chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
旅の途中にて http://snfkn77.blog.fc2.com/

しばらくここで

思い通りには生きていけないのなら 心だけは自由にしていたいものです

北の旅びと
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2008/12/01

1件〜100件

  • 繊細なこころ

    身の廻りが散らかっていると落ち着かないから片付けている乱れすぎると間違いを起こすから自分のオクをよく知っているのだ同じように 人間は男も女も見た目と本音は相反している自分のウィークポイントを隠したいから相手にやさしく 誤魔化している...

  • 知ったか振りと シらないフリ

    男はいつも何でも知っているようでいたいものだ知らないことがあるとそれだけで不安の波に呑まれてしまうところでそれが異性のプライベートなら話はまったく違ってくるのだ知らないほうが絶対に無難で安全でHappy!?万が一にも知ってしまったらシラないフリを続けるのです...

  • わずらわしさ

    そろそろ疲れが 祓えなくなってきたようだあきらめの気持ちと それを昇華出来ない焦り人に当たってみせるほど愚かにも成れないでいる同じことを角度を変えて何度も測りなおす時のリズムはそれぞれに空けては沈むもどかしささあ!もうちょっとだけ頑張ろう...

  • 空気のように

    自然のようにふるまってパステルに滲んでいけばそれが一番やすらかなのだ気負ったりエキサイトするから失敗の繰り返しでウンザリ無駄なことは考えないで満足の後のあの感じ力の抜けたナチュラルウェーブ...

  • 日曜日

    区切りのつかない仕事なら休みも何も言ってられないのだ身体は少々無理が出来るけど精神に時間はノンビリ過ぎる気になることはすぐに解決するこれこそが人生の命題なのだ空白を一つずつ塗りつぶして充実した気持ちで前に進むやり残したら後悔あるのみ!...

  • 単なるさざ波

    視点を変えればすぐに解る虚飾と虚構のマダラ模様欲望を満たすためどんなに工夫してもそれは無駄なアガキなのでしょう...

  • 限りあるもの

    モノには限りがあるのだけれどけっしてそれで終わりではないのですおびきだして掃き出してようやく次のセンテンスに持ち込んでココロあらたに綺麗になってもう一度やさしくトライするのです...

  • がんばること

    頭が熱くなってくるとついうっかり本音が出てしまう誰にも聞かせたくない恥ずかしいところをチョロッとのぞかせてしまうものなのだところがそれを聞けた人たちはオニの首とは言わないまでもすっかり満足そうな顔になってしまうのでした...

  • 愉しことが大事です

    つらいこともしんどいこともパッとしないこともつまらないこともそれはそれでやっていかないといけませんどうせ一度の人生だからそれならいっそ楽しく考えて一息入れて笑顔も出るし周りの人にもやさしくなれる...

  • 好きというのは...

    好きなことをしていると時間を気にしなくなるいつまでやっても飽きないのだ同じことに見えていてもそれはまったく違っている常に最先端の自分の気持ち人と人の場合はどうだろう恋愛においてはそうだなそばにいることで安心感があるあれもこれも好きというのは当然にありうることですが愛するのとはちょっと違うのです...

  • 一番頼りになるもの

    占いを信じる人が多いのでその訳を考えてみると...たぶんその占いを信じる自分を頼っているのだと思いますしたがって...やっぱり自分自身を頼りにしていると思うのであります......

  • 気の抜けたソーダ水

    暑くて熱くて身体が膨張するようだそして緊張が緩んでシナシナになってくたびれたゴムみたい夏を制する者は太陽の偉大さと繊細な風の流れをコントロールして人々を導いて行きなさい...

  • 興奮の瞬間

    ルツボって何だ?なんて言っているようではめっちゃ恥ずかしいのですとにかく上へ下へとおおわらわ散々繰り出す嬌声罵声たまには夢中になるも良しややこしいルールはほっといてサッカー見るときゃ素のままで気持ちはグラウンド駆け巡る...

