searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
Saya Cinta Malaysia
ブログURL
https://malaysiacinta.net/
ブログ紹介文
マレーシアとのご縁は22年。2018年に国際結婚をした関西弁を話す世界一優しいマレー人夫とのマレーシア暮らしや、今昔のマレーシア旅、大好きなマレーシアのあれこれを綴っています。
更新頻度(1年)

19回 / 48日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2020/12/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ナオコさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ナオコさん
ブログタイトル
Saya Cinta Malaysia
更新頻度
19回 / 48日(平均2.8回/週)
読者になる
Saya Cinta Malaysia

ナオコさんの新着記事

1件〜30件

  • 居心地抜群!カジャンでバナナリーフ カレーを食べるなら「GV NAIR BANANA LEAF CURRY HOUSE」

    多様な民族が暮らしているマレーシア。全人口の約7%はインドから渡ってきた祖先をルーツに持つインド系が占めており、彼らが暮らすエリアでは美味しいインド料理をいただくことができます。 今日は、そのインド系の人達が好んでいただく美味しいBanana Leaf Curry(バナナリーフ カレー)のお店のご紹介です。 【地元のインド系住民が日常使いしているバナナリーフ カレーの店】 バナナリーフ カレーはその名の通り、バナナの葉っぱでいただくカレー。バナナの葉っぱをお皿にしてご飯やカレーを乗せて混ぜながらいただく料理で、最近はKL(クアラ ルンプール)で人気店がいくつか知られるようになり、マレー系や華系…

  • 可愛い地域猫メラちゃんと私の四年半の暮らしを振り返る

    今日は、私が日本で暮らしていた頃に出会った可愛い猫ちゃんのお話です。 マレーシアの話題ではありませんが、とても可愛い猫ちゃんのお話ですのでぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。 【猫ちゃんが多く暮らす町で出会った可愛い猫ちゃん】 猫ちゃんと私の出会いは2014年夏。2014年初夏、私は当時の夫と暮らしていた家を引き払い、隣駅の品川区の住宅街の真ん中にある一階の部屋に移り住みました。と同時に、それから二カ月しないうちに乳がんのために仕事を休職と手術のために二週間の入院をしました。今思うと色々なことを一心不乱にこなし、それ以外の記憶はほとんどなかった2014年の夏でした。 その町に引っ越しをし…

  • イポーのコピティアム激戦区でも手軽に入れる「銀州之香/YINZO KOPI」

    華系の人達が多く暮らす町Ipoh(イポー)。そんなイポーはマレーシアの代表的なコーヒーとしても知られるWhite Coffee(白珈琲/ホワイト コーヒー)の発祥の地であり、その影響もあってか古くからカフェ文化が浸透しています。 特に、華系の人達が朝から集うカフェはKopitiam(コピティアム)と呼ばれ、マレーシアの伝統的な朝ご飯や軽食をいただけるお店として地元の人に愛され続けています。 今回はそんなコピティアム聖地であるイポーで見つけた居心地良いお店をご紹介します。 【イポーNo.1 コピティアム周辺はイポー随一のコピティアム激戦区】 イポーの町はあちこちにコピティアムが点在しており、地元…

  • 愛情とお金の好循環!旅行も仲良く皆で一緒に!マレー系マレーシア人義家族達との距離感

    私の夫ハムザはマレーシア生まれのマレー系マレーシア人。そんなマレー系の夫と国際結婚をしてマレーシアで暮らし始め、文化の違いから起こる面白いハプニングは日常茶飯事なのですが、特に印象的なのが義家族との時間の過ごし方や接し方です。先日綴ったこの記事でも少しご紹介をしています。 malaysiacinta.net 日本で生まれ育ち、親戚付き合いもかなり希薄に生きてきた日本人の私にとっては新鮮かつ、これまでの価値観を引っくり返される出来事ばかり。 今回は、旅先でのある出来事で感じたことを綴ってみたいと思います。 【夫婦二人ラブラブ旅行に大学生甥っ子君が急遽合流!】 2020年の年末、私の誕生日祝いも兼…

