chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 2番手からでもタイトルホルダーが抜け出しレコード勝ちで最強の座へ

    阪神競馬場11Rはサマーグランプリ、芝2200mのG1、第63回宝塚記念。オーソリティが本馬場入場時に馬体検査を受け、結局競走除外。タイトルホルダーが好スタートを切りましたが、押っ付けながらパンサラッサが逃げを打ち、タイトルホルダーが2番手に控えます。アフリカンゴ

  • ウインマイティーの復活勝利&直線の混戦抜けたペイシャエス

    東京9R町田特別(芝2400m)でレインフロムヘヴンが勝利し、鞍上のダミアン・レーンはJRA通算100勝を達成しました。オーストラリアの名手は来週までの短期免許期間中に、更に勝利を挙げられるでしょうか。阪神競馬場11Rは牝馬限定の芝2000mのハンデG3、第27回マーメイドス

  • 池添謙一の手綱が冴えたソングラインがマイル女王

    今週から2020年生まれ世代による2歳新馬戦が開始されました。東京競馬場11Rは、安田伊左衛門生誕150年記念として施行された、芝1600mのG1、第72回安田記念。レシステンシアが好スタートを切るも、ホウオウアマゾンが逃げ、ダイアトニックが2番手、サリオスとファインル

  • ドウデュースの末脚嵌り、武豊は53歳で日本ダービーV6

    東京8R青嵐賞(芝2400m)は、前半1000m通過64秒超のスローペースで推移し、最後の直線で先頭に立ったセントオブゴールドが抜け出し勝利。ショウナンパンドラの弟が2年1か月ぶりの勝利を挙げました。管理する木村哲也調教師は、日本ダービーでジオグリフとイクイノックスの2

  • アクシデント続出のオークスはスターズオンアースが2冠達成

    東京競馬場11Rは牝馬クラシック2冠目、芝2400mのG1、第83回優駿牝馬(オークス)。いざ発走という時にサウンドビバーチェが放馬し、馬場を逆走。振り切られた石橋脩はただ見守るだけの状況に。馬体検査の結果、馬体故障を発症して競走除外。既に発走予定時刻から10分以上

  • 白毛ソダシが得意のマイルで突き抜け1年1か月ぶりのG1制覇

    中京8R(ダート1900m)でキゾクが勝利し、競馬学校騎手課程38期生の新人騎手の大久保友雅がJRA初勝利。嬉しいJRA初勝利!新人・大久保友雅騎手が中京8Rで決めました。混戦の直線を騎乗するキゾクで内から差し切り、デビューから49戦目で騎手としての第一歩を。新人騎

  • ダノンスコーピオンが3歳マイル王に、3連単は153万馬券

    中京9R三方ヶ原ステークス(芝2200m)で単勝8番人気のプリマヴィスタが勝利。勝ちタイムの2:09.0は、昨日の京都新聞杯の2:09.5を更にコンマ5秒更新する、芝2200mのJRAレコードとなりました。新潟競馬場11Rは芝2000mのハンデG3、第44回新潟大賞典。アルサトワが逃げ、アイ

  • タイトルホルダーの7馬身差逃げ切りで、横山和生のG1初制覇は春天3代制覇

    東京競馬場11Rはオークストライアルのリステッド、スイートピーステークス。グランスラムアスクが逃げる展開で、最後の直線で内を突いたウインエクレールが抜け出し、ウインブライトの妹がクイーンカップ6着以来のレースを勝利し、5月22日のG1オークスの優先出走権を獲得

  • 球審白井一行の佐々木朗希への態度によって日本中で怒りのマグマを上げた

    昨日から今朝にかけて、インターネット上でも大きな物議を醸したが、昨日4月24日に京セラドーム大阪で行われたプロ野球のオリックス・バファローズvs千葉ロッテマリーンズ6回戦にて、4月10日のオリックス戦で20歳5か月のプロ野球史上最年少で完全試合を達成した、ロッテ

  • 大外一気にソウルラッシュが4連勝&また国枝厩舎から牝馬の新星

    阪神競馬場11Rは芝1600mのG2、第53回読売マイラーズカップ。ベステンダンクが逃げ、ホウオウアマゾンが2番手の外、ファルコニアが好位、カラテが中団に付け、エアロロノアが後方馬群、ソウルラッシュは後方3番手からの追走。最後の直線でホウオウアマゾンが先頭に立とう

  • ドレフォン産駒初のG1制覇をジオグリフが果たし、木村哲也厩舎のワンツー

    阪神競馬場11Rはダート1800mのG3、第27回アンタレスステークス。オメガパフュームがスタートで出遅れ、グロリアムンディが先頭に立って最後の直線に入りましたが、外から単勝2番人気のオメガパフュームが一気に末脚を伸ばし、最後は1/2馬身差を付けて、前走の東京大賞典

  • ドゥラメンテ産駒のスターズオンアースが川田を配して桜花賞馬に

    #佐々木大輔 騎手 ㊗初勝利🎊💐中山8R 4歳以上1勝クラス #スイートカルデア#競馬 #騎手 #ルーキー pic.twitter.com/ie2z1Qp4Xl— 競馬ブックネットSHOP (@keibabookshop) April 10, 2022 阪神競馬場11Rは牝馬クラシック1冠目、芝1600mのG1、第82回桜花賞。カフジテトラゴン

