プロフィールPROFILE

徒然写真帳管理人さんのプロフィール

住所
美濃市
出身
愛知県

自然以外の情報もあります。旅に出かけたときのものや民俗的な内容など気ままに更新しています。知り合いからはマニアックと言われているサイトです。

ブログタイトル
徒然写真帳
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tsureduresyasinntyou
ブログ紹介文
?人によるお気に入り写真のブログでしたが気がついたら管理人のみに....
更新頻度(1年)

260回 / 365日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2009/05/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、徒然写真帳管理人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
徒然写真帳管理人さん
ブログタイトル
徒然写真帳
更新頻度
260回 / 365日(平均5.0回/週)
読者になる
徒然写真帳

徒然写真帳管理人さんの新着記事

1件〜30件

  • 公共交通機関

    毎朝の散歩の、時に平日1便だけ運行さえるバス路線のバスを見かけます。いつも、乗っている人を見かけないのですが、先日初めて乗車する人を見かけました。正直なところ便利ではありません。これってあまりにも無駄だなと思ってしまうところです。でも先日顎骨嚢胞の摘出手術をうけた時に公共交通機関の重要性を実感しました。今回の病気は嚢胞が顎骨内で広がり放置すると顎が破壊されてしまうので行った手術でしたので行きは正直なところ元気でしたので意図的に歩いていきましたので考えることもありませんでした。ただ全身麻酔をしての手術を受けたあとは公共交通機関を使いたかったのですが、土曜日でもありあまりにも不便なのです。タクシーを使えばよかったのですが何だか面白くないと思い無理して10キロもの道のりを歩きました。今思うと無謀だったなと思うのですが...公共交通機関

  • キカラスウリ

    何げなくパソコンの中の写真を見ていたら2週間ほど前に撮影したキカラスウリの写真が出てきました。実は顎骨嚢胞の摘出手術をうけるため10キロほどの道のりを歩いている道中に撮影したもの。その後、手術をうけたこともあり、すっかり写真を撮ったことを忘れていたという代物。場所は中津川市の坂本神社の近くです。周囲は奇麗に手入れされているのにキカラスウリだけが何故か残されているといった印象でした。恐らく意識的に残したのだろうと思います。利用については果実より塊根のほうが多くの利用があります。塊根から採ったデンプンは天花粉として利用されることが有名であるのですが、今の天花粉もそうなのだろうか?ちょっと調べてみたいです。私のようなものは利用について調べ楽しむことをするのですが実際は冬の時期に目立つ果実をみて、あ~奇麗だなと思うこと...キカラスウリ

  • 自転車のホイール

    先週の土曜日、自転車屋さんの誘いにのりGOKISOホイールの工場見学へ出かけました。お誘いをうけるまでGOKISOというブランドも知らず正直なところ物見遊山で出かけました。GOKISOはホイールを作っている後藤製作所がもともと名古屋市御器所にあったことからきていること、航空機の部品製造メーカーが、その技術を活かして10年前から自転車のホイールをしていることなど色々なことをしりました。特に興味をもったのはハブ、金属の研磨技術のすごさも知りました。話を聞いたり、ハブの抵抗が少なく延々と回り続けるホイールを見ていると欲しくなります。ですが値段を聞いてビックリ。ホイールどころか最も安いハブの値段が私の自転車より高いのです。これは流石に買えないとガッカリしました。GOKISOはディスクロードに対応していないため私はホイー...自転車のホイール

  • 気持ちが折れた

    昨日、自転車屋さんの誘いで最近話題のGOKISOのホイール製造工場の見学へ出かけました。工場見学を終えパン屋で昼食をとることに、顎骨嚢胞の摘出手術の影響があり軟らかいものを食べなければならない私は慎重にパン選び。ですが一品選択ミス。硬いのです・・・細かくちぎって、ほととんど噛まず飲み込んだのですが負担がかかったようです。昼食を終え帰路についている途中、口の中に血の味が広がります。あ~出血したなと思い実家に帰って口の中をみると血まみれ・・・口を濯いでしばらくしても出血は止まらず救急外来へ行き止血をしてもらいました。流石に心が折れ出かける気分になれず本日は珍しくゴロゴロとして過ごしています。手術して1週間以上経過しての出血。しばらくは大人しくしなければ。さもないと最も恐れられてる顎骨の骨折。嚢胞のため失った部分が再...気持ちが折れた

