searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

イイモさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
スイスすごろく++スタートはドイツ++
ブログURL
https://www.do-sui.com/
ブログ紹介文
計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。
ブログ村参加
2021/08/20
本日のランキング(IN)
フォロー

イイモさんの新着記事

1件〜100件

  • 義母に誘われ映画館へ ドイツ滞在五日目

    タイトル通り、義母に誘われ劇場版ウエストサイドストーリーを見に行きました。 事前に、私達の滞在先を見てみたいとの事だったので映画館へ行く前に借りている家に来てもらいました。義母も家主をやっているのと友人にも家主さんが多いので、一時貸しを今後検討していきたい、という事で見に来たかったようです。 やっぱり家の中に入ると、誰かがタバコを吸ってた?と思うようなカビ臭さというか古い家具から発せられる臭いがする、と言っていました。 うーん。匂い付きのキャンドルなど買って、換気をしてたのです五日目滞在でもあのにおいは消えなかったようです。 家の中をしばし案内し、リビングでお喋りした後は義母の車に乗って映画館…

  • ドイツから働いてみる 滞在四日目

    以前、イタリアから働いてみる、という投稿をしたのですがそれに似たような感じです。 ただ単に会社のラップトップとモニターを持って行ってドイツの家で仕事をした、というだけなのですがインターネットが使えない事には話にならないので、滞在先のお家に入ってすぐにネットが使えるかをチェックしました。 どの部屋に居ても繋がりにくいなんて事はなく、何の問題もなく使えました。 ドイツ滞在四日目と五日目は仕事がまだあったので、いつもスイスの家から在勤しているのと変わらず、同僚誰かに気づかれる事もなく淡々と仕事をしました。 毎週のチームミーティングにも参加し、プチ研修にも参加し。 一人だけ、引継ぎをしている同僚にはド…

  • ドイツのクリスマスマーケット再び 三日目

    ドイツ滞在三日目は、近所のバス停からバスに乗り、街で一番大きなショッピングエリアへ行ってみました。 それはそれは、たくさんのお店があり、平日にも関わらずやっぱりもうクリスマス休暇を早めに取った人で溢れていました。 とりあえず底の厚いショートブーツが欲しい、と目的をはっきりさせて、売っていそうなお店に入る事にしました。入り口にはワクチン接種済か回復者のみ入店可能、と記載がありました。 ああ、メンドクサイ。。と思いながら必要書類を見せ、中に入りました。 何となく、まあ、悪くないけども...ピンとこないわ。。というブーツを見かけて、そのお店を出ました。トータルで3時間位でしょうか、ひたすらひたらすら…

  • 小さくなった誕生日会 ドイツ滞在二日目

    ドイツ滞在の二日目は義家族の誕生日会でした。 例の疫病が流行っているこんなご時世ですが、ルールに則っていたら約20人でのお祝いができたようです。(その時点でのドイツのその州でのルールです) ドイツではきりの良い年齢、20歳、30歳、とか80歳、などでは大きくお祝いするので今回も例の疫病を理由にキャンセルされる事もなく。大人にとっても誕生日会がいかに重要か、というのはドイツにお住まいの方はご存じだと思いますが、基本的にはお誘いを受けたら断りにくいです。結婚式みたいな断りにくさ、です(失礼な発言ですみません...) 今までの唯一の断り文言は旅行の予定、これだけでしたが今はコロさんが断り文言になって…

  • ドイツで八日間滞在した話 1日目

    昨年末はクリスマス一週間前よりドイツに滞在していました。 義家族メンバーの誕生日をお祝いするために、クリスマスより少し早めに。 車で高速道路を走って現地へ向かう、という予定だったのですが一応スイスからドイツへはコロナが始まってからというもの、以前のように簡単に行ける場所ではなくなりました。 毎回規制がコロコロ変わるので、調べてみたらスイスは高リスク地域に認定されているのでそこから入国する人は専用のオンラインフォームに自分の情報を事前登録が必要、とのことでした。とりあえず、ドイツへ入国へはこれで大丈夫でしたが、ドイツからスイスへ戻ってくるには検査が必要なような、でもスイスと国境を接しているドイツ…

  • 寝台列車に夢を馳せる元旦

    明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。 いや~ 明けてしまいましたねー。という軽いノリですみません。 大晦日は、SNSなどを見ていると先に年が明けた国の様子を見る事ができるので、あっちはもう新年かぁ...こちらはまだ数時間は大晦日、と思うような事が例年通りありました。 こういうのを経験する度に、地球はやはり丸いのね、と思ったり。 そういえば以前は、先に年の明けた日本の友達から明けましておめでとうのメッセージが来て、いや、こちらはまだ明けてません!って少し思ってたんですが、そんなメッセージですら届かなくなったことに気づいて切なくなりました...ちょっぴり。 皆忙しい…

  • リベンジブランチ

    しつこくまたブランチに行ってしまいました。 最近ドルダーグランドホテルのブランチに行ったばかりだというのに。 詳細はこちら↓ www.do-sui.com 今回は、チューリッヒを一望できるユトリーベルクという山の上にあるレストランにてブランチを体験してきました。Uto Kulm というホテル内にあります。 utokulm.ch チューリッヒ交通局の乗り放題チケット込みで65フラン(約8000円 本日のレート)という事でした。住んでる場所に寄るとは思いますが、我が家からは電車賃が往復10フラン以上したので、電車賃を差し引いたら50フラン程度、という事でしょうか。 山の上にあるレストランなので、今…

  • なんて良い時代になったんだ!

    ふと、グーグルマップを見て、ストリートビューで実家と行ってた中学校辺りを見て、うわ!なんて良い時代になったんだ!と思いました。 今更ストリートビューって...って感じなんですけど、、 私、あそこで育ったんですよね。あの風景を見て、あの山を見てたんだな、と思って。 学生時代の嫌な気持ちとか不安定さも思い出したりして。 あの角を曲がるだけでお腹痛くなってたわ、そういえば、とか制服いやだったなぁ。。。とか嫌な思い出ばっかり笑 なんですけど、でも思いのほか緑がちょこちょこ近所にあって、駅から遠くて不便な郊外だったんですけど、でも平和に、夢を見ながら生きてたな~ なんて思って。 割と良いところで育ったの…

  • 海外移住用の無犯罪証明書と証明写真

    スイスの無犯罪証明とドイツの無犯罪証明が必要、という事でスイスの郵便局へ行ってきました。 スイスのドイツ語圏ではStrafregisterauszugという名前だそうです。 窓口へ行って、身分証明書を見せて申請です。パスポートじゃなくて滞在許可証だけを窓口の人は見ていました。 私の情報をコンピューター内に書き込んで、追加で両親のフルネームと、また母親の旧姓まで登録が必要なので、紙に簡単に書いて見せました。 ここまで行ったところで、担当者さんが『しまった!どこの国に提出用ですか?』と言うので、○○です、と国名を答え。そうすると、じゃあ英語表記ね、と。 申請内容を印刷したものを見せられるので、内容…

  • 逆走する時計

    ある晩のこと、ソファーでゴロゴロしていたら、急に何とも言えない何かがこすれるような聞いた事のない音が聞こえてきました。 何事?!と思って辺りを見渡すも、何も起きておらず。。。外から?と外を眺めるも何もなく... 音の方へ耳を澄ませて近づいていくと、なんと壁にかかった時計が逆走していました。 短針が猛スピードで反時計周りに逆走している音が聞こえていたようです。 ぎゃー!と思って、別の部屋に居た夫を呼んで、ちょっとー!!時計を見てよー!!えらいこっちゃ、えらいこっちゃ!と。 夫もこんなの初めて見た!と驚いていました。 短針のみならず、長針も猛スピードで逆走していました。 ひ、ひぇ。。 一体何が起き…

  • 見た目が外国人あるある

    ヨーロッパ生活では見た目アジアンな私は基本的には分かりやすい外国人なので、見た目が外国人あるあるなんだろうな、と思う事をひとつ。 職場にて。 何度か少しドイツ語で会話した事のある他部署に人に、いきなり英語で話しかけられる、という。別に英語で話しても良いのですが、一瞬びっくりします。あれ、前はドイツ語で話したよね?と。 外国人=英語で会話、と頭の中で出来てるんだと思います。 なので、見た目アジアン=もろに外国人=英語で会話、と瞬時に判断するのだと思います。 チューリッヒの会社では珍しい事ではないと思うのですが、従業員の国籍が豊かで英語メイン、ドイツ語なしで働いている人がいるという。うちの会社も同…

  • 日本に帰ってやりたい事

    二年半ほど日本に帰国できてないんですけど、帰ったらやりたい事というのがありまして。外国暮らしをしている人は皆何かしら、日本に帰ったらあれがやりたい、という希望があると思います。 私も真面目に考えました。一番やりたい事ってなんだろう... …居酒屋にいく。しかもオシャレ居酒屋じゃなくて、本気の方です。 壁にメニューが筆書きみたいなので書いてあるような。 チューハイを飲みたいんですよ、カツオのたたきとか、ホタルイカの沖漬けなどと一緒に。お漬物と出汁巻き卵も。魚介のサラダも欲しいですね。ほろ酔いになった所で熱燗にうつる、と。。合間にビールも飲みますけど。 これが、これが…。したいだけなのに帰国がやや…