  • イスラム教徒じゃなくてもオススメ!イポーのハラールDim Sam(飲茶)「Canning Dim Sum」

    マレー半島Perak州(ペラ州)の町Ipoh(イポー)。主に華系やインド系が多く暮らす町で、美味しい食べ物が豊富な町としても知られています。 華系が多く暮らすイポーではDim Sam(ディム サム)(飲茶・点心)がとても人気。今日はそのイポーでイスラム教徒もいただくことができるハラール ディム サムの人気店をご紹介します! 【豚肉を使用しないハラール点心が気軽に楽しめるマレーシア】 さて、まずDim Sam(ディム サム)とは。ディム サムは飲茶や点心のことを意味し、マレーシアでは一般的な呼び方として親しまれています。多言語が混ざり合うマレーシアでは皆が共通で認識できる呼称や文字が広く浸透して…

  • マレーシアの家からほとんど出ていない2020年を振り返って

    今日は12月29日、2020年もあと3日で終わりです。皆様、2020年は本当にお疲れさまでした。そして大変お世話になり、本当にありがとうございました。どうぞ良い新年をお迎えください。そして2021年も引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。 実は今日は私の誕生日。49歳となりました。 いつも年の瀬の誕生日を迎えるたび、ずいぶんと落ち着かない時期に生まれなあ…などと思う人生だったのですが、今年は特にいつもとは大きく違う一年を過ごしたからか、あれこれ考えてしまう誕生日となりました。 【厳しい活動制限令(MCO)が施行された2020年のマレーシア】 マレーシアで迎えた2020年の幕開け。マレーシア…

  • プトラジャヤのかっこいい鉄のモスク「Tuanku Mizan Zainal Abidin Mosque」

    行政機関がまるっと集まった人工的な町Putrajaya(プトラジャヤ)。ここには大きなモスクが二つあります。 ひとつはガイドブックにも載っていてマレーシアを訪れたら最初に行くモスクと言ってもいい、有名な観光名所となっている通称ピンクモスク、正式名称Putra Mosque(Masjid Putra)です。 そしてもうひとつが、通称「Iron Mosque(鉄のモスク)」。正式名称、Tuanku Mizan Zainal Abidin Mosque(Masjid Tuanku Mizan Zainal Abidin)です。ピンクモスクとは対照的なクールとも言えるその外観が特徴的なこちらのモスクで…

  • マレー系マレーシア人に大人気のSatay(サテー)!ムアーの「R&H Cafe Satay Maharani」

    Melaka州(ムラカ州)の田舎、Kampung Kuala Linggi(カンポン クアラ リンギ)で新年を迎えた2015年。この時の旅はシンガポール発着のDelta航空のフライトだったので、ハムザにシンガポールのチャンギ空港まで迎えに来てもらったのでした。…当時私達は友達関係だったのに。「シンガポールに夜中に着く」と言ったらマラッカから迎えに来てくれました。遠いのにっ! 国境を越えてマレー半島を車で北上。その途中でお腹が空いたのでJohor州(ジョホール州)の町、Muar(ムアー)に寄り道。そのムアーで食べたSatay(サテー)がとても美味しく、そしてとても良いお店でしたのでご紹介します。…

  • カラフルでワクワク感満載!バンギに新オープン「KEK LAPIS SARAWAK MAMA SU」のしっとりケーキ

    衣食住の至る所に鮮やかカラーが溢れている南国マレーシア。そんなマレーシアではお菓子も色彩り豊か。日本人の感覚ではちょっと想像がつかないようなカラフルで遊び心溢れたお菓子を目にすることもあります。 マレーシアのボルネオ島側に位置するSarawak州(サラワク州)の名物お菓子、Kek Lapis Sarawak(ケク ラピス サラワク)。ケク ラピスと呼ばれることも多いです。サラワク州では日常的に売られているケク ラピス サラワクですが、マレー半島ではそこまで頻繁にお目にかかれるお菓子ではありません。 今回は、そんなケク ラピス サラワクを楽しむことができるお店を見つけましたので、ご紹介します。 …

