searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

@40さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
司法書士試験の勉強法プラス
ブログURL
https://sihoushosi-exam.com
ブログ紹介文
2013年に開設した「平成25年合格255.5点獲得/司法書士試験の勉強法」を、こちらのドメインに移転しました。司法書士試験の勉強をするうえで必要なことを記事にしています。
更新頻度(1年)

20回 / 41日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2021/05/13

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、@40さんをフォローしませんか?

ハンドル名
@40さん
ブログタイトル
司法書士試験の勉強法プラス
更新頻度
20回 / 41日(平均3.4回/週)
フォロー
司法書士試験の勉強法プラス

@40さんの新着記事

1件〜30件

  • コンビニ発行の公的書類

     昨日、消せるボールペンの投稿をして、ふと思い出したのですが、最近コンビ二発行の公的書類(以下コンビニ書類)、特に「住民票」と「印鑑証明書」の使用頻度が増えてきた気がします。 消せるボールペンと同様に、こちらも、私は利用したことがないのですが、会社員の方などで、日中市町村役場に行く時間がない人が多く利用しているようです。この手続きは、利便性に富んだよい制度だと思いますが、司法書士としては、こうした書類を用いる際に、稀に戸惑うことがあります。 それは、

  • 消せるボールペン

     コロナワクチンの予診票で、消せるボールペンで記入する人が多く、自治体や医療機関が困っているとのニュースを見ました。普通に考えれば、こうした公的機関関係の書類に消せるボールペンで記入してよいはずがないのは明らかですが、意外とこうしたケースが多いようです。 そういえば、以前、ある申立書類に署名してもらおうとしたところ、この消せるボールペンでよいか尋ねられたことがあり、断ったことを思い出しました。その件と今回のニュースから、一般の方にとっては、押印書類の意義やそ

  • 開業時の記憶(ミス編)

     独立開業し、実務に携わると、色々な場面で悩まれることと思います。ときには、登記申請において、補正通知を受けることもあるでしょう。 経験を重ねるにつれてミスは少なくなります。私も、現在は、ほとんど補正はありません。しかし、開業当初はそうではありませんでした。色々と悩むことも多く、不慣れなことや経験不足からミスをしたこともあります。 平成27年に所属司法書士会で、新規登録したばかりの方を対象にフォローアップ研修が実施された際、その方達を対象に、前年の登

  • セダン・マニュアル・FR

    「くうねるあそぶ」 初代日産セフィーロ(A31)のキャッチフレーズです。CMで井上陽水が窓から顔出して「皆さん、お元気ですか」と言っていたのを懐かしく感じます。知っている方は多分40代以上でしょう。当時日産がとても元気であった時代、S13シルビアを筆頭に、セフィーロ、シーマなど、当時としては先進的なデザインで市場を席巻しておりました。 私は、結構車好きで、といっても、サーキットに行くとか、頭文字Dとか、そこまでではなく、下手の横好きに過ぎません。セフ

  • 開業時のお勧め登記書籍

     先日のブログで、開業時に20万円分位の書籍を購入した旨を投稿しましたが、今振り返ると、実はそこまで費用をかけて揃える必要もなかったと感じる部分もあります。購入したものの、実務においてほとんど使用していない書籍もあります。 専門書というのは、数千円以上するのが普通ですから、開業時に諸々の出費が必要となる中で、最初から多くを揃える必要もなく、追々購入していけば十分かもしれません。私の場合、当時は、どの書籍が必要なのかもよく分からず、とりあえず必要そうな

  • 開業時に必要なもの&事務所場所の選定

    司法書士開業時に何を用意すべきか 司法書士の開業に際しては、他業種に比べ、比較的コストがかかりません。極論をいえば、現実的ではありませんが、紙とペンがあれば業務はできてしまいます。私の場合は、開業時に、以下のものを揃えました。携帯は、今日では、開業以前に所有していることが通常でしょうから記載していません。開業時に用意したもの金額は明確に覚えていないので概算です必須机/ニトリ(1万円)椅子/ニトリ(1万円)PC&モニター/ドスパラ(9

  • オンライン推進運動

     最近、とくに河野太郎さんが担当大臣に就任してから、様々な分野においてオンライン化の波が押し寄せている気がします。 司法書士に関係するところでは、本年2月15日より商登法規則の一部が改正され、代表印の提出が任意になりました。また、3月17日よりは、役員5人以内の株式会社、合同会社の完全オンライン設立登記が24時間以内に処理されることとなりました。何か、是が非でもオンライン化を進めるんだというような国の気概を感じます。 実際、昨年あたりから、自分でオンラインで

