chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
水乃博士の「水と緑の話」 http://mizuno-hakase.seesaa.net/

水乃博士が水と緑の環境についてお話をします。専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。

水乃博士は、環境問題のスペシャリストそして化学プラントの何でも屋、樹木医師です。水処理装置の話し、海外プラント経験、脱臭に関する仕事、純水装置について、超純水研究、樹木医師の仕事など多岐に渡る経験談を面白く書いています。知りたいことがあれば、コメントを下さい。ブログ上でお話として返答します。 プラント技術者にとっての真実の経験談ばかりです。

水乃博士
フォロー
住所
長崎県
出身
神奈川県
ブログ村参加

2009/10/08

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 水乃博士の「水と緑の話」 耐寒と体感温度

    耐寒と体感温度 長野の森の家が寒くなってきた。 前回、薪ストーブの薪づくりが大変だと話したのだが、日ごろ鍛えてはいない右腕が腱鞘炎になったらしくて痛い。これでは薪づくりができずに、凍えてしまいそうだ…情けない。仕方ないから、家の周りの落ち葉を拾ったり、整理していらないと感じた古本や、古い布団、衣類までも燃やして過ごそう、さてもう少しの期間、11月中くらいは耐えられるだろう。 さて、人は室内温度でどのくらいまでを寒いと認識するのだろうか。室内の温度計とにらめっこしながらの日々で、体感しつつわかったことは、10℃あたりが寒くて我慢できないと感じているようだ。そもそも、関東あたりの..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 森の生活での食べ物(秋)

    森の生活での食べ物(秋) 以前、水乃博士はよく野草を食べることがあると書き、春先の山菜食を紹介したことがあった。 さて、この秋の森の生活では何を収穫して食べているのだろうか。 ”10月は栗拾い” 博士の家の近所には3か所、野生の栗が拾える場所がある。毎年10月は取り放題の栗拾いができるのだ。 しかし、野生の栗なので粒は小さくて、皮をむくのが結構大変だ。 ”野生の柿” 歩いて1分としないところに柿の木があり、毎年実がなっているの見ていた。今年初めて実をとって熟れてから食べてみた。一般的にこういう柿は渋柿だと思い込んでいたが、なんと甘いではないか、やった! しかし、..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 長野の森での生活

    水乃博士は、9月に退職して長野の森の中のログハウスにしばらく;本当に寒くて困るまで、居ることにした。 すでに3週間ほどが経過し、厚木からのひっこしの後片付けも終わり、生活が落ち着いてきたところ。11月には、近所の紅葉の変化がこんなにも美しいとは今まで知らなかった。ほぼ毎日、周辺を散歩して森林浴を楽しんで過ごしている。 さて、当初の予定にはなかったが、車を購入し(近くの駅まで歩いて50分、スーパーまで1時間かかる)、文明の利器;電子レンジを持ち込んで15A契約を20Aに変更してしまったが、おかげで安心してゆったりと生活ができるようで、まあ奥さんの言うことを聞いておいてよかっ..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 結婚40周年とは

    結婚40周年 水乃博士は結婚40周年という人生の節目を思い出した。思い出したというのはあまりにもいい加減であるが、記憶が突然にやってきたのだ。確か1982年結婚したと思うのだが...さて、結婚40周年というのは“ルビー婚”という。そこで、珍しくルビーを使ったアクセサリーを妻にと考えたのだが、その反応が悪い。「ルビーなんかいらない。それに40周年というのは来年のことでしょう。」 あれ?40年という節目は、40年経過した後のことであって40年目ということではないらしい。そういう考え方であるのか、ということで博士は結婚記念について調べてみた。 結婚後の経過年数とOOO婚というのを列挙してみ..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 40年のけじめ

    40年のけじめ 水乃博士が水処理技術の世界に入ってから、40年目となった。さて、水処理技術は発展しているのだろうか? 残念ながら現在の水処理技術はすでに成熟期になったというほどに、新規な技術がない。 30年ほど前に、博士が研究開発に多忙だったころは、ちょうど半導体産業の新興期であり、RO膜技術、UF膜、UV技術、脱気膜それらの組み合わせ技術に、ユースポイント配管ループ技術など、新しい技術が次々と立ち上がっていた。しかし、現在ではそれらの技術を管理し、磨きさらに純水の高純度化を図るという姿である。 今後に新しい技術展開はありうるのだろうか? 博士の考えでは、この4,5年の間..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 持続可能性とは何だろう(Sustainability)

