searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

fujikaさんのプロフィール

住所
茨城県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
採集生活
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/fujika_0000/
ブログ紹介文
お菓子作り、ジャム作り、料理、海外で食べたものなどについての記録
更新頻度(1年)

200回 / 365日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2005/08/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、fujikaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
fujikaさん
ブログタイトル
採集生活
更新頻度
200回 / 365日(平均3.8回/週)
読者になる
採集生活

fujikaさんの新着記事

1件〜30件

  • 仏手柑

    伊豆みやげ、これも頂いてしまいました。とっても奇妙な柑橘、「仏手柑」です。だいぶ前、一度だけ手に入ったことがありました。調べてみると、2005年の年末頃のことでした。どう見ても、おかしなフルーツですよね。仏様の手のような形状なので「仏手柑」、英語でも「Buddha'shand」なのだそうです。今回のこれや、前回のものは、ともに指先がそっとすぼまっている形状ですが、品種によってはパカーと広がっているものもあるようです。広がっていると、手、というよりは、半開きの花みたいな感じ・・・。柑橘のうち、これはシトロンの仲間。シトロンというとt、日本ではあまりなじみがありませんが、パパイヤみたいな形の大き目の柑橘が中近東や欧米では一般的のようです。(ユダヤ教のお祭りで、このシトロンを使うものがある)日本だと、獅子柚子がシトロ...仏手柑

  • イエローストロベリーグアバ

    お友達から、伊豆のフルーツをいくつも頂きました。(楽子さん、ありがとうございました!)中に、ちんまりかわいいコロコロしたものが。ピンポン玉くらいのサイズの黄色い実です。名札がついていて、「イエローストロベリーグアバ」だそうです。切ってみるとこんな感じ。左側が横切り、右側が縦切り。名前にストロベリーが含まれているので、中が赤いのかな?と思いましたが特にそういうことはないです。ごく薄い外皮があり(皮ごと食べられます)、その内側に種を包む層の部分、中心は、種とゼリー状の果肉になっています。このグアバは、種エリアが大き目に見えます。全体的にとろりと柔らかな果実です。そのなかで、タネは、ゴツゴツと大き目なものが含まれていて、虫歯の穴に詰まりそうなサイズ。(果実がふにゃっとしているので油断して噛むと、ガギっと種にあたる感じ...イエローストロベリーグアバ

  • 今頃ラズベリーが!

    畑の片隅に、数年前にラズベリーの苗を植えました。今年の初夏には、ぽつぽつと実をつけてくれて、もうすぐ冬枯れの季節。葉っぱは、寒さによるのか、紫色に紅葉してきています。が。この枝をめくってみると・・・なんと、今頃綺麗に色づいたラズベリーの実が!!ちょっと前に実がついていて、時々摘んで食べてはいましたが、明日はもう12月というこの時期まで熟し続けてくれるとは・・・!確かに最近は、霜が降りるほどの寒さはなかったですが。あちらこちらに、かなり大きく熟したラズベリーがあります。自分の畑ではありますが、採集気分☆☆こんな時期に、赤い実が摘めるなんて☆☆なんか、初夏よりも立派に育ってくれてるかも?ほどよい寒さで、虫も少なくまた傷みにくいのもいいのかもしれません。嬉しくなって、何枚も写真を撮ってしまいました。いつもは摘むはしか...今頃ラズベリーが!

  • コストコのラムTボーンステーキ

    先日、会員のお友達に連れて行って頂いて、コストコに行ってきました。(キョウコさん、ありがとうございます!)弟が時々コストコに行くので、お願いして買ってもらうことはありましたが、自分で行くのは初めて。会員のキョウコさんと、あと私を入れてふたり、合計3人の女性でコストコにGO!噂には聞いていましたが、ひろーい倉庫に、巨大な棚が立ち並び、いろいろなものが置いてあります。棚が大きく、通路も広く、カートもでっかい!それぞれの商品も、業務用サイズのような大きさです。最寄のスーパーマーケットのカスミは、何もかもが小さな小分けサイズになっている印象なので、それに比べると、巨人の国に紛れ込んだような気分です。買い物している間は余裕がありませんでしたが、ほかの人のカートを見るのもコストコの面白さのひとつです。大きなパネトーネを何個...コストコのラムTボーンステーキ

