searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

まっちゃんさんのプロフィール

住所
鹿沼市
出身
鹿沼市

栃木県議会議員松井正一の活動報告、まちづくり提案ブログです。活動報告は、日頃の議会活動、政務調査活動の報告を行っています。また、まちづくりに関する提案では、主に市政、県政、国政を問わず、気づいた提案を行いながら、読者に問題提起をさせていただいております。

ブログタイトル
「まっちゃん」日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/matsuishoichi/
ブログ紹介文
栃木県議会議員松井正一が活動報告やまちづくりに関する提案を行い、皆さんと意見交換をする場です。
更新頻度(1年)

354回 / 365日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2011/05/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、まっちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
まっちゃんさん
ブログタイトル
「まっちゃん」日記
更新頻度
354回 / 365日(平均6.8回/週)
フォロー
「まっちゃん」日記

まっちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 農水省来年度概算要求(新規就農者対策)

    農水省の来年度概算要求のうち、新規就農者対策の刷新に関する記事が日本農業新聞で明らかになりました。就農前の研修生を支えるため、月最大13万円を最大2年間助成する事業を新設。更に、農業法人等に雇われる「雇用就農」を促すため、雇用元に賃金等の元手となる資金をこれまでよりも長い最長5年間助成する措置も用意するとのことです。現行の「農業次世代人材投資事業(準備型)」を刷新します。しかし、現行制度は国が全額負担してきたのに対し、見直し後の仕組みは、国と地方自治体が財源を折半する方向で調整しており、農水大臣は、「地方交付税措置を要求していく」と地方自治体への負担軽減策を求めていますが、増額となった分が地方自治体負担では、「刷新」されたイメージは薄れてしまうのではと懸念しています。今後の制度設計の推移を見守りますが、地方自治...農水省来年度概算要求(新規就農者対策)

  • 第19回「つながる」かぬまタウンミーティング

    昨日9月19日(日)14時より、鹿沼市内におきまして、第19回「つながる」かぬまタウンミーティングを開催しました。対話集会の課題別意見交換のテーマは、「衆院選こう戦う」と題し、地元栃木2区の福田昭夫衆議院議員をお招きし、立憲民主党の政策、vol.1~vol.3について、説明を受け、会場の皆様と意見交換しました。コロナ対策については、「自宅療養者ゼロ」に向けて、次の波に備えて、野戦病院やコロナ病床の確保、いつでもどこでも誰でも受けられるPCR検査の用意等、第5波までの検証を踏まえて、しっかりと対応すべき。そのためには、早く国会を開いて、補正予算案や法律について議論すべきとの意見が相次ぎました。また、農林業や地方政策については、本年産の米の概算金が著しく価格減少したことを受けて、生産調整に国が再び関与することや、戸...第19回「つながる」かぬまタウンミーティング

  • 第379回「つながる」かぬまマンデーレポート

    明日、9月20日(月)午前8時より、石橋町交差点におきまして、第379回「つながる」かぬまマンデーレポートを開催いたします。コロナ対策、県議会報告、衆院選に向けた政策課題等をレポートいたします。皆様、よろしくお願いいたします。第379回「つながる」かぬまマンデーレポート

  • 第19回「つながる」かぬまタウンミーティング

    明日、9月19日(日)14時から、鹿沼商工会議所3階大会議室において、第19回「つながる」かぬまタウンミーティングを開催いたします。来賓には佐藤信鹿沼市長をお招きすると共に、課題別意見交換は「衆院選、こう戦う」と題して、福田昭夫衆議院議員をお招きし、政策等について意見交換を行います。コロナ感染対策を行うため、マスク着用にて、当日会場では検温も行います。先着50名でお待ちしております。皆様、よろしくお願いいたします。第19回「つながる」かぬまタウンミーティング

