searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

徒然写真帳管理人さんのプロフィール

住所
美濃市
出身
愛知県

自然以外の情報もあります。旅に出かけたときのものや民俗的な内容など気ままに更新しています。知り合いからはマニアックと言われているサイトです。

ブログタイトル
徒然写真帳
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tsureduresyasinntyou
ブログ紹介文
?人によるお気に入り写真のブログでしたが気がついたら管理人のみに....
更新頻度(1年)

290回 / 365日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2009/05/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、徒然写真帳管理人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
徒然写真帳管理人さん
ブログタイトル
徒然写真帳
更新頻度
290回 / 365日(平均5.6回/週)
読者になる
徒然写真帳

徒然写真帳管理人さんの新着記事

1件〜30件

  • 700×28cのタイヤ

    今から9年ほど前からサイクリングを初めています。目的は徘徊と書くと、怪訝そうな顔をされることが多いので基本的にはツーリング目的です。ですので最初はロードバイクに抵抗があり、シクロクロスからサイクリングを始めました。ただシクロクロスというレース用の自転車ですので最初に納車された自転車のタイヤは700×35c購入する前にみた雑誌では太いタイヤは乗り心地がよいということなので期待して乗っていたのですが、初めてということもあり差がわかりません。ただ言えるのはロングライドをする人たちだと、これだけ太いタイヤを使っている人は稀ということもあり。700×28cのタイヤへ交換したところ、劇的にペダルが軽くなり平均速度も随分早くなりました。それに味を占めた私は、700×25cにしてやれ!と思いタイヤ交換しました。こうなってくると...700×28cのタイヤ

  • 南木曽岳の森

    3連休初日に登った南木曽岳に行く理由は見事なコウヤマキ林があることです。今回もコウヤマキが見たいな~という理由で南木曽岳を選びました。人それぞれ理由は違うものと思いますが、コウヤマキを見に行こう!という理由で登る人は少ないだろうな~と個人的には思います。南木曽岳山麓にはコウヤマキが多く、部分的ですが優占しているところもあり見事です。森が好きな人であるならば一見の価値ありと思っています。そんなところですからコウヤマキの純林が広がっているのかと言われると答えはノー。確かに部分的にコウヤマキ林となっていますが全山コウヤマキというわけではありません。基本的には冷温帯針葉樹林というのが一般的なのかな?と思います。ただ優占する樹種が様々であることが魅力だなと思います。南木曽岳の遠望、針葉樹林が広がっていることが分かります。...南木曽岳の森

  • 自転車で行く南木曽岳登山

    昨日は、自転車で南木曽岳へ行ってきました。自転車で行くのは昨年の4月以来2回目となりますが、帰り道のルートは違う道で走っています。「前回の自転車で行く南木曽岳」へのリンク自転車で登山口まで行って山に登ると、サイクリングと登山の双方が楽しめお得ですが体力的には大変ですが充実感があります。さてルートですが、自宅⇒中津川市街⇒馬籠⇒馬籠峠越え⇒南木曽町蘭⇒南木曽岳登山口⇒南木曽岳登山⇒南木曽岳登山口⇒妻籠⇒名立⇒木曽川右岸を走り中津川市坂下⇒中津川市瀬戸⇒中津川市落合⇒木曽川右岸を中津川市苗木まで走る⇒美恵橋を渡り自宅GPSの記録だと全移動距離88km獲得標高2500mの内登山が7km獲得標高770ほどでした。さて今回のお題は、前回と同様に南木曽岳のコウヤマキ林を見に行くことを主たる目的として出かけました。金曜日に降...自転車で行く南木曽岳登山

  • 自転車のライト

    今年の初めに、一眼レフカメラを容易に出し入れできるフロントバックとしましたが、ハンドルにライトを装着すると、まともにバックを照らしてしまいます。そこで、ハンドルに付属のバーをつけて高さを稼ぐようにしたのですが、ライトがフロントバックの上面を照らし乗っていると眩しい・・・また路面をしっかりと照らさないので乗っていて苦痛となってしまっていました。そこで考えたのがフロントフォークにライトフォルダーを装着し照らす方法です。自転車も新しくなりフロントフォークにアイレットがついているのでライトフォルダーを先週装着しました。先日、南木曽岳登山のため自宅を早朝4時半に出発したため、初の新しい位置にライトを点灯しての実走ができました。まさに、狙い通りの効果で安心して暗闇の中、自転車を走らせることができました。この季節は日も短いた...自転車のライト