  • エフフォーリアが沈む間にポタジェが大阪杯で大物喰い

    阪神競馬場11Rは芝2000mのG1、第66回大阪杯。ジャックドールが逃げ、アフリカンゴールドが2番手に付け、レイパパレ、ポタジェは好位に付け、エフフォーリアは中団からの追走、直後にアリーヴォが付けます。前半1000m通過は58秒8。3、4コーナーで早くもエフフォーリアが

  • 大接戦を抜け出しナランフレグが春の短距離王となり、丸田恭介は涙のG1初制覇

    現地時間3月26日にメイダン競馬場で行われたドバイワールドカップ諸競走については、下記のnoteの記事から。中山競馬場11Rはダート1800mのG3、第29回マーチステークス。激化した先行争いからアイオライトがハナに立ち、ワイドファラオが2番手、アナザートゥルースが3番

  • ジャックドールの驚異の逃げ切り&池添の奇遇からサブライムアンセムが勝利

    阪神8R(ダート1800m)でブラビオが勝利し、鞍上のルーキーの今村聖奈はJRA初勝利を挙げました。今年デビューの競馬学校騎手課程38期生からは、角田大河に続いて2人目の勝ち上がりです。#今村聖奈 騎手 JRA初勝利!阪神8R 4歳以上1勝クラス #ブラビオ#競馬 #新人騎手 pic.t

  • 3.11から丸11年、どんな状況でも原発を稼働させてはならない

    2011年3月11日に発生した東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所の発生から、本日で丸11年を迎えた。11年前の子供たちも、今や社会で活躍している時代である。福島第一原発事故の忌まわしい記憶を、そろそろ日本の誰もが忘却したがっている頃だろうが、国内外の

  • ディープ産駒のアスクビクターモアが弥生賞で2番手押し切り勝ち

    中山競馬場11Rは皐月賞トライアル、芝2000mのG2、第59回報知杯弥生賞ディープインパクト記念。リューベックが逃げ、アスクビクターモアが2番手、ボーンディスウェイが3番手、ドウデュースが中団に付け、前半1000m通過は61秒1。3コーナーで最後方からロジハービンが一気

  • ダイアトニックがイン突きで重賞V3&パンサラッサの爆逃げがまた炸裂

    阪神競馬場11Rは芝1400mのG3、第66回阪急杯。ダイアトニックがハナを奪うも、途中からモントライゼが逃げ、サンライズオネストが好位、グレイイングリーンとトゥラヴェスーラは後方から追走。最後の直線でダイアトニックが最内を突いて先頭に立つと、内を通って持ち出さ

  • 先行決着のフェブラリーステークスでカフェファラオが連覇

    東京9Rは3歳馬のダート1600mのリステッドレース、ヒヤシンスステークス。最後の直線で最内を突いたコンバスチョンが先頭に立ち、ヘラルドバローズの追走をクビ差凌ぎ切って3勝目。兵庫ジュニアグランプリ、全日本2歳優駿で共に2着でしたが、斤量57kgを背負った今回の勝利

  • ブービー人気アフリカンゴールドの逃げ切り&ダノンベルーガが2連勝でクラシックへ

    今週から5月1日まで12週間の長期開催となる阪神競馬場の本日の11Rは、芝2200mのG2、第115回京都記念。アフリカンゴールドが逃げ、マリアエレーナが2番手、ユーバーレーベンが3番手に付け、中団の前にタガノディアマンテ、サンレイポケットが後方から3番手、レッドジェネ

  • ハーツクライ産駒が中京・東京重賞ジャック

    降雪の影響で9Rまで発走時刻が遅れた、本日が最終日の中京競馬場。11Rは3歳の芝2000mのG3、第62回きさらぎ賞。メイショウゲキリンが逃げ、セルケトが2番手に付け、エアアネモイとストロングウィルが3、4番手に付け、直後にダンテスヴュー。中団後ろにマテンロウレオが追

  • 池添でメイケイエール重賞V4&交流重賞の鬼と共に岩田康誠JRA通算1700勝

    東京9Rは3歳1勝クラスのセントポーリア賞(芝1800m)。最後の直線で先頭に立ったドゥラドーレスが突き抜け、圧勝でデビュー2連勝。父ドゥラメンテとのセントポーリア賞父仔制覇となりました。勝ちタイムも1:45.7と、3歳1月の時点でかなり優秀です。管理する宮田敬介調教師

  • スワーヴアラミスの直線一気&キングオブコージの後方一気で横山典弘AJCCをV7

    午後から降雨のあった中京競馬場11Rはダート1800mのG2、第39回東海テレビ杯東海ステークス。アイオライトが逃げを打つも、イッツクールが2番手に迫り、サンライズホープが3番手、オーヴェルニュが好位に付け、グレートタイム、スワーヴアラミス、ブルベアイリーデが中団を

  • 金子真人氏所有馬が土日中京重賞ジャック&オニャンコポンが京成杯父仔制覇

    今週から7週にわたり、冬の小倉開催が開幕。今年も中京競馬場11Rで行われた芝2200mのハンデG2、第69回日経新春杯。トップウイナーが逃げ、ショウナンバルディが2番手に付け、フライライクバード、ステラヴェローチェが好位に続き、ヤシャマルやヨーホーレイクが中団を追

  • がら空き直線をレッドガランが突き抜ける&馬群を捌いたザダルで松山弘平金杯3連覇

    2022年の中央競馬が本日1月5日に開幕しました。今年も中山と中京での金杯デイです。中山競馬場11Rは芝2000mのハンデG3、第71回日刊スポーツ賞中山金杯。シャムロックヒルが逃げ、ロザムールが2番手、トーセンスーリヤが3番手で続き、レッドガランは5番手、ヒートオンビ

