searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

りすたろうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
りすの本棚
ブログURL
https://risubooks.com/
ブログ紹介文
読書好きの20代女子がオススメの小説をご紹介します!ミステリーが特に好きです♡
ブログ村参加
2020/11/18
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、りすたろうさんをフォローしませんか?

ハンドル名
りすたろうさん
ブログタイトル
りすの本棚
フォロー
りすの本棚

りすたろうさんの新着記事

1件〜30件

  • 熱帯|森見登美彦|一冊の本からすべてが始まる。本好きにオススメの一冊!

    沈黙読書会。それは、1人1冊謎を抱える本を持ち寄って、その謎について語り合う会。住宅地の奥にひっそりと佇む二階建ての洋風のお店に足を運ぶと、まるで不思議な物語の入り口に立たされたような謎めいた雰囲気が漂います。そして、実際に、そこでは、「熱帯」という世にも珍しい小説から始まる不可思議な世界への扉が開かれるのです。謎に満ちた小説、「熱帯」の正体とは 沈黙読書会。それは、1人1冊謎を抱える本を持ち寄って、その謎について語り合う会です。会場である住宅地の奥にひっそりと佇む二階建ての洋風のお店に足を運ぶと、まるで不思議な物語の入り口に立...

  • 強運の持ち主|瀬尾まいこ|占いがあなたの一歩を踏み出すエールになる!

    その占いはきっとあなたの背中を押してくれる。読み終えたときには、きっと元気になれる、そんな一冊です。とっても軽くすらすらと読めるので、移動時間に読んだり、重めのお話に疲れてきてしまったときに読んだりするといいと思います。仕事や人間関係で疲れちゃったっていう人も、日々の癒しにぜひどうぞ。その占いはきっとあなたの背中を押してくれる。読み終えたときには、きっと元気になれる、そんな一冊です。とっても軽くすらすらと読めるので、移動時間に読んだり、重めのお話に疲れてきてしまったときに読んだりするといいと思います。...

  • 海辺のカフカ(上・下)|村上春樹|ただ「生きる」こと。

    少年は歪んだ世界から抜け出そうと、家出をした。向かった先は四国。どこへいくあてもなく、少年は自由で孤独だった。彼は高松へ降り立ち、ある私立図書館へ興味をそそられ、そこで暮らすようになる。その図書館の館長である美しくも諦観した雰囲気の女性と、さっぱりとした清潔感のある様子の中性的な美しさを持つ若い男性助手に出会う。Contents1 孤独な15歳の少年は旅に出る2 二つの軸の重なりが面白い3 シンプルでお洒落で哲学的な文章4 とにかく生きること5 最後に 孤独な15歳の少年は旅に出る 少年は歪んだ世界から抜け出そうと決意し、家出を...

  • 魔術はささやく|宮部みゆき|少年は魔の手に迫る。温もりとスリルが混在するサスペンス。

    Contents1 あらすじ2 感想2.1 孤独な少年を取り巻く温もりのある人々2.2 手に汗握るサスペンス!正当な裁きは必要か。 あらすじ ある女性はマンションの屋上から飛び降り、別の女性は地下鉄の線路へ飛び込み、そし... ある女性はマンションの屋上から飛び降り、別の女性は地下鉄の線路へ飛び込み、そして、三人目の女性はタクシーの前に飛び込んだ。一見すると、共通点は、どの被害者も綺麗な若い女性であることくらい。けれど、その共通点に気付く人が何人かいて。“私は他人を意のままに操ることができるのだよ。信じられないかもしれないが、できるのだ。”

  • AX|伊坂幸太郎|恐妻家の殺し屋の話。スリル満点の裏の顔。別の意味でスリル満点の表の顔(笑)。

    Contents1 あらすじ2 感想2.1 殺し屋兜、なんてチャーミング!2.2 死の恐怖に直面する話2.3 友達ってなんだ?殺し屋が考える友情とは2.4 愛妻家であり、恐妻家だよ あらすじ AXはグラスホッパー、マリア... 兜は一流の殺し屋なのに、家ではかなりの恐妻家。いつも妻の機嫌を伺いながらも、息子と三人で和やかで幸せな日々を送っています。兜に裏があることなど、家族はもちろん誰も知らない!チャーミングな兜にクスっと。スリル満点の殺し屋同士の対決にはドキドキ。ユーモア満天の傑作エンターテイメント!殺し屋兜とその家族の物語をご覧あれ。