  • マレー系マレーシア人男性のポジティブ成り行きまかせな思考について

    今日は、たまに聞かれる「マレーシア人との恋愛」について。 ご存知の通り、私の夫ハムザはマレー系マレーシア人。イスラム教徒です。彼は生まれてから20歳で留学のために日本に来るまでの20年間はずっとマレーシアの田舎で暮らしていましたので、生活習慣も考え方もコテコテのマレーシア的思考、イスラム思考が身に付いているマレーシア人と言っていいと思います。 そんなマレー系マレーシア人の夫と恋愛をして結婚に至るまでの頃のことをお話ししたいと思います。 【最初は全然ピンと来なかった、出会いから結婚に至るまで】 まずは私達の簡単な関係の変化をご紹介。 ********** 【2012年冬】 東京でマレーシア人の友…

  • マレーシアを一周した気分になれるかも?マラッカの「Mini Malaysia & ASEAN Cultural Park」

    マレーシアはマレー半島とボルネオ島から成る、13州と3連邦で構成された国。とても広大というほどの国土ではないものの、例えば全部の州をしっかり見て回ろうと思うと、もちろん多大な日数と時間を要します。 本当なら、それぞれの州や町をゆっくりと時間をかけて周るような旅ができれば一番ですが、そうもいかないのが現実。今日は、そんな時間がない方が訪れてみたら意外と楽しいかもしれない場所をご紹介します。 【広大な敷地内にマレーシア各州の伝統家屋が立ち並ぶテーマパーク】 Melaka州(ムラカ州)にある「Mini Malaysia & ASEAN Cultural Park」。 マラッカの中心地となるマラッカタ…

  • マラッカの海沿いで美味しいベトナムコーヒーがいただけるお店「Cafe in the FARM」

    マラッカといえば、プラナカンビーズの煌びやかさや世界遺産に登録された古い町並みが楽しめるマラッカタウンの中心地が人気ですが、実はその中心エリアから車を少し走らせるとマレーシア人達が憩いの場としているとても良いローカルビーチが点在しています。 埋め立てなどされていない綺麗な砂浜と、そこから望むマラッカ海峡を楽しみに休日には多くのマレーシア人達が訪れ、皆思い思いにのんびりと過ごす様子を見ることができます。 今日ご紹介するのは、そんな長閑な田舎のビーチ沿いに突然現れる、美味しいベトナムコーヒーをいただけるお店です。そう、マレーシア料理店ではなく、ベトナム料理店です! 【マラッカのローカルビーチ沿いに…

  • マレーシアで一番有名なNasi Lemak(ナシ ルマッ)と言えば「Village Park Restaurant」

    今やガイドブックには必ず掲載され、マレーシア人はもちろんのこと、マレーシア在住外国人のみならず多くの観光客も知っているNasi Lemak(ナシ ルマッ)の有名店「Village Park Restaurant」。 私はあちこちでナシ ルマッを食べ歩いていて、これまでも、特に少し地方や田舎にある美味しいお店をご紹介しています。 malaysiacinta.net malaysiacinta.net 今回ご紹介するお店はいつもの田舎の雰囲気とは打って変わり、KL(クアラ ルンプール)と近接したPetaling Jaya/PJ(プタリン ジャヤ)という都会エリアにあるお店です。 すでにたくさんのメ…

  • 年に一度の家族大集合イベント!マレー系マレーシア人の「ファミリー ディ」とは?

    一年前の2019年12月。ハムザの家族達が一同に会して二泊三日を共に過ごすイベント「ファミリー ディ」で、Selangor州(スランゴル州)のSekinchan(セキンチャン)という田園地帯に滞在をしました。 【家族が大切!マレーシアの「ファミリー ディ」はどんなイベント?】 まず、イベント「ファミリー ディ」とは。言葉の意味はもちろん分かりますけど、私は日本でもマレーシアでもそんなイベントを経験したことはなく…。 私の夫ハムザは、マレー系マレーシア人ですが、マレーシアというお国柄、そしてさらにマレー系マレーシア人はイスラムを信仰していることも関係して、家族をとても大切にします。何があっても、…