    持続可能性とは何だろう(Sustainability) 水乃博士は、この“持続可能性”という言葉を十分に理解ができずに、仕事の上でSDGsへの関わりがあるため、ずっと困っています。 辞書的な意味では、「将来にわたって機能を失わずに続けていくことができること、システムやプロセスを含む。」と言われています。 いったい、誰が、何を対象として持続可能だとしているのでしょうか? 持続可能な経営、持続可能な資源、持続可能な消費、持続可能な投資、持続可能な素材・・・、流行り言葉に乗りたいのはわかりますが、博士にはその意味が理解できません。もともと、“Sustainable Developm..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 水は資源ではない

    水は資源ではない 水乃博士は最近考えた末に“水は資源ではない”と結論づけた。 過去にこの「水と緑の話」を始める際に、「淡水は地表水の0.01%…」という話をして、その大切さ、貴重性から資源と呼べるといった話をしてきたが、情勢が変化したといえる。 淡水とは、自然界で考えたら確かに貴重な存在になりかねないが、技術的に見れば、すでに海水淡水化技術は確立し汎用化しており、淡水を生産すること自体は難しいことではない。 資源とは、自然界におけるより上位の概念としての物質であると考えられる。 さて、淡水化するために蒸留法をとるならば、蒸留時にかける熱量は通常ならば加熱器から来るので、重油;石..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 プラネタリーバウンダリー

    プラネタリーバウンダリー Planetary Boundariesとは、人類が生存できる安全な活動領域とその限界点を定義する概念である。安全域や程度を示す限界値を有する9つのプロセスを定めている。 2009年9月ネイチャーに「人類にとっての地球の安全な機能空間」という表題で、環境学者のヨハン・ロックストローム氏から発表された。9つのプロセスとは、�@気候変動、�A生物多様性の損失、�B生物地球化学的循環、�C海洋酸性化、�D土地利用の変化、�E淡水、�Fオゾンホール、�G大気エアロゾル粒子、�H化学物質による汚染。うち、�G、�Hは定量化できていないもの、そして、�@、�A、�Bが、2009年時点で、すでに限界値..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 ノアの方舟と生物多様性

    ノアの方舟と生物多様性 水乃博士が最近のテレビドラマ「日本沈没」を見て、すぐに気になったのが以下の話「ノアの方舟」についてです。博士は人類至上主義ではないので、どうしても国土が沈んでも国民だけは生きていかなければならないということにピンとこないのです。人類さえ生き延びれば地球は何とかなるだろう…という考えは「生物多様性」を軽んじていると感じます。ところが、おそらく2千年以上前に描かれた神話の流れとして、旧約聖書には生物多様性をきちんと配慮した「ノアの方舟」が記されています。 旧約聖書の創世記に出てくる舟。神が人類の堕落を怒って起こした大洪水に際し、神の指示に従ってノアは箱形の大舟を..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 超純水は不健康(その2)

    超純水は不健康—その2 水乃博士は以前に、「超純水は不健康」というテーマで、超純水が飲用には適さない旨の話を書いてきたことがある。超純水は、ある意味では有機溶剤(イオン溶剤といったほうがいい)に近いほどの物質溶解性、表面洗浄性があるので、直に人が超純水を飲むと腹を下すことになる…といった内容だった。今回その2では、「環境に対して不健康」という話をしたい。 これまで、博士はどうすれば“H2O”そのものの超純水を作ることができるのか、といった研究開発にかなりの時間を割いてきた。その超純水の洗浄性が、半導体や液晶パネルなどの製品製造工程にきわめて重要なものになることがわかっていたからだ..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 サーキュラーエコノミーとZLD

