chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり http://sangatusakura.seesaa.net/

☆自作の純愛小説と詩、毎日更新☆愛が人の心を開き、夢を繋ぎ、人と人、命と命、あの世にまで橋を架けます

愛が連れてくる幸せと、いつか来る別れ。 でも、彼らには永遠の別れはなかった…。 三代に渡る愛の物語。 ブログタイトルと同名の小説の他に、『時の追いかけっこ』『ひのくに物語』『雪洗YOU禅物語』『忘れられた零地点』『あの人は広い傘をもっている』などがあります。 別ブログ「幽霊っているんでしょうか」http://kuri-ma.seesaa.net/もどうぞ

kuri-ma
フォロー
住所
松戸市
出身
焼津市
ブログ村参加

2010/06/03

1件〜100件

  • 22 《ひのくに物語'22》 あてがわれた仮面、そして、結婚?! 2  B面~仮面(マスク)の章

    今日は、一挙3話お届けします☆ 架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── いよいよ、ケインの結婚話が! ケインと馨の会話の続きから。 結婚したらいいという馨の言葉に ケインは…?★ 「私が?」私はフッと笑った。「ふざけるんじゃないよ」 「真剣だよ。実はね、マジで結婚してもらいたいと思ってるんだ。それも早急に」馨は、話し始めた。「このことは、主税叔父から頼まれたんだ。蘭のことなんだけど、縁談があるらしいんだよね。どう思う?」 「どう思うって、蘭の縁談のことをか?叔父さんが決めた相手なんだろう。いいんじゃないか」と、私は言った。 「蘭は、兄貴の..

  • 21 《ひのくに物語'22》 あてがわれた仮面、そして、結婚?! 1  B面~仮面(マスク)の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 新しい節を迎えて、 月日も少し流れています。 我らの主人公たちにも、 そろそろ結婚の話が?!★ あてがわれた仮面、そして、結婚?!  思っていた以上に、蘭と会えないことは寂しかった。しかし、また思っていた以上に、私の心は穏やかだった。  時々来る彼女の手紙は、私の楽しみだった。活き活きと過ごす様子が伝わってきて、元気をくれた。  私の手紙が面白いと蘭に言われて、調子よく返事を書いた。更に彼女に勧められて、翻訳の仕事も本格的な文学作品を手掛けるようになり、また自分の文章も書くようになった..

  • 20 《ひのくに物語'22》 仮面の犯した罪、そして愛?! 3  B面~仮面(マスク)の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 蘭を遠ざけるつもりの ケインですが…。 今日は二人の絡みです★  翌日、蘭は私の元にやって来た。「父が、あなたとは絶対会うなって怒ったの。あんなに怖い父を初めて見たわ」  前日そう言うように叔父と打ち合わせてあったのだ。そうすれば、蘭は逆に必ず私の元に来ると思ったからだ。思った通りだった。私は心積もり通りに話を始めた。 「昨日、叔父さんがここに来たんですよ。君が、パリに行かないのは私のせいだと言ってね。叔父さんを怒らせたのは私ですよ、きっと。なんとか、君と私とは何でもないとわかってもらおうとすればする..

  • 19 《ひのくに物語'22》 仮面の犯した罪、そして愛?! 2  B面~仮面(マスク)の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── ケインの、罪を償おうとする生活に、 入り込んできたもの、 それは、簡単には 排除できないようです。 それを人は愛と呼ぶのかもしれません。 印象的なシーンあり★  罪人の立場というのは、辛いものだ。  何が辛いかというと、丁重に扱われているため、暇があり過ぎることだった。  その分、考える時間があまりにたくさんある単調な日々だったから。否が応でも、自分の罪の日々のことを振り返りらざるを得ず、それは辛いことだった。時間がある分、私はその痛みにさらされ続けた。  自分の罪による呵責を忘れるためには、..

  • (詩) 九月 孔雀の羽が広がる瞬間  2022

    秋ともなれば 結婚式のシーズン。 ゴールインするカップルに── おめでとうございます。 これが新しい出発ですね。。。★ 「 九月 孔雀の羽が広がる瞬間 」 苦労知らずと言われて  くよくよ いつも  比べてばかりだったあの頃  孔雀の羽が広がる瞬間を 待ってる…  くしゃみを我慢する辛さ  悔しい思い   繰り返す失敗ばかりの日々  暗闇のトンネルを抜ける時 今かも?     崩れたケーキのよう  くしゃくしゃな笑顔   くす玉の下に立った 二人    鯨の親子に出会う幸運 来た..

  • 18 《ひのくに物語'22》 取れない仮面、そして贖えない罪3・仮面の犯した悪事、そして愛?!1  B面~仮面(マスク)の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── この節の最終話。 国王となる馨と、 罪人となったケインの会話の 続きから★ 「お前たちは愛し合ってたじゃないか」 「そうだよ。でもわからなくなるんだ。菫の口から、私のことを愛していると聞いたことがなかったから。兄貴ならひょっとして聞いたことがあるかなと」 「愛していたよ。お前をかばって亡くなったんだろう?」 「うん。でもね、菫は絶対に言わなかった。…ねぇ、兄さんも婚約者を亡くした時、悲しかった?」  馨は私の胸で泣いた。私は思いつく限りの言葉と態度で彼を慰めた。 「どうして、私の所に来たんだ?..

  • 17 《ひのくに物語'22》 取れない仮面、そして贖えない罪2  B面~仮面(マスク)の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 悪事はいつまでも続かない、 と言いますが、もうケインは 観念するときが やって来ました★  この道を行く限り、蘭との接点はあるはずはなかった。彼女が敵でないと言ったとして、私たちの関係は敵同士に変わりなかった。  そして馨(かおる)たちに対して、私は完全優位に立ち、ほぼ全てのものを手に入れ尽くしていた。  元皇太子、英晴の王座への擁立も、もうすぐで成立するという正にその時、全てが水泡に帰した。  元王の代理人による記者会見、これには、完全に不意を突かれた。全然予期もしない形で、私たちの砂上の楼閣は..

  • 16 《ひのくに物語'22》 仮面、そして始まり3・取れない仮面、そして贖えない罪1  B面~仮面(マスク)の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 罪を重ね続け、 ケインは いったいいつ 止まることができるのでしょうか。 この節の最終話★  そして、父の遺言で馨に譲られていた平和(ひらなぎ)家の家督権を、合法的に私のものにしようと考えた。それは、簡単に進むはずだった。  しかし当初の菫を介した計画は、私の思惑通りにはいかなかった。  馨は亡くなった先王に似て、憎いほどに清廉潔白だった。後で調べてみると、留学先の大学でも、彼を悪く言う人はいなかった。明るく、友人たちからも、教授たちからも尊敬され慕われていた。女との浮名を流すことも、なかったらし..

  • 15 《ひのくに物語'22》 仮面、そして始まり2  B面~仮面(マスク)の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── エイブルとケインの物語。 やはりそこには 愛憎が隠れているようです。 ケインの秘められた菫への思いは…★  そして、いつしか私は彼女をかけがえなく愛するようになっていた。いつも、彼女にとっては優しく頼れる男でありたかった。  時々錯覚した。菫の向ける笑顔が、私への愛に基づいていると。  そんな折、父親との会話の中で、私が力を入れている事業も含めて、会社をいずれ継がせるのは馨であることを知った。国では嗣業(しぎょう)として受け継ぐ地位がいくつも存在したが、それも馨に継がせようと父は考えていた。実の息子..

  • 14 《ひのくに物語'22》 仮面、そして始まり1  B面~仮面(マスク)の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 後編(B面)のスタートです。 A面から一転、兄でありながら、 王子(王)である馨を裏切り、 命を狙い続け、反逆者となった ケインが語ります。 冒頭は回想シーンから★ 「 ひのくに物語 」   B面 〜仮面(マスク)の章〜  仮面、そして始まり  その頃、私は愛国心に溢(あふ)れる子どもだった。  先の国王、日向誉(ひゅうがほまれ)が亡くなった知らせを受けた時のことを、忘れることができない。急病にて死亡したという発表を、私は信じなかった。 「王様を殺した者を、僕は..

  • (A終)13 《ひのくに物語'22》 夜明け、そして契り3  A面~素描(デッサン)~の章

    今日は、一挙 A面の最終話まで★ 架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── なぜ菫は 死んだことになっていたのでしょうか。 その謎は…★  彼女を一度失って、再び得たことは、それ以上のものだった。何よりも換えがたいと気付いた後だったし、そして彼女は今や私の妻だ。  王となって私自身が嬉しいことはなかった。母たちや、国民が喜んでくれる、それが嬉しいだけだった。彼女が隣にいてくれるなら幸せだ。彼女が王妃なら、王となったことも、悪くない。  午後になって、私と菫の実母が連れ立ってやって来た。 「ここまで長くなる予定ではなかったのよ。菫さんにも..

  • (詩) 「その秋をつかまえて」  2022

    いってしまった夏 いってから気がつく いらなくなってから 思い出した、忘れ物のように…★ 「 その秋をつかまえて 」  春は待ちわびて、ようやくやってくるもの  夏の間は 我を忘れて夢中になり  秋はいつの間にかやってくる  そして 冬は時を止めたよう  幸せな時間はその中にいるときにはわからない  別れは気づかないうちに訪れている  願って願ってようやく叶えた夢  望みもしないのに、悲しみは忍び寄る  季節が巡るように  この秋もゆき やがて春が訪れる  まだまだ夏と思っていたのに  秋が来て ますますそれは深まってゆく..