  • 台風14号が襲来。とにかくご注意を。

    気象庁は9月17日(金)19時前に、台風14号(チャンスー)が福岡県福津市付近に上陸したと発表しました。8月の台風9号に続く、今年3つ目の上陸になります。福岡県への上陸は1951年の統計開始以来初めてです。なお、台風14号は、明日にかけて関東地方に最接近します。皆様、とにかく被害に遭わないよう、細心の注意をよろしくお願いいたします。台風14号が襲来。とにかくご注意を。

  • 新型コロナワクチン、若者対策を議論(県議会臨時会議から)

    昨日、県議会第379回臨時会議が行われ、本年度9回目の新型コロナ関連予算の審議を行いました。総額100億2000万円。私は、生活保健福祉委員会の審査に臨みました。若者の新型コロナウイルスワクチン接種率向上のためのPR等に要する経費、2000万円が計上され、審議しました。宇都宮市の県営接種センターでも若者接種枠を確保し、予約に臨んでいます。しかし、9月18日~20日の予約枠に対する予約割合は16.3%と低調。理由は地理的要因、更には市町接種会場での若者接種予約が進んでいるとの見解でした。県では、お子様のいる20代、30代の若者接種率の向上を目指していますが、接種率は20代では、全国平均21%に対し本県は13.5%、30代では、全国平均22.9%に対し13.9%と低い状況です。委員会では私を含めた各委員より、接種率...新型コロナワクチン、若者対策を議論(県議会臨時会議から)

  • 自宅療養者個人情報の市町への提供で前進。

    本日の毎日新聞19面の報道によると、県は、去る13日の副市町長会議で、新型コロナウイルスの自宅療養者の個人情報を希望する市町に提供する方針を決定しました。県議会の我が会派「民主市民クラブ」でも、災害時における個人情報の提供により避難所等の市町の対応を円滑に進めるよう求めていましたが、過日いただいた前進回答と同趣旨の決定となります。因みに県市長会、町村会からも8月下旬に要望されていました。自宅療養者をサポートするため、今後、災害発生時や大きな被害が見込まれる台風接近時など、生活支援に必要と判断した場合に市町と覚書を結んだうえで提供し、避難誘導に役立てるとしています。この件につきましては、去る9月7日の県議会生活保健福祉委員会においても紹介がありましたが、9月6日に厚労省から通達が出ていました。「生活支援のための情...自宅療養者個人情報の市町への提供で前進。

  • 第378回「つながる」かぬまマンデーレポート

    昨日9月13日(月)午前8時より、鹿沼市役所前におきまして、第378回「つながる」かぬまマンデーレポートを開催しました。県議会報告として、新型コロナ緊急事態宣言措置の延長決定を受けて、15日(水)に臨時会議が予定され、100億円規模の補正予算が審議されることを報告すると共に、今回も新型コロナに関するレポートを行いました。第5波の感染状況は、ピークを過ぎ、やや減少傾向になってきました。しかし、栃木県は相変わらずクラスターが発生し、病床使用率、重症病床使用率も依然高い数値を維持しています。医療ひっ迫状態からなかなか脱出出来ません。私は、今後の感染の波を想定し、第5波に関する検証をしっかりと行う必要性をレポートいたしました。「自宅療養者を如何にしてゼロに出来るか」県では、自宅療養者に対する往診対応を宇都宮市を皮切りに...第378回「つながる」かぬまマンデーレポート

  • 今日も慌ただしい月曜日でした。

    今日も慌ただしい月曜日でした。しかし、最近とても充実していますので、爽快です。マンデーレポートに始まり、会派中間期(9月補正)予算・政策推進要望の知事回答を受けました。詳細は後程レポートします。記者会見で回答に対する所見を述べた後、昼食を挟んで、タブレット導入に向けた県議会内での説明会、15日開催の臨時会議の補正予算案の財政課レク・・・。こんな感じでした。このほか、衆院選の準備を含む党務、県民要望の処理等です。一日が短く感じる毎日ですが、コロナに気を付けて全力で臨んで参ります。(写真は故郷下沢の景色です。)今日も慌ただしい月曜日でした。

