あすなろの木の下で
読者になる
住所
都筑区
出身
都筑区
ハンドル名
亜沙郎さん
ブログタイトル
あすなろの木の下で
ブログURL
http://asunaroweb.blogspot.com
ブログ紹介文
都筑区センター南駅前の整形外科・リウマチ科のブログです。食べ物や音楽のネタも紹介しています。
自由文
-
更新頻度(1年)

268回 / 269日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2007/12/23

亜沙郎さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,433サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 20 10 20 10 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,571サイト
医者・医師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 509サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 42,228位 37,035位 34,366位 32,261位 33,304位 34,518位 33,409位 975,433サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 20 10 20 10 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 1,400位 1,266位 1,159位 1,093位 1,123位 1,145位 1,116位 21,571サイト
医者・医師 30位 27位 25位 22位 24位 23位 23位 509サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,433サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 20 10 20 10 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,571サイト
医者・医師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 509サイト

亜沙郎さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、亜沙郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
亜沙郎さん
ブログタイトル
あすなろの木の下で
更新頻度
268回 / 269日(平均7.0回/週)
読者になる
あすなろの木の下で
  • Claudio Abbado LFO / Mahler Symphony #9 (2010)

    マーラーの完成された交響曲としては、第9番が最後。ルツェルン音楽祭でのアバドのマーラー・チクルスは、2003年の「復活」に始まり、7番まで行って次は8番かと思ったら、9番が来ました。 アバドのマーラーでは、悔やみきれないのはルツェルンでの8番が抜けていること。多数の音声・映像...

  • Claudio Abbado WPO / Mahler Symphony #2 (1965)

    クラウディオ・アバド指揮によるマーラーをコンプリートしようという時、基本的には正規盤で十分ですし、そもそも非正規盤にまで手を出すと(マイルス・デイビスの例にもあるように)底なし沼にはまったようになってしまいます。 それでも、実はAmazonで売られている、簡単に手に入る非正規...

  • Claudio Abbado LFO / Mahler Symphony #1 (2009)

    さて、巨人です。 きょ、にアクセントを持ってくるとジャイアンツ。じん、を持ち上げると「進撃の巨人」のような、でっかい人のことになる。この場合は、当然ながら後者。 アバドのルツェルンでのマーラー・チクルスは、2009年には第4番に続いて交響曲第1番も演奏しました。演奏する側...

  • Claudio Abbado LFO / Mahler Symphony #4 (2009)

    アバドのルツェルン音楽祭の記録としては、2008年は「ロシア音楽の夜」というテーマで、マーラーはいったんお休み。エレーヌ・グリモーのピアノによるラフマニノフの協奏曲第2番の映像が残されています。 そして翌2009年、今回取り上げたマーラーは、「リュッケルトの詩による歌曲」と交...

  • Claudio Abbado LFO / Mahler Symphony #3 (2007)

    演奏時間が長い曲というのは、今ではやたらとあって、そのほとんどは現代音楽です。何日もかかるとか、自分に言わせると作曲家のエゴであって、「音を楽しむ」というよりは苦痛でしかない。 まぁ、まっとうに聴けるものとしては、ワグナーの楽劇は長い。ただし、休憩あり。バッハのマタイ受難曲も...

  • リリエンベルグ @ 新百合ヶ丘

    台風が各地にもたらした被害は、令和の時代としては驚くべきもので、いまだに爪痕は深く残っています。 でも、台風はやっと秋の空気ももたらしたのか、昨日は1日中ひんやりとしました。 気がつくと10月も半分終わっています。秋と言えば食欲、味覚の秋というのは昔からの定番。 ...

  • Claudio Abbado LFO / Mahler Symphony #6 (2006)

    フィルハーモニーというのは、ギリシャ語由来で「音楽を愛好する」という意味が込められているらしい。 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団・・・と、日本では一般に呼称しているけど、正式な名称は現在は、独立法人で自主運営される"Belin Philharmoniker"です。ベルリン...

  • 書けない店名 @ 山梨県

    急に富士山の近くの温泉に行きたいみたいな話で、中央高速にを走って富士山の近く・・・大きな日帰り温泉に行ったんですが、その時に入った蕎麦店の話。 当然、土地勘はありませんので、ナビとかスマホで検索。手打ちらしい店を見つけました。 建物の外観は欧風レストランかと見間違え...

