searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

トモヤさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

今ではWeb制作やデザインなどの仕事をしていますが、最終学歴は工業高校卒業で転職も繰り返しました。そんなぼくでもやりたいデザインの仕事ができた方法や体験だや失敗談を書いています。よかったら覗いていってください。

ブログタイトル
クリテンブログ
ブログURL
https://jobchen-design.com/about/
ブログ紹介文
デザイナーになりたい人向けのブログ。高卒で何度も転職したけどデザインやWebの仕事をしています。グラフィックデザインやWebデザインの仕事をするまでの体験談も交えた記事を書いています。
更新頻度(1年)

2回 / 8日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2021/06/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、トモヤさんをフォローしませんか?

ハンドル名
トモヤさん
ブログタイトル
クリテンブログ
更新頻度
2回 / 8日(平均1.8回/週)
フォロー
クリテンブログ

トモヤさんの新着記事

1件〜30件

  • 面接結果の連絡はどのくらいで来る?メールで問い合わせても問題はないか

    面接の結果は1週間ほどで連絡します。とほとんどの面接担当は言いますが、時折連絡が全く来ない会社もあります。そんな時って結構不安になりますよね?でも、連絡がこない場合は、採用する人を決めかねていることが多かったりします。採用担当が決めた人材も社長がNOだったら選び直すわけです。

  • 裁量労働制の危険な落とし穴!みなし残業との違いは必ず知っておくべき

    裁量労働制とは簡単に言うと労働時間が長くても短くても「契約した労働時間を働いたこととする制度」のことをいいます。実務をした時間が1日7時間だとして、仮に12時間働いたとしても支給されるのは7時間分になるということです。逆に実務が3時間だったとしても同じく7時間分支給することになります。

  • 転職回数の多さだけでは不採用にならない!転職理由を聞かれたときの対処法

    転職回数が多いとどうしても内定率が下がってしまいがちと思いますが全てがそうではありません。 転職回数が多くても、志望動機やこれまでの実績があれば十分に内定を狙えます。 他には自己PRをより充実にすることで自分自身の内面をアピールすることができます。

  • 面接に他にも受けている企業はありますか?と質問されたときの対処法を教えます

    他にも受けている企業はありますか?という質問を面接でされます。この質問に対して正直に答えても問題ありません。 しかし、詳細まで答える必要はなく業種と職種を答える程度でOKです。また前向きにとらえるとあなたに好感をもっている可能性があるということです。 興味のない人なら他の企業を受けていようが関係ありませんので。

  • 履歴書に持っている資格は全て書く?記入時の注意点と資格の意外な落とし穴

    履歴書に書く資格欄には持っている資格をすべて書くのはおすすめしません。関係のない資格を記載していると採用側は関係ない職種から応募してきたことが色強く出てしまうためです。受ける企業の業種に関係した資格のみに絞っておきましょう。また、余裕があればこれから働く業種の資格を取る、もしくは勉強しているでも好印象です。

  • Webデザイナーの年収は低い?収入を上げるために必要なこととは

    Webデザイナーの年収は未経験の場合200万円から300万円程度。経験を積めば500万円以上も目指せる職業です。年収を上げる方法はいくつかありますが、スキルの向上はもちろんフリーランスになるか、Webディレクターを目指すという方法もあります。

  • 零細企業に転職すると得する5つのメリット!応募時の注意点もご紹介

    大企業は待遇面も期待できて安心できるかなと思いがちになります。でも未経験でデザインの仕事に就きたい場合は会社の規模よりも仕事の質を最優先した方が良いというのが僕の考えです。それにデザイン事務所のほとんどは零細企業ですし。零細企業は仕事の範囲も広いし経験できる幅が違います。その他にも働くメリットをご紹介します。

  • コンペディションに応募することで得られるメリットとおすすめのコンペ6選

    デザインやキャッチコピー、Webサイトなど様々なコンペディションがあります。賞を取ることはとても難しいことですが、応募をすることでいくつかメリットがあります。コンペディションに挑戦している姿勢を企業は前向きに見てくれるので、転職活動で十分な自己PRになります。積極的に応募してみると発見もたくさんあります。

  • MacとWindowsでWebサイト作成に向いているのはどっち?

