searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

慧さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

物事をつらつらと深く考えること、 自然、静かな空気、綺麗なもの、温かいものが好き。 此処に記すのは、静の自分と、誰にも話すことのできない心の中。 セクシャルマイノリティの内容を一部含みます。 それも、それ以外の部分も、 すべてあわせて一人の人間です。

ブログタイトル
+ last note...
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/vestige_waymark/
ブログ紹介文
この気持ちは恋愛なのか、親愛なのか。30代♀中身中性。不器用でも真っ直ぐがいい
ブログ村参加
2011/01/19
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、慧さんをフォローしませんか?

ハンドル名
慧さん
ブログタイトル
+ last note...
フォロー
+ last note...

慧さんの新着記事

1件〜30件

  • 行先

    新しい環境に慣れる間も無く、日々は過ぎていく別れがあったからこそ今の場所に移ることを決断し、今があるのだとしてもいずれ別れは来たのだとしても同じ時にとどまることはできない、全てのものは移りゆくとわかってはいても一緒に過ごした時間がたとえ短くても幸せな

  • 未踏の聖域

    イ●トの登山を見ていると、いつも感動する。彼女が登る山々は、ハイキング気分で登れるような山ではない。アルピニストでも、ましてや登山家でもない「一般人」の(域はとっくに超えているだろうけど)彼女が、そうした人でも困難と勇気を伴うような山に懸命に立ち向かっ

  • もう1年が終わる。去年の今頃も辛かったけれど、その後はもっと辛かった。けれど、どんなに苦しくても、皮肉で哀しいことに、時が経てば少しずつ慣れてくる。ちょうど今のように。人生とは何か。愛とは何か。人間とは何か。命とは何か。この問いを初めて抱いて

  • 愚かな存在

    ナウシカを観ていると、つくづく人間に生まれたくなかったと思ってしまう。自然の偉大さと人間の愚かさを思い知る。いい作品というレベルを超えて、無意識の深い領域で、私はこの物語の世界観にとても強く影響を受けていることに、観るたびに気付かされる。人の、自

  • 人生への疑問が一周回って、聖典や神話への興味がむくむくと出てきた。(先日の投稿みたいな)絶望的な気持ちになる時が度々、ふっと訪れる。週に1回、月に数回くらい。かと思えば、漂うように生きていけるかもと思ったり。日々揺れ動く。雪と別れることになって、

  • 人生の意味

    一つの心が壊れるのを止めることができたなら私の人生は無為ではない一つの生命の痛みを和らげることができたなら一つの苦痛をさますことができたなら気絶した一羽のコマドリを 巣に戻してあげることができたなら私の人生は無為ではない(エミリー・ディキンソ

  • 家族

    石田さんチが毎回沁みる。家族っていいなと毎回思わされる。大変なこといっぱいあるけど。だからこそ。生きてくってこういうことなんだろうなって。

  • 自分の問題

    ひとりが怖い。でも本当は、生きていくことそのものが怖い。自分が歳をとり、見た目も中身も変化していくこと。自分の核になる部分(そんなものが本当にあるのかはわからないが)が失われる「気がする」ことが。自分の頭と、心と、行動と、見た目形と、他人が思う自分

  • 均衡

    毎日があっという間に過ぎていくただ流れていく普通に過ごせているでも時々、本当に時々、どうしようもなく悲しくなる前にもあった、落とし穴に落ちるような感覚時間がたてばいつの間にか普通に戻っているその時間はまちまちだコロナのおかげで自分にはいかに

  • 肉体の死と存在の死

    幸せだった時間を思い出す時、胸がちぎれそうなほど苦しくなる。たとえその人が生きているとしても、幸せだった時は二度と戻らないとわかっているから。それなら、その人が死んでいたとしても同じなのではないか。たとえその人が生きているとしても、自分にとっては

  • ひとり

    人はひとりで生まれ、ひとりで死んでいく。だから結局、自分のことは自分でなんとかするしかない。一緒にいるようになってまだあまり経っていない頃、雪がそう言ったことがあった。それを聞いた時、なんてさびしい人なのだろうと思った。その心の芯の部分を、溶かしたい

  • 部分撤回

    と思っていたけれど、まだやり残してることが1つだけあった。「犬を飼う」実家では飼ってるけど、一人暮らしなのでまだ飼う自信がない(犬のために)。犬の寿命を考えると、犬を飼い始める時は、少し長く生きる気になった時だと思う。

  • 目的

    過去の自分の記事を読んで、ふと気づいた。私は、色々な人と出逢ってきて、いろいろな形の愛を経験してきた。自分が一生出逢うことのないだろうと思ってきた、雪のような人にも出逢えた。私はもう、自分がずっと求めてきたものを、すべて得てしまったのではないか?

  • 浮草

    去年のちょうど今頃、雪と二人で沖縄に行って、首里城を見ていた。あれから1年経って、首里城は燃え、コロナが流行り、雪は離れていった。会わなくなって、もう半年以上になる。連絡も、最後にしてからもうすぐ4か月。別れも、文字だった。誕生日も、久しぶりに一人

  • 時間

    時間は残酷だ。人の気持ちは変わっていくものだけど、こんなに「いつか」が早く来るとは思わなかった。残酷だ。++++++++にほんブログ村にほんブログ村*拍手*

  • 人生

    生きていくことは、ただそれだけで苦しい。ひとりであっても、そうでなくても。やっぱり辛いや。

  • 一歩ずつ

    久しぶりの更新になりました。雪とは変わらず、一緒にいます。ただ、ここに書いた雪が職場を離れる日は、目の前に迫っています。当たり前のように毎日顔を見ていた日常から、雪がいなくなり、仕事の負担はますます増えていく中で、自分がどうなるのか、不安は尽きません

  • 重ねる時間

    ずいぶん間が空いてしまいました。雪とは、あれから数えきれないほど愛の言葉を交わし、毎日(わずかな二人の時間に)手を繋ぎ、何度か体を重ね、時を重ねています。変わったことと言えば、雪が私のことを名前で呼ぶようになり、敬語がなくなったこと。まだ始まったば

  • 結ばれる

    言葉(文字)で気持ちを伝えられてからはじめて、面と向かい合って気持ちを確かめ合い、呼び方も「雪さん」から「雪」に変わった。(私の方が年上で仕事上先輩にあたるので、雪はそのまま。)雪は、泣きながら、文字で想いを伝えてくれた。恋愛なのかそうでないのか、女性

  • 魂が惹かれる人

    このどうしようもなく好きな気持ちは、恋愛感情に似ているけれど、違う。もっと存在そのものに惹かれる。恋愛感情だったら、きっと肉体的に求めてしまう。でも、そういうのだけじゃなくて、もっと純粋に色々なものを共有したい。ただただ好きで、抱きしめていたい。

  • 運命

    人生は旅だ、とよく言われる。誰の道にも上り坂や下り坂があるけれど、こわいのは別れ道。なおこわいのは、大きな別れ道しかめぐってこない運命の人間と関わること—。私の人生に大きな影響をおよぼしたある漫画に出てくる言葉だ。人生は出逢いと別れの連続だというけ

カテゴリー一覧
商用