緑家のリースリング日記
住所
大阪府
出身
大阪府
ハンドル名
緑家さん
ブログタイトル
緑家のリースリング日記
ブログURL
https://ameblo.jp/jpgruenhaus/
ブログ紹介文
ドイツのリースリングを中心に、日々飲んだワインの(非常に偏った)感想を綴っていきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

54回 / 138日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2007/07/15

緑家さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,650サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,517サイト
ワイン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,082サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 46,680位 48,645位 48,686位 48,748位 48,579位 48,319位 48,079位 969,650サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 239位 251位 256位 261位 251位 260位 250位 7,517サイト
ワイン 16位 18位 17位 17位 16位 15位 13位 1,082サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,650サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,517サイト
ワイン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,082サイト

緑家さんのブログ記事

  • 7ヶ月ぶん落ちた鮮度

    今夜はマキシミン・グリュンハウスのヘレンベルクGG。開けるのは1月に飲んで以来だから、もう7ヶ月も経っている...時間の経つのは本当に早いものだ。何かポジティ…

  • 花崗岩と片麻岩

    お盆休みの最終夜は、自家製ローストビーフでちょっと賑やかなディナー。「肉」と来れば「赤」。バーデン産のシュペートブルグンダー、ついでに土壌違いの飲み比べでもや…

  • また別のダイデスハイム

    お盆休みに入ってからは、寿司屋へ行ったり弟夫婦を交えての自宅宴会であったりと日本酒を開ける機会が多くなってちょっとワインから遠ざかっていたが、今夜は久しぶりに…

  • ワイン街道村違い3本

    プファルツのワイン街道、中でもミッテルハート(Mittelhaardt)には著名なワイン村が目白押しで北からフォルスト、ダイデスハイム、ルッパーツベルク...…

  • 要らぬ忖度

    グリュンハウス仲間の友人と3年ぶりに、いつもの店でプチワイン会。 諸々を考慮して選んだ2本...まずは2013年産のロゼ・ゼクトで乾杯。実はこのロゼ、買ってか…

  • ザウアーのセッコ・ロゼ

    今夜は少し趣向を変えて、ホルスト・ザウアー醸造所の廉価版の泡、2018年産「ユスト」セッコ・ロゼ。セッコ(Secco)なんて初めて買ったのだが...裏エティケ…

  • 束の間の冷涼感

    久しぶりに銘醸シュロス・ヨハニスベルガーを...2018年産のゲルプラック(黄封)。因みにこの黄色いキャップシールはベーシックな辛口系QbAに被せられるもので…

  • なるほどマキシミンは半辛口

    マキシミン・グリュンハウスのアップフューラー・ブランド、「マキシミン・リースリング」。公式には「半辛口」の位置付けだが、特に2017年産は残糖値が20g/lだ…

  • はみ出しとるやないか!

    去年わりと印象が良かったので今年も買ってみた。ヴィリー・ハーク醸造所の2018年産リースリング・アルテレーベン・トロッケン「グラウシーファー」。ん?たしか去年…

  • 田舎臭さと抜けの悪さ

    嗜好というのは時の流れとともに変わって行くものである。産地別のリースリングについて言えば、「モーゼル→ナーエ→プファルツ→フランケン→モーゼル」と変遷し昔は口…

  • 帰って来たトロッケン

    唐突だが基本事項のおさらいをしておこう... トロッケン(trocken)とは、クラシカルには残糖値が4g/lまでと規定されており加えて、総酸量が残糖より最大…

  • 綺麗なエティケットだなぁ

    初めて目にした時は「なんて趣味の悪い...」などとその配色のケバケバしさに首を傾げたものだが最近はこのエティケットを見ても何の違和感も無い...むしろ綺麗だな…

  • 清涼感があってミネラリッシュ

    今夜はフリッツ・ハークの2016年産ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウーア・リースリング・トロッケンGG。4月にシュロス・リーザー(トーマス・ハーク)の…

  • 2018は当たり年?

