searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

塾長さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
soccercollege796
ブログURL
https://soccercollege796.net
ブログ紹介文
少年サッカー育成ブログ
ブログ村参加
2021/12/21
本日のランキング(IN)
フォロー

塾長さんの新着記事

1件〜100件

  • 状況を把握して次のプレー考える

    状況を把握して次のプレー考える事で ・周りを見るようになる ・声がでるようになる ・落ち着いてプレーができるようになる 結果、ミスが減りプレーの質が高まります。 認知>判断>実行 状況を把握して次のプ

  • サッカー夢のような10年間

    多くの場合、毎日サッカーができるのは高校卒業まで。 大学や社会人でもサッカーをやる事もできますが、大学のサッカー人口は極めて少なく、社会人サッカーでは毎日のようにサッカーする事は困難です。 多くの場合

  • 両足でボールを扱えるメリット

    利き足じゃない方の足。 しっかり蹴れますか?しっかりボールを止められますか? これが出来ずに中学になってクラブチームで試合に出させてもらえなくなったケースを目にしました。 ゴール前のビックチャンス。利

  • 少年サッカー低学年が試合で勝つ為の推進力

    低学年が試合勝つために必要な推進力。 低学年ではボールを扱う技術が低いためチームの推進力があれば試合を優勢に進める事ができます。 推進力を高めれば勝てない試合に勝てるようになるかもしれません。 推進力

  • 少年サッカーのレベル分けについて

    小学生の試合では10対0。20対0。そんな得点差がついてしまう試合たまにありますよね。 特に県大会などの大きな大会の1回戦などそういった試合があります。 大差の付く試合は必要でしょうか? 試合してみた

  • サッカーは将来、仕事に活きる

    サッカーは将来、仕事に活きます。 その理由をちょいと掘り下げます。 失敗を恐れない サッカーは失敗するスポーツ。 小さい時から失敗に慣れているサッカーボーイは「失敗=恥ずかしい」という認識が薄いため、

  • 少年サッカーは地固め期間

    少年サッカー。 試合に勝つ・負ける。 サッカーうまい子・下手な子。 クラブチーム・少年団。 レギュラー・補欠。 日々繰り返される葛藤、不満、喜び、悲しみ、嬉しさ、悔しさ。 少年サッカーは様々な感情を与

  • 少年サッカー連動した動きでチーム力をアップする方法

    チーム力を上げる為には連動した動きは必要不可欠です。 連動して動けるようになれば、数的優位が作れるようになり必ずチーム力は上がります。 良いサッカーが出来るようになるし、個の力を補い強いチームにもそれ

  • 小学生の頃活躍していた子が中学に上がって苦労する原因

    小学生の頃は活躍していたのに、中学では全く目立たなくなってしまった。 そういった子は少なくありません。 なぜそうなってしまうのでしょうか? 今回は小学生の頃に活躍していた子が中学で活躍できなくなってし

  • 少年サッカー向き合うべき相手

    サッカー少年の親として子供のサッカーに接していると様々な場面に直面します。 ・試合に出れない ・好きなポジションをやらせてくれない ・トレセンに選ばれない ・周りの親と合わない ・コーチのやり方に不満

  • 1対1でのボールの奪い方

    相手からボールを奪って味方に繋げてゴールを奪う。 試合に勝つための一連の流れです。 ゴールを奪うための最初のアクション。ボールの奪い方について。 1対1で相手からボールを奪う 1対1でボールを奪うため

  • スペースを空ける動きで数的優位をつくる(将棋と一緒)

    プロの試合でもボールに時間は触れている時間は1分〜2分程度と言われています。 試合中ほとんどボールに触れていない時間なわけです。 なのでボールに触れていない時にどのような動きをするかが重要です。 ボー

  • 少年サッカー身体の大きい子の優位性。それ身体的アドバンテージです。

    少年サッカーでは身体が大きければそれだけで優位です。 身体が大きい=成長が早いと捉えれば、ひと学年下の世代でサッカーをするようなものです。 子供の頃のひと学年の差は皆さんも経験しているかと思いますが大

  • 少年サッカーボールに触れてる時間を増やす

    サッカーは足でボールを扱うスポーツ。 サッカーをする上でボールを自在に操る技術は必須です。 サッカーの練習をするためには出来るだけ早い時期に最低限ボールを扱う技術は習得させるべきです。 サッカーの練習

  • 少年サッカー数的優位の作り方

    低学年くらいだと上手な子がいると個の力で試合に勝ててしまいますが、高学年では個だけでは簡単に勝てなくなります。 そこで高学年で大切になってくるのは数的優位を作る事。 「人数をかけて攻める」「人数をかけ

  • 少年サッカーマインドセット

    まずこれみてください。 2021年Jリーグに所属していた選手の誕生月別にまとめたものです。 2月3月生まれと比べて4月5月生まれは2倍以上です。 この年だけの傾向ではなく、毎年この傾向は続いています。

  • 自分に合った環境・レベルでサッカーをやる大切さ

    サッカーがうまくなるためにはまず「サッカーが楽しい!」と感じていなければうまくなることはできませんよね。 楽しいからこそ時間を費やすことができる訳ですし。 なので、サッカーが楽しいと思える環境に身を置

  • 少年サッカーから社会人サッカーそれぞれのピーク

    自分の関わってきたサッカーを振り返ってみると、選手それぞれピークのタイミングが異なっている事に気付きます。 小学生の時にうまかった子。 中学、高校で伸びた子。 小学生からずーっとうまい子。 小学生の時

  • サッカーがうまくなる条件

    サッカーがうまくなるために一番重要な事は何でしょう? サッカーには色々な要素や個人の特徴があるので一概にこれだ!と断言することは難しいですが、 私がこれまでサッカーを実際にプレーしたり見てきた中で感じ

ブログリーダー」を活用して、塾長さんをフォローしませんか?

ハンドル名
塾長さん
ブログタイトル
soccercollege796
フォロー
soccercollege796
カテゴリー一覧
商用