  • 12 《ひのくに物語'22》 夜明け、そして契り2  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── キス一つだけで終わった 初夜が明けました。 今日は、まさかの大発展。 “お見逃しなく”の一話です★  夜が明けた。私たちは夜着のまま身支度を整え、祭壇に向かった。二人並んで祈りを捧げた。 「この後は食事だから、着替えて来よう」と、私は声を掛けながら、初めて妃の顔を見た。  そして、自分の目に入ったものが、信じられなかった。そこには菫がいたのだ。  私はまじまじと彼女を見つめていた。 「菫?!どうしてここに君がいるの?」  死んだ彼女の魂が現われたのかもしれないと思った。それとも、夢を見ているの..

  • 10 《ひのくに物語'22》 夢、そして目覚め3  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── このシーンのために この物語を書いたとも言える kuri-ma渾身の回。 本日、必読の 感涙シーンです。 菫の死を馨は乗り越えられるのか?!★ *  私は無事即位して、国王となり、国政も主税叔父や側近に守られながら、こなしていた。菫を失った悲しみを埋めるために、何かに没頭しなければやりきれなかったから。  私の即位と同時に、母も皇太后となった。亡き父王の妃として初めて正式に認められたのだ。  菫が亡くなって、二年がたとうとしていた。  私は命日に先立って菫の墓前で、神に祈り、そして心の中..

  • 11 《ひのくに物語'22》 夜明け、そして契り1  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 国王、馨の 今日は結婚式のシーンです。 伝統的な八尾伽奈国(ひのくに)の 婚礼の儀式。 馨は未来を 踏み出すことにしましたが…★ 夜明け、そして契り  婚礼の日まで、私は妃となる女性と会ったことはなかった。事前に会う日を作ると、うるさかった母には、はっきりと断った。決めたからには、すぐに事を進めたかった。  私はその女性の名前しか知らなかった。妃となる女性は、八尾伽奈(やおかな)八族の中の、王の家系である日向(ひゅうが)家と陽宮(ひのみや)家を除く家系から選ばれることになっていた..

  • 9 《ひのくに物語'22》 夢、そして目覚め2  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── まさか・・・ 夢が現実のことに?! 馨と菫に悲劇が襲いました★ 「菫、死ぬな、死んではいけない」  彼女の体を揺すり、声を掛けたが、もうその目が再び開くことはなかった。  嘘だと思いたかったが、心の片隅で『やはり』という思いが起こった。  そう、夢の中で何度もこんな場面を体験していた。しかし、それが現実に起こると、こうまで生々しく、心が切り刻まれるような痛みが伴うものだとは。  私も重症を負っていた。その痛みも心の痛みに比較できなかった。  夢がとうとう現実になってしまった。絶対に彼女を守るとそ..

  • 8 《ひのくに物語'22》 夢、そして目覚め1  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 今日から新しい節に入ります。 馨の実母など、 これまでの秘密が明かされます。 ストーリーも大転回、お見逃しなく★ 夢、そして目覚め  菫はあれから、二度と兄、ケインの元に戻ることはなかった。暖かい陽だまりの下で、菫のスケッチをして過ごしたあの春の日々を、時々夢のように思い出すことがある。  その後に迫った私の逃亡生活に入る前の、まだ危険にさらされることなく、私と菫と、それを見守る主税(ちから)叔父と恵美(えみ)叔母、そして善良で働き者の使用人たちとの、束の間の穏やかな日常生活。  ..

  • 7 《ひのくに物語'22》 しあわせ、そして翳り5  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 表面上は、仲のよい 兄弟の会話です。 ケインの本音はどこに? また、馨はうまく 彼を出し抜くことができるか?!★ 「恋人を取られて、どんな顔をするかと思ったのに…」と、私は言った。 「なんとなく、わかっていたんですよ。菫があなたに気があることは。私は寂しさを紛らわすための相手にしか過ぎない、いつか、こうなるかもしれないとね。」  ケインが言うことには、私たちが愛し合っているなら仕方がない、自分は諦めようということだった。 「兄貴が許さなくても、なんとか菫と一緒になろうと思ってたのに、意外だな。物..

  • 6 《ひのくに物語'2》 しあわせ、そして翳り4  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 菫(すみれ)が馨(かおり)を誘惑しに来る?! そして、それに対して、 彼も一計を講じるようですが… さて、どんな甘い夜となるでしょうか★  その晩、叔父たちは夫婦で出掛けて留守だった。実際は私の奥の部屋で様子を窺っていたのだが、菫は気付きもしなかった。  夜になって、菫が私の部屋にやって来た。緊張しているのが、手に取るようにわかった。こんな様子で私を誘惑しようというのか。 「どうしたの?眠れない?」 「恵美奥様がおられないので」叔母が直接彼女に出掛けると告げたのだから知っているはずなのに、菫はそん..

  • (詩) 悔しいことがあっても ~九月の応援歌~  2022

    赤勝て、 白勝て! がんばっての声が あなたにも届きますように♪ 「 悔しいことがあっても 」 〜九月の応援歌〜   悔しいことがあっても  腐っていないで あなたらしさが押し込められるから  空気を変えてしまおう   燻ぶった思いを吹き飛ばして  苦しいことがあっても  唇噛んで我慢する 次に笑うために    暗い闇夜のトンネルも   くぐり抜けられる   雲で覆われたどんより空も   くっきり晴れる日が来る   くよくよしないで 悩んでも何も解決しないから   くたびれた顔している? ため息をうつさないでね   繰り返..

  • 5 《ひのくに物語'22》 しあわせ、そして翳り3  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── ケインから逃れてきた菫は、 馨たちの許で その傷を癒します。 どのようなことが 彼女の身に起こっていたのでしょうか★  あの時、恵美叔母が共に来てくれて本当に良かったと思う。  叔母は私の養父、亡き平和(ひらなぎ)の父の妹であり、主税(ちから)叔父との間に子どもはいなかったからか、幼い頃から私と兄をかわいがってくれていた。  明るく聡明な恵美叔母は、根気強く、傷ついた菫に接していた。  ある午後、庭にいた私に、主税が近づいて来た。彼は、いつも私に黙って付き合ってくれた。辛さを持て余す私に。 ..

  • 4 《ひのくに物語'22》 しあわせ、そして翳り2  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 馨は王子でありながら 何もかも、兄のケインに 奪われていきます。 最もかけがえのないものは 菫でしたが…★  私は、その時からようやく自分のするべきことを悟った。かけがえのない大切なものを奪われた後で。  それまで、主税(ちから)から明かされたにも関わらず、自分の立場がよくわかっていなかった。  このように、私の大切に思うものは、私ゆえに犠牲になるのだった。こともあろうか、信じていた兄の裏切りというような形で。  何を信じるべきかは、持って生まれた霊感と、祈りと瞑想が与えてくれる啓示で、わかるよ..

  • 3 《ひのくに物語'22》 しあわせ、そして翳り1  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── 新しい節です。 馨の生い立ち、 回想シーン。 彼がなぜ追われる身になったのか…。 そして、衝撃的な事実が明かされます★ しあわせ、そして翳り  物心付いた時、私は裕福な家庭の子供で、両親と兄、多くの使用人と家庭教師、全てに恵まれて伸び伸びと過ごしていた。あのままでいられれば、どんなに幸せだっただろうか。  実際私の父、平和 家統(ひらなぎ いえすみ)は国の最高の権力者だった。彼は国の大臣を務め、更に経済界のトップ、平和グループの統裁でもあった。私には叶わないものはなかった。  そ..

  • 2 《ひのくに物語'22》 悪夢、そして思い出2  A面~素描(デッサン)~の章

    架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」──今日は、今後も馨の心の拠り所となる 名シーンです★ 馨が時々見る悪夢…。 それはどんな意味があるのでしょうか★ *  顔を洗ってきた私に、昂は言った。「そろそろ見る頃かなぁと思ってました」  同居の彼とは、思えば長い付き合いになる。本当の身内というものがいないも同然の私にとって、友人であり、弟であり、彼にだけは私の弱い部分も見せられる。とはいえ、普段はそういう部分は隠しておきたかった。物に動じない強さを見せていたかった。  昂は言った。「いよいよですからね。いつもひと段落付いた後、必ずその夢、..

  • 1 《ひのくに物語'22》 悪夢、そして思い出1 A面~素描(デッサン)~の章

    今日からは、この作品を 一挙再公開!!  ↓初めての方、久しぶりの方は、一昨日の記事をどうぞ  解説・ひのくにWORLD  *「ひのくに物語」を読む前に*架空の王国を舞台にした 愛と夢の一大ロマン 「ひのくに物語」── さあ、スタートです★ 「 ひのくに物語 」 A面 〜素描(デッサン)〜の章 悪夢、そして思い出  私は、何度となくその夢を見る。身を切られるような悲しみに、その度に枕を涙で濡らす。  それは、かけがえのない女性(ひと)を失う夢だ。彼女の命がなくなる瞬間がなぜかわかる。  どうして私はこの人を救うことが出来なかった..

