searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

プロパジールさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

全身性エリテマトーデス(SLE)に、シェーグレン症候群、抗リン脂質抗体症候群、Anca関連血管炎、それに加えて、バセドウ病として治療してきた甲状腺は、どうやら難病の下垂体型甲状腺ホルモン不応症らしいです。 厚労省の定める特定疾患(難病)が4つ、血管炎が顕微鏡的多発血管炎だったら5つです。コレクターみたいになってますが、そのわりには、けっこう元気♪ さすがに、働き者はただいま返上中〜。

ブログタイトル
亢進症な生活 〜甲状腺ホルモン不応症と膠原病と
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/propacil
ブログ紹介文
甲状腺機能亢進症(甲状腺ホルモン不応症)と膠原病(SLE)を併発した働き者♪ のんびりを目標に。
更新頻度(1年)

10回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2007/03/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、プロパジールさんの読者になりませんか?

ハンドル名
プロパジールさん
ブログタイトル
亢進症な生活 〜甲状腺ホルモン不応症と膠原病と
更新頻度
10回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
亢進症な生活 〜甲状腺ホルモン不応症と膠原病と

プロパジールさんの新着記事

1件〜30件

  • 久しぶりに大腸内視鏡検査

    すっかり年の瀬ですね。今月は、大腸内視鏡検査を受けて来ました。5年ぶり、3回目です。前回、ポリープがあるね、と言われたのですが、ちょうど10日後に飛行機に乗る予定があって、全体を根こそぎ取るのでなくて、ちょっとつまんで検査する形だったこともあり、気になっていたところの経過観察です。年末までは飛行機に乗らないから、いいかな、とこの時期にお願いしましたが、検査で細胞を採れば、それから食事制限があるなんて、すっかり忘れておりました。女性には緊張感がある検査と言われますが、久しぶりとはいえ、3回目になると緊張感が足りなかったのか、前の日の夜は、食事を早く終わらせて、9時には下剤のピコスルファートナトリウムを飲まないといけないのに、仕事が終わらないという事態にはまっていました。とりあえず緊張しているよりずっといいと自分を...久しぶりに大腸内視鏡検査

  • 内分泌は穏やかで

    急に寒くなったので、真冬の装いですか!?という暖かい服で暮らしています。真冬になったら、どうしましょう…。月初には、久しぶりに40度の発熱が数日間続き、インフルエンザっぽいので、おとなしくしていました。もともと病気があると、高熱をきっかけに新しい問題が出てくることがあるので、ひたすら消化のいい高タンパクのご飯と睡眠で、じっとすること、数日。一時、脈拍が200近くまで上がったかと思うと、50くらいまで落ちることがあってちょっとドキドキしましたが、無事に落ち着きました。解熱して数日経ったとはいえ、病み上がりの気分のまま、内分泌の外来に行って来ました。血液検査の結果は、病み上がりとは思えない穏やかな値でした。何年も高かった白血球も以前の半分くらい。やっぱり喘息がずっとあって、シムビコートで改善しているのでしょうか。中...内分泌は穏やかで

  • 子宮筋腫のチェック

    久しぶりに婦人科に行ってきました。半年後に、と言われていましたが、1年半ぶりです。前回、あんまり説明なく細胞診をされて大いに不信感があったのと、小さな筋腫で生理が重いとか腰が痛いとか、実害がなくて不定出血もないのに高い頻度で経過観察してもらいに行く理由もわかず、気がついたら時間が経っていました。念のため経過観察のために行ってみることにしました。不定出血はなかったけれど、先生が保険のためと言って書いていたカルテの不定出血を見て、「その後、不定出血はどうですか」と聞かれて、またまた不信感がむくむくしてしまいました。診察室にエビデンスがないと批判されたクレベリンが置かれていて、さらに不信感がむくむく。経膣エコーでが筋腫が3つありました。前回、1.2mmだったのは1.4mmに成長、その横にもっと大きな20mmくらいのと...子宮筋腫のチェック

