searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
夕べの晩ごはん/会津若松ブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/denen965/
ブログ紹介文
「夕べの晩ごはん」会津若松 旅館田園の毎日の夕食メニューから1品を紹介します。
更新頻度(1年)

296回 / 365日(平均5.7回/週)

ブログ村参加:2009/07/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、エンタさんをフォローしませんか?

ハンドル名
エンタさん
ブログタイトル
夕べの晩ごはん/会津若松ブログ
更新頻度
296回 / 365日(平均5.7回/週)
フォロー
夕べの晩ごはん/会津若松ブログ

エンタさんの新着記事

1件〜30件

  • カツカレー

    滞在するお客様しかいなかったのでカレーです。何か月ぶりで作りました。先日の玉葱炒めを使いました。炒めた玉葱は凝縮してますので何個分か分かりません。そんなわけで大変甘く仕上がってしまいました。カレー粉を追加するにもお子様カレーの味にしかなりませんでした。次

  • 肉炒め

    玉葱と薄バラ肉の炒め物です。薄切りのバラ肉は旨味があります。味付けは生姜味です。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • 鶏唐揚げ甘酢あんかけ

    から揚げの甘酢あんかけ、今回で3回目だと思います。アンはそれほど一杯にしませんでした。うっすら被る程度、野菜あんはタケノコ、人参、きくらげ、シイタケ、ピーマンです。味付けは唐揚げと合うと思います。問題はアンの量かな?量によってイメージがかなり違うので、多す

  • 玉葱をどうするか?

    玉葱を沢山いただきましてさてどうしようか?これしかないんですよね。刻んで炒める。その後冷凍して必要な時に使う。鍋に刻んだ玉葱を一杯入れ(約10キロ)炒めている様子です。最初からですと5分の1くらいになりました。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • 豚のしゃぶサラダ

    もう何度も出てますが豚しゃぶです。仕上げに2種類のドレッシングをかけてます。肉を上げる前のサラダです。夏らしい彩にしています。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • 豚ひき肉とナスの炒め物

    また、ナスです今回はひき肉と合わせました。ナスは一度油で揚げています。ひき肉を炒め少な目の中華味タレを入れ火を通します。この時筍の細切りも加えました。ナスと合わせて片栗小、ごま油で仕上げます。今回中華たれを少なくしたのはひき肉を食べやすくするためです。 

  • 焼きナス

    素朴な料理です。でも1番美味しいと思います。串を指して直火で焼きます。黒く皮が焼けますので水の中で皮を洗い落とします。その後適当な大きさに切り、削り節に卸生姜。ナスという食材はかなり好き嫌いがはっきりしていまして4分の1くらいの人は食べません。一度この焼きナ

  • マカロニサラダ

    マカロニサラダを少し豪華にしようと手を加えました。内容はキャベツ、胡瓜、の塩もみ、それからマカロニ、コーン、茹で卵、シーチキン、マヨネーズ、塩コショウ。最後ににラディッシュ輪切り、ベーコン焼きをトッピングしました。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • エビフライ

    いつもですと同じ皿にサラダの付け合わせなどエビフライと一緒に盛り付けますが、今回は別々にしました。陽気が暑すぎますのでギリギリまで冷蔵庫に入れておこう!そんな気持ちでの別盛りです。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • ニラ入れマーボー豆腐

    マービー豆腐には最近ずーっとニラを入れるようになりました。彩もよくなりますがニラ自体使う機会が少ないので中華に限りますよね、ニラを使うって。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • これが最後・・・

    「これが最後・・・」何度か言われ続けて貰っています。ワラビです。時期はとっくに過ぎているんですが採ってきてくれるんです。前回は3週間ほど前、全然問題なくいただきました。今回もアクを抜いてる段階ですが硬くなく大丈夫。また美味しくいただきます。   会津若松の

  • 風情がある お人形

    昔、こんなおじさんいたよなぁ~どことなくそんな思いにさせられます。「農民美術」の流れをくむ松澤登美雄さんの作品です。十数年前に知ったのですが今回チョット思い出しまして作っていただきました。会津の盃をバックにしました。こちらは「町医者」という設定ですがボー