    サーキュラーエコノミーとZLD 最近注目されている環境思想にサーキュラーエコノミーがある。 • サーキュラーエコノミーは言葉の通り、循環型の経済システムを指す。修理やリユースを通じて消費者が長期間製品を活用したり、製品を分解して新しい製品や素材の一部としたりするなど、循環利用を促進。廃棄物の発生や資源の採掘を抑えられる。環境に優しいだけでなく、持続可能な経済成長や新たな雇用の創出も見据えた産業モデル。 • 推進機関として有名なエレン・マッカーサー財団は、サーキュラーエコノミーの3原則に以下を挙げている。 • 自然システムを再生させる • 製品と原材料を使い続ける • ごみや汚染..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 金針菜を見つけた

    金針菜を見つけた 久しぶりの梅雨の中の晴れ間、水乃博士は近所のS.川の河原に散歩に出かけた。なんと、いつも休憩をとっていた場所の周辺にノカンゾウ(ワスレグサ)のオレンジ色の花がたくさん咲いていた。ワスレグサというのはユリによく似た多年草、ただ一日しか開花しないのだ。 中国で萱草は「母親花」とも呼ばれています。その故事としてはたとえば、随末、後年唐の太宗となる李世民が戦に向かう際その母親が心配のあまり病気になってしまったので、精神安定の薬効を持つ金針菜を煎じて飲ませ、その花を母の部屋のそばに植え憂いを忘れてもらおうとした…という話が残っています。(中国の食文化HPより) さ..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 食べられる食器

    食べられる食器に関して プラスチック資源循環法の制定によって、以前から環境汚染の元凶とされてきたプラスチックの使用削減とリサイクルが義務化されるようになってきた。プラストローの問題から始まり、スーパーのレジ袋が有料になり、各種の包装容器の無駄と環境への影響が懸念されて、ペットボトルは全量回収を目指し、ついにワンウェイプラ食器類すべてが有料化の対象になるといった、かなり急な対策が進められている。理由は海洋でのマイクロプラスチック汚染が顕在化しているためであり、環境保全に対してはこれまであまりにも放置されてきた分野であった。 水乃博士は、生分解性プラスチックの開発に関わっていた関係から..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 桑の実の収穫

    桑の実の収穫 今年は、桑の実の収穫が早い。もう桑の実ジャムを水乃博士は作って楽しんでいる。 桑の木は、神奈川の厚木地域には多くが自生(昔の養蚕の残り)していて、博士の近所の相模川河川敷きに立派なマルベリーのなる桑の木があり、毎年この時期には勝手に収穫してジャムづくりを行ってきた。 この桑の実;マルベリーは、注目されている栄養素の宝庫なのだ。 マルベリーには、ビタミンとミネラルがたっぷり!含まれているビタミンやミネラルは: ビタミンC:肌や様々なカラダの身体機能にとって重要なビタミン。 鉄分:カラダ全体に酸素を運ぶなど、様々な機能を持つ重要なミネラル ビタミンK:..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 プラスチック素材の開発

    プラスチック素材の開発への反省 どうやら、水乃博士は昔々に行ってきた材料関連の開発姿勢を改めておかなければならないことに気づき、最近心を痛めている。SDGs-12;海と海の資源の保全、14;持続可能な生産消費形態、ということに関して、明らかに負の影響を及ぼしている材料開発をしてきた。自らが、過去に手掛けてきたフッ素系プラスチック材料の純水装置への適用の主方針がまずい。 超純水としての水質が向上して、酸、アルカリ、溶剤などの性能を凌駕する“H2O”を造るために、装置材料が決してその“H2O”に溶出・溶解しないことが必要になった。そこで、フッ素系樹脂であるPVDF(ポリビニルジフロライ..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 レッドフィールド比

    レッドフィールド比 プランクトンは、海水から106:16:1の比率でC炭素:N窒素:P燐 を摂取して体組成を維持するという現象を発見者にちなんで、レッドフィールド比という。 水乃博士がなぜこの比率に注目するのかという理由は、有機排水処理における生物処理において、特殊な排水例えばゼラチンや寒天のように燐や窒素が、微生物生育の上で不足するといった状況が起こる成分が多量にある場合には、それなりの栄養補給として窒素化合物(肉エキスや硝酸塩、アンモニア塩)やリン酸化合物(ポリリン酸、リン酸塩類)を添加することがある。燐については、排水の放流基準が1ppmといった厳しい規制もあり、決して過剰に添加注入..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 植物をろ過膜上で生育する

