chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
nitro
フォロー
住所
海外
出身
未設定
ブログ村参加

2008/04/22

1件〜100件

  • ヤクルト1000が見せる悪夢 

    「ヤクルト1000を飲んで寝ると、悪夢を見る」こんな話をご存じであろうか。超ロングセラーの国民的商品ヤクルトのハイスペックバージョン、ヤクルト1000。あろうことか、「ストレスの緩和、睡眠の質向上」などと謳っているそれをつかまえて、悪夢を見るですって?ヤクルト1000を飲んで見た悪夢パート1ヤクルト1000を飲んで見た悪夢パート2↑まじ??これまじ??!!!!!これ、まむたんが試さないわきゃない。...

  • ヨドバシ・ドット・コム

    掃除機のスポンジが破れた。ひと昔前と比べると信じられないほど便利な世の中になったもので、家に居ながらクリック一つでショッピングができる。早速検索ワードを入れる。「マキタ クリーナー スポンジ」公式ショップでは1枚60円らしい。しかし、送料が商品の何倍もする。却下。世界のアマゾン、送料込みで、1,076円。買うかぼけ。そして次にヒットしたのが、ヨドバシカメラ。同じスポンジが1枚44円である。今のところ...

  • 無限ループ

    山形で生まれた。ひとくち大とやらに切られ、パック詰めされ、どうやら広島のスーパーに並ばされたようだ。ある女性が現れた。パックを掴み、レジに持って行く。女性宅に連れて行かれると、女性とその息子と思われる二人にわしゃわしゃ食べられた。なにやら、種を丁寧に洗っている。2日ほど乾かしたあと、植木鉢に植えていた。芽が出た。小躍りする母子。日本のすいか収穫量第3位を誇る山形の魂はここ広島でも意地を見せ、順調に...

  • 宝くじが・・・!! 完結編 

    がっかりするのが関の山、過剰な期待は禁物とはいえ、参加したからには当たる権利はある。もうすぐジェイソン・モモアといっしょに風呂に入れるのである。会いたくて会いたくて、震える。異常者連番である。チェックは一瞬。組が当たればもう当たったも同然。一等は、  66組  188224。わしの宝くじ・・・・、・・・・・惜しい!!!!!!ガッデムっっっ!!!!!!!え?? 732って3等の1万円なの?7億円じゃ...

  • 宝くじが・・・!! 番外編 

    ある会社の社長さん(k氏)とは、年に数回家族ぐるみで飲みに行く仲です。今は娘さんが会社を継いでおられ、k氏は引退してもおかしくないお年ですが、今も現役で娘さんといっしょに仕事をされている、いわゆる「辛抱人」。数十年前の話。k氏は銀行にわずかばかりの定期預金をしたそうで、キャンペーンということで1枚の宝くじをもらって帰ったそうです。1枚の宝くじに大きな期待をできるわけもなく、しかし忘れることもなく抽...

  • 宝くじが・・・!! 後編

    当選番号発表の日が来た。しかし当日はチェックしないことにした。ちょっと寝かしたほうが、「えー!?見るの忘れてたけど当たってた!!」風になってるのを夢見たい。こんなシナリオ作ること自体もう当たる気がしないが。抽選から1週間後、宝くじ公式サイトで「抽せん結果をみる」をクリック。買ったのは連番3セット、合計30枚である。9000円で権利は得た、あとはみんなの元気玉を集めるだけだ。いや、たぶんもう遅い。さ...

  • 宝くじが・・・!! 前編

    「あ、わたくしですか?えぇ、参加だけは毎年しているのですが、だめですね、かすりもしません。まあでも、参加しないことには権利は与えられませんから。」わしよりもだいぶ年上かと思っていたらなんと年下だった職場のおっちゃんが放った、「参加」という言葉。みんなからお金を集めてだれかにどかんとあげちゃおう、そんなファンタスティックなゲーム「宝くじ」。もう当たってもいいお年頃よね?ね?と、どうせ当たらないのにと...