  • マラッカ海峡を望む美しいフローティングモスク「Melaka Straits Mosque」

    マレーシアで有数の観光地、Melaka州(ムラカ州)の中心地マラッカ。2008年には中心地の町並みが世界遺産に登録され、国内外問わず観光客に人気のスポットです。 そしてほとんどの方には興味ない知識かと思いますが、実はマラッカは私の夫ハムザの実家がある故郷でもあります!笑 マラッカの魅力は色々あるのですが、やはり昔から旅人を魅了してやまないマラッカ海峡は不動の人気を誇っています。今回は、そのマラッカ海峡を一望できる最高のロケーションに建つ、美しいフローティングモスクをご紹介します。 【マラッカ海峡と町をつなぐように建つフローティングモスク】 2006年に建てられたこちらのモスク、その名も「Mel…

  • ふわふわご飯で美味しさ100倍!バンギの「Restoran ZNI」で至福のナシ ルマッ

    マレーシア人に「好きなご飯は何ですか?」と尋ねると、かなりな確率で「ナシ ルマッ」という答えが返ってくるほど、マレーシア人のソウルフードとも言える料理、Nasi Lemak(ナシ ルマッ)。 【マレーシア人のソウルフード「ナシルマッ」ってどんな料理?】 どんな料理か説明しようとしても正直奥深くて難しいのですが、かなり端折って書くと、ココナッツミルクで炊いた香り高いご飯に、マレーシアでは欠かせないサンバルソース、たまご、カリカリに上げた小魚、ピーナッツときゅうりを添えて、全部を混ぜながらいただく料理です。 と言われても、食べたことがない人は全然ピンと来ないと思いますので、こちらでナシ ルマッにつ…

  • 常夏の国の小さな町ムアーでいただくトロトロ絶品山羊スープ

    常夏の国マレーシア。暑さゆえ、さぞかしいつも冷たいものや辛いものばかり食べては身体の冷却ばかりしているのだろうと考える人も多いかと思いますが、実はマレーシアでも温かいスープは好んで食べられています。 【マレーシアの夜いただくトロトロ山羊スープ】 今回ご紹介するのは、その温かいスープの中でも少し珍しいSoup Kambing(スープ カンビン)です。マレー語でSup Kambing(スプ カンビン)とメニュー記載をしているお店もあります。 これがそのスープ カンビンです。Kambing(カンビン)は山羊、つまり山羊肉のスープ、マトンスープです。 Roti(ロティ)と呼んでいる食パンも一緒について…

  • マレーシアのもうひとつのブルーモスク、クアンタンの「Sultan Ahmad 1 State Mosque」

    マレーシアで「ブルーモスク」といえば、Selengor州(スランゴル州)のShah Alam(シャー アラム)にある「Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah Mosque(Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz)」(通称ブルーモスク)が有名ですが、実はマレーシアにはもうひとつ、とても美しいブルーモスクがあるのです。 【マレー半島東海岸でブルーモスクといえば、このモスク】 マレー半島東海岸Pahang州(パハン州)の海沿いの町Kuantan(クアンタン)。この町にはランドマークとも言えるとても素敵なモスクがあります。その名も「Sulta…

  • トレンガヌ州の海沿いで食べたい魚煮込み料理Nasi Dagang(ナシ ダガン)

    マレー半島の東海岸に位置するKelantan州(クランタン州)、Terengganu州(トレンガヌ州)、そしてPahang州(パハン州)では、クアラ ルンプール(KL)を始めとした西海岸ではなかなか食べる機会の少ない、お米と共に食べる珍しい料理が色々とあります。以前ご紹介した青いご飯もそのひとつ。 malaysiacinta.net 【トレンガヌ州の新鮮な魚を使った郷土料理「Nasi Dagang(ナシ ダガン)】 そして今日ご紹介するご飯は主にトレンガヌ州でいただける、お魚と一緒にいただくご飯Nasi Dagang(ナシ ダガン)です。 色々とご説明をする前に、まずはナシ ダガンの全貌をご紹…

  • ローカルフード満載の朝ご飯がいただけるホテル「Metland Hotel Cirebon By Horizon」

    今日は、2017年5月に旅をしたインドネシアのジャワ島北部にある町Cirebon(チレボン)で滞在したホテルの朝ご飯のご紹介。というわけで、今日はマレーシア料理ではなく、お隣の国インドネシアの料理に注目です。 malaysiacinta.net malaysiacinta.net 【ローカルフードの朝食がいただけるホテル「Metland Hotel Cirebon By Horizon」】 滞在したCirebon(チレボン)のホテル、Metland Hotel Cirebonではとても美味しいインドネシア料理の朝ご飯をブッフェスタイルでいただけます。爽やかな空気に包まれた中庭でいただくことがで…