    昔はMacオンリーだったデザイナーもWebの需要が高くなってきからはWindowsを使用する傾向になってきました。 そんな僕もプライベートではMacですが仕事ではもっぱらWindowsです。Web制作に関してもWindowsで環境を整える会社が多いです。なぜならWebサイトを見るほとんどの人がWindowsだから。

  • 転職活動が長期戦になった時は休むことも重要。気長にいきましょう。

    転職活動をどのくらいしていますか?1年半転職活動をして結局できなかった人がいます。そう、他でもないぼくです。家族から提示された転職の条件。応募した企業から受ける厳しい現実。給料が下がってしまうことが決定している在職中の会社。八方ふさがりになってしまいすごく悩みに悩んだ1年半体験をご紹介します。

  • グラフィックデザイナーからWebデザイナーになる方法とメリット

    今やWeb媒体が主流でバナー広告だけじゃなくSNSやYoutubeなど動画の利用も今では常識になっています。 ポスターや交通広告などの広告媒体のデザインをしているグラフィックデザイナーからWebデザイナーになることで大きなメリットを得られます。

  • 面接で何度も確認したのに職種が違っていた!転職失敗談【Part1】

    面接でしっかり確認したつもりが入社してみると全く話が違っていた。そんな経験をしている方も少なくないと思います。そんな入社後の失敗談。当時通っていたスクールの講師からの紹介で転職してみたら、仕事内容は出力オペレータというオチ。面接で何度も確認したのに!人事が適当な企業は存在するということを身をもって知りました。

  • Webデザイナーなった後は?転職後の将来設計もしっかりしておく

    デザイナーになるために転職している方は数多くいると思います。どんな分野に強いデザイナーになりたいかも大事。デザイナーは数多くいますが、専門性を高めることと様々な分野でも活躍できるという二面性を必要とされている時代です。得意な分野や挑戦してみたい業種などを決めたうえで転職活動をすることがおすすめです。

  • デザイナーでも職務経歴書は必須!必要なポイントを押さえた書き方

    デザイナーでも職務経歴書は例外なく必須です。でも職務経歴書の書き方って以外とわからないことが多いですよね?自分の得意なども職務経歴書に書いておくと面接でより伝わりやすくなります。職務経歴書を書いていない方は書き方のポイントまとめたのでぜひ見てください。

  • デザイン以外のスキルアップに。クリエイター向けの講座に参加するメリット

    転職活動において今より良い待遇や仕事内容を望むならキャリアアップは必要です。でも今の仕事内容ではキャリアアップはできそうもないという人も多いと思います。仕事でキャリアアップができない場合、講座に通うのがおすすめです。身につけたいスキルや上げたいスキルがあれば有効な手段と言えます。

  • デザイナーへの転職活動がうまくいかない時。体験から分かったこと

    デザイナーになりたくても、書類選考や面接で不採用になってまう。 印刷会社のDTPオペレータとして入社してデザインの仕事もしていましたが、30歳目前にして転職を決意することに。当時会社の業績も良くなく退職していく社員たち。面接で否定される日々。デザイナー転職ができないと悩んだ末に選んだ道は1つでした。

  • 入社前と後ではイメージが違う!はじめて感じた仕事のギャップに戸惑ったこと

    グラフィックデザイナーとして入社したはずなのに、仕事はオペレーション業務や帳票類など簡単な制作ばかり。 入社目に抱いていたグラフィックデザイナーとしての華やかなイメージと実際はものすごく大変で泥臭い仕事だと感じたこと。そこから何とか続けることで少しづつ成長できたという体験談です。

  • 転職回数が多い人は見ておいて!勤続年数と退職理由でも結果は大きく変わる

    職歴の数と同じくらい大切なのが勤続年数と退職理由です。 職歴が多いと、採用してもすぐに辞めるのではないかと思ってしまいます。しかし、勤続年数が長い会社があることとそこでの経験。また勤続年数が短い会社があった場合は退職理由がしっかりしていればそこまでマイナスな印象にはなりません。

  • 多くの応募はしない!希望の求人のみに応募して採用の精度を上げる

    内定を目指してたくさん応募することが当たり前になっている就職や転職の現状。確かに数多く応募して面接を重ねていけばいつかは転職が成功するかもしれません。 でも、それは本当のゴールでしょうか?自分自身が本当に入りたい会社で働きたい仕事だと思って応募をしていますか?

  • 未経験者におすすめ!転職を成功させるポートフォリオの作り方とポイント

    デザイナーの転職に必要不可欠なポートフォリオ。ポートフォリオは今まで制作したものを載せればいいわけではありません。ポートフォリオも作り方があり、そのルールに沿って作ることで相手にも伝わりやすくなります。 やってはいけないのが実際に作成したチラシなどをそのまま持参したりすると意外とマイナスポイントに。

カテゴリー一覧
商用