なるべく素点を見込み点に近づける努力をしないといけない。直しが終わったら、解答・解説を見て復習するわけですが、その結果、わかった問題は後にできるようになるかもしれない。しかし、2回やってできなかったのだから、できないままで終わるかもしれない。こういう問題は、本人にとって正答する可能性がそれほど高くない問題なのです。しかし、1回の直しでできる問題は正答する可能性が高かったのです。正答の可能...粗点と見込み点の差をどう埋めるか

  • 国語の読解に手を抜かない

    いろいろやらなければいけないことがあるので、つい、国語が後回しになりがちですが…。国語はそうやっても点数が変わらない、と思われがちです。しかし、やらないと確実に力が落ちます。近年、国語の読解の問題文が長くなる傾向にあり、それだけ読みこなす力が求められている。だから練習しないといけない。最低でも週2回は、長文読解の問題にちゃんと向き合っていくことが大事です。過去問を頑張ればよいですが、終わってしまったら他の問題でも良いので、ペースを守って練習していきましょう。最後に大きく効きますから。今日の田中貴.com問題がやさしいと思った時算数オンライン11月1日の問題フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ読んでいただいてありがとうございます。にほんブログ村国語の読解に手を抜かない

  • 親はどんと構える

    結局のところ、子どもたちはお父さん、お母さんの動向に非常に影響されます。例えば模擬試験の成績が悪かった、ということになって親ががっかりしたりすると、「まずいなあ」とまず思う。そこでやはり何とかしないと、と思う子もいるにはいるのですが、実はそれは少数派かもしれません。多数派と思える子どもたちは親といっしょに「がっかりしてしまう」ことが多いのです。「やっぱりだめかな」そこで何とか切り替えして、自分で何とかした経験は子どもたちにはまだない。したがって、親とおなじような対応をすることに慣れている、といってもいいかもしれません。だから、動揺を顔に出してはいけない。あるいは何か手を打たないと、と思っても、それがあわてて手を打っているんだ、という風に子どもに悟られてはいけないのです。あわてて手を打っている、ということに...親はどんと構える

  • 親が行きたかったと思う学校は子どもに合う可能性が高い

    学校見学や文化祭が続いています。これまで志望順位が高い学校を見てきた方が多いと思いますが、この時期は併願校や安全校を見る機会もあるでしょう。さて、どこが合うのか、いろいろ検討が続いていると思いますが、直感的に親が「この学校に行きたかったなあ」と思える学校は、子どもに合う可能性が高いのです。家庭教育の延長上に学校教育はあるべきで、家庭教育の担い手がお父さん、お母さんですから、「この学校に行きたかった」と思うのは、やはりそういう教育を欲している、ということであり、だから子どもたちにもプラスになる可能性が高いのです。偏差値よりもスクールカラーが一番大事な要素ですから、親としての直感を大事にしてください。今日の田中貴.com知識が増えると「なるほど」と思うことも増える算数オンライン10月30日の問題フリーダムオン...親が行きたかったと思う学校は子どもに合う可能性が高い

  • あがってる?

    さすがにこれだけ試験を受けているから、いわゆる「あがる」子は少なくなっているかもしれません。しかし、本番ではやはり「あがる」子はいるのです。うまくやろう、ミスしないようにしよう、そういう気持ちが強いと、だんだんあがってくる。そして何をしてるか、わからなくなったりするものです。まあ、そうなったらそうなったで仕方がないのだけれど、やはりなるべく場慣れはしておいた方が良い。あがりそうだ、という子は、やはりお試し練習をしておいた方が良いでしょう。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.comルーティンを作る中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」学齢が上がれば簡単にできることを早くやらせる弊害中学受験これで成功する!母と子の「合格手帳」+デジタル手帳利用...あがってる?

  • 問題用紙はいろいろなことを語っている

    模擬試験の結果が返ってくると、どうしてもデータや合格可能性が載っているところを見たくなるものですが、しかし、本当はそれはどうでもよい。一番大事なのは、子どもが解いた跡が残っている問題用紙です。これはいろいろなことを教えてくれる。いろいろなことを語っている。どうしてこういう勘違いにつながったのか。どうして計算間違いをしたのか。失敗の原因を饒舌に語ってくれているのですから、それを読み解くことが大事。そして子どもいっしょに考えましょう。こうならないためにどうすればいいか。叱る必要はありません。誰だってミスはする。ただ、本番ではミスをしたくないのです。そのために何をすればいいのか。字を丁寧に書くとか、問題を読み返すとか、下線を引くとか、当たり前のことが出てくるでしょうが、本当にその効果がわかってやっている子はまだ...問題用紙はいろいろなことを語っている

  • どこだと伸びるだろう?

