searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

押し花アート・ポケットさんのプロフィール

住所
豊田市
出身
瑞穂区

名古屋・豊田・尾張旭で押し花教室を開いています。内山実枝子の作品の他に、生徒さんの作品も紹介します。日々の出来事、家族、健康、また散歩写真のほか、愛犬コーギーも時々登場します。

ブログタイトル
押し花アート・ポケット 内山実枝子のひだまり日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/osibanaartbox_1954
ブログ紹介文
色々なジャンルの押し花作品を、フォトアルバムでご覧いただけます。
更新頻度(1年)

201回 / 365日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2011/06/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、押し花アート・ポケットさんの読者になりませんか?

ハンドル名
押し花アート・ポケットさん
ブログタイトル
押し花アート・ポケット 内山実枝子のひだまり日記
更新頻度
201回 / 365日(平均3.9回/週)
読者になる
押し花アート・ポケット 内山実枝子のひだまり日記

押し花アート・ポケットさんの新着記事

1件〜30件

  • 新作・パステルで描く風景(押し花)

    ピンク色に染まる朝焼けの空と山並みを遠景に。中景には、朝もやの花の群生とこんもりとした山。そんな風景を、岩肌の近景から眺める・・・といった感じの構図で作りました。空の色に反射する山並みには、紫白菜を使いました。色々考えながら作画したつもりでも、密封すると課題も多く、なかなか自信作とはなりません・・・新作・パステルで描く風景(押し花)

  • 癒されます(押し花)

    梅雨が明けたら猛暑が始まりました・・暑いです!涼しい風が流れてくるような、森の動物シルエット作品ですW・Fさんずっと、大きな作品を制作されていたW・Fさん、久しぶりに可愛い作品を楽しそうに作られました。お知り合いにプレゼントされるそうです。きっと喜んでいただけることでしょう癒されます(押し花)

  • 夏です、出番です!

    見上げると、久しぶりにスッキリと晴れた青空に、お日様がキラキラ光っています。きっと今日は梅雨明けです娘夫婦から誕生日のお祝いにプレゼントされた〔日傘〕の出番がやってきました!今まで、長年大切に使ってきた日傘は、お嫁さんからのプレゼントでした。骨の部分に錆が浮き出て、そろそろ買い替えの時期だと考えていたところです。「どんなのがイイ?」と、娘。《汚れが目立たない色で、ずっと使えるのがイイな》と、私。娘夫婦が色々なお店に足を運んで選んでくれたのが、この傘↑です。私の希望通り、汚れが目立たず、付きにくい素材。シンプルでどんな服にも馴染んでくれそうです。娘からの一言「高いんだからね!失くしたり忘れてきたりしないでね!!」・・・ハイ、返す言葉もありません、うっかり忘れないように気を付けます夏です、出番です!

  • 新作・幻想的な花材で(押し花)

    タイトル「午前0時の夜会」幻想的なイメージを抱く花材を主役にして、脳裏では「夜更け」「花たちのダンス」・・等のイメージを膨らませて制作しました。使用花材(カラスウリの花・ズイキ・白糸草・アジサイ)夏の夜に咲くカラスウリは、花弁のふちが糸状に長く伸びる花を咲かせますが、一夜花で翌朝には萎れてしまいます。ズイキは里芋の茎(イモガラ)で、薄くスライスすると、蜂の巣のようなスカスカの穴がイッパイ空いています(おかしな表現ですが・・)白糸草は、山野草で、糸くずの束を思わせるような花の姿が、名前の由来だそうです。もうすぐ8月だというのに、今日もどんよりとした梅雨空で、今にも雨粒が落ちてきそうです。でも、作画に集中しているときは、雨が降りだしたことにも気づかず、洗濯物が濡れてしまうこともあります・・新作・幻想的な花材で(押し花)

  • 風景(押し花)

    押花で表現する風景画。今回は、細部まで丁寧に作り上げた「尾瀬」の作品です。O・Kさん水芭蕉の群生は、ドクダミの花びらと苞を花材に使われました。*遠くの水芭蕉はウツギの花びらです。見事な出来栄えなので、展示会などでは、写真?絵画?と思われてしまうかもしれませんねまた一つ、宝物が増えましたね風景(押し花)

  • 金太郎のミニ色紙(押し花)