  • 衆院選に向けて事務所開き。

    本日、日光市(福田あきお後援会)、鹿沼市(立憲民主党第2区総支部)の各事務所開きが行われ、私も参加しました。今回の選挙も総合選対委員長の任に就き、皆様のご支援、ご協力のもと全力で臨んでいく決意です。頑張ります。(写真は2014年10月の福田あきお代議士の政治パーティーでのツーショットです。この年の総選挙は、199票差で現職農水大臣に勝利しました。)衆院選に向けて事務所開き。

  • 衆院選、広報活動。

    衆院選、広報活動。鹿沼市永野のそば畑です。白い花が綺麗です。#衆院選#福田あきお衆院選、広報活動。

  • 第378回「つながる」かぬまマンデーレポート

    来週9月13日(月)午前8時より、鹿沼市役所前におきまして、第378回「つながる」かぬまマンデーレポートを開催します。新型コロナ対策に関する県議会の動きをはじめ、衆院総選挙に向けた取り組み等をレポートいたします。何卒、よろしくお願いいたします。第378回「つながる」かぬまマンデーレポート

  • 緊急事態宣言措置延長に向けて県議会の対応。

    昨日、緊急事態宣言措置が9月30日まで延長決定したことを受けて、県議会は来週の臨時会議日程が決定しました。15日に議運、本会議(常任委員会)での補正予算案の審議です。趣旨的には、期間延長に関する追加補正ということとなりますが、本年度9度目の補正予算となります。栃木県は通年議会制のため、その都度、知事執行部からの提出議案に対する審議を行えます。所管常任委員会の審査も含め、しっかりと対応していきます。このほか、日程は前後しますが、13日(月)には、中間期(9月補正)予算・政策推進要望に関する知事回答も予定されています。県議会もいよいよ本格的な審議や議論が始まります。頑張ります。(写真は県議会議事堂です。)緊急事態宣言措置延長に向けて県議会の対応。

  • 栃木県、緊急事態宣言措置延長へ。

    昨日、栃木県を含む19都道府県が緊急事態宣言措置の延長をすべきと政府が決定し、手続きに入ることが報じられました。また、緊急事態宣言措置解除に関する「新指標」が示されました。「医療重視」の視点を追加するとのことで、「中等症患者の数」「自宅療養者・調整中の人の数」「救急搬送困難なケース」を指標とするとのことでした。栃木県においても「医療ひっ迫」が最大の延長理由ですが、こうした医療現場の実情を踏まえた解除判断は評価出来ます。一日も早く第5波を収束させなければなりませんが、同時に秋冬期に入るこれからに備えて、「自宅療養者ゼロ」を目標に、医療現場の逼迫を一日も早く解消することが緊要です。栃木県、緊急事態宣言措置延長へ。

  • 栃木県、緊急事態宣言延長を申請。

    栃木県は、昨日政府に対し、緊急事態宣言措置の延長申請を行いました。賢明な対応だと思います。昨日、県議会生活保健福祉委員会が開催され、現下のコロナ感染状況の説明を受け、質疑討論を行いました。栃木県の現状は、警戒度レベル判断指標の7指標のうち、5つの指標(病床使用率、入院率、人口10万人あたりの全療養者数、人口10万人当たりの新規感染者数、感染経路不明割合)でステージ4であり、重症病床使用率、検査陽性率はステージ3でした。数値から明らかなのは病床逼迫状態であり、依然予断を許さない状況です。昨日の委員会では、9月6日現在の自宅療養者数が749人であることもわかりました。首都圏では、自宅療養者の死亡が相次いでおり、栃木県も「自宅療養者ゼロ」に向けて更なる対策が必要です。手洗い、マスク、外出自粛等県民相互が意識しあい、安...栃木県、緊急事態宣言延長を申請。