  • ただでソテツをもらった話

    ただでもらった話が、シリーズ化してしまいそうな気配すら感じる、最近なぜかよく物をもらうまむたんです。膨大な贈り物に嫌気がさして離婚ファームしちゃったまちゃあきの嫁はんの気持ちはわしは分かりません。もらえるものは何でももらいます。要らなければ捨てればいいだけ。(こら)みなさんお元気ですか。暑いです。地球は病気です。地球の最後が気になりすぎて映画「2021」をまた観ました。「エンジン~~、スタ~ト~~...

  • はしごだけは変わっていなかった

    よく行くところ、みなさんにとってそれはどこでしょうか。独身時代のわしにとってのそれは間違いなく「飲み屋街」でした。一軒で帰れるわけもなく、朝日を見るまで肝臓叩いてまじめにはしご酒にいそしんでいたあの頃。しかし時は流れ、あろうことか母になり、田舎のシェルターに身を隠す今、まむたんのよく行くところは「飲み屋街」から「近所のスーパー」にひっそりとシフトチェンジしました。周りはもう何も見えていない牛歩の直...

  • 感動を共有するということ

    テレビでYouTubeを見ていた息子が、ある1本の動画を見つけた。18分の動画である。普段ならば見ることはない長さ。しかし、どこか心惹かれるものがあり、いっしょに見ることにした。ぐいぐい引き込まれる。なにこれ、なにこれ、わくわくが止まらない!すごい!すごい!!と食いついていると、「これ、最後まで見よう。」隣で目をギラギラさせた息子が言う。最後まで、あっという間に見てしまった。すると、息子が突然庭へ飛び出た...

  • 知らない人から土地をもらった話

    「あ!おかあさん、お花が増えてる!かわいい!かわいいーー!」息子よ、それは2回目の豆苗だ。なんかいーことないかなー、とつぶやきながらネギを切ったらハートが出てきた。かわいい!かわいいーー!息子といっしょにぴょんぴょん喜んだ数日後、一通の茶封筒が届いた。裏面には知らない男性の名前が印刷されてある。何かのDM的なものかと軽い気持ちで封を開けると、「私は、××と申します。突然のお手紙を差し上げる失礼をどう...

  • コワイイところへようこそ

    去年の春。四方を山々に囲まれた、海抜250メートルの盆地の田舎町に越してきました。スタバもねー、寿司屋もねー、タクシー夕方5時閉まる、・・・・・鉄道駅までもねー町でそりゃないんでねーの?と引っ越してきた当時は少々批判的な感情を抱いておりましたが、住めば都とはよく言ったもの、何の不自由もねーどころかいいとこいっぱい、田舎って素敵!素敵よ!!あははははーーーーっ!!と、くるくる踊るまむたんの田舎のすゝ...

  • 「ここが見えやすいと思った」という理由から

    2022年、あけましておめでとうございます。みなさま、どんな年明けでしたか。昨日、リビングの和室を掃除してたんですが、・・・・・・・・・・・・・・???!!!!!!!!!!!!!!!!!!・・・・・・ボンドでべた付けされてました。今年もいろいろやらかしてくれそうです。電池が切れるまでの見えやすさとやらと堪能するがよい!...

  • 食べ物で今年を振り返る 2021

    相変わらずコロナコロナの1年でしたが、みなさまにとって2021年はどんな年だったでしょうか。まむたんにとっての2021年は、まあなんてこたーない1年でしたが、曲がった首の骨が重症で、家買って引っ越ししたくらいです。それではちょっと早いですが、今年食べたものを振り返ってみたいと思います。スモークサーモンのダーサラ。白金台のレストランなら2800円は取れる。引っ越し資金を調達すべく広島市街へ。ランチは...

  • 頸椎の神経が圧迫されているそうです

    高血圧の治療で通い始めた内科のレントゲン技師のおねえさんに、「モノホンのくねくねマンになる前に整形外科を受診しなさい!」と怒られ、おねえさんも通っているというとある整形外科へ行くことに。鬼気迫る説得も納得、聞くとおねえさんもくねくねマン予備軍であった。診療室へ入ると、きゃわゆいくるぶしソックスを履いた、イキッた感満載の院長先生が「う~ん、硬いね~~。」と言いながらわしの五十肩をねじまわす。どことな...

