searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

シロギス540さんのプロフィール

住所
守谷市
出身
荒川区

ほとんど船のシロギス釣りの話題です。たまに違うのもありますけどね。誰に何を言われようとも、今はバリバリとシロギスを釣ります。それだけドップリと嵌まっているということです。ハンドルネームについてる425も読んでいただければわかります。書いてる内容は基本の基本から相当に難しい高度な部分までと自分では思ってます。

ブログタイトル
シロギス釣り:東京湾は今日も快釣
ブログURL
https://shirogisu-fune.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
東京湾をメインフィールドとして船のシロギス釣りを1年中楽しんでいます。他の釣りもちょとはね。
ブログ村参加
2010/04/24
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、シロギス540さんをフォローしませんか?

ハンドル名
シロギス540さん
ブログタイトル
シロギス釣り:東京湾は今日も快釣
フォロー
シロギス釣り:東京湾は今日も快釣

シロギス540さんの新着記事

1件〜30件

  • 2021年とう盛り上がらない

     そんな中でも6月初めと下旬に盤洲で束釣り3連発(162、108、133)した人もいるにはい 釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。 にほんブログ村

  • 2021年トップシーズンは読み切れません

     梅雨まっただ中で本来ならトップシーズン浅場の最盛期に突入してきてもよい時期ですが、今年の状況は今だになかなか安定してくる気配がなく読み切れません。過去を振り返ればそういう年もあるといえばそれまでですが、そんな年でも数日程度の短いピークが通常あります。でもそうだとそのピークに行けないこともありますね。  東側浅場に限らず中ノ瀬や東側航路筋含めて、5月、6月と経過しても全体状況は相変わらずの乱高下です。むしろ7月はさらに不安かもしれません。そしてどこでも全般に型が良くピンギスがほぼ出ていない状況です。  そんな中でも6月初めと下旬に盤洲で束釣り3連発(162、108、133)した人もいるにはいるのですが。(笑)それをきっかけに安定してくる感じはほぼないといったところです。修行に励むシーズンか?良い日に当たることを祈ってその日を全集中で楽しみましょう。 釣りブログ村のブロ..

  • またまた延長

     令和3年4月25日から5月11日の予定で始まった第3回目の緊急事態宣言は、5月31日までに延長され、6月20日までに再延長となりました。緊急事態宣言と蔓延防止重点措置でいろいろ微妙な自粛でよろしくない空気が漂うコロナ2年目、はやく平常っぽくなってほしいです。遊漁船業界に営業自粛が要請されていないのは救いかな。とはいえ不要不急とか県境跨ぎに関するモヤモヤ感がいっぱいなので、ブログ更新も微妙にモヤモヤ感が漂うので滞っている今日この頃です。ご理解ください。  沖で釣り時間の延長、再延長なら私はまったくウエルカムですけどねぇ。(笑)  さて、東京湾のシロギスの全体的状況’はというと、まったくもって不安定の一言につきます。同じ日の竿頭釣果で30~束超え(たま~に)と大差がつきます。GWぐらいに浅場で1束超えなどの釣果もあり今年は浅場で早めにトップシーズン突入かと思わせて、その翌日はダメ..

  • 2021 0424/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス90尾(1本竿)

    2021年4月24日(土):葛西橋・荒川屋釣船店 中潮:干潮9:26→満潮15:12、潮色:薄濁り、水温16.5℃ 天候:晴れ、風:北2,3m 釣座:右ミヨシ、乗船者:14人 釣果:シロギス14~24cm、90尾(1本竿)  今日も中ノ瀬でしたが前回までよりやや下手への展開でした。下潮から潮止まり、さらに上潮になるまで船中全体的には厳しい拾い釣りの様相でした。そこをコツコツと拾って耐えてからの、上潮の流れ始めでアタリ連発が断続的にある良い流しが一流しありました。  序盤は下潮潮ケツからなので天秤に振り分け20/50cmで始めました。(結果的に1日天秤でやりきりました。)1流し目だけ下潮の上っ面やや速めで軽めの二枚潮でした。探っているとカウンター的にアタリがでますが掛けバレや最アタックで掛かってくるのはイシモチと小鯛にサメにフグと、外道のアタリが多いですがその中に良・大サ..