  • 寒くなってきたらデジャブが起きました

    最近、うちの近所は寒いです。スイス全体かもしれませんがよく分からないので、とりあえずうちのチューリッヒ州辺りは、霧が深く、霧の湿気で寒く感じます。 太陽光も雲隠れしてしまって、日光が直射してまぶしい!なんて事がこの数日ない気がします。ずっと曇っています、または雨、強風...濃霧、、、 なので、山まで登りに行きました。(あ、もちろん交通機関を使って...自力ではないです) 標高3000mのところまで行ってしまえば、快晴でした。レストランの窓際に座って、日光が直射してまぶしい、ブラインドを落として、ああ...背中が暑くなってきた!サングラスをかけて食べないと!みたいな事がありました。 うちの近所で…

  • トイレの不調に泣いていた

    先日、トイレの水の流れが止まらなくなり泣いていました。 本当に泣いていました。 以前からトイレの水が流れっぱなしになる時があったので、ちょっとしたトリックを使って止めていたのですが、今回はそのトリックすらも効かなくなりました。 数年前にも水の流れが止まらないから、と修理に来てもらって全く新しい便器に変えてもらった、というストーリーのあるトイレです。 最初はちょろちょろ、と流れ続けていた水が、だんだん勢いをつけてきて滝のようにゴゴゴーと音を立てて物凄い勢いで流れるように...この水の出方は尋常じゃない、と小さなタッパーに流れ出る水を汲んで、バケツに入れて、とやってみたら一分間にゆうに6リットル(…

  • スイス一高いブランチ?を食べに行く+スイスのおススメスパ

    どこかで読んだ気がしたのですが、スイス一高額なブランチらしい、というブランチを食べに行きました。 場所は5つ星の高級ホテル、ドルダーグランドホテル内のSaltzというレストランでした。 誕生日プレゼントだったものを二年の有効期限内に使うべく、何度か予約の電話をしたのですが土日のみのブランチなので、直前に電話しようものなら予約が取れず。合間にロックダウンでレストラン営業ができない、などもあった気がします。やっと飲食店を使えるとなっても、私のように予約を待ち望んでいた人からの予約が殺到したのかもしれませんし、思ったより予約が取りにくかったです。 何とか3度目か4度目の正直、という感じで予約が取れた…

  • ドイツのコメディアンのショーを見に行く

    トルコ系ドイツ人のKaya Yanarというコメディアンのショーを見に行きました。 ショーと言っても、彼が舞台で一人で立って話すだけなのでスタンドアップコメディショー、と言うのかもしれません。 この方、ドイツのフランクフルトで生まれ育ったトルコ移民の方なのですが、10年ほど前にスイス人女性とチューリッヒの公演の後に知り合い、結婚して今はスイス在住です。 もちろんドイツでも有名なコメディアンなので、ドイツの番組にもよく出演しているのですが、ドイツからスイスへ引っ越したが故に気づいた違いなどを面白おかしく説明する内容もあり、同じ様にドイツからスイスへ移住してきた身としては分かる!分かる!と笑える部…

  • 見覚えがあるような?

    10代の頃に一時期好きだった、イギリスの歌手グループの映像を最近よく見ています。 主にYouTubeで。あの頃はすごく年上のお兄さんだと思っていた歌手の方々が、今見ると若くて可愛いピチピチの男の子に見える、という所が時代の流れを感じさせます。 あの頃の私にとっては格好良くて仕方なかったのに、うちの母は可愛い男の子たち、と言っていた理由がよく分かります。 当時の映像だけでなく、最近の映像も見れるので、もう十数年経った彼らの姿を見てみると、思ったよりもお兄さんがめちゃくちゃおじさんになっている風にも見えず...あれ?若いお兄さんだったあの時代から十数年経ったらおじさんなるのでは?と思ったのですが、…

  • 服装の乱れは心の乱れってわけでもなさそ。

    相変わらず例の疫病の影響で、あれ今何月だったかな?と思ってしまうんですが、もう11月ですね。。恐ろしい、時間が経つのが早すぎる。 毎日通勤していた時は、週5日着まわせる(というか実際はもっと)服装がクローゼットの中に入っていたのですが、今となってはほぼ在勤なので、週5日着まわすのは無理!というような服の数になってしまいました。もちろん部屋着になりそうなものならいくらでもあるのですが、人前に出られるような服装は… カジュアルなファッションで出かけている職場にならともかく、いきなり人様のお家で割とちゃんとした夕食にお呼ばれ、とかクリスマスパーティ、などに着ていけるものは見当たりません。 服装って何…

  • 例の疫病についてのスイスの反応

    スイスでは例の疫病のワクチンの接種率が思ったより上がらない、という事でワクチン接種反対の人も結構いるらしい、などを聞き、まぁそうだろうな、と思いました。 日本の人からのなぜワクチンを打たないの?!などというネットの反応などを見ると、スイス文化を見てたら割と考えうる国民の反応だったのでは?と思ってしまいます。 スイスは国民投票のある国で、自分の意見を考え、それを投じる事ができます。 直接民主制という、名前そのままの制度があります。 内閣は7人の連邦大臣で構成されていて、その中から毎年ひとりずつ大統領を務めるようになっています。 この簡単な説明だけでも上からの決まりをトップダウンで突き通せる国でな…

  • サーカス 私の涙腺崩壊ポイント

    サーカスを見に行くと始まる前から気分が高揚して泣いてしまうし、始まってからもずーっと泣いてしまうので、我ながらどうにか止めれないだろうか、と思っています。 でも異様に感動してしまいます。体を使って出来る事、その瞬間に全神経を集中して、ハラハラドキドキの演目もあるし、美しすぎて夢の中にいるのだろうか、と思うようなものもあり、シンプルな冗談で笑わせるものもあります。 夢はモンテカルロ国際サーカスフェスティバルへ行くことです。 スイスからだとモンテカルロはそんなに遠くなく、今年行ったイタリアの海岸近くの街をそのまま西に向かって数時間を車で走るとモンテカルロ、なので叶えられない夢ではないです。 ただ、…

  • 憧れのドイツ語苗字

    仕事関係の人で苗字が『Freitag/フライターク』さん、という人がいます。ドイツ語で金曜日、という意味になります。 平日勤務して土日が休みの人にとっては金曜日、とはなかなか良い響きだと思います。 もちろん良い印象も。 そのFreitagさんからメールが来る度に、良い名前だな... なんて縁起の良さそうな名前なんだ、と勝手に思っています。 金曜日はドイツでもスイスでも私の働いた職場は休みにしているか、早めに仕事を切り上げるか、そもそも金曜日は14時に退社できるようになっていたり、と半分は週末に組み込まれています。なので、仕事から手が離れてのびのびした印象。 私も生まれ変わったらFreitagと…

  • 部署替えにつき落ち込むなど

    1年に二度ある業務が嫌で仕方なくて、嫌だな、何とかならないかな、と思っていたら他部署に来てみないか?と依頼がありました。 その業務がやりたくないが為に、他部署に移動したい!イエス!お願いします、という気持ちでしたが一応詳細を聞いてみない事には、と思ったので内容を聞きました。 昔やってみたいな、と少し思っていたような業務で、職種名が珍しいので求人を出しても応募が少ないので結局、勤務時間の短い私ともう一人の同僚と二人体制で勤務時間が120%になるので、それでこの職を引き継いでくれないか、という事でした。 そして社内オファーになるので今のお給料から5-10%の昇給がある、とのことでした。 ふむふむ。…

  • スイスのチーズ愛バーガー

    チューリッヒ中央駅前のバーガーキングを通ったら、スイスご当地チーズのバーガーが期間限定で出ているらしく、ポスター?がはってありました。 画像引用元:https://www.burger-king.ch/de-swiss-selection-smood エメンタールチーズのバーガーと、グリュイエールチーズのバーガーのようです。 スイスチーズを使ったハンバーガーはマクドナルドでもバーガーキングでもよく販売しているイメージがあるので、珍しい事ではないのですが、今回は二種のチーズを使ってアピール。スイスのチーズ愛ですね。 画像引用元:https://www.burger-king.ch/de-mozz…

  • ぱっと明るいキラキラした話を書きたい

    タイトル通り、何だか華やかな読んでてあっはっは!これは良い!となるような事を書きたいのですが、特に何もありません。。 でも物事の捉え方って人それぞれなので、大した事ないと思われる事でも本人が大層素晴らしいと思っていたら、華が付きますよね。そんな感じで私の日常に華をそえておおげさに書いてみたいと思います。 えーっと。。 最近、外に出て人が近くにいるのがしんどくなってしまったので、外出して電車に乗る時は1等車に乗っています。2等車に比べると高額になりますが、空いているし座席間隔は広いし、割と静かで、電車に乗る瞬間の座席取り合戦に参加せず、優雅に1等車席へいけます。えっへん!(自慢) それから、病院…

  • スイス生活で心がけていること-会話編(ドイツ語)-

    スイスのドイツ語圏暮らしですが、引っ越してきてから私の話すドイツ語はドイツ人のドイツ語、と何度か言われました。 ドイツ暮らしを数年してドイツで学んだドイツ語なので当たり前の事なんですが、そんなに指摘をするほどのことなの?と思っていました。 今スイスに住んで数年経ちましたが、先日ドイツ人の同僚からの仕事の引き継ぎで1時間半電話し、聞きながら『この人、どうしてこんなに早口で抑揚もなくダダダーっとしゃべり続けるの?』と思ってしまいました。そして久しぶりに、ドイツから来た人のドイツ語を聞いた、という印象がありました。 スイスにあるドイツの会社で働いているので、ドイツ出身の人も多くて、ドイツからきた人の…

  • 出社したらデスクが無くなっていたので...