  • 知りたくなったら

    なんでもなかったことが急に知りたくなって居ても立っても居られなくなるそんなことがありますね謎は謎のままでいいじゃないかとは思うものの ここまで来たら止まらない知りたい のんじゃもんじゃこの方式で 今まで生きてきたのですあきらめるのは難しい知りたい気持ちの炎は燃え上がるとメラメラと音をたてて空に舞い上がるのです...

  • じゃんけん

    グーを出す人は頑固者チョキが好きな人は変人パーを出してしまう人は優しい人あなたは何を出しますか?たぶん パーですね...

  • 丁寧にすること

    キリ無く追求していたら仕事にはならないのだけれどトコトン追求したいときがある自分のプライドのためなのか?そんなことを考えて今日も一生懸命頑張ってきたこれでいいのだ自分の道だ誰がなんと言おうとそうなのだ男は仕事に生きなければ何の意味も無い縁の下には女がいるのだからそのためにも頑張っていくのだ...

  • 良い気分になること

    一所懸命 汗が出るほど頑張って集中力も極めながら働けばそのあとはささやかな幸せが堰を切ってなだれ込むのだ繰り返しはありきたりではないこれこそが生きることそのもの早く気づけばよかったろうに暑くなってくるとますます気をつけなければいけません自分をいたわるのですよ......

  • 風の方向

    親は子に与えるだけで去っていく背中を見せて教えを心に届かせるやがて老いて消え去るまでにたくさんの想いを投げ続けていく気がついた頃にもう その人はいない今度は自分の番だと気がつくのだ向かい風なら 翼が無くても飛べそうな気がしてくるような...それを教えたくて生き続けていくのだろう...

  • 正反対に憧れる

    無い物ねだりは子供の得意したがって人間は欲張りなのだしっかり者にはその反体が...男には女それからハーフには???まわりを見ればわかるはずそれでうまくいくのならばノープロブレムなのだ...

  • 男が仕事をする時

    飾ることもないしよそ見をすることもないましてウワの空でもないそれまで培ってきた技術と経験で常にそれ以上を目指していくのだそうすれば...自然に何もかも順調に       ...いくこともあるのだ...

  • 雑草

    派手さも無くてただ一途にシンプル生きることだけにすべてをかける見習うべきことはその姿にあるのかな...

  • 理想のライフスタイル

    ちょっとだけ優越感が欲しいものだそのために人より早く物事をさばき努めて動作はのんびりと揺れるように派手なことは謹んで 遠回りを選んで行く自分のココロが乱れそうになればリズムを崩して位相を変換向かうところ敵無しの形に戻す先人の真似と言われてもノープロブレム...

  • 渋滞の中で考える

    ゆっくり進むことはそれだけ神経を使うようだ適当にサッサと早く出来たらリズムに乗っていい感じかなそこには危ない錯覚があるリズムに乗るのは自分だけで周りはそれぞれアンバランス一瞬のミスでオサラバなのだ...

  • テクニック

    素敵に見せるだけでは当たり前過ぎてインパクトなしわざとカッコ悪くしてもいい女にはすぐバレてしまうそんなことを考えているようではますます的外れでダメ男仕事の出来る男になればテクニックは要らないのです...

  • いつの間に

    空気のように目に見えないものがあるそれを感じるには目を閉じて静かにするしかないいつのまにか近づいてきてそっと心を揺すぶってタワムれてちょっとよそ見をしているうちにす~~っと消えていなくなる困ったもんだ ほんとに......

  • なんとなく

    ドッチつかずのいいかげんフラフラのろのろダルペース波に浮かんで良い気分ならこのままず~~と揺られましょうなーんてネ......

  • スロープの登り坂

    みんなそれぞれに頑張っている自分に厳しい人も周りをウカガッてビビる人も甘ちゃんの人も偏屈な人もきっと明日もあたりまえの退屈でもいいからしみじみとほのぼのとそれなりに楽しく生きていく...

  • リズムが

    調子に乗りすぎてはイケないけれど何事もリズムが大事なのだ勢いをつけるよりもスマートにダンスのように生きていれば必ずチャンスが巡ってくるあわてないで楽しむように行くのです...

