searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

にゃさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ステージ0乳がんになった
ブログURL
https://akiramenaikara.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ステージ0 乳がんの備忘録
更新頻度(1年)

7回 / 9日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2021/06/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、にゃさんをフォローしませんか?

ハンドル名
にゃさん
ブログタイトル
ステージ0乳がんになった
更新頻度
7回 / 9日(平均5.4回/週)
フォロー
ステージ0乳がんになった

にゃさんの新着記事

1件〜30件

  • 放射線治療 6回目

    6回目の放射線治療で二回目の医師の診察です。夜に痛くて熱いのはアイスノンで冷やしてよしと。みんながなるわけでもないけれど、そういう方もいますと。週末を挟むので、黒いマーカーには保護テープがはられました。とりあえず安心。さて、備忘録程度にどうやって放射線治療が行われるか受付で着替えの鍵を受けとる 浴衣を自分でとる ブラなどをとり浴衣をきる 放射線治療に呼ばれる 台にねて、手をあげた姿勢になる 技師さんが、浴衣の前をあけ、消えているマーカーをかきたす マーカーと機械の線(レーザー)をあわせる 浴衣をしめる 開始するといわれ、技師さんたちは部屋をでる 放射線開始 一分くらい? 終わると浴衣をきちんと…

  • 燃えるような胸 5回目

    やっと25回中の5回まできました。昨日はしくしくしてた胸が熱くなってきて痛くなってきてアイスノンで冷やして誤魔かしました。日焼けではすぐにまっ赤になるタイプだったので、多少は予想していましたが、4回目で既に痛いなんて、残りをどうしようか!という感じです。午後になると熱くなってくることはよくあると看護師さんとの会話でもあり、冷やしつつ、明日、お医者さんにも話してみようと思います。気合いの問題もあるのでしょうが、だるさと熱さで昨日は仕事をする気はほとんどなし。休みをとっているからいいという気持ちもあるのかも。人事からは休みの申請は問題なしということで、一安心です。放射線は思っていたより面倒だし、私…

  • 放射線治療 4回目

    なぜか空いていてあまり待たずあっさり終わりました。テープは二ヶ所取れてしまっていましたが、書きたされて終了。人が少なめだったのはちょうど終わった人が多いのか、開始時間ほぼぴったりに到着で待ち時間が少ないと思ったのか、よくわかりませんがね。今回は放射線技師さんが4人も。それも男三人、女一人。心を無にしているのでもう何も感じませんがね。ここまで疲れと多少、胸が痛い以外には副作用は出ていません。乳首の横が微妙な色づきをしています。明日は看護相談だ。毎週、医師の診察と看護師との面談が入っていて面倒だと思っていたのですが、あまりにも話さないと不安かもしれないのでちょうどいい気がします。私は元々、日焼けす…

  • 放射線 3回目

    あと22回です。二回目をおえたあと、昼寝してしまいました。電車にゆられて病院に行き、慣れない場所で慣れないことをしているというのもあるのでしょうが、放射線は疲れるのかもしれません。(個人差はあると思います)仕事をしろと言われればできるけど、毎日はしんどいなと。元々は午前に放射線にいって午後は仕事をしようと思ってましたが、仕事をするなら午前に仕事で午後、放射線の方がよさそうですな。(治療後に昼寝できるしね)私の場合、休みをとったので、これは正解だったのかもなと思いました。前日に放射線技師さんがはってくれたテープのおかげでガイド線は消えずスムーズに放射線は終わりました。本当にあっという間ですわ。 …

  • 放射線治療 2日目

    週末をはさみ放射線治療の二回目。書かれた線が金曜に帰宅時点でほぼ汗で流れてしまっていてあせるわたくし。土曜はこれでいいの?という状態になり、守らねばと思い端の方をテープで保護。したはずが、これを外したら、完全にその部分だけ線が消えて悪化。なにもしないのがよいということで、ほとんど消えた線で行くしかないなと。行ったらわずかに残った線が書き足され、更に何枚か写真をとり位置あわせから再スタート。初回ほどではないものの、面倒なことになってしまいました。今度は技士さんがテープで保護をしてくれて一安心。スタートから病院を出るまで30分ほどかかりました。帰宅途中にある神社を参拝しようとしたら、緊急事態宣言で…

