searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ドルチさんのプロフィール

住所
所沢市
出身
青森市

社会は変革のときを迎えています。 私たちは個人として力を蓄えつつ、多くの人たちとつながって行く必要があります。 それゆえ、地域で身近な人間やものに目をしっかり向ける必要があるのではないでしょうか。

ブログタイトル
椿峰のまち
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/dorci/
ブログ紹介文
埼玉県所沢市にある椿峰でまちづくり活動に参加しています。その暮らしのあれこれを紹介いたします。
ブログ村参加
2007/09/09
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ドルチさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ドルチさん
ブログタイトル
椿峰のまち
フォロー
椿峰のまち

ドルチさんの新着記事

1件〜30件

  • 11月1日のまち

    9月中旬に雨水管をつなぐ工事をしていましたが、11月1日午前中にその工事の仕上げが行われました。午後に別の工事のトラックがやってきて・・・・・完成です☆カメラを構える私の影が・・・・11月1日のまち

  • 2021年10月 青森へ その8

    31日は、新青森駅で少し時間がありました。駅2階のいつもの場所から、八甲田山がきれいに見えました。日曜日だったのですね。岩木山です。駅ホームからの写真です。帰りの新幹線の座席に座るとほっとします。記事以外にも多くの方たちにお世話になりました。厚く御礼申し上げます。なんとか無事に帰ってきました・・・・と思ったら携帯電話をどこかで紛失AUに連絡して停止を依頼いわゆるガラケーで買い替えが必要ものだったため、近くのNOJIMAで若い女性の店員の方にお世話になって、簡単なスマホを購入携帯電話ではネットを使わないというか使えないので、買い替えのときは時短でできたりするようです。それでも暗証番号があれこれあって、間違えてあちこちでご迷惑に・・・・2021年10月青森へその8

  • 2021年10月 青森へ その7

    友人から高校同期の画家である林ひろ美さんが個展を開催中と聞いて青森駅からすぐのギャラリーNOVITAに立ち寄りました。カメラを持っていなかったので個展の様子の写真が撮れませんでしたご本人も絵も元気いっぱいなのでご紹介したかったのですが・・・・青森は芸術家を育てる土壌があると思います。カレンダーと絵葉書です。来年はねぶた祭が開催されますように。こちらの「バラの庭」という絵にだいぶ長い時間をかけたんだとか。すてきな絵です。林さんは外国人のように見えたりするんですが、フランスではやはり日本人かそれとも中国人かと聞かれるそうです。林さんは若くて元気いっぱいなので、もしかしたら若さを保つには絵を描いたりするのがよいのかもしれません。2021年10月青森へその7

  • 2021年10月 青森へ その6

    30日午前中で片付けが終了。ご近所にご挨拶をして青森駅近くにあるAファクトリーというところにあるお店で友人と一緒に昼食。いろいろと相談に乗ってもらいました。彼女の娘さんのご主人が陸奥湾で釣りをして大きな鯛をよくもらったりするんだとか。家に帰ってから、アマゾンからうろこ取りとその商品と一緒にお勧めという本をその友人に送ってみました。以前、生協のカタログで見つけた真鍮製のうろこ取りを購入し、便利だったのを思い出したからです。アマゾンで真鍮製のものは私が持っているものと少し違っていて、評価の高いものを選んだのですが・・・・今、調べてみると、うろこ取りの比較の動画がありました。いろいろあるんですね。うろこが飛ばないようにするには水をかけるとよいそうです。彼女から3種類の小さめのリンゴを送ってもらいました。贈答用の大きな...2021年10月青森へその6

  • 2021年10月 青森へ その5

    29日はトータルプロデュース・モコ社長である花輪さん、副社長の奥さん、男性2人の4人が1日、30日は男性2人で午前中2階のベッドや机、本箱、タンスといった重いものを含めて片づけていただきました。奥さんは力持ちです。お孫さんがおられるとは!青森の女性たちは年齢より若く見えるようです。りんごをよく食べるから?ご夫婦で文字通り力を合わせて働いているのはうらやましく見えました。手際よく片づけていただき、かなりの量だったのが時間内にできました。現代では、遺品整理の仕事など、昔とは違う仕事に需要があったりするのですね。押入れの棚の奥から内裏雛が出て来ました。コロナ自粛で家庭内暴力が増えていたりするこのごろ、夫婦のあり方についてあるいは女性の働き方についてさまざまに考えてみる必要がありそうです。2021年10月青森へその5