  • 蛇行する川のほとり|恩田陸|儚く残酷な4人の少女たちのひと夏の物語。

    Contents1 あらすじ2 感想2.1 美しい少女2.2 美しい表現2.3 虚構の真実 あらすじ 本作は、4人の高校生の少女のあるひと夏の物語を描いています。9月に行われる演劇祭の舞台背景を描くため、憧れの先輩である... 本作は、4人の少女のあるひと夏の物語を描く。演劇祭の舞台背景を描くため、憧れの先輩に誘われて夏合宿を行うこととなった毬子。最初は有頂天だったが、その夏は次第に陰りを帯びる。彼女たちは、幼い頃のある事件に関する秘密を抱えていた。忘れていた記憶がよみがえるとき、明らかになることとは。儚く残酷で美しい少女たちのひと夏。

  • 理由|宮部みゆき|ドキュメンタリー的手法で社会問題に鋭く切り込むミステリー!直木賞受賞作。

    なぜ4人もの人がマンションの一室で死んでいるのか。都内の高層マンションの一室で発見された中年の男女と老婆の遺体、そして、ベランダから転落した男。彼らは一体誰か。誰が殺人を起こしたのか。その「理由」を、事件解決後に改めて一つの作品とするため、事件関係者一人一人に取材していくというドキュメンタリー的手法で描くミステリー。Contents1 現代社会の問題をミステリーで描く2 宮部みゆきさんが描く「家族」はすごい!3 人間の「自由」と「孤独」 現代社会の問題をミステリーで描く なぜ、4人もの人がマンションの一室で死んでいるのか。 都内にあ...

  • 満願|米澤穂信|人間のどうしようもない運命を描き、ざらり、どろりな結末が虜になる短編集!

    本作は、色とりどりのミステリー短編6編から成っています。満願は、「このミステリーがすごい!」、「週刊文春ミステリーベスト10」、「ミステリが読みたい!」で三冠を取った話題作です。今まで読んできたミステリーとは一味違った魅力に惹きつけられます。ここでは、それぞれのあらすじと魅力をご紹介します。本作は、色とりどりのミステリー短編6編から成っています。満願は、「このミステリーがすごい!」、「週刊文春ミステリーベスト10」、「ミステリが読みたい!」で三冠を取った話題作です。今まで読んできたミステリーとは一味違った魅...

  • レベル7|宮部みゆき|「レベル7まで行ったら戻れない」その言葉に秘められた衝撃の真実

    この物語は、一見別の話にも思える男女の記憶喪失と少女の失踪事件という2つの軸で進む話が次第に繋がりを見せ、ある一つの黒幕へと最終的に迫っていくサスペンス&ミステリーです。ぎゅっと濃縮された4日間の彼らの冒険譚にハラハラドキドキ間違いなしです。この物語は、一見別の話にも思える男女の記憶喪失と少女の失踪事件という2つの軸で進む話が次第に繋がりを見せ、ある一つの黒幕へと最終的に迫っていくサスペンス&ミステリーです。ぎゅっと濃縮された4日間の彼らの冒険譚にハラハラド...

  • 豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件|倉知淳|皮肉あり笑いありのミステリー短編!

    倉知淳さんといえば「猫丸先輩シリーズ」を始めとしたゆるめのミステリー短編がとっても楽しいですよね。本書も短編集ではあるのですが、皮肉な結末があったり、ちょっと近未来的な設定があったりといつもとは違ったテイストも味わえる作品集となっています。戒めや教訓、世の中の不条理など、黒い部分もユーモア溢れる筆致で描き出しています。とっても楽しいミステリー短編!ブラックユーモアも! 倉知淳さんといえば「猫丸先輩シリーズ」を始めとしたゆるめのミステリー短編がとっても楽しいですよね。本書も短編集ではあるのですが、皮肉な結末があったり、ちょっと近未来的な...

  • ネバーランド|恩田陸|4人の少年が抱えるそれぞれの「秘密」を明かすとき。

    舞台は伝統的な進学校の男子寮「松籟館」。冬休みになると多くの生徒が帰省する中、居残り組の4人は、緩やかな共同生活を送っていきます。「告白」ゲームを皮切りに明らかになっていくそれぞれの抱える秘密と深まる謎。やがて、孤独で自由な暮らしの中で、真実が見えてきて、それぞれが抱える鉛をその背から降ろして、前へ進んでいくのです。Contents1 あらすじ2 感想2.1 懺悔大会の始まりと恩田陸さんの作風2.2 「女」へのトラウマを抱える少年たち2.3 共犯関係が生み出す独特の雰囲気 あらすじ 舞台は伝統的な進学校の男子寮「松籟館」。冬休みにな...

