searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

亜沙郎さんのプロフィール

住所
都筑区
出身
都筑区

自由文未設定

ブログタイトル
あすなろの木の下で
ブログURL
http://asunaroweb.blogspot.com
ブログ紹介文
都筑区センター南駅前の整形外科・リウマチ科のブログです。食べ物や音楽のネタも紹介しています。
更新頻度(1年)

366回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2007/12/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、亜沙郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
亜沙郎さん
ブログタイトル
あすなろの木の下で
更新頻度
366回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
あすなろの木の下で

亜沙郎さんの新着記事

1件〜30件

  • Paul Chambers / GO ! (1959)

    ポール・チェンバースは、マイルス・デイビスのレギュラー・グループの初代ベーシストであり、50年代なかばから60年代前半にかけての10年間ほどの間、ジャズ・ベースの絶対王者の地位にあった人。 これはなんと、チェンバースにとっては20代のことで、若くしてこれだけの活躍をしたことは凄い...

  • 手打ちそば おおつか @ センター南

    自粛期間を経て、2回目の外食は、やはりずっと食べたかったお馴染みの「おおつか」の蕎麦です。 どの飲食店も、コロナ禍では大きな打撃を受けていますが、おおつかさんも同じ。4月~5月はお客さんは激減し、営業もままならない感じだったようです。 しかし、しっかりと評判が定着した名店ですから...

  • 国勢調査

    5年に一度行われる、日本全国で国内に住んでいるすべての人・世帯を対象とした統計調査が国勢調査。今年の調査が行われる年で、数日前にうちにも書類が送付されてきました。 封筒の表には、「(法律に基づいた)義務です」と明記されています。 日本の今の状況を的確に把握するための大切な資料にな...

  • 渡辺貞夫 / Mbali Africa (1974)

    渡辺貞夫は、日本を代表する世界に知られたアルト・サックス奏者です。現在87才になりますが、まだまだ現役。 渡辺貞夫・・・ナベサダの音楽は、時代と共に大きく変化してきました。アメリカに渡り頭角を現した60年代前半は、チャーリー・パーカーの影を強く引きづっていました。その後、ボサノバ...

  • 秋の気配

    ・・・と言えば、自分たちの世代はオフ・コースの歌。 昔から秋の天気が変わりやすいと言われる事から、秋になって心変わりする恋人たちの心情をせつなく歌う名曲。 実際、夜は気温が下がって、エアコン無しで過ごしやすくなってきました。日中は、まだ30度くらいになりますが、換気で窓を開けても...

  • 堅あげポテト シークワーサー味

    カルビーの堅あげポテトが、全国的に発売されたのは2005年ということで、もう15年らしい。 最初に食べた時は、お~こんな食感のポテチがあったのか、と目から鱗のような美味しさではまったもんです。 例によって、この手のスナック菓子は、スタンダードを確立した後は、いろいろな味付けのバリ...

  • Ornette Coleman / The Shape of Jazz to Come (1959)

    マイルス・デイビスが「Kind of Blue」で、演奏者をコード進行の制約から解放するモード奏法を打ち出した頃、もう一つの自由を求めた演奏スタイルが産声をあげていました。 オーネット・コールマンの登場です。28才であった1958年に初リーダーを録音して、その翌年にすでにこの邦題...

  • Lee Morgan / The Sidewinder (1963)

    50年代末に登場したチャック・ベリーらのロックンロールは、瞬く間に若者を中心に受け入れられ、モダン・ジャズの衰退が始まる重要な要素であったことは間違いない。 コード進行に縛られたアドリブ展開に閉塞感を感じていたマイルス・デイビスらが始めたモード奏法でしたが、60年代に入って和声全...

  • クロスキバホウジャク

    なんか、見たことが無い虫が飛んでました。 まじで、初めて見た・・・と思います。全長は4cmくらいで、透明な大きな羽根を持っています。胴体は太目で、毛のような尾の先は魚の尾ひれの様に広がっている。 最初は蜂かと思いましたが、どうも様子が違う。 こういう時は、今どきはGoogle画像...