  • 菅総理「ビジネス往来緩和に意欲」それって危険です。

    菅総理は経団連からの要望に応える形で「ビジネス往来緩和に意欲を示した」と報道されました。とても危険な判断です。日本はこれまでアルファ株、デルタ株の侵入を安々と許してきました。仮に、水際対策を強化し、デルタ株の日本侵入までの時間確保をしていれば、ワクチン接種率を高めて感染者・重症者を減らすことはできていたと思います。しかし、残念ながら、あっという間にデルタ株がまん延し、ワクチン接種も全ての国民にいきわたる前に感染爆発が発生しました。今の国内感染状況により、単にワクチン接種証明書の発行だけで、往来緩和に踏み込むことは危険です。コロナ識者が提言するように、検疫体制の強化や第5波までの対策を検証し、確実な往来環境を確保することが先決です。経済優先よりも感染で苦しんでいる「国民の命」を確実に守ることが最優先です。菅総理「ビジネス往来緩和に意欲」それって危険です。

  • 第377回「つながる」かぬまマンデーレポート

    本日9月6日(月)午前8時より、JR鹿沼駅前におきまして、第377回「つながる」かぬまマンデーレポートを開催しました。今週の県議会の動きの紹介として、明日開催の常任委員会や9日(木)開催のグリーン社会実現特別委員会のレポートを行ったほか、新型コロナウイルス感染症対策について、現場のコロナ患者を診てきた医師の意見を紹介し、自宅療養者ゼロ、新規感染者の抑制、更には重症患者ゼロに向けた検査、医療、療養のあり方についてレポートいたしました。報道によると、12日が期限となる緊急事態宣言に対し、各県の感染状況を踏まえ、明日以降政府において対処方針が示されますが、これからの秋冬の時季を考慮し、医療環境や体制整備を急ぐ必要があることを提言しました。昨年来2年近くに及ぶコロナ感染。これまでの対策の検証と今後に向けて今までの対策を...第377回「つながる」かぬまマンデーレポート

  • 今週は、常任委員会、特別委員会。

    今週の県議会日程は、常任委員会、特別委員会があります。常任委員会は9月7日(火)、生活保健福祉委員会。新型コロナ感染症対策について集中討議を行う予定です。特別委員会は9月9日(木)、グリーン社会実現特別委員会。2050カーボンニュートラルに向けて、栃木県のロードマップ素案の議論が予定されています。本日は、衆院選対策を兼ねた広報活動も実施しました。中心市街地のポスティングと訪問活動です。市民の皆様との対話もコロナ禍では難しさを増していますが、感染予防に注意し、コツコツと実施していきます。(写真は県議会議事堂です。)今週は、常任委員会、特別委員会。

  • 第377回「つながる」かぬまマンデーレポート

    来週9月6日(月)午前8時より、JR鹿沼駅前におきまして、第377回「つながる」かぬまマンデーレポートを開催いたします。第49回衆院選に向けた政策等をレポートいたします。なお、明日9月4日(土)、いよいよ立憲栃木2区の本格的な政治活動もスタートいたします。これまで、コロナ対策等皆様の貴重な声を国会に届ける活動をして参りました。菅総理の「総裁選不出馬」報道を受けて、今の政治に対する多くの不信感を抱く切実な市民の声を伺っています。「あなたの声になる」皆様の貴重な声、そして思いに寄り添う活動を更に強化していく決意です。頑張ります。第377回「つながる」かぬまマンデーレポート

  • 菅総理の「総裁選不出馬」報道の対応に追われました。

    本日は、菅総理の「総裁選不出馬」報道の対応に追われました。久しぶりに夜9時のとちテレの冒頭の報道でも、私のコメントが紹介されました。多くのマスコミの取材に応じましたので、明日、新聞各紙にも掲載されることと思います。とにかく総裁選に関するコメントはいずれにしても、「総裁選の選挙運動とコロナ対策の両立は難しい」から総裁選不出馬という理由には納得がいきません。国民は毎日とても苦しい想いをしている。そんなタイミング、しかも、緊急事態宣言下です。「自分が国民を救うんだ」といった気概で臨んでほしかったです。「総裁選不出馬」はすなわち「総理辞任」を意味します。事実上、コロナ対策からの責任放棄です。とても残念です。ガッカリです。(写真は故郷下沢の風景です。)菅総理の「総裁選不出馬」報道の対応に追われました。