  • 歴代最多得票エフフォーリアが有馬記念で世代交代を告げる勝利

    中山競馬場11Rで行われた芝2500mのG1、第66回有馬記念。モズベッロがスタートで遅れた一方、大外16番枠からタイトルホルダーが好スタート。パンサラッサが予告通りにスンナリと逃げを打ち、タイトルホルダーは2番手に付け、ウインキートスは3番手、ディープボンドは好位、

  • オジュウチョウサンの復活の飛越&クリスチャン3年ぶりの日本の重賞制覇

    【横山武騎手、油断騎乗で騎乗停止に】中山5Rでエフフォーリア半弟のヴァンガーズハートに騎乗。直線で楽々と抜け出し、押し切りシーンをつくるも決勝戦手前で動作を緩め、ルージュエヴァイユに内から差されて鼻差②着。注意義務を怠ったもので1月15、16日の2日間で

  • ドウデゥースが無敗3連勝で、武豊は22度目の正直での朝日杯初制覇

    阪神1R2歳未勝利(ダート1800m)ヴァレーデラルナが勝利し、騎乗した岩田望来は2019年3月のデビューから3年目でJRA通算200勝を達成しました。中山6R2歳新馬(ダート1200m)をスコラーリで勝利した横山武史は、今年5人目で自身初のJRA年間100勝を達成しました。昨年に続いて

  • 国枝厩舎から新たな名牝候補が出現し、ミルコが兄の意地を見せる

    中山競馬場11Rはダート1200mのG3、第14回カペラステークス。モズスーパーフレアが好スタートから逃げ、ダンシングプリンスが2番手に付け、リュウノユキナが好位から追走。前半600m通過32秒8のハイペースで推移し、最後の直線でモズスーパーフレアを交わした単勝3番人気

  • チャンピオンズカップでテーオーケインズが真のダート帝王に

    中京競馬場11Rはダート1800mのG1、第22回チャンピオンズカップ。ダノンファラオがゲート内で暴れましたが、無事に全馬スタート。ソダシが逃げ、インティが2番手に付け、サンライズホープが3番手、カジノフォンテン、アナザートゥルース、テーオーケインズと続き、チュウ

  • ジャパンカップでコントレイルが福永祐一の気迫と涙に導かれ有終の勝利

    東京競馬場最終12Rは芝2400mのG1、第41回ジャパンカップ。日本ダービー優勝馬が4頭、外国調教馬が3頭出走してきました。横山武史のアリストテレスと横山典弘のシャドウディーヴァが先手を巡って親子で鍔迫り合いをするも、アリストテレスが逃げ、ワグネリアンが2番手、

  • グランアレグリアがマイルチャンピオンシップ連覇の有終V

    今年も阪神競馬場11Rで行われた芝1600mのG1、第38回マイルチャンピオンシップ。ホウオウアマゾンが逃げ、サリオスが2番手、グレナディアガーズが引っ掛かりながら好位、インディチャンプ、シュネルマイスターと続き、中団後ろにダノンザキッドやグランアレグリアが追走。

  • アカイイトが大波乱を結び付け、キズナ産駒のG1初制覇

    福島10R・福島2歳Sはウインマーベルが押し切り勝ち。ケガによる長期休養を挟んだ松岡正海騎手は、昨年11月7日にウインキートスで土湯温泉特別を勝って以来、実に1年ぶりの勝利です!#競馬 #keiba #ウインマーベル #松岡正海 https://t.co/INfwC4PZIj— 競馬ラボ (@keibalab)

  • 半年ぶりオーソリティが連覇達成&メイショウの人気薄ハリオが競り勝つ

    東京競馬場11Rは芝2500mのハンデG2、第59回アルゼンチン共和国杯。ボスジラが逃げ、アンティシペイトが2番手に続き、オーソリティは4番手。フライライクバードは中団の前、ディアマンミノルは後方2番手からの追走。前半1000m通過は63秒台の超スローペース。4コーナーでア

  • 2021衆議院選挙 日本の臣民どもはファシズムを歓迎したのだ

    2017年10月以来となる衆議院議員選挙が本日10月31日に投開票された。新型コロナウイルス対策において、安倍晋三、菅義偉政権から失策が続き、それを岸田文雄政権にも引き継がれていることで、数多もの命が無駄に殺されている。実は、今回の衆議院選挙でわたしは、小選

  • 3強対決をエフフォーリアが制し19年ぶり3歳馬の天皇賞(秋)優勝

    阪神9R古都ステークス(芝3000m)は、道中3番手追走からメロディーレーンが、最後の直線で末脚を伸ばし、逃げ粘ったタイセイモナークを差し切り、宝塚記念11着以来4か月ぶりのレースで4勝目を挙げ、オープンに昇級しました。弟のタイトルホルダーが先週の菊花賞を逃げ切っ

  • セイウンスカイを彷彿とさせるタイトルホルダーの逃げ切りで横山武史は菊花賞親子制覇

    阪神9R北摂特別(芝1200m)でスーパーウーパーが勝利し、鞍上の武豊はJRA通算4300勝を達成しました。阪神9R北摂特別で #武豊 騎手がJRA通算4300勝を達成✨おめでとうございます🎉#東スポ競馬 #競馬 pic.twitter.com/Sjwt9H8LQ8— 東スポ競馬 (@tospo_keiba) October 24, 2021