  • 宮田用水

    既に1週間が経過してしまいましたが、先週は宮田用水探検サイクリングをしてきました。何故、宮田用水かというと、このところ犬山から一宮まで区間の木曽川の河川敷をブラブラする機会が増え、地図を見ると宮田用水の存在が気になりますので下流から辿ってやれ!ということで自転車に乗って探検です。探検区間は木曽川の南派川の合流点近くから木曽川から取水している犬山頭首工の区間まで。大半はパイプライン化され水が流れているのを観察できるのは大江用水、新般若用水の取水口と南派川との合流点付近と取水しているところぐらい。このように書くと歴史が浅いのかと思われるのですが現在の状況になるまでは紆余曲折あり宮田用水の取水は400年になるとのことです。色々と調べてみると御囲堤が作られ濃尾平野への水の供給が無くなり木曽川から取水するために作られた用...宮田用水

  • 長かった1週間

    今日は、顎骨嚢胞の摘出手術の緊張が抜けたようで疲労困憊で一日静かに過ごしました。先日は朝散歩し昼からサイクリングをしていたのがウソのよう。どうも緊張感が続いていたため体が動いたのでしょう。冷静に考えると全身麻酔で2時間に及ぶオペをうけ、24時間以上抗生物質を大量に体に流し込んでいたのです。体に相当なダメージがあったのに退院後10キロを歩いたり、その翌日にサイクリングできたのは手術を受けるという緊張感が続いていたからでしょう。昨日ようやく緊張が解けたのか先日は10時間連続睡眠という若かった時のような深く眠りました。思い返せばこの1週間は本当に長かった。先週の火曜日に入院したのが遠い昔のように感じます。退院後見た御嶽と恵那山の写真病院から出た時の解放感は最高だったな~にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほん...長かった1週間

  • 自転車のフロントバックを新調

    サイクリングの時、自転車を止め自転車に跨ったまま写真が撮れるようフロントバックに一眼レフカメラをいれて走行していましたが今まで使っていたフロントバックは今一小さく無理やり出し入れをするのでフロントバックやカメラが痛む。はたまたカメラが重たく自転車のブレーキ、シフトワイヤーの痛みも早い。今より大きなフロントバックを思い探すと、スポルティーフやランドナーといったようなツーリングバイクでフロントキャリヤを装着した自転車用のものばかり出てきます。ですがそういったフロントバックだとフロントキャリアの無いロードバイクには装着できない。何か良いものは無いだろうかと思い昨年の暮れ、私が出入りしている自転車屋さんに相談したら「オーダーするしか無いかな?」と言われオーダーすることを考え出していたところ年明け早々に、お店から丁度良い...自転車のフロントバックを新調

  • 顎骨嚢胞

    昨年末、突如顔が腫れあがり歯医者を受診したところ顎骨嚢胞が発見され、歯科医師から口腔外科に行くよう行かれ行ったところ、顎骨嚢胞の原因となっている親不知と顎骨嚢胞を摘出手術をすることになり、先週の1月7日~11日の間、入院し昨日無事に退院できました。入院する前、病院の説明で自家用車で行き入院中は駐車場に車を置いておいていいですか?と聞いたところ、しばらく無言で「ダメでは無いですが、自己責任で」と言われました。言われてみて入院患者が自家用車で来るなんでことは想定されていないことを悟り、ひょっとする予期せぬトラブルになると思い自家用車で行くのを諦め公共交通機関で行くことを考えたのですが、なかなか不便・・・、距離を調べると10キロをきるぐらい。こりゃ歩いても公共交通機関で行っても大差ないなと思い中津川市にある病院まで歩...顎骨嚢胞

  • ムクノキ

    私が時折歩いたり、自転車で走る木曽川の河川敷にある扶桑緑地から犬山緑地をつなぐ散策路沿いにムクノキの大木が一本あります。周囲の樹木より大きかったことから散策路はムクノキを避け作られていますので目立ちます。幹の太さもさることながら、それ比例し樹冠も大きく散策路を覆い見事で、まだまだ大きくなることでしょう。ムクノキは大きくなる樹木で濃尾平野ではよく見かけます。お寺に植えられていたりして身近な存在です。と書いていますが、私は数年前まで実家の周辺に寄り付かなかったこともあり実は故郷の近くの植生に疎いのです・・・ですが、数年前から実家に帰るようになるとプラプラと近所を出かけるようなっていることから故郷の自然に目が向くようになります。そんなわけでムクノキが気になっているというわけで今年は意識してムクノキを観察してやろうと思...ムクノキ