  • (9月の詩)  なつかしい夏 あきらめない秋  2022

    夏の名残… かすかに漂う秋の気配… 残暑の9月に送る愛の詩★ 「 なつかしい夏 あきらめない秋 」 九月  雲を追いかけて   夏の端をつかまえて  九月  くるぶし見せてた   サンダルが懐かしい  九月  苦労したのに   最初から無理だったの? 九月  黒い日焼けあと   まだ戻らないのが口惜しい 九月   クスクス笑いは   卒業したわけではないけど  九月  くやしいけれど 私   あの日に帰れない くじけない 少女でいられた夏のままに    くよくよしない はしゃいで過ごしていたかったけど   ..

  • [終]24 《時の追いかけっこ'22》 「時」に勝つ方法(2) ・「時」を越えた未来(さき)  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 曲と共に かつての痛みが よみがえります。 さて、「時」に勝つ方法とは?!  家に帰ってから、キム・インジュンがくれたCDを聴いてみた。  カスミ、カスミと繰り返す、あの歌。CDには韓国語の歌詞と共に、日本語訳も書かれていた。 「胸が、痛い  胸が、苦しい」  胸が…、胸が…と訳はなっていた。 「胸が痛い」とか、「胸がつまる」とかいう言い方は、日韓共通のものらしい。  英語のheartというのは、心でも心臓でもそういう。アジアの街で聞いた時、キムがたどたどしい英語で伝えてくれたシンプルな訳の方が、..

  • 23 《時の追いかけっこ'22》 「時」に勝つ方法(1)  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ パーティーで スピーチを語り終え かすみの手を取る斉藤は…★ 「時」に勝つ方法  つい一ヵ月前には、まだ、日本に帰国してさえいなかった。ボランティアに身を奉げようと覚悟したわけではなく、ただ居場所を求めて、空と人々の瞳が限りなくきれいな、アジアの片田舎の村に引きこもっていた。  かすみと再び会えるなんて、夢にも思わなかった。永遠に会えないと思って、喪失感と後悔の念にさいなまれながら、彼女だけでなく、自分のことさえも失くしていた。  かすみと再び会えるまでは──それは初めてまともに出会ったのだが..

  • 22 《時の追いかけっこ'22》 思 い  [THE PAST POST]

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ さて、かすみが 沈黙を破って 語ります★ 思い  パーティーが佳境に入ると、最近、現地に行って来たメンバーがスピーチするのが、恒例だという。  四年以上行きっぱなしだった私と、一年の任務を終えてから来たことがなかったというかすみ、両方に声が掛かった。  かすみがまず壇上に立った。現地の状況と活動した内容を簡単に説明してから、彼女は、しっかり顔を上げると話し始めた。 「このボランティアを終えて、たった一年だったんですが、本当に得るものが大きかった、一言で言えば、感謝の期間でした。  ..

  • 21 《時の追いかけっこ'22》 かすみの五年間 ・かすみの十年日記より  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 五年間のかすみの 秘密が一つずつ あきらかに★ かすみの五年間  その日曜日、私が所属する海外ボランティアのNGOが主催するパーティーがあるということだった。私は壮行会にも参加しなかったから、どんなものかちょっと想像できなかった。  家族を同伴してもいいということで、母が、かすみを連れて行きなさいというので、一緒に会場のホテルにやって来た。 「結構、盛大だな」  そこは不思議な空間だった。日本だから当然日本語が語られるが、所どころ英語や現地の言葉が交錯する。顔はほとんどが日本人だが、普通の日..

  • (詩) 萩(ハナ)と月を待つ八月 ──花火の夜を偲ぶ夏の終わりの詩── 2022 〔「8月」の「は」の頭韻第5弾〕

    七、五調で描く、 ちょっとレトロな恋。。。☆ 萩(はな)と月を待つ八月 ── 花火の夜を偲ぶ夏の終わりの詩 ── 花の命は  はかなくて  はじらううちに   春は過ぎ  花の盛りは 散る初め  はやく はやくと 急くように  はしゃいだ時は 流れ行く  花陰香る  春遠く  葉陰にそよぐ 夏の夕  初めて取られた 手は見ずに  花火の開く 空ばかり 見上げたままで  半月の 下弦に傾きかけていき  離れがたきは 我のみか  歯がゆいくらいに 物言えず  はんなり揺れた 湾の月  「はなから君が好きだった」 ..

  • 20 《時の追いかけっこ'22》  鈴蘭の花言葉 ~再び幸せが訪れますように~(2)  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼  私の実家まで来た時には、すでに夜だった。  従妹が5年間乗った車は、古くはなっていたが、問題はなかった。愛着のあるこの車をキレイに使ってくれて、ありがたかった。従妹はこれを期に新しい車に買い替え、昨日は空港まで持ってくるように手配してくれたのだ。  二人で高校を後にしてから、五年前にできなかったドライブをし、夕食もすませていた。  かすみに、五年前に用意したペンダントを渡したかった。実家に保管してあるはずだった。 「やっぱり今日はやめない?」と、かすみが言い出した。 「ここまで来て、どうしてだよ」 「家..

  • 19 《時の追いかけっこ'22》 最愛(3) ・ 鈴蘭の花言葉 ~再び幸せが訪れますように~(1) [THE PAST POST]

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 『よく先生に会いに来た女の子がいたでしょ』澄子の手紙の言葉がよみがえった。  きっと何度も会いに来てくれたんだろう。  そういえば、澄子の提案で会うことになったあの時にはすでに知っていたということか。 「澄子との約束で会った時、なんで言わなかったんだ?」 「先生が、全然気づいてないって、初めは分からなかった。私に会って嬉しそうにしてくれて、会う約束をして、後からよ、分かったのは」  私としては、五年後の澄子のことよりも、偶然にかすみに会ったことで、舞い上がるほど嬉しかったのだ。偶然ではなく、五年前からの約束だっ..

  • 18 《時の追いかけっこ'22》 最愛(2)  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼  時間の流れが止まったように感じた。  おそらく、とても長い間口付けをしていたのだろう。  夢の世界から帰ってきたように、目を開けると、またかすみを見つめた。彼女がゆっくりと目を開ける瞬間に、そのまつげが揺れ、じっと見つめ返してくれる。  私は、自然ににっこりと笑っていた。こんな風に笑ったのは、ずいぶん久し振りだった。  心にぽっかり風穴のようなものが空いていて、笑う時には普通の力ではできなかった。その穴を何かで塞いでおかないといけない、だから簡単には笑えなかった。  笑うことは、何も難しいことではない..

  • 17 《時の追いかけっこ'22》 涙の手紙(love letter) ・最愛(1)  [THE PAST POST]

    クライマックス! 再会はなるか! [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ X-dayを越えるため 彼が送った 一世一代の手紙。 そして、5年前のかすみからも…★ 涙の手紙(love letter) 澄子こと かすみへ  もしも君が待っていてくれるならその時に話したいことがある。  いや、今言ってしまおう。絶対待っていて欲しいから。  君を愛している。  今まですまなかった。  夢や勇気をもらっていたのはいつも僕の方だった。君のことに気付かずにごめん。君の気持ちを思いやれなかったことを、許して欲しい。  もうすぐ本当に僕は..

  • 16 《時の追いかけっこ'22》 X-day  [THE PAST POST]

    5年前のその日と重なる 9月1日 X-DAYです!★ [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ さあ、翌日は とうとうその日を 迎えます。 間に合うのか★ �]‐day  五年前にいる澄子、つまりかすみが、アクシデントに遭う時刻は刻一刻と近づいていた。  なんとしてもそれを阻止すると、覚悟だけは決めたものの、今更不可能ではないかという思いになり、パニクりそうになってくる。  冷静にならなければならない。  彼女が事故の前、「時のポスト」の許に来ることは間違いはないはずだが、実際来なかったらどうしようという思いが沸いてくるのを抑えな..

  • 15 《時の追いかけっこ'22》 五年前、五年後、そして今  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 5年前、事故にあったかすみが 持っていた手紙を 5年後、ようやく手にしました。 その5年ぶりの手紙を大公開! 五年前、五年後、そして今 斉藤先生へ 当たってくだけてしまった時のため、この手紙を用意しました。 それに、もしかしたら面と向かっては、言えないかもしれないので。 ズバリ、言います。 先生、私が澄子です。 中2の時から時間のポストで手紙をやりとりしてきた 澄子は、私なんです。 5年前を振り返ってみると、先生にはその頃好きな人がいて、 だから、二人で会うことがあっ..

  • (詩) Happy Bride 叶えたい (八月の花嫁) 2022 〔「8月」の「は」の頭韻第4弾〕

    どうして花嫁というのは 涙を流すのでしょう。 幸せなはずなのに。 真夏の日の結婚式──★  「 Happy Bride 叶えたい 」  (八月の花嫁)    始まりは 笑顔で  晴れ渡った夏空の下  拍手の波に押されて  はずむ思い  早まる鼓動  恥じらいと   はにかみの  ハーモニー  花嫁の求めるものは…  Happy Bride 叶えたい 話してくれた夢 Happy Bride あなたへと 走り出した心 Happy Bride 今までの ハードルはどれも 八月の花嫁 あなたと共に 始まる未来のため 花嫁は..