  • 秋華賞は白のソダシが沈み赤い鳥の娘が最後の1冠奪取

    本日新潟競馬で乗り替わった藤田菜七子騎手は、2Rの騎乗時に負傷。診断の結果、左鎖骨骨折と発表されました。藤田騎手は以前も左鎖骨骨折を経験しています。#競馬 #keiba #藤田菜七子 https://t.co/13uxRMt5ks— 競馬ラボ (@keibalab) October 17, 2021 【#斎藤新 騎手 JRA

  • マカヒキ5年ぶりの復活勝利&シュネルマイスターが差し切る

    今年は阪神競馬場11Rで行われた芝2400mのG2、第56回京都大賞典。ベレヌスが逃げ、ダンビュライトが2番手、キセキが3番手で続き、アリストテレス、ヒートオンビートがその後ろ、マカヒキ、アイアンバローズは中団から追走。前半1000m通過は61秒6。キセキやアリストテレス

  • movie review『ミス・マルクス』

    わたしは9月25日に京都シネマにて、映画『ミス・マルクス(Miss Marx)』(スザンナ・ニッキャレッリ監督)を観賞した。『資本論』を記したカール・マルクスの末娘のエリノアが、労働者の権利向上、児童労働の禁止、普通選挙の実現を訴えながらも、43歳で自死してしまうま

  • 3歳ピクシーナイトが突き抜け秋の短距離王に君臨

    中山競馬場11Rは芝1200mのG1、第55回スプリンターズステークス。今年は出走全16頭が栗東所属馬という異例の事態となりました。今年もゲート入りでビアンフェが嫌がり、鞍上の藤岡佑介を振り落とし、藤岡佑介を乗せないままゲート入り。モズスーパーフレアが逃げ、ビアン

  • movie review『MINAMATA -ミナマタ-』

    わたしは9月24日にTOHOシネマズくずはモールにて、映画『MINAMATA -ミナマタ-』(アンドリュー・レヴィタス監督)を観賞した。1971年のニューヨーク、写真家のユージン・スミスは、アイリーンから水俣病についての話を聞き、水俣の人々を撮影して欲しいと依頼され、水俣

  • 道悪味方にステラヴェローチェが勝つ&オールカマーはWinWinの関係

    本日の中京4Rでドライスタウトに騎乗して勝利し、福永祐一は史上5人目の通算2500勝を達成しました。芝、ダート共に不良となった中京競馬場11Rは菊花賞トライアル、芝2200mのG2、第69回神戸新聞杯。テイエムタツマキが逃げ、モンテディオが2番手で続き、シャフリヤール

  • エアグルーヴの孫を背に、福永祐一が秋華賞トライアルを連勝

    昨日、本日、明日は3日連続の中央競馬開催。中京6R(ダート1900m)で、ギブミーラブに騎乗した松山弘平は、19歳の誕生日だった2009年3月1日のデビューから12年6か月19日、31歳6か月19日の史上最速・最年少でのJRA通算10000回騎乗を達成しました。本日の中京競馬場11Rは、

  • レシステンシアが格の違いを見せる&戸崎テン乗りでカテドラル重賞初制覇

    本日でサマーシリーズが完全決着。今年も9月の中京開催となりました。中京競馬場11Rは、サマースプリントシリーズ最終第6戦、芝1200mのG2、第35回産経賞セントウルステークス。シャンデリアムーンが逃げ、レシステンシアが2番手に付け、クリノガウディーが好位、ピクシ

  • 乗り替わり浜中が勝ちミッキーアイル産駒ワンツースリー&超大外からマイネルファンロンが届いた

    夏競馬も本日が最終日。小倉9R・筑後川特別は外外を回ったジェラルディーナが大外から突き抜けて楽勝!ジェンティルドンナの娘が秋華賞戦線に乗ってきました!#競馬 #keiba #ジェラルディーナ https://t.co/qzjxl0VGLk— 競馬ラボ (@keibalab) September 5, 2021 小倉競

  • movie review『パンケーキを毒見する』

    わたしは8月11日にMOVIX京都にて、ドキュメンタリー映画『パンケーキを毒見する』(内山雄人監督)を観賞した。内閣総理大臣の菅義偉の素顔を暴くことで、日本の政治の闇を炙り出そうとするドキュメンタリー映画だが、劇場公開前にこの作品の公式ツイッターアカウントが

  • 熊本の星ヨカヨカが遂に重賞初制覇&白毛ソダシが札幌記念で反撃の狼煙

    【#三浦皇成 騎手 JRA通算10000回騎乗】新潟9R①ステラダイヤで達成「デビュー当時から様々な関係者のサポートがあって、この年齢でここまで騎乗回数を積み上げることができました。感謝しています。怪我もあってうまくいかない時期もありましたが、1鞍1鞍を大切に、これか

  • 小倉記念で大外から流れ星&辻野泰之師が関屋記念で重賞初制覇

    今週から小倉と札幌開催の第2部がスタート。小倉競馬場11Rはサマー2000シリーズ第3戦、芝2000mのハンデG3、第57回小倉記念。今朝になって昨年の優勝馬アールスターが感冒で出走を取り消し、9頭立てになりました。グランスピードが逃げ、ショウナンバルディが2番手、ファ