  • 2つの大衆食堂

    昨年末に出かけた紀伊半島の旅で立ち寄った食堂を2つ紹介1つ目は漁師町である南伊勢町田曽浦にある「とのや食堂」昔カツオ遠洋漁業で栄えた漁師町は町の規模の割に店が多く、小さなスーパーや食堂が多い。そのうちの一つである「とのや食堂」に立ち寄りました。少し前に立ち寄ったスーパーで「てこね寿司」と「さんま寿司」を購入し田曽浦漁港で海を見ながら食べたあとだったのですが気合をいれスペシャルうどんを注文していただきました。どうも寿司屋さんのようですがメニューをみるとうどんが目立つお店、昔ながらの食堂といったところでしょうか。高級食材や洒落た店内というわけではないのでおちついて食べることができました。チェーン店で見られるマニュアルも無い自然なおもてなしがある大衆食堂は漁師町に似合うお店でした。ちょうど先日立ち寄ったとき、ウドちゃ...2つの大衆食堂

  • 県道船【三重県道750号線】

    先ほどの記事でも書いたように昨年伊勢~鳥羽~志摩~南伊勢のサイクリングを終えたあと的矢湾を渡る県道船の存在を知りました。しかも、よくよく調べてみると昨年自転車で的矢の集落を自転車で訪ね船着き場の前まで行きながら気が付いていなかったんです。我が目、まさに節穴ということを実感しました。そう分かると乗ってみたくて仕方がない。というわけで先日のサイクリングのルートに組み込んで出かけてきたというわけです。それでは、これからが乗船記ということで。伊勢を出発して鳥羽を経由し海岸線を走る三重県道を750号線をひた走り的矢の乗船場に到着しました。昨年来た時はコミュニティーバスのバス停と思っていたところです。ちゃんとみると県道船と書かれている・・・思い込みなんですね。行く前にGISで確認したところ乗船場とされていたので本当に見落と...県道船【三重県道750号線】

  • 県道船に乗る旅(伊勢~鳥羽~志摩~南伊勢サイクリング)

    昨年、伊勢~鳥羽~志摩~南伊勢を自転車で巡った後に的矢湾に県道船があることを知りました。存在を知ったら乗ってみたいという気持ちが強くなり先日行ってまいりました!といってもただ船に乗るだけでは面白くないので三重県道750号を辿るサイクリングを行い県道船区間を輪行するというルートにしようと思いました。このルートで周遊しようと思うと伊勢を発着地として750号線を走り剣峠を越え伊勢に戻るのが距離が100キロ程度となり一日かけて走るにはちょうどよい距離となるため伊勢を発着地として出かけました。ただ一点、昨年の12月28日というと随分前のように感じますが1週間前早朝散歩クラブで歩いた区間と重なってしまうということが残念ではありますが・・・あと余談ですが思いのほか早く伊勢に戻ることができたので当初は考えていなかった伊勢神宮を...県道船に乗る旅(伊勢~鳥羽~志摩~南伊勢サイクリング)

  • 千代保稲荷サイクリング

    千代保稲荷の参道の串カツを食べに自転車で行くのが自転車の乗り始めとなっていて今年も行ってまいりました。朝実家を出て木曽川を目指し西進し、木曽川にたどり着いたら南進をして馬飼大橋で木曽川を渡ってからは更に南進をし、木曽川と長良川を分流している背割堤を立田大橋まで南進をしてから長良川を渡り治水神社を参拝。その後は千代保稲荷を目指し北上します。千代保稲荷に到着するころには大晦日と元日で食べすぎ食欲が失せていたのもすっかり解消し、美味しく串カツとドテを食べからは、木曽川沿いを北上して犬山城まで走ります。犬山城から素直に実家に帰るのは面白くないので入鹿池を経由し五条川沿いを下り実家に帰宅しました。毎年のことといえ120キロほど走るので結構疲れます。(管理人)馬飼大橋付近<imgsrc=”https://blogimg.g...千代保稲荷サイクリング

  • 明けましておめでとうございます

    新年あけましておめでとうございます。昨日はすっかり他事をやっていてブログを書くのを忘れていました・・・昨日は一宮の実家から真清田神社まで徒歩で初もうでに行ってきました。片道6キロほどですので半日かかりの初もうでとなりました。昨年は自転車で、一昨年はランニングで今年は徒歩でと。今年は走っていこうと思っていたのですが気分がのらずのらりくらりの散歩での参拝となりました。といっても普段歩かないところをプラプラと歩くのはなかなか楽しいものでした(管理人)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキングに登録してみました。ポチッとしてくれると、嬉しいです!!明けましておめでとうございます