  • 2021年10月 青森へ その4

    10月29日も暖かで助かりました。ホテルの朝食の会場が混んでいて、実家に到着が約束の時間ぎりぎりに。1階の半分の天井や壁がむきだしになっています。黴臭さが残っているかと思いましたがそんなことはなくて、柱も壁もしっかりしていました。むき出しになった柱のあちこちに杉浦木材の字が。まるでお札でも貼ってあるような気がしました。今は製材工場はなく、この会社名で不動産の管理と他社木材の販売を弟がしています。仏壇のある和室は残っています。茶室です。2021年10月青森へその4

  • 2021年10月 青森へ その3

    4月に青森市にある実家の半分ほどの遺品整理をした経緯については、2021年4月の記事をご覧ください。10月29日、30日に片付けをしてもらうべく、以前もお世話になったトータルプロデュース・モコさんに予約して出かけました。27,28日の2日間で、実家に残すもの、所沢に送るものの仕分けをし、宅配で頼んでいた段ボールに詰めて発送。今回は晴れて比較的暖かだったので助かりました。父が草取りをしていた芝生も雑草が伸び放題で・・・・・これから雪囲いを依頼する必要があります。解体工事と水道の件でお世話になった長男の知人である設計事務所の稲見さんに2か所だけ水栓を開けるようお願いしてありました。また警備をお願いしているALSOKの佐藤さんが立ち寄ってくださいました。ご近所の方にもご挨拶に回り、ご高齢の方もおられますがお元気なので...2021年10月青森へその3

  • 2021年10月 青森へ その2

    5連泊以上の宿泊プランで、ホテル青森に宿泊しました。朝食付きで、前回の4月よりは少し緩和されて、一部バイキングとなっていました。マスク着用でポリの手袋をして、飲み物とかサラダをとる方法です。和定食か洋定食かを選びます。和定食はこちらコンロに点火してもらって貝焼き味噌をつくります。バイキングの部分はこちら味噌汁もありましたが塩分を気にしてスープにしました。急いだので、きれいに盛り付けできず(汗たっぷりのサラダがありがたいと思います。多めに食べて昼食はなしで、片付けをしていました。5回の朝食のうち、2回は混んでいて入り口で待つことになりました。陸奥湾が見渡せる17階の朝食会場です。部屋で陸奥湾と飛行機雲を撮ろうとしたら陸奥湾が入らず失敗なじんだホテルに連泊するといったことを高齢者の方にお勧めします。2021年10月青森へその2

  • 2021年10月 青森へ その1

    コロナがようやく下火になり、10月26日から31日まで青森に出かけました。実家の片付けがまだ残っていたからです。東北新幹線で往復しました。新青森駅では、展示用の小さめのねぶたがあります。なお、26日は夜8時少し前に到着して、31日は午後3時前の新幹線に乗りました。このねぶたの写真は、帰りに時間の余裕があったので撮ったものです。ついつい、青森の記事のトップにはねぶたの写真をもってきたくなりまして・・・・去年と今年はねぶた祭が中止になりました。がっかり感というものが10月下旬でもまだ青森を覆っているようにもみえました。来年にはぜひ再開できますように。2021年10月青森へその1

  • 2021年10月のアルバム

    記事更新が遅れておりまして申し訳ありません。10月に周辺で撮った写真です。お茶の花が咲いていました。天候不順のせいか、10月にツツジが咲いていました。今年はキクの花をあまり撮る機会がありませんでした。カメラ好きのようなネコがいました。所沢市内と飛行機です。向かいの新築工事ではさまざまな車両が来ています。2021年10月のアルバム

  • 9月27日のまち 緑道と青空と飛行機と その4

    台風が近づきつつあったので、北西の方向には黒い雲が広がっていました。緑道をはずれて家の方向へ。打越公園では子どもたちが遊んでいました。椿峰ニュータウンには小さい子どもが安心して遊べる公園があります。この公園のお花も世話ををしてくださる方がいるようです。我が家の主人もそうでしたが、高齢の男性はひとりの作業のほうがよくなってきたりしますね。緑道や公園での作業をお好きなときなときにどうぞ、ということも必要かもしれません。近くに畑を借りて野菜作りをされている方たちもおられます。家の近くでご近所の方とお会いしたんですが、門扉のそばに珍しい葉の植物が。郷里の栃木にあったものだそうです。椿峰ニュータウンは地方出身の方が多かったりします。9月27日のまち緑道と青空と飛行機とその4

