プロフィールPROFILE

谷 建二郎さんのプロフィール

住所
小倉北区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
創価教学随想
ブログURL
http://taniken3.blog114.fc2.com/
ブログ紹介文
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学随想
更新頻度(1年)

8回 / 326日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2011/01/07

谷 建二郎さんのプロフィール
読者になる

谷 建二郎さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 50,135位 51,308位 50,334位 50,337位 51,370位 51,369位 50,387位 977,705サイト
INポイント 0 0 0 2 2 2 0 6/週
OUTポイント 0 0 0 2 4 0 4 10/週
PVポイント 16 104 104 146 128 122 70 690/週
哲学・思想ブログ 847位 874位 831位 833位 870位 872位 835位 13,100サイト
創価学会 20位 20位 20位 19位 18位 18位 19位 131サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 73,645位 75,977位 73,377位 70,870位 71,887位 74,094位 71,292位 977,705サイト
INポイント 0 0 0 2 2 2 0 6/週
OUTポイント 0 0 0 2 4 0 4 10/週
PVポイント 16 104 104 146 128 122 70 690/週
哲学・思想ブログ 1,042位 1,085位 1,033位 957位 983位 1,062位 992位 13,100サイト
創価学会 30位 33位 31位 31位 30位 32位 30位 131サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 10,611位 10,639位 10,398位 10,334位 10,447位 10,685位 10,886位 977,705サイト
INポイント 0 0 0 2 2 2 0 6/週
OUTポイント 0 0 0 2 4 0 4 10/週
PVポイント 16 104 104 146 128 122 70 690/週
哲学・思想ブログ 95位 97位 94位 91位 93位 96位 100位 13,100サイト
創価学会 7位 7位 7位 6位 6位 6位 6位 131サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、谷 建二郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
谷 建二郎さん
ブログタイトル
創価教学随想
更新頻度
8回 / 326日(平均0.2回/週)
読者になる
創価教学随想

谷 建二郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 「希望の源泉」(31)(三類の強敵)

    「希望 の 源泉」(池田思想を読み解く) の第 31 回は、〔創価学会と 「三類の強敵」 の闘いを考える〕 であります。 「勧持品」 の章の続きです。 今回は、「三類の強敵」 のことを中心に読み解きます。 〔現代における 「三類の強敵」 とは〕 「三類の強敵(ごうてき)」 とは、釈尊滅後、法華経の行者を迫害する三種類の敵人のことで、①「俗衆増上慢(ぞくしゅうぞうじょうまん)」、②「道門(どうもん)増上慢」、③「僭...

  • 格安スマホを買いました。

     2019年の統一地方選、公明党は大勝利することができまして、まことにおめでとうございます。 ただ、大阪・京都府で僅少の差で取りこぼし、悔やんでも悔やみ切れない思いをされたのではないかと思います。 反省するところは反省し、後は次の戦いの リベンジを期して、はつらつと元気いっぱい戦われますようお願い申し上げます。 当ブログの趣旨に反して、上記の題名の記事になったのは、実はFC2のブログは、1カ月以上 ...

  • 素直な心(松下幸之助)

     現在、『松下幸之助 「叱られ問答」』(著・木野親之),という本を、友人から借りて読んでいます。 松下幸之助氏は、言うまでもなく、松下電器産業(現・パナソニック)の創立者で、「経営の神様」 と称され、松下電産を世界有数の大企業に育てあげた大実業家である。 木野親之氏は、大学在学中に松下幸之助氏の知遇を得て、本社の社員となる。 後に、松下通信工業の東京営業所長をしていた時、東方電気(後の松下電送)の再建...

  • 「創価学会」(田原総一朗)を読んで

     田原総一朗氏が 『創価学会』 という本を出版しています。 興味のわくところであるが、わざわざ購入してまで読むほどのこともなかろうと思っていました。 そうしていましたところ、内部の友人が持っていましたので、借りて読んでみました。 田原氏は創価学会が過去、度重なる試練(言論・出版問題、第一次・第二次宗門問題等々)に直面し、創価学会は間違いなく衰退するであろうと予測した。 しかし、その都度、ピンチをチャ...

  • 「新・人間革命」第20巻〔友誼の道の章〕()

     〔友誼の道〕 新しい時代の扉は、待っていては開きはしない。自らの手で、自らの果敢な行動で、勇気をもって開け放つのだ! 山本伸一は、未来に向かって歩き始めた。 一九七四年(昭和四十九年)五月三十日――。 午前十時半、伸一を団長とする創価学会第一次訪中団は、中華人民共和国を訪問するため、イギリス領・香港(当時)の九龍(カオルン)を列車で出発した。...

  • 「希望の源泉」(30)(不惜身命・殉教)

     「希望 の 源泉」(池田思想を読み解く) の第 30 回は、〔現代における 「不惜身命」 を考える〕 であります。 今回から 「勧持品第十三」 の章入ります。 迫害の構図と、殉教の精神について語られた品です。 佐藤氏は、“『新・人間革命』 は、さる九月八日に 「聖教新聞」 で最終回を迎えました。…… 『法華経の智慧』 とともに、『新・人間革命』 もまた、池田思想を読み解くための必読文献だと思います。…… 『人間革命』...

  • 「創立90周年へ 創価勝利の年」

     2019年(平成31年)「創立90周年へ 創価勝利の年」 明けましておめでとうございます。 本年も “創価教学随想” を、何とぞよろしくお願い申し上げます。 聖教新聞 元旦号一面トップは、“「創立90周年へ 創価勝利の年」 開幕” と大書されていました。  創立90周年といえば、2020年11月18日であります。 2020年は、くしくも東京オリンピックが開催されます。 世界中が、創価の90周年を祝賀してくだ...

  • 「新・人間革命」第19巻〔虹の舞の章〕(沖縄指導)

     〔虹の舞〕 人間 …… なんと尊きものよ! なんと強きものよ! なんと美しきものよ! 我欲と保身と嫉妬(しっと)に狂う人の世の現実は、あまりにも令酷(れいこく)である。人の心は弱く、移(うつ)ろいやすい。 しかし、仏法の眼(まなこ)を開けば、見えるはずだ。 すべての人の胸中に宿る、尊極無上なる生命の宝玉(ほうぎょく)が! そこから発する、慈悲と勇気と創造の光彩(こうさい)が! ゆえに私は、人間を信...

カテゴリー一覧
商用