    ほぼ在勤にして気まぐれで出社していたので、ふらっと出社したら私のデスクの上に見覚えのないものがありました。文房具などが入っているおどうぐ箱的なものです。 そこそこ良いお値段のする可愛いおどうぐ箱を一人ひとつずつ支給されているのですが、私のおどうぐ箱の横に見覚えのないおどうぐ箱が... も、もしや...ここ誰かが座ってる?と同僚に聞いたら新しく入ったSさんが座ってるよ、とのこと。 ガーン... 自分のデスクが無くなってしまった。。と思いつつ、他に空いているデスクを探しにいきました。 何て言う名前だっけ?あの、机の上に個人的なものをおかず、常にキレイにしておくシステム。それゆえ、固定のデスクを持つ…

  • 個人的に良いかもと思う映画館 チューリッヒにて

    映画を見に街(チューリッヒ市内)まで行ってきました。 チューリッヒ市内で今まで色んな映画館に行ってきた気がしたのですが、今回行った映画館は初めての映画館で、こんなところにこんな小さな映画館があったなんて !という感想です。 Arthouseという名のまさにミニシアターという雰囲気の映画館でした。チューリッヒの街中のちょいと隠れた路地を入ったところにあったのでこれまた良い雰囲気を醸し出していました。 確かスイスでは9月20日からコロナパスの提示が必要な場所が出てきたのだと思いますが、映画館も該当するので入場時にはチケットを買う前に提示を求められました。ワクチン接種済の人はQRコードをスキャンして…

  • 英語について思う事と自己肯定感

    学生の頃、英語の成績がいつも良い方でした。不思議な事に文法を勉強しなくてもするすると頭に入ってくるし、単語は大体1,2回見たら覚えたので単語暗記の苦労もなく。高校を卒業するまではあまり勉強をせずとも良い成績の取れる科目でした。 小学生の頃から、どこか別の場所へ行きたい=外国、だと思っていたのでまずは外国=英語、という単純な連想でどこか別の所へ行くには英語が必要だ、と思ってたのだと思います。 それで、英語に触れている間は現実から離れて別の所へいる気分になっていました。 高校生になってからは英会話教室に通わせてもらって、現実逃避は更に加速しました。 二度も英語圏にホームステイもさせてもらって。今振…

  • 私はだあれ?

    大体の社会人は仕事に一日の三分の一位の時間を充てていると思います。私もフルタイム勤務ではないですが、ほぼ毎日数時間は会社に属する会社員として生活を送っています。 仕事で主に利用するのはメールです。ドイツ語か英語で書きます。その時に自分の名前を署名で設定しているものを使わず、毎度手入力しています。 ドイツ語だと Viele Grüsse,(よろしくお願いします、的な) OOO OOOO(名と姓) (例:Hanako Yamada) 英語だと Best regards,(よろしくお願いします、的な) OOO OOOO(名と姓) (例:Hanako Yamada) でメールを締めます。 こちらで生活…

  • 甘味に興味がない人の間食:スイス編

    甘い物にあまり興味がありません、というより甘味がこの世から無くなっても生きていける気がします。 特に洋菓子類は苦手なので、ケーキ作りやお菓子作りが上手な人などを見ると、見た目がこんなに可愛いものを作れて、食べれて幸せだろうな、と思います。 洋菓子って見た目が可愛いですよね、華があって。でも私は甘味に興味がないので、見た目を美しいと思っても食べたい、とは思わないのでその世界に入れない事を残念には思います。 こちらは食後のデザート文化発祥の地?ですよね、たぶん... レストランに行くとコースメニューにもちろんデザートが付いているし、単品で注文した時にもメインの後にデザートのメニューブックをお持ちし…

  • ドイツとスイスで風邪のひき始め対応

    振りかえってみると中学生の頃にインフルエンザに一度かかった以来、もう二十年以上あまり風邪など長引くこともなく割と元気に生活している気がします。 体は元気ですが哲学しすぎ、または冬季うつのせいでメンタルが怪しいと指摘されることはありますが。。 日本にいた頃から風邪はあまりひいた記憶がないのですが、ドイツとスイスで暮らし始めてからは天気がころころ変わるので、その影響で風邪をひきやすくなったと思います。とは言え、1年に二回ほど風邪のひき始め、的な症状が出るだけですが。 そんな時にどう対応するか。完全にドイツ風対処になってしまいました。 スイス風がどうなのか分かりません。多分似たようなものだと思います…

  • 4年後開催のコンサートチケット

    以前こちらの↓の投稿で書いた、エルトンジョン様のコンサートがなんと再度延期されることとなりました。。 www.do-sui.com 本来であれば2020年の10月にチューリッヒで開催予定だったのが、今年の10月に延期されていて、私も来月にコンサートに行くつもりで予定していたのですが、なんと2023年の夏に延期されるとのこと。 そのころ、私はまだチューリッヒにいるのでしょうか... 海外移住話が出てるので、もしかしたらもうチューリッヒというかスイスにいないかも笑 しかし2019年に買ったチケットが2023年に使えるようになる、という事は四年越し。 四年!小学一年生が小学四年生になっちゃう期間。中…

  • スイスドイツ語:やっと『知らんがな』と言えるレベルになった

    このブログでしつこすぎるほど書いてきた、スイスドイツ語の事ですが最近仕事中にスイスドイツ語会話を聞いていて、スイスドイツ語話者が激論を交わし始めても、聞きながら理解しつつメールを書けるようになりました。(ただし仕事用のスイスドイツ語に限る) それでも、急に『いま何の話だったの?』と思う事もあるのですが、それに対して『知らんがな』と思えるようになりました。 これは8割位、全体をだいたい理解できるからこそ感じられる『知らんがな』です。2割位しか分かってない時はパニックだったので。 でも何故か職場でもテレビを見ていてもさっぱり分からなくなる日もあります。 そんな日にも知らんがな。 例の疫病以来、人に…

  • 白髪とシミでタイムスリップ

    数年前から白髪が少し出始めたんですが、30代半ば位からですかね。最初はたまに、位だったのが段々と数本の白髪があるのは普通、に変わりました。 これがもっと増えていっていずれ真っ白になるのかな、と思っています。人によっては一部だけ白い人がいるのでどうなるのか自分が高齢になるまで分からない。 でもこちらの人は、特にスイスの周りの女性は20代や30代から白髪の人が結構います。 友達は30代前半でほぼ真っ白になったのでもう諦めた、と言って逆に斬新な染色がしやすいので時々ピンクや緑や青にして楽しんでいる、と言っていました。 そして白髪になっても染色せずにそのまま、という40代以上の女性も多いです。ドイツで…

  • めんどくさがりがスイスで楽する方法

    自分の性格について、簡単に紹介してください、と問われたら皆さんはどう答えますか?私の知り合いには真面目すぎて融通が利かない、と言う人もいるし、心配症だという人もいるし、のんびり屋という人もいます。人それぞれ性格が違います。 私はこの問いにはまず最初にめんどくさがり、と答えると思います。 手を抜けるところは抜きたい。とにかく楽してぼーっと生きていきたい。 気になる事が見つかったらそこには喜んで全力投球、しかし興味のない事に対しては無反応の省エネモード。 色んな性格の人がスイスには暮らしていますが(と言うか世界中どこに行ってもそうですが…)、めんどくさがりがここで快適に暮らすにはどうしたら良いのだ…

  • さいきん家に籠ってばかり、と思ってたけどそうでもなかった。

    天気はあまり夏らしくないですが、一応夏なのでそこかしこと出かける人々の様子を見ては、私は家に籠ってばかりでどこにも行ってないな、と思っていました。 職場も週一回は出勤する、と言ってたくせに重い腰を上げられずに、本当に気まぐれで...出社してくれない?と聞かれた時にだけ出社する、という日々でした。つまり月に2回位しか登場しない。。。いや、一回でした、ここ最近は。 カップル文化が嫌、という理由だけで友人にも会わず、このまま疎遠になりそうです。 下手したら友人皆無なスイス生活になりそうですが、それはそれで生きてる内にもしかしたらなかなか無い経験かもしれないので良しとします。 在勤メイン、友達無し、家…

  • ドイツ語圏からスイスのドイツ語圏へ引っ越したが故の落とし穴

    大した事ではないんですけど、またやっちまったぜ!と思った話を。 職場でAngelaと言う名の同僚はアンジーと呼ばれてるんですが、何故か私は彼女の名前をコンピューター上で見ると、ニックネームのアンジーではなくて、そのまんま字面のAngelaと呼んでしまうのです。 そこまでは別に良いのですが、仕事場では主にドイツ語と英語での会話なので、ドイツ語で会話する同僚にはドイツ語モードに頭が切り替わったまま、ドイツ語読みで『アンゲラ』と呼んでしまいます。 しかし彼女はスイスで育ったイタリアルーツの人なので、実際の彼女の名前はイタリア語読みのアンジェラなのです。GEの部分がドイツ語だと『ゲ』でイタリア語だと『…

