searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ブルーシニアさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
もしも高校生に戻れるなら
ブログURL
https://rehighschool.hatenablog.com/
ブログ紹介文
アラサー社会人が高校・大学・社会人生活を振り返って、もし現代の高校~大学生として生きるならという視点で書いています。受験勉強を中心に今、そして今後の社会を生きていくには若い頃に何をしておくべきかというヒントなどを提供できればと思います。
更新頻度(1年)

11回 / 11日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2021/01/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ブルーシニアさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ブルーシニアさん
ブログタイトル
もしも高校生に戻れるなら
更新頻度
11回 / 11日(平均7.0回/週)
読者になる
もしも高校生に戻れるなら

ブルーシニアさんの新着記事

1件〜30件

  • 地歴公民と理科を高校で選択していない科目にするのはありか。

    これは全然ありです。 高校生にとっては独学経験があまりないため、難しく感じてしまうかもしれませんが、大人になると資格試験の勉強などで独学で学習しなければならないことが多くなります。 本人のやる気があれば大学入試でも独学で十分対応できます。

  • 地歴公民は何を選択すべきか②

    (3)共通テスト2科目、二次試験・私大入試1科目 この場合、私大入試では世界史か日本史のみの場合も多いので、必ずそのうちの1つが入るようにしなければなりません。 その場合は世界史がおすすめです。

  • 地歴公民は何を選択すべきか①

    地歴公民は大学によって位置づけが大きく異なるため、選択を誤ると受けられる大学が制限されてしまいます。 事前に調べてから取り組みましょう。 (1)共通テスト1科目のみ

  • 能力が無いから大学へ行く

    一昔前は高校さえも全入ではなく、中卒で働く人もいました。 そして大学へ行く人は頭がいいか家が金持ちかのどちらかで、特に勉強ができるわけでもなく家も普通の所得の場合は高卒で働く人が大半でした。

  • 教師は教師以外の仕事をしたことがない

    教師も学生時代にあるバイトくらいはしたことがあるでしょうが、それを除けば教師の仕事しかしたことがない人が大半です。 地方都市になると地元の国立大の教育学部を卒業した地元しか知らない教師も多くいます。

  • 親の考えは古い③ ~若い時の時間は取り戻せない~

    現在40代、50代の親世代は高校や大学を卒業したら働いて、20代のうちにいい人を見つけて結婚し、子供を育てて60歳まで働いたのち年金をもらって人生を終えるというライフプランの下で若い時代を過ごしてきました。 しかし現在では同じ会社や役所で65歳まで働くという考えは以前よりは少なくなってきています。

  • 親の考えは古い② ~そもそも勤め人になりたいのか~

    いい大学に入っていい会社や公務員になっても結局雇われ人であることに変わりありません。 これは自分のペースで仕事を決められないことを意味します。 会社であれば繁忙期があり、新しいプロジェクトを立ち上げれば長期間残業地獄になることもあります。 そして経営を縮小することになったら余剰人員はリストラされることもあります。

  • 親の考えは古い① ~いい大学に行くだけでは人生安泰でない~

    高校生の多くは学費も生活費も親に支出してもらっているため、親の意向を無視するのは難しいでしょう。 しかし親はあくまで30年から40年前を生きているため、これからの生き方を考えなければいけない高校生の人生にはあまり役立ちません。

  • 文系の理科1科目目は地学で決まり

    高校の理科は覚えるだけでなく、計算をしなければならないため、計算ミスでも失点します。 物理は計算が多く、化学と生物は覚えることが多いです。 そうなると消去法で地学が残ります。

  • 漢文は句法と漢字で終わり

    漢文の句法については高校で参考書が配布されるでしょう。 しかし単語帳がありません。漢文の単語は漢字の意味を類推することで考えます。 簡単な例を挙げます。

  • 古文は単語と文法しかやることがない

    同じ日本語とはいえ古文は外国語のように感じるほど現代の日本語とは異なります。 そのため無勉強で読むことは困難です。 しかし英語と同じくらい勉強しなければいけないかというとそんなことはありません。 英語には英作文やリスニングがあるため、英語を使いこなせるレベルにならないと難関大の入試には対応できませんが、古文に作文はありません。 読解だけできればいいのです。

  • 現代文を本質まで掘り下げる必要はない

    勉強法がよくわからない科目の1位は現代文ではないでしょうか。 何となく読むことなら日本語を理解できれば誰でもできますが、読解問題として読むといきなり迷宮に入ってしまいます。 そんな現代文がなぜ入試科目の中に入っているのかというと、答えは簡単で高校の授業内容に含まれているからです。 そして大学に現代文の授業はありませんので、入試問題を作成する大学教員も過去問を参考にしながら見様見真似で作成しているのです。

  • 勉強が大変ならとりあえず英語だけやろう

    教科書をなぞるだけで公立高校の入試を突破できる中学時代とは異なり、大学入試は高校の教科書だけでは突破できません。 さらに予備校などの受験産業の発達により、もはや勉強というよりクイズのような試験問題を課す大学もあります。 人生に役に立ちそうにない勉強をするには、東大や医学部といった高い目標を持たないと難しいでしょうから、普通の高校生がモチベーションを維持するのは簡単ではありません。 ただ、高校の勉強の中に唯一、人生で役立ちそうな科目があります。

  • プロフィール

    はじめまして。 私は平成の初め頃に生まれ、地方都市で育ちました。 今では当たり前になったインターネットも普及し始めたのは小学生の頃でしたが、非常に低速通信で、インターネットで動画を見るということが考えられなかった時代を過ごしてきました。 そのため当時は都市部と地方で大きな情報格差が存在し、大学受験で地方の受験生はかなり不利な立場にありました。

カテゴリー一覧
商用