  • 相続で気を付けること/事務所ブログ

     開業すると相続の業務に間違いなく携わることとなります。相続関係業務は、事務所によっては、売上の構成比の8割以上に達する場合もあるようです。 ほとんどの相続においては、相続人間で協議がまとまることが多いと思われますが、稀にその協議に時間を要する場合があります。司法書士は、家事代理権がありませんので、いわゆる争続となった場合にも、特定の相続人に有利な行為や発言ができません。そのため、そうした場合にも、手続きとしては、遺産分割調停申立を勧める場合もありますが、あくまでも

  • PS5 すっかり忘れてました

    様変わりしたゲーム環境 実は、結構ゲーム好きで、これまで初代ファミコン~64、セガマークⅢ~メガドライブ、PS~PS4と結構なお金をゲーム機につぎ込んできました。 年齢的に、ちょうど小学生の頃が、まさにゲーム勃興期で、駄菓子屋で50円を何枚か握りしめドンキーコングなどに友達と一緒に興じていました。小学校6年生位だったでしょうか、友達数人で恐る恐る初めて駅前の地下ゲームセンターに行ったのですが、そこには真っ暗な空間が広がり、何か異様な空気を感じたのを今でも覚え

  • 住所変更登記の申請方法/事務所ブログ

     名変登記は、最も単純な登記です。但し奥が深い登記でもあります。開業後は、それ単独で依頼を受けるというより、何かの申請とセットで受任することが多いでしょう。 以下のリンク先に名変のごく基本的な申請について記載してあります。大した内容ではありませんが、よろしければ参考にしてください。 住所変更登記・氏名変更登記の申請方法

  • いわゆる抹消・移転・設定

    抹消・移転・設定の減少 司法書士の業務は、日司連の中央研修等でも学ばれたと思いますが、明治期の代書人制度に端を発します。当時、代言人という制度もあり、これが今の弁護士となり、代書人は戦前に司法書士として定められました。 本来、司法書士は、明治期から、登記業務だけではなく、今と同様に裁判所へ提出する書類の作成も業務としていましたが、やはり中心は登記業務だったようです。 やはり不動産というのは、経済においても花形です。戦後から現在に至るまで、様々な好景気

  • 相続登記義務化/リンク先

     相続登記が義務化されたニュースが4月末に流れましたのでご存知の方も多いと思います。最近、立て続けに民法等が改正されております。受験生の皆さんは大変だと思います。この義務化の是非は別として、可決された以上、2年以内に公布され施行されることとなります。 また、住所変更登記も義務化されることもご存知かと思います。不動産登記が、民法177条で規定されている対抗要件を公示するためのだけ措置であれば、このような義務化はそれに反しているともいえますが、民法177条は、対抗できな

  • 6月にやるべき勉強法

    1か月前の追い込み 2013年に投稿したブログ内において、以下の画像を用いて、通期のスケジュールや必要時間などを紹介しました。通期スケジュール必要時間 本年度の試験は、7月4日のようですね。 私が、当時、6月に勉強した内容は、上記の画像のとおりとなりますが、6月度は、1日12時間以上は試験勉強のために費やしました。つまり、睡眠時間、飲食時間等以外は、ほとんどを勉強時間に費やしていたことになります。余暇の時間を取らず、勉強だけの毎日を送

  • 抵当権抹消登記の申請方法/リンク先

     抵当権抹消登記の方法について記載したものです。 一般の方向けなので、お役に立つかは分かりませんが、開業又は勤務後、抵当権抹消登記は最初に登記する可能性が高いため、よろしければ参考にしてください。 抵当権抹消登記の申請方法 

  • ドラゴンボール超

     このブログは、トップページのご挨拶で書いたとおり、趣味的なことも書くつもりで、こちらのドメインに移行しましたが、結局のところ、何か固い話題ばかりになってしまっています。 性格的なこともあるので、まぁ仕方ないんですが、固い話題ばかりだと、疲れてしまうので、全く違う趣向で書いてみようと思います。内容は、標題でお分かり頂けるとおり、司法書士とは全く関係ありません。 5、6年前から、Amazonプライムとhuluで、ドラマや映画を見ています。最初は、暇つぶしに海外