  • movie review『アウシュヴィッツ・レポート』

    わたしは7月31日に京都シネマにて、映画『アウシュヴィッツ・レポート(The Auschwitz Report)』(ペテル・ベブヤク監督)を観賞した。当ブログで映画レビューを執筆するのは今年4月以来となる。1942年にアウシュヴィッツに強制収容されたスロバキア系ユダヤ人二人が、

  • マリーンステークスもエルムステークスも同じワンツー&55歳柴田善臣JRA最年長重賞制覇

    新潟、函館の2場開催最終日の本日はダート重賞2本立て。2013年以来8年ぶりの函館開催となった、メイン11Rのダート1700mのG3、第26回エルムステークス。トップウィナーが逃げ、ヴェンジェンスが2番手、アメリカンシードが3番手に付け、ソリストサンダーが中団から追走。

  • 8年ぶりの函館クイーンステークスでテルツェットが一気の差し切り

    【#三浦皇成 騎手 JRA通算900勝】「どの勝利も嬉しいですが、区切りの勝利はそれ以上に嬉しいです。函館は重賞を初めて勝った競馬場でもあるので、何かのご縁があるのかなと思います。次の1000勝に向けて、1鞍1鞍中身のあるレースをして勝利を積み上げていきたいです。これか

  • 3歳牝馬オールアットワンスが初の直千を制す

    今週から8月8日までは新潟と函館の2場開催。本日の新潟競馬場11Rは、サマースプリントシリーズ第3戦、芝直線1000mのG3、第21回アイビスサマーダッシュ。大外17番枠のロジクライが一昨日の時点で出走を取り消し、16頭立てに。ハナ争いをライオンボスが制して逃げを打ち、

  • 小倉初のダート重賞は雷鳴と大波乱の決着&トーラスジェミニが2番手抜け出し重賞初制覇

    例年の中京から今年は小倉競馬場での開催となった、ダート1700mのG3、第26回プロキオンステークス。メイショウウズマサが逃げ、トップウィナーが2番手に付け、サンライズホープは好位で続き、ワイドファラオは中団、ウェスタールンドは後方から追走。レース中に雷が轟く

  • 驚速の1:06.0のJRAレコード&ダービー行きを逃した鬱憤晴らしの圧勝

    【小倉6R・2歳新馬(芝1200)】4コーナーでセイウンケルンが外側に斜行した件について、和田竜二騎手は7/17(土)~25(日)の9日間(開催日4日間)騎乗停止となりました。https://t.co/V2o2vBco1D— netkeiba (@netkeiba) July 4, 2021 昨日から福島、小倉、函館が開幕。福島は、

  • ルメールに替わってもクロノジェネシスがグランプリ3連覇

    10週に亘る東京開催と、2週だけの6月の阪神開催は最終日。ん????これが原因なの???? pic.twitter.com/WNSxHQO8CH— 国士無双 (@musou777kokushi) June 27, 2021 えらいことになった。 pic.twitter.com/bk3PMMkCph— ajcc (@ajcc_2200) June 27, 2021 松山弘平騎

  • 藤懸貴志が念願の重賞初制覇&アクシデントがある中でスマッシャーが差し切り

    今週、来週の2週間の開催となる6月の阪神開催。阪神競馬場のメイン11Rは芝2000mの牝馬のハンデG3、第26回マーメイドステークス。シャムロックヒルが逃げ、サンクテュエールが2番手に付け、ソルトフルートが好位、イズジョーノキセキやシャドウディーヴァは中団、クラヴェ

  • 去勢で蘇生のビアンフェの復活の逃げ切り&8か月ぶりのザダルが重賞初制覇

    今年の北海道開催は札幌3週→函館6週→札幌4週の順です。函館競馬場のスタンド改修工事だった2009年以来12年ぶりに札幌競馬場で行われた、サマースプリントシリーズ第1戦の芝1200mのG3、第28回函館スプリントステークス。カレンモエが好スタートを切るも、ビアンフェが逃

  • 川田将雅の選択の正解を証明するダノンキングリーのG1初制覇

    東京競馬場11Rは芝1600mのG1、第71回安田記念。逃げ争いはダイワキャグニーがハナを奪い、トーラスジェミニは2番手に控え、ラウダシオン、ダノンプレミアムが好位に付け、インディチャンプの外にシュネルマイスター、その後ろにダノンキングリーにサリオス、ケイデンスコ

  • 横山武史の夢をハナ差で砕き、シャフリヤールで福永祐一がダービー連覇のV3

    東京競馬場11Rは牡馬クラシック2冠目の芝2400mのG1、第88回東京優駿(日本ダービー)。2018年生まれ世代7398頭の頂点を決めるレースの1時間余り前から急激な雨が、東京競馬場に降ってきましたが、一瞬の通り雨でした。各馬が揃ったスタートを切る中、早々にレッドジェネシス

  • ソダシが沈むオークスはユーバーレーベンが戴冠

    東京競馬場11Rは牝馬クラシック2冠目、芝2400mのG1、第82回優駿牝馬(オークス)。各馬揃ったスタートから、注目の逃げ争いでステラリアがハナを奪おうとするも、武豊騎乗のクールキャットが結局逃げを打ち、ステラリアが2番手、ククナが3番手。ソダシは道中で引っ掛かる素

  • グランアレグリアが4馬身差の圧勝で古馬マイルG1完全制覇

    東海地区が梅雨入りした中京競馬場は、2R(ダート1900m)でタイスケフェイスが勝利し、鞍上の幸英明はJRA通算1500勝を達成。東京9Rテレ玉杯(芝1800m)で、単勝1番人気のゴルトベルクが差し切って勝利し、鞍上のクリストフ・ルメールはJRA通算1400勝を達成。本日の東京競馬