    季節外れではありますが、可愛い金太郎のミニ色紙です。コロナの影響で4ヶ月間教室がお休みになり、完成が遅くなってしまいましたM・Aさん*毎日降り続く雨に、鉢植えの花たちも「もういい加減にして~」と悲鳴を上げているように、元気がありません。本当にスッキリした青空が恋しい今日この頃です。金太郎のミニ色紙(押し花)

  • デンファレのブーケ(押し花)

    デンファレをメインにしたブーケですK・Kさん教室では、デンファレの押し方とブーケアレンジは必須カリキュラムです。デンファレは、一年を通して手に入りやすく、押し花にしても色落ちしないところがイイですね脇役に使ったノースポールですが、斜め向きに押したものを使っています。ブーケを立体的に見せるには、正面向きよりも斜め向きを用いることがポイントの一つですデンファレのブーケ(押し花)

  • ぬくもり(押し花)

    手のひらにのった小鳥のアレンジ作品です。通い合う《心のぬくもり》を感じますA・Yさん教室を卒業されるAYさんの最後の作品です。沢山のシャボン玉は、明日への希望と膨らむ夢をイメージさせます。ぬくもり(押し花)

  • 風景用の材料(押し花)

    押し花風景用の材料をFB仲間から頂きました。近くにありそうで、なかなか手に入らない色々な木々の葉っぱです・早速、下処理をして押しました。こちらは、明日からまた雨、雨、雨の予報です。水気をたっぷり含むと、綺麗な押し花(押し葉)に仕上がらないので、からりと晴れた日が続くまで、花押しはお休みです風景用の材料(押し花)

  • オリジナル台紙(押し花)

    26オリジナル台紙を使って、涼を感じる作品を作ってくださいました。S・Yさんブルーの花(デルフィニウム・レースフラワー・アジサイ)をメインに、薄紅色(カーネーション)をワンポイントカラーに、そして白色のオルレアを緩衝材として使った、色のバランスの良い作品です。ブルーの額の選択もバッチリ26オリジナル台紙は、密封の際、枠のラインが歪んだり、左右のバランスが崩れたりすると作品の見栄えが悪くなります教室では、密封の勉強のために、カリキュラムに取り入れています。オリジナル台紙(押し花)

  • 森の動物シルエット(押し花)

    見つめあう鹿の親子のシルエット、・・・ほのぼのとする作品です。森の動物シルエットシリーズの中でも、一番人気の《鹿の親子》です。N・Eさん人気の理由は、子供を愛しむ親と、親に全幅の信頼を寄せる子供の心温まる光景が、画面から伝わるからではないでしょうか・・・。虐待・育児放棄など悲しく切ない事件が後を絶たない人間社会。気持ちがホッコりする作品を眺めていると、暗い気持ちが少しだけ癒されます森の動物シルエット(押し花)

  • 金太郎(押し花)

    コロナによる教室自粛のあおりで、季節がずれてしまいましたが、可愛い金太郎の額を完成させてくださいました。N・Mさん鉞担いだ金太郎、熊にまたがりお馬のけいこ金太郎の手には、鯉のぼり、頭には新聞紙で織った兜をかぶる、という細かい演出がされています小さな額でも決して手抜きをしない彼女らしい《こだわりの作品》です来年の節句には十分間に合いましたね(笑)金太郎(押し花)

  • 花火(押し花)

    夏の夜空を染める花火・・・今年はコロナの影響で、ほとんどの地域で中止になりました。作品を眺めながら、せめて気分だけでも、花火大会に出掛けた妄想の中で酔いしれて頂けたら・・・・H・Yさんシルエットをうまく生かして、日本の風物詩、花火の情景を見事に表現されました。お腹の底に響く爆裂音や、花火が散り落ちる、パチパチパチ…といった記憶の中の音までが、聞こえて来るようです。来年の夏は、この目と耳と・・いえ、体全体で花火を楽しみたいものです花火(押し花)

  • 天空の城(押し花)

    雲海に浮かび上がる城・・日本のマチュピチュ、天空の城、といった光景でしょうか。I・Jさんご本人は、イメージで制作されたそうですが、日本のマチュピチュで思い浮かぶのは、竹田城?備中松山城?備前大野城?色々空想しながら鑑賞するのも楽しいですね*繊細なお城のカットはご自身でされました天空の城(押し花)

