searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Susumu Yoshidaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Camino a 司法書士・行政書士事務所開業
ブログURL
https://camino-a-shoshi-jimusho.blogspot.com
ブログ紹介文
地元・高知で司法書士・行政書士事務所を開業するまでの道のりを綴ります
更新頻度(1年)

16回 / 14日(平均8.0回/週)

ブログ村参加:2021/01/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Susumu Yoshidaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Susumu Yoshidaさん
ブログタイトル
Camino a 司法書士・行政書士事務所開業
更新頻度
16回 / 14日(平均8.0回/週)
読者になる
Camino a 司法書士・行政書士事務所開業

Susumu Yoshidaさんの新着記事

1件〜30件

  • やっと地元の書士会とつながりました

    筆記試験合格発表後の昨年12月25日、配属研修などの情報を得ようと、地元の県書士会を訪問しました。 コロナ禍及びノーアポでの訪問だったこともあり、書士会の建物の中に入ることが許されず、事務員の方が私の待つ玄関外へ出向き、配属研修のことを簡単に説明してくれました。 どうも不完全燃焼...

  • 法定地上権は図を描いて覚えました

    法定地上権(民388条)の問題は司法書士試験では最頻出の論点です。 法定地上権が成立するための基本要件は確実に覚えなければなりませんが、試験に出る主要判例もあわせて覚えなければなりません。 試験では法定地上権が成立するか否かの問いが文章のみをもって行われるので、学習初期はイメージ...

  • NGだらけだった私の記述式勉強法

    まずは正しい記述式勉強法↓からご紹介します。 https://sihousyosisikenn.jp/archives/kijyutsu_3step.html 辰巳法律研究所の松本先生の3Step学習法です。 ①基本知識をインプット ②解法を習得する ③問題演習 以下はNGだらけ...

  • 気持ちのコントロール

    この試験、勉強期間が長くなればなるほど気持ちのコントロールが本当に大事になってきます。 勉強を始めたころはゴールが全然見えなくて、焦って、些細なことでイライラして、怒りっぽくなって、家族に不快な思いをさせることがしばしばありました。 ある程度勉強が進み、この辺りまでやったら合格す...

  • 認定考査に向けての勉強を始めました

    1月12日に口述試験が終わり、数日間抜け殻状態でいましたが、いつまでもこの状態では良くないと思い認定考査受験の準備を始めました。😄 認定考査とは、特別研修(司法書士法3条2項1号に規定する研修)を修了した司法書士有資格者を対象に、簡裁訴訟代理等関係業務を行うのに必要な能力につい...

  • 口述試験の商業登記法を振り返る

    試験のことをしばらく忘れたいと思って、テキストや自作ノートを見ずに今日まで来たのだけれど、口述試験で唯一答えられなかった問題がどうしても気になって、ついつい自作ノートに手を出してしまいました。😆 全質問10問のうち商業登記法からは3問質問されて、「 登記の更正はどういう場合にで...

  • 特別研修の日程

    令和2年から令和3年にかけて、受験生にとっても受難の時代です。司法書士試験も例外ではありませんでした。 司法書士が簡裁訴訟代理等関係業務(認定司法書士の仕事)を行うために受けなければならない特別研修の日程が、先日の口述試験の会場で渡された文書の中に記載されていました。 令和3年5...

  • 抵当権の譲渡(放棄)と抵当権の順位の譲渡(放棄)

    学習初期のころ、 似通ったものの理解はなかなか進まない ものです。 この抵当権の譲渡(放棄)と抵当権の順位の譲渡(放棄)もその1つでした。 両者とも民376条1項の「 抵当権者は、・・・、同一の債務者に対する他の債権者の利益のためにその抵当権若しくはその順位を譲渡し、若しくは放棄...

  • 「同意」の登記と「合意」の登記

    不動産登記法の学習が一回りしたころ、「同意」の登記と「合意」の登記の壁にぶち当たりました。 「同意」の登記とは、民387条1項の 賃借権の先順位抵当権に優先する同意の登記 のことです。 「合意」の登記とは、民398条の14第1項の 共有根抵当権者間の優先の定めの登記 のことです。...