  • 14 《時の追いかけっこ'22》 時間(とき)の追いかけっこ2  [THE PAST POST]

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ このままかすみが ポストを見に来なければ、 もう彼女を永遠に失ってしまう?!★  森口講師がまた言った。 「亡くなった当日も見掛けたような気がしたのよね。私は本館から見たから確かじゃないんだけど、ここで見たって生徒もいたの。先生との約束の前に来てたのかなって、思うの」  !!  そうだ、絶対かすみは死なせない。  その目撃情報は、かすみの日記の続きで確かだとわかった。  明日会う先生との約束はとても嬉しいし、楽しみ。  でも、私の求める先生は五年後にいる。  いつか追いつけるの?  ..

  • 13 《時の追いかけっこ'22》 時間(とき)の追いかけっこ1  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 5年前のかすみに 早く知らせなければ! 焦る彼ですが、 肝心なポストが見つからない?!★ 時間(とき)の追いかけっこ 「時間のポスト」がない!  愕然となりながら、また森口講師に電話していると、本人が現われた。私は、焦りで混乱し、その苛立ちをぶつけた。 「先生に預けたのに、どうしてないんですか?見た目は古い下駄箱だから、もしかして捨ててなんていないですよね。僕とかすみにとって、とても大切なもので…」  よく考えてみれば、自分は森口講師に頼んだ記憶があるが、それは五年前のかすみの行動に上書き..

  • 12 《時の追いかけっこ’22》 待っていてくれるひと2  [THE PAST POST]

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ かすみは、澄子、 澄子は、かすみ… なんと二人は同一人物でした。 ということは…?!★  かすみと澄子の年齢は私の認識では一学年違っていたし、中学も違うという認識だったので、まさか二人が同一人物だと思いもしなかった。わずかに感じる勘のようなものがあっても、それを理性が否定した。  かすみの母に聞くと、中学入試の後、かすみは合格した公立校にも、青葉台高校にも進学せず、家族とともに一時海外の父の派遣先に行っていて、一年遅れて青葉台に入学したのだという。そもそも出会ったとき、十歳と聞いて四年生かと思い込んでいたが..

  • 11 《時の追いかけっこ’22》 待っていてくれるひと1  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 帰国した彼。 澄子との接点は? かすみへの思いは整理できるのか★ 待っていてくれるひと  日本の夏の蒸し暑さは、数年間冷房を知らなかった私には、久し振りの感覚だった。  空港に降り立った時から、黒い髪、黒い瞳は同じだが、現代的なきれいな服装に身を包み、都会的な色白の、見るからに日本人という人たちばかり見かけること、ここは日本だから当然だが、その当然なことが、とても新鮮だった。  私はなんだか急かされるような思いに駆られていた。  高校と中学に直接出向いて澄子の情報を探すこと、そしてポスト..

  • 10 《時の追いかけっこ'22》 帰 国  [THE PAST POST]

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ タイム・パラドックスの ラブ・ファンタジー、 再公開も中盤を迎えます★ 帰 国    澄子に申し訳ない気持ちを一旦持つと、頻繁に考えるようになった。  澄子の手紙には、このようなことも書かれていた。 「いつかボランティアで海外に行きたい。先生が前に言ってくれたでしょ。私のできることからしていったらいいって。そうしたら、いつか世界中の人が幸せになれるかもしれないって。その時から考えていたんだけど…」  私の好きな音楽を聴き、部活に高校、そしてボランティアまで、後を追うようなことばかりしていた澄..

  • 9 《時の追いかけっこ'22》 5+4年振りの手紙2  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 5年過去の少女、澄子からの 4年前の手紙を ようやく開封しました★  以前と変わりない、いろんな日常の出来事が綴られている手紙が多かったが、ある時の手紙では、二十歳の澄子が約束の場所に行かなかったことを謝りながら、そんなこと絶対考えられないけど、きっと事情があったんだとわかってほしいと言っていた。  そして、澄子の身辺にも、いろんな変化が起こっていた。まず、二学期の後半に、父親の転勤話に関する相談の手紙があったのだが、私はスルーしてしまっていた。  そういえば、高校進学の一番大変な時期でもあったのに、私は澄..

  • (詩) 八月の栞(しおり) 2022  〔「8月」の「は」の頭韻第3弾〕

    八月。 私の取り置きの とっておきの夏を こっそり教えます・・・★ 八月の栞  遥かな夏に誓ったことがある  晴れた空のように笑っていようと  八月の栞  はさんでおいた優しさ  白紙のままの私の心  遥かに見えていた夢 近づけてゆく  はじかれていたピース もう一度はめ込んで  犯人探しはもうやめて  はじめから始めよう 言い出しっぺの私から  八月の栞  反対に返しても 私は私  離れていても 心はひとつ  はっきり言わなくても 以心伝心?!  八月の栞  はさんでおいた記憶  はい、今日はここまで 続..

  • 8 《時の追いかけっこ'22》 ~Kasumi(かすみ)~胸に住むひと2 ・ 5+4年振りの手紙1  [THE PAST POST]

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 異国の地に来てから、 時だけが 流れていきます★  二年任期のボランティアも二期目を終えようとしていたから、四年近くが過ぎたことになる。  隣町のユウジもキム・インジュンもミッションをとうに終えてそれぞれ帰国していた。  聞くところによると、キムはその後日本に留学していて、ユウジはある外資系の会社に就職したらしい。  ユウジは、時々小まめに日本食や、便利グッズ、日本で流行のものなどを送ってくれるので、とてもありがたかった。ともに同じ地の空気を吸い、暮らした経験があるから、私の求めるツボをしっかり押さえ..

  • 7 《時の追いかけっこ'22》 ~Kasumi (かすみ)~胸に住むひと1  [THE PAST POST]

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 恋人の死を乗り越えることができず、 日本を離れ、 海外にまで来ました★ 〜kasumi (かすみ)〜  胸に住むひと  中学を辞め、かすみの思い出のある一切から逃げ出してここまで来た。  現地の素朴な人たちとの出会いは、私にとっては、ある意味癒やしだった。  何もないけれども、これから発展するのだという希望だけはある。もっと貧しくなるかもしれないという心配は、足るを知る人たちには無用だった。  何もかも忘れたように生きていたが、かすみのことだけは、忘れることができなかった。というより、その..

  • 6 《時の追いかけっこ'22》 時間(とき)のポスト2  [THE PAST POST]

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 日本とのしばしのお別れ。 そして、5年前の少女、澄子とも しばしのお別れです★  後輩部員から鍵を預かり、駐車している車に向かいながら、もう帰途についた森口先生を再び呼び出した。そして、車の後部座席にちょこんと乗っていた下駄箱の形をした「時間(とき)のポスト」を持って、もう一度、ブラスバンド部の部室に戻った。  一人で鍵を開け、電気をつけ、奥の楽器部屋に行った。  古い事務机が一つ、後は楽器を収納する扉つきの大きな棚が三方向の壁に作りつけてあるだけの部屋。パート練習などに使うので、できるだけ広いスペースを確..

  • 5 《時の追いかけっこ'22》 傷心 ・ 時間(とき)のポスト1  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 予期しない出来事。 打ちのめされる彼です★ 傷 心  あの日の突然の事故で、かすみは帰らぬ人となった。  かすみと付き合うようになった期間は、一年にも満たなかった。彼女が私の側にいてくれた日々は、もしかしたら、夢だったのかもしれない、とも思う。    事故の翌日、置きっぱなしだった車の元に行くと、何事もなかったように車はそのままそこにあり、後部座席には待っていたように、時間のポストがあった。  澄子に状況を説明する手紙を送りながら、私はようやく、客観的にその事実を受け止めざるを得なかった。 ..

  • 4  《時の追いかけっこ'22》 告白の日  [THE PAST POST]

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ かすみへの 告白に向けて 準備をする彼です★  告白の日  初めて会った時、かすみはまだ小学生だった。しかし当時から今のように成長する兆しをもっていた。  中央図書館、市役所、中央郵便局などが連なる街中に、かすみが通っていた中央小学校があった。私も小中学校時代、その近くの学習塾に通っていた。  最初の本屋と図書館での出会いは、その時間の偶然の一致だった。  偶然に私たちは出会い、母校の高校で再会した。  そして付き合うようになったのは、最初に会った街での、やはり偶然の出会いだった。  偶..

  • (詩) 初デート はつでーと  2022 〔「8月」の「は」の頭韻第2弾〕

    夏・・・   八月   そして   ふたり・・・   初々しい   こんな詩をどうぞ★                  「 初 デ ー ト 」                初めての戸惑いは      はじらいか      反発か       華やいだ その思い       はずんでも すぐ沈む       半分は 嬉しくて       半分は 困ってる       早く過ぎてほしいのか       早く行くのが惜しいのか……                  季節感はないのですが  八..