  • スイスの職場で驚くこと

    あっという間にスイス生活も赤子が幼稚園児になる位の期間を過ごしました。 まだ、スイス生活は続くようです。海外移住の話も出ていますが、今のところ確定したものはなく、まだスイス生活はこれからも継続していくと思われます。 ドイツからスイスに移住してきてから、未だに新発見が多くて、これは普通なのか?これはどうなの?と思うことがあります。 スイスではまだ一社でしか勤めたことがないので、他に比較できるものがないのですが日本やドイツの職場にはない習慣や経験した事のないことで驚くことがあります。 まず最初に... あと数年で定年退職、という人が職場にいること。これはただ単に今まで私の働いた職場に年配の方があま…

  • スイスの日常。平日の仕事の後。

    最近、ずっと天気が悪いです。雨が降ったと思ったら晴れて、お!と思っているうちにまた降りだす。あっという間に小雨が大雨に変わって、いつまで続くんだこれは、思ってると雷が起きて、近くでゴゴゴと聞こえるだけの時もあるし、こんな光の強さ見たこともない!と思うような雷光が頻発する日もあります。 夏はどこに行ったの?隠れたのか、もう来ないのか、もともと夏なんてやってきてないのか?と思いつつ、洗面所で手を洗いながら太陽がさんさんと出た夏を心待ちにするのは止めよう、と思いました。もとから雨ばかり降る世界に住んでいるという設定にしよう、そうすればたまの晴れ間に大喜びできるだろう、と。そう思うと少し気持ち的になり…

  • 何故そうなる?と思う時

    海外ドラマや、洋画で薬の類を洗面所の棚に入れているのを見たことがありますか? アメリカの映画などで棚を開けると、オレンジのピルケースがあり、そこから慌てて薬を取り出して飲むシーンなど、見たことがある方は結構いらっしゃると思います。 うっすらですけど、なんで薬類を洗面所の棚に入れておくんだ、と思っていました。 日本で暮らしていると、お薬箱が別にあって、そこに薬類は入れておく、というイメージでした。 なので、なぜ薬と関係なさそうな洗面所の棚?、と。 ま、気になりますけど異国文化なので、まあ追及しても仕方がないとは思っていました。 もう随分前の事になりますが、私からすると外国人(欧州人)である夫と暮…

  • 再び:海外移住について考える

    数年前に以下の投稿で海外移住について書いたのですが、最近また薄っすら海外移住というワードをネットで見る度に『いま私は誰かが海外移住をしたい、と言えば勧めるのだろうか。』と考えていました。 海外移住と言っても、行先も立場も多様過ぎて一概に何かをさらっと断言することなど出来ないのですが、もし、誰かが海外移住をしたい、と言えば『いいね!新しいことが始まるね!』と答えるとは思います。 何かしたい、と思っている人を引き留めるような事はあまりしたくないので、出来れば背中を押したい。なので、いいね!やろうやろう!とけしかける気はします。 でも日本も海外も当たり前かもしれませんが、どちらにも長所も短所もあって…

  • 暑い日と木靴

    最近暑かったので家からあまり出ないようにして、ブラインドはほとんど下げて室内を真っ暗にしていました。エアコンがないので、暑くなったらとにかく熱を室内に入れこまない作戦。湿気がないので熱を遮断して暗くしてしまえばまだ何とかなるレベルです。もっと暑くなってきたら倉庫から扇風機を出してくると思いますが、まだ何とかなりそうな。 それでもスーパーに買い出しにはいかないといけないので、夕方の日の照りがまだ昼間よりはマシかな、という時間に家から出る事にしました。 ゴミ出しに行くときや、洗濯室に行くときなど様にサンダルっぽい木靴を履いています。スーパーにもこれで行ってみる事にしました。木靴なので重く、しっかり…

  • また増えたトラウマ案件

    旅に出る度にトラウマ案件を増やしてきてるのですが、また新たなトラウマを増やしてしまいました。 過去の無理すぎた話にご興味のある方は以下のリンク先をご覧ください。↓ 春の暖かい時期に東スイスをサイクリングツアーで見て周ることにしました。 サイクリングと言っても、電動自転車でするものなので結構気楽なものです。 ツアーの最初は家から出て、ではなくて東スイスまで電車で行って、そこからスタートでした。 事前に電車に自転車を乗せられる車両を探して、当日は自転車を乗せてまずは最初の目的地のSchaffhausenという所へ向かう事にしました。ドイツ国境手前の終点駅で、ここで自転車を降ろしてボーデン湖近く辺り…

  • 雨の日

    雨の日が続いた時期に、少し小雨になったので近所の森へ散歩へ行きました。 30分ほど歩いて帰ってきて、夫に『そういえばいつも森の中にいるプレイグループの子達はこんな雨続きの時は一体どこにいるんだろう、どこか屋内で遊んでるのかな。』と言うので『いえ、さっきも普通に全身レインコートみたいなのを来て興奮の叫び声を上げながら追いかけっこしてましたよ。雨の日でも森の民として君臨しているのですよ、あの人たちは。』と答えました。 近所の森の中で過ごす為のプレイグループがいくつかあるようで、就学前の子供達のグループ、もう少し大きい子供達のグループを時々見かけます。 具体的に何をしてるのかは知りませんが、年中見か…

  • スイス家電を紹介します

    いきなりですが、皆さんはスイスの会社の家電をご存じですか? 私はスイスに引っ越して来るまで、スイス製の家電なんて気にしたこともなかったので全く知りませんでした。しかしながらスイス生活も数年続けていくと、自然とスイス社の家電が増えていきますので、少し紹介したいと思います。 まず最初に... Jura(ユーラ)社の全自動コーヒーメーカーを紹介します。 実はこの会社のコーヒーメーカーはドイツに居た頃から使っているもので、買った時はスイスに引っ越す予定などなかったので、スイス製なんだね~ 位に思ってたのですがスイスに引っ越してきてからはさすがによく見かけるようになりました。 日本のユーラ社のサイトはこ…

  • 欧州歌合戦 ユーロビジョンでまた泣く *イタリア滞在 その②*

    上の投稿の続きです。 イタリア滞在時に欧州の歌合戦、ユーロビジョンソングコンテストを見ました。 過去7年ほど毎年見ています。ヨーロッパの国々から代表ミュージシャンが集まって、毎年歌合戦をするのです。そして視聴者も投票できるので視聴者参加型のコンテストです。 最初の数年こそ、夫は変なコンテストだと批判的だったのですが、ここ数年は黙って一緒に見るようになりました。見てると確かに、とりあえずプロデューサーにやらされてる感のあるミュージシャンもいるし、とにかく過去の優勝曲を真似ただけ、みたいなものもあるし、勝ちに行くための戦略ありきで作った歌というかダンサーや演出でどうにか目立とうみたいなのもあって、…

  • イタリアから働いてみる *イタリア滞在 その①*

    スイスからイタリアへ入国後の5日間隔離がなくなったので、イタリアへ行ってきました。イタリアはスイスの隣国ですので車で入国が可能です。入国48時間以前までのコロナテスト陰性証明が必要だったので、テストをして証明書も用意していたのですが車で入国時は全く誰も国境でコントロールをしていませんでした…そのため普通に入国。 ジェノヴァのある、リグーリア州の休暇アパートを借りて一週間滞在することにしました。山の上に建っていて、海の見渡せるアパートです。テラスがかなり大きくて、通常なら隣家の他の宿泊者と共有しないといけないらしいのですが、私達しか宿泊者がおらず自由に使えました。 約二年ぶりに生で見る海でした。…

  • ママとパパ

    イタリアの観光地でホテルに一泊せず、個人経営宿の部屋をお借りした事があります。世界中から観光客が来るであろう場所だったのですが、部屋に案内してくれた若い女性は英語を話しませんでした。とにかくイタリア語で、何とかやりとり。 一泊して朝食だけ食べさせてもらうだけだったので、最低限のコミュニケーションで大丈夫かな、と思いつつ、彼女のイタリア語の説明を聞いていると綺麗にお化粧した老婦人が現れました。服装は白のカーディガンにプリーツの沢山はいったスカート、真珠のネックレスに大きな金のイヤリング。ふくよかな体型で、身なりのとてもきちんとした女性でした。 若い女性にはママだと紹介されました。 一応、イタリア…

  • 祈られるランチタイム

    未だスイスでは飲食店内で食べられず、テラス席のみ開放中ですので、出かけた先でのランチはテイクアウトしています。 ある日、一人で出かけた時に小腹が空いたので、できたてほやほやの物を買って外で食べる事にしました。テイクアウトした後は、外の水のある所で鴨と白鳥を見ながらひとり黙々と食べていました。 ぼーっとしていたら視界に二人の女性が。ん?こちらに向かって寄ってきてる?と思ってる内に話しかけられました。 食事中だったので普段は話しかけられても、今はごめんなさい、無理です、と言うのですが道に迷ったのかなこの人達、という雰囲気だったので会話を始めてしまいました。 というか、道を聞かれたら答えよう、と思っ…

  • 鳥の鳴き声と商品プロモーション

    商品のプロモーション依頼を頂きました。 自分が良いと思えないものを何でもかんでも紹介はできないので、ある程度の依頼をいただいてもほぼ反応せずにいました。何故かというと...日本からの依頼なので使う事ができず、使用感が分からないので良いも悪いも分からない!ということでスルーでした。。すみません。 しかし、今回は鳥の鳴き声が聞けるというものを知り、実は以前はドイツでもスイスでも鳥の鳴き声が激しく聞こえてくる所に住む生活をしていた(いる)ので、何で普通に聞こえてくるのにわざわざ鳥の鳴き声が聞こえるものを追加で買わないかんのじゃ?と謎に思っていました。不思議すぎる。。と。 そんなことを思いつつ、たまに…