  • NHKマイルカップは20年ぶりの外国産馬優勝でマル外ダービーの原点回帰

    サトノジェネシスは中117週での勝利。これは1986年以降、JRA2勝クラス以上では、2008年富獄賞(1000万下)を勝ったフラムドパシオンの中113週を上回る最長前走間隔での勝利となりました。1勝クラス以下も含めた最長間隔は、タマビッグホープの500万下勝利時で中144週。 https:/

  • 菊花賞馬ワールドプレミアが復活勝利、福永祐一は春天親子制覇

    阪神2R(ダート1200m)で、向正面でサンマルレジェンドが内側に斜行したため、ジャグリングが触れて転倒し競走中止。サンマルレジェンドが内側に逃避したことが主因と認められ、サンマルレジェンドに平地調教再審査が課せられ、同馬に騎乗していた幸英明は5月15日が騎乗停

  • movie review『狼をさがして』

    わたしは4月24日に京都みなみ会館にて、ドキュメンタリー映画『狼をさがして』(キム・ミレ監督)を観賞した。日本の日雇い労働者を追ってきた韓国出身のキム監督が、一人の労働者の証言から「東アジア反日武装戦線」の存在を知り、そこに参加していた者の姿を追ったドキ

  • movie review『ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに』

    わたしは4月23日に京都シネマにて、ドキュメンタリー映画『ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに(原題:The Vow from Hiroshima)』(スーザン・ストリックラー監督)を観賞した。2021年1月22日に核兵器禁止条約が発効された。その実現に至るまでには、広島原爆の被爆

  • movie review『夜明け前のうた 消された沖縄の障害者』

    わたしは4月10日に京都シネマにて、ドキュメンタリー映画『夜明け前のうた 消された沖縄の障害者』(原義和監督)を観賞した。かつての日本で国策だった障害者の私宅監置は、本土では1950年で禁止されるも、アメリカの統治下にあった沖縄では、本土復帰の1972年まで継続さ

  • 代打古川吉洋が一発解答&メジロ母系クールキャットが樫行きを決める

    東京都、京都府、大阪府、兵庫県に3度目の緊急事態宣言が発令され、東京と阪神が無観客競馬となってしまいました。京都競馬場の改装工事のため、10年ぶりの阪神競馬場開催となった、阪神11Rの芝1600mのG2、第回読売マイラーズカップ。ケイデンスコールは岩田康誠が騎乗

  • エフフォーリアを無敗の皐月賞馬に誘った22歳横山武史はG1初制覇

    阪神競馬場11Rはダート1800mのG3、第26回アンタレスステークス。メイショウカズサの逃げに内からケイアイパープルが応戦して前が速くなり、レピアーウィットが3番手、テーオーケインズとアナザートゥルースが中団の前、ヒストリーメイカーは中団からマークする形で追走。

  • 乗ってる川田が矢作師700勝をアシスト&障害競走世代交代を告げるメイショウダッサイのJG1連覇

    中山4Rで落馬し、メインの中山グランドジャンプを乗り替わった平沢健治騎手は、頭部外傷、肋骨骨折の疑い、左膝骨折の疑いで船橋市内の病院に搬送されたと、JRAから発表されました。#競馬 #keiba https://t.co/dnagF3qZk5 https://t.co/TV13GdFo3k— 競馬ラボ (@keibalab) Ap

  • 白くて強いソダシがレースレコード大幅更新で無敗の桜花賞馬に

    中山9R千葉日報杯(芝1200m)で、アカノニジュウイチがゴール寸前で差し切って勝利し、本日4勝を挙げた大野拓弥はJRA通算600勝を達成しました。中山9R、千葉日報杯は1番人気アカノニジュウイチが勝利! ゴール前強襲の差し切り! 鞍上の大野拓弥騎手は本日4勝目でJRA通算600

  • movie review『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』

    わたしは3月26日に京都みなみ会館にて、ドキュメンタリー映画『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』(佐古忠彦監督)を観賞した。新型コロナウイルス感染症のパンデミックもあるが、なかなか観たい映画が見つからずに、昨年10月以来5か月ぶりの映画観賞となった。瀬長

  • 雨の大阪杯でレイパパレがG1馬たちを封じて逃げ切る大金星

    午後からの降雨で芝、ダート共に重馬場となった阪神競馬場。11Rは芝2000mのG1、第65回大阪杯。大野拓弥が昨日の落馬負傷のため、ペルシアンナイトは幸英明に乗り替わり。予想だにしなかったレイパパレの逃げで始まり、ハッピーグリンが2番手に控え、サリオスは3番手、ワ

  • ダノンスマッシュが高松宮記念でもロードカナロアとの父仔制覇

    中京6R(ダート1200m)でゴーゴーレイワが勝利し、今月厩舎を開業した畑端省吾調教師はJRA初勝利を挙げました。畑端師は1982年3月30日生まれ、北海道出身で明後日で39歳の誕生日を迎えます。昨年12月に調教師免許試験に合格して騎手を引退し、今年1月1日付で調教師に転向し