  • 3  《時の追いかけっこ'22》 過去の少女からの手紙  [THE PAST POST] 時の追いかけっこ

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 当たり前の日常に、 突然起こった アメイジングな出来事… 今日は、一挙3話お届けします★ 過去の少女からの手紙  大学卒業後、私は、中学教師となり、初めての学校に赴任した。  それは、私がファンタジーの扉を開けることになる発端の場所だった。  生意気盛りの中学生と体当たりの日々の中で、もう一人の生徒と出会ったのだ。  彼女の姿を一度も見たことがなかったから、正確には「出会った」とはいえないが、いずれにしても、私たちは知り合うことになった。  その少女とは、手紙を交し合うだけの存在だった。..

  • 2  《時の追いかけっこ'22》 再会 ・ 胸に住む少女  [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 少年と少女の出会い、 十年日記、 そして時は流れ…★ 再 会  どうして、あの日、ああまで十年日記にこだわって、お互いに買うことになったのか分からないが、その出会いは、一つの運命だったのかもしれない。  一年目は、白紙の十年の未来に対する期待を糧に、いつしか、その日記をつけることを楽しみにするようになった。  十年日記を書いていると、時間の流れの不思議を感じることがある。毎年、同じ季節が来て、同じものを見たとしても、別人になったように全然違った見方をしたり、感心ごとが移り変わっていく自分を..

  • 1  《時の追いかけっこ’22》 プロローグ ・ 十年日記   [THE PAST POST] 

    [THE PAST POST]   ▼△時の追いかけっこ△▼ 今日からは タイム・パラドックスものの ラブ・ファンタジー 再公開です★ 登場人物・目次 ▼△ [THE PAST POST] 時の追いかけっこ△▼ THE PAST POST 時の追いかけっこ プロローグ  「先生に魔法を見せてあげる」  街路樹の道に、雪のように白い可憐な花をつけた鈴蘭が、一斉に帯状に生え広がっていった。子どもが走っていくスピードで、見る間に緑と白の花のラインができた。一呼吸おいて、また反対側にもその帯は折り返していった。  ビデオを早送りしたような、その情..

  • (詩) 八月、はじめて愛を知りました 2022 〔「8月」の「は」の頭韻第1弾〕

    初恋のはかなさと 永遠の愛の違いはなんでしょうか。 夜空に花開く花火は どんなに美しくても消えてしまいますが、 いつまでも火種が残り なんどでも打ち上げることができ 心に思い描くことができるとしたら、 誰が消そうとしても消すことはできません。 それが永遠の愛です★ 「 八月、はじめて愛を知りました 」 初めて 自分の足で歩いた 初めて 君に出会い 初めて  歯がゆいくらいに 無力な自分を知った 初めて 愛を知ったのだ 橋を掛けたい はぐれそうな君の心目指して 橋を掛けたい 離ればなれだった昨日を 過去にしてしまうため ..

  • 〈終〉10 夏の忘れ形見 さちの娘みち'22 「涙の女王と笑顔の王」より 【三月さくらⅦ-3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ “星の家”には キューピット役が好きな 妖精がいるようです。 そして、そこに集まる人たちも 同じみたいですね★  昂輝とみちは顔を見合わせた。昂輝が言った。 「一回くらい、普通にデートしたいんです。前に俺がもっと男らしく誘っていれば、きっとできたはずのことですから…」と、昂輝はまっすぐ初樹を見つめた。  初樹は二人を見てから言った。 「じゃあ、みんなから知恵をもらおう。来て」  初樹は、二人を中央のピアノの横に立たせた。志幸に何か耳打ちすると、ここでは暗示的に何かすぐわかる曲を、一フレーズだけ弾いた。 ..

  • 9 夏の忘れ形見 さちの娘みち'22 「涙の女王と笑顔の王」より 【三月さくらⅦ-3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ さて、みちの婚約者の発表は? 有力候補がいたはずですが… 昂輝とみちの会話の続きから★ 「ここには来てもいいって許可はもらえたんだけど、志貴までも、叔父さんたちが選ぶ相手の方が君を幸せに出来るって言うんだ。  どうしたら俺が認めてもらえるか考えて、俳優に本腰を入れた。何かこれってものを掴めるまでは、君とは会えないと思ってたんだ。覚悟がゆらむから。  ごめん。この間の打ち上げでも素っ気なくして。君の気持ちも知らなかったし、志貴からいよいよ君の婚約者が決まりそうだって聞いてたから、今日あたり来てるだろうなって思って..

  • 8  夏の忘れ形見 さちの娘みち'21 「涙の女王と笑顔の王」より 【三月さくらⅦ-3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 昂輝の何年越しかの思いが ようやく 実る時が来たようです★ 「嬉しい」みちが言った。 「…嬉しい、って?」ようやく彼は上ずった声で聞き返した。  みちは昂輝を見上げて言った。「ええ」 「…ってことは?」 「私も昂輝さんが好きです」  確かに両耳でその言葉を聞くや否や、抑えていた彼の思いは頂点に達し、彼女を強く抱き締めた。昂輝の心には、今まで味わったことのない感情がわっと湧いて来ていた。  思ってもいなかった。よもや彼女が、自分の思いに応えてくれるなど。  彼の目からも涙が溢れ、止まらなかった。絶対難し..

  • (詩) あなたの風が懐かしい ~私のダニー・ボーイ~ 2022

    風、風、風  都会を吹く風は  昨日故郷から来た風?! 「あなたの風が懐かしい」 〜私のダニー・ボーイ〜   メリーゴーランドに乗ったときの  ゆるやかな風が好き  ブランコをこぎながら  空気を動かす くすぐったい快感  故郷には変わらぬ風が吹いている  夏は川で夕涼み 冬は厳しい山風にさらされ  私が恋しくなるのは  あなたの起こす自然な風  私のダニー・ボーイ   パパとママの周りを回り  いつもあなたが風を連れてきた  動かないでいると風は起こせない  たまには息をつぎに故郷(こっち)に来て  まあ風にでも当たっていっ..

  • 7 夏の忘れ形見 さちの娘みち'22 「涙の女王と笑顔の王」より 【三月さくらⅦ-3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ “星の家”の集まりにやってきた昂輝。 やはり好きな人の姿は見たいですし 決定的なことがないかぎり 諦められないようです★  昂輝は、その場にみちの婚約者がいるのだろうと、目で探した。  大体は、前と同じ顔ぶれの、“星の家ファミリー”だったが、一人、目新しい男が目に留まった。麗美たち叔母さん連と、談笑していた。彼に違いない。  志貴に確認しようと思ったが、昂輝はたちまち皆に取り囲まれ、様々な質問を受けた。皆がみちの相手役の彼を、好意的にしかも好奇心旺盛に見ているのだった。  ひとしきりの質問で、皆の関心が去っ..

  • 6  夏の忘れ形見 さちの娘みち'22 「涙の女王と笑顔の王」より 【三月さくらⅦ-3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ みちが女優デビュー?! それも昂輝と共演?! そして、ロミ・ジュリ?! さて、一旦断った昂輝でしたが…。 二人は再会するのでしょうか? 今日は一気に展開します★  初樹は治郎の話をひとしきりして、昂輝の心を解きほぐしていった。そして、最後に余裕の口調で言った。 「実はね、君の事務所からは、OKを既にもらってるんだ。もちろん、君が嫌なら正式に契約はしていないから、白紙に戻せばいいんだけど…」  今日の初樹は若い頃から会得したその微笑みと、覗き込むような視線で、完全に彼を落としてしまった。昂輝は、どうして自分..

  • 5 夏の忘れ形見 さちの娘みち'22 「涙の女王と笑顔の王」より 【三月さくらⅦ-3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ みちとの関係を、 志貴に相談した 昂輝でしたが…★  昂輝は言った。「無事に送ることしか考えてなかったっていうか、それしか会う口実もなかったし…」 「口実って、そんなもん、いくらでも作れたろ?」 「実は、ただ毎日会えるだけで満足っていうか、十分って気持ちで」 「ボディーガード役に徹したんだな。その間に約束の一つも取り付けなかったのか?」と、志貴は呆れて言った。  昂輝は黙った。最後の誘いは約束と言えるだろうか。 「まあ、幸いだったかもしれないけどな」と、志貴は言った。「お前がみちを口説いていたら、叔父さん..

  • 4 夏の忘れ形見 さちの娘みち'22 「涙の女王と笑顔の王」より 【三月さくらⅦ-3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 夏も終わりです。 何かが始まる… かもしれないのですが…★  毎年、葉奈の命日がやって来ると、もうじき夏休みも終わりだという合図だった。連れ合いの一郎はすっかり老人と言われる年になっていたが、掲げられた葉奈の写真は、若いまま年を取らなかった。  夏休みの最終日、みちの“星の家”のバイトも終わりだった。最後の帰り道、自転車を並んで走らせながら、昂輝とみちはあまり言葉は交わさなかった。  青山家の近くまで来ると、いつもはそのまま自転車を走らせながら、挨拶を交わし別れるのだが、その夜は昂輝は自転車から降りた。 ..

  • 3 夏の忘れ形見 さちの娘みち'22 「涙の女王と笑顔の王」より 【三月さくらⅦ-3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 高校生の夏休み。 “星の家”のバイトをしながら、 一朗の家に滞在するさち。 今日はイケメン・キャラの登場です★  また、滞在先が青山家だったから、みちは一朗と接する機会も多かった。  七月の終わりの葉奈の月命日の日、みちは従兄姉や叔父たちと共に早朝からお墓参りをし、その後、いつもなら一朗が一人で巡るという葉奈との思い出の場所を、一緒に周って過ごした。  その時、生前父、志道が妻子に伝えてほしいと言っていたという話を、一朗から直に聞かされたのだった。  亡くなった人が、目には見えなくても近くにいるのかもしれな..