  • 放射線治療 初日

    放射線治療の初日。二回目以降は午前ですが、一回目だけ、午後になったので、のんびり。ちなみに25回は5週間で一ヶ月以上になるので、定期券を購入しました。途中下車し放題だな。初回は更に色んな写真をとって、線を書き足していました。技師さんが女性で安心でした。 男性も一人いたかな? とりあえず、お胸の場合はなるべく女性を配備してくれているのかもしれません。特に痛いとかかゆいとかもなく、マッキーでかかれるのはくすぐったかったくらいか。初回の放射線もしました。 あっという間。 出ているの?と思ったくらいです。先生との診察をして着替えて終了。 これは週に一回あるようです。その後、計算受け付けに毎回行かなくて…

  • 休む申請完了

    がんだとわかった時点で休職に入る方もいるようですが、私は早期と聞いていたので、手術や診察、検査はすべて有給を使ってきていました。放射線治療期間中をどうするかと考えあぐねていましたが(午前休とかないのよ)病気休暇という会社の制度を使うことにしました。私の会社では病気休暇という独自の制度があって、これは有給。放射線治療をカバーするほどの日数はないのですが、診断書を出すという条件つきでとれる有給のイメージ。この診断書をもらうのに四苦八苦。病理診断後に主治医に放射線治療中に会社を休む必要があるので診断書を書いてほしいと言ったら、治療は自分はしないからそんなのは出せないと。 主治医って、手術までってこと…

  • 放射線治療計画

    放射線をあてるにあたって、CTをとって、マーキングをしました。 またしても少し早く行ってしまって待つこと30分以上。 時間が来たら、着替えて、撮影。 体にもっと派手に書くのかと思ったら両脇と真ん中に黒いマーカーで線を書いただけでした。 保護テープも貼ったのでこのまま初日まで消えないといいな。 30分もかかったかな?意外と時間がかからず、この日は終わりました。 会計は4000円くらいでした。 初回が高いというのは初回の放射線のことかしら。 意外と会計に時間がかかったので、放射線が開始したら週ごとのまとめての会計にしてもらおうと思います。 それにしても1回約6000円を25回。初回だけ2万5千円く…

  • 放射線科受診

    放射線科を受診。放射線科の先生はおっとり優しい感じで癒されました。好きかもー。外科の先生はピリッとしていたので、行くと疲れるという感じでしたが、ここにきて、違うフェーズに入ったんだなと感じました。今回は初診で今後、技師さんとスケジュールを決めていきます。色んな先生がいて、主治医のピリッと先生も人気はあるようですが、私はやはりおっとり優しいタイプが好き。

  • 何が疲れるかって

    がんの疑いから今までほぼ3ヶ月、いや、4ヵ月、がんのことばかり考えていたこと。考えて治るわけじゃないし、診断もされて、手術をして、病理結果も出たから深刻度も確定して、放射線をするわけで、標準治療をしているわけなのに、不安が常に頭にもたげてくる。鬱なんだろうか病状が深刻じゃないのにという自分への突っ込みもあるのだけど。心の傷の方が深いなと感じるがんだな。段々と癒えることを願おう。

  • なぜ代替医療に走るのか

    なぜ代替医療や信仰宗教的なものに病気に罹患すると走るのか。 これは、その人達(代替医療や信仰宗教みたいな人)は「大丈夫、治りますよ」と言ってくれるからだと思うのです。 あなたの選択(心の声は正しい)と言ってくれるからなのではと感じます。 絶対なんかはないと医者に言われてなくても私たちはわかっているのです。 でも、心のどこかであんたは正しいと言ってほしいなと思うのです。 それは、がんになった時点で 「私の何が悪かったんだろうか」 「私は何か間違いをおかしたんだろうか」 とどこで自分は間違っていたのか探しをし、その間違いを繰り返したくないと思うのです。 その中で、また選択をさせられる。間違いとも正…