  • 父と娘と

    男はいつか父になるそして少女は父を見て大人になるやがて母になり 衰えた父を見送る何があっても千切れない絆は永遠に繰り返し エンドレス...

  • 追いかける

    距離が遠いほどあきらめ易いことがある焦ってもしょうがないし気長に構えてみるのも良いか追いかければ逃げる逃げれば追いかける腐れ縁と言うべきか手についたバブルのすがりいっそ動くのを止めた時わかることもあるのかな...

  • 走る

    テンションを上げるためまずは自ら走ってみることだそうすれば自然に身体の奥からズンズンリズムが揚がってくる人任せ 風任せでは何も変わらないロッキーが波止場を走ったように夢中になって前に進むだけでいいのだどんどん揚がるテンションに乗ってこのまま突っ走って行くのだ...

  • 楽しまなくてはいけません

    プラス思考とマイナス思考どちらも大事ですバランスよくタイミングよく常に基本姿勢で進みましょう自分の形をまもりつつ浮世の風に吹かれ行くエンドレスの物語その日のページが今この時心に笑顔を 気持ちに余裕を忘れる前に眠りましょう...

  • 真っ直ぐに

    真っ直ぐに最短距離を突き進むことは理想的ですがそうは上手くいかないのが人生ですそれならいっそ楽しんでみることですね愛する人にしても同じです優しくて非の打ち所が無いなんてちっともつまらないに決まっていますフラクタルな気まぐれが欲しいものですね...

  • 楯をつく

    どうしても許せないときにそれが目上の人でも相手が子供でもか弱い女性でも同じなのです一矢報いるという感じで自分より強い相手には捨て身の天誅を下すのです女性や子供には優しく諭さないといけません少し時間が必要な時もありますね...

  • 卒業

    卒業したいこととしたくないことがありますねいつまでもそのままでいたいことや早く逃れてしまいたいことなんやかんやとわがまま都合で誰かに叱られてしまいますねでも たった一度の人生なのでそれでもいいよと言って欲しいものです桜が咲いて そして散るまで春の夜の夢 きっと見るまで咲かせて見せよう我が命見られて爆ぜよう君の処へ...

  • 深く静かに潜行する

    手の内を明かしてはいけません魚釣りの醍醐味と同じように予想通りのドラマではだ~れも見向きもしません伸びたり 縮んだり上げたり 下げたり触ったり 放置したり虐めたり 頬ずりしたり 在り来たりの優等生にはつまらない毎日しかありません時には大胆に変身して楽しまなくっちゃいけません!本音は隠せないのです......

  • 自分のカタチ

    信頼を得ることはそれほど難しくはないひたむきに取り組んで気を抜かないことだ緊張は程ほどにしてむやみに背伸びをしない失敗は心に刻み経験の轍を増やす苦労の証には人に優しく 自分を飾らず控えめに暮らしていくそこに自分のカタチがあるのだ...

  • お好み焼き

    いろいろな具がたくさん入るほど美味くなるのだけど入れ過ぎると飽きてしまいますスパイシーなインパクト強烈な味は目が覚める瞬間的なエクスタシーサビが続いてはリズムが単調になるちょうど良いのは宙に浮き続けるようなこと持続は相当きついのです自然体で付き合えば添って馴染んで融け合える恋の秘訣は料理にありますね...

  • 色とりどり

    見えるのはこちら側だけ目いっぱい頑張っても誤魔化すには無理がある自分のレベル以上には考えも及ぶ訳がないし予想も手立ても浮ばないそれならいっそシンプルにモノトーンの乱れ咲き策を労せずそのままにカラフルは迷うだけの悪戯その場しのぎの純情モドキ充分判ればもう大丈夫!...

  • 運命のワダチ

    全身の神経と執念を集中して普段は見えないモノまで見つけたい生活の糧が危うくなってきてますます希望は霞みますこんなときふてぶてしくもどっからか現れてヒョイと頬をかすめていく春のからっ風...

  • 本音は...