  • プラりサイクリング

    普段の日曜日は休養日としていて山登りやサイクリングは控えているのですが、先週の土曜日は実家のクロガネモチの剪定作業で終わってしまっていたので天気は良いけど何処へも行きませんでした。ですが新しい自転車に乗りたくて仕方がないというか本格的にサイクリングをシーズンインさせたので自転車は乗りたい。ということで午前中限定でプラりと出かけてきました。行先は、とりあえず木曽川サイクリングロードを流そうと思い一宮市の極楽寺公園を目指し自転車を走らせ到着。缶コーヒーを自販機で買い飲んでからサイクリングロードを走ろうと思ったら、私がお世話になっている自転車屋さんのサイクリングで知り合った方々がいます。ご挨拶をしたら、皆さん私のようにプラりと出かけ何故か集まってしまったいうことです。皆さん、私の新しい自転車を見るのは初めてということ...プラりサイクリング

  • Shin・服部製作所オーダーフレームの自転車の乗り心地

    既に何回かブログで書いていますがShin・服部製作所でオーダーしたフレームの自転車が納車されて早いもので2週間です。走行距離が200キロを越えてきましたので乗り心地は私の拘りの部分について書き綴ってやろうと思います。自転車に興味が無い方には何のこと?という内容であるのでスルーしていただければと思います。今日の午前中にサイクリングした時に立ち寄った入鹿池フレームはクロモリのTIG溶接で継がれていてパイプはtanngeChapionNo.1です。TIG溶接は伝統的なラグ溶接やロウ付けと違い、新しい技術での溶接です。ビルダーさんの話によるとフレームの特性がよく出るということです。そもそもクロモリの自転車に乗るのは初めてで評価することができないので、このあたりは他の方の論調をみてください。さて肝心な乗り心地ですが振動吸...Shin・服部製作所オーダーフレームの自転車の乗り心地

  • 剪定作業

    今日は実家に庭には、私の小学校の入学記念でもらったクロガネモチが今なお健在です。ですが大きくなるクロガネモチは正直なところ庭木には向かない存在です。はたまた植えた場所も悪く隣は近所の方の畑ですから、日陰となってはいけないので毎年、強剪定をします。この作業が結構大変で半日では終わらない・・・枝を落とす作業はすぐに終わるのですが、その後、ごみ袋へ入れていく作業が大変なんです・・・こちらに時間をとられ毎年一日仕事となってしまいます・・・このクロガネモチが私の入学記念樹でなければ切り倒してしまいたいと思うことでしょう?でも毎年のように、この1年伸びた枝を全て切り落としても枯れないクロガネモチって萌芽力が強くてすごいな~と思います。隣の畑の肥料のおかげかどうか知りませんが身長成長が1m強あるんです。これには毎年たまげてい...剪定作業

  • 木曽川沿いの紅葉を見て思ったこと

    既に1週間ほど経ちましたが先週中津川市内の木曽川沿いの道を自転車で走らせました。車で移動するには正直なところ便利な道ではありませんので以前に住んでいた時は行くこともなかったところです。ですが自転車に乗るようなり地図をみると気になる道となります。ということで今年に入り始めて足を踏み入れたのですが車もあまり走らないし適当にアップダウンがありサイクリングコースとしては最高です。先週は幸いなことに紅葉の盛りと相まって更に気持ちの良い道となっていました。自転車で走っていると散策をしている方を何人か見かけました。皆さんよく知っているな~と感心しました。本当はもっとゆっくりと走り、もっと写真を撮りたかったのですが雨がパラパラとしだして自転車のペースをあげて通り抜けてしまったことが残念でした。近くには苗木城址があるので併せて散...木曽川沿いの紅葉を見て思ったこと