  • ウインマリリンが重賞2勝目&3歳3月で芝1800mのタイレコード

    中京5R(芝2200m)でカフジアスールが勝利し、鞍上の新人騎手の角田大和はJRA初勝利を挙げました。角田大和(つのだやまと)は2001年9月3日生まれ、滋賀県出身の19歳。角田晃一調教師の長男で、2014年にはジョッキーベイビーズで優勝しました。【#角田大和 騎手 初勝利】「1

  • 不良馬場でも深い絆を示す圧勝&池添兄弟タッグ初の重賞制覇

    本日は全国的に雨の天気。中京5R(芝2000m)でパナプリが勝利し、鞍上の松山弘平はJRA通算800勝を達成し、直後の中京6R、10Rでも勝利して802勝目。こーへい騎手🐴JRA通算800勝達成‼️おめでとうございます🎉🎊#risy #松山弘平 pic.twitter.com/tAZizRuoih— Risy (@Risyin

  • 2歳マイル王まで競り負ける&メジロドーベルの孫娘が重賞初制覇

    昨日19日、ビッグレッドファームやサラブレッドクラブ・ラフィアン代表を務めた「総帥」こと岡田繁幸氏が、71歳の誕生日に自宅で死去しました。日本競馬の大物の訃報に昨日は誰もが衝撃を受けたことでしょう。本日の中山8Rペガサスジャンプステークスでは。【中山8Rペガ

  • 3冠牝馬を封じる逃げ切り大金星&姉より先に妹のルビーが重賞初制覇

    中京2R(ダート1800m)でアクイールが勝利し、鞍上の新人騎手の永島まなみはJRA初勝利を挙げました。2002年10月27日生まれ、兵庫県出身の18歳。父は兵庫で2000勝以上を挙げた元騎手の永島太郎調教師。師匠の高橋康之調教師の管理馬で、今月デビューした競馬学校騎手課程37

  • 2歳王を封じてタイトルホルダーが横山武史を背に巧みに逃げ切り

    阪神6R(ダート1800m)でユアヒストリーが7馬身差の圧勝で、鞍上の団野大成はJRA通算100勝を達成しました。地方交流競走でも1勝を挙げており、勝利度数は101勝に到達。来週からは斤量の減量記号が取れ、見習騎手卒業となります。小倉8R(芝1800m)でサマービートが勝利し、

  • やんちゃしても同着優勝&スプリント適性を示す久々勝利

    国会でも取り上げられたJRA関係者の持続化給付金不正受給問題の状況調査が、本日6日午後から報告されました。調教助手や厩務員の受給は既に確認され、受給した調教師もいると報じられましたが、騎手も東西合わせて13人が受給していたことが判明しました。【厩舎関係者の

  • 2歳女王が番手追走で復活V&滝の如き勢いでヒシイグアス4連勝

    現役時代に日米オークスを制覇。繁殖馬としてエピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアと3頭のG1馬を輩出した名牝 #シーザリオ が27日、子宮周囲の動脈断裂による出血性ショックのため死亡したことがわかりました。19歳でした。心よりご冥福をお祈りいたします。h

  • 混戦ダート路線の世代交代告げるカフェファラオのG1初制覇

    東京9Rは3歳のダート1600mのリステッドレース、ヒヤシンスステークス。プロバーティオが逃げ粘りを図ったところ、スタートで出遅れたラペルーズが内を突いて先頭で抜け出し、中央再転入後2連勝を挙げました。小倉競馬場11Rは芝1800mのハンデG3、第55回小倉大賞典。トー

  • オークス馬が川田騎乗で復活勝利&武史を背にエフフォーリアが3連勝

    【JRA】福島競馬場で天井パネルが落下、営業を取りやめhttps://t.co/FGb5ajJUpB— netkeiba (@netkeiba) February 14, 2021 今週から12週間のロングラン開催となる阪神競馬場。開幕週日曜のメイン11Rは芝2200mのG2、第114回京都記念。1994年以来27年ぶりの阪神開催です。

  • 3.11から10年を前に東北で最大震度6強の大地震

    昨日13日23時8分頃、福島県沖で最大震度6強、マグニチュード7.3の強い地震が発生した。わたしの地元でも震度1を観測したが、当時わたしは全く揺れに気付かなかった。福島県沖で13日(土)夜に発生した最大震度6強の地震について気象庁は会見を行い、東日本大震災を引き起こし

  • 35年ぶりの中京開催きさらぎ賞&カラテの一撃で菅原明良重賞初制覇

    本日が最終日の中京競馬場11Rは、今年は芝2000mのG3、第61回きさらぎ賞。きさらぎ賞の中京開催は35年ぶりです。スタート後にランドオブリバティはアクセルに寄られて後方に追いやられ、タガノカイが逃げ、ショウナンアレスが2番手で続き、ラーゴムは3番手。ヨーホーレイ

  • 女性差別暴言を吐いた森喜朗をわたしは許そうではないか

    元内閣総理大臣で、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗が、3日の日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会にて、「女性が沢山入っている理事会は時間が掛かる」という、ド直球の女性差別暴言を吐いたことで、世界中のメディアが競って発信してきた

  • シルクロードを駆け上がるシヴァージ&安田親子の管理馬ワンツー

    東京9Rは3歳1勝クラスのセントポーリア賞(芝1800m)。単勝1番人気のグレートマジシャンが、先に先頭で抜け出したバジオウを交わし、最後は2馬身半差を付けて単勝1番人気に応えてデビュー2連勝。管理する宮田敬介厩舎のクラシック初出走に一歩前進です。今年は中京競馬場