  • 乳腺外科

    今は何月だっけとわからなくなるような気候が続きますね。ひどい台風がつづくと、海水温が高いと言われてきたリアリティがぐっとあがってます。9月には乳ガンじゃないよね、という検査のために、またまた乳腺外科に行って来ました。しこりが増えて、生検をしたので、半年毎にエコーだけと、エコーとマンモグラフィをしてもらっていたのですが、ちょうどそのタイミングでマンモグラフィの機械がよくなったら、石灰化が増えているように見えなくもない…?ということで、半年毎にマンモグラフィの検査となっていたのです。今日は、石灰化もしこりも変化なし!次は半年後だけれど、エコーだけで大丈夫となりました。落ち着いたら、1年ごとに戻るはず、と期待しています。生理前のマンモグラフィは痛くて、顔をしかめてしまいました。やっぱり生理直後がいいけど、うまいこと予...乳腺外科でした

  • 息も絶え絶えは重症だった模様

    普通でない大雨や台風が続くなど、たいへんなことが多いものですね。忙しいせいか息切れするなぁと思いながら呼吸器科の診察に行ってきましたら、呼気の一酸化窒素(呼気NO濃度)が63ppbまで上がっていました。なんだ、気持ちの問題でなかったと安心したのですが、あんまり良くないみたいです。呼気NO濃度は、冗談みたいな画面がある機械に10秒くらいゆっくり息を吹き込んで測ります。濃度を測るのでゆっくり過ぎると低濃度、早すぎると高濃度に測定されてしまいます。なので、吹き口には小さなボールがついていて、昔の吹き上げパイプのおもちゃのように、ボールが一定の高さで浮かぶように息をコントロールします。喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などで気道に炎症があると値が上がります。普通は15ppbくらい。日本のガイドラインでは35ppb、アメ...息も絶え絶えは重症だった模様

  • 内分泌の新しい先生

    急に暑くなったり寒い日が来たりして、体調がついていかないような季節ですね。年末に、内分泌の先生がご引退されたので、前回、内分泌では10うん年ぶりに新しい先生に会うことになっていました。ドキドキして病院に行ったのですが、検査予約がない!どうやら、前の先生が最後まで天然を貫いてくださって、渡してくれた予約のメモと予約処理をして日が違っていたことが判明しました。わざわざ「これまでと曜日が変わる!」と悩んだのに、同じ曜日に予約が入っていたようです。結局、予定していた先生はお忙しくて、若手の先生が診察してくれて、健康診断みたいな基本の血液検査解説をしてくれて、終わったのでした。その時、次の予約をするにあたって、若い先生が新しいおもしろい視点を提示してくれることもあるかな期待したり、忙しい大御所の先生よりも予約枠に余裕があ...内分泌の新しい先生

  • 喘息発作のデビューしました

    始まりは風邪だったのです。気温差が激しいとはいえ、もうゴールデンウィークというのにモコモコ着てるのもどうかなと思って薄着をしてみたら、寒くて寒くて…。それが失敗の始まりです。29日には丸一日で水鼻は止まらなくなり、やがて黄色の鼻水に変わり、頬が痛くなって、副鼻腔炎のできあがり。夜には熱も39度まで上がりました。30日は風邪だと思って、お薬を飲んでおとなしく寝ていたのですが、鼻水が黄色くなって鼻づまりが始まりました。夕御飯時にはただの鼻づまりじゃなくて、息が苦しい感じがしてきました。あ、この痰があふれている感じは喘息だ、病院に行かないと…と思うものの、時は10連休突入の最中。熱もあって、救急で延々と待たされて、お留守番の若い先生にややこしい既往症を説明できる気がしなくて、かえってインフルエンザをもらって帰ってくる...喘息発作のデビューしました

  • 膠原病は代診

    この間は、ひさしぶりに全身性エリテマトーデス(SLE)の先生に会えると思って、聞きたいことをいろいろ整理していたのに、まさかの代診でした。いやはや、研修医の初々しい感じに心洗われながら、いろいろ残念でした。事務の方も留守電に日程を変えましょうかとメッセージを残してくれていたそうなんですが、なんの手違いかメッセージを確認せずに病院についていました。受付前なら、予約を変えられたのに!と言われて、絶句してました。いざとなればお電話でも相談できるけど、先生がすごくお忙しいと知っているだけに、よほどでなければお電話するのは躊躇するものです。そんなわけで、診察の時間は貴重なのです。大抵のことは予想がつくように鍛えていただいているとはいえ、複数の分野にまたがる症状のことなど、安心して聞けるのはやっぱりこの先生なのです。←参加...膠原病は代診