  • からまる|千早茜|七人の男女の愛と「生きること」についての物語。研ぎ澄まされた感性を柔らかい文章で味わって

    本作は、七人の男女が恋や愛、生命について、生きることについて、自分の存在価値について、色々なことに悩みながらも、自分に自信を失いながらも、自分の弱さを受け入れて、強く「生きる」お話を短編で収録しています。全7話の登場人物たちはそれぞれ緩やかに繋がっています。Contents1 感想2 あらすじ3 おわりに 感想 本作は、七人の男女が恋や愛、生命について、生きることについて、自分の存在価値について、色々なことに悩みながらも、自分に自信を失いながらも、自分の弱さを受け入れて、強...

  • イブの憂鬱|唯川恵|仕事も恋もブルーな29歳の等身大の女性がもがきながらも一歩踏み出すお話。

    とってもブルーな気分で29歳を迎えた真緒。仕事では、それなりに上手くやってきたはずなのに、リストラの対象に。やりたいことだって見つからず、特技や資格なんてない。それなら結婚だ、と思って見合いを受けることにしたものの諦めから見合いを仕方なく受けたということを見抜かれてあっさりと断られてしまう。あらすじ とってもブルーな気分で29歳を迎えた真緒。仕事では、それなりに上手くやってきたはずなのに、職場の後輩からの思いがけない陰口にショックを受ける。突如リストラの対象にまでされて辞めてやろうかと思うものの、「やりたい...

  • 猫丸先輩の推測|倉知淳|日常に潜む謎をゆるーい猫丸先輩がきりっと推測!

    本作はまるーいお目目にふっさりとした前髪の神出鬼没の不思議な男、猫丸先輩が、日常に潜む謎を華麗に推測するお話です。短編六話から構成されており、どれもクスっと笑えるキャラクターたちのやり取りがとても愉快。謎こそ日常に潜むライトなものですが、着眼点が鋭くて毎回驚かされます。ミステリー好きにも初心者にもオススメの作品です。Contents1 ミステリ好きもミステリ初心者もきっとハマる2 簡単なあらすじ紹介3 終わりに ミステリ好きもミステリ初心者もきっとハマる 本作はまるーいお目目にふっさりとした前髪がチャームポイントの神出鬼没の不思議な...

  • 謎解きはディナーのあとで|東川篤哉|令嬢警官と毒舌刑事が贈る笑えるミステリー

    「謎解きはディナーのあとで」の小説は、シリーズ三作品と、筆者自選の傑作三篇に書下ろし一作品を加えたベスト版、「風祭警部の事件簿」という副題のスピンオフ作品、映画版を小説化した作品の全6作品からなります。 本作は、2011... 本作は、2011年本屋大賞を受賞し、櫻井翔さんと北川景子さんによってドラマ化、映画化もされた懐かしの大人気ミステリーです。宝生家のお嬢様であり、日々不可思議な殺人事件に四苦八苦する警察官でもある宝生麗子と、その忠実な執事であり、抜群の推理力と毒舌発言で麗子を驚かせ、怒らせる影山の掛け合いが楽しいポップなミステリーです。

  • グラスホッパー|伊坂幸太郎|殺し屋シリーズ第一弾!「押し屋」の行方を追え!

    あらすじ 本作は、グラスホッパー、マリアビートル、AXと続く伊坂幸太郎の殺し屋シリーズの一作目です。非合法的な商売を行っていることで有名な会社「フロイライン」の社長の馬鹿息子がひき殺された!?どうやらそれは押し屋の仕業ら...本作は、グラスホッパー、マリアビートル、AXと続く伊坂幸太郎の殺し屋シリーズの一作目。非合法的な商売を行っている会社「フロイライン」の社長の馬鹿息子がひき殺された!?どうやらそれは押し屋の仕業らしい。押し屋というのは、電車が通る線路や車道に人を押して殺すプロのこと。彼は何事もなかったかのように現場から逃走したが。

  • 開幕ベルは華やかに|有吉佐和子|舞台裏の人々の愛憎劇。突き抜けた天才女優の生き方。

    Contents1 あらすじ2 感想3 終わりに あらすじ 「二億円用意しろ。さもなくば、主演女優を殺す」 舞台は帝国劇場。著名な劇作家が突如仕事を降りることになり、来月に既に前売券完売の大舞台を控えた劇場の者たちは大混...「二億円用意しろ。さもなくば、主演女優を殺す」舞台は帝国劇場。著名な劇作家が突如仕事を降り、来月に既に前売券完売の大舞台を控えた劇場の者たちは大混乱。そこに開演直前に劇場にかかってきた一本の脅迫の電話。不可解な連続殺人が起こる。犯人の内に秘めた思いとは?華やかな舞台の裏の愛憎劇をユニークな筆致で描いたミステリー。