  • 芦田愛菜の天才

    「星の子」という10月公開の映画のイベントで、主演の芦田愛菜が「信じる」ってどういうことだと思いますかという質問をされて答えたこと・・・ ・・・ このお話全体を通して、その人の事を信じようと思います、って結構使うと思うんですけど、それってどういう意味なんだろうと考えた時に、その人...

  • 藤井聡太の天才

    将棋に興味が有っても無くても、最近の藤井聡太の活躍は、誰の目にも耳にも新鮮な驚きと伴に伝わってきます。 将棋界の最年少記録をどんどん更新して昇段し、そしてタイトルを獲得するニュースは、嫌なことばかり報道される世の中で、一服の清涼剤になっています。 クリニック用にずっと買い続けてい...

  • からあげ・とり弁 縁 その2

    長らく営業していたコンビニの跡地に、7月に開店したのが縁(ゆかり)。テイクアウトがメインの鶏唐揚げと焼き鳥弁当のお店で、 開店早々に唐揚げについては食べてみました 。 もう一つの看板メニューである焼き鳥弁当も、ついに食べてみる機会に恵まれました。 基本の味はもも肉のタレ焼きとささ...

  • セミにも異変

    年々、夏の暑さが厳しくなっていることで、虫たちにも影響があるのかなと思います。 と言うのも、今年も蝉時雨と言えるほどのセミの大合唱を聴く機会がありません。実際、暑いと鳴かないセミが多いらしい。 こればかりは、静かでいいというものではなく、季節を感じる本来の歳時記に異変が起きている...

  • The Great Jazz Trio / At the Village Vanguard (1976)

    自分にとって、リアルタイムに最もはまったジャズ・コンボは、グレート・ジャズ・トリオ(GJT)。 基本的には、影に埋もれそうになっていたハンク・ジョーンズを、再度表舞台に引っ張り出したグループで、そのきっかけは我が日本の誇る渡辺貞夫でした。 フュージョン路線を走って一般への人気が上...

  • 八ヶ岳地ビール

      貰い物で、八ヶ岳の地ビールを頂きました。 山梨県清里、萌木の村という酒造会社が作っていて、ブランド名はTOUCHDOWN となっていています。作った人はアメリカン・フットボールが大好きなのかなと思ってしまいます。 このビールの面白いところは、「一杯目専用」とされるFIRST ...

  • 密室政治

    安倍総理の電撃辞任表明から1週間。 この手の話題で何が空しいかというと、国民には日本のリーダーたる内閣総理大臣を直接選ぶ権利が無いということ。 建前として、国民が選んだ国民の意思を代弁する国会議員が、彼らの中から選出するのだから、当然問題はありません・・・ということになっています...

  • スポットクーラー

      最近よく目にする広告で、スポットクーラーなるものがあります。 スポットですから、自分のとこだけ冷やすということ。すべてを確認していませんが、この手の物は、一般的には冷風機と呼ばれる品物で、エアコンのような冷気は期待できません。 仕組みは簡単で、ファンで風を送るだけなんですが、...

  • Modern Jazz Quartet / The Last Concert (1974)

    ジャズ史上、最も有名なコンボというと、やはりモダン・ジャズ・クァルテット (MJQ) ということになる。 ヴィブラホンのミルト・ジャクソンがミトル・ジャクソン・クァルテット (MJQ) を母体に1952年に結成し、ピアノにジャズの哲学者、ジョン・ルイス、ベースのパーシー・ヒース、...

  • インフルエンザにも注意

      昨日は二百十日・・・ということは、今年の立春、2月4日から210日ということ。 ちょうど、コロナ騒ぎでほとんどそれ以外の事は無かったような異常な210日間でした。コロナの前には、首相退陣の話でさえ霞んでいる。 そして、今日から9月。 9月というと、気が早いかもしれませんが、そ...

  • マスクにスースーミント

    花粉症でもないのに・・・風邪ひいたわけでもないのに・・・まさか、真夏にマスクを使い続ける事態になるとは・・・ まぁ、マスクについてある程度我慢できる冷感タイプのものを見つけたんですが、もっと快適に使える方法は無い物かと。 そこで、登場したのが清涼感をアップさせるミントのスプレー。...