  • それではよいお年を

    今年も残すところあとわずか。先日、紀伊半島からの旅から帰宅した翌日に年賀状を書きというか作り、散歩をかねて年賀状を投函しにいってきました。その散歩の途中に立ち寄った武並神社では正月を迎える準備が淡々と進められていて年の瀬を感じました。今年も色々とありましたが来年はどういった年になるのだろうか?とりあえず私事ですが新年早々に嚢胞摘出手術をうけるため入院がきまっており憂鬱です。それ以降は良い年になるようにしなければと思っています。以前は年末年始はブログもお休みでしたが、今年から年末年始もブログを書き続けていますので、それではよいお年をと書き24時間もしないうちに新年のご挨拶の記事を書くことになります。といいつつも儀礼的ではありますが、良いお年をお迎えください。(管理人)武並神社の様子にほんブログ村にほんブログ村にほ...それではよいお年を

  • 大井ダム

    27日に休暇をとったので私の冬休みは今年は27日から。でも、ふりかけさんとTさんと出かける紀伊半島の旅は28日。休みだ~!と27日にハードに動いてしまうと28日に影響がでる、でも家でじっとしたくないと思い思案。思いついたのは大井ダムへ行こう!というもの。何をいまさらと言われてしまいそうですが、お恥ずかしながら私は大井ダムの堤体に歩いていけるということを、つい先日まで知らなかったのです。行けると思うと私のような放浪癖がある者は行きたくなってしまうのです。自宅から大井ダムまで5キロほどしか離れていないので歩いて行くことに。天気は回復基調なので大井ダムから日の出がみたいなと思い早朝5時30分に自宅を出発しましたが天気の回復が予想以上に遅く道中雨に降られてしまう・・・当然、日の出は見れずといった状況。幸い、通り雨程度で...大井ダム

  • トベラの果実などなど

    先日、南伊勢の海岸線を歩いていたらトベラの赤い果実が見ごろでした。紀伊半島へは冬の時期しか行っていないので見ごろの頃に歩きに行っているが正確かな?ということで先日歩いた紀伊半島の旅で私が写真を撮っていた木本類の写真を載せます。最近、こういったことをしていなかったので、全然植物を覚えることができなくなってきていたので少々真面目に覚える努力をしようと思っている師走のひと時です。(管理人)蒴果が開くと粘着物質をまとった赤い果実奇麗です。蒴果が開く前は、こんな感じ歩いていた突如視界に飛び込んできた。何だ?このオバケのようなヤツデは?帰宅後調べたらカミヤツデ。外来種のようです。フウトウカズラの写真を撮り終え視線を下に落とすと見知らぬ果実が目に飛び込みます。形状をみるとモクセイ科だなと思い図鑑で調べたらネズミモチ。フウトウ...トベラの果実などなど

  • フウトウカズラ

    山住峠越えのサイクリング中、天竜区龍山地区でスギに這い上がる、つる性常緑樹を見かけました。これ何だろう?と思い自転車から降りて観察すると赤い果実がついている。特徴があるからすぐ分かるだろうと思い帰宅してから調べてみるが分からない。これって何科?ということで総まくりしなければならなくなり挫折。そんなことは2週間もたつと忘れてしまうのですが、先日、年末恒例の紀伊半島歩きをしている最中、田曽浦にほど近い道端で2週間前に観察した、つる性木本があるではないですか!そういえば調べようと思って挫折したんだった・・・今度はしっかりと葉と果実を採取し本日図鑑で調べてみたところ正体はフウトウカズラ。本州では唯一のコショウ科コショウ属ということだそうです。ですから、私の頭の中で一体全体何の仲間?と思ったはずです。私の頭の中の引き出し...フウトウカズラ

  • 年末の紀伊半島南部の旅

    ここ数年、ふりかけさんとTさんとで年末に三重県南部の紀伊半島を歩いています。今年は志摩市浜島~南張~田曽浦~宿浦~南張~浜島を歩いてきました。毎年、日帰り強行軍ということで早朝3時30分に美濃市に集合し一路志摩市浜島まで車を走らせ日の出前に到着。浜島海水浴場に車を止めさせていただいて日の出を見てから田曽浦に向け出発です。いつものごとく気の向くままプラプラと歩きながら師走のリアス式海岸の集落を巡ってきました。ルート図浜島の朝日浜島のお堂一昨年歩いた局ケ頂を望む田曽浦カツオ遠洋漁業で栄えたところだそうです田曽浦は意外といったら叱れてしまいそうですがお店が多く歩いていて面白かったです。恐らく昔は羽振りが良かったのでしょう宿浦浜島港浜島の集落夕日日没後、蜃気楼が出現年末の紀伊半島南部の旅