  • 開業と勤務

    大都市での傾向 「開業か勤務か」、合格後、多くの方が、どうすべきか迷われることと思います。私の場合は、年齢的に既に40歳を超えていましたので、なかなか雇用してくれる事務所自体もなく、そもそも勤務という選択肢はありませんでしたが、年齢的に若い方や大都市にお住まいの方であれば、勤務先は多くあるでしょう。 私は、合格後の特別研修を名古屋で行いました。そこには、名古屋市や近隣市在住で20代、30代合格者が多くおり、40代以上は私を含め数えるほどだったと記憶し

  • 信託は司法書士が適任/リンク先

     試験勉強でも信託の登記について勉強されるかと思います。最近では、信託法の改正以来、実務においても信託登記申請数は増えてきており、開業後は、信託登記に関わることもあるでしょう。 信託の組成は、司法書士だけではなく、税理士、弁護士、行政書士が主体となって行う場合もあります。こうした場合に、信託契約締結直前や信託契約締結後に、依頼されることもあるかもしれません。しかし、信託は、記事中に記載したとおり、若干特殊性を持つ申請のこともあり、本来、信託財産に不動産があるのであれ

  • 事務所ブログ/リンク先

     ブログ村では、1アカウントに複数ドメインの登録できるようです。しかし、これはあくまでもアカウント設定上の話で、ランキング等に表示される際は、あくまでもドメイン毎(ブログ毎)にしか表示できず、複数ドメインのブログを、一括表示することはできないようです。 事務所のHP上でも、ブログを書いています。本当は、この「司法書士の勉強法プラス」内に、別ドメイン内の記事を引っ張ってこれればよいのですが、昔のように、コピペして、こっちの投稿に直接貼ってしまうと、いまではGoogle

  • 司法書士事務所開業時の営業

    開業時の営業は必要か 今日においては、司法書士の仕事は、以前からの登記に加え、成年後見、財産管理、裁判書類作成、制限付きではありますが訴訟代理人等の多岐に渡っています。 ここでは、今後開業を考えている方のために、私がいる地方都市においては、どのような仕事があり、また、どこから仕事の依頼を受けているのかにつき、一般論ではありますが、私の開業の際の状況に絡めて記していきたいと思います。なお、地方都市といっても、私がいる市は人口数十万を超えていますので、例えば人口

  • 引越しました!

    ワードプレスで作成したサイトに移転しました この度、元のシーサーブログから、こちらのドメインに移転しました。 あまりにもシーサーが広告だらけで重いので、色々検討した結果、ドメイン取得のうえ、ワードプレスで作成した次第です。 リダイレクトの設定やら内部リンク(途中ですが)やらで、正直疲れました。明日は、少し長い移動があるので、早く寝ないといけないのですが、一旦引越し作業に入ると、途中で終われないジレンマに陥りながら、今、ブログを書いています。 

  • 合格後、開業7年目に入りました。

    超久々に投稿します。ブログ村なども拝見し、合格した当時の記憶が思い出されました。私のように試験に合格した人間が去り、また新たに試験の臨まれる方がいる、当たり前のことですが、何か感慨深く感じています。このブログは、試験合格時、今後受験される方のために、勉強についての有意義気な方法論を提供したいと考え開設しました。有難いことに、当時は、一日数百人程度の方のアクセスを頂いたこともあり、また、色々なご質問も頂戴しました。現在は、一日数十人といったところですが、更新すらしていな

  • 認定考査対策用の書籍について

    認定考査用書籍の紹介 認定考査の試験結果が届きました。合否の結果は、既に出ていますが、点数については希望者のみに送られてきます。点数結果希望者は、9月に合否の結果希望の旨を法務省に郵送します(試験会場で獲得点数を希望する場合の方法についての説明書を貰えるので、それに従い、指定の期間内に法務省に点数通知希望の旨を郵送で伝えます) 認定考査も合格すれば一生に1度きりの試験なので、記念的に請求してみました。 私の点数は、59/70(順位47位/1062人中)でした。認定考

  • 合格された方おめでとうございます

    おめでとうございます! お久しぶりです。 アクセス数がいきなり跳ね上がったので、何でだろう?と思っていたのですが、平成26年度の筆記合格発表があったのですね。合格された方、本当におめでとうございます。私も昨年の今頃は、皆さんと同じような気持ちだったのを思い出します。 合格後の進路はきっと人それぞれかもしれませんが、まずは、中央研修が12月以降始まり、ブロック研修、特別研修、そして各司法書士会の研修を受けられることとなると思います。 私は、ようやく各研修および開業準備