  • ヒメコマツ

    先月の末のことですが白鳥町井洞のスギの天然林の散策の下山中にヒメコマツを見かけました。何だか久しぶりに見るなと思い写真を撮りました。アカマツやクロマツが二針葉であるのに対し五針葉であることから同じマツでも雰囲気が違います。アカマツ、クロマツは数が多く二針葉であることが一般的かと思うのですが種類数でいくと五針葉のもは多く思いつくだけでもヒメコマツ以外だとハイマツ、チョウセンゴヨウ、キタゴヨウが私の頭の中に浮かびます。種類数だけでみると五針葉のほうが一般的なのかな?と思ったりもします。ということがふと頭をもたげました。ヒメコマツは決して珍しい樹木では無く高山や下呂、郡上に住んでいた時には良く見かけていました。気候帯から考えても恵那でも普通に見られると思うのですが何故かあまり見かけません。ですから先月末に見かけた時は...ヒメコマツ

  • ハナノキの紅葉

    自宅周辺でハナノキの紅葉が見ごろとなっています。先週のサイクリングの途中で写真を撮ったのですが今一・・絶滅危惧種ですが自宅の近くでは普通にあります。ですから鮮やかな赤はハナノキなんですね。花の時期と紅葉の時期に目立つので、こんなにあったんだと思いながら朝の散歩を楽しんでいます。という記事を書いた理由なんですが、先日恵那市の公式キャラクターであるエーナを、まじまじと見ていて気付きました。尻尾の先がハナノキの葉がデザインされていることを。といってもしっかりと確認したわけではないのですが・・・今度、ちゃんと調べてみようと思います。(管理人)恵那市公式キャラクター「エーナ」ハナノキの葉自宅近くのハナノキにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキングに登録してみました。ポチッとしてくれると...ハナノキの紅葉

  • 北恵那鉄道遺構

    今年の5月のサイクリング中、中津川市苗木の木曽川右岸の道を自転車で走っていた時に出くわした北恵那鉄道遺構。(北恵那鉄道へのリンク)これを見てから北恵那鉄道の遺構が気になっています。ですから先日の根の上高原散策サイクリングの帰り道に鉄道遺構を見たいと思い少し遠回りをして帰宅しました。以前にも書いたのですが北恵那鉄道が建設されたのは木曽川に大井ダムを建設したことにより木材の流送ができなくたったことの補償として建設されたとのことです。その後紆余曲折があり1978年、今から40年ほどまえに廃線となった鉄道です。線路は撤去され大半は鉄道があったことが分からない状況であるのですが、一部で橋脚や橋桁が残されているのです。その様子をみて思うのは「よく撤去されず残っているな~」です。昔は川を使った輸送、その次は鉄道、その後はトラ...北恵那鉄道遺構

  • 根の上高原と鉄道遺構を巡る

    昨日の天気予報は昼前から雨。いつもなら、まぁ出かけるのはよそうかな?と思うところですが新しい自転車の乗りたいという思い強く出かけることにしました。場所は11月3日の状況から考えると根の上高原の紅葉が見ごろではないかと予測して出かけました。早朝5時30分、まだ暗い時間帯にライトを点灯して出発しますが灯りがフロントバックの上面を照らしてしまい路面をうまく照らさない・・・その対策としてフロントフォークにライトホルダーを装着するように段どっているのですがまだ届いておらず、明るくなるまではソロソロと走ります。というか根の上高原までの道のりは激坂ですのでソロソロとしか走れません...新しい自転車の性能を図るには好都合な激坂です。でも大変きついので性能のことなんて考える余裕が全然ありません・・・ただひたすら汗だくになって登り...根の上高原と鉄道遺構を巡る