  • 紅しぐれ大根

    お友達から、紫色の大根を頂きました。(ハツエさん、ありがとうございます!)ご主人さまが広い菜園を丹精していらして、プロ並みの腕前なのです。品種名はおそらく「紅しぐれ大根」。名前には「紅」がつきますが、シックなうす紫色。断面はこんな感じ。周辺と、中心付近が濃いめの紫色。縦切りにするとこんな感じ。この大根は、皮は剥かずに薄くスライスして甘酢漬けにするのがおススメ、と伺いました。「とってもきれいな赤になるのよ」と。薄紫色なのに赤???全然ピンときていませんでしたが、やってみて分かりました。どうでしょう!この鮮やかな赤!生のときとは全く違う色合いです。酸で紫が赤く発色して、更に白かったところにもその赤い色が染みて、全体が真っ赤な色に染まるのです。どうりで、「紅」しぐれ大根。パンにレバーペーストを塗り、その上に、ピクルス...紅しぐれ大根

  • sacoカヌレ(岐阜)

    岐阜のお友達から、とってもお洒落なカヌレを頂いたのでご紹介します。(miyakoさん、ありがとうございました!)「sacoカヌレ」というカヌレ専門店のお菓子です。油紙のパッケージで、なんかものすごくお洒落~。金ボタンみたいなのが見えますよ。ほよ~。口部分を一度折り返し、ラベルをセットしてパンチ穴をひとつ。そして鋲みたいなので留めてあります。上段:ヘーゼルナッツ、チョコレート、バニラ下段:オレンジチョコレート、抹茶、紫芋6種類もあります。一番ビビッドな色なのは紫芋。切ってみると、中も綺麗な紫色でした☆味は、それほど芋っぽい訳でもないです。美味しいカヌレです。こちらはバニラと抹茶。抹茶は、黒々するほどに抹茶が使われていて、ほろ苦い風味満点でした。バニラはやさしい味わい。ラム酒の香りは控えめで、バニラ風味です。写真は...sacoカヌレ(岐阜)

  • 八珍柿2020:剥きました

    我が家の秋の風物詩、佐渡の八珍柿もいっぱい剥いています。今年は8月のカラカラお天気で、柿の肥大が遅れ気味だったのだそうです。ギリギリまで収穫を粘ったそうですが、それでも木にはSサイズが沢山。(うちに分けて頂いているのはSサイズ)今年はいっぱい剥かなきゃ、と秋の始まった頃から待ち構えておりました。八珍柿は、平核無柿とも。四角くて平たい、こんな柿です。今年は、ヘタがカサカサの場合、綺麗に切りにくいので、一度ヘタをしっとり戻すようにしてみました。水でもいいかもですが、一応消毒もかねて、食品用アルコールをヘタに噴霧。渋抜きとは違って、剥く直前に柿を並べて、そこに噴霧して、そのまま剥き始める、という感じです。ヘタがパリパリだと、最初にこうやってヘタ周りを包丁で剥く際、ヘタが割れたり欠けたりすることがあるのですが、しっとり...八珍柿2020:剥きました

  • My柿2020

    今年のMY柿は、少な目でした。鶴の子柿は、確か2年連続豊作が続き、今年は息切れ。たったこれっぽっちでした。9個。とはいえ、ちょっと大き目です。もうひとつのハート形柿と呼んでいるものは、全体にとっても小さ目。がんばって摘んでも、小さいのばかりでは、と思って、手の届く範囲でささっと摘むだけにしておきました。でもこれが少なかったおかげで、産直でサンザシをみつけて、遊んでみる時間があったのでした。ゆとりがあるのもいいもんだな、うむ。ほんのぽっちりだったので、干しあがりも寂しいものです。ほぼすべてが、このひと缶に収まってしまいました。小さい柿は、見事にちっこくなってしまいます。手でもっているものなど、唐辛子くらいのサイズ。これで、巻柿、4本分くらいかな?ゆずピールは、昨年の残りが冷凍してあるので、今年は作らなくてもいいか...My柿2020

  • 八ヶ岳福祉農園のほおずき(2020)