  • 乳ガンのチェックでは石灰化が気になる

    乳ガンじゃないよね?という検診に、また行って来ました!しこりが増えたので、念のため半年ごとに確認しつつ、なんともないですね、ということが続いたので、じゃあ、次で問題なければ、診察の頻度を1年に1回に戻そうね、と話していたのでした。ところが、前回、新しくなったマンモで見ると、石灰化しているところが増えてない?ということになり、あえなく半年ごとの検査が継続しています。しかも、石灰化はマンモでしかみれないので、毎回、マンモでレントゲンになってしまいました。それまでは、エコーだけの回とマンモとエコーを組み合わせる回の組み合わせだったのに!といっても、マンモ1回の被曝は0.24mSvと言われますから東京とニューヨークを往復する時の飛行に乗って被曝するのが0.2mSvらしいので、同じくらいですね。乳ガンの副産物の石灰化は場...乳ガンのチェックでは石灰化が気になる

  • 腎結石を発見

    健康診断の結果が届いたら、左の腎臓に石ができていたよということで、C判定になっていました。おもしろいことに、こんなに難病の治療を受けていても、健康診断で見る範囲では、問題が見えにくいことばかりなので、いつも判定は悪くなかったのです。体調がよくなったところで、いきなりC判定というのに笑ってしまいました。ともかく結石があったことはわかるのですが、大きさも場所もわからないままで、来年の健康診断でよく聞いてみるかな…という以上はまったくナゾでした。結石がおりてくると尿路結石になるわけですが、そうなると七転八倒の痛みというので恐ろしいものです。ともかく、石が成長しないように、食事のバランスに気を配りながら、水分をたっぷり取っておきたいと思います。甲状腺ホルモン不応症では、甲状腺機能の亢進(がんばりすぎ)と低下がパッチワー...腎結石を発見

  • 内分泌の先生のご引退

    すっかり年の瀬です。押し迫った頃、内分泌の外来に行って来ました。なんと!内分泌でお世話になった先生が病院を辞めることになりました。振り返ると10年あまりお世話になってきました。いやはや、そろそろだろうと予測はしていたものの、衝撃です。内分泌でも、甲状腺より糖尿病が得意という先生に会うことが多いのですが、この先生は甲状腺ホルモン不応症に長けていて、とても安心してお世話になってきました。でも、ご自身が病弱で、ふわふわのキャラクターで勝ち上がるのが得意そうでないから、お仕事の面では苦労されたこともあるのではないかと思います。寂しいけれど、先生がここまで来られてよかった、というお祝いの気持ちでいっぱいです。ちなみに、検査の結果はいつも通り。甲状腺ホルモンは多すぎ。たんぱく質は少なすぎ。血球は多すぎ。甲状腺のしこりは、今...内分泌の先生のご引退

  • 口がカラカラになる!

    このところ、鼻がじゅるじゅるして、すぐつまります。お陰でついつい口呼吸になっていて、朝、起きると、口がカラカラになっていました。かなり本格的に乾燥していて、喉の方までさらりと乾いています。口や目が乾くのでしばらく飲まずに過ごしていた鼻水を止める小青竜湯とアレルギー剤のアレグラを再開してみました。マスクをしてみたり、保湿効果が高めの洗口剤でぐちゅぐちゅうがいして寝たり、寝起きにお水を飲んだりやってみているところです。お部屋の乾燥と口呼吸恐るべし!身体にいいわけないので、いい方法を編み出したいところです。…というか、鼻がすっきりしてほしい。耳鼻科で鼻のお掃除してくれるような機械を売ってたらいいな。赤ちゃんの鼻とりよりパワフルな。家でやるのは危ないのかしら。最近では、横向きに寝ていると、下になった方の耳が痛くなること...口がカラカラになる!

  • 何か起きてそうな気になる疲労感

    9月くらいから、疲労感が尋常でなく、午前中にお仕事したら、午後にはちょっと隠れて仮眠をとらないと座ってられないような状況が続いています。夜にはちゃんと寝てるのに、尋常でない疲労感です!気になっている症状は…・歩くとぐったりして、バギーを押している親子にも追い越されたり、10分歩いて足が痺れたような状態で転ぶこともある。・持った物を落とす。握っていた鍵を取り落としたりもする。・企図振戦。細長いグラスは鬼門。持っているだけでグラグラしちゃう。・夕方でも指も肘や肩の関節が痛い。・階段でふらつく。登っているうちに、足が絡まったみたいになって、動けなくなることがある。・お風呂でぐったりして、お湯を抜いて休憩することがある。・膝から下と足の裏が、正座のあとみたいにジンジンする。・頭頂が神経痛みたいにピリピリして、侍さんが剃...何か起きてそうな気になる疲労感

  • 乳ガンチェックは石灰化が増えてる?