  • ナス、ピーマンの中華炒め

    中華味噌を使った炒め物です。ナス、ピーマンは一度油で揚げます。斜めに切ったウインナーを炒め合わせ調味料、ナスとピーマンを戻してくずをひいて、ごま油。甘みがありますのでご飯のおかずに最高です。当館ナス料理の定番です。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • こづゆ

    会津名物「こづゆ」です。貝柱で出汁を採って賽の目の野菜がいっぱい入ります。そして豆麩が入るのが特徴の一つです。通常はお祝いの席で出される料理です。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • ピーマンの肉詰め焼き

    ピーマンに合挽を抱かせて焼いたピーマン肉詰めです。いつもはパン粉を付けて揚げるのですが今回は焼きました。どちらがイイか分かりません・・・ただ、今回焼いて最後の仕上げの味付けはもっと濃いほうがイイなと感じました。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • お刺身2点盛り

    イカとマグロの2点盛りです。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • チーズ春巻き

    既製品のチーズ春巻きを揚げました。野菜はレタス、キャベツ、紫玉葱、ラディッシュ、です。見えませんがインゲンと舞茸のかき揚げも付いてます。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • 生きくらげと豆腐

    生きくらげを買ってきましたので使ってみました。普段乾燥しか使わないので肉厚、柔らかさに新鮮な感じがします。今回は実験みたいなもので今後どういう料理に使おうかな~と試しです。おそらく周りが柔らくてきくらげの存在が感じられる料理。麻婆豆腐とか卵とじとか、に入

  • 手拭いを「ワンポイント壁紙風に!」

    手拭いを探してましたら珍しい柄を見つけたので購入しました。イギリスのデザイナーと濱文様のコラボ商品だそうでです。道理で日本の手ぬぐいとは一味違います。ヨーロッパを連想します。こんな使い方はどうだろう!と貼ってみました。手拭いというより壁紙という感じで貼り

  • から揚げの甘酢あんかけ

    何回か作りましたがこれでいいかなぁ~。鶏の唐揚げは薄味で衣はたっぷりと付けました。そこへ酢豚ように作った甘酢を掛けてあります。衣を薄くしたり、野菜を短冊にしたりと様々やってみましたが今回の酢豚同様の作り方、そして衣を厚くするやり方でよいと思いました。写真

  • スクランブルエッグ

    ホテルでは加熱しても卵が固まらないものを使用してるようです。当館では添加物は加えていません。完全に固まっていないし生でもない中途半端な火入れですが一番食が進みます。卵料理は生の黄身が崩れていく場面が「美味しそう!」と感じます。しかしこういう仕事をしてます

  • 会津磐梯山「え~や~♪」

    12、3年前、市会議員の方に会津磐梯山のCDを作って欲しいと頼んだだら「言っておきましたから~」とまるっきり気がないような返事をいただきました。全国的に有名な会津磐梯山の歌をないがしろにしていたんです。私の意見が聞いてもらえたとは思えませんが今回、民謡 会津磐

  • うな丼

    「うな丼」です。うなぎ専門店でもありませんし皆さんがご家庭で食べられる「うなぎの蒲焼」です。ご家庭とは違うのは弱火で30分ほど蒸してます。柔らかさはお店と変わりませんあとはタレですね。これは作れません。うなぎ屋さんのタレはタレだけでごはんが食べれます。これ

  • ワンタンスープ

    味噌汁替わりに豚スープを使ったワンタンスープです。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • しゃぶサラダ

    今回は野菜、肉。そして錦糸卵、パブリカを加えてみました。最後にドレッシング2種です。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • ローストビーフとタラのフライ

    ローストビーフは市販のものです。タラは塩コショウしてパン粉を付けて揚げました。タルタルの代わりにマヨネーズと粒マスタードです。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • ハンバーグ

    いつも通りのハンバーグです。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • 銀タラ煮

    とても脂があって珍重される魚です。身は柔らかく甘い味付け合います。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • サーモン刺身

    サーモンお刺身です。上はサーモン、マカロニ、コーン、マヨネーズ、塩少々で和えてみました。   会津若松の情報はこちらから・・・

  • 鶏唐揚げ

    唐揚げです。衣は唐揚げ粉と小麦粉を4:1くらいで合わせてます。   会津若松の情報はこちらから・・・

カテゴリー一覧
商用