searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

beckmesser248さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
木陰の散歩道
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/beckmesser248/
ブログ紹介文
日々感じたこと、聞いた音楽などを気ままに綴った1コマです
更新頻度(1年)

107回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2007/11/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、beckmesser248さんをフォローしませんか?

ハンドル名
beckmesser248さん
ブログタイトル
木陰の散歩道
更新頻度
107回 / 365日(平均2.1回/週)
フォロー
木陰の散歩道

beckmesser248さんの新着記事

1件〜30件

  • 6/12(土)コーンウォール

    ニュースで見るコーンウォールの海岸は実にのどかなものです。マルケ王のお城はどのあたりなのかしら・・・朝日の朝刊に吉田純子編集委員の記事が出ていました。「スポーツと芸術 まっとうななためらい 今こそ」というタイトル。安心安全・感動・希望という呪文のような

  • 6/11(金)押しの強さ

    NHKのプロフェッショナルという番組で、クラシック音楽ファンで知られる小倉智明氏のこの春22年間司会を務めた朝のワイドショーを終えるにあたっての様子を密着取材レポートしたものが放映されていました。74歳までやってこれたのはある程度の押しの強さがあったからとい

  • 6/5(土)新国カルメン前売り状況

    巷ではバレンボイムのリサイタルのことが話題になっているようです。プログラムの勘違い、文句を垂れる輩などなど。こういう「事故」を目撃したかったとつくづく後悔です。ネット上では裏事情があるだの何だのと憶測が飛び回っています。インターネットの情報発信ほどアテに

  • 5/30(日)忘れ物

    以前、仕事関係の書類をサントリーホールに置き忘れたことがあり、この時は地下鉄の駅へ向かう途中で気が付いて慌ててホールへ戻りレセプニストの方に問い合わせたら「これですか」と差し出されホッとしたことがありました。今回はメガネで、5/21(金)読響のコンサートの

  • 5/29(土)二期会タイトルロールなディーヴァたち

    長丁場のオペラと違い一曲入魂・一曲限定のアリアの競演は歌い手にとって真価を発揮できる場、しかもオケでなくピアノ伴奏、会場もサントリーホールの小ホールなので必要以上に力を入れることもない。とあれば主役を張れる二期会の実力者たちはここぞとばかりに気合を入れて

  • 5/28(金)バ=タ=クラン

    マイクロソフトのIEのサポートが切れるというので後継のEdgeを使い始めましたが勝手が違うとやりにくくて。「お気に入り」が右側に出て・・・慣れるまで時間がかかりそうです。これじゃダメだとIEに戻ると「お気に入り」に入れて置いたものが消えいて『まったく!』 

  • 5/23(日)二期会ニューウェーブ・セルセ

    二期会の若手ニューウエーブのヘンデルシリーズ、セルセを目黒のパーシモンホールで聞いてきました。2005年に北トピアで上演されたジュリオ・チェーザレ(鈴木雅明とバッハコレギウムジャパン)、2015年新国立劇場中劇場で鈴木秀美による同じくジュリオ・チェーザレ、2018年

  • 5/21(金)下野・読売日響・藤田真央

    真央クンにすっかり遊んでもらった・・・そんなモーツァルトでした。読売日響の定期演奏会をサントリーホールで聞いてきました。コロナ禍で予定されたカナダの鬼才ラプラントが来日できず人気の藤田真央が代演。親衛隊らしきグループが応援に駆けつけていました。その真

  • 5/16(日)飯守泰次郎・ワーグナー

    飯守泰次郎の傘寿記念ワーグナー「ニーベルンクの指輪」ハイライト特別演奏会を東京文化会館で聞いてきました。1940年生まれなので9月で81歳になるそうです。(あのコバケン先生も1940年生まれ)シティフィルとのコンサート形式(2000年~)、新国立劇場での舞台上演(201

  • 5/11(火)幻の・・・

    明日から再開と言っていた国立近代美術館などが一転、東京都からの強い要請で今月いっぱい休館するというニュースがありました。新国立劇場は?東京文化会館は?サントリーホールは民間だから大丈夫でしょう。コロナワクチンの電話予約が殺到して「こちらはNTTです。只

  • 5/10(月)どこも頑張る

    てっきり中止の嵐かと思っていましたがどこも頑張るようで大変結構なことです。収容人数の50%は超えていると思うのですが、音楽会は決して不要不急のものではないという主催者の強い決意を表れに賛辞を贈りたいものです。相撲は水曜日から観客を入れるということ。例の妖精

  • 5/5(水)連休終了

    緊急事態宣言は延長されるのでしょうか。16(日)に飯守泰次郎の傘寿記念のワーグナーを聞く予定ですがどうなのでしょう。シュテファン・グールドらは既に14日間の待機中。お流れにでもなったら賠償金などが発生し大変なことになるかも。これだけ蔓延してしまうと武漢がど

  • 5/1(土)八十八夜

    季節の変わり目、野菜苗を畑(10㎡)に移し替えました。トマト、きょうり、枝豆・・・実がなってくれるといいのですが。BS日テレの読響アワーで山田和樹の指揮でニールセン交響曲不滅を見ました。演奏が終わってヤマカズ氏がマスクを着けて「読響は永遠に不滅です」と言

  • 4/29(木)23位

    Tutto ヴェルディというヴェルディ生誕200年を記念して王立パルマ歌劇場を中心に上演されたオペラ26本とレクイエムの映像を今は亡きクラシカジャパンが放映したものからオルベルトを見ました。この3月に打ち切りとなったクラシカジャパンを10年くらい愛聴していて録画した