  • 新・台風直撃

    1か月前の台風15号は、千葉県を中心に大きな被害を出しました が、まだ復旧しきれていないのに、さらに巨大な台風19号「ハギビス」が接近中です。 台風15号は上陸時960hPaで、ほぼ関東全域を飲み込む大きさでしたが、19号はなんと日本全体を包むような大きさ。 八丈島...

  • 書けない店名 @ 川崎市

    初めての店は、ネットでの評判を探したり、たまたま通りかかって良さそうと思って入ったりします。 それで、美味しい食事ができると、なんか得した気分になって、ここにも書きやすいわけですが… … …逆の場合は… せっかくわざわざテリトリーを離れて遠くまで行っても、がっかりの場...

  • フォン・オッターの歌声でマーラーを聴く

    まぁ、ほぼ交響曲作家として認知されているグスタフ・マーラーなんですが、それ以外の遺された仕事はほぼ歌集だけ。交響曲の中にも独唱、合唱を問わず声楽を含むものが大変多く、マーラーを聴いていくうえで避けて通れない。 声楽付き交響曲は、 第2番 ソプラノ、アルト、混成合唱 第3番...

  • マーラー全集

    グスタフ・マーラーは、オーストリアで1860年に生まれ、1911年にわずか51才で亡くなっています。 今では最強の「交響曲作曲家」として絶大な人気を誇っていますが、初演時は自作に対する批判も多く、評価が定まったのは1970年代以降のこと。 何しろ活動期間が長いとは言えず、...

  • アバドのマーラー録音をコンプリートする

    いやぁ、長大で大袈裟でよくわからんと思っていたマーラーの交響曲が、アバドのルツェルンのBDを繰り返し見ているうちにだんだん楽しくなってきました。 細かい専門的なことは知りませんけど、楽しくなってくるということは、いわゆる「音楽がわかる」ということなんでしょうか。 ...

  • 金田正一逝く

    前人未踏の400勝投手、金田正一さんが亡くなりました。 金やんが、現役だったのは1969年まで。自分が野球少年だった時の、長嶋・王に次ぐ名の知られた存在。 「巨人の星」にも実名登場していましたし、壊れた肘の話などでプロ野球選手の過酷さを子供ながらに印象付けました。 自...

  • ソース焼きそば

    B級グルメの定番中の定番の一つがソース焼きそば。 ソース系だと、お好み焼きは広島、たこ焼きは大阪とか相場がありますが、焼きそばは全国どこにでもある感じ。 バーベキューとかをすれば、〆はお好み焼きでもたこ焼きでもなくソース焼きそばしかない。 以前、新宿に通勤してい...

  • Claudio Abbado LFO / Mahler Symphony #7 (2005)

    2005年のルツェルン音楽祭で、クラウディオ・アバドと彼のスーパー・オーケストラが挑んだのはマーラーの交響曲第7番。 楽章の説明に「夜の音楽(nachtmusik)」と記されていることから、全体が「夜の歌」と呼ばれるようですが、マーラー自身が副題としてつけたわけではない。 ...

  • カップヌードル グリーンカレー

    別にカップヌードル・フリークではないので、積極的に新作をおいかけているわけじゃありません。 ありませんが、コンビニで見たことが無いのがあると、ついつい買ってしまうのがカップヌードルの威力なんでしょうか。 オリジナル、シーフードなどは、災害時用ということもあり、スーパ...

  • Claudio Abbado LFO / Mahler Symphony #5 (2004)

    クラシック音楽では、最大の弱点は演奏される曲に限りがあること。まだ発見されていない曲とかがあるかもしれませんが、基本的に作曲家はほぼ全員がすでに亡くなっているわけで、「待望の新曲」みたいなものはない。 ところが、演奏者は新しい人がどんどん出てきて、また再びさまざまな過去の...

  • 最高の人生の見つけ方 (2007)

    この秋話題の映画の一つが、吉永小百合・天海祐希の主演による「最高の人生の見つけ方」だと思いますが、これは実は2007年のアメリカ映画のリメイク。 本家は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという二大スターが共演しています。なんと、Amazon Primeで無料でみれま...