    男は女とは違いますどん底に落ちても有頂天になっても素っ裸になっても本音は決して変わらないガリレオのように言葉では折れても引き換えられない信念に生きるのですそこのところ よろしく!...

  • デジタルに頼る

    正確なのはありがたい無味乾燥の極めつけ無駄は一切剥ぎ取って情け無用の鉄面皮融通の利かないほうがはっきりしていて良い時もある何処で見切るか迷いの果ては尻切れトンボの鬼子母神やさしさは時として 惨い仕打ちになるのです...

  • なおしてみる

    壊れてしまったものたちは歯がゆい思いのままに志し半ばで命を終える僅かな役目なのだけれど何とか直せないかと考える形は少々違っても心残りを連れ去れたら春の気配が色濃くなるまで奇蹟の記憶と螺旋を描く紛れた心よ明日へ続け...

  • ピンチ

    もしもなどと考えることをしなかった想定外にうろたえる張りぼての強気は萎み腰砕け哀れ瓦解の結末か己のことなら仕様も立て直せるが動く時流は無情なり...

  • 疲れたときは

    力を抜いてこころを休めて緩めた気持ちは野原の中で眠るように誰も干渉しないそれでいい...地面に触れるその感触がとてもやさしい溶け込んで染み込んで一つになれば言葉はいらないそれでいい......

  • 運が良いとか悪いとか

    結果論で考えましょうすべてプラスの思考がよろしい災いは忘れた頃の不意をついてやってくる迎え撃つは平常心と驕らない心他に何も必要ないのです人に頼るようではまだまだ修行が足りません少々 こころが太っている方がどっしりとして安定感がありますね...

  • シンプルに生きる

    出来るだけ質素に持ち物は少なくして必要最低限を持ちそれは見た目よりも使い慣れて馴染んでカケガエの無いものそれだから動きは稲妻のように速く他の誰にも負けない伝家の宝刀のことなのだ...

  • 右から左に

    慎重に緊張を重ねて眉間に皺をよせて真剣に仕事をするこれが本当の仕事だな気を抜いて楽をして上辺は適当に繕ってそれでもすんなり...これも現実の世の中だなどっちがいいかは別としてせっかく生きているのだから重荷を負って行くほうが充実感のエクスタシーが違いますね...

  • 幻の翼

    たまに思い出すことがあるどん底で這いつくばってどうしようもなくつらかった日々何とかして抜け出そうと転げまわってもがいて繰り返した無駄な足掻き今では懐かしくて戻ってみたい気もする少しは大きくなったのかな...

  • 粉雪

    わずかに粉雪が舞った寒い季節の証拠にほんの少し風に流されて踊る雪のカケラたち何の軌跡も残さない潔いその命......もう一度 やり直してみるか...

  • ゆき

    ちょっとだったらロマンティックでもたくさん降ると困ったもので生死に関わることもあるひらがなの「ゆき」ならかわいいものでひらひら揺れて飛んでいる...

  • 裏と表

    裏側にこだわりをもって見えないところに気を使う少し時間がかかってもそれが自分の証明となる表を飾るのは大事なことだ最低限のエチケットならシンプルに納めれば良い中身が本物ならばそれでいい妖しく派手なものはすぐにバレてしまうのだ...

  • がんばらない

    緊張の連続では精神がモタナいからちょっと抜いた状態で続けるらしい間違ってはイケないのはここなのだ身体は常に刺激が無いとたるんでしまうボディーは引き締めて笑顔をコボれさせてみよう...

  • 習慣

    いつものようにと思いながら平常心でことにノゾムのですそうすれば大きな事故は防げるし可もなく不可もない生活なのだでもそれではつまらないほんの短い人生ならば縦横無尽にするもよし正月くらいは崩れましょう!...

  • さわやかに

    フィニッシュは華麗にキメるよりさわやかに終わる方が印象深い次につながる予感を植えつける初め良ければすべて良しならば終わり さわやか すべて さわやかなんちゃって年末に負け惜しみなのだ...