  • 9月27日のまち 緑道と青空と飛行機と その3

    所沢・椿峰ニュータウンに住んでいるっていうと飛行機が気になりませんか?って聞く人がいたりするんですが・・・・パトロールしてもらっているような感じなんですよね。平和というものはそういうものなんです、ってしたり顔それともドヤ顔をしてみたいような。いつの間にか秋の空ですね。何ものにも代えがたい日本の平和な秋の空です。9月27日のまち緑道と青空と飛行機とその3

  • 9月27日のまち 緑道と青空と飛行機と その2

    小学生の下校時間でした。森林浴になりそうなところがあります。あたりに人がいなかったのでマスクを外して深呼吸をしました。花を植えて世話をしてくださる方がいるようです。9月27日のまち緑道と青空と飛行機とその2

  • 9月27日のまち 緑道と青空と飛行機と  その1

    デジカメを持って30分ほどの散歩に出かけました。椿峰ニュータウンには丘陵沿いに緑道があって、多くの人たちが散歩に利用しています。緑道入り口です。ハギの花が咲き始めましたね。9月27日のまち緑道と青空と飛行機とその1

  • 撮り働

    働く人々の姿から元気をもらえると気がつきました。撮り鉄ではなく撮り働です向かいで新築の工事が行われています。暑い中の基礎工事です。滑車を使って屋根材を運ぶんですね。腰が痛くならないか心配になります。撮り働

  • 9月16日のまち

    秋のお彼岸の前に墓参りに出かけました。長雨であったりしたので、いつもとはちょっと違うような。ワイルドとでもいうか。主人の墓は見晴らしの良いところにあります。下の写真の緑が鮮やかにみえるところは狭山湖の堤防です。墓石の周りの草取りをして、上を見上げたら、青いハート☆霊園近くの畑に大きなカボチャが。ハロウィン用でしょうか?吾亦紅(ワレモコウ)がきれいです。キンモクセイがたくさん咲いて香りを放っていました。ついつい災害の警告に感じたりします。天候不順とはいっても季節は巡ってきますね。四季をしっかり感じることが免疫力を高めることに通じることになりそう。9月16日のまち

  • 9月14日のまち

    家のすぐ近くで壊れた雨水管をつなぎ直す工事がありました。発注者は所沢市上下水道局下水道維持課施工者は産経建設とのことです。アフガニスタンにとってはこういった重機とともにこういった操作技術、維持管理といったものが必要そう。重機を運ぶトラックがまたびっくり。昔は会社が費用を負担して若い方たちにこういった車の免許を取らせたようです。また、バスやトラックの長時間運転の場合は交代要員をつけたようです。企業も国も若い方たちのためにできることが多くあるのではないでしょうか。政治家の方たちは労働政策についてもっと語っていただきたいと思います。9月14日のまち

  • 我が家の改修計画から その4

    リフォーム完成がまだなので、椅子の張替えとテーブルの塗り替えの修理が済んだものを借りている家のほうにカスヤ木工さんに配達してもらいました。カスヤ木工さんが椅子の修理をして、塗り替えは青梅の職人さんにお願いしたのだとか。新品同様になりましたっていうか、前より重厚感が増したように感じます。伸長式で伸ばすと180センチほどになり、どのように使おうかと考えると贅沢な気分になります。書道とか水彩画とか着物のリメイクとか・・・・まずは、すぐできる作業として、主人が残した未使用のスクラップブックの紙を使って封筒を作ってみました。主人は裏が白いチラシを4等分に切ってメモ用紙にしたり、夏物の半ズボンのウェストを広げてみたり、そういうことをしている時間を好んでいるようでした。平山城児著「鴎外奈良五十首を読む」中公文庫2015年によ...我が家の改修計画からその4