  • 2021 0412/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス71尾(1本竿)

    2021年4月12日(月):葛西橋・荒川屋釣船店 大潮:満潮5:05→干潮11:20、潮色:薄濁り、水温15.1℃ 天候:晴れ、風:北2,3~南5m 釣座:左ミヨシ、乗船者:7人 釣果:シロギス13~23cm、71尾(1本竿)  葛西橋から前回同様に中ノ瀬の上手方面中心の釣りでした。1日の様子だと、①大潮のわりに下潮の流れは緩め(適度よりは物足りない)で魚は全体的に低活性で拾い釣りモードのスタート、②潮止前後は当然ながら超低活性な落ちギスモードの完全居食い系だけど時にややパターン的に1投ごとにじっくり粘ってのプチ連発も、③上がり際に上潮が少し流れて本日では最も活性が上がり傾向でアタリ強度がやや増して釣りやすいプチ連発がありました。  序盤は潮が流れて活性がややあるだろうとの想定、潮ケツで天秤仕掛け(振分け20/50cm)を引っ張りすぎない調整で流れる範囲を待ち気味に釣る..

  • 2021 0404/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス77尾(1本竿)

    2021年4月4日(日):葛西橋・荒川屋釣船店 小潮:満潮7:54→干潮15:59、潮色:薄濁り、水温15.5℃ 天候:曇り一時晴れ、風:南西7~12m 釣座:右ミヨシ、乗船者:12人 釣果:シロギス13~23cm、77尾(1本竿)  葛西橋から中ノ瀬の上手方面中心の釣りでした。序盤は上潮残り~止まりの時間帯から、小潮で潮桶もなく渋い想定で1本竿胴突き1本針で開始しました。1投目は聞き上げでイシモチかな?重量感があって少し巻いたらバレました。針には鱗が。3投目の聞き上げ始めでアタリを感知し22cm良型サイズが釣れました。その後はアタリがなく気配もないので少し場所をずらしました。  二場所めでポツリと拾い釣り程度に釣れだしました。正確にはアタリが出るわけではなく誘い兼アタリ感知にいく聞き上げ始めの段階でサワリを感知して掛けにいくパターンがほとんどでした。潮はわずかに上潮な..

  • 2021 0327/金沢漁港・進丸/シロギス89尾(午前45・午後44)

    2021年3月27日(土):金沢漁港・進丸 大潮:満潮4:32→干潮16:10、潮色:薄濁り、水温14.4℃ 天候:晴れ、風:東2~南6m 釣座:右トモ、乗船者:20人 釣果:シロギス13~23cm、89尾(午前45・午後44)  この週は水温が14℃台をキープしているので先々週の状況からさらに活性があがるのではないかと妄想していましたが、結果的にこの日の活性は全般に低めで潮っ気がない時間帯は一部かなり低くといった状況でした。中ノ瀬の前回と同じ周辺ですが少し食う範囲は拡大傾向でした。攻略しがいのある日で時間帯により上手く攻略できたりできずに悶絶したりしながら、1日通してみればこの日の状況で89尾はかなりよい結果を叩きだしたと思います。  続きはのちほど。 釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。 にほんブログ村..

  • 2021 0314/金沢漁港・進丸/シロギス81尾

    2021年3月14日(土):金沢漁港・進丸 大潮:満潮5:48→干潮11:48、潮色:薄濁り、水温12.8℃ 天候:晴れ、風:北西2~東4m 釣座:右トモ、乗船者:14人 釣果:シロギス13~22cm、105尾  2021年、久々に2回目の釣りでした。現場に出ていませんが状況はかなり正確に把握しているつもりです。2月後半の激渋系はなくなったということと日によっては今の時期なりに良い日(時間帯)もでてきたというところです。初釣りの時も書きましたがこの日も攻略度の差がもろに表れているということです。なんかシロギス船が少ない現状で「週末東京湾勝手にシロギスバトル」はショート船と日中船合わせて5隻でしたが、81尾、45尾、40尾、35尾、18尾と続き圧勝の湾トップでした。 現在のメイン釣り場は中ノ瀬一帯です。上下2隻が同じ場所、中3隻は目視出は見えないもう少し上手のようです。 ..