  • 2 夏の忘れ形見 さちの娘みち'22 「涙の女王と笑顔の王」より 【三月さくらⅦ-3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 叔母の未来から 若かった頃の話を聞くみち。。。 みちのゆく道は?★  親と言ってしまってからみちは、ハッとして言い直した。「お祖父ちゃんやお祖母ちゃんに勧められたのかなって」  未来叔母は優しく笑って言った。「私たちのことは、あなたのお祖父ちゃんお祖母ちゃんも、亡くなった曾お祖父様もみんな喜んでくれたの。でも、一番嬉しかったのは私。付き合い始めた時も、結婚が決まった時も、嬉しくて仕方なかった」 「叔母さんは、三和の会社のために犠牲になったのかなって。私たちは違うけど、普通みんな恋愛結婚が多いじゃない?」 「私..

  • (詩) キスをする時目を閉じるのはなぜ?  2022

    「赤ちゃん」と 「キス」の共通項は。。。★ 「 キスをする時目を閉じるのはなぜ? 」  赤ちゃんが  手を握り締め 生まれてくるのはなぜ?  神様からの贈り物を離さないために  何を握っているの?  まだ知らない未来を握って生まれてくる  神様から授かった  夢、希望、運命…  赤ちゃんが握りしめたものは  目には見えないけれど  無垢でまだ言葉をもたない  小さな手に指を入れると  ぎゅっと握り返してくれる  その力に命を感じる  まるで指きりした時のように  何かを約束したつもりになる  少し大きくなって  手をつなぐの..

  • 1 夏の忘れ形見 さちの娘みち'22 「涙の女王と笑顔の王」より 【三月さくらⅦ-3】

    ある夏から始まる物語── 一挙連載で1年ぶりに再登場★小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 「碧斗&未来の物語」からは 1世代あとの物語。でありながら、 不思議に歴史は繰り返すようです。 志道の娘・みちを主人公にすえたお話。 父の死から数年、 高校生の夏の日々を振りかえりつつ、 数年間を追いかけます。 さて、どんな物語が 彼女を待ち受けているのでしょうか★ 第�Z部 涙の女王(クィーン)と笑顔の王(キング)    第三章 〜夏の忘れ形見〜 さちの娘みち  ──その頃は、夏が大好きだった。  志道の忘れ形見、兄弟の..

  • 〈終〉5 眠り姫の子供たち ~ニュー・ムーン・ウィーク~ 泣いてしまうのはきっと… 「涙の女王と笑顔の王」2022 【三月さくらⅦ2-2】

    志道を中心とする物語の最終話! 主人公の最期の、後日談★ 小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 新しい節は、 志道が亡くなってからの エピソード★ 第�Z部 涙の女王(クィーン)と笑顔の王(キング)   第2章 泣いてしまうのはきっと…    第二節 眠り姫の子供たち     〜ニュー・ムーン・ウィーク〜  志道が亡くなった晩、大きく円かった月が、日に日に痩せていき三日月になる頃、彼の死を悼む人たちがまたひと所に集まった。  彼のラストコンサートに参加した顔ぶれは残らず“Jiro’s music home..

  • 4 志道の最期 ~泣いてしまうのはきっと… 「涙の女王と笑顔の王」2022 【三月さくらⅦ2-1】

    いよいよ別れのときが 迫っています。 「志道の最期」一挙3話どうぞ小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 志道の最後の願いとは? 最後まで、わがままというか、 志道は志道というか…★ 志道の最期  志道が父に告げた願いとは以下のようだった。 「まだ作曲し掛けの曲があるんですよ。コンサートもやりたい。もう一度だけでいいから。いつかは、キリをつけなければならないですが」  志道は、子供たち一人一人と、一対一で、あるいはさちも交えて三人での時間を綿密に取っていった。それぞれの子供たちのピアノ演奏も聞いて、最後の指導の時間を取った。  志..

  • 3 天(そら)からの特別便2 ~泣いてしまうのはきっと… 「涙の女王と笑顔の王」2022 【三月さくらⅦ2-1】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 死が近づく時、 誰もが祈ってみたり あの世のことを考えたりするようですね。 今日は志道と、 父、治郎の会話です。 *  志道が居間のソファーにもたれるように座っていた。夜が更けた時間、仕事に疲れてそうやって座っている姿を、治郎は数えられないくらい見て来た。  たとえ、すごく疲れていたとしても、曲が浮かべば徹夜でもピアノに向かうし、常に精力的に活動していた。父が見ても、タフな男だと思っていたのに…。  今はベッドで大半は休んで、調子のいい時でも、もたれるものがある場所で座っているだけだった。 「さちさんを..

  • 2 天(そら)からの特別便1 ~泣いてしまうのはきっと… 「涙の女王と笑顔の王」2022 【三月さくらⅦ2-1】

    この世とあの世を繋ぐ 不思議な物語、 「天(そら)からの特別便」を 一挙2日でお送りします★ 小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 若い頃妻を亡くして 今は幸せなお祖父ちゃんになった一朗。 彼の、あの世との 不思議な関わりの世界とは…★ 天(そら)からの特別便   「もうずっと若くに奥さんを亡くされてるおじさんに訊くのは申し訳ないんですが、やっぱり訊いていいですか?」と、志道は言った。 「奥さんを亡くした頃の話を聞きたい?」と、一朗は既にそのつもりで来たようだった。 「できれば。いいですか?」  一朗は生涯のほとんど大半を亡..

  • 1 涙の理由1 ~泣いてしまうのはきっと… 「涙の女王と笑顔の王」2022 【三月さくらⅦ2-1】

    今日からは、 結婚後21年を経た「志道とさちの物語」。 数話ずつ一気にUPします★ 小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 涙のクィーンと笑顔のキングの登場。 いきなり、さちの涙と それに笑顔で対する志道のシーンが★  第�Z部 涙の女王(クィーン)と笑顔の王(キング)   第2章 泣いてしまうのはきっと…    第一節 涙の理由 涙は潮のように満ち引きし  涙は微かに海の味がする    何を願うのか 人は  泣いても人を求め  何を信じるの あなたは   何でも笑い飛ばしてくれる  何かが..

  • (詩) 泣いてしまうのはきっと… 涙の理由  2022

    夏の海、 潮風、 …そして、涙? 波の音が何度も繰り返す、 「泣かないで」と。 終わりのないリフレイン…★ 「 泣いてしまうのはきっと…  涙の理由」  涙は潮のように満ち引きし   涙は微かに海の味がする     何を願うのか 人は   泣いても愛を求め   何を信じるの あなたは    何でも笑い飛ばしてくれる   何かが違う 昨日の私とは   内心の感動を隠して…    涙はどこから来るの?   なんで温かいの?   泣いてしまうのはきっと    波が海を知ったから       涙は泉のように沸いて溢れ  ..

  • 〈終〉8 孔雀の羽が広がる瞬間8 続「じゃじゃ馬ならし」プロジェクト2022 【三月さくらⅦ-1】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 碧斗と未来の 婚約パーティーでのインタビュー、 一挙公開!!★  その晩、碧斗は蒔原家の自分の部屋でくつろいでいた。三和家に籍は入ったが、生活は以前と変わらず、新生活は結婚後になる予定だった。  今日の婚約披露パーティーでの、気持ちのよい疲労が彼を包んでいた。その顔には微笑が浮かんでいた。  未来と並んでいられたことは、照れ臭くて仕方がなかったが、やはり嬉しかった。今まで、あんなふうに一緒にいられたことがなかったから、公認されたことのが夢のようだった。  インタビューで訊かれたひとつひとつのことも、二人で顔を..

  • 7 孔雀の羽が広がる瞬間7 続「じゃじゃ馬ならし」プロジェクト2022 【三月さくらⅦ-1】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 碧斗と未来が壇上に。 お待たせしました さぁ、婚約発表の瞬間です★ 「では未来こちらに…」会長、三和孝司がいよいよ未来の名を呼んだ。そして、司会者にマイクを返した。未来はゆっくり壇上に上がった。  先程から、婚約者らしき人の姿もなく、その件に関しては何も知らされていないので内心気にしていた司会者は、未来が渡した紙を開いて、一目見て一瞬明らかに驚いたのだろう、間を置いてから、また口を開いた  ゆっくりと碧斗の名前が呼ばれた。  ざわめきの後、大きな拍手が起こった。  未来が用意した碧斗の経歴紹介が読み上げられ..

  • 6 孔雀の羽が広がる瞬間6 続「じゃじゃ馬ならし」プロジェクト2022 【三月さくらⅦ-1】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 未来の涙には めっきり弱いのが 碧斗です。 撮影中ですよ!★  碧斗には想定外の未来の反応で、彼は今内緒の撮影の最中だということも、どこかに飛んでしまった。  プロポーズで未来が泣き出した時も、人目がなければそうしてあげたかった。カメラの位置と方向ももう全然頭になかった。  彼は未来を立たせると、固く抱きしめた。 「君が心配することないさ。大丈夫だよ。いろいろ波風があるのも覚悟してるさ。大丈夫。たとえこれ以上何か言われても、俺たちが結婚するのは変わらないよ」夢中で言っていた。  部屋に兄姉たちが入っ..