    先月始めに、半年ぶりの乳ガンのチェックに行ってきました。。前回はエコーだけでしたが、数年間、結果がいいので、次のマンモグラフィ(レントゲン)で問題がなければ、1年ごとに検査に戻してもいいね、と言われていたので、はりきって行ってきました。行ってみたら、マンモの機械が新しくなっていて、やることは変わらないのだけれど、なんだかドキドキ。エコーの結果では左右のしこりはそれぞれ変化がないように見えるけれど、マンモの画像を見ると、前回の画像と比べて左の石灰化の白い点々が増えている…ような!?中心から放射線状に集中的に、という、うれしくない石灰化のパターンにも見えるけれど、機械が変わっ解像度がよくなっただけですよと言われたら、納得してしまうかもしれない、微妙な判定となりました。乳腺炎のような痛みがすごく頻繁に起きていて、まあ...乳ガンチェックは石灰化が増えてる?

  • 医療券が届きました!

    エリテマトーデスと甲状腺ホルモン不応症を併記した医療券が届きました。例年のことながら、ほっ。このところ、突然の疲労感に襲われていて、もしや再燃?私もまだ若いなぁなどと呟いています。度を越して忙しく、プレッシャーが大きい案件が続いた訳ですが、易疲労・倦怠感、関節の腫れ、浮腫みと言っても特異的でなく、ま、早く寝よう、と思っていました。でも、インフルエンザにかかり始めのような身体の違和感が続いて、寝ても寝ても、元気がこぼれていくのは、もしや!?プラケニルは薬疹でストップになったし。腎臓が元気なら、まずは寝ろ!と言われそうだけど。でも血圧はちょっと落ち着いてきました。←参加中!疲労感って伝えにくい症状だよね、と思ったら、クリックを♪医療券が届きました!

  • 血圧、高くない?

    とにかく暑さで身体に熱がこもった感じが続いています。上手にクールダウンしないと、寝ているうちにでも熱中症になってしまいそうですね。実は去年、転院した先の歯医者さんでは、治療の前に血圧と脈拍をとられているのですが、春の終わり頃から血圧が急にぐぐっと上がってきて、歯医者さんと「なんだろうね」と話していました。何となくむくみが取れない感じが続いています。血液検査の結果を見ると、腎臓や肝臓は問題なさそうに見えました。ではなぜ?急な肥満でもないし、お仕事のストレスでは?と言われながら、原因を考えてみました。でも高血圧って、ほとんどは原因がわからないそうですね。ひとつ思いあたったのは、漢方。年中、鼻がじゅるじゅるするので、しょっちゅう飲んでしまう小青竜湯には、甘草や麻黄などが入っています。特に、甘草は漢方にはどこにでも入っ...血圧、高くない?

  • 副鼻腔炎のCTを撮ってみたら

    まったく毎日暑いですね。溶けそう。何がどうなっちゃったんでしょう。さて、呼吸器の先生のご指示で副鼻腔のあたりのCTを撮って来ました!副鼻腔は、頭蓋骨と脳の大きさの調整をする空洞みたいなものと聞いた気がします。眉間というかおでこの「前頭洞(ぜんとうどう)」、目と目の間の「篩骨洞(しこつどう)」、小鼻の横の「上顎洞(じょうがくどう)」、篩骨洞の後ろにある「蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)」の4つがあります。CTの結果はDVDでくれたので、みてみました。右の上顎洞は、分厚くなっていて、副鼻腔炎決定!という感じです。左の上顎洞は、左右の壁から肥厚はないのに、上顎洞に鍾乳石みたいな柱ができています。上顎洞の真ん中に昭和のコミックの鼻提灯みたいなコブがあって笑ってしまいました。これって粘液貯留嚢胞?片一方だけだし、歯性上顎洞...副鼻腔炎のCTを撮ってみたら

カテゴリー一覧
商用