searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ねこむすめさんのプロフィール

住所
西成区
出身
韓国

忘れられた日本映画を発掘中。

ブログタイトル
ねこむすめのブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/kokusaiyuko/
ブログ紹介文
猫と昔の日本映画を愛するねこむすめの身辺雑記。
更新頻度(1年)

50回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2009/12/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ねこむすめさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ねこむすめさん
ブログタイトル
ねこむすめのブログ
更新頻度
50回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
ねこむすめのブログ

ねこむすめさんの新着記事

1件〜30件

  • ビデオ旅館

     新世界はインバウンド向けのホテルなどは休業しているところもちらほら。でも、昔ながらの温泉マークみたいなのはまだ残っているよう。 ビデオ試写室も健在。まあ、一人で入るだから大丈夫なのかなぁ。 しかし、ビデオ旅館っていうのもあるんですね。90分700円とは安いな

  • 人さがし厳禁

     新世界に来るとついつい新世界国際をチェック。枕詞がGo To とくれば次はキャンペーンではなくHellでしょう。なんか実感がありますね。 ここも映画館としていろいろとコロナ対策をしているんでしょうが、やはり最後はお客さん次第ですね。人さがしは厳禁です。結構、作

  • 串カツ 横綱

     ヒトに誘われて新世界の串カツ屋、横綱に行ってきました。 こんな時期だからソースは共同でつけるのではなく、かける方式。それより、油は悪いわ、あまり火が通ってないわ、おごってもらっているので文句は言えないのだけれど、こんなにまずい串カツを食べたことなかった

  • 馬喰一代

     危険といえばかなりそうなのだが、やはり映画を観たいという欲望が勝り、新世界東映で「馬喰一代」を観ました。1963年制作、瀬川昌治監督です。 舞台は大正初期の北海道・北見。無学で馬喰としての矜持を保つ片山米太郎(三國連太郎)は、行きつけの飲み屋でちょっかいを

  • 千本松大橋自転車保管所

     報道によると、コロナウイルス関連で仕事を失った方が4万人を超えたそうです。 そういうねこもその一人なんですが。 しかし、今日の時点でも特別定額給付金がねこの口座には振り込まれていません。何か嫌がらせか。なんで、大阪市民は松井に怒らないのか。問い合わせても

  • 千本松大橋自転車保管所

     報道によると、コロナウイルス関連で仕事を失った方が4万人を超えたそうです。 そういうねこもその一人なんですが。 しかし、今日の時点でも特別定額給付金がねこの口座には振り込まれていません。何か嫌がらせか。なんで、大阪市民は松井に怒らないのか。問い合わせても

  • エスカイヤ クラブ

     免疫力が下がっているのか、なかなか疾患は手強く病院通いから開放されません。 今回は瞼が腫れ上がってきたので、再び通院。 にしなり内では誤診ばかりされたので、難波までかかりつけの病院に行っています。口コミで評判がよかったので。お医者さんは気さくで、見立て

  • 日之出湯

     自律神経が乱れ気味なので、湯治しようとほぼ毎日銭湯に通っています。 いつもはなじみの銭湯なのですが、たまには足を伸ばして西成区内にある日之出湯に行って来ました。ねこんちから自転車で通える距離です。 この銭湯はカランが基本は軟水なのでお肌がしっとり。群馬

  • 持たない生活

     ニュースをみると特別給付金は9割が支給済みだそうですが、大阪市西成区在住のねこはまだです。 見事に残り1割に入ってるなぁ。しかし、仮にもらったとしても、市民税や国民健康保険を支払うので、結局は返却するようなもんで。う~む、こうやってお金って手元には残らず

  • 再訪 ワッハ上方

      森崎東監督がお亡くなりになりました。「男はつらいよ」でも、ねこは結局3作目以降、つまらなくなったなぁと思うのは寅さんがいいヒトになってしまったからでしょう。2作目は森崎監督だったのですが、寅さんはエゴイストで性格が悪いけれど、アウトローとヒトの良さの両立

  • ビデオデッキの修理

     ねこはAV機器に関してはかなり遅れたヒトで、いまだにビデオデッキを使用しています。忙しさにかまけて、昔撮りためてたビデオがまだあって、いま少しずつ観ていますが、ある日画面が砂だらけになってしまいました。音はまだ出るのですが、遂にもうデッキがダメになったの

  • 新世界国際も再開

     新世界でのいまや数少ない映画館、新世界国際も無事先月末から再開。手書きの絵とキャッチコピーが味わい深いですね。まるでねこに言ってるようで。誰が考えているのでしょう。 この映画館は基本3本立で、ときおりその中の1本がミニシアターで上映された名作映画が混ざっ

  • 十一人のギャング

     上映されていたのは「暗黒街最大の決闘」と「十一人のギャング」の二本立て。どちらも鶴田浩二のおやっさんと、梅宮たっちゃんが出ています。「十一人のギャングがおもしろかったのでご紹介。1963年制作、石井輝男監督です。 浜松市の大工場の従業員の給料を狙い権藤(鶴

  • 祝・新世界東映が再開

     休業していた、新世界東映が先月末から再開していました。上映予定だった作品がスライドしており、ちょうど観たかった作品だったのでマスクを付けて行ってきました。 入り口で、アルコール消毒。座席は一列交互に一座席ずつテープが張られていました。ソーシャルディスタ