  • コメの概算金下落。

    JA全農とちぎが2021年産米の概算金を前年より3~4割下げました。主食用米の需要は毎年10万トンずつ減少する中、コロナ禍が追い打ちをかけています。主食用米の価格は、6月末の在庫量が左右するとのことです。適正在庫量は全国で180万トンとされており、この数字を上回ると価格が下落します。過去に大幅な下落をした2014年の在庫量は220万トン。今年2021年の在庫量は219万トンと匹敵する量でした。コロナ禍による需要減について全農は10万トンと見積もっていますが、「2年分の需要減が1年間に起こってしまった」との評価です。このままでは、農家の皆様の生産意欲減退につながるなど、とても心配です。国は減反政策を廃止しました。もはや、過剰生産に対するペナルティを課す生産抑制も困難です。当面のコロナ禍の影響等も分析予測しながら、...コメの概算金下落。

  • 連合ユニオンの労働相談に感謝。

    本日、鹿沼市のある市民要望について、宇都宮市の連合栃木を訪問し、労働相談に応じていただきました。相談者並びに相談内容の詳細は触れませんが、複雑な悩みを懇切丁寧に相談員の皆様に聞いていただいたお陰で、相談者は今までの不安や悩みが解消され、本当に安心した表情になるなど、とても有難い対応をしていただきました。私も微力ながら相談者に寄り添い、労働相談とプライベートのビジネス相談等が交錯する中、今回の労働相談により、一定程度打開策が見いだされた気がいたします。連合栃木は、一般の方々の労働相談にも随時応じています。フリーダイヤル0120-154-052(行こうよ連合に)です。私自身、これからもこうした類の相談事案については、今回の相談を教訓により積極的に利用したいと思っています。(写真は、県議会議事堂です。)連合ユニオンの労働相談に感謝。

  • 8月も終わりです。

    8月も終わりです。明日以降、かなり涼しくなる天気予報です。既に雨が降っています。皆様、気温の変化にご注意ください。新型コロナの感染拡大が止まりません。そのような中、栃木県は、既に8回のコロナ補正予算を成立させ、対策の強化を図っています。如何にして自宅療養者を減らすことが出来るのか。これまでの補正予算案の執行状況に注目し、環境整備とマンパワーの確保を求めていきます。いよいよ9月。頑張ります。(写真は故郷下沢の風景。田植えから収穫までのカットを集めました。)8月も終わりです。

  • 第376回「つながる」かぬまマンデーレポート

    本日8月30日(月)午前8時より、大門宿交差点におきまして、第376回「つながる」かぬまマンデーレポートを開催しました。本年度の補正予算(コロナ関連)第7号(8月12日議決)、第8号(8月26日議決)の内容について説明すると共に、立憲民主党の「ゼロコロナ政策」に関連し、「自宅療養者ゼロ」に向けた取り組みの重要性をレポートしました。自宅療養者に対するケアは難しい実態があります。家族感染に至るケースも多発しています。幸いに県補正予算案では、宿泊療養に関する施設や設備、マンパワーに関する措置を講じました。こうした環境を充実させることは極めて重要です。入院患者を軽減したり、感染程度を軽くするための対策は必須です。引き続き努力を重ねて参ります。第49回衆院総選挙に向けて、アフターコロナを見据えての医療や福祉、経済対策を強...第376回「つながる」かぬまマンデーレポート

  • アジアアフリカ支援米、田植えから3か月。

    鹿沼市下沢の圃場で生育中の「アジアアフリカ支援米」の3か月経過時点の報告です。無事、稲穂が出てきました。生育状況も順調です。収穫まであと1か月です。「とちぎの星」今期も無事収穫を迎えられますようご祈念いたします。アジアアフリカ支援米、田植えから3か月。