    今年、食用ほおずきの種を蒔いて、そこそこ株は大きくなったものの、実をつけるほどにはうまく育たなかったとブログに書きました。今年は長野でほおずきを買う機会もなかったので、来年は種を買わなくては・・・と思っていたのですが、よく考えたら、ほおずきのフルーツを買えばいいんじゃん!ちょっと前、TVで見た高萩のほおずきは、販売終了でした。(あと、高かった・・)だいぶ前(2009年)、どっさり取り寄せた、八ヶ岳福祉農園というところがありました。その後、また買おうと検索しても、サイトがみつからなくなってしまっいました。販売をやめてしまったのかなあ、それともサイトリニューアル中・・・と思いつつ忘れていたのですが、今回また検索してみると、販売していました!これは嬉しい。早速取り寄せ。一梱包のマックス(4キロ)買おうかとも思いました...八ヶ岳福祉農園のほおずき(2020)

  • フェイジョア

    父の実家の庭に、フェイジョアの木があります。フェイジョアは、実ると自然に落果するようです。叔父から父あてに、今年はどうする?と連絡があったようで、私に送ってもらうことにしました。(A叔父さん、ありがとうございます!)緑色のフェイジョア。フェイジョアは、緑色で最終形です。(追熟すると、少し色が薄くなりますが)打ち身跡があまりなかったので、わざわざ木からもいで下さったのかもしれません。お手数おかけしてしまった。箱をあけた瞬間、フェイジョアのいい香りが漂います。自然追熟待ちで、こうやってざるに置いていると、その期間ずっと、部屋がいい香り・・・。断面はこんな感じ。皮のそばは固いので、柔らかい部分をスプーンでくり抜くようにして取り出します。味は、洋梨に似ているかな?クリーミーで少しザラっとした感じがあります。甘さも酸味も...フェイジョア

  • 越の笹舟(新潟の笹包み餅)

    10月から、ダンナサマが時々出張に行くようになりました。しばらく前は北海道。あまりに久しぶりのため、「え、羽田ってどうやって行くんだっけ。ちゃんと飛行機乗れるかしら」とか言ってました。ずっと出張なかったですからね。出張のたび、大きなお洒落保冷バッグを、すすす、と差し出して、「これに何かおみやげをね☆」とお願いしています。北海道のときは、ぱんぱんにお買い物してきてくれました。空港のあのめくるめくショッピングモールで、つい魚の干物にくらっときてしまったよう。カレイと、甘塩タラ(干物か・・。)気分はさほど上がりませんでしたが、夕食のメインディッシュに、即戦力になりました。特に甘塩タラは、じゃがいもとあわせたミルク煮が美味しかった☆好評でした。で、先日は新潟。「米どころだよねー。お餅とか。餅菓子とか。大福とか!」今度は...越の笹舟(新潟の笹包み餅)

  • サンザシ

    近所の産直で、珍しいものを見かけました。この産直は、とても小さくてローカルなので、基本的にはあまり冒険したものは置いていないのです。でもたまに変わったものがあります。今回は「山査子サンザシ」。なにこれ初めて!これまでも出ていたのに見逃していたのか!?不安になってお店の方に聞いてみましたが、「いや、今年初めてなんですよ。だから私たちも使い方よく分からなくて・・」とのこと。これは買ってみなくてはね。ぱっと見、さくらんぼくらいのサイズの赤い実です。でも比重はずっと軽く、コロコロと軽い実です。サンザシという名前はずっと前から知っていた気がします。子供の頃に読んだ児童文学のあちこちで見た記憶が。(ちなみに英語だとhawthornホーソーンやmayblossomなどいくつもの呼び名が。『緋文字』の作者ホーソーンは、Hawt...サンザシ