  • ぐっばいバンビーノ

    ある日、出かけようと玄関扉を開けたところ、一軒挟んだお隣さんの家の扉が全開なのを発見しました。そして小物が外に置かれていたので、この引っ越しをするような様子は何?と思いつつアパートの階段を降りました。 男性数人が階段を下から上がってきていたので、引っ越しの手伝い?え?お隣さん引っ越しちゃうの?と思ったので、『引っ越すんですか?』と聞いたら、男性のうちの一人(お隣さんではない)が、身振り手振りを交えて、駅前の大きなビルの部屋に引っ越すんですよ!と嬉しそうに答えてくれました。この男性たちは恐らくお隣さんと同じで、イタリア系の方かスイスのイタリア語圏から来たと思われるので、ドイツ語が片言でした。 去…

  • パン粉の妖精

    パン粉が欲しいな、と思って近所の大きめのスーパーに行ったんですが売り切れていました。うちの近所のどのスーパーにでも置いているものではなくて、ちょっと大きめのスーパーに行かないといけないのです。探していたのはこれ↓ 画像引用元: Saitaku Panko Breadcrumbs | Migros 仕方ない、と思って諦めて二日ほど待っていました。また入荷するまで待とう、と。でも二日後に行ってもありませんでした。 うむ...このままではパン粉を入手する事はなさそうだ、と思ったのでチューリッヒ中央駅まで行った時に、ついでにアジアショップによって買う事にしました。 店内に入って、確かこの辺にあったよね…

  • 水面でぷかり

    今年初のスタンドアップパドル=通称SUPをしてきました。 サーフボードみたいなボードの上に乗って、パドルでゆっくり進む、もしくはボードの上でぼーっとするだけ、という事ができるSUP。 去年もやった気がするのですが、その前の年ほどはアクティブでなかった気がします。 スイスに来てからは毎年、思い立った時にやっています。ただし暖かい時期だけ。バランス崩して水の中に落ちてしまうと、暖かい時期以外は寒すぎるので。 先週末は暖かかったので、湖ではSUPの人だけでなく水温13度でも泳ぐ人、ボートの上でのんびりする人なども結構いました。一番多かったのはSUPの人かもしれません。 泳ぐには水温が低いし、日焼けす…

  • スイスのレストランで『金は天下の回り物』

    スイスでは、去年の12月の20日頃(はっきりとした日にちを忘れました)に飲食店はロックダウンの影響を受け、閉めなければならなくなりました。 ホテル内にある飲食店は宿泊客のみに提供が可能で、それ以外の飲食店はテイクアウトができるお店以外は閉まっていました。 それが、4月19日よりテラス席のみ、営業が可能という事でテラス席があってテラス席営業のみで採算の取れる飲食店は再びオープンしています。 4月19日を含めてその前数日間、ホテルに滞在していたのでホテルのレストランで約4か月ぶりに夕食を食べました。 宿泊客用なので、決まったコースメニューを注文して後は飲み物を自分で選ぶだけなのに、4か月ぶりなので…

  • スイス就活用情報

    スイスでの就職活動についての投稿を何度もしているのに、就活用に利用したサイトを載せていない事に気づいたのでこちらに掲載していきたいと思います。 どなたかのお役に立てたら嬉しいです。個人的には以下の求人サイトを見て応募していました。探していたのはオフィスワークですが、他の分野もあったと思います。専門業界用のサイトもあるかもしれませんが、以下のサイトは一般的な職種用だと思います。このほかにもXingやLinkedinも利用している人は結構いるそうです。 表示言語はドイツ語ですが、他の言語に変更も出来ると思いますので見てみてください。 jobs.ch https://www.jobs.ch/ Ind…

  • 日本で二番目に大きな島

    タイトルの、日本で二番目に大きな島を知っていますか? 私は少し考えました...島?島ってどの程度の大きさの島の事?と考えてしまいましたが、正解は… ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ なんと... 北海道でした!! いや、知ってた人には何のこっちゃ、という感じかもしれないんですけど私はこのとんちみたいなのにすぐに気づかなかったので驚きました。 BBCのWild Japan、というDVDを借りて日本の自然についての番組を見ていた時に、 北海道についてのチャプターで、日本で二番目に大きな島、とアナウンスされていたので、北海道を島扱いするのか、と感心したのです。そして一番大きな島は本州です。 日本はそもそも島国なの…

  • イタリア料理店のアイス

    近所のイタリア料理店のアイスを買ってきて欲しい、と申し付けられたので、一瞬で『イタリアのアイスってことは、ジェラート?』と聞き返しました。いや、普通のアイスクリーム。味は何でもいい、コーンじゃなくてカップに二種類位お願いします、とのことでした。分かりましたよ、と言いながらお店の前に入る瞬間に頭の中でドイツ語のシミュレーション。『グリェッツィ(こんにちは)。グラッセ(アイスクリーム)はありますか?』変な話ですが、高地(標準)ドイツ語会話で家の中では生活をしていますが、外に出るとスイスドイツ語圏で使われている表現を使うので、一瞬立ち止まってシミュレーションしてから会話をする、ということが多いです。…

  • 誰もいないホテルへ その②

    上の投稿の続きです。 目的地についてからは、駅からホテルへ行くのみ、でした。 しかしそこは大雪。寒い...けれどもバスの中の熱気と予定外の長時間座りっぱなしのせいで、この寒さの中で体を動かしたい、という気持ちが湧いてきました。 でも雪が... ホテルは駅からそんなに遠くなかったと思うのでスーツケースをひきずりながらホテルへ行くか?と思ったのですが、まっすぐ水平な道を歩くなら良いですが、山の上に建っていようものなら、地図でたった徒歩10分の距離でもキツイので、公共バスで行きましょうと夫に言いました。しかし体温高めの彼はバスの中の熱気で顔が赤くなっており、またバスに乗るのは嫌だ、徒歩10分なら歩い…

  • 誰もいないホテルへ その①

    昨日は外でピクニックができるほど暖かかったのに、今日は朝起きたらまた雪が降っていました。今も降り続けています。 しとしと... クリスマスはとっくに過ぎ去ったのに、クリスマスを思い出してしまいます。この寒さが過ぎたら春が始まるのでしょうか。晴れたり降ったり、春のお天気です。 この雪を見て、思い出しました。去年のスキーシーズンが始まった位に雪のある所へ行った事です。スイスの我が家の近くでも少し降っていましたが、家から電車で数時間の場所へある、スキー場近くの街では雪が綺麗に積もるだろう、と聞いて三泊四日ほど滞在する事にしました。 まだ、繁盛期ではなかったので、平日にスイス鉄道の一等車に乗ると車両は…

  • 電子ケトルオーケストラとスイスの宗教改革

    去年の秋ごろに電子ケトルオーケストラの演奏を聞きにいきました。 名前の通り、電子ケトルが音を奏でます。うちの電子ケトルのカルキのつまりが酷くて、お湯を沸騰させると雅楽のような音がするので、お湯を沸かしているだけなのに神社を思い出す、というしろものです。 電子ケトル=雅楽、というイメージを持ったまま、チューリッヒのWasserkircheという教会へ行きました。 Wasser=水ですので、水の教会か...どこかで聞いた事があるぞと思ったら、以前見たスイスの宗教改革映画に出てきた教会でした。 ドイツで宗教改革と言えばマルティン・ルターですが、スイスでは宗教改革と言えばフルドリッヒ・ツヴィングリ、だ…

  • 謎のドイツ語:トゥートアンヒャムーン

    私の言った事が伝わらず、相手の言ってる事もよく分からない、という事がここ最近ありました。何となくで話してるから余計に分からないままで、でも何となく通じてるからまあいっか、と思ってたのですが、その事について4度話した後に気づきました。 同じ事について話しているけれど、呼び方が違う... それは… ツタンカーメン(日本語)とトゥートアンヒャムーン(ドイツ語) こちらでツタンカーメン展が今催されているのですが、その展示を見に行きたい、と思って『ツタンカーメン展を見に行きたいんだけども。』とドイツ語っぽくツタンカーメンと発音して伝えてみたら、全く伝わらないので、『エジプトのミイラとか発掘されたものの展…

  • 控えめに言って...最高

    仕事は在勤と出勤を自由に混ぜつつ行っているのですが、勤務開始時間も退勤時間も自由に決められるので、最の高!というテンションで働いています。 職場では、コロナの影響で在勤できるところは在勤せよ、と義務付けられているので4階建て自社ビルの3階のフロアに私の部署と他部署の人々が一部いる位で、あとはガランとしています。 1階、2階、4階のフロアはガラガラです。 うちのフロアだけ一部ひしめき合ってますが… そこで思った事ですが、以前はこのビルに人がみっちり入っていたよね...今思うと満ち満ちだったよね...と。信じられない!あんな距離感で人がひしめき合ってたなんて!と例の疫病後の人との距離感に慣れてしま…

  • よく頑張った

    最近は暖かい日と寒い日が混在しつつも春が始まりましたよ、とピーチクパーチク鳴く鳥もいて、春の足音が徐々に聞こえてきています。 この冬を振り返り...よく頑張った。よく頑張ったぞ、私。と実は毎年冬の終わりの春への移行期に自分に対して思っています。冬の天気の悪さに一年の四分の一位は感情を左右されているので、その冬さえ終わってしまえば、やる事なんて自分を褒めるだけなのです。 この冬に関しては、私のみならずドイツのクリスマスマーケットを楽しみにしていた人々の事を思い、よく頑張ったね!と隣国から褒めたたえました。カーニバルがある地域の人には、クリスマスマーケットだけでなく、カーニバルまで我慢して、よく頑…

  • 理髪店デビューはドイツなのかも?

