searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
クロカメ日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kurokrokame/
ブログ紹介文
カメのことなら、何でも聞いてください。丁寧にお答えします。
更新頻度(1年)

56回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2008/05/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、クロカメさんの読者になりませんか?

ハンドル名
クロカメさん
ブログタイトル
クロカメ日記
更新頻度
56回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
クロカメ日記

クロカメさんの新着記事

1件〜30件

  • ライオンのおやつ 小川糸 著

    瀬戸内の島にあるホスピスに、33歳の若さで入居する事になった主人公。このホスピス、ライオンの家では、日曜日におやつの時間があり、入居者達のリクエストのあったおやつを毎週、そのおやつを選んだ理由と共に紹介され、みんなで食べる時間がある。最後の晩餐に似たこのおやつに人生を終えようとしている人達のひととなりが集約されており、同じ境遇にある住民の心に響き渡る。後半の死期が近づいて来る描写の中で、現実と幻想が入り混じるところが、非常にリアルに感じ、こんな感じなのかなと思った。ライオンのおやつ小川糸著

  • アルルカンと道化師 池井戸潤 著

    半沢直樹シリーズ最新作。半沢直樹シリーズを読むのはこれが初めてであったが、ドラマ同様スリリングな展開と最後の爽快さは圧巻だった。アルルカンと道化師池井戸潤著

  • 卵が、、、

    キャンディーが産んだ卵の内白濁していた卵の2つが両方とも変色し始めました。残念。やっぱり、掘らずに産んだ卵は、ダメですね。卵が、、、

  • 記憶にございません

    支持率数パーセントの極悪総理大臣。国民から投げられた石が頭に当たり、記憶がなくなる。記憶をなくした総理大臣が行う政治。果たしてその主案は?記憶にございません

  • 少年と犬 馳星周 著

    犬は何かを求めて移動する。目的を持って。目的の地にたどり着くまでに、孤独な最期を迎えようとしている人達に安らぎを与えながら。読み終えた時、全てが繋がり、温かみと共に少し虚しさを感じた。少年と犬馳星周著

  • 左と右全然色が違う!

    掘らずに4つも産んで、しかも3年ぶりに。来年、最後のぶりくらに僕を連れて行く為なのか?詰まって、死にかけたからもう卵は産まなくていいって言ったのに。凄いは、キャンディーは。まだまだ産むって!凄い元気になったな!左と右全然色が違う!

  • 飼育相談は辞めませんよ。

    来年で、ブリーダーは辞めますが、カメの飼育相談は、辞めませんよ!カメの事なら何でも聞いて下さい。このスタンスは、一生辞めません!飼育相談は辞めませんよ。

  • 信長空白の百三十日 木下昌輝 著

    歴史小説家、木下昌輝さんの本能寺の変に関する、研究論文だと思います。既に多くの方がこの不可解な歴史的クーデターについて書かれている。もう、新しい仮説は出ないであろうと思っていたが、僕は、あえてこの本能寺の変についてチャレンジされた作者に敬意を評したい。近年、世間でも大きく報道される、心の病、または、個人の性格の分類から、特に信長のとる不可解な言動、行動から、信長の心の変化について、大胆に表されている。信長空白の百三十日木下昌輝著

  • 久しぶりに組み立てみた

    白濁、進んでるのがよく分かる。久しぶりに組み立てみた

  • 僕の思い込みかな?

    写真の真ん中の卵だけ白くないですかね?透明感も無い様な?いやいや、まさか。一番最初に産んだ卵やな。どちらにしても、11月までは、夢見られそう!僕の思い込みかな?

