searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
麻生区はるひ野・若葉台・黒川の生活事典
ブログURL
http://www.haruhino.com
ブログ紹介文
川崎市麻生区はるひ野・若葉台・黒川地区の歴史、催し物、歳時記、神社仏閣その他の情報を発信
ブログ村参加
2006/09/16
本日のランキング(IN)
フォロー

やまざるさんの新着記事

1件〜100件

  • その通り(18歳と81歳)

    インターネットで 面白いものを見つけた。18歳の青年と 81歳の高齢者の違いをまとめたもので、管理人は興味深く見入った。何故ならこのまとめにある81歳は まさに管理人のことを表現しているのだと思ったからだ。何と言われようと 天命が尽きるまで精一杯

  • 麻生不動…納めのだるま市

    わたし達の麻生区には、およそ150年以上前から続く 有名な麻生不動(あさおふどう)があります。川崎市麻生区下麻生の麻生不動院では1月28日、「麻生不動だるま市」が開かれます。不動尊は昔から「火伏せの不動」と言われ、火難から人を守るとされます関東で最後の「

  • 懐かしいトイレ風景の写真

    今からおよそ50年位前の韓国での体験。韓国での製品拡販のためソウルの代理店からの要求で 出張しました。韓国の販売店巡りのため 韓国の高速道(ハイウエイ)で移動中のとき途中のサービスエリアで 小用をたすためトイレに入りました。そこで目にしたものは 小

  • 悩ましい大根!

    畑で百姓のまねごとをしている ぐうたら百姓の管理人。先祖伝来の畑の持つ力はすごい。蒔いた種が発芽し、黒川の太陽・雨・気温などの自然の力で 成長する。妻に好評の 炊飯器を使った手抜き料理「大根の煮物」を作ろうと 畑で大根を引き抜いたものがこれ。包

  • 大寒(だいかん)・・・二十四節気

    陽暦の1月20日前後が二十四節気の大寒で、今年は今日の20日が大寒。 1年の内で最も寒い時期である。 しかし暮れに比べれば太陽の光は日増しに強くなり春が迫っているのを感じることが出来る。

  • フランス語教室 チンチン

    インターネットサーフィンをしていたら「ドキッとする画面に出くわした。『チンチンはどれぐらい大きくなる?』と言うタイトルなり。調べたら 極真面目なフランス語の単語だった!

  • 「源泉掛け流しの湯『希乃彩(ときのいろどり)』」

    冬に生まれた管理人は メッポウ寒さに強かったが 後期高齢者となった今は 冬の寒さに堪える若い時は薄着で過ごせたが 今はガッチリと厚着をしないと身に応える。寒さの中で体を暖めようと 稲城市向陽台にある「源泉掛け流しの湯『希乃彩(ときのいろどり)』」へ

  • 里山保全活動(ササ刈り)

    黒川地域 里地里山保全活動体験の一環として ササ刈り体験者を募集しています。2月5日(土)に 黒川よこみね特別緑地保全地区で行われます。どなたでも参加できます。希望者は1月28日(金)までに メール・FAX・webの何れかで申し込んでくださいメール:5

  • 早くミカンをむく

    ミカンは冬を代表する果物。管理人も庭先に種類の違うミカンを6本植えて 収穫を楽しんでいる。収穫時期をずらした品種のため 秋から初春まで楽しめる。黒川でミカンを育成できるのは 地球温暖化の賜物なり。そのミカンの皮をむいて食べるのだが、そのむき方につ

  • 足腰鍛錬散策

    歳をとると足腰が不自由になり 歩くのが困難になる。 誰にでも訪れるであろうベッドでの寝たきり生活を考えたときに 自分の意志で他人の力を借りずにトイレへ行き 用を済ますことができるのが望ましいと管理人は考えている。 そのためには常日頃から 身体の中心である

  • ヤフーのテレワーク推進

    日本経済新聞1月13日(木)の朝刊を読んでいて眼の動きが止まった記事があった。インターネットの覇者 ヤフーのユニークなテレワーク推進に関する記事。どこでもオフィスとして 居住地は日本国内どこでもよく、交通手段は高速バス・特急列車・飛行機も認められ、