    農作物を高分子のフィルム上で育てる アイメックという会社が開発した新しい技術は素晴らしい。水乃博士は、“植物をろ過膜上で育成する”という技術に感動した。 水と栄養分のみを透過するようなろ過膜と吸水性ポリマーの上で、トマトやイチゴを育成している。膜上面には植物の根が微細に成長して、能動的な水輸送と栄養補給が進んでおり、ビニルハウス内での光合成を可能にしている。 水分が、生育に必要量以上に供給されないような調整も可能になるので、トマトなどでは成長時にその栄養素の濃縮が起こる。また、土などで発生する害虫や病原菌の汚染も無く、健全な生育環境が得られている。 なお、こうした水、栄養..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 アクアポリンが少ない

    アクアポリンが少ないのか… 水乃博士は最近どうも体調が思わしくなく、健診では腎機能(BUN,CRE)が低下しており、頻尿、口渇き、だるさなどがある。いよいよ身体が壊れてきた、多分老化で体内のアクアポリンが少なくなってきたらしい。 アクアポリン(Aquaporin、AQP)とは細胞膜に存在する細孔(pore)を持ったタンパク質であり、MIP(major intrinsic proteins)ファミリーに属する膜内在タンパク質の一種である。細胞への水の取り込みに関係しており、水分子のみを選択的に通過させることができる。アクアポリン遺伝子の異常によって起こる疾患がいくつか存在する。ピータ..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 エシカル消費

    エシカル消費 最近よく耳にする「エシカル消費」とは一体どういう意味なのか? 今回は、水乃博士が今の時代に必要とされる“エシカルXX”について話をしたい。 “Ethical”とは、倫理的、道徳的という意味なのだが、「エシカル消費」とは、ヒトや地球環境社会に配慮した消費やサービスのことを言っています。SDGs(Sustainable Development Goals)と関係しており、その一つの目標「つくる責任、使う責任」につながっている。持続可能な方法で生産して、責任をもって消費すること。例えば、エコ商品を買う、マイバッグを使うなどの行動もその内です。 「エシカル消費」には、..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 土筆;つくし

    土筆;つくし 先日はお休みだったので、水乃博士はいつものウォーキングに、近所の相模川沿いに行った。2月末だったが、早咲きの河津桜がきれいに咲いており、気分良く、日差しも暖かく河原敷きを歩いていると、なんと足元につくしの群生を発見した。久しぶりに土筆料理が食べられそうだ。 スギナ(杉菜、接続草、学名:Equisetum arvense)は、シダ植物門トクサ綱トクサ目トクサ科トクサ属の植物の1種。日本に生育するトクサ類では最も小柄。春先に出る胞子茎をツクシ(土筆、筆頭菜)とよぶ。和名スギナの由来は、地上部がスギ(杉)を連想させ、春のツクシが食用されることから、「杉の菜」の意から名..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 サバの陸上養殖

    サバの陸上養殖 水乃博士は鯖アレルギーなので、鯖を見ることさえ嫌で避けてきた。しかし、興味深い“サバの陸上養殖”をJR西日本がやっているのだ。「お嬢サバ」だと! なんで、鯖のような大衆魚がブランド化するのか…。そこは、この“陸上養殖”にある。 陸上養殖は、水処理技術の賜物といえる技術だ。 まず、養殖について少し知っておこう。「魚介、海藻などを生け簀や籠、縄などを用いて、人工的に飼養して繁殖させること。」(広辞苑) 現在、全漁獲量は約9000万トンあり、内養殖は45%ほどであり、海洋漁獲は頭打ちといえるので、増やすには養殖に依存するしかなさそうだ。養殖には、海面養殖と陸上養殖がある..