  • 水温12℃凸凹、激渋は脱して上向き

     首都圏の緊急事態宣言は解除してほしいですね。3月に入り水温12℃凸凹となり一時の激渋は脱して上向きとなっていると思われます。安定を求めてはいけない時期ですが日によっては相対的に良さげな日も出てきています。 釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。 にほんブログ村

  • アタリをとるために竿の安定性を保つ「両手で!」

     現時点の水温は10℃台、この冬の水温は底をうったようで1ケタ台まで下がることはなさそうです。2月の2週目前後から平均的には激渋モードといってよいような感じに見ています。  激渋だからということではなく私にとっては1年中のことですが、アタリ(特に微妙な違和感やモタレ系~小さく弱い前アタリ系)をとるために必要なのは竿の安定性を保つことだと思います。この点について改めて見直すということで書いておきます。釣りに行けずにYouTubeを見る機会が増え、はたとカワハギの「スナイパー釣法」もそういうことなのだと思ったこともありまして。  シロギス釣りは超LTなので普通に見かける釣っている時(誘いの時、アタリ待ちの時)の竿の持ち方は片手が多数派でしょうか?竿(リールと一体として)に対して支点が一か所、それでライン調整と回収の時だけリールのハンドルを持つので竿に対して支点が二か所的になる。的と..

  • 針の種類(形状)と掛かる場所

     前回記事から日にちが経っていますが続きということになります。  アッ!そうだ、シロギスの状況としては1月下旬以降も落ちギスのままで落ちギス度が上がっているのが現在までです。日により時間帯により釣れるチャンスタイムに合わせられるかがポイントです。ある筋からは激渋とかではなく想定範囲内の落ちモードということでしたが、それでもこんなに渋いのかと感じる人もいたり、アタリの数に対して掛かりにくいので燃える人もいたりでしょうね。気になるのはシロギスで出る船が減ってることです。  本題にもどってD-MAXの記事を読んでいて興味深かったことはT-1の「実釣テスト結果」です。針の形や部分の名称詳細は他に譲るとして私はアバウトな見た目と感覚で書きますが、T-1は軸の直線部分方向に対して針先が開いた(外向き)形状でありSaqSasS加工も加わって「喉奥に掛かってバレが少ない」ということが説明さてい..

  • 2017年(平成29年)は「船キス竿とキス針」進化の年

     2021年の釣りフェスティバル(かつては「フィッシングショー」)は新型コロナウイルス感染症の拡大によりオンライン開催でしたね。各メーカーさんが新商品を発表してきますが船シロギス関係では何か新しいものがあるのかないのか?よく調べてみないとわからないかなぁ。私が気になるのは竿と針ぐらいしかないのですけどね。(笑)テクニカル系小物釣りでは釣るためにはそこに行きつきますから。  さて、竿に関しては2017年(平成29年)にダイワ「極鋭KISU 82 H-175 AGS」とシマノ「リアランサー X キス KAKE 170」が発売され、その後はそれぞれのメーカーからそれ以上の性能(独断と偏見による。笑)の竿はでていないようですね。愛用している「極鋭KISU 82 H-175 AGS」にも少し改良の余地はあるとは思っていますが、テクニカル系小物竿は使いこなしてそのポテンシャルを十分に発揮させてな..

  • プレ落ちは2020~2021年落ちギスシーズン

        釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。 にほんブログ村

  • 2021 0103/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス105尾(1本竿)

    2021年1月3日(日):葛西橋・荒川屋釣船店 中潮:満潮8:06→干潮13:34、潮色:薄濁り、水温13.0℃ 天候:晴れ、風:北東5~2m 釣座:左ミヨシ、乗船者:10人 釣果:シロギス13~22cm、105尾(1本竿)  2021年、今年もよろしくお願いします。  初釣りは木更津沖で105尾の束釣りでスタートをきりました。朝一は探索気味に開始し中盤でまた探索を入れてラストの猛チャージが効いて束クリアとなりました。渋そうな前日情報なので1本竿の胴突き2本鈎でやりきりました。探索したおかげで現在の釣り場の範囲が把握できたのですが、相変わらず全体的は範囲はかなり広くプレ落ち、落ちギスはまだ固まらずの感じで状況推移しています。この日の各船のトップ釣果は30台~1束とかなりバラツキがありました。場所的にある程度広めでもほぼ同じ水深範囲の同じような場所のプチ船団の隣にいた船で..