  • 第98回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

    アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター。1月のしんゆり寄席は 桂米多朗、ブライト一矢、初音屋佐橋が出演。入場料は、一般2200円。1月22日(土)の午後は、アートセンターで豪華な

  • 人間ドック・健康診断を受診

    来世に 人間としてこの世に生まれるとは限らない。わたしの現生での行いを 閻魔様が厳粛に査定されるからである。ということで 今生きていることに感謝して 一日でもこの世に留まりたいと欲を出している。そのためには 自分の体の健康が大きく関わってくる身

  • どんど焼き(せいの神)点火・・・1月10日

    黒川に連綿と伝わる正月の行事・せいの神。新年の幕開けを せいの神の荘厳な聖火が高々と黒川の夜空を焦がした。橋場の田んぼ、東営農団地にそれぞれに設けられた せいの神(どんど焼き)が1月10日(祝・月)の夕方5時に点火され、聖なる火が黒川の夜空を彩った。管理人

  • 新春 防人見返りの峠

    暦で小寒を過ぎた1月9日(日)の朝、多摩よこやまの道へ散策に出た。6日の雪は殆ど消えており 歩行には差し支えなかった。「防人見返りの峠(展望広場)」には 同好の士たちが澄んだ空の下に広がる多摩市街や富士山の展望を楽しんでいた。後期高齢者の管理人も自分

  • <再回覧>どんど焼き(せいの神)のお知らせ

    麻生区内には、昔から絶えることなく伝えられている伝統行事が数多くあります。地域の無病息災や五穀豊穣を祈念し、お正月の門松や飾り物、役目を終えたダルマ、お札、書初め、お守りなどを焚き上げる「せいの神(どんど焼き)」もその一つです。令和4年度の「せいの神(どん

  • 107兆円の来年度予算

    令和4年度の一般会計の歳出総額が 107兆5964億円(107,596,400,000,000円)と閣議決定しました。総務省統計局の令和3年12月の人口推計値は、1億2547万人であり 予算を一人当たりに換算すると 計算間違いがなければ 約858,000円となる巨額な国家予算。予算の歳入見込み

  • 雪の黒川・汁守神社

    久し振りに雪が降った1月6日の午後。白銀の世界が黒川を覆った。翌7日の朝、汁守神社へ散策に行った。三が日とは違った風情の汁守神社がひっそりと鎮座されていた。

  • せいの神…建立された

    黒川で延々と昔から引き継がれている「せいの神」(別名どんど焼きともいう)。昔から正月の松が明けた7日に、せいの神が建立されることになっており、今年は1月6日(水)に、黒川・上(かみ)地区は橋場の田んぼに、黒川・中(なか)下(しも)地区は東(あずま)営農団

  • 初雪に戯れる

    1月6日の午後から 初雪が降ってきた。雪を待ちわびていた幼子は 雪に戯れる。

  • 七草がゆ・・・1月7日

    1月7日は 正月行事である七草がゆの日。7日は「松の内(一般的には1月1日~1月7日)」の最後の日。七草粥は、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用があります。新年の無病息災を願うため、この日に七草粥を食べます。

  • くろかわシニアサークル…1月13日

    黒川町内会が主催する「くろかわシニアサークル」が、1月13日(木)に 黒川公会堂で開催されます。黒川・南黒川にお住いの方 隣近所をお誘いの上 ご参加することをお勧めいたします。認知所予防や介護予防に向けた体操や、歌を楽しんだりお茶の時間を交えての楽しいひと

  • 鮮やかな朝焼けの空・・・1月2日

    寅年の新春 1月2日の朝(6:20am)。サッシの雨戸を開けたら 何と南の空が紅色に染まっているではないか!このような鮮やかな紅色を朝焼けを見たのは 初めての経験。この空が示している意味は 何なのだろうか?