  • 4/25(日)ブルックナー団

    「社会生活に必要なものに該当する」といって休業要請に応じない寄席のポリシーはいいですね。責任云々を言われたくないので無難に右へ倣えが多い中、オレラのところはキチンと感性対策をとっているので問題ないと言える度量の広さに感服です。オリンピックありきのご都合

  • 4/23(金)農協の野菜苗祭り

    近所の農協で野菜苗の特売があり様子を見てきました。ウチの庭は雑草諸君が最後の楽園とばかりに自由を謳歌していてとても太刀打ちできない状態で、植木屋の除草班の助けでどうにか凌いでいる有様。いつまでも好きにはさせないと今年は花を植えたり土を掘り返してミニ菜園

  • 4/21(水)いつもの不覚

    アサヒスーパードライの生ジョッキ缶の在庫が追い付かなく出荷停止という記事を読んで、これは飲んでみないといけないと近所のスーパーへ。大量に積んでありましたが一家族6缶までという制限。ロング缶はなく340mlのみ、昨日の夕食に飲んでみました。いつものようにコップ

  • 4/19(月)ムーティのマクベス

    2年越しの東京春、ムーティのマクベス(演奏会形式)を東京文化会館で聞いてきました。正にムーティで始まりムーティで終わった感じです。強く弾くところは徹底して強く、転がるところは躊躇なく、走るところは全力で、行進するとこは足をしっかり上げて勇ましく、歌うと

  • 4/17(土)The Best

    ピアニストの藤田真央さんのベストは、横浜DeNAベイスターズの番長三浦監督にもらったサインかチャイコフスキーコンクールのメダルか迷ったが「音楽の人」なのでチャイコフスキーのメダルにしますという記事が朝日新聞の日曜版に載っていました。私も川崎球場からのファン

  • 4/16(金)1417回

    新年度も3週目が終了。バラの騎士のマルシェリンじゃないけど夜中に起きて家中の時計を止めたくなります。コンサート通いを始めて52年、記録を整理してみると聞いた演奏会が1417回。すっかかり忘れているものもあればつい昨日のことのように覚えているものもあります。年

  • 4/7(水)昨日の読響

    昨日は新国でダブルビル、その後サントリーホールで読売日響の定期公演へというトリプルビルでした。読響の新シーズン開幕戦、予定ではカンブルランが振ることになっていましたがコロナ禍でキャンセル。代演はカチュン・ウォンというシンガポール生まれの35歳。国内各オケ

  • 4/6(火)新国の夜啼き鶯・イオランタ

    今日はストラヴィンスキーの没後50年の命日にあたるそうです。新国立劇場で夜啼き鶯とイオランタのダブルビルを見てきました。コロナ禍の中での上演で前回のワルキューレと同様にキャストを大幅に入れ替え演出チームとはリモートで調整したということ。(再三、文句を言う

  • 4/4(日)うつろなひびき

    春の草花が咲く庭・・・・近所の農協やホームセンター、道の駅に春の草花が咲き誇っていて中高年夫婦が品定めをしています。どこも込んでいてレジに行列ができていました。これもコロナ禍と関係があるのでしょうか。園芸用の培養土を何袋も買って係の方に運んでくれないかと

  • 4/1(木)年度切替

    首都圏ニュースのエンデキングで新年度、何か新しいことを始めませんか・・・とお天気の市村さんが振って、アナ氏はジョギング、お天気お姉さんは筋トレ、東京芸大出身の林田アナはプラモデルと言っていました。新年度、新たなことにチャレンジ。ジェイムス・ジョイスのユ

  • 3/31(水)花

    先日の朝日の朝刊にブルックナーのことが出ていて許センセお薦めディスクにチェリビダッケとありました。聞き込んでいる人には面白いでしょうが初めてブルックナーを聞く方にチェリビダッケはどうでしょう!そんなマニアックなことを言わずカラヤン・ベームあたり、テンシュ

  • 3/26(金)遠征

    カルロス・クライバーはじめ数々の公演を成功に導いた元NBSの広渡氏の本に兵庫県立文化センターの「こうもり」と「メリーウィドウ」の演出を手掛けたことが出ていて、是非見たいものと思っていたら今夏再演されるというのでWeb予約をしました。7/16から8公演、オペラで8回

  • 3/24(火)新国のワルキューレ(再演)

    2016年10月に上演されたゲッツ・フリードリッヒ演出のワルキューレを新国立劇場で見てきました。正直なところ昨日までパスしようか迷っていました。一度見ているしこれだけキャストが変更になっていたら気持ちが乗りません。それでもコロナ禍の中、出国・入国制限があったり

  • 3/22(月)496

    キリン渾身のクラフトビール「豊潤496」を飲んでみました。麦芽はキリンラガーの1.5倍、4種のホップという宣伝文句。色は濃厚、味はまろやかで確かに豊潤、スーパードライと対照的です。496とは?完全数、数学はよく分かりません。1~31までの和で毎日飲んでも飽きないとい

  • 3/21(日)楽屋話

    雨の日曜日、図書館で借りた元NBSの総合プロデューサー広渡勲氏の「マエストロようこそ」を一気呵成に読み通しました。内容はカルロス・クライバーとのお付き合いから始まり、バレンボイムやメータらとの信頼関係を築いたこと、1974年からバイエルン国立歌劇場、ウィーン国

  • 3/13(土)所沢で牛田智大

    前から響きを体感したいと思っていた所沢市民文化センター・ミューズ・アークホールで注目の若手ピアニスト牛田智大のリサイタルを聞いてきました。生憎の雨、予報では午前中がピークということでしたが最寄りの西武鉄道「航空公園」駅に着いたら土砂降り。しかも風が強く

カテゴリー一覧
商用