  • 2020年 シロギス釣り総決算

     新型コロナウイルス感染症により新しい様々な対応が求められた2020年でした。緊急事態宣言がだされた前後の3か月間は釣りを自粛しました。各船宿で乗船人数制限や検温、消毒等の対策が進み少なくとも知る範囲では乗合船での感染はなし、それでも自身で消毒用アルコールを携行し感染防止対策等(屋外でもマスク無しの会話はしないとか)をしての釣行再開でした。  1月はプレ落ち絶好調(ここは2本竿)で始まり、2月下旬から3月も落ちの激渋はほぼなく順調な感じで釣れていました。自粛明けの6月中旬からは反動で?けっこうシロギス釣りに集中したかなぁ。(笑)夏の浅場は個人的には絶好調で秋~初冬も水温低下が遅れ気味で好調でしたが、フォールターンオーバー中とその後に釣りにありがちではあるけど昨日の今日とか前週の今週とか魚はどこ?食うのはどこ?の探索モードお巡り合わせもありでした。でも総じて1本竿でシロギスと向き合って..

  • 2020 1227/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス113尾(1本竿)

    2020年12月27日(日):葛西橋・荒川屋釣船店 大潮:干潮9:41→満潮15:16、潮色:薄濁り、水温13.5℃ 天候:晴れ、風:北5~2m 釣座:左ミヨシ、乗船者:8人 釣果:シロギス13~24cm、113尾(1本竿)  ブログへのアクセスがドーンと跳ね上がっておりましてご覧いただきありがとうございます。  前週末前後の低迷から23日(水)には束釣りの船があり上昇気配の場所がありましたが、全体的に上向き傾向とはいかずその日の場所を探索しつつ釣り方次第で釣果の幅が大きいです。26日(土)は束釣りの船がありましたが翌日の27日(日)はそこまで伸びずだったり、実際に当日に本船から遠目に見える範囲はかなり広かったし釣果も安定というよりはやや下降傾向な日だったと思われます。そんな感じの状況推移ですがこの日の全船で1本竿2本鈎でSGJ(Super Good Job)といえる釣..

  • 2020 1220 スミイカ12杯(コウイカ2杯、モンゴウイカ10杯)総重量12kg

    12月20日(日) 八幡橋・鴨下丸 濱生丸(望月船長) 中潮:満潮9:18→干潮14:44 潮色:薄濁り 天候:晴れ、風:北西10m~北5m 釣座:右舷トモ2番(乗船者18人) 釣果:スミイカ12杯(コウイカ2杯、モンゴウイカ10杯)0.4~1.5kg、総重量12kg  スミイカ釣りに行ってきました。いやぁデカモンゴウの衝撃の乗りはヤバイです。序盤の上潮は中ノ瀬で所謂スミイ(コウイカ)を狙い、下潮は南下してモンゴウイカ主体で狙う作戦になりました。コウイカ2杯が0.4kgと0.6kg、モンゴウイカは小さいほうで0.7kg前後が3杯、他は1kg前後を楽々アップで最大1.5kg、総重量12kgの水揚げ?はまたヤバイのでした。おまけに竿頭で良い釣りでした。2番手は11杯(左トモ)、3番手8杯(右突き出しのM君)でした。 ↑スカリで洗う段階で紐が手に食いみ痛いし腰にくる重量..

  • 2020 1213/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス131尾(1本竿)

    2020年12月13日(日):葛西橋・荒川屋釣船店 大潮:干潮9:41→満潮15:16、潮色:澄み、水温15.5℃ 天候:晴れ、風:北東4~2m 釣座:右ミヨシ2番、乗船者:13人 釣果:シロギス14~24cm、131尾(1本竿)  良い凪でした。前回、木更津沖の別の場所で束割れでしたがあの日はあの場所であのぐらいが限界でした。時々書いていますが釣果は魚影の表現形というやつです。今日やった場所(大まかに2か所)は大流し気味にじっくり流していきながら断続的にパラパラを繰り返す釣れ方で、経験的にこれなら束は見込めるなという魚影を感じました。中盤からの2か所目は1か所目よりさらに魚影アップで束をちょっと超える程度ではないこともわかりました。その結果が1本竿で131尾でした。食いがすごくよいわけではないし入れるたびにアタリがあるわけでもない、連発があっても派手に大連発で続くわけでもな..