  • 我が家の改修計画から その3

    まだしばらく借り家暮らしが続くようです。涼しくなってきましたので、鉢花をあれこれ置きたくなってきました。最近はフェルト製の鉢があるんですね。ハーブを植えてみました。芸術の秋というほどではありませんが、暑い夏を過ぎると、あれこれ身の回りに彩りを置きたくなるというか。歩いていけるところに、花苗のお店があり、また花屋さんがあり、周辺に緑が豊富にあることにほっとする思いがするこのごろ。首都圏のニュータウンの中古住宅はお買い得の優良物件がけっこうありますので、どうぞ散歩がてら探訪にお出かけください。我が家の改修計画からその3

  • 我が家の改修計画から その2

    この改修計画は3年前から始まっていたので、コロナ自粛となってからは少し考えが変わってきました。コロナ自粛以前には、着物のリメイクとか時短の料理などを近所の方たちと一緒にできる場にしたい、などと思っていたんですがそれだけではなく、さまざまな問題について話し合って考える場が必要だと思うようになりました。先日、同年代の2人の女性の方たちとゆっくり話す機会があり、お互い異なる体験をしてきたことがあり、また不思議な縁というものがあることがわかりました。誰でも人生では何回かはたいへんな思いをするのですが、それをどのように乗り越えたのかを話してみることが必要に思ったりします。単なる自慢話とか苦労話ではなく、まして悪口とか噂話ではなく。他の人に淡々と話してみることで、自分の心が整理されていくということがあるのではないでしょうか...我が家の改修計画からその2

  • 我が家の改修計画から その1

    年齢差のあった主人が2014年に85歳で亡くなり、その後、青森の両親が亡くなり、神戸の義姉が一人暮らしからグループホームに入所することになったりして、今、私は70歳を迎えております。椿峰ニュータウンの当初から住んだ家が築40年近くなり、建築家になった長男に改修を依頼していることは以前からこのブログで報告しております。1階の全面改装と2階の断熱ということで何度か設計図が変わって、ようやく取り掛かることになりました。ひとり暮らしで認知症予防のため、まちづくり活動に関わってきたことなどから、1階を近隣に開かれた家とすることになっております。赤い服を着た女性が私の分身のイメージだとか。我が家の改修計画からその1

  • 免疫力を上げるために

    国際化に伴って、コロナだけではなくさまざまな感染症に備える必要があると思います。免疫の仕組みはまだ解明されていないところもあるようですが、病気にかかりにくいようにしておく必要があるのではないでしょうか。安保徹「免疫力を上げる45の方法」学研2015年わかりやすくまとめられています。表紙カバーから●酸味・苦味・辛味の刺激が副交感神経を活発にして、免疫力が上がる●野菜は皮ごと、魚は内臓ごと食べて、免疫力アップ&健康長寿に●「体温+4℃」の入浴で体を温めると、免疫細胞のリンパ球がグンと増える!●爪をもむだけで、自律神経のバランスが整って免疫力が高まる●あお向けで深夜0時前に寝れば、免疫力は下がらない!●免疫力低下の原因をセルフチェック!自分流の対策をとる****************************酢の物と...免疫力を上げるために

  • 第19回 椿の和 サマーコンサート 椿峰小学校カメリアコーラス 麦の歌 (再掲)

    YouTubeのコメント欄をご覧いただければ幸いです。まちづくりでのコンサートは、ふだん忘れていたことを思い出させるようなことがあります。音楽の完成度の高さといったものとは別のもので、でも大切なものは何であるのか・・・・とか。第19回椿の和サマーコンサート椿峰小学校カメリアコーラス麦の歌第19回椿の和サマーコンサート椿峰小学校カメリアコーラス麦の歌(再掲)

  • 椿の和サマーコンサート中止のお知らせ

    一部でお知らせしておりました椿の和サマーコンサートは、感染拡大の傾向から中止となりました。このようなきれいなチラシを1000枚も作って配布していただいたのに残念です。なお幻のプログラムとなってしまいましたがアイスクェアサクソフォンカルテットゴリウォーグのケークウォークドビュッシー作曲リベルタンゴアストル・ピアソラ作曲カフェ1930アストル・ピアソラ作曲ほかアンサンブル・トランタンパプリカ米津玄師作曲アフェットゥオーソヘンデル作曲ロンドイ短調KV511モーツァルト作曲ほか音楽を楽しむ会で銀色の道/サボテンの花/オーシャンゼリゼほか********************************来年2月6日に冬のコンサートを予定しております。そのときにはぜひお出かけください。このプログラムをみて、ピアソラが聴いてみ...椿の和サマーコンサート中止のお知らせ