  • 霧越邸殺人事件(上・下)|恩田陸|未来を予言する不気味な館で起こる連続殺人

    吹雪の山荘に迷い込んだ劇団「暗色天幕」の面々は、そこで続発する見立て殺人に襲われる!?綾辻行人が生んだミステリーと怪奇の美しい融合が味わえる小説です。大ヒットとなった館シリーズとはまた違った静謐で神秘的な雰囲気の漂う作品...吹雪の山荘に迷い込んだ劇団「暗色天幕」の面々は、そこで続発する見立て殺人に襲われる!?綾辻行人が生んだミステリーと怪奇の美しい融合が味わえる小説です。大ヒットとなった館シリーズとはまた違った静謐で神秘的な雰囲気の漂う作品です。

  • 七月に流れる花/八月は冷たい城|恩田陸|夏のお城とみどりおとこの秘密を探るダークファンタジー

    七月に流れる花 夏流という街に最近引っ越して来た少女は、美術の時間に「夏の人を描いてください」という課題を与えられます。少女は漠然とひまわり畑にいる麦わら帽子の少女を想像して描きましたが、周りの子たちが描いていたのは皆同...彼女たちがここに集められた理由は何なのか。このお城がこんなにも世間から隔離されているのはどうして。仲間だと信じている少女たちは自分に何を隠しているの。次第に明らかになっていく「夏のお城」の謎とは一体何なのでしょうか。

  • ユージニア|恩田陸|あなたには『忘れられた祝祭』の全貌が分かりますか?

    Contents1 この世のすべてはノンフィクション2 名家を襲った大量毒殺事件を複数の証言者の視点から語る3 美少女が放つ存在感に魅了される4 おわりに この世のすべてはノンフィクション 恩田陸さんの作品ではよく語られ...本作品ですが、K市の名家で起こった大量毒殺事件の真相を数十年の時を超えて探っていくお話です。複数人の当時現場に居合わせた人や事件の捜査に関わった人々が証言者となって彼らが思う「真実」を語っていきます。読み進めるほどに謎が深まっていき、最後まで事件の本質がベールに包まれたような感じで終わる、そんな作品です。

  • ドミノin上海|恩田陸|抱腹絶倒のドタバタコメディ。25人と3匹の人生が交差する瞬間!

    東京駅を舞台にしたハチャメチャコメディ、「ドミノ」の第二弾として執筆された「ドミノin上海」。25人と3匹の人生がすれ違い、交差する瞬間を描くドタバタパニックコメディで、個人的に前作を超える面白さでした。上海という舞台の...東京駅を舞台にしたハチャメチャコメディ、「ドミノ」の第二弾として執筆された「ドミノin上海」。25人と3匹の人生がすれ違い、交差する瞬間を描くドタバタパニックコメディで、個人的に前作を超える面白さでした。上海という舞台の喧騒やカオスな雰囲気もこの作品のテンポの良い展開にすごくマッチしていてよかったです。

  • 水車館の殺人|綾辻行人|仮面の主人と美少女が住まう不気味な館で起こった惨劇とは?館シリーズ第二弾!

    「十角館の殺人」の衝撃に勝るとも劣らない、館シリーズ第二弾。山奥に佇むヨーロッパの古城のような巨大な館、「水車館」には、仮面を被った主人と美少女が、ベテラン執事と通いの家政婦と共に、世間から離れてひっそりと暮らしていまし...「十角館の殺人」と同様に一言で読者に衝撃を与え、精緻で美しいトリックの真相が繰り広げられます。これぞ、綾辻行人さんの作品だ!という快感が味わえます。論理的に構築された犯罪で終わらない非科学的な部分でもゾクゾクさせるラストは、ホラーにも精通した綾辻さんならではの面白さです。

  • 黒と茶の幻想(上・下)|恩田陸|4人の男女が旅で向き合う消えた少女の行方と自分自身の謎。

    学生時代からの友人である30過ぎの4人の男女はふとした思い付きからY島(屋久島)への3泊4日の登山旅行を思い付きます。元恋人を含む4人は、会社で責任のある立場になっていたり、結婚して子供がいたり、義父と上手くいってなかっ...神聖な雰囲気が漂い自らを包み込んでくるような森。沢山の森の中をひたすら歩きながら、4人は、突然消えた共通の知人、梶原憂理に関する謎を解き明かしていくと共に、それぞれが抱える己の謎について議論しつつ、過去の自分、そしてそれから地続きの現在の自分の奥底に眠っていた意識と向き合い、自分自身についての新たな発見をしていきます。