  • やっこめ/焼き米/焼米

    また、「味がなくて美味しい」ものをご紹介します。名前は「やっこめ」。焼き米、焼米などとも呼ぶものです。今回買ったのは、大分県産のこちら。夏の交通会館マルシェに出店されていた方から購入しました。まずはどんなものかご紹介。早刈りの緑色の状態のお米を籾ごと釜で炒って、平たく潰し(最近はローラー、昔は杵で搗いたのだそう)、籾殻を除去したもの。色は薄緑色で、形状はぺったんこです。ぺったんこのお米といえば、インドやネパールの食材にチウラ(beatenrice打ち米)というものがあります。一度食べたことがありますが、そのまま食べることができるもので、サクサク、パリパリしています。ごはんとカレーの上にさらにこれを少々トッピングして、サラダのクルトン的な位置づけで使われていました。(他にも使い方があるとは思いますがまだよくわかり...やっこめ/焼き米/焼米

  • ぎんなん2020

    11月になって、急に寒くなってきました。木々の葉っぱも急に色づいてきています。銀杏は、黄葉する前にやることが。ぎんなん拾いです。10月25日、葉っぱがまだ青々している段階でしたが、ぎんなんはほぼ落ち尽くしていました。びっしり。先日TVで見たのですが、高級ぎんなんは、まだ木になっている段階でもぐのだそうです。そうすると、色鮮やかな緑色のぎんなんになるのだそう。でも、街路樹などだと手が届くようなところには実っていないし、完熟の黄色いぎんなんも、美味しいと思うんですよね。拾うときは、軸はその場で落とすようにして、実だけ持って帰ります。拾ったあとは、軍手+ビニール手袋2枚を装着し、手でひとつずつ潰して中身を出します。このとき、晴れてあたたかい日の昼間、風通しのいい屋外でやるのがコツ。(拾った状態で数日おいておいても大丈...ぎんなん2020

  • 芋頭2020:大き目

    一昨年、ブログで知り合った天子さんに、台湾芋頭の品種の種イモを頂きました。子芋を植えて、昨年は小さ目の親芋が収穫できました。昨年は、葉っぱをむしるまで芋が出てこないくらいの小ぶりなサイズでしたが、今年はとっても大きな芋が出来ましたよ!!地下にどいーんと芋が出来ています。実はこれには理由がありまして。昨年、大切な子芋を全部掘り上げて北側の部屋に保存しておいたのですが、春になって見てみると、寒さもしくは乾燥で、みんなしなびていたのでした・・・・。仕方がないので親芋を植え付けました。そうしたら、大きな親芋の栄養をぐっと吸い上げて、今年の親芋は立派に!家庭菜園教本で、サトイモの場合はウイルス感染を避けるため、できれば孫芋を植える、と読んだことがあります。でも、大きく育てたいならば、大きな芋を植えた方がいいみたいです。こ...芋頭2020:大き目

  • モンブラン

    奈良にお住まいのスヌーピーさんのブログに「ラ・ペッシュの有名なモンブラン」というくだりがありました。どんなモンブランかしら!?ラ・ペッシュのサイトに外観写真がありました。食べログには断面写真も。まんが日本むかしばなしに出てくる山、もしくはどんぶり飯のように、ひょろ~んと高くそびえ立っていて(縦横比2.3:1くらい)、インパクト抜群!断面は、比較的シンプル。外側が栗のにょろにょろで、中は生クリーム。あと土台(メレンゲだそう)。こんなに高ーく盛り上げているということは、何かの型に、絞り出した栗を型詰めしているのではないかしら。・・・ということは。型に詰めれば、(こんなに背が高くなくていいので)自分でもモンブランが作れそうかも?スパゲッティのように途切れないように綺麗に絞り出すのは、とても出来る気がしなくて、これまで...モンブラン

  • 最後のマイタケ

    10/16-17と、那須に最後のマイタケの回収に行ってきました。大工作業もちょっとあるしね。今年のマイタケマップ。上部中央の、2-6というのが最後のマイタケです。写真上が10/8、幼菌でした。写真下が約一週間後の今回、10/16。いい具合に育ってます!ちょっと乾燥気味かな?成長度合い?なぜか色が薄いです。裏返してみましたが、特に傷んでいるような気配ではないです。ちなみにこちらが、10/8に収穫した方のマイタケ。とっても黒々していました。(新聞紙+ビニールに包んで冷蔵庫で一週間以上もちました)計量。重さは414gでした。前回収穫が、合計5.3kgだったので、今年の収穫は、計5.7キロということになります。すごい!翌日は折角大工作業を進めようと思ったのに、朝から雨。ガッカリ~。仕方がないので産直に寄りながら帰りまし...最後のマイタケ