  • 小寒(しょうかん)…二十四節気

    今日は二十四節気の小寒。 今日から寒に入り、寒さも本格的になる。小寒から節分までを「寒の内」という。一年中で最も寒い時期は、一月中旬から二月上旬にかけてである。二十四節気は中国の暦がベースであるが、この小寒と大寒は日本の気候にあっているといえる。

  • 1月のトライアングル・ハグ

    はるひ野2丁目にある「はるひ野保育園」(園長 福田 薫氏)。保育園に併設されている「地域子育て支援センター トライアングル・ハグ」は、0歳児から就学前のお子さんとお母さん方が、誰でも予約なしで 無料で利用できます 今月も残念ながら「くろかわキッズ」と「は

  • 1月の子育て支援プログラム

    1月の子育て支援プログラムです。残念ながら 今月も「くろかわキッズ」「はるひ野キッズ はぐ・ハグ」「はとぽっぽ」は 中止となりました。「くろかわシニアサークル」も 中止です

  • ウイーン・ニューイヤーコンサート2022

    お正月の風物詩、お正月恒例の「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート」。管理人の元旦の夜は、ウィーン楽友協会大ホールから全世界に向けて生中継される「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート」を聞くのが毎年の習慣となっています。年末の「紅白歌合戦」のよう

  • 黒川の元旦風景

    令和4年(西暦2022年)寅年の元旦は、風もなく穏やかなお正月でした。 昨年の黒川地区は強烈な台風や地震被害にあうこともなく平穏無事な1年を過ごすことができ、新しい令和4年も昨年に引き続き五穀豊穣、平穏な1年であることを、黒川の鎮守様であり氏神様の汁守神

  • 初散策、多摩よこやまの道

    元旦の朝8時、恒例の多摩よこやまの道へ散策に出た。毛糸の手袋、背中には使い捨てカイロを貼って 家を出た。正月休みで経済活動がストップをしているためか 空気が澄んでいた。車の排気ガスも少ないためか 澄んだ青空が広がっていて 気持ちが良い。多摩よこや

  • 寒い元旦の朝、マイナス4.2℃

    寅年の令和4年(2022年)が明けた。今年もコロナ禍、新たなオミクロン株という新しいコロナで明けた。強い寒気、強い冬型の気圧配置に置かれた元旦は 寒い朝だった。はるひ野の朝7時の外気温(地上高1.8m)は、マイナス4.2℃を示す寒さ。庭の水道の蛇

  • 謹賀新年

    新しい年が明けた。平令和4年(2022年)、寅年(とらどし)。室町時代の禅僧、一休禅師の歌「元旦や 冥土の旅の一里塚 目出度くもあり 目出度くもなし」管理人のわたしの心境は まさに是なり。

  • 年神様をお迎えする支度

    令和3年が暮れる。来る年は、新しい天皇の即位と新しい元号をお迎えする年になる。新しい年を迎える作法に 家にある神棚を支度しなければならない。日本の精神のもとになっている神様をお迎えする支度。我が家でも毎年 30日に行っており 氏神さまである汁守神社から頒

  • 年末年始のごみ収集日程

    令和3年も まもなく暮れる。年末は1年のゴミと 年始は正月に備えた食料品のゴミが増える。気になる年末年始の『「資源物」「普通ゴミ」の収集は 1月1日から3日と日曜日以外は通常通りの収集』と多摩生活環境事業所で発表しています。

  • アルテリオシネマニュース1月号

    川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)ここには印象的な赤

  • 神棚・お神札のまつり方、土器のお供え方

    わたしの家では先祖代々、神棚(お宮)(三社宮)が仏壇と共に祀られています。新しい年を迎えるにあたり、神棚を清めて汁守神社から頒布されたお神札を納めます。そして土器に 新しい米・水・酒・塩をお供えして新年をお迎えします。そのお神札の祭る順序とお供えものの順

  • 車のバッテリー充電

    今年1年 お世話になった車 ランドクルーザープラド。高齢であることを認識して 頻繁に乗らなかったが バッテリーの充電量が心配。そこでゆっくりと時間をかけて 充電器を用いて 充電を行いフル充電とした。これで今年の冬も安心だ。普段は農業と近場の足とし

  • 45年ぶりの寒波襲来 27日

    本当に27日は 寒い朝だったはるひ野1丁目にある自宅の外気温は 4時半でマイナス3.7℃を示していたテレビでも 27日午前4時20分の最低気温として 東京はマイナス2℃と報じていた。やはり 黒川地区は東京・大手町の気象庁と比べて1.7℃も低くて寒いと

  • 漏らしてしまった経験?