    去年の夏にドイツの義実家に行った時に、ついでに近くの理髪店で髪を切ってもらいました。 夫が昔行きつけだった理髪店らしく店長が変わってて面白いからまた行きたい、というのでついでに私も行ってみることに。 最初は美容院だと思ってたのですが、入ってみたら店長は白衣を羽織っていました。短いタイプじゃなくて長くて、お医者さんが出てくるドラマで院長が着て颯爽と歩いているようなタイプの白衣です。実際はおしゃれな普段着の上に羽織っていただけなので、どちらかというバックトゥザフューチャーのドクっぽいスタイルでした。 その白衣を見た瞬間に、あ...美容院じゃなくて理髪店なのかな?と思ったのです。 店長以外にカットす…

  • ひっそりと生きています

    たまに自分でもビックリするんですが、ブログをやっている事をすっかり忘れている時があります。ぼんやり、頭の片隅に少し残った習慣を頼りに、お気に入りに入れている記号だけで表示されているサイト(わざとサイト名を消しています)の記号を無意識に押すと、ブログに訪問してくださってる人々の数が分かる、というものがあります。 無意識に押して...わ!私が自分のブログの存在をすっかり忘れてる時にも訪問して下さってる方がいる〜!と驚きます。時々メッセージも個別でいただきます。本当にどうもありがとうございます。 最近は、ひっそりと生きています。 仕事を再開しているので間食が増えたりはしていますが、おおむね元気にやっ…

  • その④ 再び!スイスで就職活動

    上の投稿の続きです。 以前、勤めていた会社に、自分の就労希望条件を書いたメールを送信した後、またお腹が痛くなってきました。頼むから断ってくれ。。と思う、というよく分からない裏腹感情。 数日してから元上司から連絡がありました。希望を詳細に提示してくれてありがとう、スーパーバイザーと人事と相談します、との事でした。そのメールを見てもお腹が痛くなる。頼むから断ってくれ。。とまた思ってしまう、、という。 数日経って、スーパーバイザーの許可が下りた、との連絡がありました。その数日後に人事からの許可も下りた、とのこと。一度電話で詳細を話したい、と言われたので『ぎゃあ!もう嫌だ!』と思いながらも電話に出まし…

  • その③ 再び!スイスで就職活動

    上の投稿の続きです。 ある週末の日、電車に乗って少し遠出をしました。 その帰りに、以前働いていた職場の最寄り駅前を電車が通過しました。走馬灯のように頭に湧き上がるカオスな職場の風景と残業の日々...急にお腹が痛くなりました。 あり得なかったわ...あの日々、、と思いつつ、そんな事があったからなのか、次の日にふと元同僚М氏の事を思い出しました。 仕事を辞めてからすっかり存在を忘れていたМ氏。職場ではよく助けてもらったし印象も良かったのに、何故かすっかり忘れていました。そういえば、彼は元気にしてるだろうか、仕事で数々のプロジェクトに携わっていたので疲れてないだろうか、などと二日ほど思っていました。…

  • その② 再び!スイスで就職活動

    上の投稿の続きです。 そういえば、ふと思いだしたのですが他にもHardbrückeという場所にある会社での電話面接が決まっていたのですが、直前になって別の人を採用することになったので中止になりました。そこは結構新しい会社で、規模も小さくて皆で和気あいあいっぽいイメージだったのですが、心ときめかないので面接嫌だな、、と思ってたら先方から断られたので、ラッキー!と喜んでしまいました。これも、乗り気じゃないのにデートに行く、みたいな気持ちだったので... もう一社、Schlierenという場所にある会社とも電話面接をして、なかなか担当者と馬が合いそうな気がして、先方も二次面接に招待を希望していたので…

  • 再び!スイスで就職活動 その①

    昨年、退職してから数か月は仕事をしないでのんびりしたいと思っていたのですが一応求人は見ていました。 働かなくて済むなら、さっさと大富豪になってのんびり暮らしを続けていきたかったのですが、そういう訳にもいかず... 一応、働き始めてから希望の職種、業界、役職、は全て経験したので大体自分がしたい事はもうやってしまっていて、大きな希望を持ってこれがしたい!というのは特になかったので、何かピンとくる仕事があれば応募してみよう、という位の軽い気持ちでした。 どちらかというと仕事内容よりも勤務形態を変えたい、という希望の方が強かったです。今まではスイスでフルタイムで週40時間で働いていましたが、ドイツに居…

  • 苦悩を綴っただけ?スイスドイツ語カテゴリーの設置

    今まで乱暴に『ドイツ語』カテゴリーの中に放り込んでいたスイスドイツ語関連の話を、別途『スイスドイツ語』カテゴリーを作って分けることにしました。(他のカテゴリーと重複しているものも結構あります。) スイス移住後からこれだけスイスドイツ語に悩まされ、エネルギーを使ってきたのにあたかも普通のドイツ語の様に扱うのはどうなの?と思っての事です。 何と75投稿もスイスドイツ語の出てくる話があります。 実際はもうちょっとあったんですが、あえてスイスドイツ語カテゴリーに入れるほどではないか、という内容のものは省きました。 しかしスイスドイツ語がテーマの投稿を読み返してみると、ただの苦悩のオンパレードや、焦り、…

  • 私たちの森

    うちの近所に小さい森があります。歩いて1分位ですぐに行けるので、ちょっと散歩したい時にはその森の中を歩きます。大きな森ではないので、大きな木々がうっそうと茂っているような迫力はないのですが、一応ちゃんと森としてご近所でも認識されているようです。 スイスに引っ越して来るときに、この村に住むことを最初に決めて、その中から住む地域と家を決めることにしました。最初に住みたかった家は先約があり住めず、何だかんだ候補に残って人気のなかったこの家に移り住んだので、最初に住みたかった地域でもないし、心躍ることもなく、という状態でした。 ところがどっこい、引っ越してみたら近くに小さな森があるじゃないか、と。 自…

  • 生きる上でのモットー

    皆さんには生きる上でのモットーなどがありますか?例えば、こういう生活を送りたい、とかこういう人生を送りたい、とかこういう気持ちでいるように心がけている、なんてことです。もしかしたら厳密なモットーとは違うかもしれませんが、一応、何となく最低限の目標設定、みたいな感じでしょうか。 モットーだと意識をしたことはないですが、小さい頃からとにかくしつこく思っているのは『ラクして楽しく生きていきたい。』という事。 どれくらいしつこく思うか、と数えてみたんですけど1時間に5回位は思ってるみたいです。やりたいくない事に出くわしたら、もっと思っています、ラクして楽しく生きていきたいのに何でこんな事を~!みたいな…

  • はにかみナマステ

    こんな世の中になりましたので、挨拶時に相手に触れる文化は臨機応変に別の挨拶をする必要がありますね。 ドイツではハグ、握手、でしたがスイスにはそれにビズが加わり、申し訳ないですが本気でビズが嫌で仕方ありませんでした。左右のほっぺを合わせてチュッチュとキスの音を出すって...。 そのビズも昨今では見かけませんので、新しい挨拶として... こちらの方と会ったら私はアジア人という立場を利用して積極的に両手を合わせて肘の位置を上げてまるでタイかインドから来た人かのように、お辞儀をして挨拶をしています。 仕事の面接か何かでも、正式なものは本当は握手ですが、それは避けたいし相手も避けたいしでも何もせずにハロ…

  • ドイツ語 ゲーテC2試験 

    昨年、退職したので転職活動をしながら求人を見ていると、ドイツ語力に関しては私の応募したいものにはネイティブスピーカーか、遜色のないドイツ語レベル、最低でもC2と書かれているものをよく見かけました。 ネイティブスピーカーではないし、遜色のないドイツ語レベルでもないし、できる事と言ったらドイツ語のC2試験を受けて証明書を履歴書に添付するくらいか、と思ったので試験を受ける事にしました。 試験は、内容を理解していることももちろん重要ですが試験の形式を理解していないといけないので、本屋さんに行って対策本を買ってきました。 パラパラとめくりながら、『うぅ...試験なんて受けたくないよ、、しんどいもん。そも…

  • やっぱり同じ事を思ってる人がいた

    コロナワクチンに関する連日のニュースで、アストラゼネカ社について聞く度に思い出す事があります。 『あきすとぜねこ』… ね、これを知っている人にとっては避けて通れないと思うんですけども...?! 知らない方に軽く説明しますと... Wikipediaを引用させてください。 あきすとぜねこは、昭和時代の日本で流行した恋占い、または言葉遊びの一種[1]。特に小学生の女子の間で流行していた[2]。カタカナで「アキストゼネコ」と表記されることもある[1]。 占う対象の男女2人の名前を数字に変換し、それを「あ」(愛してる)「き」(嫌い)「す」(好き)「と」(友達)「ぜ」(絶交)「ね」(熱愛中)「こ」(恋人…