  • 5 孔雀の羽が広がる瞬間5 続「じゃじゃ馬ならし」プロジェクト2022 【三月さくらⅦ-1】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 碧斗のプロポーズの結果を 心待ちにしている人たちが…★  未来と別れた後、碧斗が今日の彼女の姿を思い出している時、空からの連絡が入った。 「どうだった、未来は?」と訊かれて、つい「とってもかわいかった」と言い掛けて、碧斗は答えた。「っていうか、OKしてくれたよ」  その後碧斗は“Jiro's Home”で、空や初樹に報告させられていた。  未来の方は、蒔原家に行って、葉摘と話しをしていた。聞きながら、葉摘が言った。「すごい、碧斗君って。星矢さんなんてほとんど何にも言ってくれないのに。  彼の気持ちがはっき..

  • 4 孔雀の羽が広がる瞬間4 続「じゃじゃ馬ならし」プロジェクト2022 【三月さくらⅦ-1】

    しっかり決めないと、 断られるかも?! 碧斗は一世一代のプロポーズが できるのか・・・★ 小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 未来から 1ヵ月は会わないと言われ、 ギクシャクしたまま時が過ぎていきます。 そして、いよいよ…★  そして、かれこれ数週間たった土曜日、碧斗は兄の星矢に、半ば強引に店に引っ張り出された。碧斗にとって、未来と共に仕事が出来るのは嬉しい反面、彼のことを無視する彼女の態度には閉口していたので、却って会わない方がマシと思うくらいだった。  碧斗は得意なはずのオムライスを失敗し、未来と二人一緒に休憩を言い渡されていた。  星..

  • 3 孔雀の羽が広がる瞬間3 続「じゃじゃ馬ならし」プロジェクト2022 【三月さくらⅦ-1】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 未来に会ってもらえなくなった碧斗は、 彼女の兄たちに相談を持ちかけます。 さて、どうなる???★  碧斗の話には、志道が加わる前に既に一回、空にあっさり結論付けられていたが、志道もはっきりと言った。 「一ヵ月後に、プロポーズをはっきり決めるしかないですね。三和の後継者として仕事で実績を立てることよりも、女性には愛が全てですから」 「未来はね、プライドがすごく高いんだ。今まで従順そうにしていたけど、昔からね、一回嫌となったらテコでも動かなかったんだから」と、空も追い討ちを掛けるように言った。  そして、その後帰..

  • (詩) 茜空には届かない ~朝顔の詩(うた)~  2022

    明け方の爽やかな陽射しに呼びかけられ  目覚めた朝顔は、 愛の喜びを知り、 満面の笑顔を広げました★ 「 茜空には届かない 」 〜朝顔の詩(うた)〜  朝顔は朝が好き  朝日に向かって大輪を開く  雨の日も 晴れの日も  ありきたりの日常だけど  あきが来るまで 咲き続けよう  鮮やかな青 淡いピンク  青空に憧れて  熱い思いに心を焦がす  甘い夢 淡い想い  あの人が通る道  歩いていく後姿  朝顔の滝壁が涼しげに揺れている  朝顔は朝が好き  赤い夕日は見たことがない  あんなに丈を伸ばしても  茜空には届..

  • 2 孔雀の羽が広がる瞬間2 続「じゃじゃ馬ならし」プロジェクト2022 【三月さくらⅦ-1】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ さて、なぜ碧斗が今 下がり気味なのか この5、6年の経緯が分かります★  未来は激することもなく、悠然と言った。「会ってる間なんかないはずでしょ、一ヵ月後まで」  碧斗には何が起こっているか理解できなかった。「未来…?」 「なぁに?」未来はにっこり笑った。「じゃあ、一ヵ月後に」 「待てよ」碧斗が言う声も空しく、「おばさんと葉摘ちゃんが待ってるから」と、未来は手を振って行ってしまった。  あっけにとられた碧斗は、しばらく頭を巡らせてみたが、うまく思考できないのだった。 「蒔原家の男は、プロポーズに時間が掛か..

  • 1 孔雀の羽が広がる瞬間1 続「じゃじゃ馬ならし」プロジェクト2022 【三月さくらⅦ-1】

    今日からは 碧斗と未来の物語の 続編をお送りします★小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 「じゃじゃ馬ならし」から 6年後の設定です★ 第�Z部 涙の女王(クィーン)と笑顔の王(キング)   第一章 九月 孔雀の羽が広がる瞬間 苦労知らずと言われて くよくよ いつも 比べてばかりだったあの頃 孔雀の羽が広がる瞬間を 待ってる… くしゃみを我慢する辛さ 悔しい思い  繰り返す失敗ばかりの日々 暗闇のトンネルを抜ける時 今かも?     崩れたケーキのよう くしゃくしゃな笑顔  くす玉の下に立った 二人..

  • 10<終> もしも大人になったなら10 (眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくら~番外編~】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 今日はこの物語のとうとう最終話。 さて、麗美の父、治郎の示した 「待った」ならぬ 「おいしい条件」とは???★ 「え!」と、それを聞いた時には初樹は思わず耳を疑ったほどだった。「社長…」 「仕事のことではないから、社長って呼ぶな」と、治郎は言った。 「って、俺はまだ大学も出てないんだけど…、治郎おじさん」と、初樹。 「これからは、お義父さんって呼ぶんだな」 「マジ、ですか?」 「麗美はお前より三つも上なんだ。お前がアメリカやらヨーロッパやら行っているうちに、いくつになると思う?麗美の母親は、大学出てすぐ..

  • 9 もしも大人になったなら9 (眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくら~番外編~】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ さあ、近づいてくるクライマックスの瞬間。 初樹と麗美の出す結論は★  彼は麗美の隣に来ると、手を握った。  普段なら、その前から決意していたとしても、さらに、急にいい雰囲気の瞬間が訪れたとしても、三、四割の確率でしないで終わってしまうキスも、気がついたら、無我夢中の中でしていた。  口付けをすると、いつも麗美はばら色に頬を染めて、俯きがちになる。 『可愛い』と、初樹は思った。 「やっぱり寂しいって思ってくれるんだね」 「…」 「ばれてるよ、もう」  麗美はやはり俯いたまま、微笑んだようだった。初樹はその..

  • 8 もしも大人になったなら8 (眠り姫と眠り王子‘21) 【三月さくら~番外編~】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ ロマンティックな 雰囲気に後押しされて、 初樹は、今日の目的を 果たせるでしょうか??★ 「お腹すいていない?」 「大丈夫よ」 「飲み物は?」 「今はいいわ」 「うん。じゃあ後で頼もう」と言って、初樹は麗美を見た。それでは、目的に直進するのみだった。 「麗美さん…。こうやって、君を独り占めにしているのが、今でも信じられない気持ちになるよ」  初樹はやはり麗美を呼び捨てでは呼べないようだ。ずっと昔、小さい子どもだった時には、「麗美ちゃん」と言っていた。従兄姉を呼ぶように。  母、葉奈の十三回忌で来てく..

  • 7 もしも大人になったなら7 (眠り姫と眠り王子‘21) 【三月さくら~番外編~】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 麗美の不機嫌の原因は? 初樹は渡米することに 決めたようですが…★  なぜだか機嫌の悪い麗美を持て余し、渡米の話は保留のままにして、後味の悪い別れをした後、初樹は空に電話を入れた。何かの時に、愚痴を含めて聞いてもらい、アドバイスをもらうのはよくあることだった。  空は笑い飛ばすように言った。「麗美が?!へぇ、そうか。何でだと思う、お前は?」 「アメリカ行きが嫌なのかなぁと」 「分かってるじゃないか」 「でも、だからって俺も考えて決めたんだ」 「行くなっていうんじゃないさ」 「行くなって、言われた方が言い..

  • (詩)  泣かない約束  2022

    オレンジ色の夕焼け。 七月の美しい 黄昏時── 彼女の涙は誰のせいでしょうか。 そして、笑顔にさせるのは… 夕陽、流れ星、七つ星、虹…それとも?!★ 「 泣かない約束 」 泣きたくなるのは夕暮れ 名もない花を見て 懐かしむ 母の面影 泣かない約束は いつでも 泣いた後で思い出す 七つの願い事が贅沢ならば 流れ星にひとつだけ託してもいい? 夏の夜の夢  泣かずに超えたなら 夏の夜の夢 それはみんなの幸せ 内緒のはずだったよね… 仲直りが苦手な太陽が 仲良しの月と喧嘩した晩 失くしてしまったものは 泣いても 戻ってこ..

  • 6 もしも大人になったなら6 (眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくら~番外編~】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 初樹が心に決めた 卒業後の進路とは? 何に卒業するのでしょうか…★  いつまでもこのままでいたいと、思う瞬間に限って、急流に乗ったようにいってしまい、いくらでも続けようと腹をくくった途端に、自分の出番は終わってしまうことがある。  初樹は、学業に専念することに決めると、割り切ったように、その生活に切り替えて、麗美関連の仕事はきっぱり断ってしまった。  もちろん、仕事を始める以前のようなことはなく、恋人となった麗美と会う時間まで断ったわけではなかった。今度は麗美の方が彼に時間を合わせてくれる。それだけでも、嬉しか..