  • 実家の富有柿、お友達の家の次郎柿

    今年は実家の富有柿が豊作だったようです。沢山あって食べきれるかどうか、ということだったので、送ってもらいました。父が、ひとつひとつ全部、新聞紙でくるんで箱詰めしてくれました。(写真はだいぶ外してありますが)豊作なだけあって、サイズは小ぶり。一度に2個くらい剥いて食べてしまいます。このペースで食べると、スライス干し柿にするまでもなく、順調に食べ終わってしまいました。富有柿を食べ終わった頃、お友達の庭の次郎柿をまた摘ませて頂きました。今年は、こちらの柿は不作の年。数は少な目で、サイズは大き目。こんな感じ。(洗う際、ヘタの下まできれいに洗うためにヘタはとってしまいました)ご自分ではあまり食べないとのことで、木になっている分、大半を頂いてしまいました。次郎柿は、生食は勿論、スライス干しにしても美味しいです。ある程度干し...実家の富有柿、お友達の家の次郎柿

  • そばがゆ(蕎麦と玄米のポン菓子)

    栃木県の道の駅伊王野にて、薄味の好みのおやつを見つけたのでご紹介します。名前は「そばがゆ」。そばがゆ、という名前ですが、ポン菓子です。ちょっと小ぶりサイズ。お椀やマグカップに4-5枚入れてお湯を注ぐとすぐにそばがゆが出来るとのこと。ポン菓子という名前だと、直径10cmくらいはありますが、これは5cmくらいです。容器に入れやすいように、小さくなっているのかな。長野県長野市で製造されていて、原材料は、国産蕎麦の実と、国産玄米。(どちらも国産だなんて贅沢だこと)塩なし!この、何も味がないのがとっても好み~☆☆ポン菓子としてパリパリ食べると、味がなくてとっても美味しいです。なんとなく香ばしい感じはあるものの、蕎麦の味は、あまりしないような気がします。麺の方のお蕎麦はさほど好きではないですが、このポン菓子は好み・・。エン...そばがゆ(蕎麦と玄米のポン菓子)

  • サツマイモ2020:べにはるか

    10月20日過ぎ頃、サツマイモを掘ってしまいました。今年はサツマイモはとっても少な目。というのは春頃のコロナ問題のせい。昨年春、地元の農産物直売所で、シルクスイートやべにはるかの苗を見かけたのです。だったらネットで買って取り寄せるのではなく、地元で買えばいいなー、と思ってしまったのでした。なのでネットで予約することもなく、春の植え付け時期を迎えてしまいました。が。コロナが。地元の農家さんのことだし、さほど関係ないかと思っていましたが、作業の人出の手配が関係しているのでしょうか、全く苗が出回りません。(サツマイモ農家さんとしても、各種作業が滞っているということだと思います)本来ならば、連休の翌週の週末に植え付けるのですが、待っても待っても出回りません。予約も不可。日参するようにして何とか手に入れたのが、3束、計3...サツマイモ2020:べにはるか

  • 食洗器のホイール交換

    ある日、台所のダンナサマから、「ああ、Fujikaちゃん、大変だよ!食洗器の上の段が変な感じ」という呼び声が。うお、故障か!?とかけつけました。こちらが上の段の本体側。このレールに車輪が入るかたちで、上段がおさまっています。上段には、本来、片側4個の車輪がついています。それが、ぽっきり。支える側のプラスチックが弱くなって、一個、脱輪してしまいました。ほかのところは、まだ折れるまでには至っていませんが、支えるパーツ(指でつまんでいる側)が、白くザラザラして、劣化が進んでいるような感じです。(車輪部分とは、異なる種類のプラスチックのようです)破壊後と、破壊寸前。もはや風前の灯火、パーツを買った方がよさそうです。どこで買える?海外メーカー(エレクトロラックス)の食洗器をヤフオクで買って、取付けやキャビネット改修もほと...食洗器のホイール交換