  • 『すみません、助けてくれませんか?』

    1月の新学期の一番最初の日だったと思います。 いつも行かないスーパーに行きました。ちょうど12時過ぎだったので、スーパー近くの小学生達がお昼ご飯の為に家に帰るか、そのまま授業は終わって家に帰るのか、詳細は知らないのですが、小さな子供達がリュックサックの様な所謂こちらのランドセルを背負って歩いているのを見かけました。 スーパーでたまごを取りに行こうと思っている時に『すみません、助けてくれませんか?』と5m先位に居た小さな男の子に言われました。 たぶん日本で言えば小学一年生なんじゃないかな、という位の小さな男の子でダウンジャケットがふわふわで背の低い彼より存在感がありました。頭にはニット帽、背中に…

  • フランス語学習84時間目の成果

    このブログでも度々書いていますが、オンラインレッスンでフランス語学習をしています。(関連記事はこちら↓) 1レッスンにつき1時間で、今はA1の終わり近く、今日で85時間学習済みです。 これが100時間になると私の参加しているオンラインレッスン(Lingoda)では晴れてA2に上がれるようになります。 84時間学習した後に、数か月ぶりにスイスのフランス語圏へ行きました。 前回のフランス語圏滞在の後から始めたフランス語学習、成果のほどはどうなったのか。 まず、駅について有料トイレにいきたかったので入ってみましたが、小銭がないと自動改札の様な入り口を通れないようでした。 お札しか持ってなかったので、…

  • 女性的な何か

    実は先週から冬季鬱のせいと今のロックダウンと未来に対して、起きてもいない事を憂いて鬱々としていました。 元からロングスリーパーなので睡眠時間は長いのですが、最近は毎日9時間ほど寝ていて、それでも起きてもずーっとダルい、という状況でした。 雪が降って辺り一面が真っ白になっている間はまあまあ元気が良かったのですが、朝方雪が降っている日は起きたらとにかく気だるい、しんどい。いつもだったらオンライン学習に9時から取り掛かって、語学レッスンで爆笑して、その後に掃除して、買い物に行って、とやっているのにそれもできない。 去年からの事を考えていて、生活が激変したのは私個人のみならず皆さんそうだと思います。皆…

  • 魚の群れ動画

    時々、ぼーっとテレビを見ていると壮大な地球の風景映像が映し出されます。 亀が海の中でゆっくり泳ぐ様子や、ペンギンの群れの移動、鷲がアクティブに空を飛ぶ様子。 何も考えたくないときは、ぼーっと見てるのですが、海の映像で魚の群れ動画を見ている時に『美味しそう』と思う事が最近増えてきた気がします。 もちろん、何でもかんでも美味しそうと思うのではないのですが、スーパーの鮮魚コーナーに置いてそうな魚を見ると壮大な自然の風景なんて、なんのその、魚が食べたくなる。そういう自分にちょっと呆れます。。しかし、島国に生まれ育ったので魚介の味を忘れて生きていくこともできませんので... 元々、魚介類はタコイカは好き…

  • スイス鉄道の返信とスイス史の人物

    View this post on Instagram A post shared by Imoetimo (@imoetimo) スイス鉄道の一等車に乗ったら、ビジネス用の車両がありました。四つの席が一部屋のように区切られていて、それが一車両に三つか四つあったような気がします。 その一番端っこの席に、上の画像のような額縁に入った男性の写真がありました。 一体、誰なんだろう?と考えてみたけれど、見たこともないしさっぱり分からない。 スイス鉄道のビジネス車両に使われる位なんだから、スイスに関連する人物なんだろうな、と思いつつ、うーん メガネをかけた男性。。 へ、ヘルマン・ヘッセ?いや、あの人はド…

  • もう無理だと思った話

    去年の秋の終わり頃にグリンデルヴァルドという所に行った話です。ユングフラウという山まで行くためにこの辺りに宿泊する人が多い、という立派な観光地です。数日滞在して、そのうちの1日を簡単な山歩き(主に平地を歩くか下山メイン)にあてることにしました。まずはバスとロープウェイを乗り継いで、Firstという所まで。こんな名前ですけど英語のファーストとは何の関係もなく、ドイツ語でフィアストと呼びます。到着したら、そこから明示されたハイキングコースに沿って歩くだけ、というプランでした。最初は、いいお天気に恵まれて、美しい山の上の湖も見れるし平坦な道を行くだけだし、楽しいわ~ 幸せだわ~ と思ってたのですが、…

  • 透明のテープが欲しいだけなんですけども

    何ていう名前なのか分からないのですが、ガムテープ位の幅の透明のテープが欲しいんです。スーパーの雑貨コーナーに置いてると思うので、買いに行こうと思ったら、そういう雑貨品は今は買えませんよ、と指摘されてしまいました。 あぁ~(´Д`|||)そうだった。 ロックダウンの一部として買えなくなってるんだった… スーパーマーケットはやっているけども、そういう雑貨類が置いてある場所は事件現場を囲うテープのような物でバッテンに貼られていて、購入できないようになっているのです。 細かく何が買えて何が駄目なのかはよく分かりませんが、食品以外は買えないと思ってスーパーへ行っておくと落胆が少ない気はします。 急いで必…

  • ドイツ語由来の勘違いフランス語

    以前、フランス語のオンラインレッスンを受けている事を以下の投稿で書きましたが、未だに地味にちびちび続けています。A1をもうそろそろ終わるかな、というレベルです。 最初は気楽にやってたのですが、A1後半に近づくにつれて予習をしないと付いていけない事に気づいたので、ほぼ毎日30分~40分ほどレッスン前に予習をしています。 予習と言っても知らない単語を調べて、授業で発言が求められるのでその時にこれは言えるようにしておこう、程度なのでそこまで難しい事をしてる訳ではありません。 以前の投稿にも書きましたが、ドイツ語を使ってフランス語学習をしているので、ドイツ語とフランス語の単語が似ていたり同じだと時間短…

  • まさかこのマットレスも...

    去年の12月に入手した生木のもみの木は時間と共に緑から薄い茶色になり、1月初旬に廃棄されました。 (もみの木を買った時の話はこちら↓) www.do-sui.com ごみ捨て場があって、そこに指定された日付に持っていくと収集される、というそれだけの事なのですが、もみの木の葉っぱの部分が少し動かすだけでもバラバラと下に落ちていくので家の玄関まで持っていって、その後アパートの玄関まで(家はエレベーターなし日本式3階です)持っていくとなると、アパートの階段に大量のもみの木の葉っぱが散らばる事になるな...と。 散らばった葉っぱは箒ではけばいいんだけども、それにしても凄い量になりそ...と思っていた所…

  • 唐揚げ弁当

    最近ふと気づいた事なんですけど、インスタグラムで日本在住の方が作った美味しそうな和食画像を見ても何とも思わなくなりました。 以前は、次に帰国した時にこういうのを食べたいなぁ~と思ってたので未来に対する喜びを感じながら見てたのに、最近は次にいつ帰れるのかも分からないし、という感じで何とも反応しなくなってしまいました。美味しそうだな、とは思いますが『間もなく実食できるぞ!』という期待感が無く、ただ美しいものを黙々と鑑賞するのみ。 そうはいいつつも、今年に入って、『唐揚げ弁当』のハッシュタグをフォローすることにしたので、ありとあらゆる唐揚げ弁当画像がよく目につくようになりました。 自分で作って食べれ…

  • ドイツニュースの各国特派員ファッション

    家で夕方テレビを見ている時、主にドイツのニュース番組とスイスのニュース番組を見ています。コロナ対策の更新情報がある時は、オーストリアもすぐに行ける隣国なので、オーストリアのニュース番組も見るようにしています。 ドイツのニュース番組を見ていると、ドイツ以外の国に関する大きな出来事がある時は、特派員かジャーナリストか、とにかくその国担当の方がマイクを持って状況を説明されます。 それを見ていて気付いたのですが、その国っぽいファッションになっている、という事。当たり前と言われればそれまでなのですが… 例えば、イギリスの女性特派員の方のファッションが、柄物のたぶんフォームがAっぽい形の可愛らしいワンピー…

  • 裸にマスク

    2020年の事を振り返り、何をしていたのかを考えていたのですが今更思い出して笑ってしまう事があります。その体験を忘れる前にここに綴っていきたいと思います。 夏頃にドイツの義実家の庭で一週間、テント生活をしていました。 甥っ子や姪っ子が保護者から離れて一人でお泊り体験、という家族イベントに何故か叔父、叔母である私達が参加、というものでした。 おりしも例の疫病が一瞬落ち着いてきたかに見え、6月半ばから国境も再開された直後の話です。一応行くかどうか悩みましたが、テント生活なら限られた人としか交流しないから良いか、スイスに戻っても夫婦でいつも過ごして、友人には会わないようにしてるし、と行く事に。 予定…

  • スイスのマクドナルド価格は本当に高いのか?