  • コラム『勉強の場所』

    どこで勉強するべきか 昨年末に、本年度受験予定の方から下記のような質問がありました。「勉強中眠くなったときにどうすればよいか?」「(なかなか難しい質問ですが、睡眠不足は別論として)寝ないでやるしかありません」 答えとしては、結局のところ上記しかないと思いますが、そうは言っても、具体的にどうすればよいかの説明はなかなか難しいものです。ある意味、「眠い=モチベーションが続かない」ということでもありますから、どのようにモチベーションを継続するかについて

  • 受験時の六法と実務の六法

    受験に六法は必要か 久しぶりに投稿します。 なかなかブログを書く時間的な余裕がなく、少し放置気味になってしまっております。このブログは、受験生の方に有益な情報を提供できればという目的で立ち上げたものですが、当ブログの記事は、中途半端な記事は書きたくないこともあって、1記事書くのに半日以上はかけることがほとんどでした。内容は、私自身の経験則に基づいております。 ほぼ、お伝えしたい内容は既に記事にしたこともあり、また時間的にブログを書く余裕もないこともあって、このままの

  • 中央新人研修テキストおよび特別研修書籍

    研修テキスト及び書籍が届きました 中央新人研修前期テキストと特別研修書籍が届いたので、画像を掲載します。特別研修書籍は、必読図書と参考図書に分かれますが(教材は受講料に含まれます。それ以外に読む本です)、画像上段は必読図書、下段は私が購入した参考図書です。特別研修書籍(上段:必読図書 下段:参考図書) 中央新人研修のテキストは、11月中旬に申し込み後、12月初旬に画像のような前期日程のテキスト(講義要綱Ⅰ)が届きます。後記日程テキストはまだ届

  • 司法書士試験の役に立つブログリンク

    試験ブログリンク集 私のブログを見て頂いている方は、司法書士試験に興味がある方、または、既に勉強をされている方が多いと思いますが、私以外にも勉強法などについて記事にしている方がいます。 合格者の方であったり、またはリアルタイムで勉強されている方の場合もありますが、いつもと趣向を変えて、そうした他のブログを紹介してみたいと思います。ほとんどブログ村のブログが多いため、既にご存じのブログが多いとは思いますが、私自身が実際に記事を読んで参考になると思うブログを紹介します。

  • 初学者の方へ(司法書士)

    初学者の方がまずやるべきこと 当ブログでは、テキスト中心の勉強法こそが合格への近道であると、再三申し上げてまいりました。また、これまで何人かの方からコメントを頂いてまいりましたが、中には初学の段階にあると思われる方も何人かいらっしゃいました。 実は、そうした初学者の方のコメントの内容などから、ブログの記事がちょっと誤解を招く可能性があるとは以前から感じていたのですが、少し説明をさせて頂きます。 当ブログの記事は、もちろん初学者の方にとっても、役に立つような意図で記載

  • LEC択一過去問肢集 雑感

    LEC過去問肢集は使えるのか 私は、予備校以外の問題集として、LECの過去問肢集を用いました。 参考:使用した教材 元々、この問題集について記事にすることは考えていたのですが、先日ある方から何故LECの肢集を用いたのかについて質問を受けたこともあり、丁度よい機会なのでここでこの肢集についての感想を述べてみたいとと思います。 本書を使用した理由ですが、何度かブログで述べてきた通り、予備校を申し込む際の早割特典として、無料で貰ったから使用したというのが実際のとこ

  • 答練で何点とるべきか-答練の範囲ごとに記憶する

    答練と本試験の関連性 もうすぐ12月に入り、あと1ヶ月で今年も終わりですね。予備校によってスケジュールは異なると思いますが、来年1月からは答練が始まる方も多いのではないでしょうか。  「答練」という言葉は、もしかすると、独学で勉強されている方はご存じなかもしれないため説明をすると、要はちょっとした模試です。こちらも予備校によって異なりますが、本試験と同様に35問の択一試験問題をほぼ同様の1時間半~2時間で解き、その点数がWeb等で公開され、全国順位が分かるようになっ

カテゴリー一覧
商用