  • 畑のほおずき

    大根の葉っぱが青々してきて、そろそろ畑も秋冬モード。ニンニクもツンツン芽を出してきています。一画で、わさわさしているのはこのヒトたち。ナスっぽくも見えるこれは、食用ほおずきです。昨年だったか、長野で買ってきたこの実から、種を取り出してとってあったのです。それを、春(5月上旬頃だったか)に種まき。密生してきたのを植え替えたり、長梅雨で雑草に埋もれたのを8月に救出したり、あまりにも貧弱なので追肥したり・・・などなど、いろいろあって、今になってよく茂ってきました。夏までは全く花の気配がありませんでしたが、9月頃からこんな花が、探すとみつかる程度の少なさでついています。高萩市では今頃収穫しているというTVを見かけましたも。こんな遅い時期にとれる、ということは短日植物なのかな?でも長野では、初夏頃からずっと売っているから...畑のほおずき

  • 栗入りあずきでっち

    那須のスーパーにつぶあんが売っていたので、ついカゴに入れてしまいました。でも、さすがプロの製餡所のもの、ちゃんと甘く炊き上げてあって、私が作った豆々しい薄味のシロモノとは違います。自分のあんこは、そのままぱくぱく食べられますが、しっかり味がついているとそういう食べ方には向かないです。薄める方法・・・。お湯を足してぜんざいでもいいですが、久しぶりに小豆でっちはどうかな。小豆でっちは、おはぎに似ていますが、もっちりしたお米の部分とあんこを一緒に搗き交ぜてしまう、というもの。秋田の郷土菓子で、「でっち」は丁稚ようかんのでっちではなく、「でっちる(搗き交ぜる)」からきているようです。今回は、生の栗、および栗ペーストが手元にあったので、栗入りの小豆でっちにしてみました。■あずきでっち・栗の皮をむいておく・もち米2合、うる...栗入りあずきでっち

  • 大きなムール貝

    ダンナサマが定期購入しているワイン屋さんから、国産ムール貝の予約販売のご案内が来ました。宮城県産で、とっても大粒なのだそうです。チリ産の冷凍ムール貝をちょくちょく買っていますが、たまには豪華にフレッシュもいいなあ☆ちょっと高いけど、たまには・・・。という訳で到着日を指定して注文し、すっかり忘れた頃に届きました。(突然生ものが届いてびっくりした程)あけてみると、大きいです!冷凍のやつよりも、3周りくらい大きい印象です。重さは、重たいものもありますが、まれにとっても軽いものも。まずは足糸の掃除。こうやって引き抜くと、貝の組織の、ある一か所から足糸が出ているのが分かります。爪でおさえているのがちぎれた貝の組織。(なので足糸を抜くと、貝の組織が傷ついて死んでしまいます)地中海には、1mを超えるほどに大きくなる種類のムー...大きなムール貝

  • 船舶灯修理

    那須の家で、バールはないかしら、と階段下収納エリアをあさっていたら、照明器具を発見しました。父の古いお友達から頂いたという、船舶用照明です。電線をつける必要があり、作業しないまま、ずっとおいてあったもの。でも、那須の家は、(欧米風で)やや薄暗いので、照明器具が増やせるならば増やしたいところ。持って帰って直してみることにしました。こちらがその船舶灯。これ、ずっしりした金属製で、ものすごく重たいです。銘板がついていました。何とか読み取ってみると、次の通り。停泊灯NLAX1-3FM40-15NDSXXF8405C運輸省種別甲種白燈第2種形式防水型A電球KN115-40HI2A7.2kg製造番号1101965年8月製日本船燈株式会社おー、7.2kgか!どうりで重たい訳です。あと、1965年製。骨董品というほどでもないか...船舶灯修理

  • 産直で見かけたもの

    マイタケ観察のため那須に通ったとき、あちこちの道の駅に寄りました。「まあ、これは☆」と思っても、全部買う訳にはなかなかいきません。無念さが募る場合は写真を撮ることにして、取材、なんとか気を紛らわせました。いくつか写真をご紹介します。もうりんごのシーズン。中生種が出回ってきていますが、この時期、梨が家にあることが多いので、りんごを買うことは少ないです。なのでこの時期のりんごの品種は、どれも目新しいです。初秋(はつあき)は、調べてみると、紅玉(種子)とゴールデンデリシャス(花粉)の交配だそう。「酸味が若干強い」のだそうです。買えばよかった!5個で480円はお手頃価格でした。(私がりんごに求めるものは、ひとまず酸味)スイートメロディ。最近よくみるトキのような黄色~ところによりピンクの、きれいなりんごです。「肉質はつが...産直で見かけたもの