  • 5 もしも大人になったなら5 (眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくら~番外編~】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 初樹が、麗美と二人だけの 時間を持とうとしています。 この間しそびれたキスは…!★  麗美も、スタッフに一通り挨拶を終え、龍と初樹の前にやってきた。 「龍さん、どうも、お疲れ様でした。いろいろありがとうございました」と頭を下げると、龍は近づいてまた何事か麗美の耳元で囁いた。  そして龍は言った。「また機会があったら一緒にやろう。初樹、君もな。卒業はするつもりなのか、大学は?」 「その予定ですよ」 「また会えるだろう。じゃ、また」と、龍は人が魅力的だと言うに違いない笑顔で言った。その笑顔の背後にある寂しさを、..

  • 4 もしも大人になったなら4 (眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくら~番外編~】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 初樹と麗美の 健康的な早朝デートですが、 恋人同士らしい ムードの盛り上がりが…?! さて、コンサート・ツアーも大詰めです★  二人きりで街を見下ろしながら、寄り添っているだけで、初樹は嬉しかった。早朝の空気と、高台にある神社の清浄な雰囲気が、気持ちがよかった。  麗美をじっと見つめた。顔を近づけて、めったにないチャンスの瞬間を迎えたと思った時、静かな空気を遮るような、声が聞こえてきた。汗にまみれた若い男たちの一団が掛け声を掛けながら、一気に石段を駆け上がってくるのだった。ここは運動部の練習コースになっている..

  • 〈詩〉 もしも大人になったなら ~初樹のテーマ~  2022

    少年が大人になる時… ちょっと不器用で、 思いだけが空回りするよう。 リズムカルになりきれない 字余り、字足らずな詩★ 「 もしも大人になったなら 」 もしも大人になったなら 僕は一人で歩けるだろう  誰かがいつも抱き上げて  頬ずりしてくれること  頭を撫でてくれること  君がいつまでも赤ちゃん扱いすること  そんなことはなくなるだろう  もしも大人になったなら  きっともう寂しくないだろう  だって大人になったなら きっとそれくらい平気になれる  もしも大人になったなら 僕はどうやって思い出そう  今も忘れ掛けてしま..

  • 3 もしも大人になったなら3 (眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくら~番外編~】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 一仕事終わった後、 麗美たちの場合は…★  その日の麗美と龍のコンサートは、盛況のうちに終わった。  最初緊張していると思った麗美は、演奏して気持ちが落ち着いたようで、いつもの精彩を取り戻していた。大体演奏を聴けば、初樹には彼女の調子がわかった。大阪での龍のいきなりの行動にとても動揺しながらも、それを隠していた麗美の様子が心配で仕方がなかったから、正直、安堵していた。  この日の龍のステージ上での麗美へのアプローチは洗練されていて、問題のつけようはなかった。 「どう、満足な舞台だった?」と、龍は初樹に訊いた。 ..

  • 2 もしも大人になったなら2 (眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくら~番外編~】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 気になる存在の歌手の龍、 初樹はどうする?! 「まるで、僕がセクハラでもしたような言い方だね。そんなに気にすることだとはね。お嬢様だね。鉄壁の守りだ」  龍は、決して激することがないような落ち着いた口調で続けた。「残念だね。僕と麗美ちゃんが並んだら絵になるだろう?来てくれる人たちに、夢と希望を与える存在なんだ、僕らは。歌のコンセプトに沿わないなら仕方がないけど」  マネージャー歴二年のひよっこに太刀打ちできる相手ではないようだった。初樹は言うつもりでないことまで、思わず口にしていた。 「彼女のお父さん、事務所の..

  • 1 もしも大人になったなら1 (眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくらⅥ-6(番外編)】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 「空と初樹の物語」 の最終章となるか(!) 「三月さくら」の番外編、 ちょっと大人になろうとしている 初樹の物語です★ 第�Y部 眠り姫と眠り王子 三月さくら 番外編  第六章 もしも大人になったなら   もしも大人になったなら   僕は一人で歩けるだろう    誰かがいつも抱き上げて    頬ずりしてくれること    頭を撫でてくれること    君がいつまでも赤ちゃん扱いすること    そんなことはなくなるだろう    もしも大人になったなら    きっともう寂しくな..

  • (詩) 露と梅雨とつゆの詩(うた)  2022

    もう開けたのでしょうか 梅雨の季節。 じめじめとならず 適度な潤いが いいのですが…★  「 露と梅雨とつゆの詩(うた) 」 月並みな恋でいい 月並みな言葉でいい 作り笑いもいらない 積もり積もった思いは ついに満たされる 夢はささやかだけど ゆっくり歩いてくれる? 行方知らずだった 君の心は ゆるやかな カーブを描いて 僕のもとに 月並みな出会いだけど 月並みより 好きだったよ 机の上の 計画ではなくて 次々起こる偶然の連続が ついには奇跡になった 夢と現実のはざまで 勇気が持てなかったね 行方知らずだった..

  • (詩) もしもロミオとジュリエットが死なずに結ばれたなら  2022

    純愛の代名詞 ロミオとジュリエットを 詩ってみました☆ もしもロミオとジュリエットが死なずに結ばれたなら  ロミオとジュリエットの 残した夢が   ロマンティックな 空気を作っている  ローズの香りとともに  ロミオはロマンを   ジュリエットは純愛を 形作る名前となった   純白のウェディングを夢見る人に   受難を越えて結ばれるようにと   時代を越えて 語り掛けている  十代ではかなく消えて 永遠の国の住人となった    ロミオの未熟さ   ジュリエットの若さ   二人の越えられなかったものは    現実と 共に生きる未来 ..

  • 6 もしもロミオとジュリエットが死なずに結ばれたなら(関西の洗礼)3 (引き出しの秘密~眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくらⅥ-5・3】

    100年の眠りを越えて結ばれる 眠り姫と王子。  そして悲恋で死ぬはずの ロミオとジュリエットは?! …一挙3話で最終話まで★ 小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 関西の洗礼は続きます。 祖父母のありがたい言葉と、 今日はさちの爆弾発言が…! お祖母ちゃんと志道の会話の続きから★ 「あなたは、傍観してないで、もっと積極的に人のことに首を突っ込むくらいがいいんじゃない?  結婚っていうのは、男の人にとっては、お嫁さんをもらうだけだから、まぁそんなに準備もいらないだろうけど、女にとっては、よくわかった所へ嫁ぐんでも、いろいろ準備が必要なのよね。..

  • 5 もしもロミオとジュリエットが死なずに結ばれたなら(関西の洗礼)2 (引き出しの秘密~眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくらⅥ-5・3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 志道は恥ずかしげもなく さちへの想いを告げます。 関西のさちの祖父と 志道の会話の続きから★ 「あんたには、さちのことしかないんか?仕事よりも?」と、祖父は笑いながら言った。 「仕事ですか?大切ですよ、もちろん。今は音楽ですが、これもさちさんがいるから出来るような気がします。今の僕には、彼女がいなければ何も始まらないんですよ」 「そんなに惚れてるんか?」呆れたように祖父は言った。「最近の若い男は、愛だ恋だばかりしか考えてないゆうが、ホンマやな」 「お祖父さんは、お祖母さんのことを愛しているでしょう?」 「..

  • 4 もしもロミオとジュリエットが死なずに結ばれたなら(関西の洗礼)1 (引き出しの秘密~眠り姫と眠り王子‘22) 【三月さくらⅥ-5・3】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ 志道とさちの婚前旅行?! 晴れ渡った空のように ウキウキの志道ですが、 さちには、何か翳りが?!★  第三節 もしもロミオとジュリエットが死なずに結ばれたなら (関西の洗礼)    志道が倒れてから数週間後、二人は志道が運転する車で、高速を西へ走っていた。  さちの母の実家、今なお現役で助産師をしている祖母の所に向かっていた。お盆の時期も過ぎていたし、高速も混むこともなく、快調なドライブだった。  こんなに二人で遠出をしたのは初めてのことだった。日帰りで帰れる距離ではなく、祖父母の所で泊まっ..

  • 39 夢が繋いだものパート2 ② (引き出しの秘密~眠り姫と眠り王子‘21) 【三月さくらⅥ-5・2】

    小説 ▼△三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり△▼ さちが見た夢。 そして志道も 倒れて運ばれた病院で 夢をみます…★ 「さちさん。どうしてここにいるんですか?」志道は目が覚めない様子で言った。 「過労で倒れたの。病院よ。何も心配しないで」と、さちが言った。 「とっても眠い」 「眠っていいのよ」 「ずっとここにいてくれるんですか?」 「ずっと側にいるわ」 「嬉しいな」志道は、そう言うとまた目を閉じた。  次に目覚める際、志道は夢を見ていた。  自分が死んでしまって、皆が悲しんでいる夢だった。 『僕は死んでないですよ!』と、何度叫ぼうとしても声..

ブログリーダー」を活用して、kuri-maさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kuri-maさん
ブログタイトル
三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり
フォロー
三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用