  • 2020年秋、フォールターンオーバー

     今年の秋は珍しい現象がありました。すくなくとも私は今までに経験がなく、釣友や船長さんたちも経験がないようだったので備忘録として書いておきます。  2020年11月1日(日)に金沢八景・荒川屋にシロギス釣りに行きましたが、前日の模様が極端に悪くこれまでに釣れていた場所を転戦走り丸モードとなり釣果にならずだったそうです。その翌日の午前船でも4カ所で船中で型を見るのがやっと、どこも直前とはいえないですがかなり気配が良かった場所でさえまったくダメでした。5か所目でようやくここは良い感じに釣れるといった具合に場所ムラが激しすぎました。いくら落ちに向かう移動期とはいえ明らかにおかしかったです。原因は前日もそうだったとのことですがシロギスに限らず、所謂「汚れ」があって魚が口を使わなかったり「汚れ」が少しでも少ないほうへ逃げているのか、そんな関係で釣果がまとまらないのではないかということです。 ..

  • 2020 1123/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス92尾(1本竿)

    2020年11月23日(月):葛西橋・荒川屋釣船店 小潮:干潮4:56→満潮12:36、潮色:薄濁り、水温18.0℃ 天候:曇り後晴れ、風:北7~12~4m 釣座:右トモ、乗船者:7人 釣果:シロギス14~24cm、92尾(1本竿)  天気予報の風が吹く時間帯はほぼあたりかな、現着して開始間もなく風力が増しこのぐらい吹いてもおかしくはないという読みどおりに一時は風強く上潮とぶつかって波高し、大きな波で3回ほどトモ側が叩き気味でした。後半は凪レベルでした。一口に言えば木更津沖ですが木更津沖場所広し、落ちに向かう移動期に重なったフォールターンオーバー(約3週間)後でもありました。今日は釣れていた船とは土俵が違いすぎて(場所的に離れてて)、東京湾1人勝手にシロギス無差別級バトルは勝負にならなかったなぁ。魚がまばらな感じかつ活性の幅がありすぎな食い方でした。1本竿全集中で探りまくり誘..

  • 2020 1121 午前LTアジ 12尾

    2020年11月21日(土):金沢八景・荒川屋 小潮:満潮10:15→干潮15:11、潮色:澄み、水温18.0℃ 天候:晴れ、風:北8~12m 釣座:左トモ3番、乗船者:15人 釣果:アジ23~40cm、12尾  友人とその娘さん夫婦から今度はアジを釣って食したいというリクエストをいただき、再び午前船からの釣りパックに行っていきました。  予報より北風が強くなってしまい海上はバッドコンデションでした。上潮に北風がぶつかり波は次第にけっこう高くビギナーにはタナ取り、巻き上げ、取り込みと厳しい日になってしましいました。お魚がバリバリ食えば練習しながらできちゃうけど食いも渋めでしたから。  小柴沖で耐えつつじっくりの釣りでした。アジの食いは船中ポツリぐらいで、上潮でミヨシにコマセが効くというか風の状況で相対的に残るというか、ミヨシはクロダイ、トラフグ2kg?50cm近い..