  • 衝撃カラーのマレーシアヘルシーご飯Nasi Kerabu(ナシ クラブ)

    今日は、世にも珍しいマレーシアの青いご飯Nasi Kerabu(ナシ クラブ)をご紹介します。 マレー語でナシはご飯、クラブはサラダ、直訳するとサラダご飯と言った感じのご飯です。マレーシアのマレー半島東海岸、Kelantan州(クランタン州)やTerengganu州(トレンガヌ州)の郷土料理で、マレーシア料理としては珍しくほとんど油を使用しないヘルシーなご飯のため、朝ご飯で食べられることが多く健康志向な女性にも好まれています。 【衝撃カラーの青いご飯!】 そのナシ クラブですが、注目すべきはなんと言ってもこのご飯の色。 多くの日本人にとって青色は食欲減退カラーという認識ですが、ここマレーシアで…

  • カラフルなデザートがずらり!マラッカのKuih(クエ)屋さん「Perhentian Kuih Kampung」

    今日ご紹介するお店は、カラフルなマレーシアデザートKuih(クエ)がずらりと並ぶお店、「Perhentian Kuih Kampung」です。 Melaka(Malacca)(マラッカ)の中心地の端っこにあるこちらのお店。マラッカといえば華系のニョニャ クエがメジャーですが、ここはマレー系の方達が集う、マレー系のクエのお店です。ココナッツミルクやお芋などマレーシアならではの材料で丁寧に作られた蒸し菓子や焼き菓子がとても人気で、長年地元のマレー系の人達に愛され続けています。 ここのお店の魅力は何と言ってもこの、カウンターに並ぶカラフルで可愛らしいクエの多さ!一瞬ブッフェなの?と思ってしまいますが…

  • ポートディクソンで辛くて美味しいマレー系料理を楽しむなら「ASAM PEDAS KASIH IBU」

    マレーシアは13州と3連邦から成り立つ国ですが、その中でも突出して辛い味付けを好むエリアとして挙げられるのが、Negeri Sembilan州(ヌグリ スンビラン州)とMelaka州(メラカ州)です。そう、ハムザの故郷であるマラッカ(メラカ)は辛いものが多いのです…。家で料理する時も辛い味付けが多いし、唐辛子消費率はかなり高いです。 今回ご紹介するのは、堂々の辛いもの好きエリアNo.1であるヌグリ スンビラン州の料理、Masak Lemak Chilli Api(マサルマッ チリアピ)。 唐辛子の中でも最強に辛いであろう小さな生の青唐辛子をふんだんに使った辛~い料理ですが、この州のマレー系の人…

  • Aさんに伝えたいこと

    久しぶりの投稿なのに申し訳ありませんが、今日は全然楽しくない話題です。 約3カ月ほど、とあるSNSでマレーシアのサバ州在住(2020年11月に日本へ本帰国済み)の20代日本人女性Aさんから時折、私の個人名は記さない、いわゆるエアリプの形で批判投稿をされていました。 当初は相手にしないつもりで流していましたが、人として看過できない発言をされたため、私のAさんへの考えと今後の対応について記事にしました。 本来ならこのブログに投稿ですが、とても不愉快な内容であること、そしてこの投稿をもって私の心からこのAさんという存在を消し去ることが今回の目的なので、あえて別ブログにてUPをしています。もしお時間と…

  • マレーシアで一番美味しい「Kafe Kampung Kaw」のNasi Lemak(ナシ ルマッ)

    KLから日帰りで行けるビーチ、Port Dickson(ポートディクソン)。略してPD。ビーチリゾートだからやっぱりご飯はシーフード!となるかと思いますが、PD滞在の朝ご飯でぜひ食べていただきたい絶品Nasi Lemak(ナシ ルマッ)を見つけましたので、ご紹介します。 PDの海岸線から少し内陸に入り車を走らせ、「こんなところにお店なんてないでしょ…」という民家が続く道を少し走ると見えてくる道案内の看板。それに従ってさらに小道を上がっていくと、突如として可愛いマレー系のお店「Kafe Kampung Kaw」が現れます。 こんな所にこんなお店が!というくらい忽然と現れるし、そんな場所なのにマレ…