  • サンタクロース

    背中に大きな袋を担いで子供たちにプレゼントを届けるそれはせめてもの罪滅ぼしなのだ何にでも因果関係はあるもので理由も無く行動は発生しないし人に優しくするのはそうされたいから子供たちと仲良くしたかったのにそれが出来ずに歳を重ねてしまいみんなが眠っている頃に訪れる男はみんなセンチメンタルなのです...

  • この手

    いつも便利に使っているとついうっかり怪我をする大切に扱いたいのだけれど自分の一部だと思うとコキ使う右も左もそれぞれ違う良さがある器用な利き手はメジャープレーヤー派手さも演じる技巧派なのだそれを支えるもう片方は縁の下拍手の時だけ対等になる...

  • 好きというコト

    それはよくわからないとにかく大人になってもいつまでたっても言葉にできないたぶんこの先もわからないだろう...ただなんとなく形だけはわかってきたそれは自分の気持ちに正直に鏡に映る自分の目をみればいいそこに答えがあるような......

  • 歩いていく

    今年ももうあと少しになった毎年同じなのだけれど深刻そうになるのもいいものだ同じことの繰り返しが快感に思えるようになったのは男も女も当たり前のことなのだろう早く気づけば幸せになれるのに......

  • 強がりは弱い証拠なのだ

    臆病だから素早く動く条件反射は隠せないおもてに表れるものだ女はもともと弱いから子供を生んで強くなるそれが自然の成り行き子供が無ければ弱いまま過ぎていく男はそれを護りたくなる...

  • ほしいもの

    はじめは素直に言えたのにわざと要らないと言ってみた自分ではわかっていたそれなのに 無理して意地張って人の心を傷つけちまって馬鹿だなおまえもか......

  • 空に向かって

    まじめに伸びていく緑の葉っぱを茂らせて細い蔦は馴染むように風に揺れてなびく頼るものさえあれば天まで登るのかなこの寒い季節でも...

  • 風が吹いてきた

    寒くなると 風が吹く暑いときは 風は吹かない自然はわがままに振舞う見習うことも必要だ...

  • 小さくまとまっている

    限界まではやらかさないのでいつも余裕でやさしく出来るいつでも いざという気持ちで自分の出番を間違えないのさ誰にも自分の役がある途切れることの無い物語それぞれ立派な衣装もあるし春夏秋冬起承転結東南西北...

  • 体内時計

    自然の摂理に従って少しずつズレていくようなんだなそうでないとマズいらしい四角四面の石部金吉では全然つまらない人生だろうな崩し加減が問題なのだな割れ鍋に閉じ蓋のように相性は最も大事なことだフィーリングというやつですね好きなら好きと言えばいい恥じらいも少しはいいけれど腹が減ったら素直に食べましょう何も無かったら探しに行かなくちゃ!...

  • 金曜日が好きな理由

    14番目の月と同じで上り坂の頂点手前や給料日の通勤途中デートの約束電話その他もろもろ...アゲアげ イケイケ前向きなのはとってもよろしい!...

  • 退屈と思ってはいけません

    幸せに慣れ過ぎてしまうとわがままの最上級が現れてあなたの人生を狂わせてしまう何も無いのが一番なのに刺激やハプニングを求めて哀れな物語を始めたがるのだお釈迦様なら三度まで余裕のこころで許してくれるところが男はそこまでいかない女のほうがシタタカで強いのですね...

  • 男の気持ち

    自分の影を踏むときにつま先から歩けたらまだまだ先はあるのだと年老いた先輩が言っていたそのくらい大切にして生きて行きたいものなのだ...

  • 使うもの

    便利なものは使うべきなのだ少々値段が張ったとしてもそれですべてが叶うのならば永遠のものなど存在しないのだ間違ってはいけません命に限りがあるように本当の気持ちは続かないその瞬間を大切に生きるのです...

  • スマートに生きる

    イキに生きるのが理想なのだでも イキが過ぎるとキザになる頑張り過ぎて息が切れるそれならちょっと力を抜いて隙間をとって流れを作るこれこそ男の見せどころ俺について来い何にも言うな それでいい...