  • 株式会社の機関設計の組合せ

    最新版表紙 会社法を勉強し始めのころ、株式会社の機関設計の組合せを理解することができませんでした。😥 監査役を必ず置かなければならない会社は?と問われてもすぐに答えが出てきませんでした。 会計参与はほとんどのケースで任意機関ですが、あるパターンに限り必置機関となることを、あの本...

  • 兄弟相続の話

    今日は兄弟相続の話です。先日、職場に1本の電話がかかってきました。6年前に定年退職した職員の親戚を名乗る、声からして高齢者らしき方からの電話📞でした。 その退職した職員の連絡先を教えてくださいとのことでしたが、私どもも退職後しばらくして連絡を取っておらず、また、本人が体調を崩し...

  • 口述試験を受験して・・・

    口述試験会場(高松法務合同庁舎) 令和3年1月12日(火)、司法書士試験の口述試験を受験しました。😀 正午にホテルを立ち、コンビニで昼食を買って、道路の向かいにある法務省合同庁舎に入りました。 到着が早かったため、1階ロビーの待合室で待機するように言われました。そこで昼食のおに...

  • 今日は決戦の日!

    ついに口述試験の日がやってきました。私は今高松のホテルにいます。もちろん1人でです。😄 私の泊まるホテルは、高松駅と法務局のちょうど中間にあるホテルです。近くに警察署もあるので安心です。

  • いざ、出陣!

    明日は司法書士試験の口述試験です。高知在住の私は高松法務局が試験会場です。 例年なら10月に行われる口述試験。令和2年度は筆記試験が延期になった関係で口述試験は1月になりました。 筆記試験では高松に前日入りをして会場(香川大学)の下見などをしました。口述試験でもそうしようと思って...

  • 合格したらスシロー!

    私の息子はスシローが大好きです。誕生日やら色々な名目でよくスシローに連れて行かされました。🍣 で、今回は民法の「条件」について書こうかなと思って、そしたらスシローを思い出しました。 私は、法律の理解を容易にしようと、何か身近なものに置き換える習慣がつきました。この条件もその1つです。

  • 登記権利者と登記義務者は入れ替わることがある

    不動産の権利に関する登記の申請は共同申請が原則です(不動産登記法60条)。「共同」というわけですから申請人は最低2人はいます。 申請人の一方が 登記権利者 ( 権利に関する登記をすることにより、登記上、直接に利益を受ける者をいい、間接に利益を受ける者を除く )、もう一方が 登記義...

  • 「一括申請」には要注意!

    不動産登記法で学習する「一括申請」。一括申請とは一の申請情報によって数個の登記を申請することで(不動産登記令4条但書参照)、一括申請によりその分登録免許税が安くなり、顧客の経費負担軽減につながります。 択一でも出題される一括申請ですが、記述式においては一括申請の理解が十分でないと...

  • カエルとオタマジャクシの関係?

    イメージしにくい論点を勉強するとき、私は身近なものに置き換えようとします。一例を挙げると、株式をカエル、新株予約権をオタマジャクシに置き換えます。 オタマジャクシはいずれカエルになります。新株予約権は行使をしてお金を払えば株式になります。そういう意味で、株式と新株予約権の関係はカ...

  • 3つの「仮」登記

    学習初期のころ、仮登記が理解できませんでした。一般の「仮登記」、「仮登記担保」と「保全仮登記」がごっちゃになっていたからです。😔 この3つの「仮」登記は根拠法が違います。「仮登記」は不動産登記法、「仮登記担保」は仮登記担保法、「保全仮登記」は民事保全法です。 根拠法が違うので、...

  • 地雷だらけの「元本確定登記」

    根抵当権の元本確定登記、お好きですか?私は大嫌いでした。よく地雷を踏んで爆死していたからです。💣 記述でよく「枠ズレ」「やらかし」をしたということです。「枠ズレ」「やらかし」の原因はいくつかあるのですが、思いつくまま挙げると、 ・元本確定に気づいていない ・元本確定に気づいてい...