    郵便受けにマクドナルドの割引券が入っていたので、眺めていました。 よくスイスのビックマックは世界一高い、などと見たのを移住当初は何でも高額だと思っていたので、信じていました。 数年住んでみて、この割引券(↑の)を見ながらそんなに極端に高額でもないのでは?誇張されてるのでは?と思ったので好奇心で日本マクドナルドのサイトに表示されている価格と比べてみました。 ビックマック単品価格はこの割引券から見つけられないので、セットから。 おそらく1 Menu MEDIUM* für Fr. 9.90 / Spare bis zu Fr.3.10がそれではないかと思われます。(日本のサイトの画像と見比べました…

  • 噂のピッコロ

    アパートの地下の階段横に、ベビーカーがある事に気づきました。 ということは、このアパートに赤ちゃんがいる?と思ったのですが、合計12世帯いる住人の中で妊婦さんらしきをここ数か月で見た記憶がない。一体どのお家に赤ちゃんがいるんだ?と疑問に思い始めました。 もしかしたら誰かが里帰りしてるとか?養子縁組だとか?色々と可能性を考えたのですが、それにしても赤ちゃんの泣き声すら聞こえてこないので、幻の...ベイビー?などという訳のわからない事を考え始めました。 それから数週間経っても、ベビーカーは目撃するのに、誰かが使ってる様子もないし赤ちゃんの泣き声も聞こえない。夫に、『ねぇ、地下にベビーカーあるの知っ…

  • あなたは、もしや...!?

    クリスマスと言えば、ドイツの義実家に行くのが通例なのですが昨年はスイスからドイツに入国後2週間は隔離が必要だったため、ドイツには行かずスイスの家でクリスマスを過ごしました。 11月頃にはドイツのロックダウンがこれからどうなるのだろうか、と気にしていたのですが12月に入った頃に、たぶんクリスマスにドイツへは行けないわね、と思い始めました。 しかしながら姪っ子、甥っ子へのプレゼントは贈りたかったので、近所で買ってきたおもちゃをプレゼント包装してドイツへ向かいました。 ドイツ入国後に隔離が必要なのにドイツに行くってどういう事じゃい?と思われると思うので、ここで簡単に説明を。私達が向かったドイツのBa…

  • テレビっ子の元旦の喜怒哀楽

    明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。 いや〜明けてしまいましたね。ついに2021年!去年は毎月何かあったようでそのせいか時間が過ぎるのがあっという間に感じられました。 今年はどうなるのでしょうか。先の事は分かりませんが、新年の明るい気持ちに乗っかったままご機嫌でいられる時間が長ければ長いほどいいかなぁ、なんて思います。 途中で途切れても、新年だし!まあ何か良い事あるよ!という根拠なき明るさで誤魔化すという良い手も使える時期ですので、緩くまったり行きたいと思います。 さて、1月1日、元旦にはスイスのヴァリス州からチューリッヒ州に戻ってきていました。雪景色の静かな谷…

  • スイス知識が無さ過ぎる

    スイス暮らしを数年しておりますが、この国に関する知識が無さ過ぎて、時々自分の無知っぷりに驚きます。せっかくなので、あと数年たって情報が増えて慣れてしまう前に恥を一気にここにさらしておきたいと思います。 ドイツからスイスに引っ越す前にですね、何かの書類用に英語でスイスと書かねばならなかったのですが普通にSwissだと思い込んでいた、というあり得ないところからスタートします。一応英語も使って仕事をしてたので、Switzerlandと知ってたとは思うのですが普段使う事がなかったからか、Swissだとかなり強気に思い込んでいました。言い訳をすると、普段はドイツ語生活なのでドイツ語でSchweizといつ…

  • 和軽食屋さんに行ったあとの町散歩

    *クリスマス前の話です。インスタグラムを使ってると自動的に広告が入ってくるのですが、そこで知った日本の丼ぶり専門のお店MARUさん。 チューリッヒ中央駅についにお寿司メイン以外の和軽食屋さんができるなんて!とオープン一週間後に喜び勇んでお昼を過ぎて中途半端なおやつ時間頃に行ってきました。 頼んだのは唐揚げ丼とほうじ茶。普通に美味しかったです。無意識のうちに何にも期待しない癖がついていたので、そのせいで余計に高低差がすさまじく、食べた瞬間に、あれ...美味しい(当たり前)..お米がふわふわだわ。。。と。 ちなみに普段、和食は自分であまり作りません。しょーもない事情があって作り難いだけなのですが。…

  • 非常に珍しいチューリッヒ州からのお便り

    出かけて家に帰ってきたら、チューリッヒ州からお便りがとどいていました。 こんなの今までもらったことがないぞ、と思いつつ裏面を見るとメッセージがありました。 簡単に訳してみると... 【親愛なるチューリッヒ州の住民の皆様 この約1年の間、コロナの世界的流行が私達の生活に影響を及ぼしています。 この状況は皆様にとって容易ではありません。過去数か月の間、周囲の人々や私達の州の為に特別な努力をし対策に従ってきました。心から感謝しております。 引き続き注意し、厳しく衛生と行動規範に従って下さい。このように私達は自身と周囲の人々を守り、そしてこの大流行を共に乗り越えます。 皆様とご家族にとって穏やかなクリ…

  • ぼーっとしたい時に動画をどうぞ。

    出かけた時に撮った風景の動画を二度と見返さないまま、これどうしたら良いんだといつも思ってたのですが、そのままお蔵入りするのも勿体ないのでユーチューブにアップすることにしました。 特に何も起きない動画です。ひたすら風景を見るのみ...ぼーっとしたい時に見ていただけると嬉しいです。 完全に趣味でやってるだけので利益も何もないのですが、チャンネル登録者数が1000人を超えて、また過去12か月の公開動画の総再生時間が4000時間を超えると収益を得られるプログラムに申し込みできるらしい、というのはアカウントを作成して分かったことです。 ユーチューバーの人は再生回数が多いとそれで収益も増えるのかな、と思っ…

  • もみの木を買って思うクリスマスマーケット

    ある日、ネットショッピングをしていた所、かわいらしい豚のオーナメントを発見しました、クリスマスツリー用です。あまりの可愛さに、これが今すぐ欲しい!そしてこのオーナメントを生かす為にはクリスマスツリーが必要だ!と閃きました。 なぜ閃く、という表現かというと欧州生活10年以上なのに、今の今までクリスマスツリーが欲しい、と思ったことがなかったからです。はなっから自分が買うものではない、と何故か思い込んでいました。今年は例の疫病のせいで出来る事も限られるし家にいる時間も増えたので、家時間を充実させるためのアイデアは必要だと常々思っていました。 スイスがドイツからリスク地域扱いを受けているので、クリスマ…

  • 霧の濃い日の遊び方

    最近、霧の濃い日が続いています。朝起ると外の景色が真っ白で、お昼に近づくにつれて霧が晴れていくというのは時々あるのですが、ここ数日は一日中霧の中にいるような気がします。 寝入る時は特に何の問題もないのに、明け方起きようとしたら体がだるくてしんどい時は、霧の濃い朝ということが多いです。気圧の関係でしょうか。 個人的には雨は降らないけれどずっと灰色の空の色の中過ごすよりかは霧で白っぽい世界で生きていく方が少しは気が楽です。冬季鬱で悩まされる原因は光の加減かもしれないので、私にとっては白っぽければ白っぽいほど天気が悪くても気持ち的には良好な気がします。雪景色も、辺り一面が雪に覆われ真っ白になるので、…

  • 錯視体験ランキング in チューリッヒ

    いつだったか具体的には忘れましたが、WOW ミュージアムという所へ行きました。 割と新しいミュージアムで錯視体験ができる、という場所です。 錯視とは... さく‐し【錯視】 の解説 視覚における錯覚。形・大きさ・長さ・色・方向などが、ある条件や要因のために実際とは違ったものとして知覚されること。 錯視(さくし)の意味 - goo国語辞書 だまし絵みたいなものを見たり目の錯覚を起こすものを体験できるミュージアムということなので行ってみました。リンクはこちら↓ 場所はチューリッヒ中央駅からすぐ近く、中に入ってみるとなかなか小さく(400平米あるそうです)、働いている人が入り口に3,4人おり館内は小…

  • 8か月ぶりのチューリッヒシアター

    www.do-sui.com 二月に最後に訪れたチューリッヒシアターに八か月ぶりに行ってきました。 二月に鑑賞した投稿についてはご興味のある方は上の投稿をご覧ください↑。 二月の鑑賞後の二、三週間後にはスイスのロックダウンが始まり劇場に行けなくなり、数か月後に再開され、先日ちょうど時間ができたので久しぶりに見にいってきました。 今回も、前回と同様に半額になる月曜日に鑑賞しました。今回は前回のかなり後ろの方の席ではなく、一階席の真ん中あたりでチケットを取ってみました。 八か月ぶりの劇場、この数か月の間に何度か劇場の前を通ることはありましたが入りはしなかったので、劇場前に到着して、場内の灯りがつい…

  • 鬼のパンツじゃない方と世界一の傾斜

    以前書いたスイスフランス語圏の旅から歌い始めた歌があります。 それは… フニクリ フニクラ♪ タイトルだけ聞くと分からない方もメロディを聞くと分かると思います。童謡『鬼のパンツ』のメロディだからです。 元はイタリアの楽曲だそうです。興味のある方はこちらの本家の動画をご覧下さい。 www.youtube.com フランス語圏、VeveyにてFuniというバス停名を見たあとにFuniculaireという駅名も目にしました。 フ、フニクレア?と読めばいいのか?と思いつつ、唐突に頭に流れてきたフニクリ フニクラのメロディ。歌詞はもちろん適当で、踊りながら歌って夫に見せましたが、うーん そんな歌は知らな…

ブログリーダー」を活用して、イイモさんをフォローしませんか?

ハンドル名
イイモさん
ブログタイトル
スイスすごろく++スタートはドイツ++
フォロー
スイスすごろく++スタートはドイツ++
カテゴリー一覧
商用