    少々出遅れた感はあるが、2018年産ウォッチを本格化させて行こう。丁半博打なビオ生産者、プファルツのドクター・ビュルクリン・ヴォルフ醸造所の2018年産グーツ…

  • ちょっと他所の薬局へ

    久しぶりに新規開拓...と言うか、実はいつものショップでたまたま売りに出ていたのをお馴染みの畑名と初めて目にする生産者名に惹かれて、ついポチッとしてしまっただ…

  • 残り物に福は無し

    今夜は海老のココナッツミルク煮。ミルク系料理のこんな場合、半ば条件反射的にブルグンダー系ボトルを選択する...在庫があればの話だが。グリュンハウスの2014年…

  • 3渓谷のユニゾン

    今夜はモーゼルのケッセルシュタット醸造所、2018年産グーツヴァインの「シュロス・マリエンライ」。モーゼル、ザール、ルーヴァーの3つの流域の葡萄が詰まったリー…

  • これからは見ないで飲もう

    所詮は日常消費用の裾モノ、そんな細部に拘らなくても良さそうなものだがアップフューラー(Abfueller)物なのか醸造所元詰め(Gutsabfuellung)…

  • 重心が低過ぎて...

    パスタに合わせて今夜はモーゼルの「ちょっと甘いかもしれないが、それならそれでOK」なリースリングを。ヘイマン・レーヴェンシュタイン醸造所の2012年産ヴィニン…

  • 蒸し暑くて泡の一択

    西日本では過去68年間で最も遅かったという梅雨入りが4日前に発表されたばかりだが梅雨入りしたらしたで昨日あたりからめちゃくちゃ蒸し暑い。この歳になると何でも極…

  • 普通にジルヴァーナー

    例年の如く、リッター瓶、グーツヴァイン(JUST)と飲み進んで、今夜は下から3つめのオルツヴァインを。ホルスト・ザウアー醸造所の2018年産エッシェルンドルフ…

  • シュタインメッツラオシュ

    今夜はザールの生産者ヴァインホーフ・ヘレンベルク。2016年産オックフェナー・ボックシュタイン・リースリング・トロッケン「シュタインメッツラオシュ」。手元に届…

  • フリュータウとハルガンス

    意外と直接飲み比べた事がなかったエムリッヒ・シェーンレーバーの畑違い。モンツィンゲンの特級畑、フリューリングスプレッツヒェン(Fruehlingsplaetz…

  • 人の気も知らないで

    何するとはなしにダラダラと過ごした日曜の夕刻。夕食前にひと汗かいて来ようかと、灰色の雲が垂れ込めて暗くなりつつあるにもかかわらず散歩に出た。梅雨入りどころか、…

  • 奔放な美酸

    「ワインは一期一会」なんて言うが、中には何度か飲んでもっとその本質に触れたいと思わせるモノもある。ややブショネ気味という不幸な出会いに始まり、それでも少なから…

  • まるで果実味爆弾

    そろそろ梅雨入りしてても良い頃なのだが、大阪は雨が降らないものだから過ごし易いようなそうでもないような。それでも日中30℃前後まで気温が上がって来ると、小難し…

  • 大人な仕上がり

    ちょっと気が向いてロバート・ヴァイル醸造所のEG(エアステス・ゲヴェクス)を開けてみた。2010年産キートリッヒャー・グレーフェンベルク・リースリング・トロッ…

  • 真っ直ぐな酸と過熟

    今夜はシュロス・ザールシュタイン醸造所の2017年産「アルテ・レーベン」シュペートレーゼ・トロッケン。第二次世界大戦中の1943年に植えられたという、樹齢70…

  • 黄金の小滴

    ピースポートを代表する総面積66haの特級畑、ゴルトトレプフヒェン(Goldtroepfchen、黄金の小滴)。南東~南西向きに円形劇場のような形状を呈する急…

  • この辺りにしては珍しくタフ

    手元にあるグリュンハウスの2017年産グーツヴァイン「モノポール」もこれが最後の1本。すっかり買いそびれてしまっているが既に2018ヴィンテージもリリースされ…