  • マルバノキの花

    もう1週間たってしまいましたが、先週の金曜日、ふりかけさんと郡上市白鳥町井洞を歩いていた時にマルバノキの花が咲いていました。2人して花の写真を撮りまくりました。ただ、マルバノキの花の写真は難しく沢山シャッターを押したのですが良い写真が撮れません...マルバノキは別名ベニマンサクとも言われ紅葉も美しい樹木です。紅葉も独特で緑の葉と紅葉した葉が混在することもあり見ていて面白いです。下呂市や郡上市あたりでマルバノキは普通に見られ珍しくないですが分布が限られいて他地域にいくと見ることができません。また、秋に花が咲き、結実も秋となります。それに紅葉も加わるという面白い樹木です。今回も、この3点セットを撮ろうとと試みましたがフレーミングできるところに全てが揃っていないというか全然結実しておらず無理でした・・・そんな試みをし...マルバノキの花

  • 神坂大檜周辺の紅葉

    既に散ってしまっていると思いますが10月31日土曜日に恵那山麓の富士見台でのご来光を見たあと自転車を納車を受けるまで少し時間があったので神坂大檜を見に行ってきました。神坂大檜の周辺の森の紅葉は少しピークを過ぎていましたが見ごろでした。太平洋側の冷温帯針広混交林は多様な樹種で構成されたのと比例し様々な色に色づきます。今年は台風も上陸も無く、10月に入り急激に冷え込んだこともあり冷温帯の森の色づきは良かったと思います。9月から10月の初旬にあまり森歩きができませんでした10月の中旬からの週末は森歩きができ堪能できたかな?と思います。(管理人)神坂大檜の近くにあるヒノキの巨木。十分大きいのですが近くの神坂大檜があるので目立ちません神坂大檜。ヒノキを保護するため近くに寄れないようされていますので遠慮して遠くから。日本で...神坂大檜周辺の紅葉

  • 倒れてしまった新明神社の大杉(瑞浪市大湫)

    今年の7月、新明神社の大杉が倒壊したことが報道されました。その時は大変驚きました。「新明神社の大杉が倒壊」当初は大雨の影響で倒壊したとされていましたが、その後の調査で根が十分に発達していなかったことが倒壊の原因とされました。倒壊後も中山道の大湫宿のシンボルであった大杉をどういった形で残すか、在りし日の姿の写真展が行われたりと惜しむ形での報道がされていました。今年の1月に大杉を見た時、私の目には、落雷にあい木は痛んだが樹勢があるので、まだまだ生きるなと思いました。実際は違っていて私の木を見る目が無いなと思いました。そんなことを考えていたら無償に倒壊した大杉を見て見たいと思い先日のサイクリングのルートに組み込み見てきました。現地に到着した時は車の往来の邪魔になる部分が切られた以外は倒れたままの状態でした。自転車を止...倒れてしまった新明神社の大杉(瑞浪市大湫)

  • 新しい自転車でのサイクリング

    昨晩の予報では雨が朝方まで残るという天気予f報。午前6時までには止みそうです。ですが朝はウェットな路面です。乗っていれば汚れる自転車ですが新しい自転車で汚れやすいウェットな路面で乗るのは躊躇します。とりあえず朝起きてから考えようということでサイクリングに出かけることを前提に午前3時に目覚ましをセットして就寝します。予定どおり午前3時に起床したところ小雨ですが雨が降っています。どうしようかな?と朝食をとっている間に雨がやみます。ですが踏ん切りがつきません・・・雨雲レーダーと睨めっこして悩みます。午前5時になり行く決心がつき慌てて準備をして出発です。暗闇の中、ウェット路面で走りだします。フロントバックとサドルバックが泥除け替わりで泥跳ねは防げるのですがシューズはビッショリ。フレームは見事なまで豪快に汚れます。ですが...新しい自転車でのサイクリング

  • ムカゴイラクサ

    阿弥陀ケ滝を眺めたあと足元に目をやると、種がついている植物を発見。イラクサの仲間だなと思い、じっくり見るとムカゴが沢山ついています。正体はムカゴイラクサです。ムカゴイラクサには毒は無いし近縁種であるミヤマイラクサは山菜利用されることから食べられるだろうと思い以前食べてみたことがあります。生食だったので味は今一でしたがフライパンで炒って塩を振ったら美味しいだろうな~と食べた時は思いました。ですが先日見た時は食べようとは思いませんでした。何故ならば一株しか無いムカゴイラクサから採っても十分な量は無いし、仮にとってきてもこれだけを料理するの?と思うと食べる気がしませんでした。ですからムカゴの写真だけ撮ってその場を去りました(管理人)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキングに登録し...ムカゴイラクサ