  • 蜃気楼

    今日は、ふりかけさんとTさんとで出かける年末恒例の紀伊半島の旅に行ってきました。今回は志摩市の浜島をスタートし~南張~田曽浦~宿浦~南張~浜島を巡る旅でした。旅を終え浜島の海岸で夕日を眺め太陽が西の空に沈んだ直後に現れたのが蜃気楼。旅の終わに蜃気楼。なんだかよい気分となりました。今日は疲れたので眠りますが今回の旅の様子は少しづつ書いていこうと思います(管理人)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキングに登録してみました。ポチッとしてくれると、嬉しいです!!蜃気楼

  • 門桁

    天竜区水窪町河内浦の集落から山住峠を越えて最初にある集落は門桁です。峠を越えてから集落へ到着する時は違和感は無いのですが、集落を越え気田川を下ると延々続くゴルジュ沿いの県道。10キロ以上走行してようやく最初の集落に到着します。私が走った逆で走ると深い峡谷を越え出現する集落に驚愕することでしょう。今でもその名残があり郵便は春野からではなく水窪から配達されているということです。実際に私が峠を越えている最中に郵便局の車をみかけていますので水窪文化圏であることを納得できます。。門桁に車道が通ったのは森林鉄道が廃止されたのちの昭和40年とのことです。それからは物資の運搬や人の移動は気田川の下流と行えるようになったと思いますので、当地にモータリゼーションが訪れたのは半世紀前となります。今でも県道は夜間通行止めとなるとのこと...門桁

  • カラスウリ

    先日、木曽川の御囲堤の堤外にひかれた宮田用水沿いの集落をブラブラとしていた時にカラスウリの群落に遭遇。沢山のカラスウリの果実を見ながら、こんなに沢山あったんだと思いまじまじと観察。花については夜咲くこともあり見たことがないので来年は夜に出かけ花を観察したいな~と思いながら歩きました。宮田用水沿いの集落というか御囲堤の堤外の集落については以前から気になり、その第一弾として歩きました。そのことについては後日書こうかなと思っています。なんだかタイトルと違うことを書き出してしまったので今日はここまで。(管理人)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキングに登録してみました。ポチッとしてくれると、嬉しいです!!カラスウリ

  • 高根城

    山住峠を目指し自転車を走らせいた道中、水窪の街に差し掛かった時に「高根城」の案内看板が目に留まります。そういえば以前テレビで高根城を紹介する番組をみて行ってみたいな~と思ったことを思い出しました。時計をみると高根城に立ち寄るだけの時間はあると思い寄り道をして高根城址へ出かけました。典型的な山城で一部復元がなされており見晴らしがよい。特に水窪の街が一望でかつて秋葉街道を進軍してきたであろう武田の軍勢を見張るにはちょうど良いロケーションであったことが分かります。テレビで紹介されたところなので、そこそこに人がいるだろうと思っていたのですが工事で来ている人以外はおらず少々拍子抜けでしたが行ってみて良かったと思いました。城跡としての魅力はさておいて、対岸の集落。これがまた凄い。城の場所より高いところまで集落が広がっていま...高根城

  • 山住神社のお札

    山犬信仰が残る山住神社。ここでいう山犬とは狼のこと。先日出かけた山住神社、更に1週間前に出かけた春埜山大光寺が狼信仰で知られています。といっても春埜山大光寺については今月に入って知った程度のにわか知識・・・山住神社については以前から知っていて浜松市天竜区水窪町に出かけると時折山住神社の狼が書かれたお札を見かけます。今回のサイクリングで、その様を写真に収めようと思っていたのですがすっかり忘れ山住神社まで行ってしまいました。こうなったらお札を売っているところで撮ってやろうと思い写真をと思ったのですがお札を買わないのに写真に撮らせてという度胸も無かったので遠くから望遠レンズで撮影となりました。北遠地域に行かれた折には山住神社のお札を探してみてくださいませ今は絶滅してしまった日本の狼、信仰の対象としては今でも生きていま...山住神社のお札