  • 病理検査結果が出た

    病理検査が出て非浸潤乳がんと確定しました。とりあえずとりきれたらしく、次は放射線治療。ホルモン治療はしたくないと言ったら、許容されたわ。ホルモン治療のエビデンスは非浸潤に関してははないのよね。 効果はあるけどという感じ?非浸潤は理論的には遠隔転移はないわけなので、あとはマイナーケースや新規をどれくらいおさえこめるかということね。手術もしたし、放射線治療もする。標準的な治療方法にのっとったから、あとは野菜食べて、果物食べて、筋トレして、検診をしていけばいいんじゃないの。非浸潤ということもあり、主治医は更に、力が抜けた感じで、もうやることはやったわ的な印象。あと、相変わらず、あれ?前と言ってること…

  • 乳がんになった友人がいたら

    1#乳がんの人は本当にたくさんいる。治療すれば治る病気だよ2#選択が難しい場面がある。主治医だけでなく経験者の話を聞ける場がある方がいいかもしれない。3#焦らなくて良い。でも治療から逃げちゃだめ。病院にいくだけで偉い4#メンタルにくるので、自分を甘やかし、人と会話をしたりして自分を開放しよう。多くは時間が解決する5#胸を温存するか全摘するか大切な決定だけど、決められないのは当たり前。 選択肢がない場合は再建を積極的に検討しておいて損はない。 胸をやはり残したいのであれば可能であれば温存または再建をすればよい。これらの選択は命は縮めないし、人によってはメンタルを守るためにも大切な選択。6#自分を…

  • 乳がんになって知ったこと

    乳がんは、早期発見だと良いと言われており、ステージ0は当然、早期発見なのですが、乳がんで知らなかったことをたくさん知りました1# どんなに早期発見でも手術をしなくてはならないということ。どこぞかの記事で乳がんを切らないで治療する方法を誰それが模索みたいな記事を読んだことがありますが、基本的に治療として手術をします。どんなに初期でもです。 末期になってくると、一部だけをとっても、意味がないため手術をしない(手術ができない)ケースもあります。2#早期だから胸を切除しなくてよいということはない。ステージ0乳がんだとかなりの方が全摘になっています。3 進行が遅いがんである。がんと聞いたら走って手術で取…

  • 休むと決めたら心が楽になった

    放射線治療中の仕事をどうする?というのがすごく心にひっかかっていたのですが、休む!と決めたら心が楽になりました。 思い切って休んじゃいましょうよという感じ? 私も家計の2本あるうちの1本の柱ではあるのですが、病欠をフルでとって足りない分は仕事をして、くらいでちょうどいいなと思ってきました。 病気なんだしね。

  • 放射線治療 25回?16回?

    放射線治療がおそらく来月から開始するのですが、主治医からは25回でしょう、と。 近所(といってもさほど近くない)病院で放射線治療だけを受けてもいいようですが、あまり近くないし、慣れていないところに車で行ってといろいろとあたふたしそうでメリットがあまりなさそうなので、今の病院で放射線治療も受けます、ということにしました。 ただ、調べると近くの病院だと16回照射もOKだそうで、メリット大きいじゃんと思ったりしました。 9回の差は大きいよね(通院の負担という意味でね) 会社も病欠をとっちゃおうと決めたので、もうこの差はいいやと思いましたが、保守的な病院なのでね。少ない方が楽だなーと思います。

  • 保険金が振り込まれた

    水曜日に書類を送り、月曜日に手続きが完了しましたと連絡が来ました。都民共済は、仕事が早いですね。手術10万、日額1万でトータル18万円の振込みでした。今まで払った都民共済の金額を計算したら20万円くらいだったので、もうちょっとで元が取れるかも?保険はそもそも元をとるとかそういうものではないのですがね。共済に入り続けるでいいかなと思いました。私の場合は会社の付加給付が深いこともあり個別の保険はなくてもいいような気もしました。