  • 流れていく贅沢品

    「お花のほうで拭いて~~~。」尻にあてがわれ、下水道の旅へとさっさと流れていく運命であるというのにお花プリントの方が選ばれる。機能が同じであれば、結局かわゆいものが選ばれるということか。今から十数年前、キング&クイーンが家を建てた。おうちお披露目パーティーが企画され、たいそうな人数が集まるということで、庭にパラソルを立てたり、近所のお寿司屋さんや中華料理屋さんからケータリングをしたり、わしはカクテ...

  • 冗談はよしこさん

    おねいちゃんから、栗ごはんが届きました。これでもかの栗だらけです。すぱなの攻めの姿勢は衰えるところを知りません。それにひきかえ、老化現象がぶいぶい加速中のわし。今朝測った血圧値に目が飛び出そうになったので、本日、満を持して内科受診してきました。もうすぐ70才でした、わしの中身。動脈硬化予防でヤク漬け生活のはじまりです。しかし検査の結果、異常高血圧だけでなく、首と背中の骨が曲がりまくっていることが判...

  • 筋肉料理人 藤吉和男さん

    「料理はメディテイション」とは、我が友の名言。旅に出るまでは1年に1度するかしないかだった料理だけれど、世界各国で食べてきたものを舌の記憶を頼りに作る日々になった。あの国の、あの空気、あのにおい、あの雑踏。イメージした料理は、現地の味を再現できているはずなのに、日本で食べると何かが違う。それでも、飽きもせずまた作る。そしてまた、少しがっかりしてはむくむくと旅熱が上がるのだ。エジプトのムルキーヤ(モロ...

  • 土鈴がんばれ

    息子の筆箱には、狂気が詰まっている。噛んで折ったんだって。やる~ぅ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。...

  • コロナ禍の宮島へ

    「葉っぱ、もう赤くなってる~?」と聞いてくる息子。赤くなってから行ったんじゃ大混雑なんじゃ!(千鳥風に)というわけで、葉っぱが何色じゃろうがおかまいなしに安芸の宮島へ。紅葉どころか真夏の暑さでコロナビールがうまい。紅葉もなし、大鳥居もこれ、それなのに、、、宮島大混雑。密よ!密!!!ピピーーーッ!!ちょっとそこー!、離れなさーーーーいっ!!!そんな大混雑の横には約170年前に大根屋が寄進した石灯籠。...

  • 10円の価値

    とんでもない事件に巻き込まれ、追手から己と息子を守るため帰国、郊外でひっそりと身を隠し暮らすことを決めました。かーえーるーのーうーたーが、聞ーこーえーてーくーるーよー、壮大な田んぼビューがご自慢のおーうちさー。ド田舎からごんぬずぱ、まむたんです。そんなこんなで田舎の小学生になったもうすぐ7才の息子ハタ。5年生と戦ってパンダになって帰ってくるわ、放課後クラブの指導員に「くそばばあっ!」と暴言を吐きお...

  • 想定外すぎて笑うっきゃない。

    ぶっちがわずか4歳で左目が緑内障発症したとき、「もう片方の右目もほぼ間違いなく緑内障になって全盲になります。」と、かかりつけの動物病院の院長から宣告されたあの日のあの絶望感。いまでも思い出すだけで一瞬でぶわーっと涙が出てまう。皆様にとって、中途失明の犬の生活ってどんなイメージですか?わしは、外に出るのが怖くて散歩に行かんようになり、「なんでわしの目は見えんようになったんじゃろうか…?」と悲観して、暗...

  • それでも、探し続ける

    「中にワイヤーが入っとる鍋つかみ探しようるんじゃけど、ここじゃなかなか売ってないんよねー。見つけたら買っといてくれん?前に使ったことあってから、あれってほんまに手が熱くないんよ。」当時テネリフェ島に住んでいたニトロ。食べることが大好きな彼女は作るのもまた大好きで、息子たちが好きなチキン南蛮や、自分が好きなエスニック料理、義兄が好きなバクラヴァなどを毎日せっせと作っていた。プロのシェフが使うようなミ...