  • イメージチェンジをしてみたいあなたへ

    雪国の出身である私は、根気強いというか諦めができないという面がイメージチェンジをしてみたいあなたへ

  • ぬか漬けから 覚弥(かくや)

    日本食の中には、梅干しとか納豆とか健康に役立つものが多くあります。自分ひとりの食事のために、ぬか漬けをつけるのは面倒だ、血圧も高めなのだからと思っていたんですが発酵食品をあれこれ試そうと昨年からぬか漬けを始めました。みたけ食品というメーカーの発酵ぬか床というものを使っております。→こちらこちらなら、誰でも使いやすいのではないでしょうか。だいぶ前のことですが、料理研究家の方たちが自分の美味しいと思う料理は何かという記事を読んだことがありまして・・・・その中に、ぬか漬けの古漬けを刻み、水にさらしてしぼって醤油をかけると答えておられた方がいました。その料理を「かくや」というのだ、とか。そのときには、へえーで終わっておりました。なにせ、食べ盛りの息子たちがいて、そんなことはしていられない、みたいな。コロナ禍で、その記憶...ぬか漬けから覚弥(かくや)

  • 飲酒後の事故死について

    働き盛りの男性が飲酒後に事故で死亡というケースは少なくないようです。若い人たちが毎日飲んでいたりする、といったことが路上飲みなどで明らかになってきました。明るいうちから若い人たちが酔っ払って大声をあげていたりします。その危険性についてもっと取り上げられる必要がないでしょうか。→こちら飲酒後の事故死について

  • 6月26日 川越氷川神社に出かけて その3

    日本の寺社は周辺の豊かな緑とともに、世界の資産であると感じたりします。オリンピックの機会に、もっと画像や映像で大いに発信するべきではないでしょうか。我が家では、主人が自分の本家は神社なのだから、といってお宮参りや七五三の祝いをしなかったのですが・・・お参りやご祈祷をお願いすることで、寺社とその周りの環境維持ができるのだとすれば、まさにありがたい仕組みで、織田信長が安土城をそのような仕組みにしたかったというのがなるほどと思ったりします。今の日本では、神頼みが必要かもしれないと思うようなことが多くて、お宮参りが久しぶりに出かける機会ともなり、孫のおかげで元気をもらうことになりました。お嫁さんの実家が川越にあり、父上のご体調がいまいちで、近くである川越氷川神社を選んだとのこと。振り返ってみれば、川越は縁の感じられる土...6月26日川越氷川神社に出かけてその3

  • 6月26日 川越氷川神社に出かけて その2

    東京や埼玉で太田道灌はあちこちに姿を現すように感じられます。しかし、神奈川にお墓があったりして・・・・・系図などもよくわからなかったりなんですよね。川越城や川越氷川神社も縁の地のようで、矢竹の植樹とともに老いらくの身をつみてこそ武蔵野の草にいつまで残る白雪という歌が献納されているとか。ひょっとして、太田道灌は複数いたということなんでしょうか。そのうちのひとりは謀殺されたけれど、残された人たちは武蔵野で草として生きたとか?「道灌組」のような土木や建築、戦争、農業に強い集団がいた、ということを想像してしまいました。武蔵七党などともどこかでつながっているような。道灌の道とは、歴史の中にある道のようにも感じられたりします。6月26日川越氷川神社に出かけてその2

  • 6月26日 川越氷川神社に出かけて その1

    日本は災害の多いところのせいか、無事を祈るための場所が多くあります。樹木の多いところであり、安心を得られるようにさまざまに工夫されている、ともいえるでしょうか。埼玉の寺社は、首都圏にあって緑の豊富なところだったので、昔から人々を集めてきた面があったかもしれません。6月26日は晴れて、風がさわやかな日でした。4月に初孫が誕生し、この日に川越氷川神社でお宮参りをすることになって出かけました。川越氷川神社HPはこちら大きな鳥居があります。本殿です。今は口を漱いだりができなくなっています。当日にご祈祷を申し込むのだとかで、生まれて1~2か月の小さな赤ちゃんを抱いた人たちを多く見かけました。何かのご縁といったものを感じ、この赤ちゃんたちの無事の成長を願わずにはいられません。6月26日川越氷川神社に出かけてその1

カテゴリー一覧
商用