  • 医師にとってはたくさんいる患者の一人でしかない

    乳がんといっても、乳腺外科的には日常茶飯事の上、ステージ0(おそらく)ということで、命の危険もなし。 沢山いる患者の一人でしかないのだと感じることがあります。 既に説明したことを忘れていたり、いつが手術日でしたっけみたいな質問があったり(10日ほど前に先生が執刀したのですが。。みたいな会話) 正確には10年前からたびたび、再検査にひっかかっていたので、10年前から同じ先生にみていただいているのですが、多分気づいていないかも(カルテがあるので、さすがにカルテをみればそうだったっけ?みたいな感じでしょうが)

  • 保険に必要な書類が届いた

    なかなか届かないといっていた保険に必要な書類が届きました。退院から実質10日間だったのでそんなには遅くなかったわ。 私が入っている保険は都民共済の入院保障2型ですが、実際に病気になりいろいろ他の保険を比較してみましたが(その時点だと保険に入るのは手遅れですが)がんの特約をつけていればよかったかなと思いましたが、意外と良い選択だったと感じます。 ただ、何より、自分自身が働いていたというのが大きな保険だったなと感じました。 自分の会社の付加給付や、自分が今まで働いていた蓄えがあったことでお金に関しては安心できると思いました。

  • 保険に必要な書類に1ヶ月かかるらしい

    先日(GW前)の退院時に保険請求に必要な書類を文書課にお願いしたのですが、作成し送ってくるまでに3週間ほどかかるようです。 既に退院から1週間以上たちますが、送ってくる気配なし。 GWが間にあったしね。 とはいえ、遅すぎですね。私の書類は単純なやつ(医師の確認不要)なんですがね。 がん保険に入っていなかったのは痛いですが(上皮内がんだからいずれにせよ出ないケースもあるようですが)入院1日1万円の保険だったので、たぶん8万+手術代として10万出るのではと思っているのですが、どうなんだろう。 がん保険に入っていれば、元をとれたーとなるのかもしれませんが、普通の医療保険だと元をとれたかは微妙な気もし…

  • 少し悲しい

    一時は全摘かもと言われていた胸ですが、温存ができました。またパッと見はかなりいい感じ。乳頭の位置はずれると言われていましたが、きちんと揃っていますし、明らかな胸のかけもなく、乳腺や脂肪を移動させてくれたんですよね。先生には、感謝しかない。傷は9センチですがきれい。でも、やはり少ししぼんだ胸。少し固く、そして、形も多少はかけている感じ。もちろん、どんな胸でも受け入れる気持ちでしたが、病気になったんだなと悲しい気持ちになるときになります。残せた胸を大切にしようと思います。

  • 退院から9日

    乳がん手術の退院から一週間以上たちました。家にいる限りにおいては普通の生活ですが、外に出て活動をすると帰宅後ぐったり昼寝モードです。体力がなくなっています。元々ある方じゃないんだけど、ますますない。こういうときは体を休めるのが一番なので、基本的には布団でグダグダ過ごすことにします。さて、疲れたのは娘のテストへの送りだったので、少したったら迎えにいかなくてはね。明日から仕事も再開するのでがんばらねば。

  • 退院後 6日

    乳がんの手術後はかなり元気。体力が落ちたかなと思ったけれど一週間でほぼ戻り、あとは傷の状態をみせる日を待つのみです。

  • 退院

    7日8日の入院から戻ってきました。ドレーンもなく順調に回復しました。前日に圧迫をとったところ、真っ青でしたが、傷口はけっこうきれい。かつ変形もほぼなし!先生、ありがとう。がんばってくれて感謝。排液が切除した部分にたまっていたので退院前日に注射器で抜いてもらい退院。会計をしたりして、帰宅。疲れました。昼寝をして、シャワーを浴びたら、またお胸に廃液がたまってるね?という雰囲気がしていますが、とりあえず、次の受診日までたえてほしいわ。今回の手術は今のところ、からだの動きには影響しなかったのですが、とにかく疲れやすくてしばらくはのんびりという感じ。ただ、 体からがんはなくなった。きちんと切除してもらえ…