  • 富士見台のご来光

    先日、自転車の納車が午前中だったので、納車までの半日は山歩きしようと思いました。ですが長い距離を歩けない。でも楽しみたいと思い立ったのが恵那山麓の富士見台。富士見台は展望がよく東側の伊那谷や南アルプスが一望できることから日の出が奇麗だろうと思い出かけました。先日の朝は放射冷却で冷え込み自宅の車のフロントガラスに霜がおりていましたので霜取に時間をとられ出発が遅れ少々焦りましたが予定通り神坂峠に早朝5時30分に到着。温度計で気温を確認していませんでしたが、ほぼ間違いなく氷点下の冷え込みで寒い。寒いし、日の出は富士見台の山頂で迎えたいという思いで久しぶりに山をハイスピードで登りました。おかげで体がポカポカ温まり日の出前はさほど寒く感じずに過ごすことができました。肝心なご来光ですが天気が良すぎて空全体が朱色に染まるなん...富士見台のご来光

  • カツラの黄葉

    秋にカツラの木に近づくとカラメルのような甘ったるい香りがするので見なくてカツラがあることが分かります。たまに森の案内をしたりすると、こんなことを話をします。その時に秋には見事に葉は黄色に色づきます。なんてことを話をするのです。ですが、私はカツラの黄葉の写真をあまり持っていません。何故だろう?と自問自答をするとカツラの黄葉は早く紅葉の盛りを迎える時には既に落葉しています。また、黄葉のピークの時は周囲が緑であることから目立ちません。そんなわけで黄葉の写真は奇麗だなと思っているだけで少ないのが実情です。何故、そんなことを書いたかというと阿弥陀ケ滝を訪れた時、見事なカツラの黄葉が見られたからなんです。(管理人)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキングに登録してみました。ポチッとして...カツラの黄葉

  • 紅葉の阿弥陀ケ滝

    休暇をとった金曜日、郡上市白鳥町の井洞のスギ天然林の散策後、同行していた「ふりかけ」さんと別れた後、真っすぐ帰るのももったいないと思い紅葉しているであろう阿弥陀ケ滝へ足を伸ばしました。滝へ続く道の入り口のあたりはカツラの黄葉がまだ残っており紅葉がまさに進行しているといった雰囲気です。カツラのカラメルのような甘ったるい香りの中、歩を進めると滝の周辺は見事に紅葉をしていました。そういえば紅葉の頃に阿弥陀ケ滝へ来るのは初めてだったかな?と思いつつ写真をとりました。しばし滝を眺めた後にゆったりと下りました。平日であったこともあると思うのですが誰一人出会うことなく静かな滝見物となりました。ちょっと脱線ですが前回はいつ行ったかな?と調べたら2017年2月4日の厳冬期に行っていました。ブログ記事をみていたら凍てついた滝を見た...紅葉の阿弥陀ケ滝

  • 新しい自転車となります。

    今日の午後、自転車の納車の日です。昼ご飯を食べて前の自転車に乗っかりショップまで出かけます。ボトルゲージやフロントバックの付け替え、防犯登録等の作業を終え納車となりました。「Shin・服部製作所フルオーダーバイク」ということでオリジナルの自転車です。これでツーリングが楽しくなるぞ!改めて仕様を書きます〇フレーム材質はクロモリブデン鋼フルオーダーパイプはtanngeChanpionNO.1〇フロントフォークVELOCINo.11CARBONFORKカーボン製で3つのアイレットつき〇コンポGRXグラベル用〇ホイールカンパニョーロシャマルカーボンDB書くととっても面倒なのでこの辺で・・・ちなみに塗装もオーダーでアトリエキノピオでデザインも込みでしていただきました。というわけで納車後、あまり時間がありませんが1時間強走...新しい自転車となります。