    日本経済新聞12月21日夕刊「くらし ナビ」「プロムナード」コーナーに 興味深い記事を発見!何とタイトルは『漏らすものとしての人間』人間は毎日 何かを食べている。一日3食として、1年365日で1095回。ものすごい量の食べ物が、口→食堂→胃→小腸→大

  • ドコモを名乗るフィッシングメール

    わたしのスマホのショートメッセージが入電。「NTTドコモ未払い料金お支払いのお願い」という内容。管理人はドコモのユーザーではないので 完全に無視。しかもこのような大事なメッセージは このような雑な扱いは無いのが常識。関連ホームページのURLの何処にも

  • ドイツのクリスマス

    ドイツのクリスマスは、ほのぼのとした家庭的な雰囲気があります家庭では 飾ったアドベントリースに4本のろうそくを立てます。クリスマスアドベント期間というのはクリスマス(12月25日)の4回前の日曜日からクリスマスイブ(12月24日)までの約4週間のことを指します。そ

  • アナログ計算機

    懐かしい言葉を日本経済新聞(12月12日朝刊)で見つけた。「アナログ計算機」という言葉。今から50年くらいまえに 世界中で科学計算に使われていた計算機。管理人は会社に入社し本社技術部で担当したのが、アナログ計算機の営業技術。当時の製品市場占有率が7

  • 「子どもの夢 否定しない」

    朝日新聞12月10日(金)夕刊に わたしの目に止まる記事がありました。競泳 東京五輪代表だった池江 璃花子(いけえ りかこ )さんの母親の美由紀さんが出版した子育て経験本のエッセンスです。「子どもの夢 否定しないこと大切」「あきらめない心」と言う。「

  • 冬至(とうじ)…二十四節気

    今日は二十四節気の冬至(とうじ)。冬至は暦の上では冬の真っ最中であり寒さの厳しい時期だが、この日を境に日脚は伸びていく。「冬至冬なか、冬はじめ」とも言われる。この日は柚子湯(ゆずゆ)を立てたり、おかゆやかぼちゃを食べて無病息災を祈る。     東京:日の

  • 「新型コロナワクチン接種証明書」をスマホに!

    12月20日から日本政府のデジタル庁が公式に発行する「新型コロナワクチン接種証明書」を取得できるアプリが公開されました。https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert好奇心の旺盛な管理人やまざるは 早速 わたしのスマホiPhone11にアプリをインストー

  • この冬一番の冷え込み 19日朝

    吉永小百合の「寒い朝」を思い出した19日の早朝。早く起きていたが 5時過ぎに何の気なしに外気温計の数値を見たら氷点下1.8℃を示していた。早朝5時過ぎのTBS天気予報によれば 同時刻の東京は氷点下0.6℃とのことやはり黒川地区は 東京より寒いことが分

  • <再回覧>どんど焼き(せいの神)のお知らせ

    麻生区内には、昔から絶えることなく伝えられている伝統行事が数多くあります。地域の無病息災や五穀豊穣を祈念し、お正月の門松や飾り物、役目を終えたダルマ、お札、書初め、お守りなどを焚き上げる「せいの神(どんど焼き)」もその一つです。令和4年度の「せいの神(どん

  • 毛布と羽毛布団、どちらが上か?

    寒い冬がやってきた。朝晩の冷え込みが増し、布団の中まで寒さを感じる季節になり 老いた体には応える。たった一つの楽しみが 寝ること。毛布と羽毛布団をかけて 冷えた体を暖めようとするが、どちらを上にすべきか?その答えがネットのFNNプライムオンライン1

  • 黒川・はるひ野は寒い!

    寒気が襲った15日の朝の気温(4時時点)は はるひ野で 2.5℃でした。テレビの天気予報によれば 4時現在の東京の気温は 3.6℃そして7時のTV天気予報によれば 東京の気温は 4.0℃と表示されていましたがはるひ野は 4時と同じ2.5℃でした、いずれ

  • ボケ(認知症の始まり?)