  • マイタケ2020:収穫

    この前の週末、那須にマイタケを収穫しに行ってきました。両親も参加の予定でしたが、台風が近づいて悪天候が予想されたため、ダンナサマと私のみ。夜に到着して、雨の中、ちょうどよく育ったマイタケを収穫しました。なので写真がいまいちなのですが・・。今年のマイタケマップ。(前にものせましたが、番号をつけなおしてみました)前回(10/4)と今回(10/8.9)なるべく比較できるような写真を並べてみましたが、なにしろ今回は、夜、雨のなかの撮影で、構図など考えている余裕がなく・・・。マップ左側、1-1,1-2のふたつ。ペーパーに囲まれてちんまりしていたはずが、むくむくと大きくなっていました。マップ右上、2-1~2-5の5個。点々と生えて来ていたはずが、それぞれが大きく育って2-2と2-3、2-4と2-5は隣と触れ合うようになって...マイタケ2020:収穫

  • ローゼルとりんごのジャム

    奈良のお友達から、自家製のフレッシュローゼルをどっさり頂きました。(スヌーピーさん、ありがとうございます☆)この袋にたっぷり入っていました。ローゼルといえば、りんごと一緒に煮るのが好きです。赤くてきれいな色のジャムになります。ほのかな酸味も加わる気がします。(2016年の11月に作って記事にしました)ローゼルは、ヘタ部分を少々切り落とし、赤いところをぺりぺりと剥がします。(今回検索して知った方法。もうちょっと多く切り落とすと、すぽっと外れるようですが、ケチってこの程度に)使うのはこの赤いぴらぴらしたところで、中心の種は使いません。りんごは、那須に行った際に、道の駅にて加工用を買ってきました。赤と黄色のりんごで、品種は不明・・。柿剥き機とピーラーを使ってあっという間に皮を剥き、6-8つに割って、スライサーでカット...ローゼルとりんごのジャム

  • オオイチョウタケ

    10/3,4と那須に行くとき、ダンナサマが新たなルートを開拓してくれました。常陸太田あたりまで高速で行き、そのあと一般道で、道の駅に3件寄りつつ向かう、というルート。農産物などなど、いろいろ見られてとっても面白かったです。(荷物がどんどん増えていきます)2件目の道の駅、「みわ」にて、天然きのこが売り場にありました。大いちょう茸ですって。初耳のきのこです。白くてしっかりして、ボリューミーな感じのきのこです。これがなんと、売り場にどっさり。近くにいたマダムは、「こんなにいっぱい売っていて、天然じゃなくて栽培よねえ」と話していました。検索してみると、スギ林の林床に出るきのこらしいです。生えている様子は、暗くて黒っぽい林床に、ほの白い、大きなこのきのこがどっさり!目立つ!こんなのを見つけたら大興奮でしょうね。初めてのき...オオイチョウタケ

  • シャカシメジ収穫

    10/3-4と那須に行ったとき、シャカシメジスポットもチェックしました。別荘地のとある一画に、ひみつのシャカシメジスポットがあるのです。特に期待せずに見てみると、おお!!!出てる!しかもちょうど採り頃!こんもり大きなものが一個。少し離れたところに、やや小さ目の2個め。そして隣り合って、3個目と4個目。うほほーい☆よくよく見ると、まだ幼菌のこの子たちも。右側は、一部だけよく成長していますね。大き目の方から3つまでは、その場で収穫してしまいました。じゃじゃーん。まるまるとして、立派なシャカシメジ!一番左は実家に送りました。(今回はダンナサマと私だけで、父は来なかったのです)父によると、大豊作の年はこんなのがぼこぼこ出るのだそうです。私にとっては4個見つけただけでも大興奮。翌日、残してあった一番小さな一個と、幼菌の一...シャカシメジ収穫

カテゴリー一覧
商用