  • 井洞のスギ林

    今日、休暇をとり、ふりかけさんと銚子ヶ峰の紅葉を楽しもう!ということで早朝5時30分に郡上市白鳥町石徹白の白山中居神社の駐車場に集合していく予定としていました。予定通り5時30分に集合して銚子ヶ峰の登山口へ向け車を走らせたら通行止の看板。登山口に近いところなら大丈夫だろうと距離をみたら出発して直ぐのところ。通行止の時間は午前8時から午後5時まで普段なら歩くところなのですが、ふりかけさんが午前中しか時間がとれないことから、あえなく断念。こうなると、どこへ行くかです。そこで思い立ったのは郡上市白鳥町の井洞杉を見に行くことにしました。井洞杉の周辺は岐阜県内では珍しいスギの天然林で私のお気に入りの森の一つ。この森は「イボラスギ遺伝資源希少個体群保護林」「林木遺伝資源保存林」に指定され保護されている森です。ここのスギ林は...井洞のスギ林

  • 期待と不安が交錯

    いよいよ今週末、オーダーした自転車が納車されます。楽しみではあるのですが新しい自転車に対して期待と不安が交錯しています。今回に限らず物を買う時や旅に出かける前というのは何故か不安がつきまといます。これは性分なんでしょう?と思っています。今回の場合オーダーしている自分自身の拘りを盛り込んだオリジナルの自転車です。ですからマスプロ車で似た自転車が無いのです。本当に大丈夫なのだろうか?と思ってしまうのです。具体的にはクロモリはしなやかで振動吸収率が高いということ。本当かな?とかコンポはGRXというグラベルロード用に開発されたもの。本当に私の使い方にあっているのだろうか?このコンポの最も最も軽いのはフロント31でリアが32で1を下回ります。これって軽すぎないかな?なんて色々と考えてしまいます。まぁ乗ってみるまで実は分か...期待と不安が交錯

  • クマさん悪戯ないでね

    籾糠山山頂での出来事、「肝心なところが傷ついて残念だわ。新しいのに交換しないと」という会話が聞こえてきます。山頂の標柱は数年前に設置され新しいもの。何故無残の状況になっているかというとクマに齧られたから。そんなことを知っている私は、仕方ないよと思いながら聞いていました。クマが齧ってしまうのは木製の道標に防腐目的で注入している油脂分が影響しているようで、クマが傷つけてしまうということが多数発生し私も何度か目にしてきました。防腐剤がお気に召して齧っているのか、お気に召さないので傷つけているのかはクマに聞かないと分からないのですが私の周囲では色々と話題となりました。そんな出来事があり、しばらく考えると設置直後しか傷つけられないのであれば製造して十分、揮発させてから設置すれば大丈夫だよなと思い下山している途中に今年設置...クマさん悪戯ないでね

  • 登山道のメンテナンス

    天生の森が好きで毎年のように足を伸ばしています。森の美しさは当然ですが毎日のようにパトロールの方が歩き登山道のメンテナンスを行っています。天生を訪れる人が安全に歩いてもらうことを目的に一人500円の入山協力金を求めています。よく入山料と勘違いされていますが強制するものではなく協力金です。時に拒否する方もいるということですが、大半の方が協力をしています。私も当然協力金を支払ってから入山をしているのですが、その原資により登山道はこまめに補修が行われています。そのおかげで快適な山歩きができます。ここまでは協力金に関することですが、私がいつも感心するのは登山者目線でメンテナンスがなされているといことです。時折見かけるのですが、お金をかけて登山道のメンテナンスを行っていても階段が歩くのに適していなかったり、過度の整備で興...登山道のメンテナンス