    最近は富に老人力がついてきた。後期高齢者なので当然であり 極めて自然なことなのだが!要はボケ、認知症のはじまりなのだ。この世は無常の世の中。すべてが時間と共に変わっていて 人間も例外ではない。「生老病死」という言葉が 良く理解できる。(タイ

  • NY地下鉄車内での ひそひそ話

    昔、昔、出張で行っていたアメリカ ニューヨークでの話。ニューヨーク駐在の若い同僚と、顧客訪問をするためにニューヨーク地下鉄に乗っていた。アメリカの地下鉄のドア際に立っていたわたし達は、周囲に日本人らしき人がいないので気が緩み、日本語で他愛ないひそひそ話を

  • 引き付けられた詩!

    朝日新聞の夕刊に 何となく引き付けられた詩が載っていました。   (朝日新聞 2021年12月1日(水)の夕刊)谷川俊太郎さんの「どこからか言葉が」というタイトルの詩。

  • 晩秋の多摩よこやまの道

    今の季節は 晩秋と呼ぶのだろうか?久し振りに 多摩よこやまの道へ散策に出た。8月末に不注意により三脚から落ちて「右膝内側側副靭帯損傷」となり、遠出の歩行は見合わせていたため。治療法は自然治癒。治療法を兼ねて 秋一色に染まった多摩よこやまの道を 落

  • 気をつけよう!「ぜーんぶサギ!!!」

    この世には 狡猾な人が 隙(すき)あらばと 手練たくましくと他人の金を狙っている。相手を探すのに 電話が使われている。電話で銀行員や警察官を名乗り キャッシュカードと情報を摂取しようと 言葉巧みに電話をかけてくるケースが多い。電話で 金の話、キャ

  • レストラン「ドイツ亭」…劇団民藝2月公演

    劇団民藝の令和4年度2月公演作品は 原題=Deutsches Haus by Annette Hess 原作=アネッテ・ヘス 脚本=長田育恵 演出=丹野郁弓のレストラン「ドイツ亭」です。私は真実を知りたいだけ―― 家族の過去、記憶の中のアウシュヴィッツ。1963年のホロコースト裁判

  • まだ少し早い商品のチラシ!

    あるドラッグストアで ビタミン剤を買ったときのこと。レジで支払いを済ませ、ビニールの袋に入れられた商品を受け取って帰宅しました。家でおもむろに ビニールの袋から商品を取り出すと 中に広告チラシが入っていました。それは「大人用紙おむつ」のチラシ。

  • 大雪(たいせつ)…二十四節気

    今日は二十四節気の「大雪(たいせつ)」。日本海側や北国では、本格的な雪が降り出すころ。関東のこの辺も寒くなってくるだろう。

  • テナーサックスを演奏するサンタクロース像

    若葉台駅南口広場(タクシー乗り場前)でベンチに座し常駐しているテナーサックスを演奏する像と書籍を広げた脇に座する猫の像は、お馴染みの風景。今年も若葉台駅前のクリスマスイルミネーションに合わせて、これらの像もクリスマスのサンタクロースの衣装に衣替えしている

  • どんど焼き(せいの神)の場所変更

    麻生区内には、昔から絶えることなく伝えられている伝統行事が数多くあります。地域の無病息災や五穀豊穣を祈念し、お正月の門松や飾り物、役目を終えたダルマ、お札、書初め、お守りなどを焚き上げる「せいの神(どんど焼き)」もその一つです。令和4年度の「せいの神(

  • ミカンジャムを作る…巣ごもりの仕事

    生活習慣病を抱え、後期高齢者の管理人は 感染すると急激に病状が深刻化し、死に至るという怖いウイルスという情報があり、老妻と狭い我が家で巣ごもり生活を余儀なくしています。朝から晩まで顔を合わせており、特にすることもなくテレビを見るも これまたウイルス関連に

  • 第97回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

    アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター。12月のしんゆり寄席は 桂幸丸、桂米多朗、春風亭吉好が出演。入場料は、一般2200円。12月18日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄

  • くろかわシニアサークル…12月9日

    黒川町内会が主催する「くろかわシニアサークル」が、12月9日(木)に 黒川公会堂で開催されます。黒川・南黒川にお住いの方 隣近所をお誘いの上 ご参加することをお勧めいたします。認知所予防や介護予防に向けた体操や、歌を楽しんだりお茶の時間を交えての楽しいひ

  • 源泉掛け流しの露天風呂…天然温泉「森乃彩(もりのいろどり)」

    コロナ禍で高齢者の管理人は ストレスが溜まっている。ストレスのみならず運動をしていないから腹に内臓脂肪がたまり ズボンのボタンが締まらないという情けない姿になった。遠くの温泉へ行くこともままならない。そこで一昨年の10月に再開業した町田市小山ヶ丘の多摩境

  • 12月のトライアングル・ハグ

    はるひ野2丁目にある「はるひ野保育園」(園長 福田 薫氏)。保育園に併設されている「地域子育て支援センター トライアングル・ハグ」は、0歳児から就学前のお子さんとお母さん方が、誰でも予約なしで 無料で利用できます 今月も残念ながら「くろかわキッズ」と「は

  • 12月の子育て支援プログラム

    12月の子育て支援プログラムです。残念ながら 今月も「くろかわキッズ」「はるひ野キッズ はぐ・ハグ」「はとぽっぽ」は 中止となりました。

  • 令和3年11月の記事索引

    当ブログの令和3年11月の記事索引です。ご活用ください

  • 過去最大の経済対策⇒赤字国債への憂い

    後期高齢者の管理人は 理解力がさらに低下して新聞やテレビの経済ニュースに触れても 事情を正しく読み取れません。新聞も見出しを見るだけ、テレビのニュースも聞き逃すだけという情けない状態の今日この頃です。そんな中で 11月19日の臨時閣議で「財政支出が過去最

  • 寒い黒川の朝

    11月28日(日)の朝は 寒かった。早起きの管理人が 4時半過ぎの外気温を見たら 2.7℃を示していた。(左の上段、下段は室内温度)同時間の東京の気温は TVの天気予報で 5.8度。やはり黒川は寒い。

  • 「緑と道の美術展 in 黒川2021」を鑑賞して

    黒川の秋の風物詩、黒川が誇る里山を活かした「緑と道の美術展」。今年で 6回目を迎えた美術展。黒川の大自然の中の大地に しっかりと根を下ろした屋外の美術展。晩秋の青空が広がる11月27日(土)に 管理人やまざるは 一人で美術展の全作品を鑑賞しました。もとよ

  • 朝の最低気温…11月25日

    管理人の朝は 早い。4時前には目が覚めて 4時からTBSのニュースを見るのが日課です。11月25日(木)の4時過ぎの外気温を見たら 4.3℃を示していました。図らずも TVの気象情報によれば 前橋が4.2℃を示していました。(宇都宮が2.4℃ 東京が6.5℃)農

  • 「男のままごと料理」索引

    「男のままごと料理」の索引です。ご活用ください。

  • 劇団民藝「集金旅行」を鑑賞して

    六本木・俳優座劇場で11月24日(水)から12月5日(日)まで開演されている劇団民藝公演『集金旅行』を初日の11月24日(水)に鑑賞しました。 コロナ禍の中 入場者、出演者・関係者が新型コロナウイルス感染症拡大予防対策を徹底しての11月公演が始まりま

  • アルテリオシネマニュース12月号

    川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)ここには印象的な赤

  • 小雪(しょうせつ)…二十四節気

    今日は二十四節気の小雪(しょうせつ)陰暦10月の中で、陽暦11月22日か23日。「小とは寒さまだ深からずして、雪いまだ大ならざるなり。」 まだ市街地には本格的な降雪はないが、遠い山のいただきには雪が見られ、冬の到来が感じられるころ

  • 「紅まどんな」…みかんの女王

    愛媛県でのみ生産されているミカン「紅まどんな」を食べたことがありますか?愛媛県果樹試験場で開発された愛媛県のオリジナルで 県外での苗木の販売は厳密に規制されていて 愛媛県外では生産されていないミカンです。「紅まどんな」はJA全農えひめの登録商標で、正