  • ドリアンを発酵させたソースで魚料理!?パハン州郷土料理Tempoyak(トンポヤッ)

    今回は東海岸Pahang州(パハン州)の名物料理を紹介します。まずは、美味しそうなパハン料理を前にはしゃいでいる我が家の旦那様の写真から笑。 パハン州料理ってどんな料理?と思われるでしょう。パハン州は海も山もある自然豊かな州なので名物料理も色々ありますが、マレーシアらしくて面白く珍しい味で注目すると、やはりドリアンを発酵させたソースTempoyak(トンポヤッ)が代表的です。 ドリアンの果肉に少し塩を混ぜ、室温で3〜5日ほど置いたら完成という簡単なソース。そのままでも食べられますが、チリやサンバルと合わせて調味料として使用することが多く、特に魚料理に使うと味が引き立つ美味しいソースです。代表的…

  • クアラ トレンガヌの「新品香茶餐室」でふわふわKaya Bun(カヤサンド)!

    東海岸Terengganu州(トレンガヌ州)の町、Kuala Terengganu(クアラ トレンガヌ)は住民のほとんどがマレー系というマレータウンですが、町の端っこに小じんまりとチャイナタウンがあります。普通に歩いたら10分もかからず通過する小さな通りではありますが、マレータウンの中でたくましく頑張っている華人さんのお店が軒を連ね、肉骨茶やビールを求める外国人も集まっていたりします。 そのチャイナタウンにある「新品香茶餐室」というコピティアムで、とても美味しいふわふわのKaya Bun、カヤサンドをいただきました。 友人と店の前を一度は通り過ぎたものの…。店内で良い感じにくつろぐ華人のおじさ…

  • クアラ トレンガヌでイカ丸ごとご飯を楽しみたいなら「Kedai Makan Sri Binjai」

    東海岸Terengganu州(トレンガヌ州)の町、Kuala Terengganu(クアラ トレンガヌ)は海に面した街なのでシーフードを美味しくいただけるお店が多いのですが、中でもオススメしたいのがイカ!マレーシアのイカは日本のものよりも柔らかい印象で、とても美味しいです。 とは言うものの、女性二人での旅の時などにシーフード専門店というのもちょっと敷居が高く…(値段も量も)。ナシ チャンプルのような感じで食べられるお店がないかなと探していたら…ありました! マレー系のお店で、朝はNasi Dagang(ナシ ダガン)やNasi Lemak(ナシ ルマッ)、昼はナシ チャンプルをいただけるお店「…

  • KLで「KRIM GAMAT(ナマコクリーム)」を買いたいなら国立モスクへ行こう

    マレーシアのお土産として女性に人気のナマコクリーム。 2016年にそのナマコクリームについての記事を書いていますが、以来常に一定数のPV数があります。 malaysiacinta.net 【ナマコクリームの在庫が豊富なマラッカのバスターミナル「Melaka Sentral(ムラカセントラル)」】 記事を読んでいただければ分かりますが、記事内ではこのナマコクリームを購入できる場所としてMelaka州(ムラカ州)のバスターミナル「Melaka Sentral(ムラカ セントラル)」の中に立ち並んでいるマレー系のローカル薬局について記載しています。 直近では2019年10月にも訪れましたが、潤沢に在…

  • Satay(サテー)とジョホール郷土料理を朝から楽しめる「Sate 7 Pagi」

    Sataマレーシアの代表料理とも言ってもいい串焼きSatay(サテー)。マレーシアに来るとレストランから屋台まで、ありとあらゆるところで楽しむことができる料理です。 crea.bunshun.jp では、いつ食べるのか?と聞かれると、やはり夕方のおやつ、そして夜に食べることが多いのかなと思います。 そんな午後メインのサテーをなんと朝から食べることができ、さらにはJohor州(ジョホール州)の郷土料理もあれこれいただけるお店があると聞き、行ってきました。その名も「Sate 7 Pagi」、サテ トゥジュ パギと読みます。KLとバンギの間あたりのSeri Kembangan(スリ クンバンガン)と…

カテゴリー一覧
商用