  • 登記識別情報を提供できない理由

    令和2年度本試験記述式でも真正面から問われたこの論点。ある司法書士さんのブログを見てたら、実務ではよくあることなんですね。😀 ブログでは、登記識別情報(昔なら登記済証)をどこに置いたか思い出せないとか、生前処分した被相続人名義の不動産の登記済証が見当たらないなど、「紛失」案件が...

  • 今日は妻の誕生日です

    司法書士試験と関係のない話ですが、今日1月7日は妻の4〇回目の誕生日です。仕事帰りに🎂を買って帰宅することにします。 口数の少ない妻は、試験を受けることに対して賛成も反対もせず、いつもと変わらず育児、家事、仕事をこなしてくれます。 試験について色々と聞いてくることもなく、筆記試...

  • 苦しめられた「組織再編行為」

    会社法が日常生活から距離のある法律の上、中でも「組織再編行為」は条文を読んだだけではほとんど理解できない難攻不落の論点でした。😥 はっきり言って、私はまだ細部まで理解できたとは言えないと思いますが、試験に出る基本事項+少し応用事項までは押さえたと思っています。 過去問を見ると、...

  • 17年ぶりに面接される側に立ちます

    口述試験まで1週間を切りました。司書1条&2条の暗記とLECのレジュメを何回か回して本番に臨もうかと思っています。試験官との会話を成立させればなんとかなるでしょう。 面接試験は、今の仕事で面接する側で何度かやってきておりますが、面接される側で臨むのはおよそ17年ぶりです。なので、...

  • 財団法人は勉強する暇がないという方へ

    私は公益財団法人に勤めています。今日は理事会の日程調整をするため代表理事(の秘書)と各理事、各監事に電話やFAXをしました。 財団法人というと、午後択一の最後の問題で数年に1回出題されるマイナー論点です。マイナー論点であるが故に、多分、あまり勉強されていない方が多いのではないでし...

  • いまだに完璧に解けない権利義務役員

    写真はイメージ 権利義務役員(権利義務を有する役員。会社法346条1項)ほど私を手こずらせてくれた論点は他にないというほど、手ごわい論点でした。😅 正直、いまだに完璧に解けません。令和2年度の本試験の記述式でも出題されましたが、あれも(取締役会設置会社の廃止と後続論点に)気づく...

  • 募集株式の発行の取り組み方

    会社法、商業登記法で最頻出の論点の1つ「募集株式の発行」。令和2年度の本試験では択一でも記述式でも出題されていましたね。😃 この論点も、私はある程度理解するまでに相当の時間を要しました。大きく分けて次の4つのパターン、 1.公開会社+第三者割当 2.公開会社+株主割当 3.譲渡...

  • 新人研修の案内が出ました

    まだ最終合格もしていないのに、新人研修の話題です。 (新人研修の案内:日司連HP) https://www.kensyu.nisshiren.jp/Training/newface/detail.jsp 新人研修は「1年以内に登録・入会を予定する者」を原則対象に、今年は3月から5...

  • 午後の択一を解くスピード

    司法書士試験の午後の部は時間配分が命です。時間配分がうまくいかないと実力のある人でも命取りになりかねません。 私は模試を含めて択一(70分)→商登記述(60分)→不登記述(50分)の順番(時間配分)で解こうと決めていました。

  • 株式の併合、分割、無償割当、消却の決議要件を覚えるのに苦労しました

    会社法を勉強し始めの頃、株式の併合、分割、無償割当、消却の決議要件を覚えるのに頭を抱えていました。 株式の併合は株主の株式数を減らす行為だからより厳格な要件で、消却は会社が保有する自己株式を勝手に減らす行為だから最も緩い要件で、とまではイメージで理解できるのですが、その間にある株...

カテゴリー一覧
商用