  • ハイペース抜け出し3連勝&アリストテレスが飛躍期待の勝利

    降雪が懸念された中山競馬場ですが、本日予定通り開催。小倉10R秋吉台特別(芝1200m)は、クロフネ産駒のグッドワードが単勝1番人気に応えて勝利。中京競馬場11Rはダート1800mのG2、第38回東海テレビ杯東海ステークス。先行争いからインティがハナに立ち、ロードアクシス

  • 格上挑戦でも団野と行くぞ&レシステンシアの弟がイン突きV

    今週から中京、小倉も無観客競馬(第2期)となりました。中京競馬場11Rは芝2200mのハンデG2、第68回日経新春杯。クラージュゲリエが落鉄による蹄鉄打ち替えで発走時刻が7分遅れました。ミスディレクションが逃げ、ダイワキャグニーが2番手、アドマイヤビルゴやヴェロック

  • 中京のシンザン記念でピクシーナイトが逃げ切り、福永祐一は2400勝達成

    3日連続開催の中日(なかび)の中山、中京競馬。中京競馬場11Rは3歳の芝1600mのG3、第55回日刊スポーツ賞シンザン記念。ピクシーナイトが好スタートから逃げを打ち、バスラットレオンは、ロードマックスが2番手で並んで、ルークズネストは中団で続き、セラフィナイト、レ

  • 松山弘平が西に続き東の金杯を勝つ&岩田康誠の手綱でケイデンスコール復活V

    2021年の中央競馬は中山、中京開催からスタート。しかし、政府の首都圏への緊急事態宣言再発出に伴い、来週9、10、11日の中山競馬は無観客開催となりました。中山競馬場11Rは芝2000mのハンデG3、第70回日刊スポーツ賞中山金杯。ロザムールが逃げ、ウインイクシードが2番

  • コロナパンデミックで日本に絶望だけが残った2020年

    新型コロナウイルス(COVID19)のパンデミックに全世界が見舞われた2020年が本日で終わるが、わたしはかつてなく日本に絶望を感じたことはなかった。わたしは根っからのマイナス思考ではあったが、日本の社会や政治の糞加減をどこかで舐めていたのかもしれない。突き抜け

  • クロノジェネシスが春秋グランプリ制覇で有馬記念初の牝馬ワンツー

    阪神競馬第1レースで、畑端騎手が最後の騎乗を終えました。戻られてきたその表情は、とても爽やかなものでした!20年間、本当にお疲れ様でした。調教師としてご活躍されること、心よりお祈りしております! pic.twitter.com/5fxz4dBPyY— 阪神競馬場【公式】 (@HanshinKeibaJ

  • 川田将雅が涙の師弟G1制覇&藤岡佑介でダノンファンタジー復活

    有馬記念前日の中央競馬は内容盛り沢山でした。中山8R(ダート1200m)は、今週限りで騎手を引退し、2021年1月1日付で調教師に転向する畑端省吾騎乗のサンマルベストが、最後の直線で末脚を伸ばして差し切り勝ち。このレースが畑端にとって関東圏の競馬場での最後の騎乗で

  • 川田中内田タッグ再び!グレナディアガーズが2歳マイル王

    本日は、全レースの払戻率が一律で80%となるJRAスーパープレミアムの日。本日の阪神競馬場11Rは、2歳マイル王決定戦の芝1600mのG1、第72回朝日杯フューチュリティステークス。モントライゼがハイペースで逃げを打ち、ブルースピリットが2番手、好位にグレナディアガーズ

  • 夢にまで見た白毛馬初のG1制覇でソダシが無敗の2歳女王

    中山競馬場11Rはダート1200mのG3、第13回カペラステークス。亀田温心騎乗のヒロシゲゴールドが逃げ、ダンシングプリンスは2番手に控え、3、4番手にジャスティン、中団にレッドルゼルが追走。最後の直線で内のダンシングプリンス、外のジャスティンが競り合う内に、単勝4

  • 戸崎圭太の魔法でチュウワウィザードが雪辱晴らす

    【 #JRA 】2005年の宝塚記念などGⅠ・3勝の名牝 #スイープトウショウ 腸捻転で死す https://t.co/kF390o19Rl#競馬— 東スポ競馬 (@tospo_keiba) December 6, 2020 本日の中京競馬場11Rはダート1800mのG1、第21回チャンピオンズカップ。エアアルマスが逃げ、イン

  • アーモンドアイが有終の9冠達成のサヨナラパーティ

    2020年の東京開催は本日が最終日。東京8Rは2歳1勝クラスのベゴニア賞(芝1600m)。最後の直線で最内を避けつつ内側を突いたステラリアを、外からキングストンボーイが交わして差し切り、2018年の皐月賞馬エポカドーロの弟が2勝目を挙げました。本日の東京競馬場12Rは芝2

  • またルメール!グランアレグリアが豪脚で春秋マイルG1制覇

    東京9Rは2歳1勝クラスの赤松賞(芝1600m)。今回は横山武史が騎乗した単勝1番人気のアカイトリノムスメが道中スタート後手で後方追走も、最後の直線で進路が開けると末脚を一気に繰り出し、メイサウザンアワーを交わして差し切り、ディープインパクト×アパパネの12冠ベビ

ブログリーダー」を活用して、Kitten T.T.さんをフォローしませんか?

ハンドル名
Kitten T.T.さん
ブログタイトル
Deep Impact! ver.3
フォロー
Deep Impact! ver.3

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用