  • 愛することは難しい

    大切にするというのは奥の方にしまって置くのではなくフルに身につけて使うことそれも充分愛着を持って...使ううちに擦り切れたりしてもそれは勲章のようなもの尚更馴染んで良くなっていく相性とは育てて始まるもの自分が先か相手が先かはこだわる必要もないのです...

  • 気持ち

    いろんな奴がいる男も女も様々なのだ嫌な感じもやさしい感じも千差万別それぞれ特異なものがあるあれもこれもそれもどれも批難する権利など誰にも無いみんな自由でよりどりみどり大きなこころで眺めることが大切なのだ...

  • 雨が降るとき

    どんなにせつなくても目を閉じてはいけませんしっかり見届けることが一番大切なのですから......

  • 肌触りの良さ

    かたいよりやわらかいほうがいいちょうど良い抵抗で余韻が残るほど夢なのかそうだったのかわからなくてもう一度まどろんでしまうようなそんな時間があればいい......

  • 身体について考える

    満足の気分の状態はよくわからないものだ身体が感じているならば気分はそれに合わせて行けばいい気分が乗らない時ならば心を無にしてのめり込むのみ男も女も一皮剥けば本音は恥ずかしいものだから...

  • さびしいとき

    男はときどきさびしくなるのだそれはしょうがないことでどうしようもない女にはわかるはずもない同じようなことが女にもあるだろうそれはそれでしょうがないそんなときは黙って寄り添っていたいだけ...

  • 適当なこと

    ちょうどよいことは一番イイことだ何をもってして判別するかはその都度変わってもかまわない円を描くように生きれば無理がない真っ直ぐが厄介な事に気が付けばやっと大人の仲間入りなのだどうかな......

  • 本当のことは何処に

    人のこころは不思議なようで実はとても単純に出来ていると思う欲しいものは手に入れたいし好きなことは自然に身体が向かう僅かなストレスも必要でそれはM(マゾ)性にも通じるその日眠ってしまう前にはそれなりに結末を整えて終わる自分のこころには素直で居たいものだ...

  • 古いもの

    今はすぐに過ぎて行き気がつく間もなく古くなる古いというのはちょっとイメージダウンですねならば 固いものから枠を外したことにしよう無防備な状態で過去に置いてくると手遅れだった出来事がいとおしく思えますでもやっぱり新しいものの方がいいですね......

  • あたらしいもの

    今より変わっていればそれが新しいものになるとんでもなく並外れていれば見向きもされずに忘れられ自分の形とリズムを知れば少しずつでも進歩して誰が何と言おうとかまわない大人になると言うことだな...

  • 暮らし

    自由になればなるほど慣れてしまうほど退屈な気分に侵されていく人間はわがままで男も女も皆おなじ冷静さを装う者は激しくて判断に迷ったときにはほんの一瞬目を閉じて自然に想えば判ります...

  • 道の向こうに

    あたりまえのことをあれこれ考えすぎてはいけません世の常は自然の法則に従がっていつものように進んでいくのです自分の気持ちに惑わされ都合を変えてはいけません相手は止まっていないのですからそのひとコマを大切にいきましょうLET'S BEGIN !...

  • 後ろ姿

    また会えることが確実で間違いない事故でもない限り約束された状態安心して見送る気配が少しずつ遠ざかる後ろ姿こころは離れない何度見ても見飽きない...

  • 声のトーンでわかるのです

    誰でも自分の心に正直で隠し切れないものがあるふるえていたりかすれていたりおどっていたり小さくて聞きとれなかったりわざと違えてしまうのですね平静を装うなんて余裕がないのですいつまで経ってもオトナになれずそれでも大人になんかなりたくない!異性は常に問題を提示し続けるのです...

  • 癒しの時間

    人間は不思議だな自分の気持ち一つでいい気分になれるしテンションを上げられるまるでスイッチが入ったようにプチっと音をたてて瞬間移行できるのだ女性ならもっとすごいだろう偉い学者の話によると世の中は女の意思で緻密に動かされていくらしい男はそこの兵隊さんだ癒しの時間はどこにある?!!...