  • 「とんでもない 大晦日」…川崎市アートセンター

    12月の川崎市アートセンターは、「劇団わが町」による第11回公演『とんでもない大晦日 ~しんゆりクリスマス・キャロル~』が12月3日から5日まで公演されます。チャールズ・ディケンズ原作の「クリスマス・キャロル」を地元の「ふじたあさや」が翻案・脚色、演出に

  • MONTBLANC万年筆

    30年以上前に家族でドイツに駐在していました。筆記具でキャップの頭に白い雪マークがついているモンブランの万年筆を使っていました。帰国後は販促物で手に入る一般的なボールペンやシャープペンを使って 日常の生活を送ってきたため 万年筆の出番はなくなりました

  • 黒川を撮ろう!

    はるひ野駅に置いてあったチラシです。タイトルが「黒川を撮ろう!」。川崎市でも貴重な自然・里山が残されている黒川を写真で表現するものです。密にならない黒川の大自然の中、是非 機会を作って カメラを片手に黒川の風景・姿を残しませんか!

  • くろかわまるごとFESTIVAL

    はるひ野駅に置いてあったチラシです。タイトルが「くろかわまるごとFESTIVAL」。川崎市でも貴重な自然・里山が残されている黒川を舞台にして 年内の行事です。密にならない大自然の中、是非 機会を作って「くろかわまるごとFESTIVAL」にご参加ください。

  • 満期を過ぎた郵便貯金の払戻し

    身辺の書類を整理していたら 古い定郵便貯金証書が出てきました。亡き家族が平成3年7月(1991年、今から30年前)に預け入れたもの。若葉台郵便局に出向き処置を依頼すると、職員は約20分にわたりひっきりなしに各署に電話をしていたあと、『満期から20

  • あおり運転・妨害運転

    車の運転生活の中で あおり運転の被害に遭った経験をされた方が多いのではないでしょうか?車に乗ってハンドルを握ると 感情がたかぶり譲り合いの精神を忘れて 自己中心の運転に陥る人もいることでしょう。あおり運転は 危険運転致死罪に問われて その罰金は「3年以下の

  • 竹行燈 展示即売会…11月13・14日

    川崎市の中でも貴重な里山が残されている黒川地区。里山には 多くの竹林があり孟宗竹が自生しています。その孟宗竹の有効利用法として有志により7年前から竹行燈(たけあんどん)を制作する会「黒川竹行燈の会」が発足して 活発に活動しています。竹行燈は汁守神社の元旦

  • 立冬(りっとう)…二十四節気

    今日は二十四節気の立冬。この日から2月の立春までが暦の上で冬。季語には冬立つ、冬に入る、冬来る、今朝の冬とある。このころは陽の光も一段と弱く、日脚も目立って短くなり、冬の気配が感じられるようになる

  • 渋柿の渋抜き法!

    畑には禅寺丸柿に交じって 渋柿がなる柿の木がある。例年、たくさんなっている渋柿は 収穫もせずにおくので、カラスを含め鳥の餌になっている。先日、畑に仕事で行った帰りに 6個ほどの渋柿を持ち帰った。今から60年以上前の子ども頃、ご飯はかまどで炊き汁もの

  • 第96回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

    アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター。11月のしんゆり寄席は 三桂歌助、桂米多朗、桂翔丸が出演。入場料は、一般2200円。11月13日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席

  • くろかわシニアサークル…11月11日

    黒川町内会が主催する「くろかわシニアサークル」が、11月11日(木)に 黒川公会堂で開催されます。黒川・南黒川にお住いの方 隣近所をお誘いの上 ご参加することをお勧めいたします。認知所予防や介護予防に向けた体操や、歌を楽しんだりお茶の時間を交えての楽しい

  • 緑と道の美術展in黒川 黒川里山アートプロジェクト

    長い間 コロナ禍のために行動制限がされていましたが、黒川の里山の自然環境の中で開催されている「緑と道の美術展in黒川2021」は 爽やかな風がそよぎ密にならない会場で11月30日まで開催されています。会場の黒川よこみね緑地、黒川海道緑地は 川崎市の中で

  • 難解な今の外来語!