  • 水乃博士の「水と緑の話」 ミンクの大虐殺

    水乃博士の「水と緑の話」 ミンクの大虐殺,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 蝗害の発生2020

    水乃博士の「水と緑の話」 蝗害の発生2020,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 淡蒼球が緩い

    水乃博士の「水と緑の話」 淡蒼球が緩い,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 白い紫陽花

    水乃博士の「水と緑の話」 白い紫陽花,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 免疫とは

    水乃博士の「水と緑の話」 免疫とは,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 DNA人類進化学

    水乃博士の「水と緑の話」 DNA人類進化学,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 人類の起源と進化(その1)

    水乃博士の「水と緑の話」 人類の起源と進化(その1),水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 足るを知る

    水乃博士の「水と緑の話」 足るを知る,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」新型コロナ肺炎の症状緩和に有効な漢方薬:清肺湯

    水乃博士の「水と緑の話」新型コロナ肺炎の症状緩和に有効な漢方薬:清肺湯,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 シンギュラリティ

    水乃博士の「水と緑の話」 シンギュラリティ,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 野生動物を食べることの禁止

    水乃博士の「水と緑の話」 野生動物を食べることの禁止,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 コウモリ宿主説

    水乃博士の「水と緑の話」 コウモリ宿主説,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 竹鼠を食う習慣

    水乃博士の「水と緑の話」 竹鼠を食う習慣,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 街路樹の木肌が白い

    水乃博士の「水と緑の話」 街路樹の木肌が白い,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 北京でごみの分別廃棄が始まる

    水乃博士の「水と緑の話」 北京でごみの分別廃棄が始まる,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 銀杏を食べ過ぎた

    水乃博士の「水と緑の話」 銀杏を食べ過ぎた,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 里芋の花

    水乃博士の「水と緑の話」 里芋の花,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 上海のごみ事情2019

    水乃博士の「水と緑の話」 上海のごみ事情2019,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 マイクロプラスチックとは何だ(その2)

    水乃博士の「水と緑の話」 マイクロプラスチックとは何だ(その2),水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 マイクロプラスチックとは何だ(その1)

    水乃博士の「水と緑の話」 マイクロプラスチックとは何だ(その1),水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 紫黒米について

    水乃博士の「水と緑の話」 紫黒米について,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 厄年について

    水乃博士の「水と緑の話」 厄年について,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 還暦を迎えた

    水乃博士の「水と緑の話」 還暦を迎えた,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 中国で縁起のいい数字

    水乃博士の「水と緑の話」 中国で縁起のいい数字 ,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 紅葉と気温の関係

    水乃博士の「水と緑の話」 紅葉と気温の関係,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 葉酸が足りない

    水乃博士の「水と緑の話」 葉酸が足りない,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 上海動物園

    水乃博士の「水と緑の話」 上海動物園,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士乃」「水と緑の話」 バイオマスプラスチックにフェノール?

    水乃博士乃」「水と緑の話」 バイオマスプラスチックにフェノール?,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 台風の名前

    水乃博士の「水と緑の話」 台風の名前,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 砂漠化との闘い

    水乃博士の「水と緑の話」 砂漠化との闘い,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 EV向け全固体電池

    水乃博士の「水と緑の話」 EV向け全固体電池,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 体温の調節

    水乃博士の「水と緑の話」 体温の調節,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 空心菜を食べる

    水乃博士の「水と緑の話」 空心菜を食べる,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 リンゴをかじる人々

    水乃博士の「水と緑の話」 リンゴをかじる人々,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 博士が半導体工場に帰ってきた

    水乃博士の「水と緑の話」 博士が半導体工場に帰ってきた,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 肌のエイジングケアについて

    水乃博士の「水と緑の話」 肌のエイジングケアについて,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

  • 水乃博士の「水と緑の話」 UV-LEDの水処理適用

    水乃博士の「水と緑の話」 UV-LEDの水処理適用,水乃博士が、水と緑の環境についてお話をしていきます。博士の専門は、水処理とバイオマス活用と樹木の医学です。生活の上での疑問から、学問的な知識、そして化学プラントの話まで、広く浅く面白く書き綴っていきます。理解できなかったことには、コメントを下さい。必ずブログ上でお答えします。

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、水乃博士さんをフォローしませんか?

ハンドル名
水乃博士さん
ブログタイトル
水乃博士の「水と緑の話」
フォロー
水乃博士の「水と緑の話」

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用