  • 見る目

    つまらないことやどうでもいいことは後回しにするよりも先にこなしたほうがいい気持ちに余裕があれば案外楽しくなることもある残りものには福があるように飾り気の無い本物がそこにしっかり見る目を育てましょう...

  • 疲れてくると

    ぼんやりしていると今が本当なのかひょっとして夢なのかあやしくなってくる気をつけなくてはいけません...

  • 歌はいい

    こころ寂しいときも陽気に浮かれているときもただそこにあればいい歌えば気持ちが上に行く空に向かってゆっくりとふわふわ昇り続けていく自分で歌えばもっといい争いなんか無くなってそこにあるのは笑顔だけ...

  • 気持ちのもちかた

    上向きの気持ちがあればなんとか持ちこたえるものだ重さに変えれば100万トンで存在感バリバリのいい人だなんとなく下向き加減の場合でも一気に切り返したら大丈夫少しの努力が実を結ぶ誰にでもある心の不思議...

  • ずいぶん昔になる

    大勢の人が死んだその事実と理由が昔話になってしまう歴史のわびしさどん底の暮らしでも最大のピンチの時でも思い起こせるものならば難儀も容易いことばかり常に襟を正していたいもの我事において狼狽せず!...

  • やるべきこと

    考え方ひとつで順番は変わるものだ優先順位と言うにはムゴイ手遅れにならなければ良いがそれは後から判るもの落ち着いて考えるこころを無に出来るなら...

  • 勇気とは

    緊張して何度もためらいながそれでもやっぱり前を向いて自分のこころと話をして充分納得するそのあと何も怖いものはない恥ずかしいことも無い胸をはってゆっくり歩くそれが本当...

  • 汗をかくことは快感なのだ熱い汗にかぎりますけど燃えている感情とか一生懸命の姿それから...あのときとか冷たい汗はいけません目がテンになったときとかショーック!な事の瞬間想定外のハプニングそれから...裏切りの仕打ち...

  • 慣れること

    暑さも慣れると平気なものだとは言ってもやはり辛いです男と女も同じで何度練習したつもりでも疲れることがあるのです付かず離れずが一番よろしいなんちゃて!...

  • やさしさについて

    一途なやさしさは女やわらかな桃源郷理詰めの優しさは男険しい崖を登る試練...

  • 自動的

    初心を忘れるとすぐに今があたり前に思えてくる自分の都合のあやふやさ出来る男とそうでない男違いはとても簡単なのだ常に一歩控えて襟を正すその心掛けを自動的に......

  • 育つ

    太陽の光と大地の栄養で少しの水分を吸収しながら体内で化学変化を起こしやがて僅かな実をつける次の世代に望みをつなぎ現状により良い対応のため進化してゆく命の不思議結論を考えてはいけないのだ何もないことが一番いいなんて思うことさえ恥ずかしいのです...

  • ひさしぶりなら

    なれあいから生じた誤解と恩讐は既に過去の代物となってひなびたひきだしの中にあるときどき取り出してみるとあやしい輝きを放っていたりあるときは干からびて湿った粉にまみれたりそれでも懐かしく想ってしまうのは費やした時間の重さなのだろう男と女は光と影運命の引力に逆らってみてもそれぞれが向き合っていれば離れずに済むものを...織姫と彦星の昔から後悔はメモリアル...

  • 目標

    少し高めに掲げたら頑張れると思ったのに... やはり無理はいけませんそれぞれの能力に応じていればそれで十分よろしいと思います少し低めに遠慮して出過ぎたまねは決してしない引っ込み思案ではないけれど常に謙虚に襟を正すそれが一番よろしい思うのです...

  • 雨が

    たくさん降ってしばらく経てば平らなところに平和をつくる自然の力を知ることは当たり前で大事なこと...

ブログリーダー」を活用して、北の旅びとさんをフォローしませんか?

ハンドル名
北の旅びとさん
ブログタイトル
旅の途中にて
フォロー
旅の途中にて

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用