    毎日、新聞を見るのが日課。最近は新聞を読むのではなく、サーっと見出しを見ていることが多い。関心のある所を流し読みしているが、新しい難解な言葉が多くて理解できないことが多くなってきた。日本語表記してくれれば ある程度は推測ができるが カタカナの外来

  • 11月のトライアングル・ハグ

    はるひ野2丁目にある「はるひ野保育園」(園長 福田 薫氏)。保育園に併設されている「地域子育て支援センター トライアングル・ハグ」は、0歳児から就学前のお子さんとお母さん方が、誰でも予約なしで 無料で利用できます 今月も残念ながら「くろかわキッズ」と「は

  • 衆議院選挙・市長選挙の結果

    4年に一度の衆議院議員総選挙と川崎市長選挙が 10月31日(日)に行われました。管理人も国民・市民の義務・権利として 夕方の6時過ぎにはるひ野小学校の投票所へ投票に行きました。その結果が NHKのWEBにアップされていましたので ここに転載いたします。

  • 11月の子育て支援プログラム

    11月の子育て支援プログラムです。残念ながら 今月も「くろかわキッズ」「はるひ野キッズ はぐ・ハグ」「はとぽっぽ」は 中止となりました。

  • 『緑と道の美術展 in黒川2021』

    黒川地区で開催される屋外での自然を背景にした美術展が、黒川里山アートプロジェクト『緑と道の美術展 in黒川2021』が今日から30日まで開催されます。主催は黒川の自然を愛している「黒川緑地管理協議会」と「緑と道の美術展出品作家実行委員会I」展示期間は11月1日

  • ハローウィーン[Hallow ween]

    西洋の年中行事。10月31日の夜に行われる。古代ケルト人のサムハインSamhain祭が起源といわれる。これは死の神サムハインをたたえ,新しい年と冬を迎える祭りで,この日の夜には死者の魂が家に帰ると信じられた。キリスト教の伝播にともない,この祭りはキリスト教にとりこま

  • 令和3年10月の記事索引

    当ブログの令和3年10月の記事索引です。ご活用ください

  • 虫の音が聞こえない!

    今は中秋。本来なら マツムシの「ちんちろチンチロ ちんちろりん・・・」という虫の声を聞く季節だが 最近は全く耳にしない。またコオロギの「カタサセ スソサセ・・・」という鳴き声もしない。コオロギの鳴き声について管理人は母親から『冬に備えて 破れてい

  • 黒川しめ縄飾り…黒川青少年野外活動センター

    黒川青少年野外活動センターの人気の年末行事「黒川しめ縄飾り」があります。今年はコロナウイルスの関係で「黒川のおもちつき」は 中止の止むなきに至りましたが、来る来年を迎えるために「黒川しめ縄飾り」が行われます。親子で納得のいくオリジナルの「しめ縄飾り」を作

  • アルテリオシネマニュース11月号

    川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)ここには印象的な赤

  • 黒川・はるひ野の最新人口データ

    令和3年9月末日現在の黒川・はるひ野の最新人口データが 25日に発表されました。川崎市全体の増加率は、0.14%(麻生区は、0.17%)なのに対し、黒川地区は、マイナス0.18%でした。今回の特記すべきことは、はるひ野全体で人口総数の増減がありませんでした。

  • 多摩よこやまの道を散策

    8月の終わりに ミカンの手入れを行っているときに 脚立から落下し、右膝内側側副靭帯損傷の傷を受けたため 右足に若干の痛みが残っていて完治していません。そのため朝の運動にしていた 多摩よこやまの道の散策は 控えていました。10月24日は さわやかな秋晴

  • 霜降(そうこう)…二十四節気

    今日は、二十四節気の「霜降(そうこう)」 陰暦9月の中。寒露(かんろ)に続いて、霜が降りるころ、と言う意味で、東北地方や本州中部では霜があり、紅葉が盛りとなる。

ブログリーダー」を活用して、やまざるさんをフォローしませんか?

ハンドル名
やまざるさん
ブログタイトル
麻生区はるひ野・若葉台・黒川の生活事典
フォロー
麻生区はるひ野・若葉台・黒川の生活事典
カテゴリー一覧
商用