  • 2020 1115

    11月15日(日) 八幡橋・鴨下丸 濱生丸(望月船長) 大潮:満潮5:00→干潮10:48 潮色:薄濁り 天候:晴れ、風:北3m南東6m 釣座:左舷トモ2番(乗船者15人) 釣果:スミイカ7杯(200~400g)   釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。 にほんブログ村

  • 2020 1103 第11回濱生カップ

    11月3日(火):第11回濱生カップ 八幡橋・鴨下丸 濱生丸(望月船長) 小潮:干潮3:12→満潮10:14→干潮15:36 潮色:澄 天候:曇り一時小雨後晴れ、風:北東4~2m 釣座:前半戦、左舷ミヨシ2番目、後半戦、左舷前から5番目(参加者22人) 釣果:前半戦(下潮)スミイカ2杯(10pt×2=20pt)    後半戦(潮止→上潮)ハゼ16尾(2pt×12=32pt)、              マゴチ1本(30pt×11=30pt)    合計82pt [11位かな?]  11月3日は恒例の濱生カップ、トライアスロンのポイント制の大会でした。これがいろんな意味で楽しい大会なんだなぁ。春~6月中旬までコロナの自粛で約三カ月の釣り自粛期間が明けてから、シロギス釣りの面白さに改めて目覚めたか?というぐらいにシロギス釣りモードだったため、マゴチもスミイカもぶっつけ本..

  • 2020 1101/金沢八景・荒川屋/シロギス55尾(午前27尾・午後28尾)(1本竿)

    2020年11月1日(日):金沢八景・荒川屋 大潮:満潮6:27→干潮12:12、潮色:澄み、水温19.0℃ 天候:曇り、風:北北東4~1m 釣座:右トモ、乗船者:20人 釣果:シロギス12~21cm、55尾(午前27尾・午後28尾)(1本竿)  大潮で潮時も半日船にはベストでしたが苦戦の一日でした。厳しい状況は耐える、粘る、逃さない(ちょっとした状況変化で釣れだした時合を逃さない)、ように全集中でなんとか少し釣れました。前日から湧いてきた春先のような汚れがこの日も残りそれが影響したのか、午前は以前に釣れていた数か所は魚が移動してしまったようでした。 「午前の部」  中ノ瀬周辺から開始しました。1本竿で仕掛けは天秤に振分けショートハリス20/50cmでした。下潮が適度に効いて左トモ流しで良い感じなのにアタリがほとんどありません。活発なのはパックンチョだけでした。船..

  • 2020 1025/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス74尾(1本竿)

    2020年10月25日(日):葛西橋・荒川屋釣船店 小潮:干潮6:03→満潮14:04、潮色:薄濁り、水温19.0℃ 天候:曇り後晴れ、風:北北東~北10~2m 釣座:左ミヨシ、乗船者:18人 釣果:シロギス12~22cm、74尾(1本竿)  天気予報がはずしてくれました。こんなに風が吹く予報ではなかったはずなのに朝のうち2時間ほどは10~8mほど北風が吹き、ちょうど上潮とケンカして風力のわりに波が高く掘れ気味のバッドコンデションの前半でした。次第に風がおさまり終盤はベタ凪になりましたが、前半は風が勝って上潮向きにはまったく流れず右にややズレつつのトモへの動き、後半はまったりと右ズレの要素が強くなりましたが右トモが最前線ぐらいの動きでした。というわけで左ミヨシは一日通して最後尾からの釣りになりました。全般に食いが悪くアタリが続かずまとまって釣れない状況が中盤まで続き、終盤によ..

  • 2020 1018/金沢八景・荒川屋/午前シロギス41尾(1本竿)

    2020年10月18日(日):金沢八景・荒川屋 大潮:満潮5:47→干潮11:51、潮色:澄み、水温20.0℃ 天候:曇り、風:北北東7~8m 釣座:右トモ3番、乗船者:20人 釣果:シロギス12~23cm、41尾(1本竿)  友人とその娘さん夫婦からシロギスを釣って食したい(釣りレクチャーも)というリクエストをいただき、それでは午前船からの釣りパックにしましょうと話がまとまったのでした。  風がややあり波もややボチャボチャしてましたが中ノ瀬周辺で開始となりました。右側2人、私、左側1人の配置でまずは釣ってもらえるように自分は道具を入れずにレクチャーしました。下潮が速いと予想したとおりに速く風向きも同じなので2枚潮でした。仕掛けは胴突き1本針でやってもらいました。ビギナーさんにとってはやり難い潮具合ですが、基本としてはサミングして余分なラインが表層で出過ぎないように落と..