  • 麺一 @ 溝の口

    溝の口の駅前から5分ほど歩いて離れた場所にある、比較的外見は普通っぽいラーメン店です。 午前11時半すぎくらいに到着したんですが、10席ほどのカウンターは満席でした。けっこう人気が高いようです。 ここの売りはネギ。見ていると、ラーメン作りと並行して、長葱を千切りにす...

  • 絶滅危惧種

    今回紹介する、地球上から消滅してしまうかもしれない危険に晒されているものは・・・本屋さんです。 かなりやばい。ウルトラマンなら胸のカラータイマーが、青から完全に赤い点滅に変わっている状況。 新聞・雑誌類を含めて本は活字文化を支える代表的なメディアであり、まさに知識の...

  • Claudio Abbado LFO / Mahler Symphony #2 (2003)

    目下のところマイブームはグスタフ・マーラー。本当にクラシック好きからすれば、何を今更という話。 繰り返しですけど、そもそも小学生の時に最初に演奏者と曲が一致して認識したのは、カール・ベームのベートーヴェン第九、そしてレナード・バーンスタインのラプソディ・イン・ブルーだと思いま...

  • 熊本黒マー油とんこつラーメン

    インスタントのラーメンとしては、根強い人気を持っているのが「棒ラーメン」シリーズのマルタイです。 大手のブランドに比べてマイナーなイメージがあるものの、真っすぐの細麺には割とコシがあって、自分も嫌いじゃない。 もともと福岡の会社だけあって、九州系の味には強く、この熊...

  • トルティーヤを作ってみた

    メキシコなどの中央アメリカ代表するパン・・・に近いのがトルティーヤ。 もともとはトウモロコシをすり潰して薄く焼いたもの。タコスを巻いて食べるのが定番ですが、普通は生地を挟んで潰して焼ける道具を使うようです。 とりあえず、トウモロコシパウダーと強力粉を半々で作ってみま...

  • 消費税率アップ目前

    10月から、現行8%の消費税率が10%に上がります。だいぶ先の事のように思っていたら、もう数日後の話になってしまいました。 日本では平成元年に3%で始まり、平成9年に5%、平成26年に8%に引き上げられました。 基本的には直接税として、使ったら使った分だけ消費者が払うとい...

  • ポンデケイジョを作ってみた

    南米のスタンダードなパン。ポンがパン、ケイジョがチーズのこと(Pão de queijo)。つまりチーズパンです。国によって呼び方が違ったり、いろいろバリエーションもあったりするようです。 名前から想像するのは、ミスドで販売している人気商品、ポンデリングですが、これの元...

  • 来来亭 @ 菅生

    菅生・・・ってどこ? と思う方が多いかもしませんが、住所としては川崎市宮前区。付近には聖マリアンナ医科大学もあって、最寄駅からは徒歩圏内とは言えない地域です。 来来亭は、もともとは10年くらい前に滋賀県野洲市から始まったラーメン店のようですが、あっという間に全国規模に拡...

  • お彼岸

    9月20日が彼岸の入り、今日の秋分の日が彼岸の中日、9月26日が彼岸の明けです。 一般には、彼岸の期間は祖先を敬い亡くなった人々を偲ぶ日とされていますが、やはり一番のイベントはお墓参り。 今年は、ちょっと早めに済ませました。巨大な霊園なので、中日にでかけると混雑がす...

  • 謎肉祭、過去最大量

    カップヌードルの新作、と言うかまたまた出ましたみたいな。 年に一度の謎肉祭りとパッケージに書いてある。 う? 年に一度? 確かに毎年ここでも話題にしてきましたが、 2016年 を皮切りに、 2017年 、 2018年 とこの時期です。 今年は過去最大量と書いてあ...

  • H.V.Karajan BPO / Beethocen Symphonies (1968-72)

    バロックの時代に声楽曲の合間に箸休め的に"simfonia"と呼ばれる器楽曲があって、それを膨らませて「交響曲」と呼ぶような多楽章形式にしたのがハイドンであり、モーツァルト。 ハイドンやモーツァルトの音楽が、ヴィバルディの一連の協奏曲と違うかというと、どこを切っても金太郎飴状...

カテゴリー一覧
商用