  • 屍人荘の殺人|今村昌弘|一時間半で世界は一変した。籠城を余儀なくされた事態で連続殺人の魔の手から彼らは生き延びることができるのか。鮎川哲也賞受賞作。

    神紅大学のミステリ愛好会会長であり、「神紅のホームズ」と呼ばれる明智恭介とその助手である葉村譲は、警察も顔負けの多くの事件を解決してきた天才探偵美少女、剣崎比留子と共に、映画研究部の曰くつきのペンションでの合宿に参加する...神紅大学のミステリ愛好会会長であり、「神紅のホームズ」と呼ばれる明智恭介とその助手である葉村譲は、警察も顔負けの多くの事件を解決してきた天才探偵美少女、剣崎比留子と共に、映画研究部の曰くつきのペンションでの合宿に参加することになります。そこで突如起こった密室殺人事件は連続殺人の幕開けでした。

  • Nのために|湊かなえ|4人の証言がパズルのピースのようにはまっていくとき浮かび上がる読者にしか分からない驚きの真実とは?

    「究極の愛、それは罪の共有」 ある日、高層マンションの一室で、資産家であり商社勤務の男とその妻の変死体が発見されました。現場に居合わせた4人の証言は、一見齟齬がないように思え、事件は解決となりましたが、実際のところは、嘘...ある日、高層マンションの一室で、資産家の男とその妻の変死体が発見されました。現場に居合わせた4人の証言は、一見齟齬がありませんでしたが、実際は、嘘にまみれていました。10年後、4人それぞれの視点から過去を振り返り、当時の真相をありのままに語るとき、初めて真実が明らかになる。4人それぞれが思う大切な人、Nとは誰なのか。

  • 悪女について|有吉佐和子|27人の男女が語る一人の女性実業家の華麗なる一生

    昭和の代表的女流作家、有吉佐和子さんの「悪女について」に令和のミステリーファンが熱狂しているということで、書店で思わず手に取ってみました。一人の悪女の一生を描くのに、悪女は一度も語り手にならずに、彼女を語る男女の証言のみで物語が成立するので、本当のところは彼女はどう考えていたのだろうと憶測が止まらなかったり、語る人によって浮彫りになってくる彼女の像が全く違っていたりするのがとっても面白い作品です。

  • 神様の暇つぶし|千早茜|ひと夏の甘くて苦しい恋にとてつもなく苦しくなる!

    あなたはその人が自分が生きる世界のすべてだと思うくらい人を好きになったことがありますか?そういう恋を経験した人、またそういう恋の真っ最中の人、忘れられない人がいる人は共感する部分の多い作品だと思います。こんな苦しい恋はしたくないと思いつつも、これほど誰かを好きになれるということに羨ましさを感じます

  • 麦の海に沈む果実|恩田陸|閉ざされた学園で「自分自身」を見つける物語。

    「麦の海に沈む果実」を簡単に言うと、学園もののダークファンタジーというところでしょうか。実際のところ、そんな簡単に言い表してしまうにはもったいない作品で、現実と記憶や幻想の世界を自由自在に操り、現在と過去、未来という時間を巧みに使って読者を楽しませる恩田陸さんにしか書けないジャンルの作品だと思います。

  • 死神の精度|伊坂幸太郎|6つの物語に6つの人生。6つの物語に6つの謎。

    「人間はいつか必ず死ぬ」この事実をあなたは本当の意味で理解していますか?死というものは人間にとってとても怖いことだから、深く考えていたらきりがありません。でも、「死神の精度」では、そんな人間にとってとても怖い「死」が間近に迫った人々の人生を覗き見ることで、死ぬこと・生きることについて新しい視点を得ることができます。人間の本質を突く伊坂ワールド全開の一作です。 あらすじ この物語の主人公は死神です。

  • 危険なビーナス|東野圭吾|独身獣医が美女と共に謎解きを。失踪した弟は見つかるのか?

    獣医として働く伯郎のもとへ、弟である明人の妻だと名乗る楓という女性から突然、電話がかかってきます。カーリーヘアの髪が美しく、しなやかで肉感のある体が魅力的な彼女は、「明人が失踪してしまったので、行方を探すのを協力してほしい」という旨のことを伯郎に伝えます。弟が心配だったのか、この美しい女性を助けたいと思ったのか、伯郎は弟探しに協力することにします。

カテゴリー一覧
商用