  • 2020 1004/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス152尾(1本竿)

    2020年10月4日(日):葛西橋・荒川屋釣船店 中潮:満潮6:00→干潮12:11、潮色:薄濁り、水温22.5℃ 天候:曇り後晴れ、風:北3~1m 釣座:右トモ、乗船者:17人 釣果:シロギス12~23cm、152尾(1本竿)  絶好のベタ凪で潮も良く流れて超微妙なアタリも全部感知できるぐらいの海上コンデションでした。朝から狙った場所で大流しの繰り返し、プチ連発が断続的にありながら平均時速25尾キープで押し切る展開でした。152尾、今回も超楽しい充実の釣りでした。  仕掛けは1日通して「夢の天秤」に振分けのショートハリス(ハリス1号、20/50cm、針は競技キスsp8号)のみでした。  10月から6:30出船の13:30沖あがりになりました。7:25に前回の中盤以降に良かった場所で開始となりました。1投目はチョイ投げから船下までで潮の速さ(下潮が効きそうなので)..

  • 2020 0927/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス158尾(1本竿) 

    2020年9月27日(日):葛西橋・荒川屋釣船店 若潮:干潮8:00→満潮15:28、潮色:澄み、水温22.5℃ 天候:曇り、風:北5~2m 釣座:左トモ、乗船者:5人 釣果:シロギス13~23cm、158尾(1本竿)  1本竿で誘いアタリを出しまくり完璧に釣り切った感ありありな充実の158尾でした。東方面の他船の釣果相場をはるかに突き抜けていました。序盤はやや辛抱強く釣る展開、その状況でも比較的明確にアタリをだしてくる釣りやすい魚の割合が多めでした。その後に動いて2か所目で船長がよい場所を探し当ててくれました。中盤以降はその場所で最後までやりきりましたが、初めのうちは超微妙なアタリでも1人マジックモードが炸裂して魚影を確認し、流し返して全体に魚が回りだし極端に途切れることなく誘いが合えば連発モードが断続的にありました。  仕掛けは1日通して「夢の天秤」に振分けのショー..

  • 2020 0922/金沢八景・荒川屋/シロギス90尾(午前34尾・午後54尾)(1本竿)

    2020年9月22日(火):金沢八景・荒川屋 中潮:満潮8:19→干潮13:58、潮色:隅、水温25.0℃ 天候:曇り、風:北東7~10m 釣座:右トモ、乗船者:20人 釣果:シロギス13~23cm、90尾(午前34尾・午後54尾)(1本竿) 「午前の部」  ここのところの様子で下潮が速く二枚潮になってしまうので中ノ瀬で様子をみながらやるということでした。仕掛けはいつものです。ところがこの日は下潮がなかなか流れてこないので何か所やっても、すぐに型を見るだけで魚が食い続かないのでした。しかも北東風が7,8~10m程度吹いて海上はボチャボチャしているため、凪ならばやれる繊細な誘いや止めには制限があるし忍耐の拾い釣りとなりました。終盤になって大きめに北上して場所をかえたタイミングでようやく下潮が流れてきて想定ぐらいの釣れ方になりました。アタリ自体は弱めのものや居食いもありです..

  • 2020 0921/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス127尾(1本竿)

    2020年9月21日(月):葛西橋・荒川屋釣船店 中潮:満潮7:25→干潮13:25、潮色:澄み、水温25.0℃ 天候:曇り、風:北6~2m 釣座:右ミヨシ、乗船者:14人 釣果:シロギス13~23cm、127尾(1本竿)  1日潮ケツからの流し始めは速攻で流し込んだら拾いまくるそんな展開で中盤からの二枚潮も克服して1本竿で127尾でした。場所によりますが朝のうちの浅目の場所ではガツンとかギューンと不意打ち的にアタリをだす魚がいてちょっと夏モード?かと思えば、音無し居食いの魚もいたり時たまリアクションバイトで連発したり活性にばらつきがありました。折り返しぐらいの時間帯で1流しは大流しがバッチリはまって貯ギスモードがあって束釣り確定となりましたが一筋縄ではなかっただけにすごくおもしろかったです。 仕掛けは1日通して「夢の天秤」に振分けのショートハリス(ハリス1号、20/5..

カテゴリー一覧
商用