  • Ahmad Jamal / But Not for Me (1958)

    アーマッド・ジャマルというピアニストは、不思議な存在のピアニスト。本来はFritz Russell Jonesという名前だったのですが、20歳でイスラム教に改宗し本名を変えています。 オスカー・ピーターソンやフィニアス・ニューボーンのような超絶技巧派とは逆で、強いて言うならセロニ...

  • 続・突然の辞職表明

    何と・・・よもや・・・まさか・・・13年の時を超えて、 このタイトル の続編を書くとは思ってもいませんでした。 安倍晋三内閣総理大臣、記者会見で辞職を表明です。 モリトモ、カケイ、サクラ・・・数々の閣僚・官僚の不祥事。その度ごとに、「責任は総理大臣である私にある」としながらも、一...

  • Phineas Newborn Jr. / A World of Piano (1961)

    フィニアス・ニューボーンJrは、ジャズ・ピアニストのタイプとしては、オスカー・ピーターソンに似ていて、超絶的な技巧を有して、強くて速い打鍵力を持っています。 本来なら、もっとメジャーになるべき人だと思うんですが、精神疾患のため入退院を繰り返し、活躍が断続的になったため、ジャズ界の...

  • うちだけ豪雨

    もう、完全に定着した「ゲリラ豪雨」ですが、昨夜はまさにそれでした。 急にすごい雨音がして、そとを覗いてみると激しい雨。 雨雲レーダーを見てみると、周囲にはほとんど降っているところは無いのに、局地的にこの辺だけ大雨状態。南北5km、東西3kmくらいの範囲だけ。特に激しいのは直系1k...

  • Ella Fitzgerald / Ella in Berlin (1960)

    エラ・フィッツジェラルドは、ビリー・ホリディ、サラ・ボーンとともに女性ジャズ・ボーカルの黒人御三家の一人に数えられます。 正直に言うと、ホリディは魂の歌唱としてそのすごさを認めるものの、声はガラガラだし必ずしも歌唱力として優れているとは云い難い。悲劇的な人生による伝説化が、その評...

  • 戻りつつある生活

    土曜日夜に雨が降って、ちょっと暑さが緩んたのか日曜日の夜は何週間ぶりかでエアコン無しで寝ることができました。でも、月曜日はまた暑い・・・ 久しぶりにたまプラーザの駅に行ったんですが、日向に出ている人は少なめなんですが、日陰では、まぁかつての普通という感じに人がいました。 旅行のよ...

  • タイム・レコーダー

    長年使えば、物は壊れるよね、っていう話。 クリニックも10年超えると、時限爆弾のように壊れるものが出始めました。今回は、タイム・レコーダー。そう、出勤、退勤でカードを入れて「ジジ」っと音がして時刻を記録するあれ。 開院以来ですから、おおよそ15年間使い続けたわけですが、ほとんど何...

  • Eric Dolphy / Last Date (1964)

    エリック・ドルフィーというと、有名なコルトレーンのヴィレッジ・バンガード・ライブがありますが、当初の正規盤では、ドルフィーのソロは大幅にカットされていました。後に完全盤が登場して、その時にコルトレーンを凌ぐ大暴れぶりが話題になりました。 何しろ遅咲きで急逝したため、活動期間が短い...

  • カップヌードル "海苔うま" シーフード

    ちょっと前から、コンビニの店頭に並んでいたので気になっていました。カップヌードル "海苔うま" シーフードというもの。 1971年のカップヌードル発売以来、ずっとお世話になって来て、新しい種類が出るとついつい手に取ってしまうことを繰り返してきました。そして、たいてい結論は基本3種...

  • 伊右衛門伊右衛門のラベル

    ペットボトルのお茶飲料は、各社が力を入れる激戦区。 その中で「伊右衛門」も、この春にリニューアル。味はともかく、一番驚いたのは、ボトルをぐるっと取り巻くラベルが無いバージョンも売り出したことでした。 たいていのボトルはラベルを取ると、のぺっとしてプラ感が高まるだけ。ところが伊右衛...

カテゴリー一覧
商用