chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 伊藤潤二 自選傑作集 歪

    伊藤潤二さんの自選傑作集の1作目がありましたが、今回はその2です。 こちらも1作目同様面白い作品があります。

  • 仮面ライダーBLACK SUN

    ◆内容 時は2022年。国が人間と怪人の共存を掲げてから半世紀を経た、混沌の時代。 差別の撤廃を訴える若き人権

  • ファブル 漫画

    ◆内容 どんな相手でも必ず6秒以内に相手を仕留める凄腕のヒットマン「ファブル」。 ファブルはある日、組織のボス

  • ホワイトカラー

    ◆内容 収監中の天才詐欺師ニール・キャフリーは恋人のため脱獄を果たすが、間もなく知能犯専門チームのFBI捜査官

  • サイバーパンク エッジランナーズ

    ◆内容 日系企業アラサカなどの巨大企業に支配されたディストピア都市ナイト・シティ。そこに暮らす少年デイビッドは

  • 零 ~濡鴉ノ巫女~

    ◆内容 「日上山」はかつて霊場として崇められ、 その周辺には特殊な信仰が伝えられていた。 この山では、「水」を

  • 静かなるドン

    ◆内容 主人公の近藤静也は昼間、下着会社プリティの冴えないデザイナーだが、実は1万人の子分を持つ広域暴力団新鮮

  • アンタゴニスト5巻

    ヘルトピア事件の2年後。新島に訪れていた薙刀部の部員たちはヘルトピアの残党たちで構成された「エデアル」たちに襲われる。エデアルは新たな怪人である「機械人」を生み出していた。エデアルの構成員はヘルトピアが生み出した怪人を出来損ないと考えていて次々と襲いかかっていたのだった。そこに巻き込まれる。新しい怪人、人、機械人と三つ巴の構図が織りなす第5巻。

  • もう終わりにしよう

    まず難解な映画の構成の詳細を考察や考える前にまず僕が思ったことは 「自己肯定感の大切さ」だった。僕なりの物語はこうだったんじゃないかという考察は以下の通り。すべてが妄想ではなく、ゆっくりと現実と妄想の区別がつかなくなっていったんだと思う。 そしていつしか妄想を変えることで現実が変わるという風に考えていったんだと思う。そう思わせるのが 最後の豚と一緒にジェイクが裸で校内を歩いていくシーン。冒頭でジェイクは、生きながらウジがわいて死んでいった豚にジェイクたちは気づかなかったといっている これをジェイク自身と重ねるとすると、生きながらウジに蝕まれる=普通でない(現実と妄想の区別がつかない)状態が緩やかに続き死に至る ということを表しているんじゃないかと思う

  • 伊藤潤二 自選傑作集1

    女の子がかわいい漫画といえば?僕のなかでは伊藤潤二さん。とにかく女の子がかわいい。そして圧倒的画力に予想を超えるストーリー。今回はそんな名作ぞろいの中でも伊藤潤二さん本人が選んだ自選傑作集を紹介。面白くないわけがない。

  • 暇つぶしにおすすめのスマホアプリ3選

    Brain Test、豆腐少女、Scribble Rider。3つのスマホで遊べるアプリをご紹介

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、はまちさんをフォローしませんか?

ハンドル名
はまちさん
ブログタイトル
つれづれメモ
フォロー
つれづれメモ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用