searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

サワダさんのプロフィール

住所
北海道
出身
青森県

自由文未設定

ブログタイトル
札幌の家庭教師 学びの森通信
ブログURL
https://ameblo.jp/sapporo-manabi/
ブログ紹介文
札幌でプロ家庭教師やってます。教育に関して日々思うこと、綴っております。
更新頻度(1年)

178回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2005/12/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、サワダさんの読者になりませんか?

ハンドル名
サワダさん
ブログタイトル
札幌の家庭教師 学びの森通信
更新頻度
178回 / 365日(平均3.4回/週)
読者になる
札幌の家庭教師 学びの森通信

サワダさんの新着記事

1件〜30件

  • 子供のイライラは大人のイライラ

    以前担当した生徒で、いつも不機嫌そうな様子の子がいました。冗談を言っても、なかなか笑ってくれません。 「私の授業をイヤイヤ受けているんだろうか?」 最初はそう…

  • 塾がいいか家庭教師がいいか

    野球に興味があると言いながら、野球のことをよく知らなかった子供の頃、野球はエースと4番が最も偉いと思っていました。 先発ピッチャーが1番すごくて中継ぎはそうで…

  • 残せるのは学ぶ姿勢だけ?

    昨年に引き続き、今年も中学受験生を3人受け持っています。 そして、これも昨年に引き続き、3人とも志望校はてんでばらばらです。 しかもそのうちの1人は札幌だけで…

  • 制限

    「勉強が出来ないから部活を辞めたい」という生徒がいます。「部活の時間を勉強に使えば、もっと成績が上がるはず」 という安易な発想ですね。でも残念ながら、私の知っ…

  • 結局は基礎力の差

    力のある生徒ほど基本を大切にして、力のない生徒ほど基本を疎かにする。 これは多くの子供たちに共通する私の印象です。 逆に言えば、 基本を大切にするからこそきち…

  • 「時間があれば出来る」というわけではない

    少し前の「予防の力」という記事にも書きましたが、1週間ほど前に9日間に及ぶ引きこもり生活を経験しました。 ただ、体は至って元気なので、この機会にたくさん勉強し…

  • 勉強を教えるということ

    私たちは少なからず学校教育の恩恵を受けてきました。 新聞や本を読むことが出来るのも、こうやって文章を書くことが出来るのも、当たり前のように計算が出来るのも、 …

  • 点数を上げるための勉強と力をつけるための勉強

    かつて巨人のエースだった桑田真澄氏は、遠征先のホテルで夜中にたたき起こされて、 「お前が先発した今日の試合、3回裏ツーアウト1塁の場面で4球目に投げたボールは…

  • 解るところからやればいい

    解るところが8割、解らないところが2割といった場合であれば、残りの2割を何とか出来るようにしようと普通は考えます。 つまり、やる気は持続します。 でも逆に、解…

  • 予防の力

    あえて普段通りを装ってブログを更新してきましたが、実はこの1週間余りの期間、ひょうんなことから引きこもり生活を余儀なくされておりました。 こう書くと、このご時…

  • サービスって何だろう?

    お店に入った途端に「何かお探しですか?」と近づいて来る店員さん。 自分のペースでゆっくり選びたい私にとっては、正直言ってあの「サービス」は苦手です。 何となく…

  • ひとつを続ける力

    プロ野球ファン以外の方はご存じない方も多いかと思いますが、かつてドラゴンズの黄金期を支えた選手で、今は野球解説者をされている森野将彦氏。 彼によると、戦力外に…

  • ペースメーカー

    長距離を完走するためのコツは、「自分のペースを守ること」と「良きペースメーカーの存在」ではないかと思います。 スタートと同時に集団から飛び出したランナーが、そ…

  • 便利は本当に便利?

    昔に比べて今の時計は性能も上がり、より正確に時を刻むようになりました。 しかも今はほとんどの方が携帯を持っている時代。いつでもどこでも正確な時間を知ることが可…

  • 引退授業

    プロ野球も残り試合わずか、各球団では今年限りで引退する選手の引退試合が行われています。 ドラゴンズファンの私は先日、吉見一起投手の引退試合と引退セレモニーを録…

  • 年中自粛生活

    コロナ、収まるどころかまた増えてきましたね。 ここ北海道は昨日から2日連続の3桁。人口比で見れば、東京よりも深刻な状況です。 これから寒くなれば、もっと増える…

  • 褒められた記憶

    発達障害を抱えているある教え子に以前、「○○くんは字がきれいだね」と褒めたことがあります。 よっぽど嬉しかったんでしょうね。 それからというもの、授業の度に、…

  • 収穫よりも種蒔きを

    プロ野球ファンの方はご存知かと思いますが、かつて阪神が弱小球団と言われていた時代がありました。 そこに就任したのが、かつての弱小球団ヤクルトを日本一に導いた故…

  • 専門家の責任

    体調に異変を感じたら、普通は「病気の専門家」である病院に行きます。 私なんかは医療に関する知識はほとんどゼロに等しいので、病院に行けばお医者さんや看護師さんの…

  • 反抗期と付き合う

    私たち人間は誰かに認められることを欲する生き物です。 自分を認めてくれる人がひとりでもいて、それを実感することさえ出来れば、私たちは生きていけるのではないかと…

  • 見極め

    一見ボーっとしているように見えて、実は頭の中はフル回転で問題に取り組んでいる生徒がいます。 逆に、一見真面目にやっているように見えて、実はたいした考えもせず、…

  • 〇〇〇OK!、×△〇〇〇OK!

    上のタイトルの記号、どういう意味かわかりますか? 実はこの記号、ある教え子の問題集の番号の所に付けられているものです。 自力で出来たものには〇、解説の助けを借…

  • 捨てる勇気と認める勇気

    当たり前のことですが、受験勉強の目的は志望校に受かることです。 もちろんその志望校が最難関校という場合、捨てられる問題はかなり限られます。 どんな問題が来ても…

  • 時にはあきらめましょう!

    登山家のプロと素人の違い。 頂上を目指して、「これはダメだ!」となったときに、あきらめて引き返せるのがプロ。あきらめきれずに、無理にでも登ろうとするのが素人。…

  • 1%の奇跡よりも99%の現実

    元落ちこぼれが一念発起して難関大に合格する。元札付きのワルが更生して社会的成功を収める。 こういった一発逆転の成功物語を時どき耳にすることがありますよね。これ…

  • 英語で国語克服

    私は高校の途中まで国語が苦手でした。 お恥ずかしい話ですが、中学校まではマンガ以外の本をろくに読まなかったのが原因かと思います(笑)。 それでも学校の定期テス…

  • 耳が痛い

    「先生のブログは耳が痛いです」 人知れず地味に書き続けているこのブログですが、親御さんからこんな言葉を頂く機会が多くなりました(笑)。 でも面白いもので、そう…

  • 舞台裏を知る

    札幌で1,2を争う進学校で、上位の成績を収めている教え子がいます。 実はその生徒は、受験時はボーダーラインぎりぎりでの合格でした。 合格はしたもののその後の勉…

  • テストは苦手を見つけるためのもの

    「テストって自分の苦手を見つけるためにあるんでしょ?」 「そうだよ、だから間違ったら自分の苦手な所がわかってラッキーって思えばいいんだよ」 私が今教えている生…

  • 進路指導って誰のため?

    本人に行く気もないのに、なぜか学校から国公立大学の受験を勧められる。 本人に行く気もないのに、なぜか塾から難関校の複数受験を勧められる。 今でも学校や塾では、…

カテゴリー一覧
商用