  • 森の動物シルエット(押し花)

    森の動物シリーズのシルエットを使った作品です。N・Aさん大きなシャボン玉の中には、お花のアーチの架かったおうちが見えます。エンジェルが射る矢はどこへ?もしかして、子リスの仲を取り持つ恋のキューピット?楽しい空想が浮かぶ、童話の1頁のような作品です森の動物シルエット(押し花)

  • 風景台紙づくり(押し花)

    ヨーロピアン風景のレッスンは、まず、背景をパンパステルで描いていただきます。ⅯさんとNさんの、美しい夕焼け空が完成しました。どのパステルを使ったらいいの?消しゴムで雲を表現するってどんな感じ?いわれるままに、そして不安な気持ちいっぱいで描いているうちに、ほら・・美しいグラデーションの夕焼けが表れてきましたよここまで来れば、気分的には、半分以上出来上がったようなものです(笑)きっと、次回のレッスンが楽しみになったことでしょう風景台紙づくり(押し花)

  • 小鳥とシルエット(押し花)

    ハンドシルエットにとまる小鳥の表情が愛らしいですね。シャボン玉を入れることによって、可愛くて夢のある作品になりましたY・Cさんご自宅に咲いた真っ赤なバラや、色とりどりの花を使って、YCさんらしい華やかな作品にされました。小鳥とシルエット(押し花)

  • キラキラのカードケース(押し花)

    キラキラ,ツヤッ・ツヤの《押し花カードケース》を頂きました。プレゼントしてくださったのは、FBのお友達、福岡の薦田美紀先生です。ピンクのケースに、同色の押し花を散りばめた、素敵なカードケースです。年齢に関係なく、心は乙女・・・、可愛い小物を身に付けると、やっぱりテンション上がりますうれしいなぁ。。。ジメジメした梅雨でも、気持ちが明るくなりました。さぁ、明日も頑張ろッ!!キラキラのカードケース(押し花)

  • ホタルの妖精(押し花)

    毎月、季節にピッタリの小物づくりを提案してくれる,スタッフTの先生です。今月のテーマは《ホタルの妖精》、夜空に沢山のホタルが舞います。O・Hさんミニ色紙ではもったいないような、、、ロマンティックな作品ですねホタルの妖精(押し花)

  • ドクダミ(押し花)

    私が押し花を始めた頃ですから、20年以上も前になりますが、どんな雑草も、押し花の貴重な材料に思えて、次から次へと押しまくりました。《ドクダミ》もその一つです。土手に生えていたドクダミをほんの一株、我が家の庭に植えたのが間違いでしたその繁殖力の凄いこと!!、抜いても抜いても地下茎で広がり続けています。都忘れ、タツナミソウ、クリスマスローズなどを、ぐいぐい押しのけて我が物顔でのさばっている始末…アァア~、何か良い手立てはないでしょうか?それでも、作品にすれば、主役にも脇役にもなり、いい味を出すのですが。。。⇓ドクダミ(押し花)

  • 夢のある作品(押し花)

    海に浮かぶ島、可愛い建物、異国の匂いがする夢のある作品です。S・Yさんパステルで描いた空と雲、和紙を絞って表現した波間、そしてフワリフワリと飛んでいくシャボン玉など、26額の小さな画面の中に、いくつもの課題が見事に表現されています。来週には、この辺りも梅雨が明けるとか・・・。本格的な夏がもうすぐやってきます。こんな素敵な島で、夏のバカンスを楽しめたらいいですね夢のある作品(押し花)

  • 夕焼けのヨーロピアン風景(押し花)

    森井先生提案の《ヨーロピアン風景》、今日はWFさんの作品です。W・Fさんパンパステルで描く夕焼け空、生徒さんそれぞれによって描かれる空が違います。淡いピンクに染まる優しい夕焼けもまた素敵ですね夕焼けのヨーロピアン風景(押し花)

  • イラスト風紫陽花(押し花)

    イラスト風に制作した、窓辺と紫陽花の作品です。(かなり前の作品です)我が家の紫陽花は、枯葉色になってきましたが、皆さんの周りはいかがでしょう?ジメジメとした天気が続きます。保管袋を開けたとたんに乾燥シートが湿気をおびて熱くなります制作途中の作品も、カラッとした天気が戻るまで、しばらくの間お休みです・・イラスト風紫陽花(押し花)