  • 第376回「つながる」かぬまマンデーレポート

    来週8月30日(月)午前8時より、大門宿交差点におきまして、第376回「つながる」かぬまマンデーレポートを開催します。新型コロナ、第49回衆院選に向けての政策課題等レポートいたします。何卒、よろしくお願いいたします。第376回「つながる」かぬまマンデーレポート

  • 市街地の豪雨災害に備えて。

    平成25(2013)年、平成27(2015)年と甚大な被害をもたらした小藪川。100mm安心プランの導入でこの5年間、市街地部の1.1kmの河川改修と浸水抑止対策が行われています。地元自治会をはじめ住民の皆様のご協力に感謝いたします。そのような中、下流域の住民の皆様からも数多く河川管理、特に自然に生えた草木の除去等の要望をいただきました。河川区域内の流下可能な断面確保は、豪雨災害を防ぐために極めて効果的であり、こうした河川メンテナンスも重要な防災減災対策です。皆様の要望を踏まえ、こうした対策が恒常的に図られるよう、引き続き要望して参ります。(写真は東武新鹿沼駅西側周辺の小藪川。河川内の草木の除去が行われました。)市街地の豪雨災害に備えて。

  • 森びとプロジェクトの取組み

    去る、8月22日(日)足尾の地に足を運びました。森びとプロジェクトの皆様のお誘いで、旧松木村、松木渓谷の森林再生の現場を訪れました。森びとプロジェクトは、2005年から今日まで足尾の山々に緑を復活させる取組を進めてきました。当時はNPO法人としての活動を行い、理事長には岸井成格氏を迎え、「山と心に木を植える」の精神のもと、臼沢の森の植樹が行われました。臼沢の森には、10年間で面積約2ha、ボランティアの数は年間約1600人、植林本数は32000本、造った階段は約600段等、人力での森づくりが行われました。そして、2021年。16年目を迎えた臼沢の森は素晴らしい森へと進化を遂げていました。森びとの皆様から、現地案内をしていただき、その後現在まで植樹して出来上がってきた森の数々を調査しました。また、国や県が手掛けた...森びとプロジェクトの取組み

  • 鹿沼市の自治がパワーアップ

    鹿沼市は2022年度から「地域のチカラ協働事業」を実施します。今までの「地域の夢実現事業」を5年間実施したきた結果の検証を行い、向こう5年間の市民自治推進に向けた事業として実施していきます。鹿沼市は人的・財政的に支援します。市内17地区での自主防犯・防災等8つのテーマに該当する持続可能な取組に対し、対象経費について初年度は8割、2年度は7割、3年度は6割の支援を行います。また、地区コミュニティセンター職員の皆様等を「地区担当職員」として市内17地区に4人ずつ選任するとのことです。鹿沼市はまちづくり基本条例を保有し、地域の住民のマンパワーを活かし、市民自治や協働事業の実践を行ってきました。本事業により、更に「地域力」が高まることを期待したいと思います。(写真は故郷下沢の風景です)鹿沼市の自治がパワーアップ

  • 第375回「つながる」かぬまマンデーレポート

    昨日、8月23日(月)午前8時より、東武新鹿沼駅前におきまして、第375回「つながる」かぬまマンデーレポートを開催しました。新型コロナ対策では、県議会の補正予算の成立状況、近日中に本年度8回目の補正予算案の審議がある(26日)ことをレポートしました。横浜市長選があり、立憲民主党推薦候補が当選しました。IR(統合型リゾート)誘致反対、新型コロナウイルス感染症対策等で山中氏の主張が横浜市民有権者の皆様に理解あいただいたことを受けて、今後の第49回衆院選に向けて「横浜に続け」の決意で、準備を進めていきたいなど選挙に関するレポートも行いました。緊急事態宣言下最初の週末でした。人流抑制、県外からの移動自粛等各県で行っているとは思いますが、依然、多くの方々、特に外国人が来街しているようです。お互いに気をつけて感染防止対策に...第375回「つながる」かぬまマンデーレポート

カテゴリー一覧
商用