    中学受験は、次の6年間子どもの可能性を伸ばす環境を決めるためにやります。だから学校選びはこの基準でないといけない。偏差値が高ければよい、ということではないのです。子どもが伸びないといけない。子どもの可能性がつぶれるような学校に入れてはいけないのです。競争させられると、そこに目が行かなくなる。1ポイントでも高い学校に行かないといけないような気にさせられている。しかし、本当はそうではないのです。本人の個性が伸び伸びと育つ学校とはどんなところだろうか。子どもが将来大好きと思えることを見つけられる場所はどういうところだろうか。そういう発想をもとに学校を考えてあげてください。フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ今日の田中貴.com早くから競争させない中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させる...どこだと伸びるだろう?

  • 成績が安定しない

    模擬試験の成績を見ていると、一定の偏差値に収まるという子は案外少ないかもしれません。うまくいけばよい成績、ミスが多ければ目を覆いたくなるような成績になる、ということなので、まあ、安定しない。しかし、それが普通なのです。それでも少しずついろいろなことができるようになり、本人の意識も高くなってきている。どうすればミスを減らすことができるのか、どうすれば知識を増やすことができるのか。そういうことを前向きに話し合ってみてください。そうすると、また一歩成長するようになる。間に合わせなければいけないのは本番の試験だけです。焦らず準備を進めましょう。今日の田中貴.comこれからは子どもの様子をしっかり見ておく算数オンライン10月26日の問題フリーダムオンライン-広報から-冬期講習のお知らせ中学受験これで成功する!母と子...成績が安定しない

  • 過去問も優先順位を決める

    今の子どもたちが受験する学校は、平均6校程度。お試し受験も含めるとさらにその数は増えるでしょう。で、その学校すべてにわたって過去問を10年分やるというのはなかなか難しい。第一志望にはそれなりに重きを置いてかからないといけないが、例えばお試し受験ならば、過去問を一切やらない、という場合だってあり得るでしょう。それはもちろんそう割り切らないと終りません。早めに始めた第一志望群の学校に比べて、併願校は決定が遅くなるから当然時間もない。しかし併願校は合格可能性が高くないと元々いけない学校群だから、それほど時間を使わなくても良いのです。やはり志望順位が高いものを優先してください。それでも現在販売されたものが一通り終れば、まずよしとする、で良いでしょう。もちろん求めれば過去何年分にもさかのぼれるが、社会などはデータも...過去問も優先順位を決める

  • 早く解くより正確に解く

    この時期になっても、相変わらずごちゃごちゃ、と計算やメモ書きがあって、どこに何が書いてあるのかわからない答案が見受けられます。どうしても早く解きたい、だから、やることを省略してしまいたい、ということなのですが、それは正確に解く、ということを犠牲にしています。たまにうまくいっているから、他でもうまくいく、と思っているが、ちょっと複雑な問題など差がつきやすい問題ほど、実は正確さの方が大事なのです。だから、もうこの時期、心を入れ替えて、早く解くより、正確に解くことを心がけないといけない。最後に合格するかどうか、はこの1点にかかっている子が案外多いものです。得点は着手率×正解率ですが、正解率の高い子の方が合格します。今日の田中貴.com最後に自分ががんばったと思えることが大事算数オンライン10月24日の問題フリー...早く解くより正確に解く

  • できることを正確にやり切ることに集中する

    入試では、どうしても「できないこと」ができてほしいと思うものです。でも本当は違う。「できること」ができなくなるのが本番なのです。あとで考えてみれば、なんだということを間違えている。だから、「できること」ができればいい、と考えればいい。それだけで多分合格できるはずなのです。ところが、子どもたちにはその経験がまだない。だからやはり「できないこと」をできるようにしてやろう、というイメージで臨むことが多い。で、肩に力が入ったり、慌てたりするのです。良く、子どもたちにこんな話をしていました。「なに、できないことはどうせできないんだから、気にしないことだ。入試はねえ、できることだけやってくればいいんだよ。」自分ができることを間違いなく解いてくるだけでいいのだ、と徹してもらえればいいのです。ていねいに解き上げてきましょ...できることを正確にやり切ることに集中する

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、gorillatanakaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
gorillatanakaさん
ブログタイトル
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
フォロー
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用