  • どうでもよいけど嬉しいこと

    どうでもいいですけど。5005投函目。なんだか嬉しい。そんなことよりカテゴリーを分けて投函しろよと言われそう(笑)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキングに登録してみました。ポチッとしてくれると、嬉しいです!!どうでもよいけど嬉しいこと

  • 明神峡

    先日のサイクリング、山住峠を越え門桁の集落から更に気田川を下ったところに明神峡谷はあります。曲がりくねった流れに発達したゴルジュ。そんな流れを見ながらのサイクリング最高です。思わず見とれてしまうこともあって下りだというのに全然進まない。道幅が狭く車だと通過せざるおえないですが自転車なら心配はいりません。ただ門桁から下り気田の集落まで車とすれ違いませんでしたので車でも問題ないかな?(管理人)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキングに登録してみました。ポチッとしてくれると、嬉しいです!!明神峡

  • 山住峠越えサイクリング

    先週、春埜山大光寺の狼の狛犬を見て、山住神社に行きたくなりました。いつもの年なら凍結が怖くて行けない1,000m越えの峠ですが、幸いなことに、暖冬ですので自転車でも越えられると判断し先日決行しました。ルートは天竜二俣駅→天竜川を遡り水窪まで→水窪に到着して前から気になっていた高根城へ立ち寄る→気合を込めて山住峠まで登る→門桁の集落へ降りる→主に気多川沿いを下る→天竜川の合流点からは天竜川沿いを下り天竜二俣駅へ戻る131キロの旅でした。天気も良く防寒対策が無意味で峠越えでは汗だくに・・・このルートは実は自転車を始めたばかりのころ撃沈したルート。今回も四苦八苦しながらも登り切り門桁の集落から、気多川の褶曲した渓谷を見ながら楽しんで下りました。実は前回の時は峠を越える途中に軽い肉離れを起こし、途中から雪が降り出した影...山住峠越えサイクリング

  • すごいケヤキの根

    既に2週間近く前になってしまいましたが下呂市金山町岩陰巨石群でガイドを受けている最中。あるケヤキが気になって仕方がありません。岩の上から根を伸ばしたケヤキ。何でこうなったのだろう?不思議です。時折岩の上から下向けて根を伸ばした木をみることがありますが、これほどのものにお目にかかるのは滅多にありません。なんせ樹高と下へ伸びている根が同じぐらいの高さなのだから。まぁ正確には根が幹になったと表現したほうが適切かも?(管理人)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキングに登録してみました。ポチッとしてくれると、嬉しいです!!すごいケヤキの根

  • 春埜山大光寺の狛犬

    春埜杉を見た後に大光寺の本殿に向け歩くと狛犬がみえます。遠目でみるとキツネに見えるので稲荷?と思いつつ近づいて、まじまじと見て気づいたのが狼か!北遠地域には狼信仰があり狼のお札がかかっているお宅を目にすることもあります。帰宅後ネットで調べてみると春埜山はお犬山とも言われていること知りました。まさに狼だなと思います。狼型の狛犬は同じ北遠地域にある山住神社の境内で見て以来です。全国を巡れば何か所かあるようですが私が見たことがあるのは北遠地域だけです。恐らく珍しい存在かと思います。ちょっと話が逸れますが春埜杉を見るために訪れた大光寺。神仏習合の修験の場として知られている当地ですが、どうみても神社だよなと思いながら大光寺を後にしました。(管理人)にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村のいろいろなランキ...春埜山大光寺の狛犬

  • 春埜杉

    浜松市春野町にある春埜山の山頂近くにある大光寺の境内にある春埜杉。以前から存在を知っていたのですが行く機会がなく先日ようやく訪ねることができました。天竜二俣駅から自転車を走らせようやく到達した大光寺なのですが何故かあるのは鳥居。?鳥居をくぐり境内を歩き山門近くに目的の春埜杉はありました。近寄ってみるとご神木と書かれています。大光寺は曹洞宗の寺院とされていますが神様もいて典型的な神仏習合となっていました。お目当ての春埜杉ですが太さや樹高に圧倒される巨木で期待通りの迫力でした。特にすごいと思ったのは目通周が10mを越えるスギの巨木となると枝が枯れ落ちてしまっている場合が多いのですが春埜杉はほととんどの枝が残り枝の幅が31mと非常に大きく迫力がありました。(管理人)山門を下ると春埜杉はあります。自転車や車で行くからそ...春埜杉

カテゴリー一覧
商用