  • 暑くて暑くて生き倒れる犬。

    「わしここで寝て待っとくけえ。オカンしとりで散歩に行ってこいや。」おいおい。おめーの散歩だろ。...

  • お久しぶりです。

    2017年の長崎旅行の途中でブログほったらかしてました、すぱなです。キング&クイーンもれんちも、わしもぶっちも変わらず元気です。元気です、が、先日7歳になったぶっちは4歳で緑内障を発症し、6歳で全盲になりました。でも、いい意味でも悪い意味でも何も変わっていません。いつもの散歩も、休みの日のお出掛けも、旅行も、変わらず大好きです。でも、もう2度とわしも顔を見ることは叶いません。まさか全盲になるなんて、飼いは...

  • ムックが、、、、

    がんばれ、ガチャピン!!!!!【私信】ムックとガチャピンほどの緊急事態ではありませんが、Hanaさん、連絡ください。...

  • 手紙。 完

    あれから、9年4か月の月日が流れた。「老後はインドで恵まれない子供たちの世話をする。」と言っていたニトロ。天国で、今日は何をしているのだろうか。4年前に吐露したすぱなの思い、そしてわしの思い。わしの思いは変わらないけれど、すぱなが答えを出してくれた。「燃やそう。」と。名門ベルリン大学で物理学を専攻するムーニョ、医療機器のエンジニアとして就職がほぼ内定しているムニョムニョ。それはそれは立派に大きくな...

  • イケてるメンズとパンクなおねいちゃんとわたし

    時の経つのは矢の如く、あれよあれよと年をとり、いつの間にやら45。加齢臭をムシムシと漂わせ、頭髪のみならずあんなところにも白いものがちらり。硬いものはなかなか噛めず、先週はとうとう老眼鏡なんつうものをカスタムメイドしに行くという、もう熟女じゃないお、シニアだお。まむたんですごんぬずぱ。年をとるにつれおいしく感じるもの、それはなんといってもメンズですわよぇ~、美香さん。ネイマールはかわゆいけど腹はい...

  • 世界一のおでん

    まむたんの、「まむナビ広島。」へようこそ。じゃぱゆきさんとして立派に広島へカンバックしたわし目線からお届けする、リアル広島。みんな、広島へおいでよ!広島県安芸郡熊野町の、一人ぽっちだったらどうやっても探せそうにない住宅地にひっそり佇む立派な母屋と離れ。昼間は手袋を外せないアイちゃんの案内でやって来たのは、あの高橋名人も公式に認めた蕎麦打ち職人さんがやってらっしゃるという、蕎麦小屋「道-幸(dou-luck...

  • おねいちゃんの取り皿

    今朝8時。「UFO食べよっかなー。」と言うと、「食べよ食べよ!!」と、牛丼と1週間前の鍋の残りをすでにたいらげたすぱなが言ってくれました。わしがお湯を沸かしていると、「これに入れて食ーべよっと。」とすぱながハサミを取り出して言いました。これは、お皿ですか。...

  • 長崎は今日も晴れだった、その2。

    二日目の早朝、ふたつある浴場のうちのもうひとつ、癒湯(ゆゆ)にてひとっ風呂浴び、朝ごはんは前夜とおなじFamilyDiningうららかにてバイキング。前夜は気づかんかったけどオーシャンビューです。〆は温泉卵でTKGを2杯ほど。デザートは茶粥に青のりの佃煮をぶっこんだのを3杯ほどいただきました。この青のりの佃煮が美味しかったけえ買って帰ろうと思うたけど、広島の会社じゃったけえ買わんかった。帰ってからでも買える。...

ブログリーダー」を活用して、nitroさんをフォローしませんか?

ハンドル名
nitroさん
ブログタイトル
三姉妹日記
フォロー
三姉妹日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用