  • 令和初の産卵パート2

    今朝、キャンディーの水槽を見てびっくり!ふたたび産卵!卵を孵化器に入れて戻ると、更に1個!これで、3個に!令和初の産卵パート2

  • 心の師匠は言った

    その昔、今回と同じ様に、キャンディーが水槽で産卵した時、僕の心の師匠は言った。2か月間、良い夢を見て下さいと。おそらく、卵の写真を見て無精卵を確信してたのでしょう。所謂、ブリーダーとして一番大切な事は、卵を無事に産ませる事にあると思うんです。そこから先はプレゼントみたいなもの。ブリーダー引退まで2年。もしかして最後になるかも知れない、2ヶ月間の夢の時間を満喫させて頂きます。心の師匠は言った

  • 令和、初!

    今朝、カメたちに餌をあげて、ふと、凄い違和感を感じた!実際はお皿の横に!令和初の産卵は、原点に戻った様に!キャンディーには、これまで何回も驚かされたけど、今回は、びっくりして声も出なかった。2月頃から、キャンディーの様子がおかしくなり、春には何週間も餌を食べなくなった。これは完璧に抱卵だと思ったんですが違ってでも、その時、ある事を思い付いて、実行しました。これによって、食べ始めた。この時、更に閃いて、それを実行したら、今日に至りました。この二つの閃きについては、まだ確信にまで至っていないので、確信に変わったら、お知らせします。令和、初!

  • さあ、読みますよ!

    カメ友の?いや、カメで知り合いになった、ちょっと違うかな?まあ、歴史小説家の木下昌輝さんの新作が届きました!さあ、読みますよ!

  • 人間 じんかん 今村翔吾著

    戦国武将の中でも悪人とされている、松永久秀。彼はなぜ悪人とされたのか?また、久秀は、本当に悪人なのか?信長が語る松永久秀が興味深かった。人間じんかん今村翔吾著

  • 蜜蜂と遠雷

    原作を読んだ時、映画化が楽しみだと思いました。本では、音を表現することは難しい。しかし、音はいいのですが、それぞれのここまでの人生があまり触れられていなかったのが残念でした。蜜蜂と遠雷

  • 空母いぶき

    近未来の出来事と言うスーパーから始まる。戦闘と戦争の違いとその一線を越えた時、日本人は何を思うのか?空母いぶき

  • 食べた!

    2週間ぶりに食べてくれた、キャンディー。ホッとしました。アドバイスくれた方、本当にありがとうございました。おそらく季節外れの夜の冷え込みによって腸の動きが止まってしまった。その後の高い湿度。更に猛暑。この悪循環にハマってしまったのだと思います。食べた!

  • カエルの楽園2020

    コロナ下でのカエルの楽園。未知の病気の襲来で、パニックになる中、どれを信じるのか?と言う事も大事ですが、自分で情報を集約して、時には180度方向転換する柔軟さも大事だと痛感しました。カエルの楽園2020

  • 嘘八百

    よく、嘘八百って言いますが、こう言う事か!って思えます。インチキ骨董品屋と骨董品を偽造するグループ。最初は、この2組の騙し合いから、この2組がタッグを組んで、更に大きなタヌキを化かす!ほんと、出演者がみんな癖のあるタヌキばかりに見える。嘘八百

  • アーモンド

    生まれながらに扁桃体が人より小さい為、痛みや怒りと言う感情を上手く感じとる事が出来ない主人公。感情を必死で言葉で説明して、その様な場合の対応策を教え込む母親。しかし周りの子供達は敏感に感じとり、苛めに走る。そんな時、彼の理解者である母親とおばあさんが暴漢に彼の目の前で殺戮され、彼を助ける為、おばあさんは死に絶え、母親は昏睡状態に陥る。孤独になった彼の前に現れたのは、妻を亡くしたばかりの男性と行き別れになり、心が荒んでしまっていふその息子と、不思議な女の子。彼等と母親の残した言葉によって、彼は、ゆっくりゆっくり、しかし、着実に成長していく。人は、困難に直面しないと見えないものがある。これをこの風景を見える様になる為に、こうなってしまったんだ。この前の人を助ける為に。そう思えるか思えないかで、その人の人生の色が決ま...アーモンド