  • ヨーロピアン風景(押し花)

    各教室で、森井先生の《ヨーロピアン風景》の作品作りが始まりました。背景は、マーメイド紙にパンパステルで描いていただきます。K・Mさんオレンジがかった夕焼け空が、湖畔に映ります。ヨーロピアン風景(押し花)

  • デモルフォセカ(押し花)

    デモルフォセカのクレッセントデザインです。I・Jさん「庭に咲いたデモルフォセカを押し花にしたので、この花をメインに作品を作ります」とおっしゃって作られた作品です。庭に咲く花たちを、せっせと押し花にするところまでは私も同じですが、彼女と違って、ほとんどの花たちを保管袋に閉じ込めたままの私・・・押し花も、作品にしてこそ命を全うできるというものです。いつか使おう、いつか役に立つ、、、、《そのいつか》はいつ来るの?いつまでも、保管袋に眠らせたままでは可哀想・・・反省していますデモルフォセカ(押し花)

  • 新作(押し花)

    おうち時間がたっぷりある間に、、と、こんな作品を作りました。チョットおしゃれな、和モダンな雰囲気です。(個人の感想です)作品タイトル「琴音(ことね」取り掛かりは、花材《クリスマスローズとオリズルランの葉》をメインにした作品を作ろう。次に、メイン花材を生かせる背景台紙(和紙)の選択。そして、デザインを考えながら副花材をチョイス。当初は、アレンジメントデザインを考えていましたが、試行錯誤の結果、このようになりました新作(押し花)

  • 杏子ジャムとコンポートづくり

    今年も、さわやかな香りと甘酸っぱさが魅力の《杏子のジャムとコンポート》を作りました。きれいなオレンジ色、ワァ~美味しそう!思わず生唾ゴックン去年までは、信州旅行の道中に買い求めていた杏子ですが、今年はコロナによる自粛、さらに県をまたぐ移動も禁止。。。旅行そのものが出来ないので、大好きな杏子ジャム作りも半ばあきらめていました。ところが昨日、地元の産直市で、杏子が店頭に並んでいるのを発見、しかも上質な地元産嬉しさのあまり、欲張り心が芽生えて、大量に購入!!帰宅後、セッセとジャム作りに励みました約半年間、美味しい杏子を味わうことが出来ます、、アぁ~幸せ杏子ジャムとコンポートづくり

  • 水墨画風景作品(押し花)

    水墨画の背景にモノトーンの押し花を使った風景作品ですO・Hさん刷毛に薄墨を含ませ、布にザックリと風景を描きます。刷毛の使い方で、遠くの山、こんもりとした樹木、水の流れやさざ波、風になびく草の動きなどが表現できます。作画のポイントは、描いた背景を生かすように押し花を置くことです。墨絵を隠し過ぎないように、そして刷毛の動きに添うように花材を置くと、水墨画と押し花がしっくりと一つの画面に収まります。昨日から降り続く雨、窓から見える空はどんよりとしたねずみ色・・・OHさんのしっとりとした水墨画作品をアップするのにふさわしいお天気に思えます。水墨画風景作品(押し花)

  • 富士山と花畑(押し花)

    富士山を背景にして広がる花畑の作品です。T・Mさん4月に完成の予定だった風景作品、富士の麓の花畑は、当初は芝桜をイメージしていらしたそうです。でもコロナによる教室休会で季節が変わり、思い切って《芝桜》を、《色とりどりの花畑》に変更されました。素敵に仕上がった作品ですが、芝桜の方も見たかったなぁ~と、ちょっぴり残念な私です富士山と花畑(押し花)

  • みんなのうた(押し花)

    花が溢れ、蝶々が飛び交う・・楽しいメロディーが流れるような作品です。NHKの歌番組《みんなのうた》の背景にピッタリじゃないでしょうか?・・・S・Rさん蝶々はグラジオラスの花びらだそうです作品を眺めていると、ご自宅の庭で鼻歌を歌いながらお花の手入れをするSRさんの姿が目に浮かびます。みんなのうた(押し花)

カテゴリー一覧
商用