  • 納車前最後の打ち合わせ

    先日の午前中、天生の紅葉を堪能した後はオーダーした自転車の最後の打ち合わせをしました。その内容はハンドルの高さを決めること。コンポ、サドル、シートポスト、ステム、ハンドル、ステムは組まれ最後はハンドルの高さを決めるです。ツーリング目的に乗る私はハンドルの位置が低くレーシーな仕上げだと楽しめません。ですがママチャリのように高くしてしまうと峠の登りで頑張れない・・・あと距離も100キロオーバーとなると、しっかり足が回せないということで前傾姿勢を作る必要があり最適なポジションをつくるうえで大切です。実際の高さは今乗っている自転車を持ち込み、その高さを参考に決めました。結果はハンドルの下にスペーサーをかませ2センチほど上げることになりました。実はステムを1センチほど長くしているので少しだけ前傾姿勢を深くすることになりま...納車前最後の打ち合わせ

  • 紅葉の天生を歩く

    金曜日、週末は何処へ行こう?天生はどうだろう?と思い、飛騨市河合町の知人に電話をしたところ、上は散ってるけど湿原の周辺は見ごろとのこと。昔は10月の下旬だと天生の紅葉は遅いという認識だったのですが、ここ数年は紅葉が遅いこともあり大丈夫なんだと思う。思い返せば先週は標高1,800mほどの濁河で見ごろだったことを考えればあたりまえなんですけど。湿原の周辺が見ごろなら行くしかないと思い先日の土曜日、天生の紅葉を楽しんできました。歩き出しは冷たい小雨が降る中、紅葉の盛りのブナ林の中をゆったりと歩きます。湿原に到着するとガスが適当にかかり幻想的です。天気もあまりよくないことから歩く人の姿も疎らでゆったりと歩けます。湿原の周辺を歩いたあとは空谷に沿った道を歩き木平の分岐から籾糠山へ向け急な坂を登り山頂へ!晴れた日であれば遠...紅葉の天生を歩く

  • スギヒラタケ

    かつては食用、今では毒キノコ。その正体はスギヒラタケです。かつては私はスギヒラタケを食べていました。今から何年前でしょうか?山でスギヒラタケを見つけ採ってきました。欲をかいて沢山採ってしまったので知人におすそ分けして採ってきた日の晩のおかずとしました。そして翌朝、新聞をみて驚愕しました。スギヒラタケを食べて亡くった人がいるという記事。昨日食べちゃったよ・・・しかも他人に渡しているし。幸い何事も無かったのですがその後の調査で、腎疾患がある方が食べた方が脳症を起こしたためとのことでした。食毒についての詳細については分からところもあるようですが、その後毒キノコとされました。ネットで調べてみると2004年のことでしたので今から16年前と随分前の出来事となりましたが、いまだに新聞記事を見た時の衝撃は忘れられません。(管理...スギヒラタケ

  • 天然更新

    濁河の御岳山麓の亜高山帯針葉樹林の中にある散策路を歩いていた時、林床の稚樹が気になってしかたがありません。林床にはコメツガ、トウヒ、ウラジロモミ、ヒノキ、ネズコ、シラビソといった高木層を覆っている樹種と同じものが生えていて、後継樹種が揃っているなと思い歩いていました。圧倒的にコメツガの稚樹が多く、恐らく最終的にはコメツガが優先する森になるのであろうと思っています。そんなことを考えながら歩いていた時、あるところで歩がとまります。林床一面にコメツガが広がっているところで前から気になっていたところなのですが歩が止まった理由は林床の稚樹が大きくなったのが実感できたからです。濁河の森は私のお気に入りなのですが下呂市から離れてから、なかなか行く機会が無く実に3年ぶりの来訪となったこともあり前に見たときにの印象とガラリと変わ...天然更新

  • ツルリンドウ

    先日、濁河の御嶽自然休養林内を歩いていたところツルリンドウの果実を見かけました。雨に濡れ鮮やかな果実が奇麗だなと思いました。ツルリンドウは耐陰性が高く暗い林床でも生きていくことができるので林内照度が低い針葉樹林内でよく見かけます。ツルリンドウは蔓竜胆(まんりゅうたん)という生薬になり様々な薬効がある薬草でもあるのですが、花や果実が美しい植物という印象を私は持っています。(管理人)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキングに登録してみました。ポチッとしてくれると、嬉しいです!!ツルリンドウ

カテゴリー一覧
商用