  • もう一度、飼育に専念

    法改正がいいきっかけ。残り2年半で更新せず、その後は、飼育に専念。一番若い子でも20歳近くになり、ここから新たに育てあげるには、心技体全てが限界を超えてしまってる。もう一度、飼育者として、見つめ直したい。しかし、最後にもう一度、ぶりくらに出店して、あの雰囲気を体に植え付けたい。チャンスは、あと2回。もう一度、飼育に専念

  • 空いたスペース

    あーしてあげたら、アレが悪かったのか?など、悔やんでしまう。何も無くなったスペースをジッと見ては考える。空いたスペース

  • ソソ

    よく頑張ったね。ソソ

  • 原点

    玄関に飾ってあるこの写真。この写真の主にこの道の入り口、原点に連れて来て貰いました。しかし、まさかこんな日が来るとは。星空に一際明るい月。今は少し曇っています。原点

  • ザリガニの鳴くところ

    この不思議なタイトルの意味が知りたくて読み始めました。主人公の境遇はあまりに悲惨でした。酒乱の父親を恐れ、母親も兄弟も次々に幼い彼女を置いて出て行ってしまう。とうとう酒乱の父親と二人。湿地帯のボロボロの家。そして最後には、父親も帰って来なくなる。彼女は幼い身の上でたった一人でこの自然の中を生き抜いていく。そんな彼女の事を周りの住民は蔑んだまなざしで見る。このまなざしを避けるため、湿地帯の奥深く、生き物が人間の恐怖から逃れ、自分らしく暮らす場所、ザリガニが鳴くところでひっそりと暮らす。そんな彼女に殺人の疑いがかけられる。村の住民のほとんどが彼女が犯人だと決めつける中、保安官の杜撰な捜査によって無罪となる。自然の中で眠る様に最後を迎えた彼女。しかし、作者はなぜ、この結末にしたのだろうか?ザリガニの鳴くところ

  • 5月5日

    5月5日は、我が家で初めてホルスが孵化した日です。写真は、そのキャンミーの現在。冬眠させず、然も室内飼いでは、繁殖しない。当時の通説をぶち壊した。2003年と記録しているので、あれから17年。どうでしょうか?寿命が20年から30年とすると、、、5月5日

  • キャンディーの異変

    力む様な仕草のキャンディー。抱卵かと思ってやってきましたが、どうやら違った様です。昨晩、大量の便とガスが出、表情と動きが改善された様に思いました。しかし、先程、様子を見にくると、まだ力む様な仕草をしていました。再度、温浴をさせましたが、今回は何も出なかった。この力みは何なのか?抱卵?もしかして、結石?食欲もあり、もう少し様子を見て、連休明けに獣医さんに診て貰おうかな。キャンディーの異変

  • 飼育ポイント②話をする。

    いきなりこの人何言ってんの?って思われたかも知れません。しかし、目を見て声を掛けてあげる事は大切だと思います。そうすると、カメ達の方から喋り掛けて来る様になります。実はこの写真、昨晩、パティーがキャンディーの異変に気付いて、僕に助けを求めて来た時の写真です。パティーがじっと僕の目を見つめるので、近付いてみると、キャンディーが寝ているのにも関わらず、力んでいました。直ぐに温浴をしてあげると、スッキリスッキリ!この様に、カメにはどんどん話しかけましょう。そうすると、カメの方から話しかけてくれますので。飼育ポイント②話をする。

  • 飼育ポイント①普段を知る

    今後、思いついた事をメモする事にします。いくつか飼育ポイントを書きますが、飼育環境、温度、湿度などの基本設定は、書きません。飼育書を見ると書いてありますので。僕が飼育書を書くとすれば、これしか書かないと思います。それは、取り敢えず見て下さい、です。普段この子はどんな感じなのかをぼんやりと覚えておく。そして、何気なくでいいので、視野に入ったら、サラッと見る。サラッと見た時何かを感じたら、そこからは、全神経を集中させて、その何かを探す。重要なのは、何が普段と違うのか、分かるまで見るって事です。飼育ポイント①普段を知る

カテゴリー一覧
商用