  • 手術前日と当日

    前日はセンチネルリンパ節生検準備。isotope注射、シャワー浴びる、撮影を行いました。色水も術中に注射するので両方でセンチネルリンパ節の特定。9時以降は絶食で翌日の手術に備えます。翌日は午後からだったのですが、なかなか呼ばれずやきもきやっとよばれたときには、手術したかったんだよモード手術室がもう異次元の世界。歯医者の光のでかいやつがあり、10人くらいがてきぱき準備。深呼吸してくださいで意識を失い気づいたら終わってました。終わった瞬間は痛く、ベットに移されそのまま部屋に戻されました。無事、温存できてほっとしました。夜は痛みがありましまたが、痛み止めが効いて痛すぎることなく過ごせました。手術後か…

  • 入院二日目

    何の予定もない入院二日目。だらだらと漫画(電子書籍)を読んで過ごします。ご飯は健康的で薄味。早く家のご飯が食べたい。でもこういう生活をしていればやせるかも。朝の二度寝をして、シャワーも予約してすっきりした気持ちになりました。午前中にだらだらしていたら主治医が登場。日曜日なのに大変です。土曜もいたし、ノンストップで仕事をしているのかしら。医者はハードがよくわかるわ。なんでこうなっているのかわからないけど。

  • 入院初日

    初めての入院。四人部屋で差額なしでした。色んな差額ありの部屋も同じフロアにあったのですが、そんなに払う価値があるものはなかったかも。ただ、同じ部屋に一人の患者さんがしょっちゅうナースコールしたり、トイレが昼の時間にかかったり、夜中にイタイイタイとわーわー泣いたりと迷惑でした。その隣の方も迷惑と思っていたらしく看護師さんと会話するたびにチクッておりました。みんな患者なんだもんね。仕方ないか朝から入り病院の看護師からシャワーは予約制だとか、色んな説明を聞き、その後は薬剤師さんも登場、医師も登場。入院すると担当医というのがいるようでした。それにしてもみんな来る時間を事前に教えてくれないから、いちいち…

  • PCR検査

    術前のPCR検査へ。かなり奥まであの棒を突っ込まれて涙目になりました。別の方法はとれないのかなと思います。

  • がんになって一番助かったこと

    手術前ですが、がんになって、いろんな情報がある中、一番、自分の支えになったことは、同じ乳がん患者の言葉やコミュニティです。 もちろん乳がん患者でない方へのカミングアウト(?)も有効な気がします。 かたくなに誰にも言わないという選択もありますが、私はチキンなので早い段階で仲のいい友人や会社の人や乳がんだった人にも伝えました。また、そういうコミュニティにも入りました。 医師と自分だとどうしても自分の考えや不安がおざなりになりがちですが、普通の人の 「そりゃ、胸を残したいのはわかるわー」 という言葉に心が助けられたりするわけです。 (医者のとればいいわけで、という言葉にうじうじしていたときにさ) 医…

  • 乳がんの行く末を見守る人々

    乳がんになり、いろいろなブログをみると稀に治療をしていない方がいます。 自分で作り出したがん細胞だから、どうなるか見守りたい、というケースが多く、また職業もセラピスト系が多い(気がする)。 発覚当初は大体ステージ1か2の早期乳がんなので、標準治療していれば、生き延びる可能性がすごい高い群ですね。 何事もないまま4-5年くらいいって、どうしようもなくなって(苦しい、出血など)病院にかけこむパターンをみる。 そのときはステージ4になっているというパターン。 ここでわかるのはやはり、自然治癒はないんだなと。 その方たちは体に最大限気を使って生活しているのに自然治癒しないのだと。 そんなわけで、乳がん…

カテゴリー一覧
商用