  • 職業訓練

     一応、ネットを通じて就職活動を行っていますが、年のせいでもあるがなかなか決まりません。選考の際にも、エクセルを使えますかと聞かれるのですが、一応やり方は学んだので使えますとは答えるのですが、経験がないのがネックのようです。 でも、いままではエクセルより

  • ハローワーク阿倍野

     やっと前の会社から離職票が届きました。なにしろ、コロナの影響で失業者が激増しているので、対応が追いつかずにだいぶ遅れていました。それだけ、支給が遅れて無収入の期間が増えるのでだいぶ困窮しています。 大阪市は特別給付金の支給も、臨時雇いを含めて12人なので

  • また逢う日まで 大阪人権博物館

     今日で35年の歴史にいったん幕を下ろす大阪市浪速区の大阪人権博物館(リバティおおさか)に行って来ました。今月25日から31日まで、最後の一般公開が無料で行われていました。ねこは平日に行ったのですが、密にらならいよう気を配っていましたが、結構見学者が集まってい

  • 玉出木村家2

     基本は家で安静しているのですが、体力の低下を防ぐために、ぶらりと自転車で南海・岸里玉出まで行きました。途中、何件かのパチンコ屋さんが営業を再開されてますね。 目的は玉出木村屋。最近は高島屋でも売られていますが、いつも前を通りながらいつかは買ってみたいな

  • 夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース

    2本立て、続いて「夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース」を観ました。1968年制作、村山新治監督作品です。 お店の手配からホステス集めまで、バーやキャバレーの新開店の諸準備を請負うオープン屋をしてい宮田(梅宮辰夫)に、田舎成金の大倉(伴淳三郎)は1500万円でバー

  • 乾杯!ごきげん野郎

     思えば3月、仕事でヘロヘロになりながらも、これを観ないと後々思い残すだろうと、新世界東映で1961年制作、瀬川昌治監督の「乾杯!ごきげん野郎」を観ました。未ソフト化です。 歌手を目指しながら九州の養鶏場で働く4人の若者、梅宮辰夫、南廣、世志凡太、今井健二は、

  • 喫茶キーフェル

     診察のために難波に行きながら、やっぱり主だったお店はどこも閉まっていたのですが、南海難波駅の改札の近くにある喫茶キーフェルが開いていたので一休み。 アイス抹茶ティーを頼みました。店内は広いので、1テーブルを空けて、お客さんがくつろいでいました。入り口が広

  • キジムナー

     まず、最初に行った病院は近くの総合病院で、予約優先で外来はだいぶ待たされそうだったので、近くの喫茶店で時間をつぶしました。 入ったのは、社会福祉法人ピースクラブが障碍者の就労支援として運営しているカフェベーカリー「キジムナー」。午前11時まではモーニング

  • 病気療養中

     気がついたらGWも終わり。 先月から体のあちらこちらが痒くて、もともと乾燥肌だから春先は特にかなぁと思っていたのだけれど、じんましんになっていたので気になって近くの病院に行きました。 しかし、病院は混んでいて、密状態。1時間以上待たされたあげく、「ベルトか

  • 新世界東映も休業

     ねこは、毎週土曜日にアルバイトをしているのですが、勤務地に向かうのに、新世界を横切りま す。うわぁ、見事にヒトがいません。 でも、営業しているお店も何軒かはちらほら。店を外から覗くと、お客さんも少ないけれどいることはいますね。 ねこの行きつけの新世界東

  • にしなりの買い物事情

     大阪も非常事態宣言が出ました。 しかし、ねこは食料を買いに出かけなければ暮らしていけません。配達を頼むという手もありますが、生鮮食品などは見て買いたいので、とりあえずはスーパーに出かけています。 いずみやは8時までの短縮営業。そして、2階のカフェスペース

  • 1人花見

     大阪の桜はちょっと、いつもより遅いかな。ねこの家の前の桜もぼちぼちというところで。 今年はコロナ感染の影響で、花見も自粛モード。それに加えて、明日は大阪にも緊急事態宣言が出されるようで。いったい、どういう宣言かは分かりませんが、いろいろと日常生活に影響

  • 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々

     2006年制作、マルク・ローテムント監督の「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」を観ました。舞台は1943年のミュンヘン。スターリングラードでのドイツ軍大敗が噂され、戦況が傾く中、“白バラ”と呼ばれる地下組織グループが、匿名で人々に手紙を出し、ビラを配

  • 郭育ち

     1964年製作、佐藤純彌監督の「廓育ち」を観ました。  京都島原の芸妓だった実母に六つの年に捨てられたたみ子(三田佳子)は、お茶屋“末広”の女将お仙(三益愛子)の養女となりました。お仙はたみ子を見込んで、家事を仕込み、12歳で知り合いの老人に「性技」を施

  • The Cafe Plant Room

     ねこは酒飲みなので、基本的に甘いモノは食さないのですが、それでも半年に1度くらいは無性にケーキなどを食べたくなるときがあります。 このなんばのマルイの近くに昔からあるThe Cafe Plant Roomは、夜10時まで合いていることもあり、飲んではまだなんかモノ足りないな

  • キムジャン

     毎年、異常気象のせいか、野菜が高いですね。 白菜も1玉1000円もしています。 西成に来てからは、何不自由のない生活を送っているのですが、どうもおいしいキムチ屋さんが近辺にありません。仕方なく、生野区にある大黒屋というキムチ屋さんに配達に来てもらっていたので

カテゴリー一覧
商用